外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

下半身の安定を意識して練習していると、
右足のハムストリングス(ももの裏側の筋肉)
が痛くなるのですが、みなさんどうですか?

慣れれば痛くなくなると思うのですが、
ここの筋肉が痛くなるということは
体の使い方は間違っていないのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

腿の内側が筋肉痛になることは体重をそこで受け止めていることになるますので、


スエーしないことになりますから、正しいスイングになっていると言って良いでしょうね。
今まで使っていない筋肉を使うようになったためで、慣れれば痛くなりますので、特に問題はないと思います。
柔軟性については、ゴルフは柔らかい人は上達しづらいと言われています。
その理由は、柔らかいために身体がどこまでも捻ることができるので、
結局オーバースイングになり正しいスイングが出来ないのです。
どちらかと言うと固めの人がオーバースイングになりにくい分、上達が早いと言われています。
現に、私も柔らかかったので苦労しました。
後は筋肉質の人は腕力のみで飛ばすことができますから、これも上達が遅くなります。
それでは、頑張って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
正しいようでよかったです。
私は体は硬いほうです。
ただ、筋肉質なので腕の力を抜いて
スイングするように心がけています。

お礼日時:2007/10/06 02:39

ストレッチは十分でしょうか?


よく使用する筋肉は、ストレッチと同じく
クーリングダウン(ウオーミングアップの反対)も
十分に時間をかける必要があります

野球のピッチャーが投球後アイシングしたり
マッサージを行いますね
アマチュアでもプロでも筋肉に関する扱いは同じです

痛みは筋肉の酸素欠乏といわれます
血液循環を良くして酸素の供給量を増やしていくことです
そのためのストレッチ、マッサージです

お大事に
    • good
    • 0

でしょうね。



慣れないことをすると最初は痛くなるはずです。

慣れるとどうもなくなると思います。
    • good
    • 1

ハムストリングが痛くなるのはそこに負荷がまずかかっていると思われます。

ハムストリングに柔軟性がないとテイクバックの時にうまく右股関節に体重が乗って行きません。柔軟性はOKですか?少なくとも前屈で手が全く地面に届かないよいうであれば柔軟性がストレッチを始めましょう。
私も柔軟性がなく、前屈しても手が地面に付きませんでした。その時は、股関節が硬いため、無理にトップの形を作ると上半身に力が入ったり、硬さからうまく右に体重が乗れない(膝が伸びたりして)状況でした。
今では柔軟性はストレッチでほぐせば指分はマイナスになるぐらいまでになり、テイクバックで詰まることもなくなりトップまでだいぶスムーズになりました。
お試しあれ。
ただし、筋肉痛のような痛みであれば、単純に運動不足と言う落ちもあると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はい、私も体は硬く前屈で手が全く地面につきません。
前屈をするとももの裏がパンパンに張って
どうやってもそれ以上伸びません。

手のひらがぺたっと付く人を見ると羨ましいですね。

高校時代にラグビーをやっていまして
3年間ストレッチを入念にやっていましたが、
かろうじて指先が地面に付くくらいでした。

ただ、ハムストリングで大きなケガはしたことがないので
弱いわけではなさそうです。

また、股関節は硬くないです。

たぶん最近 下半身を意識して練習しているので
体が慣れていないためだと思います。
柔軟頑張ります。

お礼日時:2007/10/04 13:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゴルフの練習後の筋肉痛で正しい部位は?

久しぶりに打ちっぱなしへ行って、ゴルフの練習をした翌日や翌々日に筋肉痛に
なる事はよくある事ですが、正しいスイングが出来ているとすると、体の
どの部位が筋肉痛になるのが正しいのでしょうか?

人によって筋肉痛の場所が違うので気になりました。
ちなみに私は前腕伸筋群と肩甲骨の内側の筋肉が痛くなりますが、飛ばし屋の
友人は左脇から左胸辺りの筋肉が痛くなると言っています。

以下の筋肉図を参考に回答頂けると嬉しいです。
http://www.bulkup.jp/t-basics/zu.html

Aベストアンサー

筋肉が多ければ飛距離は伸びますが、体をしっかり使えているかの判断基準としては「どこも筋肉痛でないのが理想」です。

 近年研究が盛んな「コア・インナーマッスル」等の理論では、動力源は腸腰筋等の体の中心・内側であり、表面の筋肉はその伝導体という考えです。そのために末端の筋肉は自分でエネルギーを発生しない方がよいとされています。むしろ末端部分からエネルギーが発生すると中心部分からのそれと衝突しボールに伝わるエネルギーが減少し効率が落ちます。

