グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

カテーテルアブレーションについて困っています。
先週 発作性上室性頻拍症と診断されカテーテルアブレーションによる電気焼灼の手術を行いました。当然 生命保険の手術金がおりると思っていたのですが、保険担当者にカテーテルアブレーションだと手術ではなく検査扱いで手術金はおろか入院のお金もおりないです。と言われてしまいました。手術扱いにならないのはなぜ??
私は30代で妻も子供もいる身です。手術金も私にとっては大金でした。
病気と診断され、手術が必要と言われ決心をし手術を受けて成功しほっとしてたのですが、、、、。
本当に困っています。どなたかよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

その保険担当者が、医療に対する中途半端な知識を持っていただけではないでしょうか。



たしかに、心臓の検査でカテーテル検査が行われることも多く、その場合は、当然ながら手術給付金も出ませんし、検査目的の入院ですから入院給付金も出ません。その保険担当者は「カテーテル = 検査」という認識しかないだけではないでしょうか。
しかし、カテーテルによるステント手術やカテーテルアブレーションなどは間違いなく手術ですし、治療目的の入院ですから入院給付金の対象にもなります。ほとんどの保険会社で一般的な契約内容のものであれば入院・手術給付金とも支払い対象のはずです。(私自身が担当するお客様でも支払い経験があります)

カテーテルによる手術の場合、手術給付金額は入院日額の10倍が一般的です。(日額1万円なら10万円)
また、入院給付金については、契約内容により、5日目以降の分しか出ないものなどもありますので、それは確認してください。
    • good
    • 25
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
私の契約している保険会社は ○本生命で 一年ぐらい前に見直し一日目からおりるものになっているはずです。
たしか日額も一万円だったとおもいます。
再度 保険担当者と話そうと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2007/08/13 07:25

下で回答を投稿したものです。


失礼しました。入院は一日目から請求できる契約なのですね。
では入院に関しては入院扱いのものであれば、一日目から請求できますね。
すみませんでした。
    • good
    • 8

各会社や疾病特約内容によって異なるかと思いますが、最近の特約では「カテーテルアブレーション」という正式手術名を医師が診断書に記入するならば、請求可能かと思われます。


カテーテル使用の手術ですので、他の方が書いていらっしゃる通り、日額の10倍の手術に該当すると思われます。ただ、保険会社の約款によっては「60日に1回」の手術になる場合もあります。同一部位に対しての同じ手術は施行日から施行日の間が60日あいていないと、2回目の手術は支払対象外になるという規定です。
「カテーテルアブレーション」は「経皮的心筋焼灼術」の事ですので、検査目的ではなく、治療目的のものは対象になるかと思います。

「心臓カテーテル法」などの検査だけを目的としたものは支払対象外になるかと思われます。

入院に関しては付加されている特約の内容により異なります。20日以上か5日以上か2日以上か1日以上か、それぞれで条件は異なりますので、確認が必要ですね。医師の指示による入院であれば、入院支払要件を満たせば、対象になるかと思います。

上記のように、おそらく手術は対象になるかと記載しましたが、昔の特約の中には対象外になっている疾病特約もあります。
他の方が書いていらっしゃるように、保険会社の「お客様コールセンター」で問い合わせされるのが一番確実ですね。
契約内容の確認もできます。
問い合わせの際には、入院日付・病名・正式手術名など入院内容を詳しく仰って頂ければいいかと思います。
長文失礼しました。お体お大事になさってください。
    • good
    • 12
この回答へのお礼

回答 ありがとうございました。
経皮的心筋焼灼術とも言うんですか。。初めて聞きました。
今日 会社の昼休みにコールセンターに電話したのですが
『お客様の証券番号は?』と聞かれて当然会社だったので持ってなく
今日は聞けませんでした。明日 また電話してみようと思います。
回答 ご心配 ありがとうございました。

お礼日時:2007/08/17 23:36

病名があり治療のための入院なので入院保険は間違いなくでますが


手術=手術保険金
と言うわけではありません
保険会社が指定した手術しか手術保険金は下りません
同じ手術でも保険会社によって手術保険金が出る場合と出ない場合が
あります
保険担当者にお聞きになったと言うことですが
代理店の人に聞いたのではないでしょうか?
もし、そうなら聞く相手を間違っています
保険会社のお客様相談室に確認した方が良いですよ
    • good
    • 17
この回答へのお礼

ありがとうございました。
お客様相談室に電話とは。。単純かつ早く正確に解決しそうですね。
電話してみます。

お礼日時:2007/08/15 21:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q心臓カテーテル検査の給付金について

