共鳴音叉は片方を叩くともう片方の音叉が共鳴します。
いったいこれはなぜでしょうか?

音叉が共鳴するためには音叉に対してエネルギーを与える必要があるように思います。では叩いていない音叉はどこからエネルギーを得ているのでしょうか。

A 回答 (3件)

既に二人の方が書かれていますので,蛇足ですが.....



音波は空気の疎密波で,
圧力の高いところと低いところが交互になって伝わっていきます.
もとの音叉(音叉A)が振動して空気を押したときに圧力が高くなって,
ということの繰り返しで,音波が生じるのです.
で,皆さんの書かれているように,音波もエネルギーを持っています.
すなわち,音波に付随して,空気中をエネルギーが伝わってゆくのです.
エネルギーは波の振幅の2乗に比例します.

で,2番目の音叉(音叉B)に音波が到達すると,
音叉Bを押したり引いたりすることになります.
このとき,ちょうど音叉Bの固有振動数と同じ周期で
押したり引いたりしますと,音叉Bの振動がどんどん大きくなります.
これが共鳴です.
ブランコを押すとき,周期をうまく合わせて押したときだけ
どんどんブランコが振れるのと同じ理屈です.

音波のもとは音叉Aですから,音波の振動数は音叉Aの固有振動数と同じ.
すなわち,音叉Aと音叉Bの固有振動数が同じ時だけ共鳴が起こります.
    • good
    • 1

音そのものが一種のエネルギーです。


音は空気を振動です。
音=空気の振動エネルギーという訳で、叩いていない音叉にも振動エネルギーが伝わり、共鳴すると言うわけです。

個体には固有振動数というものがそれぞれ決まっていて、固有振動数が同じものでなければ共鳴はしません。
単に音叉が二つあっても、この固有振動数が同じでなければ、どんなに距離が近くても振動こそすれど、共鳴まではいきません。
    • good
    • 0

これは音波のエネルギーが空中を経由して、もう片方の音叉に伝わったのです。


また、周波数(振動数)が同じものも共鳴します。これは同じ周波数の音叉の片方を鳴らしただけで近くに置いてある別の音叉が共鳴現象によって振動し出し、音が鳴ることで容易に実験できます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q僕がマットの上のくうちゅうで一回転すること って英語でなんていいますか?

僕がマットの上のくうちゅうで一回転すること
って英語でなんていいますか?

Aベストアンサー

手を使わずに回転することをaerialと言います。
あとは回転する時の向きなどによって呼び方が変わります。
前向きに回転するならば a front aerial
側転ならば an aerial cartwheel
などと言います。ですから前向きに一回転するのであれば
do a front aerial on mat
と言えます。

Q音叉の共鳴箱は閉菅で定常波。耳にも定常波が届く?

先ずテーマが正しいかどうか。定常波が耳に届くには、初めの1波長だけが共鳴せずに直接の波として届きその後(1波長遅れの)壁からの反射波が合成されながら、波の独立性を保ちながら進行してくるのかな。だから、定常波も聞くときは進行波と同じなのですか。
後になりましたが、共鳴箱の奥壁は自由端ですか、固定端ですか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そうです。音叉の共鳴箱は閉菅で定常波です。しかし、耳に届くのは定常波ではなく、進行波です。
定常波は進行波と反射波の合成により形成される波です。定常波が安定に持続し、固有振動数と一致すれば増幅が可能です。それが「共鳴」という現象です。あなたの言うとおり、耳に届く音は定常波ではなく、進行波です。その進行波の音が大きく聞こえるのは、共鳴箱で定常波が増幅します。その増幅した定常波が共鳴箱から出るとき進行波に変化しますが、振幅はさほど変化しません。だから、音が大きく聞こえるのです。

尚、定常波が作られるのは、反射波が形成されるための境界条件が満たされれば良いことであって、自由端であるか固定端であるかは、本質的なことではありません。

Qモーター一回転の移動量を知りたいです。

モーター一回転の移動量を知りたいです。

Aベストアンサー

比率の計算をするだけではないだろうか?
(円周は2πrだったりするので、直径や半径の比に比例する)

1×1/11×((129.36÷80.85))÷76.39)

Q音叉の共鳴箱から耳へどんな進行波?

