沖縄戦では多くの一般人が自決しました。
軍が自決をすすめて、青酸カリや手榴弾を与えていたようです。
沖縄はいずれアメリカに占領される運命であることはわかっていたと思うのですが、
どうして一般人に自殺をすすめたのでしょうか?
一般人が捕虜になろうが、自決しようが、軍の作戦の遂行上、さほど影響がないとおもうのですが。
軍人が捕虜になれば秘密をもらす可能性がありますが、
一般人には関係ない話です。
そもそも一般人を守るための軍隊なのでは?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中11~12件)

#1さんが書かれていた面もありますし、アメリカ人(というより白人)の残虐性も考慮しなければなりません。


白人にとって黄色人種は猿も同然で、殺してもどうという事のない存在でした。
また、その方法も残虐きわまりないものでした。であれば、自らの意思によって
死を選ぶ方がマシと考えても仕方ない部分もあるでしょう。
いずれにせよ、単純ならざる事情があったのです。

参考URL:http://www.tamanegiya.com/amerikagyakusatu19.1.1 …
    • good
    • 0

捕虜自体が日本人として恥とされていた時代です。


また、軍人に限らず、「生きて辱めを受けるよりは死を」と刷り込まれていたのです。
今とは隔世の感がある出来事です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q第57回アカデミー賞について

ちょっと、じきはずれではありますが、アカデミー賞にくわしい方、教えて下さい。
 第57回アカデミー賞の事です。(いまから、19年前)
アマデウスが最優秀作品賞のほか8部門をとりました。
その、アマデウスについて、アカデミー賞の授賞式の様子をくわしく知りたいのです。
ささいなことでも、教えてください。

Aベストアンサー

う~んと、ささいなことでも、とのことですので^^;

・この年は、『アマデウス』と『インドへの道』の一騎打ちだったそうです。

・『アマデウス』で監督賞を受賞したミロシュ・フォアマン監督は

「ライバルは『インドへの道』だけでなく、モーツァルトとの戦いだった。天才的な音楽を現代的にアレンジしてモーツァルトを表現すると、音楽界からさまざまなプレッシャーがかかっていじめられた。

今晩からはゆっくり眠れそうだ。

祖国チェコのスタジオでチェコの仲間たちとした仕事この映画をアカデミーが認めてくれたのはうれしい」

とコメント。

・主演男優賞を『アマデウス』で受賞したF・マーリー・エイブラハムは、同賞にノミネートされていた、モーツァルト役のトム・ハルスをねぎらうコメントを。

「トム・ハルスが一緒にいないのは残念だ。このスピーチのために25年も働いてきたのに、45秒とは残念だ」


・また、衣裳デザイン賞も『アマデウス』が獲得しましたが、その渡し役は皮肉にもインド象だったということがあったらしいです。


えーと、出典も書いておかないといけないかな^^;

『MOOK21 アカデミー賞 ~ハリウッドの栄冠~』 共同通信社

より抜粋しました。

う~んと、ささいなことでも、とのことですので^^;

・この年は、『アマデウス』と『インドへの道』の一騎打ちだったそうです。

・『アマデウス』で監督賞を受賞したミロシュ・フォアマン監督は

「ライバルは『インドへの道』だけでなく、モーツァルトとの戦いだった。天才的な音楽を現代的にアレンジしてモーツァルトを表現すると、音楽界からさまざまなプレッシャーがかかっていじめられた。

