江戸時代以前には和歌に読まれた蝶も
蝶を描いた絵画もなかったという話を聞きました。
鳴く虫は王朝の昔から文学に出てきますが、
同じ虫でも蝶が取り上げられなかったとは不思議です。
その理由を教えてください。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは。


蝶は正倉院御物の「金銀絵箱」「紺地花弁蝶紋錦」や法隆寺所蔵の屏風裏模様にも描かれており、決して古の人々が避けていたというようなことはありません。
平安時代以降にも蝶の文様はますます広がり、衣服・調度・甲冑などに用いられました。
これらは「年中行事絵巻」「平治物語」「紫式部日記」「北野天満宮縁起」などの絵巻物によって確認出来ますし、「源平盛衰記」などの記述にも見られます。
蝶紋は治承年間に平維盛が車紋として用いていたとされる記述が今のところ最古のものであるようですが、「大要抄」に「蝶丸は六波羅党」とあるように次第に平家の専用紋のような扱いを受けるようになっていったようです。
この「蝶紋=平家」という図式が影響して「蝶」が不吉なイメージを持たれるようになり、一時期あまり使用されなくなったということはもしかしたらあるのかもしれません。
    • good
    • 0

和歌の題材というのはきわめて限定されていたというのが実情ではないでしょうか? 「サラダ記念日」とか、今ならどんなものでも歌にすることができますが、昔はすでによく歌われたものしか歌わなかったように思えます。

花なんかでも歌われない花はたくさんあります。時代によっても違います。アジサイやツバキは万葉集では歌われていますが、平安時代になるとほとんど歌われなくなります。花についての傾向なら次のサイトが詳しいです。
http://www.geocities.co.jp/AnimalPark-Shiro/5314 …
虫も蝶に限らず一般に、美しく鳴く虫以外は取り上げられることは少ないと思います。「むしめづる姫君」とかいう作品がありますが、あれはチョー例外的な作品だと思います。
    • good
    • 0

家紋には古くから用いられていませんか?

    • good
    • 0

源氏物語には胡蝶の巻があり以下の歌があります。



花園の胡蝶をさへや下草に
  秋待つ虫はうとく見るらむ

源氏物語には他の場面にも登場します。宇津保物語にも登場しています。まんざら取り上げられなかったわけではないようです。
    • good
    • 0

「かはびらこ」とか「ひひる」とかいうのが古語ですけど、丸谷才一氏



http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%B8%E8%B0%B7% …

によれば「チョウは亡魂で、不吉とされたから」ということで、不吉ゆえに使われないということでは。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【蝶と日本史と生物学】蝶(ちょう)について質問です。 質問1: 蝶はいつ飛んでいますか? 秋ですか?

【蝶と日本史と生物学】蝶(ちょう)について質問です。

質問1:
蝶はいつ飛んでいますか?
秋ですか?春ですか?

質問2:
日本の歴史で蝶を家紋にしている家が3家ほどあった気がしますが、あの蝶の家紋に使われている蝶はなに蝶か分かりますか?


以上、2点の質問です。

Aベストアンサー

1.春から秋にかけて様々な蝶が飛び回ります。
2.知識がありませんが、これらの画像はアゲハチョウの類(キアゲハ、ナミアゲハなど)をデザイン化したように思います。
http://www.harimaya.com/kamon/column/tyou.html

Q【江戸時代の話】「江戸っ子は宵越しの銭は持たない」は「江戸は火事が多かったから」、「銀行が無かったか

【江戸時代の話】「江戸っ子は宵越しの銭は持たない」は「江戸は火事が多かったから」、「銀行が無かったから」、「そもそも江戸っ子は貧乏だった」という3大理由がインターネット上に挙げられていますが多分間違っていますよね?

江戸時代、江戸は火事が多かったので頼母子講(たのもしこう)という相互会があった。

少額を毎月12人から集めて12人分を1人に渡す。これを1年間繰り返して12人が1年のうち1ヶ月だけ大金を得ることが出来る銀行のような仕組みがあった。

この事実で仮説1の火事が多かったから宵越しの銭は持たなかったとうう説は間違いとわかる。

大金が回ってくる仕組みを火事が多いので大金を持たなかったという江戸っ子の説は矛盾に気付く。

2つ目の仮説。銀行はなかった。けれども頼母子講という少額を積み立てて大金を引き出す銀行みたいな仕組みがあったのでこれも嘘の仮説だと分かる。

最後の仮説の江戸っ子は貧乏だったという説。

江戸時代に流通していた通貨は金貨、銀貨、銭貨の3種類。

銭貨の価値は現在の価値で50円程度。

江戸時代の江戸っ子の日当が50円程度だった?

