出産前後の痔にはご注意!

私の父方の家系には精神病に掛かった人が非常に多くいます。祖父、伯母が精神分裂病、従兄弟がうつ病、叔母は自殺願望、そして私の姉も精神分裂病を発病しました。精神病と遺伝の関係を教えてください。
精神病は伝しないとの解説を読んだことがあるのですが、なんだか不安になります。
もし遺伝するなら私や父も予防が必要ですよね?
どのようなことに気を付ければいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

 


わたしは専門家でも何でもありませんので、こういう質問に回答してよいのかどうか分かりませんが、参考として聞いてください。

精神分裂症は、鬱病以上に複雑な精神の失調状態です。鬱病の遺伝性については、先に、別の回答で次のように書きました(参考URL):

>鬱病は、体質や気質と関係あることが知られていて、体質や気質は遺伝します。けれども、同じ体質や気質を受け継いだ兄弟姉妹のなかで、全員が病気になるということはなく、何かのきっかけで、ある人が発病することがあります。

>「鬱」の因子と「躁」の因子,その他、色々複雑な原因があって、鬱病になるようです。鬱病というのは、一つの病気というより、色々な病気や症状が重なっている状態だとも言えます。

精神分裂症の場合、遺伝的素因というのものも確かに幾らかあるようです。しかし、仮に遺伝的素因があっても、一つではないと考えられます。

人間の主体自我は、構築がたいへん難しく、バランスが難しいです。それは社会や文化や地域の人々や伝統や、家族との関係などで、構成されて行きます。自我がどのように自己構成するかは、社会の文化や、家族関係や幼少期の経験、成長経過などが大きく関係します。

脳の神経伝達回路(ドーパミン回路)が、何かの理由で、神経伝達に失調を来すとき、分裂症を発症する場合としない場合があります。この神経伝達回路の失調の可能性は、決定的ではありませんが、遺伝的に何か影響関係があります。しかし、この回路の失調は、何がバランスの取れた状態かよく分からないというような面もあります。

分裂症を発症した人の場合、この回路がかなりおかしくなっていることが多く、過剰な神経伝達を抑えるための薬物を投薬します(これが普通、精神分裂症に対し、医師が投薬する薬で、メイジャー・トランキライザー=強力精神安定薬と言います。ただしこれは症状がきつい場合で、弱い場合は、マイナー・トランキライザーを処方します)。しかし、こういう過剰な失調、伝達回路の狂いが,遺伝的に決まっているかというと、これはそうでないようです。

この神経回路の失調、伝達異常は、普通の人でも一時的には起こり、鬱病の人でも、神経症の人でも、躁病の人でも起こります。誰でも起こるのだと言えます(更に、メタンフェタミンやコカインなどの覚醒剤を使っていると、この回路が狂ってきて、強い擬似精神分裂症状になります。この場合は、覚醒剤の成分物質が、脳の回路を壊しているのです。覚醒剤を使うと、誰でもこういうことになります。ただし、覚醒剤中毒と分裂症の症状は、強い場合,似ていますが、「本質は、まったく別」です)。

遺伝的な要因としては、この回路の伝達異常が比較的、起こりやすいというのがあるようです。しかし、それだけではなく、人間関係に関する、交際のなめらかさを決めるような遺伝的要因が関係している可能性があります。この場合も、こういう遺伝的な失調は、誰でもあることです。

他にも遺伝的素因があるかも知れないですが、発症していないで、家族などに分裂症に罹患した人がいる場合、確かに、こういう遺伝的素因がある可能性が高いですが、それは普通の人より、少し敏感な程度だと思えます。

成長の途上で、家族や外部の人と、色々な人間的関係を持って、自我が構成されて行くのですが、この過程で、遺伝的素因が強く影響する場合があるということです。

仮に遺伝的素因など、まずないといえる人、家族や親族を何代にも渡って調べても、分裂症の人などいない普通の人でも、育ち方や,置かれた環境によって、発症することがあります。

普通の人でも、断眠4日とか3日とかすると、幻覚が出てきますし、おかしな妄想的な思考も出てきます。また、長期に仕事が忙しく不眠の上に、不合理で納得行かない仕事上の圧力を耐えていると、妄想が段段できてきて、神経症になり、分裂症にもなります。

どの程度かということと、もう一つ、精神的に失調しても、外から見ると判断がつかず、普通に見える場合、そういう神経症的分裂症的時期をやり過ごすと、発症に誰も気づかないし、本人も気づかないで、そのまま生活を続けて行くということになります。

遺伝的素因とは別に、成長の途中の自我構成の時期に、失調の「表現様式」の学習のようなものがあり、外から見て、この人はおかしい、というような失調を言動などで外に示す人は、日常生活で、おかしいということになることがあります。

遺伝的な影響も、確かにあるのですが、それよりも、もっと、生育環境や、自我の構成の仕方や、社会の文化や、属する集団の「正気」の考え方、それとどううまく付き合って距離を取るかの「技術」の問題、広い意味で人格のありようと、その人格が生活する場、家庭、社会、集団のありようが大きな問題になります。

一卵性双生児の場合、遺伝的素因は同じですが、その後の成長でも、両者を一緒に育てると、互いに心や行動の了解が容易であるので、自分と兄弟の自我の区別がはっきりしない形になることがあります。無論、大人になれば、互いに他者ですが、幼児期や子供の時に、同じような自我構成を作り出してしまうことが多いのです。

一卵性双生児を別々に育てたても、発症の相関があったように思いますが、逆にこのことは、遺伝的「決定」ではないという証拠にもなるのです。(分裂症は、「素因」が「生育過程での自我構成」に作用し、これにストレスなどが加わって発症するのです。「素因」は強弱の違いで、すべての人が自我を構成する限り、すべての人にあると考えられます)。

遺伝的素因は、二つや三つではなく、もっとたくさんあると思えます。しかし、この「素因」というのは、精神分裂症になる遺伝的「決定因子」ではなく、普通の人より、失調に陥り易く、それから抜け出しにくいとか、それを外部に表現し易いとか、外部環境の圧力に対抗しずらい自我とか、対人的に臆病になりやすいような要因ということです。

精神分裂症は、極端には、すべての人が、軽い状態で短い期間なら、みな、そういう状態になると考えるのが妥当だと思います。

遺伝的素因は、間接的には確かにあるが、それはかなりに影響するに低く、主に、人格形成に関係し、19世紀の西欧の場合はともかく、現代の日本の社会では、精神分裂症を発症する人は、発症前の生活や言動に、発症後のありようと連続した特徴があるということになります。

普通の人が、ある日、突然におかしくなるのではないと言えます。元々自我は、WIN・OSではありませんが、おかしいことがたくさんあり、おかしいままに、自分自身と他者と、社会と集団とのあいだで,何とかバランスを取って日々生きているのが人間です。

お姉さんが発症されたとのことですが、年齢が分かりませんので、また、わたしは専門家でも何でもありませんので、間違っているかも知れませんが、お姉さんの発症前の状態、他人との関係や、自分についてどう思っていたか、何か変なところはなかったか考えてみられることです。多分、そういう性格特徴の延長上に発症症状があると思います。

何とかバランスを保っていたのが、維持できなくなるのが発症で、突然おかしくなるのではないのです。

あなた自身については、自分の性格や人生について、これはこれで「わたし」なのだと思うことです。色々悩みやその他のことがあっても、別におかしくない、「わたしはわたし」だと思うことです。他人と違うというのは、自我はみなそうなので、仮にかなり違うとか言われても、そういうわたし、なのだということで、「どう違うかをよく知った上」で、そういう自分だと自己肯定することです。

ある程度「ユーモア」を持って、自分を客観的に、距離を置いて眺めてみることを心がけることです。ユーモアを持ってというのは、自分の欠点や心の悩みを、まあ、人生はこういうもの、と「心の余裕」を失わないことです。

他人との関係で、悩むことがあれば、「他人は他人、わたしはわたし」で、冷静になり、どうも悩みがきつい場合は、気晴らしなどをして、拘らないようにすることです。別に、分裂症の予防とかではなく、精神のバランスを保って、ストレスをうまく乗り越えるには、going my way の心で、余裕とユーモアで、ものごとを、自分自身を眺めるということです。

また、精神分裂症をあまり気になさらないことです。仮にそうなったところで、大したことではないのです。重症の場合は困りますが、それは現代では珍しいですし、重症でも、時間をかけて治療すれば、ほとんどの人は軽い状態になります

あなたのお父さんですが、これまで何も目だった問題がないのなら、大丈夫です。妄想症の発症の可能性はありますが、歳を取ると、大体、妄想をみな持つようになります。不安神経症などの神経症と一緒になった場合は、困りますが、これまで、色々な苦労があっても、社会生活を営んでこられたのなら、気になさることはありません。