 結論として「体の内側のおなか周りの筋肉」が筋肉痛になるのが理想です。ただ、これらは筋肉痛になりにくく、ほとんど感じません。
 一部の部位だけが筋肉痛になるというのは「その部分だけ酷使している」証拠です。以前、私も「胸の前・上腕二頭筋・大腿四頭筋」等の前側の筋肉が筋肉痛になっていました。体の内側の筋肉を使うようになってからは筋肉痛はほとんどありません。ただ、日ごろ運動していない人は後側の筋肉(後背筋やハムストリングス)等の筋肉痛は多少は大丈夫です。日本人は後の筋肉をあまり普段使わないので、西洋発祥のゴルフで後の筋肉のトレーニングになっていても良いからです。

 ちなみに野球のイチロー選手は円投を数時間練習してもどこも筋肉痛にならないようです。全身を使い体に負担がないような動きをしているとのことです。彼自身は「初動負荷理論」という日本発祥のトレーニング理論を使い、けがのしにくい体を作っていることは有名です。
ご参考までに。

筋肉が多ければ飛距離は伸びますが、体をしっかり使えているかの判断基準としては「どこも筋肉痛でないのが理想」です。

 近年研究が盛んな「コア・インナーマッスル」等の理論では、動力源は腸腰筋等の体の中心・内側であり、表面の筋肉はその伝導体という考えです。そのために末端の筋肉は自分でエネルギーを発生しない方がよいとされています。むしろ末端部分からエネルギーが発生すると中心部分からのそれと衝突しボールに伝わるエネルギーが減少し効率が落ちます。

 結論として「体の内側のおなか周りの...続きを読む

Q正しいスイングで練習し過ぎたらどこが痛くなる?

こんにちは。。
この手の質問で、
「俺は正しいスイングだから、どこも痛くない。」
「痛くなるのは、あなたが振り過ぎ。」
どいう意見があります。

本当でしょうか??
400gの鉄の棒でゴルフボールを一日何百球、プロだと3000球打つと聞いた事あります。
3000球まではいかないにしても、本当にどこも痛くならないのでしょうか?
腹筋と背中、肩甲骨、肩、首、太ももの筋肉(間接ではありません)が痛いのは、おかしいんでしょうか?

Aベストアンサー

400gの鉄の棒で振ったら、身体に衝撃がありますから、捻られる身体は、痛くなって当然と思います。
クラブを振っても、3000球も打ったら同様に傷めると思います。
特に、バックスイングから切返し時点で大きな衝撃がきます。その場所は
(1)右人差し指
(2)左右の背筋
(3)腰
インパクトからフィニシュに掛けては
(4)左グリップエンド付近
(5)左足首
(6)左足のひざ
以上の箇所に張りを感じたら、正しいスイングをしているとも言えると思います。

Qゴルフ後の筋肉痛

ゴルフをした翌日などに、筋肉痛になることがあると思います。
私の周囲では、筋肉痛になる場所が人によって違います。
どこが痛い(負担がかかってる)のは、単なる運動不足なだけで、フォームが悪い訳ではない、orここが痛い(力がはいってる)のはあまり良くない、などありましたら教えてください。
元々筋肉を鍛えてたなどの前提はなく、フツーのゴルフ初心者に対して、の回答をお願いします。

Aベストアンサー

フツーのゴルフ…の基準が難しいのですが...。
例えばレジャー感覚のゴルフですと...、
久々にラウンドし、カートに乗ったり降りたり、スイングしたりかがんだり…時には走ったり傾斜を上ったり下ったり…
少々の筋肉痛は仕方ないと思います。
ただ、左肘または左肘から手首の間の外側の筋肉又はスジが痛まれる場合はスイングとしては要注意だと思います。(右打ちの場合)
この場合は、体軸による回転ではなく左手で引っ張ることによって打ちにいっている傾向のときになりやすい現象です。
特に練習の後にこの痛みが出るときは練習方法を変えた方が無難です。
クラブを持たず両手を伸ばしてアドレスのカタチを作り、右手を下にして手の甲を合わせます。
これで背中の筋肉を使ってテークバックを行うと自然とトップの位置は背中が教えてくれますし、自然とフィニッシュも教えてくれますよ(^-^)
また胸と背中は1番軽く動かす部分なので首筋に強いハリが出るときも同様のチェックが必要です。