今晩からはゆっくり眠れそうだ。

祖国チェコのスタジオでチェコの仲間たちとした仕事この映画をアカデミ...続きを読む

Q沖縄戦の集団自決について教えて下さい。

沖縄戦の集団自決について教えて下さい。資料等を調べてみたのですが「国からの集団自決の命令があったのか否か」は現在でもはっきりしないところであるようです。今般「命令があった」という文書が教科書から削除されたことに対し、沖縄の方々は憤慨されていると伺いました。
無知なため問題の本質が見えずに困っています。仮定の話なのですが、もし集団自決の命令が「あった」ということだとどういう状況が控えており、「なかった」ということだとどうなるのかを教えて下さい。「あった」とした場合、沖縄の人達は国家に損害賠償を求める~ということになってくるのでしょうか?しかし、もしそういった大きな問題であれば、いきなり教科書から集団自決の文言を削除してしまうというのは相当問題だと思います。事の本質が見えずどなたか基本的なところから教えて下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

現在最大の問題点は軍の命令があったかどうかが争われています。
「あった」とするには証明が不十分なので検定委員会が削除したというのが政府側の言い分です。
しかも政府には検定に立ち入る事は教育に政治の権力が介入することになるから出来ないという立場をとっています。

どちらの意見も一見正当に聞こえます。
この中で検定委員会の説明が未だに公式にも非公式にも発表されない事も不思議です。

ここで冷静に当時の状況を想像してみましょう。
先ず軍から手榴弾の支給があったのは事実と思われます。  その時に米軍攻撃用としてか、自決に使用の為としてか話がなかったとするのは無理があります。
なんの話もなかったとすれば軍の兵器の横流しですが当時米軍の上陸を想定しているのに武器の横流しは考えられません。
兵士が無言であっても捕虜になるのは恥辱と考える教育は徹底していましたから自決用と考えるのは当然だったでしょう。
兵士から自決用であると告げられた複数の証言があります。
さらに手榴弾が不発で死ねなかったので捕虜になったという証言もあります。

これらの証言が不正確で少数であるというのが検定で削除の理由と考えられます。
貴方はどう考えますか?

「軍命令がなかった」として沖縄の人達が国家賠償を求める事は出来ないと思います。  既に時効となっていますし、他のケース」(戦災死など)とのバランスもあります。

現在最大の問題点は軍の命令があったかどうかが争われています。
「あった」とするには証明が不十分なので検定委員会が削除したというのが政府側の言い分です。
しかも政府には検定に立ち入る事は教育に政治の権力が介入することになるから出来ないという立場をとっています。

どちらの意見も一見正当に聞こえます。
この中で検定委員会の説明が未だに公式にも非公式にも発表されない事も不思議です。

ここで冷静に当時の状況を想像してみましょう。
先ず軍から手榴弾の支給があったのは事実と思われま...続きを読む

Q愛を読むひとのケイトウィンスレットは何故アカデミー賞で主演女優賞でゴールデングローブ賞では助演女優賞なのでしょうか?

「愛を読むひと」で、ケイトウィンスレットがアカデミー賞の主演女優賞とゴールデングローブ賞の助演女優賞を獲得したそうですが、同じ演技で賞によって主演、助演と異なる評価を受けるということは普通にあることなのでしょうか?また、同じアカデミー賞で主演、助演両方にノミネートされるなどということもあるのでしょうか?ちょっと気になりました。

Aベストアンサー

 追記です。
2004年のアカデミー賞ではジェイミー・フォックスが
主演男優 Ray
助演男優 コラテラル でダブルノミネート。
彼は最優秀主演男優賞をゲットしました。

 ゴールデングローブの方が先なので、その選択に異論がある場合があるのではないでしょうか。なおゴールデングローブ賞の選考委員はハリウッド外国人映画記者協会 ですし、アカデミー賞は映画芸術科学アカデミーの会員です。

Q北朝鮮軍(+中国軍)vs韓国軍(+日本軍、米国援助)ではどっち勝つか?

北朝鮮軍(+中国軍)vs韓国軍(+日本軍、米国援助)ではどっち勝つでしょう?

中国は、物資や武器、資金の提供、軍事力の援護
日本は、自衛隊の援護?ただし、どれぐらい派遣できるのかは未知数ですよね。
イージス艦は派遣しそうです。
しかし、陸自、空自は派遣は難しそうですが、有り得ますかね?
(今度の総選挙で鳩山政権が与党になれば楽に?)
米国は例のごとく、武器とイラナイ紙切れ同然のドルを韓国に援助します。

この場合、韓国が勝ちそうに見えるのですが、
某所の外人の書き込みによると、
「韓国がやられ、日本が反撃する(抵抗する?)」とあります。
これは、どういう意味なのでしょうか?
実際に韓国と北朝鮮同士ならば、韓国が圧倒的差で勝つと思います。
また、この場合、中国+北朝鮮軍が日本へ攻めてくるということも有り得るのでしょうか?
しかし、結局は日本が割りと楽に防衛し、中国がやけくそになって日本へ核を撃つということは有り得ませんか?
実のところ、無いとは思いますが、中国は奥が深いので難しいです。

一応、念のために原文載せます

Try this. 2009 North Korea gets attacked by South Korea. Japan joins with SK. China joins NK. US refuses to take sides. Israel attacks Iran, EU/US refuse to help. Russia does nothing. Aussies turn on china and helps SK+Japan. USA funds Israel and SK offensive. SK is ruined, but japan keeps attacking. Israel is stuck in a long term hit-and-run war with Iran supporters. EU finally steps in to help Israel and Japan, Russia sides with China, 2011. 2012, USA official joins the Allies, war cont.

北朝鮮軍(+中国軍)vs韓国軍(+日本軍、米国援助)ではどっち勝つでしょう?

中国は、物資や武器、資金の提供、軍事力の援護
日本は、自衛隊の援護?ただし、どれぐらい派遣できるのかは未知数ですよね。
イージス艦は派遣しそうです。
しかし、陸自、空自は派遣は難しそうですが、有り得ますかね?
(今度の総選挙で鳩山政権が与党になれば楽に?)
米国は例のごとく、武器とイラナイ紙切れ同然のドルを韓国に援助します。

この場合、韓国が勝ちそうに見えるのですが、
某所の外人の書き込みに...続きを読む

Aベストアンサー

僕は中国が本気で支援したら韓国軍が負けると思います。
日本軍は役に立たないでしょう。
「韓国がやられ、日本が反撃する(抵抗する?)」
これはない気がします。
米軍が反撃しそれに巻き込まれる形で支援、
そして支援した段階で日本も標的になるってことはあるでしょう。
日本に攻めてきた場合も楽に防衛なんてことはまずないと思います。
みえる軍だけじゃなく日本には多数の中国、朝鮮の人がいます。
その人たちの一部でもテロなんか起こそうものなら。敵軍が来る前に大混乱でしょう
中国がやけくそになるぐらいの状況にならすでに日本半分ぐらいなくなってるんじゃないかな

Qアカデミー賞の珍事!教えてください。

本日ニュースで「こんなことあるんだ・・・」とびっくりしました。

珍事!まさかの封筒渡し間違え!作品賞は『ラ・ラ・ランド』じゃなくて『ムーンライト』だった【第89回アカデミー賞】
http://news.goo.ne.jp/article/cinematoday/entertainment/cinematoday-N0089928.html

過去にもアカデミー賞の珍事はあるのでしょうか?
ご存知でしたら教えてください!

Aベストアンサー

No.1さんが書いてる件は、2014年の第86回アカデミー賞授賞式ですね。司会のエレン・デジェネレスが宅配ピザを注文しました。これには宅配人も会場やテレビの前にいた人たちも驚いたでしょうが、事前の台本通りの展開です。
http://www.cinematoday.jp/page/N0061102
http://www.cinematoday.jp/page/N0061195

この年は、授賞式の最中に司会者がスター達とスマホで自撮りしてツイートしたのも話題となりました。
http://www.cinematoday.jp/page/N0062074
http://www.huffingtonpost.jp/2014/03/04/academy-selfie-backstage_n_4900045.html

