賢いポイント生活をはじめよう >>

きゅうりとトマトを一緒に食べてはいけないのでしょうか?
実は中国人の知り合いからきゅうりはトマトのビタミンCを壊すから、一緒に(料理に)出してはだめだと教わりました。 でも、ネットで調べた限りではそのようなことは書いてないですし、通常日本ではサラダでもなんでも一緒に食べますよね。 でも中国3000年(4000年?)の歴史に裏付けされた経験なのかも知れないと。どなたかはっきりさせてください。 宜しくおねがいします。 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

きゅうりもにんじんも皮の部分にビタミンcを壊す酵素があるのは、確かですが、塩、酢、熱でこわれます。


でも、そんな強力な酵素ではないので、あまり神経質になるのは、どうかと。

きゅうりは、塩でいたずりするし、にんじんは、生で昔は、食べなかったでしょ。でも確かに中国ででは、きゅうりは、火を通すようですね。

きゅうりを塩でもんで水気を絞って、生しょうが、ホタテといため、時にお酒を加えるとおいしい中華になりますよ。(塩気があまり多くならないように気をつけて)。
    • good
    • 0

かぼちゃ、きゅうり、キャベツ、人参には分解酵素が入っています。


ただ、胃は強酸性ですので酵素はお腹の中で失活しますしそれ程気にする事はないでしょう。

分解酵素が入っていることと、それが分解作用を発現するのは別次元の話です。
また、体の中で再還元の可能性もあるので、栄養素でひとくくりの話はできません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やはり、あまり気にする必要は無いということですね。
おいしく、たのしく、いいものを食すのが一番。

お礼日時:2007/08/10 23:29

こんいちは。


私も気になって調べてみました。
どうやら、そのとおりみたいです。というか、トマトに限らずキュウリはビタミンCを壊すらしいです。
でも、酢や塩で調理すれば大丈夫。との事ですよ。
大体、ドレッシングやマヨネーズ、塩をかけて食べるので、一緒に食べてもいいんじゃないかな?
かける物しだい。食べ方しだい。って所かしら。

外国なら、サラダ以外の食べ方(酢や塩を使用しない)もあるかもしれないですし。(煮たり焼いたり?)

http://iqsupli.livedoor.biz/archives/50389016.html

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A5% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答をお寄せ頂いた皆様、本当にありがとうございます。 (一括お礼で申し訳ありません)
しかし、そうだとは知らずに今までぼりぼり食べてました。確かに中華料理だときゅうりに火を通りますが、あの感触というか歯ごたえはあまりすきでは無いんですよね。 やっぱり、きゅうりはパリッといきたいですね。 まぁ、いままで以上に野菜をいっしょにたべてもっとビタミンCを補充しとけば大丈夫そうですね。 
本当に勉強になりました。 皆様、ありがとうございました。

お礼日時:2007/08/10 14:42

以前からキュウリに含まれている酵素がビタミンCを壊すと聞いてましたが


キュウリにもビタミンCも入ってますから、料理の仕方次第ですね。

参考URL:http://www006.upp.so-net.ne.jp/hayate-h/kiji/080 …
    • good
    • 0

私もきゅうりはビタミンCを破壊すると聞いて、でも酸っぱいものと一緒なら大丈夫と聞いたので、酢の物以外では食べません。


いま調べてみたら、生のにんじんもビタミンC分解酵素を持っているらしいですよ~

参考URL:http://www.ja-aichi.or.jp/pearlrice/m-r/2004/no1 …
    • good
    • 0

何かのテレビで見ました。


きゅうりはビタミンCを壊すって言っていたので私はサラダに
きゅうりがはいっていても、それを鵜呑みにして食べてません。
でもトマトもビタミン壊すって一緒に言っていたような気がします。
確かな情報でなくてごめんなさい。でも聞いた事ありますよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q豆トマト(マイクロトマト)の育て方

豆トマト(マイクロトマト)の育て方
マイクロトマトを露地栽培で育てているのですが、脇目を放任して栽培してもいいでしょうか。たくさん食べたいです。ほかに収量が上がる方法があったら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

マイクロトマトは脇芽をとっても、次々と出てくるので、去年プランターと地植えの両方で育てましたが、途中から放置でジャングルのようになりました。
それでも実が小さいのが災いして、大量に実がついても株に負担はかからないようです。
ただジャングル状態で実がつきすぎて、収穫するのがめんどくさいくらいになるので、ある程度脇芽は摘んで、枝を整理したほうがいいと思いました。

QビタミンCとアスコルビン酸は違うものなんでしょうか? 巷に売られているビタミンCサプリメントとアス

ビタミンCとアスコルビン酸は違うものなんでしょうか?

