出土品をはじめとして、「文化財」と名の付くものはたく
さんありますが、それら文化財を保護する意義ってどんなと
ころにあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

初めまして。

博物館や科学館の企画などもしているので、埋蔵文化財の話しか出ていなかったので、補足させて下さい。
まず、文化財ですが、kyaezawaさんのお答えにある埋蔵文化財と言われる遺跡などから発掘される遺物があります。次に、美術品・工芸品・建築などの人が作って、現存しているものがあります。ここまでが有形文化財と言われるものです。
次に、無形文化財というものがあります。これは、伝統芸能、民俗芸能、など、保護するに値する文化的遺産です。次に古くから残る風習、習俗、祭りなど、これを無形民俗文化財といいます。
そして、天然記念物、国宝、伝統的建造物群も含めて広く文化財といいます。

ご質問の「意義」についてですが、
これは、研究・保存・継承という言葉でまとめられると思います。
文化財は、全て歴史や時代の証人であり、それを研究することで、過去の姿が明らかになると共に、現在を考える上での重要な資料となるのです。だから、正しい姿で保存する必要があり、法律も定められています。
また、優れた技術の継承という側面もあります。現代の科学的テクノロジーとは別の人にしかできない技術をきちんとした形で継承することも、わたしたちの使命なのです。
以下のURLにアクセスすると文化財保護法の全文の閲覧、ダウンロードができます。ご参考までに。
お役に立ちましたでしょうか。

http://www.amy.hi-ho.ne.jp/mizuy/pro/hogoho.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足のご回答ありがとうございました。
わかりやすい説明でした。
文化財保護法にもアクセスしてみます。

お礼日時:2001/01/28 23:52

平成7年12月 埋蔵文化財発掘調査体制等の整備充実に関する調査研究委員会の報告書にこう書かれています。



埋蔵文化財は、我が国の歴史や文化の成立ちを理解する上で欠くことのできない豊かな情報を提供する国民共有の貴重な歴史的遺産であり、将来の文化の向上発展の基礎をなすものである。特に、近年の考古学や幅広い関連分野の研究の進展によって、文化や学術の進展に必要な情報資源としての重要性が一層高まっている。また、生涯学習社会の到来が言われるなか、国民の埋蔵文化財に対する興味、関心が大きな高まりをみせている。
 さらに、埋蔵・文化財は、各地域の自然・社会環境の中で先人たちが営んできた生活の直接的な証であり、その地域国有の歴史と文化を物語る遺産である。それらは、地域にとって誇りと愛着をもたらす精神的拠り所であり、個性豊かな地域の歴史・文化環境を形作る重要な要素である。
 このような観点から考えると、埋成文化財保護の推進に当たっては、「文化財は国民共有の財産である」という認識が必要なことはもちろんであるが、それに加えて、文化財が地域固有の財産であるという認識に立って、「地域の文化財は地域で保存し活用する」という理念をこれまで以上に大切にしていくことが必要である。
 したがって、これからの埋蔵文化財保護行政は、埋蔵文化財の保存と活用について広く国民の理解と支援を得ながら、国、都道府県、市町村が適切に役割分担しつつ相互に連携を強化して進める必要がある。また、関係行政との連携協力の下、埋蔵文化財包蔵地の的確な把握と周知、国土開発等現代社会生活との調整、適切な保存措置、発掘調査の適切な実施、発掘成果の活用等の様々な要請に的確に応えられるよう、総合的、体系的に埋蔵文化財保護行政を展開する必要がある。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご回答をいただき、ありがとうございました。
報告書の出所がはっきりしているので、信頼できます。

お礼日時:2001/01/28 23:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q重要美術品と重要文化財の違いって?

