AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

体育で柔道を習っていますが、受身の重要性がまだわかりません。受身をとるのととらないのでは何が違うのでしょうか?

A 回答 (6件)

ま、体育の授業なら、受け身から練習するでしょうね。

次が固め技。投げ技や乱取りなどは、派手でやりたいでしょうが、それは最後というか、授業ではそこまで行かないかも。

で、受け身は、自分のからだにダメージが極力来ないようにするものです。柔道は、ボクシングやフルコンタクト空手、総合格闘技のように、相手にダメージを蓄積させて戦闘能力を奪うことを主眼とした格闘技ではありません。技を競い、相手をその型に押し込む競技です。だから、ダメージが少なくなることは、攻撃側にも受け手側にも必要なことなのです。
柔道でもプロレスでも、そういう競技は、受け身が間違うと、最悪死んだり、半身不随になる危険性があるのです。ましてや素人同士のまねっこが、一番怖かったりします。有段者の投げ方は、それなりに危なくないとこから落としますが、受け手が下手で、変によけてしまうと、かえって危険な位置から落ちてしまいます。
    • good
    • 2

前の回答者の方々が言っているのと同じなんですけど・・・骨折、脱臼、打撲といろいろなります。

とにかく受身はとても大切です。私は柔道経験者なのですが受身をうまく取らないと内臓系がダメージを受けます。特に、相手が柔道初心者となるととにかく受身をうまくしないと本当に気持ち悪くなります。受身はちゃんと習った方がいいですよ。
    • good
    • 0

試しに、投げられたとき背中で衝撃を受けてみてください。

    • good
    • 1

一番分かりやすいのは後ろ受身でしょうか。



あごを引いて両手を床に叩きつける事によって後頭部をぶつける事を防ぎます。

投げられたままだと、投げられた勢いと自分の体重がモロにダメージとなります。
もちろん後頭部をうてば深刻なダメージを受けます→死亡。

自分で動いて反発力を利用して被害を最小限にするのです。
    • good
    • 0

相手がものすごく上手い人なら、受身を取らなくても怪我しません。



しかし、相手が素人の場合、受身を間違えると大怪我します。
実際私も脳震盪しましたし、友人は靭帯を切りました。

柔道の授業は技を覚えるよりも、受身を覚えることのほうが重要だと思います。
    • good
    • 0

 


怪我するネ
骨折とか・・・
捻挫とか・・・

 
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q柔道 なぜ受身を練習する?

なぜ柔道では受身を練習するのですか?

実際の試合で受身なんかやってるヤツ見たことないし。

受身をとる余裕があったら、一本を技ありにするように、最小ダメージで切り抜ける努力をするべきだと思う。

国の代表で出てる奴らですら受身とれてないんだから、受身の練習なんかしなくてもオリンピックでメダルとれるってこと?

Aベストアンサー

「安全のため」
この一言に尽きます。試合で受け身をとると、その過程で背中が地面について負けてしまうのでギリギリまでしないだけです。できなかったら危なくて練習すら無理です。
「一本を技ありにするように、最小ダメージで切り抜ける努力」とありますが、それも受け身のうちです。選手も、できることなら両足で着地して投げ返したい気持ちでしょう。
スキーで最初に転び方を習うのと同じようなものだと思います。

また「武道」として考えると、敵に「勝つ」ことよりも「負けない(死なない)」ことが優先されます。投げられまいと無理に踏ん張るのではなく、あえて自分からクルッと転がって反撃に転じたり逃げたりすることも、受け身の目的だと聞いたことがあります。(柔道ではありませんが、別の武道をかじったことがあります。)

Q「耳障りのよい」を正しく言い直すと?

