2月に起きた私の母が被害者である暴行事件の書類が、警察から5月15日に検察に送致されました。その後、検察に告訴状を提出しようとしても、受理してもらえません。
なお、警察に告訴状を郵送したら、その直後に検察に書類送致されたという経緯があります。
どうすれば、検察官に告訴状を受理してもらえるでしょうか。
思いつきでもかまわないので、方法を提案してください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (18件中11~18件)

>検察審議会への不服申し立ては、告訴状を出さなくてもできますか。


もちろん可能です。

検察審査会法 第2条第2号

 検察審査会は、告訴若しくは告発をした者、請求を待つて受理すべき事件についての請求をした者又は犯罪により害を被つた者(犯罪により害を被つた者が死亡した場合においては、その配偶者、直系の親族又は兄弟姉妹)の申立てがあるときは、前項第1号の審査を行わなければならない。

とあり、被害を受けた人等も申し立てられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

皆さんのご回答からすると、弁護士が告訴状を出したがる理由がまったくないですね。
弁護士が刑事事件の報酬が取れなくなるから、告訴状を出すのにこだわっているのか?というのは疑いすぎですか?
どう思われますか?

お礼日時:2007/07/12 14:18

お怪我をなさったのであれば、傷害事件になっているはずです。



5月に書類送検されているのですよね?在宅起訴ならまだ時間はかかります。これは通常より遅いわけではなくて、在宅なら普通のことです。事件からを考えるのではなく、送致からの期間で考えなければなりません。当然、検察は送致されるまで事件の事は知らなかったのですから、送致された時から捜査を始めるのです。どうして弁護士さんが事件の時期から考えているのかわかりませんが…通常は送致されてから考えるものですけどね。

加害者も、それほどのことをして殺人未遂などになっておらず、傷害事件程度にとどまっているのであれば、それは弁護士がついているか、知恵がある人間なのではないですか?逮捕されないように、ほとんどのことを認め、反省しているような態度を示したのではないでしょうか。

告訴状は元々、弁護士が出しても不備などが多く不受理になる類のものですので、せっかく弁護士さんに依頼しているのであれば、任せてみては?厳罰嘆願書は形式も決まっておらず、意思表明という類のものですので、すぐに受理されますし、そちらの方が目的には沿っていると思いますよ。

あと、示談や謝罪は一切受け付けないことも大事です。

ちなみに、送検されている時点で捜査をする義務が検察には発生しているので、やっぱり告訴状というのは違う気がするのですが…

この回答への補足

付け加えます。
加害者は最初、「自分のほうが腕をねじられたから、防衛のためにやったんだ」と事実無根を言いました。
その後、被害届を出した後に警察が事情を聞いたら、やったことは認めたそうです。
ちなみに、加害者は知恵があるような人間ではありません。ちんぴらみたいな人間を想像していただければよいと思います。目撃者の方も「暴力団でしょう?」と言っていました。
弁護士もついてますが、離婚裁判についての弁護士で、この弁護士の様子から、事件については弁護士に話をしていないようです。

補足日時:2007/07/12 10:08
    • good
    • 0
この回答へのお礼

弁護士より詳しいご回答ありがとうございます。
弁護士に任せていたら、今でもまだ書類が警察にあったと思います。
しょせん人事ですから仕方ないと思っています。

あといくつかお答えください。
1あとどのくらいで起訴されると思いますか。
2起訴されない可能性は高いでしょうか。
3弁護士のいう理由以外に、告訴状の受理を保留する理由は何だとお考えでしょうか。
以上です。どうぞよろしくお願いします。

お礼日時:2007/07/12 09:37

う~ん。



>この傷害事件の加害者は、私の姉の夫、つまり母にとっては義理の息子

警察は身内の問題には関わりたがりません。
以前も、こういう暴力沙汰があったのであれば、DV(ドメスティック・バイオレンス)ですが。。。

同居していらっしゃるのでしょうか?
被害者であるお母様や、お姉さまはなんと言っていらっしゃるのでしょう?
警察で事情は聞かれたと思いますが。
そこで、「娘の夫なので厳しい処分は望まない。」とか、
「妻として、今後はこんなことがないように充分に気をつけます。」とか
言っていたとしたら、不起訴になりそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