それ以外は、人それぞれがあるでしょうから自分の場合を書きますね。
ちょっと入念な練習後に痛みとして感じる部分は...
左足首…踏ん張りとして良と考えています。
右足太ももの裏側…パワーのタメとして良と考えています。
また、腰はどうしても少々の痛みが残りやすくなりますので、練習&ラウンドは必ず逆振りを励行しています。(かなり軽減します)

なにかご参考になれば幸いです(^-^)

フツーのゴルフ…の基準が難しいのですが...。
例えばレジャー感覚のゴルフですと...、
久々にラウンドし、カートに乗ったり降りたり、スイングしたりかがんだり…時には走ったり傾斜を上ったり下ったり…
少々の筋肉痛は仕方ないと思います。
ただ、左肘または左肘から手首の間の外側の筋肉又はスジが痛まれる場合はスイングとしては要注意だと思います。(右打ちの場合)
この場合は、体軸による回転ではなく左手で引っ張ることによって打ちにいっている傾向のときになりやすい現象です。
特に練習の後にこの...続きを読む

Q練習場とコースで違い過ぎ 改善方法は?

練習場ではアイアンもドライバーも上手く打てるのに、何故かコースに出ると
まともに打てません。
アイアンはドフックもしくはチーピン、ドライバーはフェースを外れたトゥ側
ギリギりに当たって意味不明の右に飛んでOBと目茶目茶です。
コースのラウンド帰りに練習場で反省の為に練習すると、普通に打てています。
一体何が悪く、どう対策すれば良いのか教えて下さい。

ちなみに、元がダフッっているけど、練習場のマットだと滑るので上手く
打てているだけなのかな?とも思いましたが、それは違うようです。
自分でもコースのティーグラウンドで構えた瞬間に何かが大きく違っている事は
何となく分かるのですが、何が違っているのかが分からず悩んでいます。

同じような悩みを過去に体験された方、アドバイスをお願いします。

ちなみにゴルフ歴は20年程で、ずっと止めてましたが最近またやり出し
ました。
以前の平均スコアは97程度でした。

Aベストアンサー

あは。勘違いです。
練習場でいい球が出る?
はい、ほとんどはね。

私も腕に覚えがるので(オフィシャルで2です)上から目線で大変恐縮ですが
解説させていただきます。

じゃあ、思い出してください。
練習場に到着しました、靴はいて上着を脱いでまずは柔軟体操。体温まってから
サンドウェッジを持ったりクラブ2本持ったりして軽くスイング5~6回。

さー球打つぞ。
普通はここからアプローチですが
ここで、いきなりドライバーを持って230ヤード先の旗、あるいは柱を狙ってみましょう。
そこに球が行きますか?
まず行きませんよ。アベレージゴルファー(90~100)の人10人いて
一発目であの柱!といって左右10ヤード以内に納められる人は
2人しかいません。
そのうち一人は偶然です。これはデータとして出ています。

そして練習ラスト一球になった時、これで最後!の球をよく思い出してください。
確実にうまく打ってますか?
たいてい悔いの残る一球になっていませんか。

ほら、一球しかないというプレッシャーがあるでしょ?

これらのショットをコースでは要求されます。
なので勘違い、と申し上げました。

打っているうちに調子がよくなりいい球が数発続いたりします。
その数発のイメージが残っており、練習場では調子いいのに・・・ってことになります。
まして、球はいくらでもある。これを失敗したらなんて思わない。
プレッシャーなんてまったくかからない。
なのでいい球が続けざまに打てる時があります。

でも、それもよく思い出してください。
7番アイアンの練習で30発打って25発は思い通りの球が出ますよね?
でも5発は結構ダフったりトップしたり、大きく曲げたりするでしょ?
それですよ、それがコースでは出ちゃうんです。一球しかないというプレッシャーでね。

これが練習場ではうまくいくのに・・・。という勘違いなのです。

さらに!
コースではライや傾斜が毎ショット確実に違います。
ティーショットでさえ厳密に言えば、足場とボールの高さが1~2cm変わります。
また傾斜も微妙についていますし、景色も違います。
たとえば打ち上げホール、ティーグラウンドは微妙に左上がりになってます。
当然ですよね、フェアウェイからこっちに向かって下っているのに
ティーグランドを左下がりにしたら水はティーグランドとフェアウェイの間にたまってしまいます。
なので普通は傾斜をそろえてあります。しかし、見た目には平らに見えます。

