2月に起きた私の母が被害者である暴行事件の書類が、警察から5月15日に検察に送致されました。その後、検察に告訴状を提出しようとしても、受理してもらえません。
なお、警察に告訴状を郵送したら、その直後に検察に書類送致されたという経緯があります。
どうすれば、検察官に告訴状を受理してもらえるでしょうか。
思いつきでもかまわないので、方法を提案してください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (18件中11~18件)

>検察審議会への不服申し立ては、告訴状を出さなくてもできますか。


もちろん可能です。

検察審査会法 第2条第2号

 検察審査会は、告訴若しくは告発をした者、請求を待つて受理すべき事件についての請求をした者又は犯罪により害を被つた者(犯罪により害を被つた者が死亡した場合においては、その配偶者、直系の親族又は兄弟姉妹)の申立てがあるときは、前項第1号の審査を行わなければならない。

とあり、被害を受けた人等も申し立てられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

皆さんのご回答からすると、弁護士が告訴状を出したがる理由がまったくないですね。
弁護士が刑事事件の報酬が取れなくなるから、告訴状を出すのにこだわっているのか?というのは疑いすぎですか?
どう思われますか?

お礼日時:2007/07/12 14:18

お怪我をなさったのであれば、傷害事件になっているはずです。



5月に書類送検されているのですよね?在宅起訴ならまだ時間はかかります。これは通常より遅いわけではなくて、在宅なら普通のことです。事件からを考えるのではなく、送致からの期間で考えなければなりません。当然、検察は送致されるまで事件の事は知らなかったのですから、送致された時から捜査を始めるのです。どうして弁護士さんが事件の時期から考えているのかわかりませんが…通常は送致されてから考えるものですけどね。

加害者も、それほどのことをして殺人未遂などになっておらず、傷害事件程度にとどまっているのであれば、それは弁護士がついているか、知恵がある人間なのではないですか?逮捕されないように、ほとんどのことを認め、反省しているような態度を示したのではないでしょうか。

告訴状は元々、弁護士が出しても不備などが多く不受理になる類のものですので、せっかく弁護士さんに依頼しているのであれば、任せてみては?厳罰嘆願書は形式も決まっておらず、意思表明という類のものですので、すぐに受理されますし、そちらの方が目的には沿っていると思いますよ。

あと、示談や謝罪は一切受け付けないことも大事です。

ちなみに、送検されている時点で捜査をする義務が検察には発生しているので、やっぱり告訴状というのは違う気がするのですが…

この回答への補足

付け加えます。
加害者は最初、「自分のほうが腕をねじられたから、防衛のためにやったんだ」と事実無根を言いました。
その後、被害届を出した後に警察が事情を聞いたら、やったことは認めたそうです。
ちなみに、加害者は知恵があるような人間ではありません。ちんぴらみたいな人間を想像していただければよいと思います。目撃者の方も「暴力団でしょう?」と言っていました。
弁護士もついてますが、離婚裁判についての弁護士で、この弁護士の様子から、事件については弁護士に話をしていないようです。

補足日時:2007/07/12 10:08
    • good
    • 0
この回答へのお礼

弁護士より詳しいご回答ありがとうございます。
弁護士に任せていたら、今でもまだ書類が警察にあったと思います。
しょせん人事ですから仕方ないと思っています。

あといくつかお答えください。
1あとどのくらいで起訴されると思いますか。
2起訴されない可能性は高いでしょうか。
3弁護士のいう理由以外に、告訴状の受理を保留する理由は何だとお考えでしょうか。
以上です。どうぞよろしくお願いします。

お礼日時:2007/07/12 09:37

う~ん。



>この傷害事件の加害者は、私の姉の夫、つまり母にとっては義理の息子

警察は身内の問題には関わりたがりません。
以前も、こういう暴力沙汰があったのであれば、DV(ドメスティック・バイオレンス)ですが。。。

同居していらっしゃるのでしょうか?
被害者であるお母様や、お姉さまはなんと言っていらっしゃるのでしょう?
警察で事情は聞かれたと思いますが。
そこで、「娘の夫なので厳しい処分は望まない。」とか、
「妻として、今後はこんなことがないように充分に気をつけます。」とか
言っていたとしたら、不起訴になりそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

経緯をさらに詳しく述べます。
最初、加害者が「自分のほうが腕をねじられたから、防衛した」というような事実無根を言ったため、それを真に受けた警察官に、「被害届を出せば、向こうも被害届をだして、結局あなたも処罰されることになりますよ」と言われて、これを母も真に受けて、事件の日には被害届を出すのを躊躇しました。
その後姉と母で話し合い、「夫については示談、夫の兄については示談なし」ということで、夫にだけ示談を提示しました。
ところが相手はこれを無視しました。
4月になって、加害者によると思われる、詐欺を装った嫌がらせ電話や、車のタイヤを4本全部カッターで切り裂かれる事件があり、身の危険を感じたので、弁護士に「夫も示談ではなく、処罰してほしい」と相談したところ、告訴状を出すことになりました。
県警への問い合わせ後、告訴状が警察に届き、警察があわてて書類を検察に送致しました。
なお、精神的に追い詰めたり、首を絞める、物を投げつけるというDVは結婚以来ずっとありました。ただ、証拠がないため、DV法は使えないとのことです。
姉と夫は同居していません。別居するための引越し作業中にこの暴行事件が起きました。