経緯をさらに詳しく述べます。
最初、加害者が「自分のほうが腕をねじられたから、防衛した」というような事実無根を言ったため、それを真に受けた警察官に、「被害届を出せば、向こうも被害届をだして、結局あなたも処罰されることになりますよ」と言われて、これを母も真に受けて、事件の日には被害届を出すのを躊躇しました。
その後姉と母で話し合い、「夫については示談、夫の兄については示談なし」ということで、夫にだけ示談を提示しました。
ところが相手はこれを無視しました。
4月になって、加害者によると思われる、詐欺を装った嫌がらせ電話や、車のタイヤを4本全部カッターで切り裂かれる事件があり、身の危険を感じたので、弁護士に「夫も示談ではなく、処罰してほしい」と相談したところ、告訴状を出すことになりました。
県警への問い合わせ後、告訴状が警察に届き、警察があわてて書類を検察に送致しました。
なお、精神的に追い詰めたり、首を絞める、物を投げつけるというDVは結婚以来ずっとありました。ただ、証拠がないため、DV法は使えないとのことです。
姉と夫は同居していません。別居するための引越し作業中にこの暴行事件が起きました。

お礼日時:2007/07/12 10:03

>不起訴とされたときに、不起訴理由を検察官に説明してもらうためです。


それは期待はずれだと思います。
検察官と対峙して詳しく話が出来るわけではありません。
非常に簡単な文章にて不起訴理由がごくごく簡単にかかれた通知書がくるだけです。
あんまり意味のある話でもないと思います。

不起訴となった場合には、検察審議会に不服申立をするしかありません。
ただ新制度が施行されるまでは上記審議会の決定は拘束力を持つわけではありませんけど、一定の効果はあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

もうひとつお答えください。
検察審議会への不服申し立ては、告訴状を出さなくてもできますか。

ご回答よろしくお願いします。

お礼日時:2007/07/12 10:18

すみません。


厳罰嘆願書でした。

減刑嘆願書の逆のものです。
検察に送ります。
形式とかは特になし。

起訴するかどうかは検察官が決定しますから。
ここに、これこれこういう実態があったと詳しく具体的に書いて、
身内といえども、絶対に許す気持ちにはなれない、
起訴して厳罰に処してほしいとうったえるわけです。
一人よりなるべく大勢の名前をつらねたほうがいいと思います。

詳しいことは弁護士さんに聞いてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

書留郵便で担当検事宛に「身の危険を感じるから、早く処分してほしい」と手紙を出しました。
これも厳罰嘆願書にあたりますか。

それから、早く検察官に処理してもらいたいのですが、何か方法はありませんか。

ご回答よろしくお願いいたします。

お礼日時:2007/07/12 10:07

検察に送検された時点で告訴状を出す意味がありません。

もう立件されていますから。告訴状とは捜査をするように依頼するような性質のものです。当然受理しません。もう捜査していますから。
で、郵送した後に書類送検というわけであれば、再逮捕か何かで別件で書類送検されたのでは?

そもそも検察に「送致」されたのであれば、逮捕されているはずですし、その後「書類送検」されているなら釈放されたってことなんでしょうか?

とにかく告訴状は出す必要がありませんよ。
それとも全て別件で立件されているというなら話は別ですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
事情を補足いたします。
この傷害事件の加害者は、私の姉の夫、つまり母にとっては義理の息子のため、当初警察では、「身内だから、起訴はないだろう」とかなんとか言って、微罪処分で済まそうとしていました。そこで、県警に電話して、本当にそうなのか問い合わせたところ、あっという間に、書類送致されました。
告訴状の受理をしてほしいのは、こうした事情と事件から5ヶ月もたっているのに起訴しないことから、弁護士によれば不起訴の可能性が高く、不起訴とされたときに、不起訴理由を検察官に説明してもらうためです。
弁護士の話では、刑事訴訟法260条以下で、もろもろの義務が検察官に発生するため、受理したがらないそうです。
しかし、身内の揉め事で済む程度の暴行ではないので、どうしても起訴してほしいのです。加害者は、いきなり部屋に押し入ってきて、70歳の母の首を後ろから絞めて部屋中を引きずりまわした上、硬質の木の引き戸に押し付けたり、髪を引っ張るなど、高齢の女性に対するものとしては過酷な暴行を加えました。全治2ヶ月の診断書もあります。