先日狭心症の疑いがあるということで入院し右足付け根から心臓カテーテル検査を実施して問題ないことがわかり一安心なのですが、保険会社に電話して給付金の手続きをしようとした際に入院給付金は出ますが
手術給付金は検査のためでないのではと言われました。手術だと出るということで病院に確認して聞いたところ「心臓カテーテル法による検査」と言うことでした。検査だけで約6万近く掛かっており出ないとなると何のために保険に入っているのだろうという気分です。心臓カテーテルは手術なのでしょうか?通常の検査なのでしょうか?
教えてください!お願いします。

Aベストアンサー

「心臓カテーテル検査」ですから治療ではありませんので手術とは言えません。
冠動脈に高度狭窄などがあった場合にはこのカテーテル法を使った冠動脈形成術などの治療がなされることがあります。
これは手術給付金の対象となりえますが、保険の種類によっては対象外のこともあります。
こうしたことは保険の約款に記載されていると思いますのでご確認ください。

参考URL:http://health.nikkei.co.jp/iryohoken/qa/qa27.cfm

Q心臓カテーテル検査の自己負担額は?

経験者の方々にお願いします・・・
6ヶ月前に、急性心筋梗塞で救急搬送され血管の中にステントを入れる手術をして、今日まで血液をさらさらにする薬を服用しています。先日、定期通院(1ヶ月毎)の際、狭心症の疑いがあり心臓カテーテル検査を10日後にする事になったのですが費用はどの位掛かるのでしょうか?
施術の内容(造影剤を注入して、血管を調べる)に関しては、十分に聞いたのですが、自己負担額の事を聞きそびれました。予定では日帰り入院だとの事ですが・・・・・

Aベストアンサー

状況しだいです。血管が極端に細くなり、このままでは壊死してしまうという状況下でステントが挿入されます、血管のトンネルみたいなものを想像してください。ところが元々何らかの要因で細くなった血管ですからその収縮の力は想像の範囲を超えることが多々ありまして、ある長さを持ったステントの前後が、狭窄することがあるのですね。そのために確認の意味でだいたい半年に一度くらいの割合(これは症状とドクターの考えによってこの限りではありません)で検査をします。今回の案件は心電図にサインがあったのでしょう。最悪別のステント挿入というケースも考えられますので、そうなった場合に高額医療費で帰っては来るのですが一時金を預ける必要があるかと思います。その額は施設によって異なりますので、病院のケースワーカーあるいは循環器担当のクラークに相談されるのがよろしいかと思います。

Q心筋梗塞でステント治療後の生活について教えてください。

急性心筋梗塞になり、1ヵ月ほど前にステント1本を入れました。場所は左の細い血管で、えしもありません。 今は息があがらない程度で、脈が120ぐらいまでの散歩をしなさいと、言われています。 なので無理しないように一日おきに20~30分の散歩をしています。 私は自律神経がやや乱れており、現在日にリーゼ2錠を服用しています。そこで質問なのですが、散歩の時にフラフラぼーっとすることがあります。時には体がかーっとして汗がでます。 このときの脈は100前後で、息はあがっていません。自分でしっかり気合いを入れれば、10分程度で治まります。 この自律神経の症状からの、心筋梗塞などの誘発などはないのでしょうか? 医師に聞きましたが、だいじょうぶですよ、と言われるだけで詳しく教えてくれません。 不安なのでおしえてください。

Aベストアンサー

私は専門外なので知識は乏しいですが、いろいろと調べてきました。
自律神経から心筋梗塞が誘発されるというのは聞いた事がありません。
ただ、私の経験から考えると、心筋梗塞の大きな原因はストレスだと考えています。
なので、リハビリに際しては気に病む事無く、希望を持って行なうのが良いと思っています。
なので、主治医が大丈夫だというなら、大丈夫なのではありませんか?