お礼日時:2007/07/12 10:03

>不起訴とされたときに、不起訴理由を検察官に説明してもらうためです。


それは期待はずれだと思います。
検察官と対峙して詳しく話が出来るわけではありません。
非常に簡単な文章にて不起訴理由がごくごく簡単にかかれた通知書がくるだけです。
あんまり意味のある話でもないと思います。

不起訴となった場合には、検察審議会に不服申立をするしかありません。
ただ新制度が施行されるまでは上記審議会の決定は拘束力を持つわけではありませんけど、一定の効果はあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

もうひとつお答えください。
検察審議会への不服申し立ては、告訴状を出さなくてもできますか。

ご回答よろしくお願いします。

お礼日時:2007/07/12 10:18

すみません。


厳罰嘆願書でした。

減刑嘆願書の逆のものです。
検察に送ります。
形式とかは特になし。

起訴するかどうかは検察官が決定しますから。
ここに、これこれこういう実態があったと詳しく具体的に書いて、
身内といえども、絶対に許す気持ちにはなれない、
起訴して厳罰に処してほしいとうったえるわけです。
一人よりなるべく大勢の名前をつらねたほうがいいと思います。

詳しいことは弁護士さんに聞いてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

書留郵便で担当検事宛に「身の危険を感じるから、早く処分してほしい」と手紙を出しました。
これも厳罰嘆願書にあたりますか。

それから、早く検察官に処理してもらいたいのですが、何か方法はありませんか。

ご回答よろしくお願いいたします。

お礼日時:2007/07/12 10:07

検察に送検された時点で告訴状を出す意味がありません。

もう立件されていますから。告訴状とは捜査をするように依頼するような性質のものです。当然受理しません。もう捜査していますから。
で、郵送した後に書類送検というわけであれば、再逮捕か何かで別件で書類送検されたのでは?

そもそも検察に「送致」されたのであれば、逮捕されているはずですし、その後「書類送検」されているなら釈放されたってことなんでしょうか?

とにかく告訴状は出す必要がありませんよ。
それとも全て別件で立件されているというなら話は別ですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
事情を補足いたします。
この傷害事件の加害者は、私の姉の夫、つまり母にとっては義理の息子のため、当初警察では、「身内だから、起訴はないだろう」とかなんとか言って、微罪処分で済まそうとしていました。そこで、県警に電話して、本当にそうなのか問い合わせたところ、あっという間に、書類送致されました。
告訴状の受理をしてほしいのは、こうした事情と事件から5ヶ月もたっているのに起訴しないことから、弁護士によれば不起訴の可能性が高く、不起訴とされたときに、不起訴理由を検察官に説明してもらうためです。
弁護士の話では、刑事訴訟法260条以下で、もろもろの義務が検察官に発生するため、受理したがらないそうです。
しかし、身内の揉め事で済む程度の暴行ではないので、どうしても起訴してほしいのです。加害者は、いきなり部屋に押し入ってきて、70歳の母の首を後ろから絞めて部屋中を引きずりまわした上、硬質の木の引き戸に押し付けたり、髪を引っ張るなど、高齢の女性に対するものとしては過酷な暴行を加えました。全治2ヶ月の診断書もあります。

お礼日時:2007/07/11 19:33

被害者が犯罪事実を申告し、処罰を求める申告書が告訴状です。



検察に書類送致されたということは、
警察が無罪はありえないと判断したということで、
いずれ罰金などの処分が下されると思います。

逮捕されていないということでしょうか?
再度の暴行事件に発展したり、証拠隠滅や逃走の恐れのない場合、
書類送検のみということはありえます。

それだけでは、どうにも許せないというなら、検察に「厳罰依頼書」を提出するなり、
民事で、損害賠償を求めることになります。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
「厳罰依頼書」とはなんですか。詳しく教えてください。
あと逮捕はされていません。担当刑事でない、元刑事の警察官にきいたら、「どうしてそんなひどいのに逮捕しないのか」と不思議がっていました。加害者は企業経営者なので、それが関係しているのでしょうか。