そこで構えて、打ち上げ、素人はどう考えると思います?
球をあげなくちゃ!でしょ?
そしてついつい下からかちあげるように打っちゃう。
ほら、どフック!
下から煽るように打てばそりゃフックしますよ。
そんなのまだいいほうです。

これやるのはだいたい90~100の人です。
それ以上の人はそれさえ頭にありませんからいつもと同じ(そもそもまっすぐ行かない)
に振ってチョロって打ち上げなのでその辺しか行きません。

では打ち下ろし、
景色がよく、落としどころ、つまりフェアウェイを覗いちゃいますから
左肩がいつもより下がります。
ほぼ正面に見える雲や鉄塔の頭、山の目印になるところ、つまり目線の高さを
狙って打つ人なんかほとんど見たことありません。
たいてい眼下に見えるフェアウェイを見ちゃってます。
そんな構えから普通に打てばそりゃスライスしますよ。
早く落ちろ!!!なんていってるのはだいたいそういう人です。

ティーショットですら条件がコロコロ変わるのですから
月に2度くらいコースに出てても対応できません。
ましてや、セカンドショット、アプローチなど
万度傾斜があり、平らに見えても足元とボールの位地は1~2cmは練習場と違っちゃいます。

なので、練習場ではシングルクラスのショットしていても
コースでは100打っちゃうんですね。
ドライバーは曲げるわ、ショットはまっすぐ飛ぶものの飛び出し方向があっちこっちで
グリーンに乗らない。そりゃ足場が練習場と違うんですからその辺考えないと!

結論をまとめるとこうなります。
練習場での一発目と最後の球のナイスショットは滅多に出ない。
この最初と最後の球がコースでの一球と同じだから
練習場でいい球が出るのには勘違い!

練習場では多少ダフってもナイロンのマット上をヘッドが滑ってくれて
ダフッたのを気がつかない。
練習場は真っ平ら、しかしコースでは微妙に傾斜があり微妙に構えが違ってしまうし
練習場と同じ振り方しても当たらない。

景色が違い、打ち上げ打ち下ろし、左がOB、手前が池などでプレッシャーもあり
構えも練習場とは大きく違っている。

これが原因です。
これを克服するのはやはりコースに頻繁に出ていないと身につきませんし、
また練習場との当たりのよさの違いを理解できません。

練習場はあくまで基本的スイングの練習と割り切っていい球でたからといって
一喜一憂しないことです。
基本的スイングの練習ですから
平らのところから打って大きく曲がるようならその曲がりを少なくする練習をしましょう。


さて、
練習場でも何球か失敗しますよね?
その失敗があなたの実力、と思いましょう。

いい球なんて100打つ人だって練習場なら打てます。
失敗の大きさが100打つ人とシングルとは違うんです。

7番アイアンで片手シングルなら30球ほど立て続けにナイスショットが出ます。
しかし最低一発はグリーンを外れるくらいのミスショットは出ます。
でも!外れても5ヤードで収まってます。

100打つ人はうまく打っても10球で3発失敗します。
そのうち1球はとんでもない失敗しています。
グリーンはあっちだぜ?どこ打ってんの?
というショットしちゃうでしょ?あれが実力差なんですよ。

なので、失敗ショットが自分の実力、と思ったほうがいいです。
練習ではその失敗の数を減らし、失敗の大きさを狭めていくことに専念すべきなんです。
いい球を打つことなんか目指したってスコアなんぞいくらもかわりゃしません。

ミスショットをしてもいいからそのミスの大きさを小さくすることに
神経を使うべきなんです。


それから、
練習場で10球打って9球うまく打つ人と
8球うまく打つ人ではどのくらいの実力差があるかご存知ですか?
実は倍ほど違うんです。

9球の人が80台でまわる人だとすると
8球の人は100近い人です。
(片手シングルなら30球打って1球失敗くらいです。)

同じようなもんだ、と思うでしょ?
でも全然違うんです。
片方が失敗が1球、もう片方は2球
ね、倍違うでしょ?ゴルフはミスショットを減らすゲームです。
ナイスショットの数がスコアに出るのではありません。
失敗の少なさとその大きさがスコアに出ます。

あは。勘違いです。
練習場でいい球が出る?
はい、ほとんどはね。

私も腕に覚えがるので(オフィシャルで2です)上から目線で大変恐縮ですが
解説させていただきます。

じゃあ、思い出してください。
練習場に到着しました、靴はいて上着を脱いでまずは柔軟体操。体温まってから
サンドウェッジを持ったりクラブ2本持ったりして軽くスイング5~6回。