お礼日時:2007/07/11 19:33

被害者が犯罪事実を申告し、処罰を求める申告書が告訴状です。



検察に書類送致されたということは、
警察が無罪はありえないと判断したということで、
いずれ罰金などの処分が下されると思います。

逮捕されていないということでしょうか?
再度の暴行事件に発展したり、証拠隠滅や逃走の恐れのない場合、
書類送検のみということはありえます。

それだけでは、どうにも許せないというなら、検察に「厳罰依頼書」を提出するなり、
民事で、損害賠償を求めることになります。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
「厳罰依頼書」とはなんですか。詳しく教えてください。
あと逮捕はされていません。担当刑事でない、元刑事の警察官にきいたら、「どうしてそんなひどいのに逮捕しないのか」と不思議がっていました。加害者は企業経営者なので、それが関係しているのでしょうか。

補足日時:2007/07/11 19:33
    • good
    • 0

何故書類送検までされているのに告訴状提出が必要なのでしょうか。


暴行ということは、傷害罪などですから、これは告訴は不要なので、現に警察が捜査して検察に書類送検した以上は告訴状はそもそも意味をなしませんよ。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
事情を補足いたします。
この傷害事件の加害者は、私の姉の夫、つまり母にとっては義理の息子のため、当初警察では、「身内だから、起訴はないだろう」とかなんとか言って、微罪処分で済まそうとしていました。そこで、県警に電話して、本当にそうなのか問い合わせたところ、あっという間に、書類送致されました。
告訴状の受理をしてほしいのは、こうした事情と事件から5ヶ月もたっているのに起訴しないことから、弁護士によれば不起訴の可能性が高く、不起訴とされたときに、不起訴理由を検察官に説明してもらうためです。
弁護士の話では、刑事訴訟法260条以下で、もろもろの義務が検察官に発生するため、受理したがらないそうです。
しかし、身内の揉め事で済む程度の暴行ではないので、どうしても起訴してほしいのです。加害者は、いきなり部屋に押し入ってきて、70歳の母の首を後ろから絞めて部屋中を引きずりまわした上、硬質の木の引き戸に押し付けたり、髪を引っ張るなど、高齢の女性に対するものとしては過酷な暴行を加えました。全治2ヶ月の診断書もあります。

補足日時:2007/07/11 19:37
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q検察と警察の違い

この前検察官のドラマを見て、検察についての認識を新たにしました。l

それまでは、警察は捜査をし、犯人を逮捕し、取り調べ調書を書き、検察に引き渡すものを思っていました。

しかしドラマの中では、検察官が捜査会議に出席し、刑事に捜査の指示をだし、関係者を訪問して質問しています。
また取り調べもし、検察調書というのもとるという話も聞きました。

ここで質問です。
検察は捜査権がないと思いますが、このようなことをしてもいいのでしょうか?
検察と警察の刑事事件に対する立場と権限の違いを教えてください。
警察とトラブルにならないのでしょうか?
起訴する、しないは誰が判断するのでしょうか?

また検察官になるためには司法試験をとおらないとだめなのですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的な事項について誤解が多すぎますね。

検察官にも捜査権はあります。
☆刑事訴訟法第191条第1項
  検察官は、必要と認めるときは、自ら犯罪を捜査することができる。

当然のことながら、警察官にも捜査権があります。
☆同法第189条
第1項  警察官は、それぞれ、他の法律又は国家公安委員会若しくは都道府県公安委員会の定めるところにより、司法警察職員として職務を行う。
第2項 司法警察職員は、犯罪があると思料するときは、犯人及び証拠を捜査するものとする。

両者の関係は対等の関係であり、警察官は決して検察官の下働きではありません。
☆同法第192条
 検察官と都道府県公安委員会及び司法警察職員とは、捜査に関し、互に協力しなければならない。