「なったときは、なったとき」とは無責任ですが、これが、ものごとを、冷静に客観的にユーモアを持って眺める、受け取るということです。「くよくよしないのが長生きの秘訣」というのもありますが、同じようなことが言えます。
 
>No.332425 質問:うつ病に処方される薬の役割
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=332425
 
    • good
    • 21

 精神疾患は,基本的には遺伝的因子と環境的因子の両者が作用して発症するといわれています。

精神疾患は,「脳の病気」と呼べるもので,脳内に何らかのバランスを崩した状態が発生しているわけです。そのバランスを崩す要因が,遺伝子から来る場合と環境から来る場合があるわけです。

 臨床的には,遺伝的因子を持っている人が一定の環境状態を満たせば発症すると考えたほうが良いようです。つまり,その疾患になりやすい遺伝子を持っていても,該当するような環境になければ発症しないということです。実際には,悲惨な環境に身を置かない,ストレスを感じるような考え方をしない,そういったことが現実的な対応策になるでしょう。
    • good
    • 1

専門家紹介

専門家プロファイル_国府谷明彦

職業:心理カウンセラー

【うつや不安・ストレスには,薬に頼らない治療法もあります】認知行動療法を中心として実績重視で,東京青山・仙台で活動を続けてきました。30年弱の活動歴を生かし仙台から被災地支援面接も実施中。うつや不安,薬の副作用に悩む方も,ご相談下さい。

詳しくはこちら

専門家

躁鬱病者です。



精神疾患の場合は、まず、「遺伝病ではない」ことをはっきり認識してください。
原因の一つは、「遺伝的体質」、それから「ストレス」が2大要素だと言われています。
加えて、統合失調症(旧称精神分裂病)や躁鬱病は、脳内物質の異常が指摘されています。
「遺伝的体質」とは、例えば、糖尿病のように、
家系的に病気の人がいると「なるかも」というもの。
あくまで「体質」なのです。

予防と言っては何ですが、私の「感情障害(躁鬱病、うつ病など)」では、
病前性格というものが重視されます。つまりは、病気になる前の性格です。
なりやすいのは、循環性格、メランコリー親和型などの、
責任感が強く、きちょうめん、
または陽気、大らか、人の面倒をよく見るなどの性格です。
社会的にはいいのですが、本人には負担になっていることが多く、ストレスの原因になります。
統合失調症については、病前性格はよくわからないのですが・・・。

ともかく、精神疾患は「遺伝病」ではありません。
体質は遺伝しますが、それも100%ではありません。
予防法も特にありません(感情障害の家系で、病前性格に心当たりがあれば、
少し控え気味にした方がいいと思いますが)。

こういうことを言うのは何ですが、精神疾患の人が多い家系では、優秀な人も多く出ています。
ゲーテやベートーヴェンなどがそうです。
いたずらに心配なさらず、お姉さまを大事にしてあげて下さい。
統合失調症も、今はよい薬ができています。
    • good
    • 22

こんんちは。


こんな話するの嫌なのですが僕の父は精神科に通院しています。
でも僕はしっかりがんばって仕事しています。
ぜんぜん普通ですよ。
遺伝なんかするのかな?
本人次第ではないでしょうか?
遺伝なんかしたらたまんないですよね!!
あまりくよくよしたりしないほうが良いですよね。
では。
    • good
    • 14

世間一般のことは判りませんが、自分の親戚などと見渡して~ 遺伝するな、、って思ったことが有ります。



精神病が遺伝するというより、神経が細いとか、敏感であるとか~ 脳の一部の成長が標準よりXX(判らない!)になりやすい遺伝子がある、とかそういう部分だと思います。発症するかどうかは生活態度や、性格の違いだと思います。

ただ・・・自分と病気・体質(体型も)・精神状態も良く似た、親戚のおばさんがいるので、遺伝的な要素ってあると思ってます。
    • good
    • 18

精神病の遺伝は有り得ない事ではないそうです。

しかし、それは病気自体が遺伝するのではなく、要因、性格的な物であって、またそれよりも家庭・生活環境などが発病に大きな影響を及ぼすそうです。

発病する、しないは何らかの引き金があってという例が多く(今まで発病要因を溜め込んでいても何気なくやり過ごしていた中、大きなショックがあったとか)要因を持っていても発病する、しないは人それぞれであると言えます。

故に、予防法も「ストレスを溜め込まない」(適度なストレスは却って良いそうです)程度しかないかと思われます。お姉様の事は、大変ご心配かと心中お察し致しますが、それで不安になり過ぎても良くありません。まずは、ご家族の方や良いお医者様とご一緒に少しでも良い道が開ける様、考えてゆくべきかと思います。
    • good
    • 7

たとえば、色覚異常の遺伝を例に取れば、両親ともに色盲であれば、その子どもは必ず色盲ですが、男親が正常で女親が保因者なら子どもの半分ぐらいは色盲になります。



このように遺伝で決まるものは、確率に任せるよりほかなく、遺伝を予防することはできません。

しかし、ノーベル賞学者の湯川秀樹の実姉の方も統合失調症(精神分裂病)だったと言われています。そういう意味では、優秀な人も多いのです。(映画「ビューティフル・ライフ」で一般に知られることになったナッシュなどをはじめ多くの方がいます)

参考URL:http://movie.lycos.co.jp/feature/beautifulmind/i …
    • good
    • 8

現在のところ、精神病について、「遺伝はしない」とされています。


>精神病は伝しないとの解説を読んだことがあるのですが、
このことは、現時点では正しいといえます。(これから医療技術・診断技術が発達してくれば違ってくるかもしれませんが・・・。)

現在のところ、精神病にかかるというのは、遺伝子的な問題ではないとされています。つまり、その人たちが生活した環境に一因があるのではないか、と考えられています。

>もし遺伝するなら私や父も予防が必要ですよね?
万が一、遺伝するとしても予防する方法って、無いんじゃないですか?
と言うよりも、こういうことを「怖がっている」「おそれている」と言った不安状況にいるあなたの心理的状況が危険だと思います。
と言うのも、精神病というものは、精神的不安状態に置かれることによってなりやすいと考えられているからです。(人によって、長い短いの差がありますが・・・)
もっと楽天的に、または、私は絶対そんな風にならない、と意識を強く持って、明るく生活なされることが一番ではないかと思います。(そのことが予防になると思いますが)
あまり物事を突き詰めて深く考たり、失敗したことについていつまでもくよくよと悩んだりしないことが一番だと思いますよ。(とはいえ、深く考えなければならない事柄もあると思いますけど。たとえば結婚の相手を決めると時とかね。)

参考になさってみてください。
    • good
    • 14

遺伝するのは精神疾患そのものではなく、


罹患しやすい気質(生まれ持った性格)と体質(ホルモン分泌など)です。
精神疾患に罹患した親が作る家庭は、人格形成期の子供に独特な心理的プレッシャーとなる雰囲気を持つことがあるそうです。

つまり、ただでさえ罹患しやすい体質と気質を持っている上に、そういった環境的要因によって、余計に罹患しやすくなっている、というのが現状であると思います。
    • good
    • 9

統合失調症(いわゆる精神分裂症)の場合、両親が健常者だった場合の発症率0.8%前後に比すると、両親のいずれかが患者だった場合の発症率は確かに若干高く、発症しやすい体質が遺伝すると言えるかもしれませんが、高いといっても半数が患者になるとかいうほどのものでもないようです(ただし一卵性双生児の一方が患者だった場合のもう一方の発症率は5割程度になります)



参考URL:http://bme.ahs.kitasato-u.ac.jp:8080/docs/qrs/ps …
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q婚約者の妹が、精神病でした。

現在2年付き合った彼と婚約中で、10月に結婚する予定です。彼には妹がおり、高校時代登校拒否をしていたり、28歳にもなるのにまだ大学生をしているなどの話は聞いておりました。

しかし、昨日彼から、「実は妹は精神病で幻聴や幻覚の症状があり、薬を服用して精神科に通院している。医者の話では一生薬を飲んでいかなければならないらしく、社会に出て働くことも難しい」と聞かされました。

式まであと半年をきったこの時期に、こんな話をするのは正直詐欺だと思いました。結婚を決める前に当然話しておくべきことだと思いましたし、向こうの親も私の両親に挨拶に来たときになぜ説明してくれなかったんだと、私はなんともいえないやるせない気分になりました。

向こうの親が亡くなったあとは、唯一の肉親である彼が妹の面倒を見なくてはならないでしょう。妹が社会に出られない場合は、経済的負担は私たちにのしかかるでしょう。

また私はまだ精神病についてあまり知識はありませんが、最近精神病患者が肉親相手に事件を起こしたというニュースが多く、その妹は大丈夫だろうかと、大きな不安があります。