さー球打つぞ。
普通はここからアプローチですが
ここで、いきなりドライバーを持って230ヤード先の旗、あるいは柱を狙ってみましょう。
そこに球が行...続きを読む

Q左足つま先が動かないようにするには

私は体が硬いです。

特に長いクラブになるほど現れる症状なのですが
フォロースルーの際にクラブを振り切ると
どうしても左足つま先が前方に動いてしまいます。
アドレスでは少しだけ外側に開いていますが、
それが完全に開いてつま先が打ち出し方向に向いてしまいます。

真上から見た靴の角度を分かりやすく図で表すと
←打ち出し方向

・アドレス
ヽ ノ

・現在のフィニッシュ
ー ー

・理想のフィニッシュ
ヽ ー

このように左足つま先の位置をなるべくキープしたいのです。

柔軟はしているのですがなかなか直りません。
自分で考えたことは
(1)フォロースルーで左足つま先に体重をのせるイメージでふる
(2)はじめから左足つま先をかなり開く

なのですが間違っていればご指摘ください。
また他に何かいい方法はないでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

>(1)フォロースルーで左足つま先に体重をのせるイメージで振る
というのは、ますます苦しくなると思います。

まず、左足先の向きが変わらない理想のフィニッシュを静止状態で
作れるか試して下さい。(クラブは持ちますが、振らずに)
もし、作れるなら、原因は体の硬さよりも、スイングによると
思われます。

一番ポピュラーな原因としては、ダウンスイングにおける、
腰の目標方向への動き過ぎです。腰が目標方向に動き過ぎると、
人間の体の構造上、耐え切れず、フィニッシュの時点で
左足つま先が開きます。

おそらく質問者様は体重移動=体の移動と誤解されてるのでは
ないでしょうか。体重移動は体の回転に伴うものであって、
体幹の移動では無いと言うことです。

ダウンスイングで絶対に腰を目標方向に突き出さない、「その場で
ふんばって回る」という意識でスイングすれば、左足つま先は
フィニッシュで開かないと思います。
(矯正中は右足体重でインパクトを迎える位の意識です。)

最初の仮定の静止状態でフィニッシュを作るというのが
無理であれば、ストレッチ等、別のアプローチでの策が
必要ですが。。

頑張って下さい。

こんにちは。

>(1)フォロースルーで左足つま先に体重をのせるイメージで振る
というのは、ますます苦しくなると思います。

まず、左足先の向きが変わらない理想のフィニッシュを静止状態で
作れるか試して下さい。(クラブは持ちますが、振らずに)
もし、作れるなら、原因は体の硬さよりも、スイングによると
思われます。

一番ポピュラーな原因としては、ダウンスイングにおける、
腰の目標方向への動き過ぎです。腰が目標方向に動き過ぎると、
人間の体の構造上、耐え切れず、フィニッシュの時...続きを読む

Qゴルフでお尻が筋肉痛!?

昨日ゴルフに行ったのですが、今朝起きたらお尻(左半分)が筋肉痛です。
ゴルフが原因としか思えないのですが、ゴルフをプレーする中でどんな動きが原因になるでしょうか。
それ以外でも、ここが筋肉痛になるのはまずい、というようなアドバイスをいただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

>左足に体重が乗ること自体は悪いことではない.
言葉少なくすみません。基本的にそれはよいことだと
思います。
野球のピッチャーのお尻なんかとても大きい人が多いです
ソフトボールやってた岡本綾子(古いか)もそうです
また、からだの割に太ももが大きい人は飛距離も伸びる
素質があると思います。

Q7Iで150ヤード飛ばしたい。(努力は惜しみません!)

こんにちは。(時間的には「こんばんは」ですが・・)
ドライバーのヘッドスピード41-44で、6Iのヘッドスピードは32-34です。

33歳の男です。「ドライバーで250ヤード飛ばしたい!」などと贅沢言いません。

とにかく7Iで150ヤード普通に飛ばしたいです。
現状肩の力を抜いて、すばやく「スパー!」っと振って芯に当たっても120ヤードしか飛びません。(やはり当たってないのかな?)