私は今年6月にステントを2本入れました。前下降枝が完全に閉塞しており、かなり重症だったそうです。
(でも、心筋梗塞と知らずに脂汗かきかき、病院に徒歩で行ったんです。医者から「意識があること自体奇跡だった」と言われました。)
現在でも他の2本が25%の狭窄があるそうです(退院時の検査)

私の場合、他にはさほど大きな病気がなく(多少肥満気味)、カロリー制限も緩くて助かりました。
私はエルゴで酸素消費量を測定し、「有酸素運動は心拍数101まで」と正確に出たので、95~105程度の運動をしています。
主にエアロバイクです。
半年までリハビリに保険が利くので、今月までは病院でのリハビリを行なってきました。

主治医と心臓リハビリの先生の説明では、
・心臓の弱った細胞が健康な細胞に入れ替わるのに2ヶ月ほどかかる。
・動脈は2ヶ月から徐々に入れ替わっていく。
・シッカリと運動して置かないと、細胞の入れ替わりが上手くいかず、怠惰な筋肉に変ってしまって不整脈や狭心症を起こす。
・半年まではしっかりリハビリをすべき。
…でした。

リハビリ中に気がついたのですが、脈拍と血圧に関係はあまりないようです。
経過的には運動に慣れてくると、血圧の上昇も緩やかになります。
運動開始すぐは一旦血圧が急上昇するので、運動前のストレッチが大切です。
5~10分位して運動に慣れてくると一旦、血圧は下がり、後半疲れと共に再び上がります。(私の場合20分後位から上がり始めます)
運動後は徐々に血圧を下げるよう、再びストレッチが重要です。
リハビリ開始直後は血圧や心拍の回復に時間がかかりますが、心筋の回復と共に、回復は早くなっていきます。

私は、散歩中でも血圧計を持参し、運動直前と15分おき、終了後10~30分までを定期的に脈拍と血圧を測っています。
メモは定期健診時に先生に見せます。

私は自律神経には問題ありませんが、やはり時折ボーっとする事があります。最初は薬の所為かと思い先生に聞きましたが、判らないとの事。低血糖とも違うようです。
でも、以前から血圧の急激な上昇で同様の症状があったので、ひょっとしたら一時的に血圧が大幅に変化しているのかもしれません。

私は専門外なので知識は乏しいですが、いろいろと調べてきました。
自律神経から心筋梗塞が誘発されるというのは聞いた事がありません。
ただ、私の経験から考えると、心筋梗塞の大きな原因はストレスだと考えています。
なので、リハビリに際しては気に病む事無く、希望を持って行なうのが良いと思っています。
なので、主治医が大丈夫だというなら、大丈夫なのではありませんか?

私は今年6月にステントを2本入れました。前下降枝が完全に閉塞しており、かなり重症だったそうです。
(でも、心筋梗塞...続きを読む

Q心臓カテーテルでステントを入れました。費用は?

主人が心臓カテーテルの検査を受け、梗塞寸前の箇所が見つかりバルーンでもだめでステントを入れました。

月曜に入院、木曜カテーテル。
そして、「明日お昼に説明し、その後退院できます。」と言われたのですが、うっかり入院費用を考えていませんでした。

概算でいくらくらい用意すればよいのでしょう?

Aベストアンサー

ステントの種類やヶ所などで異なりますが、3割負担で30万円ほどでしょうか。
ある程度は高額療養費として払い戻しの対象ともなりますので保険の担当部署におたずねください

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/saisin/sa4a0401.htm,http://www.shinshinkai.net/watashitachi/1_8.htm

Q心筋梗塞の手術を受けた人のその後の寿命

今日10月14日の朝日新聞に心筋梗塞、狭心症の手術(カテーテル、バイパス手術)を受けた人の5年後の生存率がリハビリで2割アップするとの記事がありました。そもそも、5年後の生存率は何割でしょうか。また、手術後に同じ箇所で再発するのでしょうか。

Aベストアンサー

 国内文献のデータ
(NO.114 標  題 虚血性心疾患の術後遠隔成積とQuality of Life アンケート調査の分析
著者名 水谷哲夫,片山芳彦,下野高嗣,金森由朗,松岡正紀,井村正史,東憲太郎,田中国義,新保秀人
出  典 胸部外科 VOL.41 NO.3 PAGE.213~219 1988)
によれば

 虚血性心疾患《心筋梗塞、狭心症などの総称》に対して外科的治療《手術》を行った160人に調査をした。(1)術後5年生存率は男性89.5%、女性70.6%、術後10年生存率は70.6%。(2)術後平均3年10カ月で心筋梗塞を8例に認め、4例は硬(=梗)塞死した。(3)生存例の92%は通院治療を継続しており、41%が抗凝固剤内服。(4)術前と同じ職場に復帰したのは65%(定年による職種の変更17%を含む)。術後無職7%。労働時間の短縮6%。(5)運動療法36%。(6)食事療法64%であった。