今日、行った美術展で重要美術品と重要文化財というものの2種類がありました。重要美術品は東京の美術館のもの、重要文化財は名古屋のものだったので、土地の違いかと思ったのですが、以前別の美術展に行った時見たものは東京のものでしたが、重要文化財でした。辞書を引いてもみたのですが、重要文化財はあるものの、重要文化財はありませんでした。一体どんな違いがあるのでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

 重要文化財、国宝、重要美術品とも国が指定するものですので地方に関係はありません。
 1950年に文化財保護法が制定される前は国宝と重要美術品とが存在していましたけれど、一旦新保護法が制定された段階で全て指定を解除され、改めて重要文化財に指定され直しました。そしてその中から重要な物件に関して国宝に格上げする、という形を取ったわけです。
 そして、その旧国宝並びに重要美術品に指定されながら重要文化財に指定漏れとなった作品はこの時点から重要美術品扱いとなりました。
 ですから、基本的には優れた美術作品とは認められながらも、現行の保護法の指定基準から見ると重要文化財までには至らないものが重要美術品として留まっている、と考えれば良いでしょう。
 今でもほぼ年一回(もしくは2回)重要文化財の新指定が行われており、その中で毎年のようにいくつかの重要美術品が重要文化財に指定替えとなっています。

 法律的には詳しくはないものの、重要文化財、国宝となると制限もある代わり何かしらの保護も受けられる(修理代の一部負担程度だったでしょうか)部分が重要美術品にはないと考えられます。
 ただ、確か重要美術品も重要文化財・国宝同様海外への流出が禁じられるetc.の処置は有効だったはずで、それが現在の重要美術品の最大の意味かも知れません。

 よくお寺などで書かれているものには現在重要文化財指定なのに「国宝」と書かれていたり、「旧国宝」と書かれているのはこうした理由からです。

 以上から考えると、いずれはほとんど重要美術品というのは無くなってきて重要文化財に含まれていくと思われます。
 まあ、鑑賞する上では指定がどちらでも優れた作品であることのお墨付きが付いている、位に考えれば良いでしょうか。
 ちなみに、現在重要文化財は美術工芸品10,076件、建造物2,220件存在し(国宝含む)、この10年程かなり一生懸命出向いてもまだ4,000件程度しか鑑賞できていません。

 重要文化財、国宝、重要美術品とも国が指定するものですので地方に関係はありません。
 1950年に文化財保護法が制定される前は国宝と重要美術品とが存在していましたけれど、一旦新保護法が制定された段階で全て指定を解除され、改めて重要文化財に指定され直しました。そしてその中から重要な物件に関して国宝に格上げする、という形を取ったわけです。
 そして、その旧国宝並びに重要美術品に指定されながら重要文化財に指定漏れとなった作品はこの時点から重要美術品扱いとなりました。
 ですから...続きを読む

Q素人の単なる疑問ですが、わが国「最古の加工品の出土品」は何でしょうか。

素人の単なる疑問ですが、わが国「最古の加工品の出土品」は何でしょうか。
縄文時代前期の丸木舟が京都府舞鶴市の浦入遺跡で見つかっていますが、これより古い出土品はあるのでしょうか。
ただし、土器・石器に関しては、「最古の土器・石器」で検索すれば、なんとか解りますので、これらを除きます。
縄文時代、狩猟や採集に使ったカゴや釣り針、あるいは耳飾りなどの装飾品が出土したことがあったのではないかと思います。
パソコンで検索できる程度の情報でよいですから、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ちょっと検索してみました。