補足日時:2007/07/11 19:33
    • good
    • 0

何故書類送検までされているのに告訴状提出が必要なのでしょうか。


暴行ということは、傷害罪などですから、これは告訴は不要なので、現に警察が捜査して検察に書類送検した以上は告訴状はそもそも意味をなしませんよ。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
事情を補足いたします。
この傷害事件の加害者は、私の姉の夫、つまり母にとっては義理の息子のため、当初警察では、「身内だから、起訴はないだろう」とかなんとか言って、微罪処分で済まそうとしていました。そこで、県警に電話して、本当にそうなのか問い合わせたところ、あっという間に、書類送致されました。
告訴状の受理をしてほしいのは、こうした事情と事件から5ヶ月もたっているのに起訴しないことから、弁護士によれば不起訴の可能性が高く、不起訴とされたときに、不起訴理由を検察官に説明してもらうためです。
弁護士の話では、刑事訴訟法260条以下で、もろもろの義務が検察官に発生するため、受理したがらないそうです。
しかし、身内の揉め事で済む程度の暴行ではないので、どうしても起訴してほしいのです。加害者は、いきなり部屋に押し入ってきて、70歳の母の首を後ろから絞めて部屋中を引きずりまわした上、硬質の木の引き戸に押し付けたり、髪を引っ張るなど、高齢の女性に対するものとしては過酷な暴行を加えました。全治2ヶ月の診断書もあります。

補足日時:2007/07/11 19:37
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q告訴を受理しない警察(検察)を動かすには??

難しい質問かもしれませんが本当に困っているので聞いてください。
一応法学部出身ですが実務はよく分かりません。

以前知り合いの女性とけんかになり一方的に怪我を負わされ傷が何箇所か残ったのですが、その後傷害の罪で告訴しようにも警察は頑として被害届にしてほしいと受理しませんし、何度被害を届けても調書すらとらず捜査も半年ほど全く進んでいません。告訴状を何度も出しても被害届にしてほしいといわれ返還されます。公安委員会に何度電話しても告訴は受理してもらえません。

そこで検察に告訴状を出しても「警察処理相当」ということで何度も返還されてきました。死人が出なければ動かないくらいの対応でした。

弁護士に相談もしましたが、傷害は何箇所か残っていますが軽い傷なので警察も内輪のことだと思ってあんまり動かないと思いますと言われるのです。

そこで私は、傷害が軽い傷なら人に暴行を加えて怪我を負わせても罪に問われないのか?女性なら許されるのか?と疑問に思うわけです。包丁を突きつけられ殺すと脅迫もされました。

警察や検察にも色々事情はあるのでしょうが、刑事訴訟法は守っていただきたいですし、女性だからといってもきちんと構成要件に該当しているのですから平等に法を適用してもらって、告訴を受理して、明文の規定に従って起訴するかどうか検討してもらいたいのですが・・・。

こういう場合、どうすればいいでしょうか?

難しい質問かもしれませんが本当に困っているので聞いてください。
一応法学部出身ですが実務はよく分かりません。

以前知り合いの女性とけんかになり一方的に怪我を負わされ傷が何箇所か残ったのですが、その後傷害の罪で告訴しようにも警察は頑として被害届にしてほしいと受理しませんし、何度被害を届けても調書すらとらず捜査も半年ほど全く進んでいません。告訴状を何度も出しても被害届にしてほしいといわれ返還されます。公安委員会に何度電話しても告訴は受理してもらえません。

そこで検察に告訴...続きを読む

Aベストアンサー

>告訴状を内容証明で出そうと思います。
>告訴状はどのように書けばよろしいでしょうか?

告訴状と記載し、
後は事件の経緯を記載。
最後に絶対記入する言葉は「この者を法律に基づいて厳重に処罰して頂きたい」という言葉を載せること。

被害届と告訴状の違いは、この「この者を・・・」があるかどうか。
でも警察署内の大きな違いはある。
被害届だと、その警察署の課(刑事課とかの課)のみの管理。
告訴状だと警察署全体の管理。

被害届だと担当刑事の判断で事件性ないと思って動かないからといって怒るところはなし。
が、告訴状だと、一応、操作の形式を取り、事件性ないという判断をしないといけないとされている。刑事が動かない場合、被害者がクレームを入れる権利が少し増すような違いがある。

5年前の記憶じゃが、もし違っておったら申し訳ない。
こういうことに詳しいHPや本などで確認してもらえると助かるし、
また弁護士に、告訴状の書き方を習うのも良いと思うが。。。
また、法化大学院出身の弁護士さんだと、文章代筆を引き受けてくれることもあるので、頼んでみたらどうであろうか。

幸運を祈ってます。
大きく揉めるよりも、早く気持ちの整理もでき、解決すると良いですね

>告訴状を内容証明で出そうと思います。
>告訴状はどのように書けばよろしいでしょうか?

告訴状と記載し、
後は事件の経緯を記載。
最後に絶対記入する言葉は「この者を法律に基づいて厳重に処罰して頂きたい」という言葉を載せること。

被害届と告訴状の違いは、この「この者を・・・」があるかどうか。
でも警察署内の大きな違いはある。
被害届だと、その警察署の課(刑事課とかの課)のみの管理。
告訴状だと警察署全体の管理。

被害届だと担当刑事の判断で事件性ないと思って動かないから...続きを読む

Q告訴を専門家に依頼すると、費用はどのくらいかかるのでしょうか?