《》内は私が入れた補足です。

 カテーテルは詰まったその場を広げることですから、短い方で半年程度でも同じ箇所が再発することは多いです。しかし10年経っても大丈夫な方もいます。
 バイパス手術はつまったところを避けて違うところに道を作りますから再発するなら違うところになります。

 国内文献のデータ
(NO.114 標  題 虚血性心疾患の術後遠隔成積とQuality of Life アンケート調査の分析
著者名 水谷哲夫,片山芳彦,下野高嗣,金森由朗,松岡正紀,井村正史,東憲太郎,田中国義,新保秀人
出  典 胸部外科 VOL.41 NO.3 PAGE.213~219 1988)
によれば

 虚血性心疾患《心筋梗塞、狭心症などの総称》に対して外科的治療《手術》を行った160人に調査をした。(1)術後5年生存率は男性89.5%、女性70.6%、術後10年生存率は70.6%。(2)術後平均3年10カ月で心筋梗塞を8例に認め、4例...続きを読む

Q保険金請求から支払われるまでの期間、どのくらいかかりましたか?

保険金請求から支払われるまでの期間、どのくらいかかりましたか?
先日、4日間だけ入院したので加入していた生命保険2社(生協と住友生命)に請求を出しました。
保険金請求が初めてで、お金が振り込まれるまでにどれくらいの期間を要するのか見当もつきません。
保険会社によって違うのはもちろんですし、請求内容でも変わってくるのも当然だと思います。
あくまでも参考までに様々なケースを知りたいと思い質問させていただきました。

今までに保険金請求をした事がある方。
請求書類の送付から保険金の入金まで、どのくらいかかったか教えて下さい。

宜しくお願い致します。

生活費に費やしたいので入金を心待ちにしています…

Aベストアンサー

医療保険なら5営業日です。
保険担当者と話をし、また保険支払いの方とも確認してますので。
それ決まっているらしいですわ。

ただ、内部事情で5日で処理できない時は、遅延金利を払うみたいです。
(って感じで受け取ってます)

損保はダメですね。交通事故は長いことかかりますね。
ホント・・・ふざけるな!って感じですわ。

Q心筋梗塞と急性心筋梗塞

先日、主人が心筋梗塞で入院、カテーテルしてステントを入れました。保険会社に保険の請求をしようと思いますが、友人から、成人病特約に入っていても、心筋梗塞では対象にならない(急性心筋梗塞ならばOK)ことがあるという話を聞きました。本当でしょうか?また、この逆もあり得ますか?(心筋梗塞では出るが急性心筋梗塞では出ない)よろしくお願いします。

Aベストアンサー

急性心筋梗塞と心筋梗塞の違いですが、以下リーフレットを抜粋します。

心筋梗塞は、通常発症後4~8週を「急性期」、それ以降を「陳旧性心筋梗塞(ちんきゅうせいしんきんこうそく)」と呼びます。
一般的には激しい胸部痛などの急激な症状が出て、直ちに病院へ搬送されるのため「急性心筋梗塞」と判断されることが多いのですが、まれに急性期(発症直後)をほとんど無症状で経過し、後に心電図などの検査結果から「陳旧性心筋梗塞」と診断される場合があります。この「陳旧性心筋梗塞」はこの保障の対象とはなりません。

とあります。したがいましてご質問の逆はありません。

また、通常の入院給付金特約では支払いの対象となりますが、成人病特約はの給付金は「急性心筋梗塞」で初めて医師の診療を受けた日からその日を含めて60日以上、労働の制限を必要とする状態が続いたと医師から診断されたときに対象となる給付金がほとんどです。

成人病特約での入院給付金で急性心筋梗塞であれば、入院初日から貰えるところもありますので詳細は加入なさっている 保険会社にお問い合わせ下さい。

Qカテーテルアブレーション経験者にお聞きしたいです(発作性上室性頻脈)

初めまして。

10歳頃から時々、脈拍が2~3倍になり、クラクラして気絶しそうになることがあり、大学生1年生の時がピークで、社会人になってからはほとんど出なくなりましたが、最近ストレスがたまっているせいか(?)再び時々出るようになりました。
東京の広尾病院では「発作性上室性頻脈」と診断され、悪い血管を見つける検査とカテーテルアブレーションを一緒にしてしまおうということだったのですが、その後、転勤になったこともあり、不安でしたので、実家の大阪にある病院で手術を受けたいと思い、「国立循環器病センター」に行ってきました。
その際、「循環器病センター」では悪い血管を見つける検査はしてないとのことで、不整脈時の心電図をなんとしてでもとらなくちゃいけなくなりました。
かといっても、出そうと思っても出るはずもなく、、そのまま5ヶ月が過ぎつつあります。。(^-^;

説明が長くなりましたが、実際に同じような病気の方で手術を受けて元気になられた方、受けた感想(受けてよかった、悪かった)と、手術の感じと術後の様子を教えていただけますでしょうか?