なによりもその妹について、今の今まで黙っていた彼とその両親について大きな不信感が生まれてしまいました。ほんとうにこのまま結婚していいのかと。彼は、「僕の家族なんだから、あまり悪く考えないでくれ。君には迷惑はかからないようにするから」と言っています。でも結局結婚したら私にも彼と同様の負担はかかってくるでしょう。

彼との結婚については、突然のことだったので、とりあえず準備は全面ストップ状態です。私も考える時間が必要なのです。冷たい、という人もいるかもしれません。ですが、結婚は私の両親にもかかわる問題。慎重に、そして前向きに考えていきたいと思っています。

もし私と同じ立場の人、また精神病に詳しい方がいらっしゃれば、経験談や結婚した場合の経済的負担や今後のケア、精神病について等、意見をお聞きできればと思っています。

現在2年付き合った彼と婚約中で、10月に結婚する予定です。彼には妹がおり、高校時代登校拒否をしていたり、28歳にもなるのにまだ大学生をしているなどの話は聞いておりました。

しかし、昨日彼から、「実は妹は精神病で幻聴や幻覚の症状があり、薬を服用して精神科に通院している。医者の話では一生薬を飲んでいかなければならないらしく、社会に出て働くことも難しい」と聞かされました。

式まであと半年をきったこの時期に、こんな話をするのは正直詐欺だと思いました。結婚を決める前に当然話しておくべ...続きを読む

Aベストアンサー

話し合いをされて少し前進したようですね。
これからも話し合いの機会があると思いますので、
参考にしていただければと思い、私のまわりにいる統合失調症の患者
さんがご家族にいる方の事例をお伝えしたいと思います。

お伝えする理由は、質問者様がこれからどのような結論を
出されるにせよ、縁があって彼氏さんとそのご家族にめぐりあった
わけですから、その出会いをこれからの人生に生かしていただき、
少しでも統合失調症の患者さんを取り巻く環境について知って欲しいと
いう思いからです。
統合失調症の患者さんがいる家族に対する差別は根強いものがあり、
取り巻く環境も複雑です。
「この人なら差別をしない」と確信できる相手じゃないと、
たとえ親類であっても、家族内に患者がいることは告白できないと
患者さんを抱えたご家族から聞きました。
ですから、彼氏さんが告白しなかった、出来なかった理由は、
私達の想像を超えた葛藤があったからなのだと思います。

彼氏さんの妹さんが発症したのは1月とのこと。
現実を受け入れられない状況だった、いつかは治るだろうと思った、
確かにその気持は事実だと思います。
時期的に家族はまだ現実を受け入れられない時期だと思います。
質問者様に伝えなかったのも悪気はなく、隠すつもりでもなかったと
思います。

私の上司と元同僚、それぞれが統合失調症の家族を抱えています。
元同僚の場合は、奥様が統合失調症です。
60歳を目前にして突然発症しました。遺伝ではないそうです。
近所の方からの指摘で初めて奥様の様子がおかしいと気がついた
そうです。
それ以来、いい病院があると聞くと全国どこにでも飛んでいき、
治療の方法を探りました。
でも、奥様が自分の病気に引け目を感じるようになり、強く転居を
のぞむようになったそうです。
まわりが知らない人ばかりの所に行きたいと。
発症する前の自分を知らない人ばかりが住んでいる所に行きたいと。

やがて目を離すと自殺未遂を起こしたり、はたから見れば奇怪に見える
行動を取ったりするようになり、同僚の家族は、奥様から片時も目が
離せない状況になりました。
家族全員がパニック状態でした。
介護のため、退職したいと同僚が言い出しました。
仕事と介護の両立は無理だと。
でも、同僚はその時、定年まで残すところわずか2年でした。
当時の上司から、私にその同僚の仕事をサポートし仕事の負荷を
軽減させてやってもらいたいと頼まれました。
なんとか2年、同僚を乗り切らせてやって欲しいと。
その時、私は奥様の病名は知りませんでした。
上司にも伝えていなかったそうです。

私が同僚の仕事を手伝うようになり、数ヶ月たった頃、
初めて同僚が私に奥様の病名と闘病生活について話してくれました。
誰にでも言える病気ではない、と言ってました。
差別されるのがこんなにも辛いなんて思ってもみなかったと。
2年が過ぎ、同僚は定年を迎えました。
「あなたのおかげで定年を迎えることができた。介護との両立も
できた。本当にありがとう」と泣きながら頭を下げられました。
定年後は転居しようと思っていると言っていました。
…赤の他人である私には、それくらいしか出来ませんでした。

そして、私の上司の例になります。
質問者様の彼氏さんのご家庭に通じる所があるかもしれません。
私の上司が奥様と結婚する際、奥様のお母様から何度も念押しされた
そうです。
「この子の兄が統合失調症です。それでもいいんですか」と。
奥様の血統は遺伝的要素があったそうです。
将来、奥様あるいは、生まれてくるお子さんが発症するかもしれない、
それを危惧してお母様は上司に意志確認したようですが、
当時、上司には病気に対する知識はほとんどなく、
さほど深くも考えなかったそうです。
「気にしません」と答えるとお母様が泣いて喜ばれたそうです。

結婚当時、そんな会話をしたことなどすっかり忘れ、3人のお子様
が生まれ、何事もなくみんな元気に成長しました。
ところが、そのうちの一人のお子さんに高校入学後、統合失調症の
症状が現れ、それも学校から呼び出されて知ったそうです。
発症するまでは、成績もよく、優しく素直な自慢のお子さんでした。
何かの間違いではないかと、あらゆる病院を訪ねたといいます。
でも、症状は悪化するばかり、通学も困難になり、退学を余儀なく
されました。
上司と奥様は、そのお子さんを家の中に隠すようになったと言います。
ほかのお子さん達が、統合失調症を発症したお子さんを嫌うように
なり、「きょうだいだと思われたくない。出さないで」と言い出した
こと、発症前のお子さんを知っている友達、近所の人達に、発症した
お子さん自身が会いたくないと言い出したからだそうです。
そして、発症以来、上司とご家族は、お子さんの病気を知られたく
ないがために、親戚づきあいと近所づきあいを全て絶ったそうです。
それほど、地域内の差別がひどく、親戚も白い目で見るように
なったということなのだそうです。

そのうち、最初に書きました同僚と同様、奥様と発症したお子さんが
転居したいと言い出したそうです。
上司は県内外に二人が住むための家を探し、福祉サービスが充実した
都市に家を買い求め、奥様とお子さんだけを転居させました。
ほかのお子さん達が、統合失調症のお子さんを快く思わず、
縁も切りたいと言っていることから、上司は、自分達夫婦の死後も
そのお子さんがきょうだいに頼らず、一人でも暮らしていけるよう
色々な情報を集め、あらゆる福祉サービスを使って、
これなら一人でも生きていけるだろうという環境を今、必死になって
整えているところです。
ほかのお子さんはその後結婚されましたが、その伴侶には、
きょうだいが統合失調症であることを伝えておらず、
会わせたこともないと聞いています。
きょうだいの方は、統合失調症のきょうだいがいるということから
の引け目、上司がその伴侶に伝えない、会わせないことを容認して
いるのは、その伴侶が、病気のお子さんを傷つけるかもしれない、
夫婦仲に亀裂が生じるかもしれない、伴侶の身内からの差別、
それを見てまた自分達(上司夫婦)も傷つく、特に、そういう遺伝子
を受け継がせてしまったと自分を責めている奥様がさらに傷つく、
そんなことになるくらいなら、伝えないほうがいいと判断した
そうです。

確かに、それは卑怯なことかもしれませんが、
そうせざるえないくらい差別された悔しい過去があるそうです。
統合失調症だから、いつかきっと犯罪を起こすだろう、
危険だから近寄るな…そういう類の態度と言葉。
統合失調症を持つ家族でなければ、他人はその辛さを理解することは
到底出来ないと上司は言っています。
何を言われても、誤解されようとも、差別するような人には
身内が統合失調症であることを言う気はこれからも決してないと、
上司が言っていました。
私は、そんな上司の話をただ聞くしか出来ませんが、
「大変だね」というありきたりな相槌で返されるより、
ありのままの事実を話して聞いてもらえるだけで気持が軽くなる
と上司は言います。

以上の実例を読んで、質問者様がどう感じられるかは分りませんが、
統合失調症の家族を支えていくということは並大抵ではないと
お伝えしたいと思いました。
それと同時に、彼氏さんが、質問者様に事実を伝えたということを
評価してあげて欲しいと思いました。
それほど質問者様は彼氏さんにとって大切で信頼できる方だという
ことです。
たとえ告白したことによって、質問者様が去ることになったとしても、
それは決して冷たいことではないと思います。
乗り切れる自信がないままに結婚して、家族みんなが不幸な結果に
なったら、今別れることよりも悲しいことだと思うからです。