告訴を専門家に依頼すると、費用はどのくらいかかるのでしょうか?

聞くところによると、警察では一般人が告訴しようとしても、なかなか受理してもらえないと聞きます。
そこで、専門家に頼もうと思うのですが、弁護士は高そうです。
行政書士でもやってもらえるのでしょうか?

ご存じの方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

警察への告訴状作成や提出は行政書士でも可能です。
費用は、弁護士の場合の相場は5万円~ですが、行政書士の場合、それより安いケースが多いようです。
私の場合、ネットで検索して、全国対応で対応してもらえる行政書士を見つけて依頼しました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://century-office.asia/kokuso03.html

費用は3万円ほどだったと思います。
メールだけで対応してもらえるので、ネットショッピング感覚でしたよ。

Q東京地検に告訴状を送りましたが未だ回答なし。普通はどのくらいで返事が来るのでしょうか?

お世話になります。

質問です。東京地検 特捜部 直告班に告訴状を送付しましたが、3ヶ月経過しても回答がありません。普通はどのくらいの期間で回答がくるものなのでしょうか? なお作成にあたって、弁護士、司法書士等の法曹職には依頼していません。


ある事件について(虚偽告訴ではありません。マスコミで一部疑惑が報道された問題です)ある人物及びその者が経営する会社を告訴したいと思い、東京地検にその旨を相談すると、
「では告訴状を郵送してください。書き方例はネットで検索するといろんなものがありますからそれらを参考にしてください。」
との回答でしたので、告訴状を自作し、東京地検特捜部直告班に6月頭に送りました。
 ところがそれから3ヶ月経過してもまだ受理なのか、不受理なのか、の回答文書が送られてきません。
 実は7月頭、8月頭にも電話で問い合わせているのですが、
「書留で送っていただいてますので確実に届いています。現在担当官が検討中です。告訴状は他にも多いのでもう少し時間をください。
 告訴、告発というのは相手の人権にも関わる事なので現在慎重に審査中です。」
との回答しかありません。本日も電話で問い合わせましたが同じ結果でした。
 告訴状、告発状の受理、不受理に関して、ネットで検索してみたり、ここのQ&Aで過去事例を見てみると
「告訴状、告発状は原則として弁護士、司法書士等、法曹職が作成するもの。
 素人が自力で作成した告訴状、告発状は問答無用で相手にされない。(もちろん表向きの理由は別につける)」
「検察庁は忙しいのでなるべく告訴状を受け取りたがらない。あれこれ言い訳をしたり、ひどいときには”届いていない”、”封筒がカラだった”などという無茶苦茶な言い訳すら平気で言ってくる。」
などなど、ひどい状態であるようです。

普通は回答までどのくらいの時間が掛かるのでしょうか?
いま、私が思いつく限りで考えて見ますと・・・
1 東京地検には本当に1日数百件の告訴状、告発状が届く。全部不受理扱いにしているが、1日に到着する告訴状、告発状に対して不受理回答の文書を作成、発送するのに3日以上かかる。
 よって、東京地検の仕事そのものがパンク状態。回答書は期待しないほうがいい。
2 私が送った告訴状は本当に捜査するに値する重要なものであり、現在慎重に捜査している。
  必ずや、捜査着手、告訴、裁判の日はやってくるので朗報を待て。
3 本当は届いたその日に一瞥しただけで瞬時に”不受理”の判断をしたが、すぐに突き返すと”慎重に中身を審査したのか?”と疑われるので、そうならないように”寝かせて”ある。こちらが告訴状を出した事すら忘れた頃に返事はやってくるので期待するな。

なお、同内容の告訴状を警察にも提出しました。
まず、告訴対象者の居住地管轄の警察署に提出したところ、
「これは事件ではないので受理できない。」
という文書付で速攻で返されました。(警察到着翌日の消印で返されました。)
次に告訴対象者が経営する会社の所在地管轄の警察署に提出したところ、
「確かに事件として捜査する内容であるかもしれないが、告訴状というのは被害者の居住地を管轄する警察署に提出する事になっている。よって地元の警察に提出して下さい。」という文書付で返されました。(同じく警察到着翌日の消印で返されました。)
最後に、地元警察署の刑事に直接対面して提出しようとしましたが、あれやこれや理由をつけて
「参考書類としては預かるが、事件捜査は着手できない。」
といわれました。

なお、興味深かったのは、刑事と一通り面談して、書類を預けてからも刑事からは絶対に
「それでは今日のところはこの辺でお帰りください。」
という言葉が絶対に出てこなかったことです。
 こちらとしては警察の刑事課を訪問するなどという経験は初めてだったので、あまり居心地がいいものではなく、とくに警察側の不受理の姿勢が判明してからは早く帰りたかったのですが、こちらが
「じゃ、私はこれで帰っていいですね?」とか
「ではこの辺で・・・」とか
「だいたいの書類の流れはわかりました。本日はありがとうございました。」などと言ったり、
かばんを持って席を立とうとしても絶対に「ではお帰りください。」とは言い出さず、だらだらと話を続けようとしていました。
 おかげで、こちらは帰っていいやら悪いやら検討がつかず、結局2時間も拘束されてしまいました。
 あれって、後日、
「警察に告訴状を持って行ったら、追い返された。刑事に”帰れ”と言われた。」
と言われる事の無いようにするため、絶対に言質をとられないようにする態度だったのだと思います。
それだけ、警察は告訴状を受け取りたがらないのですね。