よろしくお願いします。

初めまして。

10歳頃から時々、脈拍が2~3倍になり、クラクラして気絶しそうになることがあり、大学生1年生の時がピークで、社会人になってからはほとんど出なくなりましたが、最近ストレスがたまっているせいか(?)再び時々出るようになりました。
東京の広尾病院では「発作性上室性頻脈」と診断され、悪い血管を見つける検査とカテーテルアブレーションを一緒にしてしまおうということだったのですが、その後、転勤になったこともあり、不安でしたので、実家の大阪にある病院で手術を受けたいと思い、「国...続きを読む

Aベストアンサー

miya_shiraishiさんが何歳か分かりませんが、既に発作の止め方をご存知ですか?妙な切り口ですみません。発作時、まぶたを抑える、息を止め力む、仁王立ちになりめまいの限界まで立ち続け、そして横になる、などと色々ありますが、上記内容は発作を止めるために20数年かかって誰に習うことなく、自分で習得した発作止めです。

さて、アブレーションに関してですが、WPWの場合、奏功率は限りなく100%つまりほぼ治ります。私も数年前受けましたが、人生変わりましたよ。

ちなみに内科の先生がされる術なので「手術ではありません」簡単に言いますと、まず、カテーテル(細い管)を血管に入れ心臓の悪しき部分(余分な副伝導路)をアブレーション(焼く)します。

>不整脈時の心電図をなんとしてでもとらなくちゃいけなくなりました

というのはどういうことでしょうか?私は医者でもないので自信がありませんが、13歳のときから発作がおき、発作がおきていないときに受信しても「異常なし」と約20年言われ続けてきました。たまたま病院にて発作がおきましたのでこの病名がわかりアブレーションしました。

前置きが凄く長くなりましたが、術中に人為的に「発作」を誘引し、「ここが原因と思われるところを焼く」の繰り返しでした。

つまり、明らかな「発作性上室性頻脈」であるのならば、新たな心電図所見は必要ないのでは?と感じますが、私は医者でもないので自信なし。

NO2のmogu2003さんほどではありませんが、私の場合、導尿は完全拒否しました。意味分かります?「導尿」つまり、おしっこのでるあそこに管を通すということです。←かなり痛い(経験なし、知人談)

mogu2003さんの場合24時間絶対安静とのことですが、私の場合12時間でしょうか?寝てましたのでうる覚えです。

次の日には先生に頼み込み「タバコすってました」禁煙しましょうね。最後に私は経験者であり医師ではありませんので、経験談をカキコしました。

ご自愛くださいネ。では

miya_shiraishiさんが何歳か分かりませんが、既に発作の止め方をご存知ですか?妙な切り口ですみません。発作時、まぶたを抑える、息を止め力む、仁王立ちになりめまいの限界まで立ち続け、そして横になる、などと色々ありますが、上記内容は発作を止めるために20数年かかって誰に習うことなく、自分で習得した発作止めです。

さて、アブレーションに関してですが、WPWの場合、奏功率は限りなく100%つまりほぼ治ります。私も数年前受けましたが、人生変わりましたよ。

ちなみに内科の先生がされる...続きを読む

Q友人が狭心症でカテーテル治療をしましたが

昨年の8月に、友人(現在61才)が狭心症でカテーテル治療を受けました。

京大病院です。かかりつけの医師は、関西医科大学へ紹介状を書こうとしたらしいですが、彼は、最先端医療を行なっているのは京大病院だから、と頼んで紹介状を書いてもらったらしいです。

以前から、ときどき胸が痛いと言ってましたし、坂や階段を上がるときに胸が息苦しくなるそうでした。
カテーテル治療は、手首の血管からカテーテルを心臓まで入れていき、疾患部でバルーンを膨らませてステントを留置します。彼は、ステントは2個くらいだろうと思っていたら、実際は5個も入れることになって、治療が終わるまでに2時間かかったそうです。
バルーンを膨らませるときに胸を圧迫されるので、息もしづらくなってほんとに苦しかったそうです。
看護師さんが、「大丈夫ですか」lと声をかけてくれるのですが、それに答えるのも息絶え絶えだったそうです。