「本当にこのクラブで150ヤードも飛ぶの?」といつも思います。

小学校、大学は野球やっていました。中学、高校はバスケットやっていましたので、スポーツは得意なはずです。
ゴルフもいろんな人から「スイングキレイだね。」と言われるのですが、、、とにかく全く飛びません。

ゴルフも江連氏の影響で野球のバットでゴルフスイングの素振りを週3回は行っています。体重移動もしっかり行っているつもりです。

ちなみに10球打って、芯に当たるのは2球程度です。全体的にヒール寄りに当たります。最近シャンクするようになりました。だんだんおかしくなって来ました。

全然上達しないのでかなり精神的にも凹んでいます。どういう練習をすればいいかだけ教えていただけますでしょうか。

真剣にゴルフうまくなりたいので、努力は惜しみません!
どなたかアドバイス下さい。

こんにちは。(時間的には「こんばんは」ですが・・)
ドライバーのヘッドスピード41-44で、6Iのヘッドスピードは32-34です。

33歳の男です。「ドライバーで250ヤード飛ばしたい!」などと贅沢言いません。

とにかく7Iで150ヤード普通に飛ばしたいです。
現状肩の力を抜いて、すばやく「スパー!」っと振って芯に当たっても120ヤードしか飛びません。(やはり当たってないのかな?)

「本当にこのクラブで150ヤードも飛ぶの?」といつも思います。

小学校、大学は野球やっていました。中学、高校はバス...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは、質問者様と同じ位のHSの者です。
私の場合は、たまたま質問者様と同じロフト(35度)のアイアンで150ヤード位キャリーで飛んでいます。
それを考えると、120ヤードは明らかに飛んでいませんね。
これまでの回答等を読んで思ったのですが、上手くスイートエリアで捕らえていないのも有るかと思いますが、
一番の原因は、恐らく、効率の良いスイングが出来ていないからであろうと思います。
昔の私が、飛ばない飛ばないと悩んでいた時と同じように、バックスイング→インパクトまでをいかに早く振るか!
機械の表示HSを上げるか!だけを考えてスイングしていませんか?
確かにHSが早いと球は飛びますが、それだけでは力強い球、遠くに飛ぶ球にはなりません。
大事なのはバックスイング→インパクトではなく、むしろ、インパクト→フォロースルーなんです。
いかにインパクト→フォロースルー間でのHSを加速させるか?それが出来て初めてビッグキャリーが出るのです。
その辺の力自慢の曲がる飛ばし屋ではなく、本物のプロ級の飛ばし屋がいたら、ジックリとその人のスイングを観察してみて下さい。
彼らのスイングを比較して、音で例えてみると、
力自慢の飛ばし屋=ブーーーン!!!(最初から最後まで音がする)
本物の飛ばし屋=ブンッ!!!(一瞬だけ音がする)
というように、インパクト後の一瞬にヘッドを加速させているのが分かります。
私はこれまでにタイガーウッズや不動、アニカソレンスタム等のプロのスイングを間近で見ましたが、皆インパクト後に加速させて飛ばしていました。
(男子よりも非力な女子の方が分かりやすいかな?)
素人が見てると、あまり全力でクラブを振ってないように見えるのですが、球は凄まじい勢いで飛んでました。

失礼ながら、これだけ飛ばないのは、質問者様のスイング自体が間違えていると思われます。
しかし、言い方を変えれば、正しいスイングを身に付ければ、飛躍的に距離も伸び、精度も上がるって事です。

私の提案としては、我流には限界が有るので、お近くの練習場でレッスンに通われる事をお勧めします。
上手い人に聞くのが一番の近道です。残念ながら友人達から聞くアドバイスやレッスンは的外れな事ばかりです。
それに私もそうですが、友人の言う事はあまり素直に聞く気になれなくても、上手い人の事なら聞く気になりますからね(;^_^A
実は私も、レッスンに通っており、インパクト→フォロースルーで体を使ってHSを上げる事を教えてもらって上手くなったのです。
本を読んで知識は上がっても、上手くはならないです、教えてもらうのが一番です。

余談ですが、レッスンプロが皆、真剣に教えてくれる人ばかりとは限りません。
中には小遣い稼ぎ程度の認識で、どこかのレッスン本に書いて有る事しか教えてくれない酷いレッスンプロもいるので、
友人や知人に各練習場のレッスンプロの評判を聞いて情報を集めてからどこに通うのかを決める事をお勧めします。
また、誰にも知られたくない場合は、良い先生に当たる事を願って、運に任せてレッスンを受けてみて、ダメだと思ったら別の練習場に変わるのも有りだと思います。
ちなみに私は今の先生に出会うまでに、2回練習場を変わりました。他の先生も悪くはなかったのですが、先生の教え方(イメージの仕方とか)と自分の感覚が
合わなかったのが変わった理由です。やはり、合う合わないってのも有りますからね(;^_^A