「耳障り」は悪いことにしか使わないので「耳障りがよい」というのは誤用だということは判ります。

しかし「耳障りのよい」のいわんとするところを表す自然な言葉が中々見つかりません。

「耳障りのよい」という言葉を使うとき、「耳に心地よい」「聞いていて気分がいい」という意味だけでなく、「甘ったれた主張・言い分」「甘言」「上滑りで心のこもっていない」という悪い意味に使っている人も多いようです。

例「耳障りの良いことばかり言っていると、本当に相手の為にはならない」

この意味を表すのに、より自然で正しい言葉はないでしょうか。

Aベストアンサー

共同通信社では「耳当たりのいい」または
「聞き心地のいい」に書き換えています
(同社『記者ハンドブック』より)。
前者でいいのではないでしょうか?

なお「耳触りのいい」と漢字を変えても
不適切と評価しているもようです。

Qつらかった煙草による禁断症状は? その期間とは・・・

現在 私禁煙中です もう3ヶ月すぎました それで 改めて煙草を本気で吸いたいとは思わなくなりました( 冗談では 一本ぐらいなら・・・とは、たまに思いますが^^) それで教えてほしいのですが 禁断症状にも色々ありますが たいがい1ヶ月過ぎから 楽になるとは言われていますが もっとも辛かった禁断症状ってなんですか? それと期間が分かったら それも教えて欲しいのですが・・ よろしくお願いします
 私も 現在 体調がバッチシ! とは言えないのです 最長期間の禁断症状って どのくらいですか 

Aベストアンサー

1日2箱強から禁煙して、1年9ヶ月経ちました。

禁断症状は、タバコを吸ってしまった夢を見る(びっくりして飛び起きても暫くは現実と区別がつかない)、頭痛、めまい、脱力感(指先に力が入らない)、口の中がすぐに唾液でイッパイになる、1日に数回はやってくる猛烈な喫煙の欲求などなど、ホントに辛かったです。

へタレな私が、二度と吸わずに済むと確信できたのは3ヶ月くらい前からです。

Q柔道選手の体はなぜあんなにすごいの?

オリンピックを見ていても、柔道選手は特別いい体をしているなとおもうんですが、前にテレビで野村選手が器具を使った筋トレはしたことないって言っていたのですが、どうやってあんな体を作りだしたんでしょうか??
また、普段柔道選手はどういう練習メニューをされているんでしょうか?栄養補給のタイミング等も教えてほしいです。

Aベストアンサー

柔道経験者です。

まず前提としてどういう体型を「いい身体」とするかってのがあります。
以下の回答は多少質問者さんの認識を否定してしまう内容も含まれてしまいますが、悪気はありませんので気に障ったらご容赦ください。

まず質問者さんが柔道家の中でも60キロ台の選手が特にいい身体に思えるのには2つ理由があります。

(1)質問者さんはおそらく、締まっていて筋肉がある程度くっきりと現れるような体型が好みって傾向があるのだと思います。

柔道という競技は、その競技特性として常に自分の身体の移動に加え、相手の身体をコントロールするという性質を持っています。
競技の間ずっと50キロ以上時には100キロ以上の物体(しかも自分の動きに逆らおうとする物体)をコントロールしようとし続けるなんて競技はオリンピック種目の中でも、重量挙げのようなものは別として柔道とレスリング以外にありません。
したがって当然に筋トレ的要素が他の種目に比べ高くなります。

さらに柔道は恒常的に畳に叩きつけられるという要素もあるため、必然的に身体が大きく、というより「分厚く」なる要因が非常に高いのです。(これはやってみると分かりますが、単純に筋トレなどで身体を鍛えていても投げられる耐性はできません)

相手を投げる動作などで「ウォーッ」と力を身体に加える動作を、昔は「気張り」などと呼び、この反復継続が柔道に適した身体を作り上げると言われていました。

そのため必然的に柔道家は分厚く強い体型を備えることになります。

ところで、そのような競技のトップ選手の身体で60キロそこそこの選手というのは、実は男性としてはかなり元の体型が小さな部類に含まれる体型なのです。
つまり背も高くないし、また胸郭や肩幅その他の骨格も元々は比較的キャシャな部類に入る体型なのです。
(余談ですが谷亮子が長く世界のトップに君臨できたのも、女子とはいえ柔道という競技で48キロ以下に体重をセーブするのは、元の身体がかなり小さい=世界、特に欧米の層が極端に薄いという「僥倖」もありました)