ただし、検察官には、捜査に関する一般的指示権(規則制定権)があります。また、検察官が自ら犯罪捜査を行う場合は、検察事務官を動員して独力で捜査することも可能ですが、警察官を指揮して捜査の補助をさせることもできます。
☆同法第193条第1項  検察官は、その管轄区域により、司法警察職員に対し、その捜査に関し、必要な一般的指示をすることができる。この場合における指示は、捜査を適正にし、その他公訴の遂行を全うするために必要な事項に関する一般的な準則を定めることによつて行うものとする。
第2項  検察官は、その管轄区域により、司法警察職員に対し、捜査の協力を求めるため必要な一般的指揮をすることができる。
第3項  検察官は、自ら犯罪を捜査する場合において必要があるときは、司法警察職員を指揮して捜査の補助をさせることができる。
第4項  前三項の場合において、司法警察職員は、検察官の指示又は指揮に従わなければならない。

上記のような権限があるのであたかも検察が警察の上位にあると誤解する向きもありますが、警察が専ら犯罪捜査に専念するのに対し、検察は捜査も行うが主としてその後(起訴、刑事訴訟)に本領を発揮する、相互補完的な関係にあるのです。
実態として検察が優位なのは、
(1)起訴・不起訴の決定権は検察官にある。
(2)刑事訴訟は、検察官の専権事項である。
ことに由来しますが、一方、
(3)検察官は数が少ないので、警察の助けがなければ刑事訴訟は成り立たない。
(4)犯罪捜査の実務経験は、圧倒的に警察が豊富である。
ことは警察優位の側面です。

犯罪捜査・刑事訴訟という巨大な権力を一つの機関に独占させず、互いに協力(けん制?)し合う複数の機関に分けて、しかも一部を重複させて担任させているのです。人権保障の知恵ですね。

基本的な事項について誤解が多すぎますね。

検察官にも捜査権はあります。
☆刑事訴訟法第191条第1項
  検察官は、必要と認めるときは、自ら犯罪を捜査することができる。

当然のことながら、警察官にも捜査権があります。
☆同法第189条
第1項  警察官は、それぞれ、他の法律又は国家公安委員会若しくは都道府県公安委員会の定めるところにより、司法警察職員として職務を行う。
第2項 司法警察職員は、犯罪があると思料するときは、犯人及び証拠を捜査するものとする。

両者の関係は対等の関係...続きを読む

Q告訴状の受理のさせ方

所轄は有無を言わさず返送してきました。
そこで、検察に出すとともに監察経由で再度警察の受理を考えていますが、別に良い方法はありますか?
何かと忙しい警察が受理を拒む事は良くあると聞いていますが、警察が告訴状を受理しなければならない義務の根拠条文は何でしょうか?
お教えいただければ幸いです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

刑事訴訟法230条、同法241条、同法242条
刑事訴訟規則58条等です。

Q検察に行ってすること

今まで質問に答えていただいた人ありがとうございました。この場をかりてお礼します。

今回の質問ですが、検察に行って何を行うのか?です。

自分は今月、県の迷惑防止等条例違反で捕まりました。
形式は逮捕でなく任意での取調べをしました。
そして今日取り調べや聴取が全て終わりました。
あとは検察に書類を送って検察官が刑を決める
といわれています。不起訴か罰金刑だろうといわれています。罰金刑なら10万円以下の罰金だそうです。
そこで聞きたいのが検察に行って何をするのでしょうか?
TVドラマとかで検察のドラマがありましたが検察が気にいらないと思うと罰金刑になったり何か追加で取調べとか
されるのでしょうか?

Aベストアンサー

いささか自信はありませんが、多分こうだろう、と言う程度にとどめておいてください。専門ではないので。

>検察に書類を送って検察官が刑を決める
 これが書類送検と言うものです。警察での調書、等の書類が検察に回ります。警察は捜査専門で、訴訟提起はできません。正確には刑を決めるのは裁判所ですが、後述する略式起訴では、形上、検察官が決めることになります。

書類が送られてきた検察は、その内容を判断し、容疑者 (起訴前ですから) 本人からの事情聴取をして、検察官面前調書を作成する必要があるかないかの判断をし、必要と判断すれば、呼び出しをかけます (身柄を拘束していないため)。これを何回も無視すると、身柄拘束 (逮捕・勾留) もあり得ます。