教えて貰った事を真面目にコツコツと集中して忍耐強くやれば絶対に結果は出ます。
貴方のようにスポーツをやっていた方でしたら、何かを掴んだら一気に上達する事でしょう。
ちなみに、私の知り合いの30代の女性(当時のスコア130前後)は1年レッスンに通って、コンペでグロス77を叩き出して優勝してました。
しかもハンディ25(上手くなってるのは誰も知らなかった)だったので、ブッチギリの優勝です!( ̄□ ̄;)!! (ガーン)
その女性は真面目にメモを取って、教えられた事を素直に聞いて練習し、レッスンが終わった後も、今日習った事を反復練習していたそうです。
真剣に取り組めば、結果は付いて来る良い例ですね。

以上、少しでも参考になれば幸いです。
また、もしレッスンを受けるのであれば、このまま質問を締め切らずに、距離がどうなったかの結果を報告して頂けると嬉しいです。

こんにちは、質問者様と同じ位のHSの者です。
私の場合は、たまたま質問者様と同じロフト(35度)のアイアンで150ヤード位キャリーで飛んでいます。
それを考えると、120ヤードは明らかに飛んでいませんね。
これまでの回答等を読んで思ったのですが、上手くスイートエリアで捕らえていないのも有るかと思いますが、
一番の原因は、恐らく、効率の良いスイングが出来ていないからであろうと思います。
昔の私が、飛ばない飛ばないと悩んでいた時と同じように、バックスイング→インパクトまでをいか...続きを読む

Q18度のユーティリティの難易度

H/S:46、Best:92、得意クラブ:8I、
丸ちゃんみたいな抑えたスイング(フェード~ストレート)をします。

現在、下記のセッティングをもくろんでいます。 ※番手(ロフト角)
1W(10.5) - 3W(15) - UT(18or21) - UT(24) - 5I(26) ※5Iで175Y前後

以前は、下記のセッティングでした。
1W(10.5) - 3W(15) - 5W(18) - 7W(21) - 4I(23) - 5I(26)

4Iのミート率が低く ※5Iもミート率はよくないです
長いパー4とか、ロングで4I以降のクラブ選びに迷っていました。

そこで、4Iの代わりにUT(24)を入れたところ、175Y~195Y ※叩いて195Y
飛びました。3Wで220Y~240Y ※叩いて240Y
欲しい距離は、この間の距離で、195Y~220Yです。

そこで、試算してみました。
UT(21) ⇒ 185Y~205Y
UT(18) ⇒ 195Y~215Y
なので、候補はUT(18)なのですが、
その前にUT(21)、UT(18)の2本を入れると何の問題も無いのですが、
PW以降、4本ウェッジを入れたいので、今はどちらかの購入を考えています。

問題は、UT(18) ⇒ 195Y~215Y の信ぴょう性です。
検討中以外のメーカのUT(19)を所持していますが、
これが高さがマチマチです。UT(24)だと、練習で高さが変わらないです。
腕の問題ですが、ロフト角が立っていることが、
上げようという意識にさせるのか、無意識にアッパーになっているのか、
でも、そんな精神的なことを含めて僕のゴルフなので、
UT(18)よりもUT(21)のほうが、
確実に自分が想定する距離を出す確率も上がるような気がするのですが、
いかがでしょうか?
よくオークションの出品で、スペックからアマチュアが使っていたと思われる
ユーティリティーを2本出品しているケースがあり、
U1,U2,U3,U4のラインナップがあるなら、U4,U2の2本組みとか、
ハードスペックなら、U1,U2の2本組みとか、
これは、ハードスペック=必ずしも上級者じゃないですけど、
U1,U2ようなロフトが立っているクラブの距離を打ち分けれるのは上級者
なのかなと思い、僕は初中級者の分類なので、U4,U3よりは、
U4,U2の組み合わせのほうがいいのかな?ただU2(18)がどれくらいの難易度
なのか?18度ということは昔でいう2Iぐらいのロフト角なので。。。
いかがでしょうか?アドバイスお願いします。

H/S:46、Best:92、得意クラブ:8I、
丸ちゃんみたいな抑えたスイング(フェード~ストレート)をします。

現在、下記のセッティングをもくろんでいます。 ※番手(ロフト角)
1W(10.5) - 3W(15) - UT(18or21) - UT(24) - 5I(26) ※5Iで175Y前後