金貨の価値が20万円程度だった。

江戸時代の大工に月収は2万円。2万円/30日で日当で666円。

1日銭貨を13枚。

当時の大工は高給取りだったとすると一般庶民のブルーワーカーは大工がホワイトカラー職で現代の月収50万円職に値すると一般庶民のブルーワーカーの月収は25万円として6枚。

で、1日6枚で飯が3食で銭貨3枚が余る。で、相互会に毎日銭貨3枚を預けると月で99枚。1枚50円で5000円。

金貨が20万円なので月5000円で12人で相互会を組んでいるので年1回月収が6万円のときがある。

年1回大金を掴んでも6万円なら江戸っ子は20万円の価値がある金貨を一生見ることがなかったのかも知れない。

ということは、江戸っ子は宵越しの銭は持たないの話には続きがあって、(けど江戸っ子は銭貨を大金の銀貨に変えて貯金していた)。要するに1番価値がない銭貨を持たないで銀行(相互会)に預けて大金にするという仕組みが江戸にはあったので当時の人は江戸の仕組みを珍しく思い、「江戸には銀行という仕組みがある」ということを「江戸っ子は宵越しの銭は持たない」と表現したのが真相ですかね。

【江戸時代の話】「江戸っ子は宵越しの銭は持たない」は「江戸は火事が多かったから」、「銀行が無かったから」、「そもそも江戸っ子は貧乏だった」という3大理由がインターネット上に挙げられていますが多分間違っていますよね?

江戸時代、江戸は火事が多かったので頼母子講(たのもしこう)という相互会があった。

少額を毎月12人から集めて12人分を1人に渡す。これを1年間繰り返して12人が1年のうち1ヶ月だけ大金を得ることが出来る銀行のような仕組みがあった。

この事実で仮説1の火事が多かったから宵越し...続きを読む

Aベストアンサー

すごいですねえ。
いろいろ計算して、ここまで考えると、おもしろいですね。

私は、ただ、単に、
物に執着して、がつがつ貯めこむのは粋じゃない。
きっぷ(気風)がいいことが美徳、という考えが江戸では一般的だったから、
(本当にもらったら、もらっただけ使ってしまう人ばかりでなくても)
そういう気質だと、おもしろがって、または、自慢気に、言っていたのではないかと思いました。
開き直ったスローガンみたいな(笑)。
で、そういう風潮ができたのは、
やはり、長屋に住んでいるような、大部分の人が、
ぎりぎりの生活で、贅沢はできない状況だったからでしょう。

ところで、たのもし講、私が小さい頃、母がやっていましたよ。近所のおばちゃんたちと。
なつかしい言葉です。

Q江戸時代の半ばのころ、江戸の長屋に住んでいる職人の夫婦は、どの位の生活費が掛かったのでしょうか?

江戸時代の半ばのころ、江戸の長屋に住んでいる職人の夫婦は、どの位の生活費が掛かったのでしょうか?

Aベストアンサー

以下のサイトによると年間の生活費は約20両。 1両約13万円ゆえ、大体今の260万円ですね。

http://keisan.casio.jp/exec/system/1318902180

Q江戸だけは、なぜ、お江戸と”お”が付くのですか?  (お京都・お鎌倉・お大阪とは言いませんね)

お京都・お鎌倉・お大阪とは言いませんね。
しかし、なぜ、江戸だけは、お江戸と”お”が付くのですか?
(私が考えるには、町人が多い江戸で、町人文化が栄え、”江戸っ子”と同じくように、お江戸と誇り・得意げになっていたからかな、と漠然と考えていますが)

Aベストアンサー

お江戸の「お」は350年にわたる長い都市の歴史から「将軍様のいるところ」で「お」がついたものでしょう。

でも、後2つほど理由があると思います。
・江戸は「お」がつけやすかった
お京都、お鎌倉、なんとも座りが悪い感じがします。日本語のリズムにあっていません。「おえど」はとても日本のリズムに合っていますよね。ですから「お」をつけるのが定着したのだと思います。

・地方の人の発音が楽になったから
ちょっと専門的になるのですが、日本語は安定した言語ではありません。また発音には地域性もあります。
 たとえば現代でも関西の人は「アメ」と言う言葉を「メ」で切るように発音するのが難しく「アメちゃん」というようにちゃんを付けて発音を安定させます。