ですので60キロそこそこの選手というのは、元の骨組みが小さいところに筋肉がつくので、写真で見るとかなり「いい身体」に見えます。
これはちょうど、さほどたいした運動をしていないジャニーズの男の子や、ウォーターボーイズの男の子とかが痩せているとかなり「いい身体」に見えるのと同じ原理です。

60キロ級の選手はたしかに裸の肉体は見事ですが、実際に向かい合ってみるとその体型は80キロ・100キロ級の選手と比べると、その「圧倒感・存在感」にははるかに及ばないのが実感できます。

ましてや身体を「造形」する専門家であるボディ・ビルダーには、「いい身体」って意味ではとても及びません。
ビルダーがあなたにとって「異様」に見えるのは、おそらくビルダーがコンテスト時に極限まで脂肪を削ってしまうことや、身体に特殊なオイルを塗ったりすることなどの要素から、見慣れていないって原因があると思います。
(もちろん筋力も柔道家ではビルダーに勝てませんが)。

ですので60キロクラスの柔道家が、スポーツ選手の中でも「格別」に思えるのは、あなたの「錯覚」もひとつあります。

(2)とはいえ、同じ60キロ級のスポーツ選手の中でも他の競技に比べ、たしかに「ゴツイ」印象を与えることも事実です。

これはボクシングと比較するとその特異性が際立ちます。
ボクシングと言う競技は、まずバーベルを挙げるような筋力よりも、筋肉をパーンとはじかせるバネのような筋肉特性が求められます。
また柔道に比較すると試合時間が極めて長く、持久力勝負の要素がとても大きいのです。
実際ボクシングはパンチ力なんかよりも、持久力の要素の方が強いくらいで、試合前半の生きの良いパンチではダウンしないのに、後半お互いフラフラになった状態でのパンチでKOが起きるなんてのはこれが理由です。

ボクサーが柔道家のような筋肉を付けたら、とても10ラウンド12ラウンドみたいな長丁場は持ちません。
しかし柔道家は相手の重い体重をコントロールする能力が求められ、かつそれは長くて10分程度の時間です。

そのためかなりゴツイ身体が備わるのです。
さらに軽量級では必然的に体重の減量で脂肪をそぎ落とすので、質問者さんのおっしゃるような「いい身体」が出来るわけです。

さて、ではそのようなゴツイ体型が柔道だけで出来るのかと言えば、たしかに思いっきり食事をして柔道の稽古をオーバーワークにならないレベルでやれば、ある程度は出来ると思います。
何十年も前の柔道選手は、さほど筋トレの知識実践が無くても、そういう体型を作っていた事実がありますから。

しかし現代のオリンピッククラスのトップ選手で、一切筋トレをしないという選手はおそらく居ないと思います。

単純に稽古量がハンパ無いというだけでは、大きな身体は出来ません。
たしかに柔道にはエビや脇締めなど独特な稽古法がありますが、これらは筋肉を大きくするという種類の運動ではありませんし、またそれが素人にとってキツイのは、経験が無いからだけで、一流柔道家にテニスを練習に参加させたらあっと言う間にへばることでしょう。

ちなみに余談ですが、個人的好みとしては、私は一番好きな体型は120キロクラスの格闘家の身体です。
ジュロム・レ・バンナに憧れてます(笑)
http://www.k-1.co.jp/jp/fighter/player.php?index=banner

なにか補足質問があればどうぞ。

柔道経験者です。

まず前提としてどういう体型を「いい身体」とするかってのがあります。
以下の回答は多少質問者さんの認識を否定してしまう内容も含まれてしまいますが、悪気はありませんので気に障ったらご容赦ください。

まず質問者さんが柔道家の中でも60キロ台の選手が特にいい身体に思えるのには2つ理由があります。

(1)質問者さんはおそらく、締まっていて筋肉がある程度くっきりと現れるような体型が好みって傾向があるのだと思います。

柔道という競技は、その競技特性として常に自...続きを読む

Qアンケートモニターというものは安全なのでしょうか?