次の文は正しいですか。できれば補足と綺麗な文をお願いします。「音叉の共鳴箱に限らず閉管で共鳴している波が音として外に出てくる場合、定常波はほとんど管内部分のみで、管口から外は管底から出てくる波(反射してきた波でもある)、当然、進行波が出てくる。周波数はf=vλが適応される。」
管内部分とは通常の開口端補正をしてそれよりなお、外へ影響しているかも知れないと思いそのような表現をしました。実際はどうでしょうか。また、管底では固定端として反射していますか。

Aベストアンサー

そうです。あなたの書かれている通りです。開口端補正は管内での正確な波長を導くための補正です。管内での波長が求まれば、管内振動数が決まりますから、その振動数の音波が進行波として管外に出てきます。管外に出てくる音波は振動数が既に決まっていますから、もう補正の必要はないわけです。

閉管ですから、管底では当然、固定端として反射します。音は空気の粗密波(縦波)ですから、管底の空気の粒子は、壁が邪魔して動くことができませんね。だから、管底は定常波の節になるのです。

Qパチスロの一回転の時間と他

こんにちは。
パチスロのリール一回転の時間は何秒なんでしょうか??

いろんなサイトを検索すると
0.75秒、0.78秒、0.8秒
という3パターンの答えが出てきました。
果たしてどれなのでしょう?
それともこれ以外でしょうか?

ちなみに私の体感の時間だと0.8秒が有力の様な気がします。

もう一つ質問ですが
パチスロは一時間に果たして何回転回せるのでしょうか?
規則では、一回転4.1秒となっているので
3600÷4.1=878.048
なので878回転回せるのでしょうか?
そんなに回せない気が・・・。
ご存知の方、何卒よろしくお願いいたしますm()m
(両方ご存知でない方、一方でも結構です)

Aベストアンサー

リールの回転速度は1分間80回転以下と決まってますので、最速で0.75秒です。昔、雑誌には0.8秒と書いてありました。そんなわけで、どれも正解(機種・メーカーによって多少は異なる)だと思います。

何回転回せるかは理論上は質問者様の計算であってます。
ほとんど小役の出ない台を打つと、時間50000円弱の投資になるので、ほぼ合っていますよね。私の場合は回せて750回転前後が限度です。

Q気柱の共鳴実験で共鳴点に幅があるのはなぜ?

当方は高校三年理系履修者です。
http://www.phy.sakura.ne.jp/hp/onsa.htm

気柱の共鳴を利用して音叉の振動数を測定するという上のリンク先のような実験をやりました。気柱の水位を下げていくことにより共鳴点を探すという内容なんですが、 水位を1cmくらい上下しても音が聞こえてきます。 共鳴点に上下の幅があるのでは何故でしょうか?

これに関して減衰振動というのは関係があるのでしょうか?あるとすれば
・減衰の原因になるもの
・なぜ減衰振動だと幅がでるのかなど
教えて下さい。

Aベストアンサー

これは共振現象の「Q値」で説明されます。
「Q値」については参考URLを見てください。

通常の共振現象(機械的共振や電気的共振)では必ずエネルギーのロスが有ります。
このロスが少ないほどQ値は大きくなります。
Q値が大きいつまりロスが少ない共振は一度振動すればその状態が変化しにくい事になります。
これは外部から力を加えて振動状態を変える場合でも言えることでQ値が大きいものを動かす場合にも言えることです。

例えばフーコーの振り子のように何キログラムもあるような振り子を動かす事を考えて見ましょう。
重りが重いのでいきなり動かそうと思っても小さい力では動きませんが
小さい力でも振り子の周期と同じ周期で気長に押してあげればいずれは大きく動くようになります。
少しずつエネルギーを蓄える事により大きなエネルギー(振幅)を得る事ができるわけです。
振り子の周期から少しずれた周期で動かそうと思えばもう少し大きな力で押す必要があります。
うんと離れた周期で動かそうと思ったら重りを持ち上げるぐらいの力が必要となります。

振り子を水の中で動かそうと思ったらどうでしょうか。
繰り返し押しても振動はすぐに減衰してしまい水の抵抗+重りを持ち上げるぐらいの力が必要になります。
そうであれば力が同じ場合共振周波数からずれたところと同じ程度しか動かせない事になり共振の幅が広がったようになります。

減衰の原因はエネルギーのロスです。
ロスが大きいとエネルギーの蓄積がしにくく大きな振動が得られない。
そのため共振周波数がずれたところとの振幅の差が生じにくくなります。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/Q%E5%80%A4

これは共振現象の「Q値」で説明されます。
「Q値」については参考URLを見てください。

通常の共振現象(機械的共振や電気的共振)では必ずエネルギーのロスが有ります。
このロスが少ないほどQ値は大きくなります。
Q値が大きいつまりロスが少ない共振は一度振動すればその状態が変化しにくい事になります。
これは外部から力を加えて振動状態を変える場合でも言えることでQ値が大きいものを動かす場合にも言えることです。