以前は、下記のセッティングでした。
1W(10.5) - 3W(15) - 5W(18) - 7W(21) - 4I(23) - 5I(26)

4Iのミート率が低く ※5Iもミート率はよくないです
長いパー4とか、ロングで4I以降のクラブ選びに迷っていました。

そこで、4Iの代わりにUT(24)を入れたとこ...続きを読む

Aベストアンサー

>UT(18)よりもUT(21)のほうが、
確実に自分が想定する距離を出す確率も上がるような気がするのですが、

これが答えじゃないですか?
クラブ選びはいかに想定した距離が打てるかが最重要事項だとおもいます。
UT21を入れたときの問題は3wとの距離の差をどう埋めるかでしょう。3wを抜いて5Wを入れるなどの選択肢もあるかと思います。
ウェッジ4本いれはスコアメークには非常に有利ですので悩ましいですね。

私もウェッジ4本なので参考までに
1w、3w、5w、7w、UT23、6I・・・・
ノーマルショットでUT23と6Iのあいだ25Yありここは苦労しますね。
コースや気象条件によって5Iをいれて別のどれかを抜くこともあります。

Qプロのドライバーは逆しなりさせて打つんでしょうか?

トッププロのドライバーのコマ送り分解写真を雑誌などでみますと、一流プロのスイングは
ヘッドがボールへあたる寸前にヘッドがシャフトの延長線よりもややボールの方にしなり戻っているようにみえるのがよくあります。
ムチを振るときにはムチの先端がしなって先端速度を最高にするために、ムチの先端が目的の場所に当たる寸前に手元をとめますが、ゴルフのプロもヘッドスピードをあげるために意識的にあのようにふっているんでしょうか?それともプロはヘッドスピードを上げようとすると自然にあのようになるんでしょうか?
ゴルフの指導書を見ると、ヘッドスピードはボールを打ったあとが一番早くなる気持ちで振るようにかいてありますが、プロとアマでは振り方の基本が違うんでしょうか?以前から疑問に思っています。お教えください。

Aベストアンサー

NO2ですが、NO3さんの回答に誤解を招くような誤った記述が多くありますので、指摘させていただきます。
(1)
「しなりを最大限活用できるのは
回答の「2」にも述べられていますが
ヘッドとシャフトがインパクトで一直線になる位置と言われます
(しなった状態では、力学的にも力が分散されます)」
これは事実と違います。私は多くのプロのインパクト時点の写真を持っていますが、ドライバーのインパクトではシャフトが撓った状態と逆撓りの状態との2種類のプロがいます。決して一直線だけがよいのではありません。私の回答を曲解されているようです。重要な事は上級者ほど加速状態でインパクトしているということを述べていますので、決して一直線がよいと言っているのではありません。それから「しなった状態では、力学的にも力が分散されます」という物理的に意味不明な回答も修正させていただきます。力学的にどのような力がどのように分散されるのでしょうか?物理式で説明してください。出来ないはずです。
(2)
「ヘッドスピードが一番上がる時点をインパクトとするのが理想です」
これも違います。増田哲人プロの書いた「簡単に飛ばせる8つの方法(GOLFTODAY紙別冊増刊)」には、プロや上級者はインパクト以降にヘッドスピードがマックスになるようなスイングをしていると記述されています。実際にはインパクトの衝撃で減速してしまいますが、素振りではインパクト以降が数十センチにマックスがきます。これに限らず多くの書物に書いてありますが。
(3)
「縦のしなりを構造的に小さくなるように工夫されているそうです」
もしそうだとしても横の撓りも同様に押さえられているはずです。縦横の撓り方が違うシャフトはルール上許されていないそうです。(ゴルフダイジェスト2002年11月号81P)

(3)はどういう意図か分かりませんが、少なくとも(1)と(2)は事実と違います。いろんな意見があっていいと思いますが明らかに誤った回答は問題です。多くの人が見ていますので、責任を持った書き込みをする必要があるのではないでしょうか?

NO2ですが、NO3さんの回答に誤解を招くような誤った記述が多くありますので、指摘させていただきます。
(1)
「しなりを最大限活用できるのは
回答の「2」にも述べられていますが
ヘッドとシャフトがインパクトで一直線になる位置と言われます
(しなった状態では、力学的にも力が分散されます)」
これは事実と違います。私は多くのプロのインパクト時点の写真を持っていますが、ドライバーのインパクトではシャフトが撓った状態と逆撓りの状態との2種類のプロがいます。決して一直線だけがよいのではありま...続きを読む


人気Q&Aランキング