求人情報サイトを見ているといくつかアンケートモニターの広告がありました。
掲載されていた会社は、「株式会社リサーチパメル」「株式会社インテージ」前回はマクロミル?という会社もありました。
アンケートモニターというものは月どの程度稼げるのでしょうか?
そしてこの3社を利用されている方は本当に稼げているのでしょうか?
アンケートに答えてお金がもらえるという甘い話には裏があるのではないでしょうか?
いいなと思う反面、怖いので質問させていただきました。
そんな私も数年前お小遣いサイトが流行った頃、興味本位で始めポイントを貯め実際に換金を2回程出来たので本当なのかなとも思ったり・・・。
みなさんのご意見お聞かせください。

Aベストアンサー

質問者さんが定義する「安全」とは何でしょうか?

そこが具体的でないと、少々返答し辛いのですが。

かれこれ、5年以上アンケートサイトを利用してますが、私が考える「安全」の意味では問題ないと感じてます。

サイトによって額の差はありますが、確実に貯めれてますし、換金のトラブルもありません。

勿論、個人情報の提供が必須になりますので、それに対する漏洩を完全に阻止する事は、アンケートサイトに限らず、ネット全体を利用する上で不可能だと思うのです。

なので、気にしだしたら切りがありませんし、究極の個人情報漏洩防止手段は、ネットだけでなく実生活においても誰とも接しない事に他ならないと思いますので、過度な危険視は意味が無いと思います。

強いて「裏」があるとすれば、稼げるアンケートの案件は、それなりに時間を割く格好になりますので、時間に余裕がない方はお薦め出来ない点でしょう。

事前調査である簡単な案件は、答え易く時間が掛からない一方で、貯まるポイント数も少ないです。
(中には、設問数が多くてポイント数が少ない事前調査もあります。)
本調査になりますと、ポイント数が増加しますが、終了までに数十分から1時間程度必要になる場合が多数ありますので、それが面倒だと感じる方は、必然的にポイントが貯まり難くなってきます。

また、調査機関が長期になる案件が比較的貯まり易いので、それをこなす根気も必要になるでしょう。

稼げると言っても、月に数万単位は無理だと思います。
精々、多くても数千円単位でしょう。

よく、この手のサイトで稼げるという方がいますが、その様な方々は往々にして紹介による「アフィリエイト」のポイントを稼いでるケースが多いので、所謂ネズミ講的な手段でないと大きな稼ぎは期待出来ません。
(アンケートサイトでも「友達紹介」と称して、それに対してポイント付与するサービスを行っているケースが多いです。)

アンケートサイトで稼ぐには、正しい個人情報の申告と、マメに(かつ正確に)アンケートを答えていく事が大原則になると思いますので、そこを踏まえて利用を考えて下さい。
http://qa.jiji.com/qa7490191.html
http://oshiete.homes.jp/qa4175671.html

質問者さんが定義する「安全」とは何でしょうか?

そこが具体的でないと、少々返答し辛いのですが。

かれこれ、5年以上アンケートサイトを利用してますが、私が考える「安全」の意味では問題ないと感じてます。

サイトによって額の差はありますが、確実に貯めれてますし、換金のトラブルもありません。

勿論、個人情報の提供が必須になりますので、それに対する漏洩を完全に阻止する事は、アンケートサイトに限らず、ネット全体を利用する上で不可能だと思うのです。

なので、気にしだしたら切りがありません...続きを読む


人気Q&Aランキング