エドという発音の「エ」もそのままでは発音できない訛りもあったのかもしれません。当時は参勤交代で全国から人々が集まってきましたが、訛りが乖離していたので、武士たちは狂言を手本に意思疎通を測ったのです。ちなみに商人などは浄瑠璃を手本にしたようです。

エドと発音しにくい地方の人が「オエド」は発音できた、ということはあるのではないでしょうか。

お江戸の「お」は350年にわたる長い都市の歴史から「将軍様のいるところ」で「お」がついたものでしょう。

でも、後2つほど理由があると思います。
・江戸は「お」がつけやすかった
お京都、お鎌倉、なんとも座りが悪い感じがします。日本語のリズムにあっていません。「おえど」はとても日本のリズムに合っていますよね。ですから「お」をつけるのが定着したのだと思います。

・地方の人の発音が楽になったから
ちょっと専門的になるのですが、日本語は安定した言語ではありません。また発音には地域性もあり...続きを読む

Qイエスは古代エジプトの王朝やピラミッドなどの基礎的な知識があったのでしょうか。

イエスは古代エジプトの王朝やピラミッドなどの基礎的な知識があったのでしょうか。新約聖書の筆者達はどう想像していたのでしょうか。

Aベストアンサー

旧約聖書(ユダヤ教の正典)のモーセ五書の第2「出エジプト記」に、エジプト王ファラオがエジプトのユダヤ人を虐待し、奴隷として強制労働させていたことが記されています。

また、紀元前5世紀の歴史家ヘーロドトスの『歴史』に記述されて以来、長い間、エジプトのピラミッドは奴隷が築いた王墓とされてきました。
※ところが、考古学の研究が進んで、20世紀になって、ピラミッドは奴隷ではなく、賃金労働者が築いたことが分かりました。

だから、1世紀の人であるイエスや聖書記者たちが古代エジプトの王朝やピラミッドについて知らなかったとは、とうてい思えません。

Q後世の歴史家は、金日成・金正日・金正恩と権力を継承している北朝鮮を、金王朝と称するでしょうか?

後世の歴史家は、金日成・金正日・金正恩と権力を継承している北朝鮮を、金王朝と称するでしょうか?

Aベストアンサー

王朝とは言わないと思いますよ。社会主義は、王や皇帝といった超人的な存在を否定しますから。
歴史では、王政や帝政などの言葉の使い分けを大事にするので。

Q西洋絵画と音楽で古典時代がずれている

西洋絵画で古典といえばルネサンスのダビンチ、ラファエロ、ミケランジェロと16c初期(1500年あたり)ですが、
西洋クラシック音楽での古典はバッハ、ハイドン、モーツアルトと18世紀後半(1750年代あたり)です。
なぜ絵画と音楽で古典とされる時期がずれているのでしょうか?
各芸術が背後の社会構造を反映したものだとすれば、古典時代も一致するはずではないのでしょうか?

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%B3%E4%B8%BB%E7%BE%A9

ロマン主義は教条主義、古典主義の対概念としてとらえられるもので、アメリカの哲学者・アーサー・ラブジョイ(en:Arthur Oncken Lovejoy)は「ロマン主義の時代」を1780年から1830年としている

Arthur Oncken Lovejoy (October 10, 1873 – December 30, 1962)

以上引用

「なんでも 反対である!」
というような、発想で●●主義を唱えたのはこのへんからかと。

Q漫画偉人伝にムハンマド(マホメット)が取り上げられない理由

イスラム教の創始者であるムハンマドは、世界史上における最重要人物の1人といって差し支えないと思うのですが、漫画であっても顔を描くのタブー視されているようです。
イスラム教徒に気を遣ってのことだと思うのですが、「偉人伝」ですから侮辱する意図はないはずなのに、誰も、どこの出版社も描こうとしないのはなぜでしょうか。

Aベストアンサー

描写の問題は既に回答されていますが、これはイスラム教がどうするかではなく出版社が判断する事なので、その出版社が「ムハンマドはいろいろ面倒後と増えそうだな」と懸念したらそれまでの話です。だって、バングラディッシュよりも危険な地域などたくさんあってそこには日本企業は進出しているのに、たった一回不運に日本人がテロに巻き込まれたというだけで、日本企業がバングラディッシュから撤退するような企業が多いのです。小学館も似たような感じで、「彼ら」とは関わりたくないのでしょう。




それと、ムハンマドを描くのって、結構今の時代では微妙で、ムハンマド伝は日本語訳されているので読めると思いますが、前半は良いのです。ただ後半はかなり過激で、それを読むとダーイッシュ(ISIS、イスラム国)などの若者がムハンマド伝に夢中になるのも分かるのかなと。