巷に売られているビタミンCサプリメントとアスコルビン酸サプリメントの違いはありますか?

同じもので言い方が違うだけですか?

Aベストアンサー

No1さんのお答え通りかと思います。ただサプリメントの
中には、アスコルビン酸が酸性を示すので、中和するために
酸のHをNa,Caで置換して、
アスコルビン酸ソーダ、アスコルビン酸カルシウムなどと
して成分としているものもあります。

Qトマトの葉が変色してきた。何という病気?

トマトの葉が変色してきた。何という病気?

植え付け前のトマトです。
葉が変色してきました。
ネットで調べましたが、半身萎ちょう病なのか疫病なのかよくわかりません。
お分かりの方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

画像から見ると半身萎凋病や疫病とは違うように見えます。
どちらかと言えば輪紋病の方が可能性として高いかも知れません。
画像は植付け前にようですが、現在はどの程度まで進行していますか。
送られた画像と同じ程度でしたら、ダニコール1000やトップジンM
ゾルなどを散布します。もし画像より枯れ部分が大きくなっている時に
は、他の作物への感染を防ぐため、根から抜き取って袋に入れて処分を
して下さい。そのまま栽培を続けても、実の収穫は望めませんから。

予防策としては、風通しを良くする事が必要です。葉と葉が重なり合っ
ているような時は葉を少し間引くようにして、葉が触れ合わないように
工夫をします。葉の表面が常に乾いている状態を保つ事も必要です。

QビタミンAとかビタミンB1とかありますが、 そもそもビタミンってどんな元素で出来ているのですか?

ビタミンAとかビタミンB1とかありますが、
そもそもビタミンってどんな元素で出来ているのですか?

Aベストアンサー

ビタミンとは、炭水化物・タンパク質・脂質以外の有機化合物の総称です。
有機化合物ですから、大枠を形作る元素でメジャーな4つは次のようなものになります。
・Carbon=炭素
・Hydrogen=水素
・Oxygen and Nitrogen=酸素と窒素

あとはビタミンの種類によってわずかに含まれるものがあります。
例えばビタミンAやB-6やB-12にはphosphorus=リンが含まれます。ビタミンAにはthorium=トリウムも含まれます。そのほかビタミンによってさまざまな元素(=elements)が含まれます。

Qトマトの湯むきについて

トマトの湯むきをすると皮がむけやすくなりますが、どうして湯むきをすると皮がむけやすくなるのでしょうか?ご存じの方がいらっしゃいましたらご教示ください。

Aベストアンサー

こんにちは。
トマトにはペクチンという物質が多量に含まれています。
これが細胞ををつないでいるのですが、熱を加えると溶ける性質を持っているのです。
ですから、熱湯にくぐらせたり、さっと火で炙ったりすると、皮と果実をつないでいるペクチンが溶けてツルリとむけるわけです。
ペクチンはイチゴやイチジク、リンゴ、オレンジなどにも多く含まれています。
そう、ジャムに適した果物です。
ペクチンは冷えると再び固まる性質も持っているのです。
煮ている最中はトロトロですが、冷えると固まりますね。
酸を加えるともっと粘りが出ます。
仕上げにレモン汁を加えるのはそのためです。
あ、ジャム作りの説明になってしまいましたね(笑)。

Q熊本県のトマトは普通のトマトよりも、冬春トマトの方が生産量が多いのはなぜですか?

熊本県のトマトは普通のトマトよりも、冬春トマトの方が生産量が多いのはなぜですか?