例えばフーコーの振り子のように何キログラムもあるような振り子を動...続きを読む

Qモーターを24時間で一回転させる方法

モーターを24時間で一回転させるためにはどうしたらいいでしょうか?
どのような種類のギヤーボック、モーターが必要ですが?
必要な物を、指定して頂ければ幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

実現する案の一つの方法として、ステッピングモータを使用した場合を回答とさせていただきます。
(他に各種の実現方法は色々とあると思いますが、比較的考え方が簡単ですので・・・)
・・補足説明に1mmのアルミ棒を回転させる・・と書いてたと思いますが、1mmですか?・・

24時間で1回転するとして、仮に1ppsのパルスで動かした場合は、1回転は86400パルスと
なります。86400は1,2,5の数値で割ると端数が出ますので、時間に関係有る数値で実現可能な
数値(モータのギアヘッドのギア比)として7.2を使用するとモータ1回転当たり12000パルスで
動かせば86400パルスを入れればモータは86400/12000=7.2となり、7.2回転して
ギア出力がぴったり1回転します。
モータ1回転当たり12000パルスで動かす方法は2相モータの場合は60分割、5相モータの場合は
24分割となります。
上記の分割数(マイクロステップ)は共に市場には殆ど出回っていないと思われます。
2相の場合は通常は2の倍数が多いので、今回は5相モータを使用しては如何でしょうか?

5相モータの分割数を8にして、1パルスを3秒間隔で出せば、24時間で1回転します。
(2相モータでも同じような考え方で分割数が良いのが有れば、2そうでも構いません)

条件 
 5相ステッピングモータ(マイクロステップ)
 分割数        8分割
 モータギア比     1/7.2
 パルス速度      1パルス/3秒

計算は途中までパルスが1PPSとして考えてます。

考え方を再確認、再計算する事をお勧めします。

実現する案の一つの方法として、ステッピングモータを使用した場合を回答とさせていただきます。
(他に各種の実現方法は色々とあると思いますが、比較的考え方が簡単ですので・・・)
・・補足説明に1mmのアルミ棒を回転させる・・と書いてたと思いますが、1mmですか?・・

24時間で1回転するとして、仮に1ppsのパルスで動かした場合は、1回転は86400パルスと
なります。86400は1,2,5の数値で割ると端数が出ますので、時間に関係有る数値で実現可能な
数値(モータのギアヘッドのギア...続きを読む

Q表面プラズモン共鳴は何が共鳴しているのですか

金属表面の自由電子は、光などの外部電場によって集団的に振動を起こすことがあります。この現象は表面プラズモンとよばれていますと解説されています。低い周波数ではどの辺までプラズモンが存在するのでしょうか。また共鳴というのはプラズマ周波数と入射光の振動数が同じ時に起こる現象と
考えて良いのでしょうか。マイクロ波帯で起きる物質はないのでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご存じでしょうが、
下記文献では、可視光の領域で表面プラズモン共鳴が観測されています。

また、表面プラズモン共鳴を応用した分析機器でも、
可視光の領域で観測しています。

マイクロ波帯でも表面プラズモン共鳴が発現する物質は
あるでしょうが、そこまでは存じません。

参考URL:http://www.jspf.or.jp/Journal/PDF_JSPF/jspf2008_01/jspf2008_01-10.pdf

Q一回転の可能性とは

下のページに

「毎日、同じ様な相場を見ている感じだ。7月31日から、きのうまでの終値は1万5450円~1万5470円と小幅レンジ。米雇用統計、FOMC(米連邦公開市場委員会)待ちは言い訳に過ぎず、要は国内に材料がない。やはり、きっかけを握っているのは外国人。原油高はオイルマネーの日本株買いにリンクしており、9月24日のラマダン(イスラム教徒の断食月)入りを前に一回転の可能性もある」(東洋証券の大塚竜太・情報部ストラテジスト)との声が聞かれた。

との記載がありました。
この中の「原油高はオイルマネーの日本株買いにリンクしている」という部分と「一回転の可能性もある」という部分の意味がよくわかりません。

ご解説をお願いいたします。

http://biz.yahoo.co.jp/column/tpc/060804/060804_mbiz002.html

Aベストアンサー

「原油高はオイルマネーの日本株買いにリンクしている」とは、現在、中東情勢の不安定さとハリケーン季節ということで原油価格が上昇しています。投機目的のお金が世界中から流入し原油価格の上昇で出た利益(いわゆるオイルマネー)で外国人が日本株を買いにきている。つまり原油価格の上昇と外国人の日本株買いは連動性があると言っているのだと思います。
「一回転の可能性もある」とは、そういった原油価格の上昇で得たお金による日本株買いが続き、ここからの日本株の上昇可能性もあるという意味でしょう。原油高の株高ってことですね。