この時点で、呼び出しがあるかないか、がまず分かれます。

次に、本件が起訴に値するかどうかの判断を検察は行ないます。この結果は、不起訴、起訴猶予、起訴 (公訴提起) の三種に分かれ、前二者は、容疑者に対し通知は行かない、と仄聞していますが、これは確認していません。起訴に値すると判断されますと、通常は公判になるのですが、これは裁判所から正式に書類が出ます。略式起訴と言うのは、被告人 (起訴される時点で、容疑者から変わります) が罪を認めていてその罪が軽微な場合 (どこまでが軽微かまでの詳細は知りません) に限り、正式公判を開かず、検察段階で処理をしてしまい、過料もしくは罰金納付で、終了してしまう、という簡便な方法を取ることはできます。

不起訴、起訴猶予となれば、これに関しては呼び出しは来ない筈です。
略式起訴となれば、呼び出しが来ますが、行く行かないは自由です (行かなければ再度呼び出しが来るか、通常手続きに移行します)。
公訴提起即ち通常手続きになれば、裁判所から通知され、これは正当な理由がなく出廷拒否しますと、罰則もある筈です。警察の言い方ですと、起訴はなさそうですが、最終的には検察の判断ですから、ない、とは言い切れません。

嫌疑内容が具体的にわからないので何とも言えませんが、呼び出しが来るとすれば、事情聴取、あるいは略式起訴だと思います。事情聴取なしでの不起訴起訴猶予なら、何の連絡もないこともあり得ます。

いささか自信はありませんが、多分こうだろう、と言う程度にとどめておいてください。専門ではないので。

>検察に書類を送って検察官が刑を決める
 これが書類送検と言うものです。警察での調書、等の書類が検察に回ります。警察は捜査専門で、訴訟提起はできません。正確には刑を決めるのは裁判所ですが、後述する略式起訴では、形上、検察官が決めることになります。

書類が送られてきた検察は、その内容を判断し、容疑者 (起訴前ですから) 本人からの事情聴取をして、検察官面前調書を作成する必要が...続きを読む

Q告訴状の受理について

刑事告訴についてご質問します。
犯罪行為を処罰してもらうために刑事告訴を検討しています。
ネットで調べてみますと、警察署と検察庁に告訴状を出せることが分かりました。
先日、最寄りの警察署の刑事課に告訴状を持って行ったのですが、(詐欺行為について)
刑事さんから「詐欺行為の構成要素を満たさないのでは」「弁護士に作成して貰いたい」
などと言われて受理されませんでした。
この告訴状は、警察本部や検察庁にも再度提出することが出来ますか?

また、受理され易い方法などはありますか。

Aベストアンサー

告訴状は簡単に受理しません。
本来なら私的には全て受理しなければ
ならないと思っていますが、全てを受理してたら十分な証拠もなく事件性も疑わしく起訴に持ち込めそうにないものまで受理し捜査してたらいくら刑事がいても間に合いませんし税金(人件費等)も相当掛かります。法の趣旨からすれば告訴状は全て受理し、素人では十分証拠を集められないから警察権力を行使して捜査してもらいたいしすべきだと思いますが、上で述べたように費用対効果というバランスをとりながら運営しているため、質問者さんへのような言い方になるんだと思います。
起訴できるくらいの証拠集めたら警察いらんじゃないかと思いますよね、弁護士へたのめなんても民事に利用されてんじゃないかと疑っているのです。
詐欺にあったのが間違いないなら、出来る限りの努力して証拠を集め、まだ足りないと言われれば、きれていいですよ、逆上して逮捕なんてないですから(笑)。警察官に公務員としての仕事きちんとする気ないんですかぐらい文句言えばいいですよ。これ以上踏み込んで調べることは法令違反になるかもしれない、それでもあなた達は一市民に捜査しろと言うんですか、警察はなんのために存在してるんですかねと、言い、何度でも掛け合うことです。彼らも単なる公務員なんです。うるさい奴の言うことは聞くものです。