でも、この現実で質問者様が得ることがあります。
このめぐりあわせを大切にして、本人に何の落ち度もないのに、
統合失調症になってしまった患者さんとその家族の苦悩と、
いわれもない差別を受ける無念。
ある日突然、誰でもなりうる病気であるということ。
統合失調症という病気について知ることは、今後の質問者様の人生に
きっと深みを持たせてくれるはずです。
質問者様がどんな結論を出そうとも、「病気を知る」ことが、
最も大切で有意義かつ貴重なことだと思います。
ぜひこの出会いを大切にしてください。
長文失礼しました。

話し合いをされて少し前進したようですね。
これからも話し合いの機会があると思いますので、
参考にしていただければと思い、私のまわりにいる統合失調症の患者
さんがご家族にいる方の事例をお伝えしたいと思います。

お伝えする理由は、質問者様がこれからどのような結論を
出されるにせよ、縁があって彼氏さんとそのご家族にめぐりあった
わけですから、その出会いをこれからの人生に生かしていただき、
少しでも統合失調症の患者さんを取り巻く環境について知って欲しいと
いう思いからです。
統...続きを読む

Qうつ病の入院する目安は・・・

うつ病の入院する目安は・・・

 
 うつ病で入院した事がある方、詳しい方のみ回答お願いします。

うつ病で入院する目安は、どのぐらいでしょうか?入院した事のある方は、その間どんな治療をしたか、どんな生活を送っていましたか?

 
  うつ病になって、2年になります。通院していますが、薬が効いているのかわかりません。人にイライラしだすと、止まらなくなる事があります。食事は自分で作れないので最低限だけは食べています。

 家事はできる日もありますが、できない日が多いです。1度入院した方がいいと、私の母はいうのですが、何の知識もなく言っています。

 医者に入院したいと言ってできるものですか?一人寝ていれば、心穏やかに過ごせる日も多いです。

  
  うつで、入院された方の実体験など、どのぐらいの症状で入院になるかなど教えてください。

Aベストアンサー

ウツで入院歴のある、既に完治済みの経験者です。

パソコンが使えるような状況ではおそらく重傷と言うほどではないかと思います(経験から)。
でも今の状況を打開するためにそれも可能性として考えてみたいのでしょうね。
何かを試してみるのはとても良いことですよ。どこから、状況が打開されるかわからないし
色々試すことであなた自身の思考や発想も幅広くなることもあるから。

入院には「強制入院」と「任意入院」があります。
強制入院とは医師の判断で拒否権も何もなく行われる入院です(かなりの重傷者ですね)。
任意入院は本人の希望で行われる入院です。

私の場合は任意入院でした。理由は家族を攻撃(言葉の暴力とか)して家庭を壊しかねない
状況とちょっと深刻な身体状況であったため。

医師に相談してみてください。医師があなたの考えや判断に一理あると思えば
入院する病院を探してベットを確保してくれるはずです。
任意入院は入院するのも任意であれば退院するのも任意で行うことができます。
医師の判断なく、退院しますと言って退院することが可能です(わたしがそうでした)。

入院生活は規則正しい生活というのがもっとも合う表現です。
どんなに体がきつくても眠くても食事の時は起きて食べないといけないし、薬も飲むまでしっかり
チェックされる。持ち物も普通の入院以上に規制される(自殺の危険性などを考慮して)。
他の患者もいるのでそちらの方面でイライラすることもある。
医師は思いの外何もしてくれない(状況観察が大切なので)。
私の経験では返って疲れましたね。廊下に鳴り響くTVの音や、同室の患者の症状など。
何かを期待し求めるならきっとそれは肩すかしを食らったように感じると思います。

入院期間は人それぞれです。任意入院は特に。私など2週間で退院しました。
意味がないと思ったので。
それでもやってみるのも悪くないと思いますよ。冒頭に書いたように、今の状況を打開
するにはなにかを試し続け、自分の固まった思考や発想を変えていく必要があるのですから。
何か聞きたいことがあれば質問をください。
答えられる限り、経験からお返事します。

ウツで入院歴のある、既に完治済みの経験者です。

パソコンが使えるような状況ではおそらく重傷と言うほどではないかと思います(経験から)。
でも今の状況を打開するためにそれも可能性として考えてみたいのでしょうね。
何かを試してみるのはとても良いことですよ。どこから、状況が打開されるかわからないし
色々試すことであなた自身の思考や発想も幅広くなることもあるから。

入院には「強制入院」と「任意入院」があります。
強制入院とは医師の判断で拒否権も何もなく行われる入院です(かなりの重傷者...続きを読む

Q精神分裂病等の遺伝について

精神疾患の遺伝及び子供はいつから症状が出るのかまたそのときの子供の出すサインを見逃さないためにはどうしたらいいのですか?
私には今7ヶ月の子供1人がいますが、今のところ何も問題が無いように感じています。しかし、母、叔父、弟の3人は精神的におかしい(この表現が適切かわかりませんが)のです。母、叔父は病院には行っていませんが、弟は精神分裂病だと診断されて、薬を服用中です。母、叔父については、突然ひどく浪費したり、理由も無く今まで仲の良かった方の悪口を言ったり、(子供のころ母の言う事を信じて友を無くしました)情緒不安定?なのか・・・父に言わせると結婚当初からだった。若いころの叔父についても突然いなくなり、名古屋まで迎えに行ったのだと・・・
そして、私自身も情緒不安になることがありました(結婚してからはありませんが)
父は、遺伝する確率が高いぞ特に長男・長女は!と(姉は一時期ひきこもりの時期がありました)・・医学的にもそういうデーターがあると聞いたことがあります。今から気にしてもしょうがないと思うのですが、子供
が出すサインなどを見逃さずにしてあげたいと思っています。

精神疾患の遺伝及び子供はいつから症状が出るのかまたそのときの子供の出すサインを見逃さないためにはどうしたらいいのですか?
私には今7ヶ月の子供1人がいますが、今のところ何も問題が無いように感じています。しかし、母、叔父、弟の3人は精神的におかしい(この表現が適切かわかりませんが)のです。母、叔父は病院には行っていませんが、弟は精神分裂病だと診断されて、薬を服用中です。母、叔父については、突然ひどく浪費したり、理由も無く今まで仲の良かった方の悪口を言ったり、(子供のころ母の...続きを読む

Aベストアンサー

当事者です。まず、分裂病という単一の病気or障害が存在するのかは不明です。
精神分裂病(かつては早発性痴呆)とは、破瓜病、緊張病、妄想病の総称です。症状はそれぞれ全く違います。但し、一人の患者がこれらの症状を横断するため単一の病気として分類しているようです。こうしたあいまいさを前提に・・・
分裂病が遺伝子の関与によって起こることは、ほぼ間違いないと考えられています。遺伝子の特定はされていませんが、いくつかの有力なものに絞り込まれています。インフルエンザ、小児麻痺ヴィルス等が有力です。冬生まれが統計的に多いとされています。但し、小児麻痺ヴィルス仮説だと夏から秋生まれとなります。障害の内容は、左前頭葉の一部の神経発達に障害が出ます。障害が起こるのは妊娠4月~6月です。思春期に神経細胞の著しい変動が起こる時に(多分、不適切な環境からの影響で)神経配線の発達に異常があると症状が出ます。つまり、遺伝するのは素質です。好発年齢は15~25歳。現在では、ホームビデオなどで発症以前から姿勢・動作の異常が確認されています。現在、科学的な診断法はありませんが、最も信頼性が高い指標は、眼球運動の異常です。なめらかさが無く、硬く、動態視力が弱い、この為、注意障害を伴います。前頭葉障害は時間的感覚統合の障害を生みます。知能指数は必ずしも低くありませんが、知能検査(運動しながら暗算する等)では低い成果を示します。私は知能発達障害と考えています。前頭葉の一部の時間当たりの情報処理能力が小さいため複数のストレスが入力されるとオーバーフローを起こし、混乱しやすい。これが、知能指数と知能検査のアンバランスであると思われます。
(ここから私見)
発達障害ですから関与のしかたで、状態は大きく変ると思います。愛情をもって接する。具体的には、ロジャースの受動運動=手足をもって、語りかけをしながら運動をさせるなど。実験では、知能、運動能力その他で良好な発育を示した。
 思春期、発症のシグナルは、不定愁訴(頭が重い、回らない、体がだるい、集中力が無くなった、寝つきが悪くなった、やる気がでない等、自律神経失調)です。
初期症状は「初期分裂病」(中安信夫:金剛出版)が詳しいです(患者自身の症状メモが多数掲載されています)
蛇足;欧米では、精神分裂病(Schizophrenia=認知分離障害)は心の病とはされていません。そう思われていたのは30年前の話で、現在はNBD(神経生物学的脳機能障害)です。

当事者です。まず、分裂病という単一の病気or障害が存在するのかは不明です。
精神分裂病(かつては早発性痴呆)とは、破瓜病、緊張病、妄想病の総称です。症状はそれぞれ全く違います。但し、一人の患者がこれらの症状を横断するため単一の病気として分類しているようです。こうしたあいまいさを前提に・・・
分裂病が遺伝子の関与によって起こることは、ほぼ間違いないと考えられています。遺伝子の特定はされていませんが、いくつかの有力なものに絞り込まれています。インフルエンザ、小児麻痺ヴィルス等が...続きを読む

Q婚約者の親が精神病だったら結婚を躊躇しますか?