ご回答よろしくお願いします。

お世話になります。

質問です。東京地検 特捜部 直告班に告訴状を送付しましたが、3ヶ月経過しても回答がありません。普通はどのくらいの期間で回答がくるものなのでしょうか? なお作成にあたって、弁護士、司法書士等の法曹職には依頼していません。


ある事件について(虚偽告訴ではありません。マスコミで一部疑惑が報道された問題です)ある人物及びその者が経営する会社を告訴したいと思い、東京地検にその旨を相談すると、
「では告訴状を郵送してください。書き方例はネットで検索するといろん...続きを読む

Aベストアンサー

地方検察庁宛に告訴状を提出しても「受理しました」又は「受理できません。」と云う回答は得られません。
そのような法律がないからです。
刑事訴訟法260条では、「公訴し、又は起訴しない処分をしたときには、告訴人に通知しなければならない」とあります。
つまり、起訴したか不起訴としたかが通知されるだけです。
その理由も書いてないです。
その期間は、定めがないので、公訴時効を考えたうえで、何時でもかまいません。
私の実務例では、3ヶ月ほどでしたが、本件は煩雑なのではないでしようか。
それで遅くなっていると思います。

Q刑事告訴状が受理された後の流れ

傷害罪の刑事告訴状が警察により受理されたのですが、その後の流れについて教えて頂けないでしょうか?具体的な流れについての説明と共に、それに要する時間なども教えて頂きたいのですが・・・。宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

その後ですが
1)容疑者の人定確認
2)逮捕状請求
3)逮捕状執行
4)取り調べ開始
5)身柄供に送検
6)勾留請求10日
7)延長請求10日
8)検察官が起訴(略式起訴の場合あり)
9)刑事裁判開始
10)判決(執行猶予・懲役刑)

Q民事訴訟を起こしたいが、被告の住所がわからない

友人がセクハラを受けたのが理由で会社を退職し、民事訴訟を起こすことになったのですが、
被告の住所がわからないため訴状が受理されなかったとのことです。
被告の住所を調べるために、住民票の請求はできるのでしょうか?
役所のホームページなどを調べると、第三者が請求するためには、
正当な理由がわかる疎明資料を添付すれば請求できるとありますが、
訴状などを添付すれば正当な理由と認められるのでしょうか?
また、他に良い方法があれば教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>被告の住所を調べるために、住民票の請求はできるのでしょうか?

できないです。氏名と住所が判っている場合のみ住民票を出してくれます。

>訴状などを添付すれば正当な理由と認められるのでしょうか?

認めてくれます。理由の欄の「裁判」に記しをつけ、訴状全部とともに窓口に提出します。訴状の表紙は原告、被告双方の住所氏名、請求の趣旨で終わってしまうのが普通ですから、「窓口の人はそこだけコピーさせてください」といいますから「どうぞ」で出してくれます。本人確認するための運転免許証、健康保険証、パスポートのどれかの持参も必要ですから、お忘れなく。

窓口の人が業務上の守秘義務を負っていますから、内容が漏れることの心配はまったく無用とおもいます。

>また、他に良い方法があれば教えて下さい。よろしくお願いします。

1)氏名が正確なことが判っていれば、電話帳で当たってみる方法があります。インターネットの電話帳サービスを私は使ったことがありますが、同姓同名の人もきちんと出てきて、住んでいる町名は判っていたのでピタっと住所を割り出したこともあります。

2)No1の方がお書きのように、勤務先が判っていれば、勤務先名、勤務先住所 と明記すれば受理してくれるはずです。

3)本当は、いきなり裁判でなく、相手に書留、配達証明便つきの内容証明便を送って「金幾ら払ってください。その理由はかくかくしかじか。お払い戴けない場合は、法的手段を講じます」と裁判の趣旨と同じことを書くのです。そうすると、郵便局から配達証明が送られてきますから、住所が正しいことが判ります。相手は何か言ってきてもお金は払わないでしょうし、大抵は何も言ってきませんから、訴状の請求の理由の欄の終わりの方に「本人に内容証明便(甲第○号証)で請求したが応じないので本訴訟に至った次第である」
と書くのです。こうすると相手も裁判所も、裁判すること自体を受け入れざるを得ないのです。相手にとってもとてもフェアな方法になるでしょう。