告訴状は都道府県の本部でも検察でも提出出来ます。

告訴状は簡単に受理しません。
本来なら私的には全て受理しなければ
ならないと思っていますが、全てを受理してたら十分な証拠もなく事件性も疑わしく起訴に持ち込めそうにないものまで受理し捜査してたらいくら刑事がいても間に合いませんし税金(人件費等)も相当掛かります。法の趣旨からすれば告訴状は全て受理し、素人では十分証拠を集められないから警察権力を行使して捜査してもらいたいしすべきだと思いますが、上で述べたように費用対効果というバランスをとりながら運営しているため、質問者さんへのよ...続きを読む

Q検察官と警察の違い

無知ですいませんが宜しくお願いします。
テレビの刑事ドラマでもそうですが事件というものは警察官が捜査するものだと思っていましたが検察官という人が捜査をすると聞きました。
すいませんが検察官と刑事はどう違うのかおしえて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

検察官(いわゆる検事)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%9C%E5%AF%9F%E5%AE%98
警察官
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E5%AE%98
警察職員のくくりの中には海上保安官、麻薬取締官、労働基準監督官などの「特別司法警察職員」というものもあります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E5%88%A5%E5%8F%B8%E6%B3%95%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B7%E5%93%A1

特別私法警察職員を含めた警察官は「一次捜査機関」とも言います。まず、犯罪捜査の端緒を掴み、内偵などの基礎捜査を始め、被疑者の身柄確保(平たく言えば”逮捕”)や捜索(いわゆる”ガサ入れ”)を行い、事件を検察官に送致(新聞用語で言えば”送検”)します。
検察官は、特捜事件を除いて、原則として一次捜査機関から送致された事件について、訴追を行うか否か(起訴するかどうか)の捜査(検察官が被疑者(新聞用語の”容疑者”)や関連者の取り調べを行ったり、送致してきた官署に対し補充捜査の指揮)を行います。

警察官と検察官の大きな違いとして、警察は組織として動きますが、検察官は「独任官」であり、検察官個人が役所として機能します・・・現実には、上司の決裁がありますけど ね。

検察官(いわゆる検事)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%9C%E5%AF%9F%E5%AE%98
警察官
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E5%AE%98
警察職員のくくりの中には海上保安官、麻薬取締官、労働基準監督官などの「特別司法警察職員」というものもあります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E5%88%A5%E5%8F%B8%E6%B3%95%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B7%E5%93%A1

特別私法警察職員を含めた警察官は「一次捜査機関」とも言います。まず、犯罪捜査の端緒を掴み、内偵などの基礎捜査を始...続きを読む

Q暴行事件で告訴するといくらかかる?。

 刑事事件として、告訴したいのですが費用は掛かるんでしょうか?。その金額は返金されないのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんわ、jixyoji-ですσ(^^)。

最寄の警察署(交番は不可),もしくは地方検察庁へtannsunigonn2004さんが告訴状を持っていって受理されれば司直が捜査を開始するのでお金がかかるのは,告訴状の用紙ぐらいですね。

【告訴状・告発状】
http://www7.ocn.ne.jp/~byoudou/kokuso.html

【刑 事 告 訴】
http://www.mikiya.gr.jp/keijikokuso.html

【刑事告訴】
http://homepage1.nifty.com/domonsaito/houritu7.htm

【私達ができる刑事告訴の方法】
http://www5.airnet.ne.jp/hobby/tounan/keiji_kokuso.htm

参考までに。

Q検察

小沢民主党代表の言ってる検察に対する「国家権力、霞ヶ関の抵抗勢力」って本当なのでしょうか。私も東京に住んでいましたが、変なところです。ドラマにあるような話が本当にあることも知っています。霞ヶ関の連中が省庁の利権を守るために必死なのはわかっています。しかし、検察だけは違うと確信しているのですが、どうも、わからなくなっています。皆さんの意見はどうでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは、ご回答申し上げます。

検察は行政機関であるがため、法務大臣下の組織であり、法務大臣が指揮権を有していますが、
検察庁法によって非常に強力な独立性が保障されており、
基本的には法務大臣が指示、命令を与えたり、圧力をかけることができないこととなっています。
法務大臣の指揮権は、民主主義的な支持基盤を持たない行政機関である検察が、
戦前の軍部のような独善的行動をとらない様に監視するために存在し、
唯一の例外を除いて発動されたことがありません。