2016年の第88回アカデミー賞授賞式では、会場にガールスカウトたちが現れ、スター達を相手にクッキーを売り歩きました。司会のクリス・ロックの娘たちがガールスカウトをしており、売上金をチャリティーに使うクッキーの売り上げがイマイチだからということでした。
http://www.cinematoday.jp/page/N0080840

今年の第89回アカデミー賞授賞式では、ハリウッドを観光中のツアーバスの乗客たちが、観光名所だと聞かされてドアを開けると、授賞式の真っ最中の会場だったという演出も。
http://www.cinematoday.jp/page/N0089927

以上は、司会者やプロデューサーが仕掛けたサプライズ。今回の作品賞の間違いのような、台本になかった珍事は何があるでしょうね。

1964年4月の第36回アカデミー賞授賞式でも、封筒の間違いが起きてます。サミー・デイヴィスJr.が編曲賞の発表時に、次の作曲賞の受賞者を発表してしまいました。

https://www.youtube.com/watch?v=mmmi9ksOtt4

No.1さんが書いてる件は、2014年の第86回アカデミー賞授賞式ですね。司会のエレン・デジェネレスが宅配ピザを注文しました。これには宅配人も会場やテレビの前にいた人たちも驚いたでしょうが、事前の台本通りの展開です。
http://www.cinematoday.jp/page/N0061102
http://www.cinematoday.jp/page/N0061195

この年は、授賞式の最中に司会者がスター達とスマホで自撮りしてツイートしたのも話題となりました。
http://www.cinematoday.jp/page/N0062074
http://www.huffingtonpost.jp/2014/03/04/academy-selfie...続きを読む

Q沖縄戦‐本当に日本軍は自国兵に銃口を向けたのか?

沖縄戦を題材とした反戦ドラマで、
日本軍が敵の射殺を拒んだ自国兵に対し、
銃口を向けるシーンがありました。

本当に旧日本軍は、身内である日本兵に対し、
そのような扱いをしていたのでしょうか?

    ***

倒れた米国の兵士にとどめを刺すようにと、
上司に銃を渡され射殺を命じられた日本兵が、
「私にはそんなことは出来ません。」
と泣きわめきながら拒むシーンでした。

米兵の射殺を拒んだその日本兵の頭に、
上司の銃が突きつけられたところで、
そのシーンは終わりました。

直後に、その日本兵の死を告げる手紙が、
遺品と共に家族へ届けられるシーンが続き、
そこでドラマは幕を閉じました。

この演出から推測すると、
この日本兵は敵兵の射殺を拒んだために、
上司に射殺されたようにも受け取れます。

旧日本軍は世界的に見ても稀なほど、
倫理観が高く、規律正しかったと聞いています。

もしそれが本当ならば、上のシーンは、
歪んだ反日思想に基づいた演出ではないかと、
私は疑問に思いました。

実際にはどうなのか、私にはわかりません。
戦史に詳しい方からの情報をお待ちします。

沖縄戦を題材とした反戦ドラマで、
日本軍が敵の射殺を拒んだ自国兵に対し、
銃口を向けるシーンがありました。

本当に旧日本軍は、身内である日本兵に対し、
そのような扱いをしていたのでしょうか?

    ***

倒れた米国の兵士にとどめを刺すようにと、
上司に銃を渡され射殺を命じられた日本兵が、
「私にはそんなことは出来ません。」
と泣きわめきながら拒むシーンでした。

米兵の射殺を拒んだその日本兵の頭に、
上司の銃が突きつけられたところで、
そのシーンは終わりました。
...続きを読む

Aベストアンサー

戦史に詳しくはありませんが、反日思想というわけではないでしょう。

規律が正しいということは、厳しいということでもありましょう。
普通、口答えなんてできません。

(軍規とはちょっと話が違うかもしれませんが、ビンタとか、帰ってくるなという斬り込みの命令とか、読んだことありませんか?
水木しげるさんの戦争マンガを読むとビンタされまくりです)