3年半付き合っている彼氏と婚約中です。

1ヶ月程前私の妊娠がわかり、結婚することになりました。
残念ながら流産してしまったのですが、結婚に向けてそのまま話は進んでいきました。
でも、両家の食事会で彼のお母さんの様子が明らかにおかしかったのです。
顎がガクガクして止まらなくて、口も独り言を言ってるようにモゴモゴ動いているのです。
前々から心の病だと聞いていたのですが、後日彼によくよく話を聞いてみると

・7年前に精神病院に入院したことがある
・それからずっと薬を服用している
・顎と口がうごくのは薬のせい
・入院前は本当の子供みたいになった(精神的に)
・また、「影がついてくる」等のおかしな台詞を言っていた

と言っていました。
そんなに重かったの?と愕然としました。
食事会の後私の親は「彼の母親は精神病だ。結婚はやめた方がいい」
と結婚に猛反対です。
私も彼のお母さんの様子が異様で忘れられません。
自分なりに調べたら抗精神薬の副作用だということがわかりました。
その薬を服用する病気の遺伝の可能性も知り、衝撃を受けました。

もし彼が発症したら、もし子供に遺伝したら。
彼は一人っ子なので、将来彼のお母さんの面倒を見るのは彼=私です。
結婚することが本当に不安でたまりません。

自分で判断しないといけないのですが、彼への情とで考えが堂々巡りです。
どなたかご意見いただけないでしょうか?

3年半付き合っている彼氏と婚約中です。

1ヶ月程前私の妊娠がわかり、結婚することになりました。
残念ながら流産してしまったのですが、結婚に向けてそのまま話は進んでいきました。
でも、両家の食事会で彼のお母さんの様子が明らかにおかしかったのです。
顎がガクガクして止まらなくて、口も独り言を言ってるようにモゴモゴ動いているのです。
前々から心の病だと聞いていたのですが、後日彼によくよく話を聞いてみると

・7年前に精神病院に入院したことがある
・それからずっと薬を服用してい...続きを読む

Aベストアンサー

ま読ませて頂きました。今までそういった病の方との接点がなかった質問者様にとっては、あまりにも衝撃的で混乱されるのも仕方がないことと思います。

まず、私のお話をさせてくださいね。

私の母、他の回答者様の文中にもちらほらみうけられますが「統合失調症」でした。
残念ながら、5年前に自らの判断で人生に幕を閉じてしまいましたが・・・

そして、一部では遺伝性もあるとも言われています。
とりあえず私は発症していないようですが、この先は勿論わかりません。そして、私は女性ですので「遺伝性がある」と知ったときから「私の子供に遺伝しないだろうか」という不安がよぎりました。
しかし、統合失調症に関しては遺伝性のある遺伝子が見つかったわけではないので、あくまでも確立の問題です。
そして、その確立も文献によってまちまちですがおおよそ1割にも満たない数字がほとんです。この数字を高いと見るか低いと見るかは質問者様次第ですが、これを「高い」と思ってしまうのならば、身内にもご本人も特に問題が見られない家系でも、染色異常の子供が生まれる確立さえも決して低くない数字になってしまうような気がします。
そう考えると、どなたとも子供を授かる事に不安を抱くことになりますね・・・


ちなみに、私はパートナーに「私が発病する確立はゼロではない」「子供に遺伝する確立もゼロではない」事は先に話しました、彼の返事は「身内に同じ病気の人がいなくても発病する確立はゼロではない」ことを念頭に「自分だってこの先、一生健康かどうか保証もないし、逆に迷惑を掛けるかも知れない、何があってもお互い様である」という結論を出してくれました。


「病めるときも健やかなるときも」という誓いは口先だけではすまされません。だからこそ質問者様も今悩んでいらっしゃるのでしょうが・・・

ただ、私のパートナーは「子供を産み育てる」という事が、いまいち現実味を帯びていない感がありますので、あまり深く考えずに理想論を言っているだけかも知れません。
もしかしたら、質問者様の彼も先の事を深く考えずにお母様の病気のことを「自分たちの問題」として捕らえていないかもしれませんね。だからこそ、質問者様に事前にあまり説明がなかったのかもしれません。
その部分は、言葉を選びつつ真摯に話し合うべき事だと思います。

質問者様のご両親の気持ちも理解できますが、まずは「彼と質問者様」とで、自分たちの問題として話し合うことが先決だと思います。
質問者様ご自身の結論は、その時の彼の対応を見た上で出してもいいのではないでしょうか?

その際はくれぐれも「異様」などという表現は控えてくださいね・・・・これは私からのお願いです。

ま読ませて頂きました。今までそういった病の方との接点がなかった質問者様にとっては、あまりにも衝撃的で混乱されるのも仕方がないことと思います。

まず、私のお話をさせてくださいね。

私の母、他の回答者様の文中にもちらほらみうけられますが「統合失調症」でした。
残念ながら、5年前に自らの判断で人生に幕を閉じてしまいましたが・・・

そして、一部では遺伝性もあるとも言われています。
とりあえず私は発症していないようですが、この先は勿論わかりません。そして、私は女性ですので「遺伝...続きを読む

Q精神障害者手帳2級とはどのレベルのなのでしょうか

最近身内になった方が、精神障害者手帳2級を持っていることを知りました。

普通に遊んでいますし、喋れます。料理もしているし、ゲームもしています。
普通の生活はできていると思います。

仕事はできないそうです。
たまに頭が痛くなるとか。

なぜこのような質問をしているかと申しますと
子作りをしていると聞いたからです。

薬を飲んでいないなら妊娠してもいいと書いてあるサイトは見ましたが、子育ってって楽じゃないですよね。
私にも子供がいますが、やはり大変でした。
普通の人でも精神的に不安定になると思います。
ことあるごとに「鬱だから」と言ってひきこもる彼女が、このタイミングで子供を作っていいのか疑問なのです。
友人だったら応援するかもしれません。
しかし、身内となると、そうは言っていられません。
何かあった時に産まれてきた子供がかわいそうです。

※鬱病の方を批判しているわけではありません。

中立なご意見をお願いします。

Aベストアンサー

あなたの身内がどんな精神障害かは解らないですが薬で症状が和らぎ普通に生活できる人もいます。
理解あるパートナーが本人の調子の悪い時に100%面倒(家事、子育てなど)を見てくれるならまだ良いですがなかなかそういう訳にもいかないのが結婚生活だと思います。
そんな状況下で育てられたこどもは不安ですよね

2級ともなると年金が支給されるほどのかなりの重度なので一人では生活できない程度です。
自己の判断もできない状況が多々あると思われます。
そんな人が子育てはちょっと無理かな、子育てが出来るなら仕事もできるんじゃない?と思うのは当然ですよね。
私もそんな状況で子育てには賛成できません

ですががやはり決めるのは本人です
あなた自身がいろいろと調べた結果それを踏まえてアドバイスするのは良いでしょうがそこまでにしておいた方が良いのかもしれません。
強要すると症状が悪化するかもしれないのでなるべくその方の両親を通した方が良いかもしれない。

Q精神病患者の受け入れ施設について

はじめまして。 長文になってしまいますがご容赦下さい。

私には精神病患者の31歳になる兄がいます。
病気が発症したのは、12年前のことで初めの症状は鬱と不眠症でした。
それから多数医療機関を渡り歩いても、症状が軽くなることはなく、睡眠薬の乱用に走り、脅迫神経症と統合失調も発症してしまい、7年程前に医療保護入院を余議なくされました。
退院後は、県の比較的規模の大きな病院に通い、統合失調症の症状は見られなくなり、脅迫神経症の症状も緩和しました。

ですが最近では、
・病気からくるわがままがひどく、過剰なまでに自己本位な考えの元、 行動する
・また、自分の思い通りにいかないと激情しやすい
・暴力的な言動、行動がみられる
・極度の対人依存、薬物依存、医療機関への依存症状がみられる
・夜中に回りを考えず、自己本位な行動をとる(睡眠のリズムが崩れ、 協調性に欠ける)
・著しく能力が低下し、簡単な計算すらもままならない
・対人関係のトラブルを巻き起こしやすい
・自分の病気に対しての認識が希薄である
・自己管理能力が著しく低下
・虚言癖がある