土製品としては縄文時代草創期の土偶が現状では最古のようです。

石器が共伴していないので明確ではないようですが、沖縄・伊江島で旧石器時代と推定される鹿骨の加工品が出土しているようです。

Q文化財を守りたい

文化財について勉強したいと思っている者です。僕は、文化財を守るのには膨大なお金がかかるから守らなくてもいいという意見を聞いてなんでそんなことを思うんだろうと疑問を抱きました。文化財を守っている方達がおっしゃっていました、文化財は日本に残されてきた非常に価値のあるものであり、それが滅んでしまったら二度と創ることは出来ないと。それには色々なこと…例えば文化財を創った昔の技術や文化財は過去にいた人物や時代の流れの証拠になるといった、本当に様々なことが関係しています。僕もまだまだ文化財について分からないことは沢山ありますが、その文化財を一つでも多く未来に残したいと思っています。そのためには、具体的にどのような勉強をしていけばいいのでしょうか。勉強といっても方法は様々だとは思うのですが、出来るだけ色んな視点や方法が知りたいので詳しく書かれたら嬉しいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんばんは。歴史学に関わっているオジサンです。職業として文化財を扱う領域には様々な分野があります。
以外かもしれませんが、警備会社もその一つです。時折テレビや新聞のニュースで仏像が盗難に遭い、それがインターネットのオークションサイトなどに出品されているとの話を見聞したこともあるでしょう。
 観光地として有名な京都や奈良そして全国にある規模の大きな寺院をはじめとして全国にあるお寺には警備会社の防犯システムが導入されていますが、中には個人で管理しているような小さなお寺もあり、そうした所からの盗難も増加しています。
 また東京を始め京都・奈良・福岡にある国立博物館を始め全国の博物館で開催される特別展に出品される国宝クラスの仏像などを運送するために運送会社には仏像の知識を持つ専門の職員がいます。
 もし博物館に就職することを希望されるのであれば大学で「博物館学芸員」の資格を取得することや大学院で日本史学の修士課程を修了することが必要でしょう(以前は文化庁の職員であった奈文研の採用試験は学士程度の知識レベルでは太刀打ちできません)。
 また文化財といってもそこには発掘と保存そして修復と公開の4つの要素が求められ、博物館の職員としてはこれらの展示にあたっては、企画から出品物の選定および先方との交渉や企画立案といった裏方仕事も一人でこなさなければならないことも当然のようになってきています。
 もし大学での専攻となれば歴史学や民俗学、場合によっては宗教学を扱う大学と学部を選択する形となります。もし質問者様が今現在高校の1・2年生であるならば東日本ならば先ず東京上野にある東博と千葉県の佐倉市の歴博を訪ねてみましょう。そこには学芸員を始め多くのスタッフが常駐し来館者からの質問などに答えている姿を目にすることも出来ます。関西ならば京都・奈良にある国立博物館と吹田にある国立民族学博物館にも同様のスタッフがいます。
 僕が歴史学に関わったきっかけは、通学する中学校で校庭の造成工事の現場でたまたま原型のままの縄文土器の壺(縄文後期から晩期のモノ)を見つけてしまったことから社会科の教員やら教育委員会の文化財保護課の方々と発掘作業に携わったことがあります。
 今では埋蔵文化財の保存方法も変わり図面やデジタルデータとして残し余程の価値がなければ、土地の所有者の権利が優先されるために埋め戻されて造成されてしまうケースも珍しくありません。
 佐賀県の吉野ヶ里遺跡や青森県の三内丸山遺跡はそうしたケースに対して住民からの保存を望む声を自治体や文化庁が後押しする形で破壊を免れたケースであるともいえます。
 お住まいの地域には必ず教育委員会の文化財担当の方がいらっしゃいますので、そうした窓口を通じて大学で考古学や歴史学を専門とする方や地域の歴史家と呼ばれる方々との交流を求めることも貴重な経験につながります。
 なお文化財関連の職業に関しては朝日新聞社から『お仕事は文化財』のタイトルで様々な職業分野で文化財に関わっている方々のエピソードが紹介されています。

 こんばんは。歴史学に関わっているオジサンです。職業として文化財を扱う領域には様々な分野があります。
以外かもしれませんが、警備会社もその一つです。時折テレビや新聞のニュースで仏像が盗難に遭い、それがインターネットのオークションサイトなどに出品されているとの話を見聞したこともあるでしょう。
 観光地として有名な京都や奈良そして全国にある規模の大きな寺院をはじめとして全国にあるお寺には警備会社の防犯システムが導入されていますが、中には個人で管理しているような小さなお寺もあり、...続きを読む

Q埋蔵文化財の発掘費用と文化財の所有権

埋蔵文化財が発見されるとよくニュースになります。
さて、その費用は誰が払うのでしょうか?

土地の所有者
土地の利用者
建築を行う者
市区町村

さて、発見された遺物が、高価なものだったり、貴重な歴史的発見だったりすると、所有権は誰のものになりますか?