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20050905mh04.htm

Q助力を得る回転体から得られる運動エネルギー

 今晩は、質問させて頂きます。どうぞよろしくお願いいたします。

 減速時に風力によって助力を得られる回転体(慣性モーメント=I)がある時、
風力から得られたエネルギーを求めたい次第でございます。
(風力は弱いもので、回転体を回し続ける事はできないものと仮定いたします。)


1.まず、「風なし+モーターで回す」の状態で、角速度ω1で回転体が回っているといたします。
2.モーターを回転体から切り離して回転体をフリーにし、減速を開始いたします。
 この時点(t=0)から、回転体から取り出せるエネルギーを考えます。

 (a).【外力無しで自然に静止させた場合】
  t=0での運動E=1/2*I*ω^2 ですので、
 これから取り出せるエネルギーも同じ数値になると思います。

 (b).【回転を助長するように風を当てながら減衰させた場合】
  時々刻々の速度変化が図(青線のグラフ)のようになったと致しますと、
  この回転体から取り出せるエネルギーは、どのようにして算出できるのでございましょうか???


 (b)は「減速開始時点で持っていたエネルギー」+「風から得られたエネルギー」
になると思いますので、これと(a)との差から、「風から得られたエネルギー」を
求めたい次第でございます。
 静止するまでの回転回数、もし他に何か「このパラメータがあれば計算できるよ」という
ものがございましたら、それを用いた計算でも結構でございます。

 高校物理は大好きでしたので久しぶりに頑張ろうとトライ致しましたが、出来ませんでした。。。
もしお詳しい方がいらっしゃいましたら是非、ご教示いただけないでしょうか。
 突然のご質問で恐縮でございますが何卒、よろしくお願いいたします。

 今晩は、質問させて頂きます。どうぞよろしくお願いいたします。

 減速時に風力によって助力を得られる回転体(慣性モーメント=I)がある時、
風力から得られたエネルギーを求めたい次第でございます。
(風力は弱いもので、回転体を回し続ける事はできないものと仮定いたします。)


1.まず、「風なし+モーターで回す」の状態で、角速度ω1で回転体が回っているといたします。
2.モーターを回転体から切り離して回転体をフリーにし、減速を開始いたします。
 この時点(t=0)から、回転体から取り出せ...続きを読む

Aベストアンサー

回転体をフリーにした後、すべての時刻で外部に仕事をするトルクNoutが(a)と(b)で必ず等しいと言うことであれば、求められるかもしれません。

角速度の時間変化のグラフがあるのでこの勾配を求めることで角加速度が得られます。この角加速度を使えば運動方程式がかけます。

(a)の場合、角加速度をα(t)、外部に仕事をするトルクをNout(t)とすると、

I α(t) = Nout(t)

(b)の場合、角加速度をβ(t)、外部に仕事をするトルクをNout'(t)、風力によるトルクNin(t)とすると、

I β(t) = Nin(t) + Nout'(t)

すべての時刻で(a)のNout(t)と(b)のNout'(t)が等しいのであれば、引き算をして

Nin(t) = I [β(t) - α(t) ]

仕事率は(b)の角速度をω(t)として

dWin/dt = Nin(t)ω(t) = I [β(t) - α(t) ] ω(t)

回転が止まるまでの仕事はこれを時間で積分して

Win = ∫Nin(t)ω(t)dt = ∫I [β(t) - α(t) ] ω(t) dt

グラフからβ(t)、α(t)、ω(t)が求められるはずなので数値計算は可能かと思います。

考え落としがあって間違ってるかもしれませんが、その際はご容赦ください。

回転体をフリーにした後、すべての時刻で外部に仕事をするトルクNoutが(a)と(b)で必ず等しいと言うことであれば、求められるかもしれません。

角速度の時間変化のグラフがあるのでこの勾配を求めることで角加速度が得られます。この角加速度を使えば運動方程式がかけます。

(a)の場合、角加速度をα(t)、外部に仕事をするトルクをNout(t)とすると、

I α(t) = Nout(t)

(b)の場合、角加速度をβ(t)、外部に仕事をするトルクをNout'(t)、風力によるトルクNin(t)とすると、

I β(t) = Nin(t) + Nout'(t)

すべての時...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報