強調して言いますが、イスラム教は決して危険な思想ではありませんが、イスラム教典は一部にダーイッシュの主張を肯定するような文脈が散りばめられていています。ただ、こういうとリベラルと呼ばれる人から強い批判を受けるのでそんな事口が裂けてもいえないというのが支配的です。マスコミでも学会でもです。


イスラム学者の池内恵さん関連の本は、分かりやすくてその問題を書かれた本が多くありますのでお勧めします。(日本のイスラム学者は優秀な人が多いと聞きますので、他のイスラム学者の本でも良いと思います。ただイスラム学者の本にして下さい。ジャーナリストのイスラム関連の本はむちゃくちゃなのが多い。)

描写の問題は既に回答されていますが、これはイスラム教がどうするかではなく出版社が判断する事なので、その出版社が「ムハンマドはいろいろ面倒後と増えそうだな」と懸念したらそれまでの話です。だって、バングラディッシュよりも危険な地域などたくさんあってそこには日本企業は進出しているのに、たった一回不運に日本人がテロに巻き込まれたというだけで、日本企業がバングラディッシュから撤退するような企業が多いのです。小学館も似たような感じで、「彼ら」とは関わりたくないのでしょう。




それと、...続きを読む

Q江戸城は宮殿

江戸城は宮殿と呼べるでしょうか?

Aベストアンサー

言葉の定義の上からチョット難しいでしょう。
宮殿というのは元来は「宮」すなわち天皇の「殿=大規模な建物」という意味です。
江戸城はあくまでも征夷大将軍という称号を天皇から下賜された徳川氏の城です。
家康も正式には「源朝臣徳川次郎三郎家康」です。あくまでも天皇の家臣です。
宮殿の主にはなれません。
つまり江戸城は御殿とは言えますが宮城とは言えないということになります。

明治に入って天皇がおられるようにはなりましたが、京都には相変わらず御所があります。
京都市民に言わせれば天皇はあくまでも東国へ行幸中(旅行中)であらせれるに過ぎないそうです。
明治政府も東京に首都機能を持たせるのにあたり、本来であれば遷御という言葉を使わなければならないところを行幸と言っていました。

現在は実質的には天皇は旧江戸城を皇居として日常的にお使いになれておられますので、宮殿という言葉を使っても間違いではないでしょう。

Q江戸時代

江戸時代のことについて質問です。
江戸時代の将軍と言うと徳川家が思いつくのですが、途中からは老中とかが出てきて将軍はあまり出てこない感じがするのですが
1、何をしているのでしょうか?
2、力関係はどうなっているのでしょうか?
できれば詳しく教えていただけるとうれしいです。よろしくお願いします

Aベストアンサー

どんな組織でもそうですが

組織として確立するまではリーダーの指導力が重要です
と言うか、優秀なリーダーを生み出すことが出来た組織で無ければ長続きしないと言うことです
それに、組織が確立するまでは様々な問題や事件に対してその都度決断を求められます
そういう時期には、トップ(将軍)の力量が求められ政策決定にも直接関与します
なので、この時期には将軍などが主となる


でそういう草創の時期を過ぎると、組織運営も固定化されて先例や慣習が優先されトップの決断を必要とすることは無くなる
この時期に必要なのは、組織内の様々な勢力間の利害を調整したり、今の問題に先例を適用していく運営能力です
こういう部分にはトップよりも有能な官僚組織とその官僚を使う政治家が適しています
なので、この時期には将軍ではなく官僚のトップである老中や側用人などが主となる

で、組織が衰退する時期というのは、先例や慣習では解決出来ない問題が起きたり
組織内の利害が極端に対立してしまい、調整能力では対処しきれなくなってくる

そういう時期になると、官僚ではなくトップのリーダーシップで難局を乗り切ろうとする
そういう時期に求められて出てきたのが、慶喜というような人

実際には、彼には調整能力はあって指導力がなく、徳川政権の衰退に歯止めを掛けることは出来なかったけどね

どんな組織でもそうですが

組織として確立するまではリーダーの指導力が重要です
と言うか、優秀なリーダーを生み出すことが出来た組織で無ければ長続きしないと言うことです
それに、組織が確立するまでは様々な問題や事件に対してその都度決断を求められます
そういう時期には、トップ(将軍)の力量が求められ政策決定にも直接関与します
なので、この時期には将軍などが主となる


でそういう草創の時期を過ぎると、組織運営も固定化されて先例や慣習が優先されトップの決断を必要とすることは無くなる
この時...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報