Aベストアンサー

トマトは「夏野菜」というイメージが強いが、実際は冬春時期の出荷が増加しており、より供給の周年化(=消費の平準化)が進んでいる。

出荷量を見ると、生産量が少なかった冬春トマトが増加し、生産量が多かった夏秋トマトが減少したことから、供給の周年化が進んでいることがうかがえる。対象出荷期間で区分した種別別に冬春トマト(12~6月出荷)、夏秋トマト(7~11月出荷)をそれぞれ見てみると、冬春トマトは熊本18%、愛知11%、千葉9%と上位3県で全国の作付面積の38%のシェアを占める。夏秋トマトは、茨城9%、北海道8%、千葉6%と上位3県で23%のシェアを占める。トマト計で見ると、上位3県の占める割合は、第2報のレタス(50%)や第3報で見たキャベツ(34%)よりも小さく、24%となっている。

トマトは全国各地において作付けが可能であり、上位10県以外の県においても作付けが多く、産地が分散している。冬春トマトは7カ月間、夏秋トマトは5カ月間の出荷期間であるため、月間出荷量を求めると、冬春トマトは一月当たり平均50千トン、夏秋トマトは同58千トンとなっている。

冬春トマトの生産が増加している要因として交付金の存在も欠かせない。平成11年度以降、冬春トマトを中心に交付金の交付率が高くなっている。そこで冬春トマトの出荷量について見てみると、平成2年度には32万トンであり、最も出荷量が多かったのは平成14年度の37万トンとなっており、平成20年度は35万トンであった。年によって変動があるものの、長期的に見て増加傾向で推移している。

これらの要因からトマトの大規模な産地である熊本県八代地域では、収穫作業の効率化等から農家1戸当たりの作付面積が増加しているが、問題もある。トマトを含む冬春ものの果菜類の場合、原油高騰による光熱費などの上昇が生産コストを押し上げる要因となっている。

トマトは「夏野菜」というイメージが強いが、実際は冬春時期の出荷が増加しており、より供給の周年化(=消費の平準化)が進んでいる。

出荷量を見ると、生産量が少なかった冬春トマトが増加し、生産量が多かった夏秋トマトが減少したことから、供給の周年化が進んでいることがうかがえる。対象出荷期間で区分した種別別に冬春トマト(12~6月出荷)、夏秋トマト(7~11月出荷)をそれぞれ見てみると、冬春トマトは熊本18%、愛知11%、千葉9%と上位3県で全国の作付面積の38%のシェアを占める。夏秋トマト...続きを読む

Qトマトの病気?

自宅の庭にトマトを栽培しています。
去年と同じ場所に植えているのもいけないのでしょうが、茎に裂け目ができて、その中から茎と同じ色のボツボツが見えています。
去年もできていました。
ミニトマトにはできていないので、大きいトマト限定の病気なのでしょうか?
一応実はなっていますが数は少ないです。
そのうちの一つは穴が開いています。
どなたか、このボツボツの正体を教えていただけないでしょうか?よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

>茎に裂け目ができて、その中から茎と同じ色のボツボツが見えています。
連作障害もあるかと思いますが、生育初期のチッ素過多は異常茎(窓あき茎)が出たり側枝が多数出て、その後の着果に影響します。
下記の参考URLによればトマトは1度作ると、同じ場所に作るのは5~6年間を置くとあります(連作障害の防止)。トマトを好む病気を起こす原因となる土壌菌がトマトの根の付近の土に集まってきて翌年植えた苗に病気をうつすいうことですね。それらの土壌菌が殆どいなくなるには結構年数がかかるということですね。

http://www.sakataseed.co.jp/method/vege/tomato/tomato.html
http://www.kochi-heart.co.jp/ikegawa_town_tsuboi_area/tsuboi_area.htm

参考URL:http://www2.ocn.ne.jp/~greenfrm/rinnsaku.html

Q木によく肥料をほどこすならば、 労せずして確実に結果は実ります。 賢者は木を考えて実をえる、 小人

木によく肥料をほどこすならば、
労せずして確実に結果は実ります。

賢者は木を考えて実をえる、
小人は実を考えて実をえない。

これはどういう意味ですか?

Aベストアンサー

これを読んだ人は存じませんが、

現代風に解釈すると、例えば会社を興す起業。
または長期の株式投資だと思われます。

「お金がお金を生む」「お金に仕事をしてもらう」
という意味だと思われます。

投資をしたお金(木・企業)に
肥料をほどこす(良い情報、良い環境)を与えれば
確実に企業利益は増え続けます。
(また、良い企業には人材も集まります。)
結果、その企業は、一つの会社から10へ、20へ、
そして日本国中へ世界中へ広がっていきます。

いま、パソコンを使っていれば、マイクロソフトのOS、ウインドウズがいい例でしょう。
最初は学生二人が作った小さい箱。それが現在世界中で必要な企業になった。
その企業や「ノウハウ・作品」は全世界で利用、必ず必要とされます。
ーーー
賢者は木を考えて実をえる、
賢いものは木(この場合、企業や投資したお金、5年後10年後の投資した金額の倍以上の価値)を
考えて、実(本当のじつ。「実・み(いっこの実、りんご一個)」ではなく、
企業価値としての実利。実際の利益。実際の利益は増え続けますよね?企業にしろ、
経済が上向きの国の場合、株式投資にしろ。増え続けます。)


小人は実を考えて実をえない。
しょうにん、は、み、をかんがえて、じつをえない
目先の利益に捉われてしまう人は、
目の前に置かれた「りんご1個」のことを考えてしまい、
実じつ=「実際の企業利益や・実際の価値」=を考えない。

と、いう意味だと思われます。

今風のビジネスに置き換えると、
1個100円のりんごを100個一気に売ると、=1万円の儲けです。
ただ、
1個80円にして、一つの洋菓子店に10個販売。それを10店舗作ります。
10店舗と契約を作る為に10週間かかったとします。
ですが、その洋菓子店は、アップルパイ売り続けますよね?
ケーキにも使いますよね?パウンドケーキにも使いますよね?
ほぼ、ずーーーーとリンゴは売れ続けます。

最初は数百円ですが、店舗数と年数を経て莫大な利益につながります。
=ストックビジネスと呼ばれております。
また、フランチャイズ(本部があって、全国で同じ味のレストラン。)も同じだと
思われます。

なんとなく伝われば、いいのですがw

これはどういう意味ですか?

これを読んだ人は存じませんが、

現代風に解釈すると、例えば会社を興す起業。
または長期の株式投資だと思われます。

「お金がお金を生む」「お金に仕事をしてもらう」
という意味だと思われます。

投資をしたお金(木・企業)に
肥料をほどこす(良い情報、良い環境)を与えれば
確実に企業利益は増え続けます。
(また、良い企業には人材も集まります。)
結果、その企業は、一つの会社から10へ、20へ、
そして日本国中へ世界中へ広がっていきます。

いま、パソコンを使っていれば、マイクロソフトのOS...続きを読む

Qトマトの種の取り方

ミニトマトやトマトを栽培し、最後は小さかったり、割れてしまったりで食べれないままのものが残っています。
このトマトから種を取り、来年植えたいと思うのですが....どうやって種をとるのでしょか?このまま、茎につけたまま枯らしてしまうのか...もぎ取り乾燥させたりするのか???どうしたらいいのか、教えてください。

Aベストアンサー

できるだけ種は購入してください今市販されている品種は一代交配種ですその種を蒔いても元の品種とは違う物になります。理論上は3割は同じ遺伝子を持った個体ができるの出すがどれが同じ遺伝子を持っているかわかりません。それにトマトはウィルス病にかかりやすく自家採取の種はほとんどがウィルス病に感染していると考えられますからなるべく自家採取は避けた方が賢明です。他の野菜にウィルス病を感染させる原因になります。購入してもそんなに高い物でもありません。自家採取する時は病害虫に感染させないよう網室もなかで厳重な管理が必要です。
種の取り方は2番サンの回答でほとんど間違いありません。が播種前に種子消毒が必要なのと冷蔵庫に保管してください。トマトの種子は冷蔵庫に保管すれば3年くらいは使えます。

Q童謡「クラリネットを壊してしまった」は元の詩では壊していない

よく知られた「クラリネット壊してしまった」の歌の元の歌は、子供がお父さんと一緒に練習している光景を歌ったもので、なかなかうまくできないなあ(出し損ねた音があるなあ)というもので、全く壊して怒られるとか言うトラウマチックなものでないのに、なぜ邦訳はこんな歌にしてしまったのかわかりません。どういうことだと思いますか?
私は、童謡に子供が専用の高価な楽器を練習しているというブルジョア的な要素をどうしても注入できなかったからだと思っています。
しかしもしそうなら、その禁忌はなぜ?それが当時(あるいは現代も)の日本と欧州的な感覚の差があったからか?

Aベストアンサー

失敗して親父から怒鳴られるというシチュエーションは、当時の日本ではあまりに普遍的でしたからねぇ。
にこやかな父親とのどかに楽器の演奏をしていたのでは、子供に馴染まなかったのではないでしょうか。感覚の差というか民度の差では。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報