住宅の外壁に貼るレンガとタイル、どこがどう違うのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

レンガとタイルの違いを、形状で言いますとレンガはブロック状の物でタイルは薄くて平べったい物です。


施工の違いは、レンガは下からモルタルで積み上げていきます。タイルは接着剤等で張り付けたり、モルタルで積み上げていく工法などもあります。
レンガの材質はnobor3さんが、調べて下さった通りで、タイルの素材は他にもいろいろあります。レンガと全く同じ材質で出来ているタイルを「レンガタイル」と言います。形状も施工法もタイルと全く同じで、仕上がればレンガを積み上げたかのように見えます。仕上がってしまうと素人の方では、レンガかタイルかは見分けがつかないと思います。
長所、短所ですが、レンガはタイルに比べ工費と工期がかかります。現在、一般的に施工されている部分は、花壇や塀くらいかと思います。最近の建物の外壁は、ほとんどが「レンガタイル」ですね。
レンガ、レンガタイル共に吸水性はよくあります。タイル全般に関しては、施工面(裏面)は全てのタイルに吸水性があります。表面的には、あるもとないものが、あります。プラスチック製のタイルは、部外です。
    • good
    • 0

張るレンガと言うものもあります。



タイルと同じく裏にモルタルを塗ってコンクリートの建物に張っていきます。

レンガ調タイルは、せいぜい色が似ているくらいですが、本物の焼いたレンガを薄くスライスしているので、見た目はまさにレンガ積みの建物のように見えます。

ただし、レンガはそれ自体が構造物なので、開口部まわりのつみ方など伝統的技法があります。

コンクリート造の建物だけれども、見た目はレンガ造に見せたい!それも限りなく。

というときに使いますが、当然高いですね。
    • good
    • 0

もう既に皆さんがお答えになっていますが、現在外壁に貼られているのはタイルです。

レンガ調に見えますが、成分は全く異なります。
レンガはnobor3さんのお答えでOKですね。現在建材としては、主に舗装材として使われています(これもレンガ調製品と言うのがあるのですが)
タイルには磁器質、せっ器質、陶器質とあり、外壁や床に使われるのは主に磁器質とせっ器質です。吸水性が低い事がポイントになります。
    • good
    • 0

大雑把に言えば吸水性のあるのがレンガ。

無いのがタイル。どのようなことをことをしたいのか,その辺のところが分からないと何とも言えません。

この回答への補足

お答えありがとうございます。私はレンガとタイル、素材や性質、長所短所が知りたいです。住宅の外壁にモダンな家だとタイル、輸入住宅風の家だとレンガ(風のもの?)が貼ってあるように思えていて、ほんと、素朴な疑問なんです。でも知らないと困ってしまうのです。どうぞよろしくお願いいたします。

補足日時:2001/01/28 23:31
    • good
    • 0

外壁に貼るってことはいわゆる「○○○ンズマンション」みたいな


やつですよね?

あれはレンガの色と形を模したタイルでその名も「レンガタイル」です。

見た目はレンガですが、厚さが全然薄くてまさにタイルですよ。
角の部分に使うやつはL字型になってます。


osapi124でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。レンガ(調)タイルとは良く出来たネーミングですね(笑)。ほんとにそう言うとは知りませんでした。今度人にはそう説明することにいたします。

お礼日時:2001/01/28 23:45

広辞苑によると、


*************
れん‐が【煉瓦】‥グワ
粘土に砂をまぜてねり固めた、一定の大きさの建築材料。ふつうは型に入れて窯(カマ)で焼いたも
の。壁・舗装・窯など用途は広汎。普通煉瓦(赤煉瓦)・舗道煉瓦・耐火煉瓦・空洞煉瓦・アドベ
などがある。
タイル【tile】
壁または床などに張る小片状の薄板。陶磁器のほかアスファルト・プラスチックなどを用いる
*************
って事だそうです。
僕の考えでは、レンガは積むもので、タイルは張るものなんだと思います。
外壁に張るって事は、それはレンガではなくタイルなんじゃないですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざお調べ頂いて、ありがとうございます。おっしゃるとうり、ほんと素人の疑問はへんてこりんで、済みません。

お礼日時:2001/01/28 23:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q壁(コンクリート)にレンガタイルを貼りたいです

こんばんは^^

壁(コンクリート)にレンガタイルを自分で貼りたいと思っています。

1)コンクリートの壁には白いペンキがぬられていますが、
そこにレンガタイルを貼っても問題ないでしょうか?

2)ネットで調べたところ、まず、
壁にペンなどでレンガタイルを貼る部分に線を引く
→接着セメント(?)をレンガタイルの裏部分につけて壁につける
→タイルの隙間にモルタルを埋め込む
とありました。この方法でよいのでしょうか?
上記の過程で一番難しいのはどれでしょうか?