また、規律が正しいとしても、
現場がひどい状況になると規律が乱れることがあったようです。
(暴れたとかでなくて、ジャングルに逃げちゃったとか>レイテ島)

それと、規律が正しいことと、軍の外から見てそれがどうかというのはまた別です。
たとえば。
南の島で「食糧を入手しろ」という命令にキチンと部下が従うのは規律正しいかもしれませんが、現地人の畑からトウモロコシを勝手にもいでくるのは、倫理的にはどうなんでしょ。
やった人を責めているわけではなく、視点の違いです。
兵隊さんにしてみれば、食べるものがとにかく無いんだから・・・・。
兵士が勝手に養魚場の魚を盗もうとして上官に叱られたという話もありますが。


>「私にはそんなことは出来ません。」
>と泣きわめきながら拒むシーンでした。

やらざるを得なくてそうした人のほうが多かっただろうと思います。

沖縄戦はまだ勉強しておりませんが、南洋戦線関係の何冊か本を読んでいると、部下思いの立派な上官殿からとんでもない上官殿まで、いろいろ登場します。
「日本軍としての傾向」「海軍としての傾向」「陸軍としての傾向」(あるいは体質)はあったのでしょうが、一つ一つのケースを見ていたら、一概には言えないんじゃないでしょうか。
(だから、ああだった、いやそんなことはない、と証言が食い違うんじゃないかと思ってますが・・・・これは個人的感想です)

大岡昇平の本や、『アーロン収容所』など読んでいると、戦争はドンパチばかりではない、というのがよく分かります。
生きている人間が戦うのだから、すっきり美的にはいかないのですね。

戦史に詳しくはありませんが、反日思想というわけではないでしょう。

規律が正しいということは、厳しいということでもありましょう。
普通、口答えなんてできません。

(軍規とはちょっと話が違うかもしれませんが、ビンタとか、帰ってくるなという斬り込みの命令とか、読んだことありませんか?
水木しげるさんの戦争マンガを読むとビンタされまくりです)

また、規律が正しいとしても、
現場がひどい状況になると規律が乱れることがあったようです。
(暴れたとかでなくて、ジャングルに逃げちゃ...続きを読む

Q今日はアカデミー賞発表ですが、、、

ノミネートされたらアカデミー賞俳優なんでしょうか?
それとも最優秀賞の人だけですか???
日本のアカデミーでは最優秀じゃなくても賞がついて
いた気がしたので教えて下さい。

Aベストアンサー

アカデミー賞は、各部門頂点を獲った人だけがアカデミー賞俳優です。
ノミネートされた人は、オスカーノミネートの肩書きがその後よくくっつきますが。

わたしも、日本アカデミー賞でノミネートされた俳優さんたちも“賞”を受賞していて、何だかなあ…と思っていました。

Q「国民動員令 近代戦は軍だけでは戦えない」の意味。

近代戦は軍だけでは戦えないってどういう意味でしょうか?
国民動員令が必ずできる根拠は何でしょうか?
どういう理屈や前提があるんでしょうか?
どの本を読めばあの言葉を理解できるか、教えてください。
たとえば、ルーデンドルフの総力戦って関係ありますか?