唯一の例外とは、1954年の造船疑獄事件において吉田首相の意向を受けた犬養法務大臣が
佐藤幹事長の逮捕をしないように指揮した件ですが、
この指揮権を発動した後、犬養法務大臣は辞任、吉田首相は国会での商人喚問となりました。
ゆえに、ロッキードにおいては三木内閣が拒否したのではなく、何もできなかったということが本筋です。
また、麻生内閣においても、二階氏に操作が及ぶことは昨年の時点で判明していたものの、
指揮権を発動することはできませんでした。
ご質問にはありませんが、マスコミの世論誘導とは異なり、
まずは政権の関与は事実上不可能であることをご認識頂ければと存じ上げます。

検察が己が利権を守るために今回の捜査に踏み込んだかどうかと言えば、これも異なると思います。
利権を守るのであれば、次の政権与党である民主党に擦り寄っていけばいいわけですし、
小沢氏は今は野党党首ですが、以前は旧自民系に属していた関係から検察に顔が利きます。
それにも関わらず、検察が今回の秘書逮捕に踏み切ったには二つの理由があります。

一つは政治的な判断です。
このままの流れで民主党政権が誕生した場合、
民主党自体の政権担当能力や沖縄ビジョンなど政策理念の未熟さに加え、
社民党、共産党との連立になるため、日本が中共化することが想定されます。
そうなった場合、どこかの国のように軍部が国を支配するような、
検察とは別に強力な捜査機関が存在することも十分考えられ、
彼らは日本の民主主義と己の存在をかけて今戦っているのです。

もう一つは、人命保護の観点です。
本件に関しては昨年の段階から捜査が進んでおり、
西松建設の関係者は今年はじめから何人も逮捕されてきました。
逮捕というと小沢氏の秘書も含めて聞こえが悪いですが、
本件では、すでに2名もの関係者が変死を遂げており、
小沢氏関連の事務所が全焼になるなど相当な闇を抱えているため、
逮捕により彼らを保護したと見るべきです。

二次補正案の可決に民主党が協力する姿勢を見せたところで、
その後の解散総選挙を行えば小沢氏に手を出すことは困難となるため、
今しか動くタイミングがありませんでした。
それまでは、証拠固めと同時に関係者を保護していたのです。

検察が行政機関である以上、政治的な背景を持って動くことは事実ですが、
彼らが本件においては、国や国民を守るために動いていることも事実です。

こんにちは、ご回答申し上げます。

検察は行政機関であるがため、法務大臣下の組織であり、法務大臣が指揮権を有していますが、
検察庁法によって非常に強力な独立性が保障されており、
基本的には法務大臣が指示、命令を与えたり、圧力をかけることができないこととなっています。
法務大臣の指揮権は、民主主義的な支持基盤を持たない行政機関である検察が、
戦前の軍部のような独善的行動をとらない様に監視するために存在し、
唯一の例外を除いて発動されたことがありません。

唯一の例外とは、195...続きを読む

Q告訴状は郵送でも受理されますか

以前別の件で警察に相談したところ、いやな思いをさせられたので
今回は書面をこちらで用意し、直接所轄の検察庁に提出したいと思っています。かなり遠方のため郵送で済ませられればそうしたいのですが、それが可能か、また可能ならどんな点に注意すべきかお教え下さい。

Aベストアンサー

 告訴とは,犯罪の被害者その他の告訴権者から、捜査機関に対し、犯罪事実を申告して犯人の処罰を求める意思表示のことを言います(刑事訴訟法230条以下)。
 告訴の方式としては,「書面又は口頭で検察官又は司法警察員にこれをしなければならない」(刑事訴訟法240条1項)と規定されているのみで,郵送による告訴も有効です。

 先述のとおり,告訴においては,具体的な犯罪事実の申告とともに,犯人の処罰を求める意思表示がなされている必要があります。
 犯罪事実の申告については,具体的犯罪事実が刑法の条文に規定された構成要件の形で示されている必要があると思います。