このような症状が強く出るようになり、家族間のトラブルが多く、精神的に参ってしまっています。
極力、本人の能力を引き出せるように、福祉団体の手を借り、社会復帰のめどを立てたいと思ってますが、
それが上手くいかず、将来、両親が動けなくなった時や、他界した時のことを考えると将来が不安で仕方ありません。

最後の手段として、兄を一生預かってくれるような施設や、病院はないのでしょうか?
いくつかの病院や公的機関に相談しても表情を曇らせ、社会復帰の部分のことしか話してくれません。

どなたか何か手がかりや知っていることがあれば、教えて下さい。
よろしくお願いします。

はじめまして。 長文になってしまいますがご容赦下さい。

私には精神病患者の31歳になる兄がいます。
病気が発症したのは、12年前のことで初めの症状は鬱と不眠症でした。
それから多数医療機関を渡り歩いても、症状が軽くなることはなく、睡眠薬の乱用に走り、脅迫神経症と統合失調も発症してしまい、7年程前に医療保護入院を余議なくされました。
退院後は、県の比較的規模の大きな病院に通い、統合失調症の症状は見られなくなり、脅迫神経症の症状も緩和しました。

ですが最近では、
・病気からくる...続きを読む

Aベストアンサー

元医療関係者(精神科経験)です。

>最後の手段として、兄を一生預かってくれるような施設や、病院はないのでしょうか?
いくつかの病院や公的機関に相談しても表情を曇らせ、社会復帰の部分のことしか話してくれません。
 まず、一生預かってくれるような施設や病院はないといったほうが良いと思います。
 少し前から医療機関での入院や入所期間の短縮が政府から言われていて、可能な限り地元の開業医と連携して社会生活に戻す事が今の医療の流れです。

でも、ご家族の病気による問題に困り、疲れ果てているご家族が多いのも事実です。

私が知る中で可能な対策は・・・
・精神科デイケアや作業所などに通い、日中はそこで過ごすようにする⇒生活リズムがつくこと、医療者がサポートしてくれるので社会の中での治療が可能
・援護寮の利用⇒この施設は数が少ないですが、家庭や1人暮らしに向けての生活の練習(日常生活一般から投薬、受診など)ができる。でも、一生は無理です。ある程度の期間が区切られているはずですが、それは施設によってだと思います。
・ヘルパーや訪問看護・訪問診療の依頼⇒これは地元の開業精神科で聞いたほうが良いと思います。大きな病院は行っている施設が少ないです。また高齢者の介護とは違うので精神科で聞く方が確実だと思います。

最終的にはご家族がどうしても対応しきれず疲れ果ててしまうようでしたら、今通院中の病院の担当医にお話しされて毎月などの定期で3~5日の短期入院をお願いしてみてはいかがでしょうか?
理由としては『家族の看護疲れのため』で。
上記の短期入院は私が元いた病院では受け入れていましたが。

お求めになっている内容とは違う内容の回答しか出来ず申し訳ありませんが、参考だけにでもなれば・・・。

元医療関係者(精神科経験)です。

>最後の手段として、兄を一生預かってくれるような施設や、病院はないのでしょうか?
いくつかの病院や公的機関に相談しても表情を曇らせ、社会復帰の部分のことしか話してくれません。
 まず、一生預かってくれるような施設や病院はないといったほうが良いと思います。
 少し前から医療機関での入院や入所期間の短縮が政府から言われていて、可能な限り地元の開業医と連携して社会生活に戻す事が今の医療の流れです。

でも、ご家族の病気による問題に困り、疲れ果て...続きを読む

Q鬱病の兄がいる婚約者。鬱病は遺伝すると言い張る私の両親は子供を愛してくれる?

お互い結婚を約束した彼氏がいます。
彼には10年前に鬱病と診断され、以来実家に引きこもっている兄がいます。
私の両親は精神病は遺伝すると言い切っていました。だから私達の結婚には賛成できないと。
鬱病はうつるというのは精神科医の友人から聞いていました。しかしウイルスのように感染するのではなく、患者と同じ空間にいた時、やはり影響を受けてしまい、その人もなりやすいという意味です。
だから家族の中で誰か鬱病患者がいれば、一緒に暮らしている人もなってしまうのは、不自然ではないと思います。だから遺伝というのは仮説に過ぎないと思うのです。その中で、遺伝すると言い切るのは間違ってると思うのです。
そしてそう言い切られた時、とても悲しくなりました。何故なら、まだ仮説にすぎない事で偏見と差別の目で見られた気がしたからです。
私は母に聞きました。「どこで遺伝だという情報を手にいれたのか?現在遺伝だという事はまだ仮説にすぎない」「昔から遺伝と言われている。結婚相手が精神病の家系かどうか調べるものなのだ」「そういい切っている医者がいたのか?」「あんたは親のいう事を本当に信用しない!!」
私は言葉を失いました。
遺伝の可能性があるのは知っています。親が心配なのも分かります。でもせめて、昔からそう言われてるからそうだ!ではなく、情報を仕入れようとしてほしいのです。
私は想像しました。もし子供が生まれて、例えば小学校に入ってイジメを受けて、不登校になったとする。その時両親は、いじめた相手を憎むより、孫を慰めて暖かくつつむより、私や彼氏を哀れみの目でみるのだろうなぁと。その時私は両親を許せないと思います。考え過ぎでしょうか?
必ず子供が鬱病になるとは限らないと思います。むしろ育つ環境によって十分防ぐことはできると思います。みなさんはどう思われますか?
ここまで読んで戴き、本当にありがとうございます。

お互い結婚を約束した彼氏がいます。
彼には10年前に鬱病と診断され、以来実家に引きこもっている兄がいます。
私の両親は精神病は遺伝すると言い切っていました。だから私達の結婚には賛成できないと。
鬱病はうつるというのは精神科医の友人から聞いていました。しかしウイルスのように感染するのではなく、患者と同じ空間にいた時、やはり影響を受けてしまい、その人もなりやすいという意味です。
だから家族の中で誰か鬱病患者がいれば、一緒に暮らしている人もなってしまうのは、不自然ではないと思い...続きを読む

Aベストアンサー

私には鬱病ではいけど抗鬱剤を飲む精神疾患の妹がいます。
もちろん私自身の結婚も夫の両親から反対されました。
精神病の妹がいるからです。
それはまだ現実をご存知ない貴女には、わからないのだと思います。
身内にそういう人がいる大変さというものがです。
ご両親は心配なさっているだけです。
私はご質問の件は別件だと思います。
将来生まれてくる子がなにかの要因でイジメにあったり最終的になにか精神疾患が現れたとしてもそれは、それこれはこれではないでしょうか。
親御さんはそのせいにするかもしれませんがご両親が心配しているのはこういうことじゃなく、貴女自身だと思います。
私が感染するであろうルートはご兄弟→彼→貴女→お子さんこの流れです。
両親となる貴女たち二人が大丈夫なのでは?と私は思います。

game55564さん、私はこういう妹をもってとても苦しみました。
もちろん妹も苦しんだのですが周囲も同じように苦しみます。
妹はろくに働いたこともなく30代。いつまで親が面倒をみるのでしょうか。
仕事もしない、お金はない、将来の行く末もない、うちの妹は働かないくせに借金をしさらにその自分に荒れてカミソリまで持ち出し死ぬと叫んだりしています。
私の親はもう60をとうに過ぎてこんな子をおいて死ねないとか、お前(私)の迷惑になるからあの子を殺して私も死ぬと言ったことが沢山あります。
こうやって母をも苦しめ感染していくのです、どうして普通に生きていけないのか母にはものすごい悩みなのです。母自身も欝っぽいですよ。育て方が悪かったのかとかよく言いますから…。
私の婚家は旧家です。
長い年月の間に地元での信頼や名誉などお金で買えない長い間の積み重ねがあります。
結婚は当人同士の問題、たしかにそうですが守るべきものがある人はそういうことをいやがるのです。それが当然だと考えています。これは精神疾患患者への差別ではないのです。
お兄さんをみなきゃならない、その重責は貴女を苦しめませんか?彼のご両親が生きているうちはいいでしょう。でも大抵は親は子を残し死にます。
なにか問題があったら?実際にかかるお金はどうするのか。貴女も彼も働いても自分たちは裕福に過ごせず、彼のお兄さんを恨みはしないような心を持ち続けることができるのでしょうか。
こういう現実は実際に結婚すればもっともっとあります。その心配をしているのです。長い年月をかけ、貴女の心を蝕みその心をもったまま子供を育てれればやっぱり子供にも影響がでるのではないでしょうか。だからいいます、彼も貴女も大丈夫なら大丈夫でしょう、と。
私はもちろん育った環境もあると思いますが本質はその人の気性、体質、環境だと思っています。もし育った環境なら私も貴女の彼氏も同じ親のもとなので精神疾患になってますよね。
人はいろいろなのです。ま、欝なんて脳の病気といいますし心だけの問題でもないはずです。
ちなみに私も夫も精神的に強いほうです、子供も問題ありません。
いえ、精神的に強いというよりも母のように妹の負の気に引きずられないようにしているのです。
妹も感情が爆発すると何をするかわかりません、狂ったように「私がこうなったのはお姉ちゃん(私)ばかり可愛がったお母さんのせい!」と泣きます。
泣いたと思うと今度「お姉ちゃんは私のこと嫌いでしょ!疎ましいでしょ!死んでほしいでしょ」と自殺未遂…わかりますか?この大変さが。
さらに借金はするは、万引きはするはでこんな中で平気でいるの大変なんですよ、私も。
だからこういう精神疾患の居る家には嫁いでほしくないと思う親御さんの心がわかります。
親御さんの愛なんですよ。
欝は遺伝する、古い情報ですね、たしかに古いのかもしれません。
ですが貴女も私も年をとったときに古い情報を出しているかもしれません。
誰もみんながみんな時代についていけるとは限らないし世の中全員が精神疾患に理解があるわけじゃありません。
皆自分の経験や長い間に聞いたことを信じているのです。若いあなたにはまだわからないかもしれません。親御さんとの言葉のぶつかり合いは貴女への愛だと思って1つくらい飲み込んでください。
そして「心配してくれてありがとう」と1つ付け加えてみては如何ですか?
私が親でも子供が精神病のいる家にお嫁にやりたくないですね、自分が苦労しているのでこういった回答をかかせて頂きました。
私も反対されました、でも時間をかけて説得しました。
彼氏も貴女のご両親に安心してもらえるように努力するべきではないでしょうか。
うちでは、妹のことをどうするのか、老後の面倒はなどちゃんとお話しました。
その全てが今はたぶん別の方向にいってます、私にとって大事なのは妹ではなく自分の家庭です。
夫と子ども最優先です、たとえ血縁の妹であろうと二の次なんです。(でもほっとけませんが)
彼氏も万が一のときお兄さんをどうするのか、大事なのはどっちの家(家庭)なのかを明確にすれば貴女のご両親は安心するのではないでしょうか、参考になれば幸いです。

私には鬱病ではいけど抗鬱剤を飲む精神疾患の妹がいます。
もちろん私自身の結婚も夫の両親から反対されました。
精神病の妹がいるからです。
それはまだ現実をご存知ない貴女には、わからないのだと思います。
身内にそういう人がいる大変さというものがです。
ご両親は心配なさっているだけです。
私はご質問の件は別件だと思います。
将来生まれてくる子がなにかの要因でイジメにあったり最終的になにか精神疾患が現れたとしてもそれは、それこれはこれではないでしょうか。
親御さんはそのせいにする...続きを読む

Q精神疾患で働けない方はどの様にして暮らしてますか?

閲覧して頂いていた方有難うございます。

私は現在精神疾患により働く事が出来ず、収入がありません。

精神疾患者の方で、働けない方はどの様にして毎日生活していますか?

障害年金を貰ってる方でも、金銭的に厳しい人はどの様にして毎日暮らしていますか?

Aベストアンサー

(1)親兄弟等親族から援助を受ける
(2)生活保護を受給する

この位しか浮かびません。
甘えられる所が有るなら甘え、利用出来る制度が有るなら利用する。
これで良いのではないでしょうか。
気持の上で抵抗が有るかも知れませんが、人間生きて行くのに自分の力ではどうにもならない事も有ります。
時には開き直りも必要かと。
自分にとって可能性の有る中で、考えて生きるしか有りません。

私の一番親しい友人も、精神疾患を発症してから生活保護を受けました。
友人の家族は、発症と同時に友人に内緒で引越しをし、携帯番号を変え、友人を捨てました。
親しかった人達も皆離れていき、古くからの知り合いは私一人になりました。

でも、今は平穏だそうです。
生活保護によって生活が安定しており、静かに暮らせる事で病状にも良い影響を与えている様です。

今、生活保護の問題が色々取り沙汰されていますが、利用すべき人が利用すれば何の問題も無い筈です。

Q旦那が鬱です。私も限界。支える事に疲れました。

旦那は約5年前から鬱病を発症(それ以前からも怪しかったですが)。ずっと心療内科に通っています。2年前ぐらいがひどい時期(何度か自殺未遂、約1ヶ月休職も3回ぐらい)だったのですが、現在は「死にたい」と言う事も無く、以前と比べると落ち着いている感じです。クヨクヨと「自分はなんで(仕事が)出来ないんだ」等、ブツブツ言ってますが。

ちなみに・・・旦那の欝の原因は旦那の母親で、アダルトチルドレンです。今は距離を置いて実家との付き合いをしているので、大丈夫な感じです。

さて・・・今の旦那は「母親」という大きな呪縛からもちょっとは解かれ、鬱の回復期(?)だと思うのですが、私への依存が強く、自己中な考え方、幼少期に母親にかまってもらえなかったからか、私への
要求だらけでもううんざりです。

旦那の母親は、診療科の先生に言わせると、境界型パーソナリティ障害だと思われる人だそうです。旦那も少し(いや大分?)境界型の性格です。

「死ぬ」とほのめかしていた頃は、必死で死んでは駄目だと支え(その間3人の子供の精神安定をフォローするのも大変でした)、夜どこかへ行ってしまった旦那を必死で探したり、休職した際も、私がかなりハードに働き、それはもう、クタクタでへとへとで大変でした。

「しっかりしろよ!」と言いたいけど、旦那に言うと、「どうせ俺は出来ないんだ」と、また暗く落ち込むので本人に喝を入れるとか、本音でガンガントークが出来ません(また死ぬって言われたら嫌だし)

正直、旦那の愚痴を聞くのも嫌で、巻き込まないで欲しいと思っています。
愛は無いけど情はある。といった気持ちです。
子供がまだ中学生と小学生なので、大人になるまでは辛抱・・・と思っていましたが、こんな旦那、どうあしらったらいいか・・・私だけが我慢しているようで、「割に合わない」と考えてしまいます。

寝る前に暗い話(どうして俺はこうなんだろう・・・こんな僕はいや?等)をするので、隣で寝るのが嫌になり、今は一緒に寝ていません。(娘が旦那と寝ています)
それについても、今朝、「娘が僕と一緒に寝たいから替わったわけ?それとも僕と一緒に寝るのが嫌なん?」と聞いてきたので、正直に「娘はパパと寝たいって言ってる。私はそもそも1人で寝たいタイプだし、寝る前にグチグチ暗い話しないのなら、また一緒に寝てもいいけど。」と言ってやりました。
するともう・・・またキレて暗くなりはぶてた様子・・・

自分の思うようにならないと、すねたり、はぶてたり、暴言を吐いたりする旦那。
朝からため息ばかりつかれ、周りがどんなに気を使っているか、分かって無いんでしょうか?
よくキレていたので、正直ビクビクしています。
こんなの普通の夫婦関係じゃないですよね?とにかく毎日疲れます。
鬱だから・・・といって一番身近な妻である私に辛い思いをさせて平気なのでしょうか?

「どうしたらいい?」としょっちゅう職場からも電話があり、アドバイスしても結局は聞き入れてもらえず、勝手に落ち込んでいる旦那。
振り回すだけ振り回しといて、「僕の事嫌いになった?」などと甘えて聞いてくる神経がわけ分かりません。
私はひとつも旦那に(精神的に)支えてもらっておらず、心安らぐ事が無いです。顔を見るのも嫌になっています。

愚痴になってしまいました。すみません。
私のような方、他にもおられるのでしょうか?私が心療内科に相談した方がいいのでしょうか?
毎日が辛いです。

旦那は約5年前から鬱病を発症(それ以前からも怪しかったですが)。ずっと心療内科に通っています。2年前ぐらいがひどい時期(何度か自殺未遂、約1ヶ月休職も3回ぐらい)だったのですが、現在は「死にたい」と言う事も無く、以前と比べると落ち着いている感じです。クヨクヨと「自分はなんで(仕事が)出来ないんだ」等、ブツブツ言ってますが。

ちなみに・・・旦那の欝の原因は旦那の母親で、アダルトチルドレンです。今は距離を置いて実家との付き合いをしているので、大丈夫な感じです。

さて・・・今の旦...続きを読む

Aベストアンサー

うちの主人も7年間うつ病です。休職を1年半しました。まだまともに出勤できません。
私も最初の2年ほどは、暖かく見守り、支えてきましたが、
3年もすぎると自分の心がどんどんささくれてくるのがわかりました。