Aベストアンサー

win32さん、おはようございます。

たとえば、ルーデンドルフの総力戦って関係ありますか?
あります。彼は第一次世界大戦で直接帝政ドイツの戦争指導し、総力戦を体験しました。その経験談を著書「総力戦」に書いたのです。
かつて、帝政ドイツの参謀総長モルトケは将来の戦争は短期決戦ではなく、長期戦、それも何回も決戦が行われるだろうと予言しました。
第一次世界大戦でその予言は的中します。独仏は大規模な軍隊を整備しておきながら、塹壕戦という一種の消耗戦を強いられました。そんな中ロシアとの戦争で勇名をはせたヒンデンブルグとルーデンドルフは総司令部で指揮を執ることになりました。ルーデンドルフは著書「総力戦」で有名な将軍です。彼はクラウゼビッツの「戦争論」では軍事は政治の解決手段の一つに過ぎないと説いていますが、ルーデンドルフはもはや、「政治の任務はより拡大したのであることを考えれば、総力的な戦争、総力戦と同様に総力的な政治、総力政治を実施しなければならない。戦争が国民の生死を決める最も重大な緊張であるために、総力政治は平時から国民に闘争の準備を進める。そのために政治は戦争に寄与しなければならない。」という風に軍事に政治が協力すると説き、「政治権力の中枢から指導される必要があるために軍部指導部、特に最高司令官の元で一元的に指導されなければならない。最高司令官は総力政治のために軍事的な戦争準備だけでなく、財政、商業、生産、教育を指導する。」つまり、政治が軍事に従属するといったのです。だから、政治も国内の体制を統制することや外交手段で軍事に協力しなければならないと説きました。


近代戦は軍だけでは戦えないってどういう意味でしょうか?
国民動員令が必ずできる根拠は何でしょうか?
どういう理屈や前提があるんでしょうか?

それまでの戦争に比べ、総力戦は一回の弾薬や兵員の消耗が半端ではない。それも何回も決戦をするということは工場で弾薬や大砲などの兵器を大量生産したり、国民から兵隊を徴兵したりするので、国民に新たな戦争協力というか義務を課さなければ戦えない、つまり、戦争継続能力が勝利へのカギとされるということです。そのため、政治も物資の集中や人員の動員などを行うためにあらゆる法律を制定し、軍事に協力するようにしなければならない。このような体制を総力戦国家体制といいます。

下記のURLを参照してください。
総力戦
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%8F%E5%8A%9B%E6%88%A6_(%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%95)

国家総力戦
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E7%B7%8F%E5%8A%9B%E6%88%A6

win32さん、おはようございます。

たとえば、ルーデンドルフの総力戦って関係ありますか?
あります。彼は第一次世界大戦で直接帝政ドイツの戦争指導し、総力戦を体験しました。その経験談を著書「総力戦」に書いたのです。
かつて、帝政ドイツの参謀総長モルトケは将来の戦争は短期決戦ではなく、長期戦、それも何回も決戦が行われるだろうと予言しました。
第一次世界大戦でその予言は的中します。独仏は大規模な軍隊を整備しておきながら、塹壕戦という一種の消耗戦を強いられました。そんな中ロシアとの戦争...続きを読む

Qアカデミー賞ノミネート条件

「硫黄島からの手紙」が米アカデミー賞の作品賞にノミネートされたようです。このこと自体はうれしいことなのですが,私の記憶ではアカデミー賞作品賞へのノミネート条件は主要言語が英語であるという条件があったように思います。作品中の95%が日本語といわれている「硫黄島からの手紙」がなぜ作品賞にノミネートされたのかよくわかりません。それだと外国語映画賞の意味がなくなってしまうような気がするのですが..
どなたかくわしい方教えて下さい。

Aベストアンサー

アカデミー賞は、前年の1年間にノミネート条件(ロサンゼルス郡内の映画館で連続7日以上の期間、有料で公開された40分以上の長さの作品で、劇場公開以前にTV放送、ネット配信、ビデオ発売などで公開されいる作品を除く、など)を満たした映画作品を対象に、映画芸術科学アカデミー会員による無記名投票によって選出された作品に所定の賞を授与する映画祭です。つまり、英語以外の言語の作品でも、上記の条件を満たしていればノミネートされることができます。
これに対して、アメリカ国外製作の非英語作品の場合は、各国の映画業界が映画芸術科学アカデミーに推薦する形で「外国語映画賞」にエントリーされます。
そのほか、アカデミー賞に関する詳しいことは参考URLをご覧になってみてください。