 たとえば,強制わいせつ(176条)の事例で告訴状をつくってみましょう。
 強制わいせつについては,刑法第176条で,「13歳以上の男女に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、6月以上10年以下の懲役に処する。(以下略)」と規定されています。
 そこで,まず犯罪事実として,たとえば,「犯人(氏名不詳)は,平成20年9月1日午前2時5分から午前2時20分の間において,東京都○○区△△2丁目13号の路上において,被害者山田花子(女子)を背後から羽交い絞めにして路上に押し倒し,そのまま押さえつけるという暴行を加え,それを用いて,同女の胸と下半身(陰部を含む。)を触るというわいせつな行為をして逃亡したものである。」等と記載し,
 次に処罰の意思の表示として「被害者としては,犯人の厳罰を望む。」等と記載し,
 最後に作成者,作成年月日として「平成20年9月17日 東京都○○区△△3丁目26号 山田花子(被害者) 昭和60年5月20日生まれ」等と記載しておけばよいのではないでしょうか。

 郵送での事故を避けるために内容証明郵便で送付すれば,さらに間違いないと思われます。


【刑事訴訟法】
 第241条 告訴又は告発は、書面又は口頭で検察官又は司法警察員にこれをしなければならない。
http://www.houko.com/00/01/S23/131A.HTM#s2.1

【刑法】
http://www.houko.com/00/01/M40/045.HTM

 告訴とは,犯罪の被害者その他の告訴権者から、捜査機関に対し、犯罪事実を申告して犯人の処罰を求める意思表示のことを言います(刑事訴訟法230条以下)。
 告訴の方式としては,「書面又は口頭で検察官又は司法警察員にこれをしなければならない」(刑事訴訟法240条1項)と規定されているのみで,郵送による告訴も有効です。

 先述のとおり,告訴においては,具体的な犯罪事実の申告とともに,犯人の処罰を求める意思表示がなされている必要があります。
 犯罪事実の申告については,具体的犯罪事実が刑...続きを読む

Q警察物の連続ドラマの舞台に京都が多いのはなぜ

警察物の連続ドラマの舞台に京都が多いのはなぜ
新聞記者や検察なども含め、事件を解決する警察がらみの連続ドラマって、なぜか京都が舞台になっている物が多いような気がするのですうが、何か理由があるのでしょうか。

「ロケなどをするのに都合が良いとかの理由かな」などとも考えましたが、例えば恋愛物とか学園物など他のジャンルのドラマで京都が舞台になっている物はそんなに多くないような気がするのですが。

Aベストアンサー

#1です。
機材の運搬って結構大変ですからね。
京都は太秦撮影所があって、東映もそこにあります。
ドラマって、京都と東京ぐらいでしょ。あと横浜かな。
名古屋とか、大阪は極端に少ない。やはりカメラや照明、音声などの機材や人を遠くへ持って行って製作するとなると費用がかさむんだと思いますよ。
単発ドラマでも、外のロケなんて、全編の半分もないですし。後はスタジオの中で撮影されます。

Q告訴状を「受理すべき法的義務」はあるか

警察署や検察庁に提出する告訴状について質問します。
もし告訴状が「受理」されたら、警察や検察庁は捜査して起訴するかどうかを決める義務があると思いますが、「告訴状を受理すべき法的義務」というのは、あるのでしょうか?

つまり、告訴状に記載されている事実が犯罪を構成する事実に該当しており、且つ信憑性のある証拠が告訴状に添付されている場合は、警察や検察庁は告訴状を「受理すべき法的義務」があるのでしょうか?

Aベストアンサー

刑事訴訟法で言うと;

第二百三十条  犯罪により害を被つた者は、告訴をすることができる。
第二百四十条  告訴は、代理人によりこれをすることができる。
第二百四十一条  告訴又は告発は、書面又は口頭で検察官又は司法警察員にこれをしなければならない。
2  検察官又は司法警察員は、口頭による告訴又は告発を受けたときは調書を作らなければならない。
第二百四十二条  司法警察員は、告訴又は告発を受けたときは、速やかにこれに関する書類及び証拠物を検察官に送付しなければならない。

司法警察官とは,警察官と考えてください.法的義務はあります.ただし,事情聴取はしっかりされるでしょう.


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報