で、私の対策ですが、
・旦那に対する期待値を下げる(期待しなければ失望もしない)
・旦那は生きているだけでヨシとする。致命的な大病じゃなくって良かったと思いこむ。
・旦那の甘えは受け止めつつ、エスカレートしないように適度に受け流す。否定は絶対にしない。
・子供は無条件にパパが好きなのでそれは推奨する
・自分が旦那の近くにいるだけでイライラするような状況になったら
自分のキャパが減っていると言う事なので、自分のケアに専念して黒い気持ちの浄化に努める
・旦那の話が多い人からは距離を置く(ノロケ話満載のママ友は絶縁)
・できるだけ独身の友達と会う(違う世界だから気分展開になる)
・離婚するかどうか考えて、しないと決めたら腹をくくってこの状況を受け止める。
・心の処方箋になるような本を心の親友として持ち、時々ひもといて心の浄化につとめる
・同じことは二度考えないようにする
・鬱の人は自分のことで精一杯。思いやりや協力を求めない
・奥さんがしっかりしすぎていると旦那さんの立場がますますなくなるようなので、
自分もがんばらない
・旦那のプライドは傷つけない
・あまり気を使わない。

私も一時期は旦那の半径1メートル以内に近寄るのも嫌でした。
何か生理的に嫌になったんです。重荷としか思えなくなったこともあります。
進学も就職も順調だったのに、結婚が人生一番の失敗だったと愕然としたこともあります。

お子さんが3人もいてうらやましいです。
頑張っているママを誰よりも理解してくれる仲間がたくさんいるじゃないですか。うちは一人っ子です。
で・・・・私はカウンセリングには行ってますが、とても頼りになります。
質問者様は疲れているだけなので、心療内科は行かなくてもいいように私は思いました。
質問者様は私よりもずっとずっとがんばっていらっしゃって、
旦那様のグチも聞いて(私はだいたいスルーするほうが多いかも!)
働いて本当にすごいと思います。私だったら家出してます(私も1回家出しましたが。子供が泣いて家に帰りたいと言うので帰りました)。
とにかくうつ病は長いんです。重苦しいんです。いつ治るのか治らないのか先が見えないし、
努力しても看病しても、さっぱり手ごたえがなくむなしいのです。しかも世間には軽く見られるのです。
しかしこれも運命なのです。
どうかご自分の心のケアをして、いい人生を送られますよう。私もまだ希望を持ってます。

うちの主人も7年間うつ病です。休職を1年半しました。まだまともに出勤できません。
私も最初の2年ほどは、暖かく見守り、支えてきましたが、
3年もすぎると自分の心がどんどんささくれてくるのがわかりました。

で、私の対策ですが、
・旦那に対する期待値を下げる(期待しなければ失望もしない)
・旦那は生きているだけでヨシとする。致命的な大病じゃなくって良かったと思いこむ。
・旦那の甘えは受け止めつつ、エスカレートしないように適度に受け流す。否定は絶対にしない。
・子供は無条件にパパが好...続きを読む

Q子供に遺伝する確率は?統合失調症

私の夫は結婚前に統合失調症で2度入院したことがあります。今は投薬によって普通の生活を送っています(私は知った上で結婚、出産をしました)。

義母は統合失調症で自殺を図り、入院しています(今の状態は最悪で自分の夫や息子の顔もわからなくなっています)。自殺の原因は実姉(統合失調症で長い間闘病)が自殺したことです。

義父は強迫心身症で若い頃は何度か入院しました。何度も同じことを確かめたり何度も電話して念を押してきたりと、大変です(義母の状態を悪くさせるのはいつも義父の言動が原因です。『お前の入院費が高く着くので家を売るかサラ金から借りるしかない』などと脅かします。何度注意しても変わりません)。

義母の両親は健康であったらしいですが、そのふたりの子供(義母とその弟)は重度の統合失調症に苦しんでいます。
義父の両親は健康であったらしいですが、義父の姉は「偏屈・変わり者」だったらしいです。
夫の実家のある辺りは昔から近所の者同士が結婚することが多く、血が濃いらしく、精神的に弱い人が少なくないらしいです。

夫と私はまるきり出身地が違います(関西と東北)。
私の血筋では精神病になった者はいません(知る限り)。

私と夫の子供1歳は、「服にコダワリがある(イヤな服だと泣きわめく)」「夜泣き、睡眠時間が短い」など、繊細で勘の高い子供であると思っています。その他は言葉も早く、活発で社交的で、外に遊びに連れて行くとラクな子です。

私と夫の間に出来た子供が罹患する確率はどれくらいのものなのでしょう。

出来るだけ発症させたくないと思いますが、どのように育てたら良いのでしょうか。

私に精神病への差別的な意識はありません。純粋に子供を発症させたくないと思っているだけです。いやな思いをさせたら申し訳ありません。

どのように育てたら・・・という点だけでも結構です。アドバイスよろしくお願いします。

私の夫は結婚前に統合失調症で2度入院したことがあります。今は投薬によって普通の生活を送っています(私は知った上で結婚、出産をしました)。

義母は統合失調症で自殺を図り、入院しています(今の状態は最悪で自分の夫や息子の顔もわからなくなっています)。自殺の原因は実姉(統合失調症で長い間闘病)が自殺したことです。

義父は強迫心身症で若い頃は何度か入院しました。何度も同じことを確かめたり何度も電話して念を押してきたりと、大変です(義母の状態を悪くさせるのはいつも義父の言動が原因で...続きを読む

Aベストアンサー

 お礼ありがとうございます。

 ほんとの「遺伝病」という事でしたら、中学の同学年に血友病の生徒とかいましたが、そういうのと比べると無論統合失調症は遺伝病ではないです。
 面白い統計があったんですが、「夫婦で『遺伝』する確率2%」だったかな、そういうのもあるようです。ストレスが連鎖するんでしょうか。
 やはり統合失調症の親に育てられた、という影響も出ましょうね。

 僕ですが、父方の祖父が父がゼロ歳の時に事故死していて、父は6歳から農家のやもめだった義祖父のもとで育ったんですが、土地を買い上げる形で農業を継いだので借金で大変だったとか、僕にも悪影響でした。
 ええと、僕の質問履歴を見てくださればあるんですが、『「パパ」「ママ」呼べなくなって8年』というのに悲惨な成育歴のことが書いてあります。こんな育ち方じゃなければ、まああんまり精神病にもならないでしょうね。


 あと、自閉症の事なんですが、発達障害の一種なわけですが、医学界でも注目されてきたのここ20年くらいで、その前は自閉症は統合失調症と混同されてきました。

http://www8.cao.go.jp/shougai/whitepaper/h22hakusho/zenbun/zuhyo/zuhyo2_13.html
平成22年 障害者白書 図表2-13 障害発生時の年齢階級(精神障害者・在宅)

の図を見ていただければわかるんですが、人格が形成された15歳以降くらいから罹るとされる統合失調症で、10歳未満発病が14.9%にもなっています。
 これは、もう60代以上くらいになっているかとも思いますが、昔の自閉症の方などの人数です。8万人くらいになるのかな。まあ、ある種の誤診なんですが、発達障害への福祉が進んできたのがようやく昨今なので、今さら統合失調症じゃないという事になると、彼らへの福祉が切れてしまう、というような問題があり、カウントしているようです。近所の病院のケースワーカーに聞いたら、やっぱり自閉症の人だという事でした。
 10歳~19歳の数字も嘘ですね。海外の本だと統合失調症、平均発病年齢30歳とのことでした。

 「思考盗聴」「電磁波犯罪」「集団ストーカー」とか検索なされば、未治療の統合失調症の方のブログとか読めますよ。
 推定患者数73万人、認定患者数52万人ですが、先に述べましたように、軽く10万人以上は統合失調症じゃないので、30万人以上程度が未治療等になっているかと思います。


 そちらですが、とりあえず小児科医などにご相談なさってるんでしょうか、よいことかと思います。またいずれ児童相談所とか、いろいろご相談なさってバランスのとれた成長できるように育児等ご健闘くださればと思います。
 まあ、普通くらいの感じで、対人的にもうまくやっていけるストレスへの強さが形成出来れば、発病のリスクはかなり減るかと思います。
 では皆様、ぜひお元気で。


 

 お礼ありがとうございます。

 ほんとの「遺伝病」という事でしたら、中学の同学年に血友病の生徒とかいましたが、そういうのと比べると無論統合失調症は遺伝病ではないです。
 面白い統計があったんですが、「夫婦で『遺伝』する確率2%」だったかな、そういうのもあるようです。ストレスが連鎖するんでしょうか。
 やはり統合失調症の親に育てられた、という影響も出ましょうね。

 僕ですが、父方の祖父が父がゼロ歳の時に事故死していて、父は6歳から農家のやもめだった義祖父のもとで育ったんですが...続きを読む


人気Q&Aランキング