その後、何日か入院し、リハビリもし、退院しました。
いまは、2ヶ月ごとに診察を受けに行ってるそうです。

薬は5種類飲んでいるそうです。
食生活には特に気をつけて、先ず野菜を食べてから他のものを食べるようにしていると言ってました。
軽い運動も毎日しているそうです。(以前の彼は、肉ばかり食べて野菜はほとんど食べてなかった、と自ら言ってました)
先日、彼を含めて友人3人と会いましたが、彼はビールを中ジョッキ2杯にウイスキーを1杯飲んでました。酒は、飲んでも差し支えないのでしょうか。

いまでも、ときどき息苦しくなることがあるそうです。

私が、「自分の寿命は、あとどのくらいやと思う?」と訊いたら、「手相占いでは67歳が危ないらしいけど、出来たら75歳までは生きたいなあ」と弱気な発言でした。

彼の話によると、一応カテーテル治療でステントを入れたので、患部の血管は広がって血流もよくなってはいるが、再狭窄の可能性も全くないわけではないので、そのときは再度カテーテル治療をしないといけないし、あまり何度もだと手術をしないといけなくなるそうです。
それに、そういった治療は対症療法でしかないわけで、動脈硬化で硬く脆くなった血管自体を元に戻す治療ではないので、そんなに長くは生きられないだろうと話していました。

一度、狭心症にかかると、短命に終わるのは仕方がないのですか。

狭心症を患いながら、長生きした人っていないのですか。

ご存知の方、よろしくご回答のほどお願いします。

昨年の8月に、友人(現在61才)が狭心症でカテーテル治療を受けました。

京大病院です。かかりつけの医師は、関西医科大学へ紹介状を書こうとしたらしいですが、彼は、最先端医療を行なっているのは京大病院だから、と頼んで紹介状を書いてもらったらしいです。

以前から、ときどき胸が痛いと言ってましたし、坂や階段を上がるときに胸が息苦しくなるそうでした。
カテーテル治療は、手首の血管からカテーテルを心臓まで入れていき、疾患部でバルーンを膨らませてステントを留置します。彼は、ステントは2個...続きを読む

Aベストアンサー

> 実際は5個も入れることになって、治療が終わるまでに2時間かかったそうです。

小倉記念病院にいた頃の木村先生はこういう先生ではなかったと思います。木村イズムが下の先生に伝わっていないのか、教授になると変わるのか...それとも解離ができてしまったのか...

フーセンをした人の予後はいろんなデータがありますが、例えば、
http://blog.goo.ne.jp/secondopinion/e/abf5ae5f4e16c2e19bad2fbb993e2dfb
3年で一割の方がなくなります。

ただ、実感としては、心筋梗塞を起こしていなければ死亡率は10年で1割以下のような感じです。

Q心臓カテーテルの検査後 腕に激痛 どうすれば?

母が、おととし、心臓カテーテルをし、ステントも入れた手術をしたのですが、その時は、特に痛みはなかったようなのですが、今回、また心臓カテーテルの検査をしました。検査だけで無事終わりましたが、次の日ぐらいから、一週間たった今も 腕に激痛がするようです。入れた場所から、16センチぐらいはない出血していて、色が変わっています。触ると痛く、動いているときはそこまでひどくないのですが、寝て3時間ぐらいし、腕を動かすと激痛で起きてしまうそうです。 何が原因なのか?、暖めていいのか?もんだほうがいいのか、どうすれば?いいのかわかりません。月曜には一度、お医者さんに電話して必要であれば、病院に行く予定にしていますが、ちょっと心配なので、経験している方、プロの方ぜひお教えいただきたく思います。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

カテーテルを入れる前にガイドワイヤと呼ばれる細い針金を血管内に入れますが、それが細い血管に迷入し、出血したものと思います。迷入にすぐ気づいて、数mmも入れていれない状態で元に戻しても、こうなる人がいます。
腕からのカテーテル検査では多い部類の合併症です。

それでも、あたかも青黒色の手袋をはめたかのようにその部位から末梢側が色が変わっていれば、大きな血管が解離を起こして閉塞した可能性を考えますが、そのような色の変色ではないようですので、前述したように前腕の筋肉に向かう分岐した血管の損傷と思います。

もし、そうであれば、来院されても有効な手段はなく、湿布や痛みどめを処方するしかありません。

一週間前のカテーテル検査ですし、どんどん痛みの強度と頻度が強くなっていくようでなければ、月曜日の受診でもいいかと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング