マンガでよめる痔のこと・薬のこと

最近、所謂「モンスターアレント」が小中学校で暴れまわっているようですが、この親達は学校を公共サービスとしてしか見ていないような気がします。そこでお聞きしたいのですが、公立小中学校の先生は、公務員ですから簡単に公共サービスととらえていいんでしょうか?何だか先生がかわいそうで・・・よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 教育をサービス云々で論じる事自体、教育が理解できてない証拠です。


 教育はあくまでも教育で、サービスと同列で比較考慮出来ない物です。
 強いて言えば、学習塾の教育はサービスです。何故なら学習塾は学力向上を請け負うサービス業だからです。
 まして、義務教育(小・中校生)は、本人及び親の自由意志で、受ける受けないを選択出来ない事が、憲法第26条第2項で規定されてます。
 教育をサービスと勘違いしてる人は、義務教育を受けるも受けないも、本人及び親の自由意志で決められると言う事です。
 義務教育論と矛盾してませんか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
私も同感で、常々おかしいと感じておりました。
義務教育に対する考え方を基本から見直さなくてはいけないのでしょうね。

お礼日時:2007/07/15 18:44

公共サービスと捉えていいと思います。


(国や地方もサービス活動はしますからね)

しかし問題なのは日本国憲法の『教育を受けさせる義務』の義務を負うのが、自分達ではなく国や地方、ひいては先生と勘違いしているおめでたい人がいることです。

中学の公民で習ったことを忘れたか、義務教育を受けられなかったのでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
もう一度原点に戻って、義務教育を見直さなければならないようですね。

お礼日時:2007/07/13 16:25

小中学校は義務教育の場と考えれば公共サービスとは言い切れないと思います。

受けなければいけない教育の場ではありますが、その内容は受けようとする人間の自覚に左右されるため所謂、『モンスターペアレント』が出現するのではないでしょうか?しかし、その両親たちは公共サービスとして捕らえてるわけではなく、給食費未納や保育料未納の親と同様に社会的秩序が欠損している人間だと思います。教師が公務員である立場は、自治体の裁量で動かす必要があるからではないでしょうか?我が子が通っている公立の小学校の教師は熱心で、仕事量も多く、これに加えて免許更新制にするとは、現場を如何に文部科学省が把握していない証拠ではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳しい回答ありがとうございます。
しかし今の先生は大変ですね。本当に気の毒でなりません。
私たち親も先生に協力しないといけないですね。

お礼日時:2007/07/13 16:22

まさしく公共サービスだと思いますよ。


で、公共サービスだとなぜ先生がかわいそうなのでしょう?
ここでいうサービスは、辞書によると
「物質的財貨を生産する労働以外の労働。具体的には運輸・通信・教育などにかかわる労働で、第三次産業に属する。用役。役務。」
ですから、
「奥さん、ニンジン、サービスしとくよ!」
みたいな、ただとかおまけといった意味合いのものではありません。

モンスターペアレントがどう思っているかとは関係ないですね。
あれは単にバカなだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
私が子供のころは先生と言えば「聖職」みたいな空気があったもので、
今の先生は単なるコマ使いみたいに見えてしまったものですから、ついかわいそうだなと・・・

お礼日時:2007/07/13 16:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q夏休みの宿題 税についての作文

夏休みの社会の宿題で、
「税についての作文」というものがでました。
一応、書いてみたので時間がある方は読んでいただけないでしょうか?
枚数は3枚以内ということで、これだと2枚とちょっとくらいです。
題名がまだ決まっていないので、もし何かあればお願いします!


 私は、正直に言うと、今まで「税」というものについてよく知りませんでした。
自分が払っている税金と言うと、消費税くらいしかないし、
その消費税は、何かを買うと付いてくるし、
「税金なんかなくて良いのに。なんで払うんだろう。」と思ったこともありました。
 そこで、税金の使われ方について調べてみました。
すると、税金は、私たちが毎日学校で勉強するために使われていたり、
私たちの生活や安全を守るために使われていることが分かりました。
また、税金によって、医療費が安くなっていたり、ゴミ処理がされているということも分かりました。
 もし、誰も税金を払わなくなったら、どうなるだろうか。
と考えてみると、
私たちが今まで当たり前のように通っていた学校には通えなくなってしまうし、
私たちはこれから安心して暮らしていけません。
税金がなくなっても、毎日学校で勉強をしようとすると、
私たち中学生は、月々約7万9千円、つまり年間94万3千円を払わなければなりません。
他にも、税金がなくなれば、警察・消防費として、国民一人当たり約4万5百円、
ゴミ処理費用として、国民一人当たり約1万7千9百円を払い、
医療費は今よりも高くなります。
これらは、税金を払っている今は、税金によってまかなわれているのです。
そう考えると、税金は私たちにとって、とても必要なものだと思います。
 今まで、「税について知りたい!」とか「税金は必要だ。」と思ったことは
一度もありませんでしたが、今回調べて、税についてよく分かったし、
税金は必要だと思いました。
私たちは、いつも「勉強したくないなあ。」と思いながら学校に通っていますが、
こうして、当たり前のように毎日学校で勉強ができるのも、
税金があるからできるのだと分かりました。
 私たちはまだ、税金を払う立場ではなく、税金を使う立場の方です。
税金によって、私たちは色々な面で支えられています。
日本全国の人々が、税金を払い、
その税金によって、私たちは支えられています。
だから私も、将来、もっと税金を払うようになったら、
他の人たちを支えたいと思います。

夏休みの社会の宿題で、
「税についての作文」というものがでました。
一応、書いてみたので時間がある方は読んでいただけないでしょうか?
枚数は3枚以内ということで、これだと2枚とちょっとくらいです。
題名がまだ決まっていないので、もし何かあればお願いします!


 私は、正直に言うと、今まで「税」というものについてよく知りませんでした。
自分が払っている税金と言うと、消費税くらいしかないし、
その消費税は、何かを買うと付いてくるし、
「税金なんかなくて良いのに。なんで払うんだろ...続きを読む

Aベストアンサー

>消費税くらいしかないし、
>よく分かったし、

この「~し、」というのを書き直しましょう。
作文ではあまり使いたくない言葉使いです。

税金というと、一番身近なのは消費税でしょうか。
良くわかりました。

>だから私も、将来、もっと税金を払うようになったら、
>他の人たちを支えたいと思います。

この部分が???となる文章でした。
税金を払うことに支えるとありますが、何を支えるのかを書く。
または最後の〆の言葉自体を変更してもいいかもしれません。


これくらいでいいと思います。
中学生なので十分ではないでしょか。

Q「税についての作文」の書き方を教えてください!!

夏休みの宿題で、税の作文が出ました。

さっさと早く宿題を終わらせたいのですが、
何を書いていいのやらさっぱりよく分かりません((泣

私は文法力もないし、税について調べてみても、ちんぷんかんぷんで
全く進みません。。。

なのでよければ、
作文の書き方のコツや、税について(分かりやすく、まとまったこと)を教えてください!!

ちなみに中学生です。

Aベストアンサー

税についての詳しい知識は不要です。

身近にある税を考えてください。
スーパーやコンビニのレシートを見てください。
うち消費税○○とあるはずです。
これは、買い物の時に商品代のほかに5%の消費税をスーパーやコンビニに払っているのです。
スーパーやコンビニは、この消費税を国に収めています。

また、お父さんやお母さんが、会社とかに勤めていらっしゃるのであれば、そのお給料からは所得税や住民税が差し引きされていると思います。
会社とかに勤めていらっしゃるのでしたら、月にどのくらい引かれているのかを聞けば、年間どのくらいの負担があるのかを知ることができます。

また、郵便貯金をされていませんか。毎年利子がついていますが、税金が差し引きされています。通帳で確認されます。

このような、税金があることを知って、これを支払うことに対する感想を書かれればいいと思います。

そして、その使い道を考えてください。


質問者様の学校は、公立の学校でしょうか?
授業料は無償ですね。
学校の建設費用、電気代、先生の給料などは、税金で負担されています。

私立の中学でも、生徒からの授業料のほかに補助金が税金からでているはずです。

また、公立でも私立でも、教科書は税金で負担されています。
(小学校の時に先生に言われた言葉を覚えています。「この教科書、机、○○は、だれがお金を出してくれているのか? 戦争で勉強したくても学校にも行けなかった人たちも、給料や年金の中から税金として負担してくれているのだ。しっかり勉強しろ。」)

ほか、道路、警察、消防署、公園など身近な施設を想像してください。


税金がない世界であれば、今税金でまかなっているものはどうなるのかを想像してください。

そうすると文章が書けると思います。


また、実は、国の収入のうち、半分以上は借金です。
これは、だれが返済するのでしょうか。
今の年寄りは、返済せずにこの世を去ります。
返済するために新たな借金をするなどして、返済を遅らせれば、ご両親の世代も返済せずにこの世を去ります。
そうなれば、返済するのは、中学生である質問者様たちになるかもしれません。

このあたりのことは、書いても書かなくてもいいですが、知っていれば、いろいろ税について考えることができると思います。

夏休みも、あと2週間!
がんばってください。

税についての詳しい知識は不要です。

身近にある税を考えてください。
スーパーやコンビニのレシートを見てください。
うち消費税○○とあるはずです。
これは、買い物の時に商品代のほかに5%の消費税をスーパーやコンビニに払っているのです。
スーパーやコンビニは、この消費税を国に収めています。

また、お父さんやお母さんが、会社とかに勤めていらっしゃるのであれば、そのお給料からは所得税や住民税が差し引きされていると思います。
会社とかに勤めていらっしゃるのでしたら、月にどのくらい引かれてい...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報