4)現在の住所が判らなくとも、知っている最後の住所が判っている場合には、「最後の住所XXXXXX」と書けば受理してくれる場合もあります。理由は根堀葉堀きかれます。知っている最後の住所の確認が取れれば裁判所は「公示送達」という方法で、掲示板に公示して、何の応答が無いことを確認して裁判に入ってくれます。ただ私の場合は賃料の不払いとか、管理費の不払いの場合ですから、本件のようなもめる種は皆無、払わない相手が悪いという場合です。公示送達は欠席裁判になることが確実で訴えた方が自動的に勝訴になります。よく状況を調べないと結論が出ない裁判は難しいと、私は思います。

4)電話帳で判らなければ探偵社に調べてもらう手があるでしょう。電話帳に一杯広告が出ていますから、大手の名の通ったところ2,3社に電話して、見積もりを取ってみると良いでしょう。親切に教えてくれるはずです。尾行など頼むと高い値段でしょうが、住所の調査はそんなに高くないと思いますが・・・・

5)友人である質問者や他の方でも良いですが、知らん顔して、会社に電話して住所を聞きだしてしまう手もあるでしょう。住所を聞くくらい犯罪にはならないでしょう。警察も取り合わないでしょう。会社の人が答えやすいような理由が重要でしょう「遠い親類のもので、お宅の会社に勤めていることだけ判っているのですが、至急連絡したいことがあり住所または電話番号教えてほしい」みたいに・・・調べる相手と同じ苗字を使えば誰だって親戚とおもうでしょう

>被告の住所を調べるために、住民票の請求はできるのでしょうか?

できないです。氏名と住所が判っている場合のみ住民票を出してくれます。

>訴状などを添付すれば正当な理由と認められるのでしょうか?

認めてくれます。理由の欄の「裁判」に記しをつけ、訴状全部とともに窓口に提出します。訴状の表紙は原告、被告双方の住所氏名、請求の趣旨で終わってしまうのが普通ですから、「窓口の人はそこだけコピーさせてください」といいますから「どうぞ」で出してくれます。本人確認するための運転免許証、...続きを読む

Q告訴状を受理してもらう方法

先日告訴状を警察に提出しましたが受理してもらえず、内容証明郵便にて地方検察庁へ再提出しました。しかし「内容が良く理解できず、また、第一次的に警察が調査を行うもの。」として告訴状を含む添付書類を合わせ、全部差し戻されてしまいました。・・・「返戻」として・・・
地方検察庁は警察に内事情を聞かない様ですし(色々の揉め事の詳細は全部警察が知っている。)警察も聞かれていないから話さないと話してました。今後この告訴状を受理してもらうにはどのように動けばよいのでしょうか? 教えてください。
告訴状の罪名は、暴行罪と名誉毀損罪です。

Aベストアンサー

警察は社会的に影響度の大きい事件以外では、一般的に民間人からの告訴状は極力拒否し、精々被害届でごまかそうとします。
一旦告訴状を受理してしまうと捜査義務が生じてしまい、ただでさえ少ない人手を割かなければならず、検挙できない場合には検挙率が下がってしまう原因ともなるためで、法律に詳しくない一般人からの告訴の場合には、極力ごまかして追い返すような方針としているようです。
被害届だけであれば、極端な話放っておいても何のお咎めもありませんので、適当に捜査しているふりができ、警察にとってはとても都合の良いシステムとなっております。
逆にどうしても立件して欲しいと考えるのであれば、やはり無理をしてでも告訴状を受理させるのが最良です。
刑事訴訟法241条で、口頭でも書面でも告訴は可能で、告訴を受けた警察や検察は調書を取ることを義務づけられており、基本的に告訴の拒否は出来ないことになっております、よって内容でけちを付けられないように司法書士や行政書士に作成してもらって、刑訴法をたてにねじ込んではいかがでしょうか。
それでも受理できないと言い張るのであれば、担当官の名前を聞いて、「警察本部の監察にあなたの名前を挙げて、刑訴法の規定に反し、どうしても告訴を受理してもらえない旨を訴え出る」と言ってみるとかなり効果があると思います。
その上でも受理してもらえないのであれば、実際に監察室に詳細を記した内容証明郵便でも送れば、いずれ先方からお詫びでも来るでしょう。
法律的には検察にも告訴出来ることにはなっておりますが、検察は警察と違って捜査義務が生じないので、出来れば無理にでも警察に受理させるべきと思います。
相当の費用がかかっても構わないとのことであれば、初めから弁護士に告訴や賠償請求を委任するのが最良とは思います。
弁護士からであれば、警察は嫌々ながらでも受理するのが普通です。
上記の結果受理させた場合には、証拠が確保できれば当然ながら相手側は逮捕される場合もあり、結果としてそれなりに事が大きくなりますので、あなたも何度かは警察や検察に事情聴取されたり、起訴されれば裁判所に証言を求められることも覚悟しておく必要があります。

警察は社会的に影響度の大きい事件以外では、一般的に民間人からの告訴状は極力拒否し、精々被害届でごまかそうとします。
一旦告訴状を受理してしまうと捜査義務が生じてしまい、ただでさえ少ない人手を割かなければならず、検挙できない場合には検挙率が下がってしまう原因ともなるためで、法律に詳しくない一般人からの告訴の場合には、極力ごまかして追い返すような方針としているようです。
被害届だけであれば、極端な話放っておいても何のお咎めもありませんので、適当に捜査しているふりができ、警察に...続きを読む

Q脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

私は「相手方から、口頭、あるいは文書などで、”具体的な文言、数値”が出てこないと成立しない」
と記憶しているのですが・・・・

脅迫罪
成立する場合 「ぶっ殺すぞ!」(具体的に危害を加えることを明らかにしたので成立)
不成立の場合 「若いもん、行かすぞ!」(これだけでは危害を加える意思としては不完全なので不成立)

強要罪
成立する場合「つべこべ言わずに100万円、払え!」(具体的金額を要求しているので成立)
不成立の場合「誠意を見せてほしい。とにかく誠意だ。誠意が何かって? それはそっちで考えな!」(具体的に金銭・金品を要求していることにならないので不成立)


ある人は
「被害者側が恐怖を感じれば、それだけで脅迫罪は成立する」
といいます。

これでは、被害者(?)の前でため息をついたり、キッと睨んだり、ひそひそ話をしているだけで
「その行為に非常に恐怖を感じる。私へ危害を加える意図を感じる。だから脅迫罪だ!」
となってしまうので、それは間違いだと思うのですが。

詳しい方、正解を教えてください。

脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

私は「相手方から、口頭、あるいは文書などで、”具体的な文言、数値”が出てこないと成立しない」
と記憶しているのですが・・・・

脅迫罪
成立する場合 「ぶっ殺すぞ!」(具体的に危害を加えることを明らかにしたので成立)
不成立の場合 「若いもん、行かすぞ!」(これだけでは危害を加える意思としては不完全なので不成立)

強要罪
成立する場合「つべこべ言わずに100万円、払え!」(具体的金額を要求しているので成立)
不成立の場合「誠意を見せてほ...続きを読む

Aベストアンサー

(脅迫)
第二百二十二条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

(強要)
第二百二十三条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者も、前項と同様とする。
3 前二項の罪の未遂は、罰する。

簡単に言えば
脅迫罪は、脅すことですが、その内容には「危害(害悪告知)」「名誉」「生命」に害を加えるということが必要となります。
1)殺すぞ
2)殴るぞ
3)言いふらして住めなくしてやる(会社に居れなくしてやる)等の文言
4)お前の財産を潰してやる(家を放火して燃やしてやる)等の文言
5)親族にも同じ事をしてやる等の文言
上記が、害悪告知となり「脅迫罪」を構成する内容となります。


強要罪
これは、する義務が無いのを承知で、自分に有利とするためにしないと、○○をするぞ(○○は害悪告知)と脅して強制的にさせること、又は、相手の権利を妨害したりすることで成立はします。

>被害者側が恐怖を感じれば、それだけで脅迫罪は成立する
上記は、間違いではありませんが、恐怖を感じるのではなく「害悪告知」があるかで変わります。
もし、何らかのトラブルで相手が「一見強面」と仮定して、それで恐怖を感じたら脅迫罪になりますか?
答えはNOです。

(脅迫)
第二百二十二条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

(強要)
第二百二十三条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。
2 親族の生命、身体、自由...続きを読む

Q告訴・告発の不受理って?

警察に告訴や告発をしても受理してくれないとしばしば聞くのですが、どういう意味ですか?
告訴状や告発状が提出されても警察の判断で受理しないということが法律上認められているのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは(あくまで論点として回答致します。個人攻撃の意図は本当にありません)

少しお話を整理させていただくと、「正当な告訴」は受理しなければならないという点については争いはないわけですよね。

ただ、「即日、受理する義務は無いのか」というのが争点ですね。

ちょっと待っててもらう理由として
・虚偽告訴だから
・国家賠償に発展するから
・民事紛争や告訴合戦になるから
というのが考えられます。

(1)虚偽告訴だった場合
告訴状の提出時に明らかに虚偽であることが(仮に)分かれば、その告訴状持参者を現行犯逮捕できてしまうと思います。ですから、虚偽告訴だと判明しているなら、受理する必要はないと思います。

しかし、虚偽であることが明らかである場合は非常に稀でしょう。


(2)国家賠償について
国家賠償訴訟で問題となっているのは、誤認逮捕についてです。告訴の受理について訴えられているわけではありません

たとえちょっと嘘っぽくても、受理しておくことに問題はありません(違法ではないです)。そして、しっかり捜査して、逮捕の必要性を吟味すればいいのです。

つまり、受理してから捜査すればいいのですから、告訴をちょと待ってってもらう理由にはなりません。

被害者の告訴が多少誇張されていることは、十分予想できることです。
それを信じて逮捕までしちゃうから、訴えられるのです。

また、告訴を不当に長く受け取らないと、逆に「不受理」が国賠ものです。

(3)民事紛争など
被害者による自力救済が禁じられている現代において、警察が単なる民事紛争の「おそれ」を理由に、告訴の受理を拒否するのはおかしいと思います。

ただ、告訴の意味を理解していない被害者が、感情的に告訴すると申し出た場合、その意味を説明し、説得するぐらいの裁量を認めてもいいかもしれません。(もちろん、それでも告訴するといった場合は受理すべきです)


以上から、本当に例外的な場合を除いては、告訴は即日受理すべきだと考えます。

こんにちは(あくまで論点として回答致します。個人攻撃の意図は本当にありません)

少しお話を整理させていただくと、「正当な告訴」は受理しなければならないという点については争いはないわけですよね。

ただ、「即日、受理する義務は無いのか」というのが争点ですね。

ちょっと待っててもらう理由として
・虚偽告訴だから
・国家賠償に発展するから
・民事紛争や告訴合戦になるから
というのが考えられます。

(1)虚偽告訴だった場合
告訴状の提出時に明らかに虚偽であることが(仮に)分...続きを読む

Q警察本部監察室への手続きを教えてください。

警察官に対する苦情の申し立てを受ける機関に
警察本部監察室があるということを警察署の人
から聞きました。
その手続きと流れ(受理⇒審査⇒回答)と所要
日数などを教えてください。
また、公安とは違うのでしょうか?
同じ内容を双方(監察室と公安)に送ってもよい
のでしょうか?

Aベストアンサー

私の場合は警県察本部長あてに「公開質問状」をもって(公開質問の理由、公開質問事項、ご回答期限をつけて)公開質問する予定です。そして私が開設・公開中のホームページで、それを公開し、県警察本部の受理の経過、対応等を克明に公開します。
私の場合の苦情の内容は、被疑者土地家屋調査士が虚偽の家屋測量調査図を作成して虚偽家屋表示登記を行ったため、大損害を蒙ったので警察署に証拠を添付して告訴したところ、警察署はその土地家屋調査士の氏名を見た瞬間に突き返してきたが、とにかく告訴状は
警察署に提出した。ところがその日の夕刻司法警察員が告訴人宅にやって来て「受理しない」と言って強引に突き返してきた。よって今度は郵送で告訴したところ、その翌日再度司法警察員がやって来て「受理しない」とだけ言って強引に突き返してきた。
こうした警察の違法行為については通常の手続きでは
絶対に解決しないので,私は今その公開質問状を作成中であり近日中にWebサイトで公開する予定です。

Q民事裁判の費用について

よく、民事裁判では敗訴したほうが全ての裁判費用を負担することになる。と聞きますが、事実でしょうか。
事実とすると裁判費用とは何を指すのでしょうか。
訴訟費用、弁護士費用、出廷のための休業補償費用などなど
お詳しい方、なるべく詳細にお願いします。また親切にお願いします。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

訴訟費用負担は、判決に書かれます。
(誰が全額負担・誰が何割など)


請求できる訴訟費用は、
民事訴訟費用等に関する法律・規則
で決まっています。

あなたが原告で全面勝訴の場合をお答えします。

印紙代、
裁判所が使用した切手代、
訴状や準備書面・証拠の提出費用(確か一回1000円程度)、
裁判所に出廷した日当(一回4000円弱・遠隔地だと2日分)、
交通費(直線距離で算出)、
証拠(医師の診断書とか)の取得費用(実費+160円)
宿泊費(遠隔地の場合)
などです。

弁護士費用は訴訟費用としては、もらえません。
(損害賠償の場合のみ判決でもらえますが、裁判所が認定した額だけとなります。)

判決確定後、
「訴訟費用額確定処分申し立て」を
第一審の裁判所に申し立てます。
(相手が異議申し立てをすると、また裁判です。(民事訴訟法121))

その後、
「訴訟費用額確定処分」の正本が送られてきます。
(これでも強制執行可能です。(民事執行法22))

全面勝訴でない場合、申し立てる人は皆無です。
(たとえば半々の判決が出ても、相手が遠隔地だと払う必要があるため。)

申し立てる人の割合は、簡裁で0.8/1000ぐらいだそうです。

私は全面勝訴で「訴訟費用額確定処分申し立て」
やったことがありますが、そこそこもらえます。
(平成16年より前でしたので、今よりもらえました。
当時は、日当は8050円・交通費も実費でした。)

訴訟費用負担は、判決に書かれます。
(誰が全額負担・誰が何割など)


請求できる訴訟費用は、
民事訴訟費用等に関する法律・規則
で決まっています。

あなたが原告で全面勝訴の場合をお答えします。

印紙代、
裁判所が使用した切手代、
訴状や準備書面・証拠の提出費用(確か一回1000円程度)、
裁判所に出廷した日当(一回4000円弱・遠隔地だと2日分)、
交通費(直線距離で算出)、
証拠(医師の診断書とか)の取得費用(実費+160円)
宿泊費(遠隔地の場合)
などです。

弁護士費用は訴訟費用とし...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報