土地の所有者
上記費用を負担した者

考古学と言うより民法的な話ですが、奈良県では一大産業かな?と思う次第です。

Aベストアンサー

文化庁のサイト
http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkazai/shokai/maizo.html
山形県のサイト
http://www.pref.yamagata.jp/ou/kyoiku/700015/bunkazai/bunkazainews/maibun_FAQ.html#Q6

実際には個別に判断相談でしょうけど
原則としては、開発事業に関しては開発業者が負担
個人の自宅を建てます~なんて場合は公費負担の場合も多い

所有権は、公に属します

例えば、野原を住宅地として開発する場合、業者はその野原に存在する岩や樹木の処理費用も含めて負担しますよね?
最初からそこに存在しているものを開発によって原状を変えるのですから、変える主体(事業者)が負担するのはある意味当然

まぁ掘ってみたら、考古学史を塗り替えるような大発見ともなれば、当然開発自体が出来なくなりかねないので、そういう場合は相応の保障はあるでしょうけどね

Q文化財学科の設置されてる大学を教えて下さい。

質問1:
関東圏で、西洋美術史の学べる文化財学科の置いてある大学を知っている方、大学名を教えて下さい。

質問2:
文化財学科に所属している方へ。今までで一番楽しかった講義は何ですか?よろしければ経験談をお聞かせください。

コメント:
美術館で働くにはどうしたらいいか質問したところ、学芸員の取得が必須で、学ぶには文化財学部が適してるとの解答を戴きました。それで、文化財学部のある大学を探しているのです。とはいっても文化財学部というのは初耳で、どんなことやるのかよく分からないので質問2をいたしました。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

必ずしも文化財学科が近道とは言えません。むしろ、文化財学は日本の古墳や遺跡の調査に力点を置いているところが多く、LeeLueさんの目指すものとは少し違うことを勉強することになるかもしれません。

一般的には、文学部の学科やコースとして西洋美術史を専攻するなどして、学芸員資格を取得する方が多いようです。

関東圏だと、たとえば、東京藝術大学美術学部芸術学科や、
http://www.geidai.ac.jp/guid/art/geijyutu-gaku.html
他にも、東京大学文学部でも西洋美術史は学べます。

ここからはアドバイスですが、美術館の学芸員としてスペシャリストを目指すのであれば、日本の大学で学ぶ以上に、ヨーロッパやアメリカの大学へ留学されることをオススメします。

「とりあえず何でもいいから美術館で働きたい」というのであれば別ですが、専門的に美術史を学んで、大きな美術館のキュレーター(学芸員)を目指すのであれば、是非とも留学を視野に入れてほしいと思います。

考えてもみてください。西洋美術を学ぶなら、西洋美術の本場で学ぶに越したことないじゃないですか。それに、西洋美術を専門に取り扱うなら、かなりの語学力も必要でしょう。
海外できっちりと修学すれば、それはあなたの輝かしいキャリアとなって、必ずや美術館での就職にも有利に働くはずです。
勿論、海外で取得した学芸員資格は、日本でも高く評価されます。

目標に向けて頑張ってくださいね。

必ずしも文化財学科が近道とは言えません。むしろ、文化財学は日本の古墳や遺跡の調査に力点を置いているところが多く、LeeLueさんの目指すものとは少し違うことを勉強することになるかもしれません。

一般的には、文学部の学科やコースとして西洋美術史を専攻するなどして、学芸員資格を取得する方が多いようです。

関東圏だと、たとえば、東京藝術大学美術学部芸術学科や、
http://www.geidai.ac.jp/guid/art/geijyutu-gaku.html
他にも、東京大学文学部でも西洋美術史は学べます。

ここからはアドバ...続きを読む

Q出土品の修復保存

遺跡出土品の修復作業(出土品の接合、復元など)に興味があります。東北芸術工科大学、京都造形芸術大学以外で修復保存を学べる大学または大学院をご存知の方がいらしたら教えてください。また、卒業後はどのような進路就職があるのかも併せて教えていただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

奈良大などは有名ですが・・・
史学科等で考古学や文化財保存等の専攻がある大学では一通りの理屈は学べますが、実習等に力を入れている学校を選択する方が良いと思われます。しかし、学部にしても院にしても学校で学べるのは入り口程度であり現場で精進を積まねば本当の技術を得ることは出来ません!
ところが、現在の埋蔵文化財業界では卒業後の就職は非常に厳しいのが現状ですので大変苦労すると思われます。
現在ではマスターやドクターを持っていても職にありつくことは非常に稀であり非常勤や嘱託職員に甘んじ使い捨てされることが少なくありませんのでよく考えて進路をお決めになることが肝要です。
厳しいことを書きましたが現実です!!それでも茨の道を選ぶのであれば覚悟して勉強してください!!
業界に身を置く者として陰ながら応援いたします。

Qユネスコ無形文化財に出たお金はどう使われますか?

ユネスコの有形文化財に出たお金は、文化財の建物の補修整備、文化財までの遊歩道の整備などに使われています。

それでは、最近、無形文化財に登録された「和食;日本人の伝統的な食文化」の場合、どのように使われるか具体的に教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

アジア・太平洋地域の文化多様性を守るたの一つの手段として、無形文化遺産の保護と継承を推進しています。具体的には以下の事業等を行っています。
○ アジア・太平洋地域の文化担当者に対し、消滅の可能性の高い無形遺産を救い、伝承を続けるために何が必要かについて、日本をはじめとする取組等を事例として、具体的な方法論について検討するワークショップを実施。「無形遺産の保護に関する条約」で義務付けられている「無形遺産のインヴェントリー(目録)の作成のモデル作り・アプローチの例について検討しています。
○ アジア・太平洋地域で消滅の危機にひんしている無形文化遺産、ユネスコの「人類の口承及び無形遺産の傑作に関する宣言」についての情報、伝統芸能・民俗芸能に関する情報を「無形文化遺産データベース」としてインターネットで公開しています。

Q縄文時代の出土品の値段

私が子供の頃、家の敷地内から縄文時代の土器や鏃が出土したのですが、そういうものには考古学的価値はあると思うのですが、値段であらわすとしたらどの位になるのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、土器や石鏃を適当に掘り出して売りさばいてもたいした金にはなりません。また高額で売ろうとすると、難しい問題が生じます。

あなたの年齢が分かりませんが、すでに国や地方自治体による文化財保護指針が出されて以降の出土と思われますので、場合によっては「自宅に遺物が存在すること」だけでもおそれおおいことになります。家宝にするか、地方自治体に寄付するか、あたりがお勧めです。

1,博物館に展示されていたり、教科書や図鑑に掲載されていたりするものは、一定時期の代表的な特徴をもつ完品であることが多く、稀少なものであるからこそ、価値があります。また、そのレベルになると正規の販売ルートには乗りません。乗せられません。

2,素人の手によって偶然掘り出された遺物は、掘削した機器の傷が入っている物や損壊品であることが圧倒的に多く、学術的にも、古美術品や骨董品としても、価値が低く見られがちです。

3、また、文化財保護法という乱開発・盗掘・闇取引・利権問題などから遺跡・遺物を守る法律があり、仮に偶然出土した遺物であったとしても、所有権や譲渡については難しい問題がつきまといます。

まず、土器や石鏃を適当に掘り出して売りさばいてもたいした金にはなりません。また高額で売ろうとすると、難しい問題が生じます。

あなたの年齢が分かりませんが、すでに国や地方自治体による文化財保護指針が出されて以降の出土と思われますので、場合によっては「自宅に遺物が存在すること」だけでもおそれおおいことになります。家宝にするか、地方自治体に寄付するか、あたりがお勧めです。

1,博物館に展示されていたり、教科書や図鑑に掲載されていたりするものは、一定時期の代表的な特徴をもつ完...続きを読む

Q文化財保護の現代的意義

 出土品をはじめとして、「文化財」と名の付くものはたく
さんありますが、それら文化財を保護する意義ってどんなと
ころにあるのでしょうか?

Aベストアンサー

初めまして。博物館や科学館の企画などもしているので、埋蔵文化財の話しか出ていなかったので、補足させて下さい。
まず、文化財ですが、kyaezawaさんのお答えにある埋蔵文化財と言われる遺跡などから発掘される遺物があります。次に、美術品・工芸品・建築などの人が作って、現存しているものがあります。ここまでが有形文化財と言われるものです。
次に、無形文化財というものがあります。これは、伝統芸能、民俗芸能、など、保護するに値する文化的遺産です。次に古くから残る風習、習俗、祭りなど、これを無形民俗文化財といいます。
そして、天然記念物、国宝、伝統的建造物群も含めて広く文化財といいます。

ご質問の「意義」についてですが、
これは、研究・保存・継承という言葉でまとめられると思います。
文化財は、全て歴史や時代の証人であり、それを研究することで、過去の姿が明らかになると共に、現在を考える上での重要な資料となるのです。だから、正しい姿で保存する必要があり、法律も定められています。
また、優れた技術の継承という側面もあります。現代の科学的テクノロジーとは別の人にしかできない技術をきちんとした形で継承することも、わたしたちの使命なのです。
以下のURLにアクセスすると文化財保護法の全文の閲覧、ダウンロードができます。ご参考までに。
お役に立ちましたでしょうか。

http://www.amy.hi-ho.ne.jp/mizuy/pro/hogoho.htm

初めまして。博物館や科学館の企画などもしているので、埋蔵文化財の話しか出ていなかったので、補足させて下さい。
まず、文化財ですが、kyaezawaさんのお答えにある埋蔵文化財と言われる遺跡などから発掘される遺物があります。次に、美術品・工芸品・建築などの人が作って、現存しているものがあります。ここまでが有形文化財と言われるものです。
次に、無形文化財というものがあります。これは、伝統芸能、民俗芸能、など、保護するに値する文化的遺産です。次に古くから残る風習、習俗、祭りなど、これを...続きを読む

Qオリエント出土品?

 本日http://www.asahi.com/national/update/0928/TKY200809280050.htmlにて、桂宮様のご病気の報道があり、不謹慎ですが存じ上げなかったので、検索したら崇仁親王様のお子様のようでした。
そして、崇仁親王様について確認しているときに、女性神に関心を持っております私の中をひく画像に遭遇しました。
 www.1mcc.com/mac/mikasanomiya-iwakuni/PC150029.JPGなのです。
 これは多分、崇仁親王様のご研究のオリエントの出土品だと存じます。
 どこの出土で、なんという名称が賦与されている出土品かご存じでありましたら、どうかお教えくださるよう、お願い申しあげます。

 なお、開いているページのURLを貼り付けます。
http://bsearch.goo.ne.jp/imgdt.php?TNUM=96&FR=1&MT=%BF%F2%BF%CE%BF%C6%B2%A6&DOC_ID=www.1mcc.com%252Fmac%252Fmikasanomiya-iwakuni%252FPC150029.JPG&SNUM=1&PURL=http%3A%2F%2Fwww.1mcc.com%2Fmac%2Fmikasanomiya-iwakuni.htm&THNURL=http%3A%2F%2Fthumb1.goo.ne.jp%2Fimg%2Frelay.php%3FSV%3D0004%26THN_URL%3D%2FTN%2F001a%2Fd25366ac303d4137b59f0cb8f14f7036

 本日http://www.asahi.com/national/update/0928/TKY200809280050.htmlにて、桂宮様のご病気の報道があり、不謹慎ですが存じ上げなかったので、検索したら崇仁親王様のお子様のようでした。
そして、崇仁親王様について確認しているときに、女性神に関心を持っております私の中をひく画像に遭遇しました。
 www.1mcc.com/mac/mikasanomiya-iwakuni/PC150029.JPGなのです。
 これは多分、崇仁親王様のご研究のオリエントの出土品だと存じます。
 どこの出土で、なんという名称が賦与されている出土品かご...続きを読む

Aベストアンサー

画像を拝見した時、有名なヴィレンドルフのヴィーナス像を思い出し、興味を持ったので少し調べてみました。

ご質問の像はトルコのチャタルホユック(ないしチャタルヒュユク:正確な発音は存じません)から出土した
「Seated Goddess」なるテラコッタ(素焼き)製品かと思います。
B.C.7000年頃のものとされているようです。
邦文のサイトも探したのですが見つかりませんでした。
参考になりますでしょうか。

参考URL:http://www.guide-martine.com/history.asp,http://www.catalhoyuk.com/


人気Q&Aランキング