3)接着セメントでタイルを貼って、どのくらいの時間まで
修正可能でしょうか?

4)レンガタイルを貼りたい部分は、あまり日当たりがよくありません。湿気などでタイルがはがれるなどの可能性はありますか?

たくさん質問してすみませんが宜しくお願いいたします^^

Aベストアンサー

1・ツルツルは不可。ワイヤーブラシ等であらけずりしてください。
2・接着剤。1日に一段か二段。板などで高さを揃えながら。
3・半日。乾くのを待つのが大変。
4・目地埋めまですれば大丈夫だと思います。
頑張って、見せよう君のテクニック。

Q室内ジョリパットの壁にタイルを貼りたい 洗面所の鏡とカウンターの間15㎝部分に絵タイルを貼りたいです

室内ジョリパットの壁にタイルを貼りたい
洗面所の鏡とカウンターの間15㎝部分に絵タイルを貼りたいです。
鏡は縁無し、カウンターは人口大理石で壁面がジョリパットです。

ジョリパットはでこぼこ仕上げで、そのまま接着剤は使えないと思いますし、接着しないですよね。

そこで、ベニヤ板のようなものをビス止めして、その上に接着剤、タイル貼り、目地剤で施行しようかと考えましたが、他に良い案はありますか?
素人でも簡単で確実に接着する方法を教えていただきたいです。
大きな絵タイルが外れなければ両面テープなどでもいいと思っています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>大きな凸凹ではないかも…加減がわかりませんが

接着剤付属のヘラか下敷きや定規で、接着剤を塗り伸ばしでください
凸の部分は接着剤が少なく凹の部分は接着剤が多めに着きます
それで乾燥すればベースが平らになります(厳密には平らではありませんが)

凸凹に一回だけの接着剤を塗るというのよりかは、強固に接着しますよ

Q外壁にブリックタイルを貼りたい

玄関まわりやベランダなど部分的にタイルが貼ってあるのですが、古っぽいのでそこに漆喰をかさねて塗りブリックタイルを埋め込もうかと考えています。まったくの素人です。もしかして、私はとてつもなく無謀なことをしようとしているのでしょうか。よろしければアドバイスなどありましたらあわせてご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どの程度の作業を考えてらっしゃるのか、
いまいちイメージがわからないので、
みなさん答えにくいようですが、

まずタイル自体は接着性が悪いので素人の方にはおすすめ出来ません。湿式工法ではすぐにはがれてしまいます。まったくの素人さんということですので工法的にも少し難しいのではと思います。


本職がタイルの上に何かを接着させる場合は、まずカチオン系と言うフィラー材で一度下ごすりすることになるでしょう。
カチオン系とは専門的に話すと物理の話になり長くなるので簡単に説明すると、磁石の+と-でくっつけるような接着作用を期待したものです。

Q現在自分の使用しているビルの外壁にタイルが貼られているのですが見た目が

現在自分の使用しているビルの外壁にタイルが貼られているのですが見た目が気に入ってなく、一部でもどうにか自分で変えたいのですが、ツルツルのタイルの上からカラーセメントを直に塗ってひっつくものなのでしょうか?

Aベストアンサー

>自分の使用しているビル
使用であって所有じゃないなら 勝手なことすると管理に怒られるよ。
例えタイルを張ったとしても、それ落下してけが人でたらどうするの?

タイルの上にタイルの加工はしません、タイルを割って下地を出してから貼ります。
パテとかで強力にくっつくとかの通販の品物あるけど、あんなもんで貼ったら最初はいいにしろ
すぐに外気の温度変化と風化でパテが硬化してひび割れて落ちます。

Q石材タイルの門柱がボロボロになっているので、うえから外壁塗装用の塗料を塗ろうかと思っているのですが塗

石材タイルの門柱がボロボロになっているので、うえから外壁塗装用の塗料を塗ろうかと思っているのですが塗料がうまく付着して固定するのでしょうか? シーラーというものを事前にぬった方が良いのでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

塗装すれば質感は変わります=それはさておいて、シーラーではなくプライマーですね。
特殊なシンナーになりますが、ゴム系のものがよさそうです。=塗膜は非常に薄いです。

仰せのシーラーでは、比較的膜厚が大きいものが市販の体制を占め、仕上げ塗料の下地への吸い込み防止のために施工されます。

いずれの場合にも、塗料の性質が上塗り塗料と相性の合うことが条件です。
上塗りについては、ネットや現物でお好みのものを探してください。
(高価なものほど塗装の条件は厳しくなりますが、きちっと施工すれば長持ちします。)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報