参考URL:http://www.wowow.co.jp/oscars/

Q進駐軍が米軍ではなく、ソ連軍だったとしたら

敗戦後の進駐軍が、米軍ではなく、ソ連軍だったとしたら。
Q1.日本はどうなっていたでしょうか?
Q2.日本共産党の宮本顕治氏の運命は?
以上2点について教えてください。

Aベストアンサー

 昔の革新とか、左翼の思想の方はそういう成り行きを是としていたと理解しております。
 私達にとっては、単にアメリカとソ連の違いでしかなく、日本人は、日本国民は器用にやってきたと存じます。
 開発が或はもっと遅くて、自然がのこっているかもしれません。
 そのほうがいいですね。
 天皇や皇族、その他の上層特権階級のうち、身のこなしのうまい人は、うまく結託できたでしょうね。いわゆるソ連の支配権力者と。
 天皇制は維持できない。廃絶。天皇の名において、とかなんとか法律の裁可と公布の署名、御名御璽はない。
 天皇関連の意識は継続していない。それはある意味徹底できている。
 宮本顕治さんがソ連からの独自路線を持つにいたるかどうかは不明ですが、そうなれば粛清。
 野坂参三は手をずうっと切れなかったみたいですね。
 ただそれだけの、やわらかい人なのでしょうね。
 だから、お金をもらっていたとしても、別にいけないこととされないでしょうね。
 ソ連の崇拝は続いたのでしょうね。でもソ連と違う仕方を考案してうまくやっていくのが日本人です。
 革新の方もあぁいう、そしてこの試練はないだろうが、別の試練があった。以外にソ連批判勢力となりうる。
 そんなことどうでもいい、儲けと利益だけの人はべったり。それは今と同じ人種。同じ遣り方。資本主義でも自由主義でも、そういう人は同じ。アメリカでもソ連でも、変わらずに載っていく。
 宗教や伝統が継続できないかもしれない。民俗心性や心情が痛手を受けるかもしれない。
 でもアメリカも謀略的にずいぶん金抜きをしてきていますからね。むしろまともに否定されたら、水面下でもっとちゃんと続いていた可能性がある、つらいけれども。
 そしてどっちにしろ、物事への片目を隠されている状況は変わらない。
 私はソ連でもよかったし、アメリカでもよかった。
 昭和は偉大で、民族、そして国として、物心両方で最高に盛り上がった時代であり、状況であったが、息の詰まる軍部優先や権力機構はとても生きられない。兎も角それだけは終わって欲しかった。終戦時、7歳だが、とても虚弱児、内面的、特徴的な子どもは呼吸はできやしない。
 普通、一定レベル、はみ出さない、標準。大勢への一致。
 号令一つで、規定のことはやれなければいけない。
 これが終わった、終戦ではない敗戦は結果としては不幸中の幸いでもあった。大人、女性、特に幼子や病人を抱える家、戦災で丸裸の人はとてもたいへんだったが。
 焼けなかった人、近郷の農業者、などは私たちの両親からみたら、天国と地獄ではなかったろうか。
 最初の進駐軍はそういう人に親切であった。ソ連がそうだったか、それは不明。そして個性とはみ出しをあの、スターリンが認めるか。
 異端は生き難いのではないか。あのスターリン治世下では。
 レーニンならもっと東欧ももっと違っていましたでしょう。
 それなら、アメリカより完全にいいのではないだろうか。
 

 昔の革新とか、左翼の思想の方はそういう成り行きを是としていたと理解しております。
 私達にとっては、単にアメリカとソ連の違いでしかなく、日本人は、日本国民は器用にやってきたと存じます。
 開発が或はもっと遅くて、自然がのこっているかもしれません。
 そのほうがいいですね。
 天皇や皇族、その他の上層特権階級のうち、身のこなしのうまい人は、うまく結託できたでしょうね。いわゆるソ連の支配権力者と。
 天皇制は維持できない。廃絶。天皇の名において、とかなんとか法律の裁可と公布...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング