アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

江戸時代以前には和歌に読まれた蝶も
蝶を描いた絵画もなかったという話を聞きました。
鳴く虫は王朝の昔から文学に出てきますが、
同じ虫でも蝶が取り上げられなかったとは不思議です。
その理由を教えてください。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは。


蝶は正倉院御物の「金銀絵箱」「紺地花弁蝶紋錦」や法隆寺所蔵の屏風裏模様にも描かれており、決して古の人々が避けていたというようなことはありません。
平安時代以降にも蝶の文様はますます広がり、衣服・調度・甲冑などに用いられました。
これらは「年中行事絵巻」「平治物語」「紫式部日記」「北野天満宮縁起」などの絵巻物によって確認出来ますし、「源平盛衰記」などの記述にも見られます。
蝶紋は治承年間に平維盛が車紋として用いていたとされる記述が今のところ最古のものであるようですが、「大要抄」に「蝶丸は六波羅党」とあるように次第に平家の専用紋のような扱いを受けるようになっていったようです。
この「蝶紋=平家」という図式が影響して「蝶」が不吉なイメージを持たれるようになり、一時期あまり使用されなくなったということはもしかしたらあるのかもしれません。
    • good
    • 0

和歌の題材というのはきわめて限定されていたというのが実情ではないでしょうか? 「サラダ記念日」とか、今ならどんなものでも歌にすることができますが、昔はすでによく歌われたものしか歌わなかったように思えます。

花なんかでも歌われない花はたくさんあります。時代によっても違います。アジサイやツバキは万葉集では歌われていますが、平安時代になるとほとんど歌われなくなります。花についての傾向なら次のサイトが詳しいです。
http://www.geocities.co.jp/AnimalPark-Shiro/5314 …
虫も蝶に限らず一般に、美しく鳴く虫以外は取り上げられることは少ないと思います。「むしめづる姫君」とかいう作品がありますが、あれはチョー例外的な作品だと思います。
    • good
    • 0

家紋には古くから用いられていませんか?

    • good
    • 0

源氏物語には胡蝶の巻があり以下の歌があります。



花園の胡蝶をさへや下草に
  秋待つ虫はうとく見るらむ

源氏物語には他の場面にも登場します。宇津保物語にも登場しています。まんざら取り上げられなかったわけではないようです。
    • good
    • 1

「かはびらこ」とか「ひひる」とかいうのが古語ですけど、丸谷才一氏



http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%B8%E8%B0%B7% …

によれば「チョウは亡魂で、不吉とされたから」ということで、不吉ゆえに使われないということでは。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q蝶の意味するもの(象徴)

すごくおバカな質問です。(最初に申し上げておきます・・)

冬の間、レモンの木を家の中で育てていました。その時にいつのまにかサナギがついていたようですが、気にせずそのままにしていました。
ある日サナギがいなくなっているのに気付いたのですが、何週間後にカーテンの裏についているのを発見しました。どうやってそんなところに移動したのか分からなかったのですが、死んでいるかも・・と思いながらもレモンの木に戻しました。

ある日主人からフカして蝶になったと電話で会社に連絡がありました。きれいなアゲハ蝶でした。

それから数日後に流産しました。何となくイヤな気分になりあの蝶が子供の魂の生まれ変わりみたいな錯覚に陥りました。
バカな考えだと思いましたが、それから何ヶ月も着床時期になるとアゲナ蝶を見たりベランダに来ているのを見たりして、関係ないと思いながら、しかしなかなか妊娠にいたりません。

蝶は変化や幸せを運ぶとかいい面の意味を信じようとしているのですが、最初のフカした蝶がなぜか不思議に印象が強く残っていて、蝶を見る度怖くなってしまいます。

しかし蝶は冬以外はよくみる動物ですから、見るのを避けるのは無理です。すごくバカな妄想とわかっていますが、何かこの妄想から抜け出せるいい案・いいお話はないでしょうか。

どうぞよろしくお願いいたします。

すごくおバカな質問です。(最初に申し上げておきます・・)

冬の間、レモンの木を家の中で育てていました。その時にいつのまにかサナギがついていたようですが、気にせずそのままにしていました。
ある日サナギがいなくなっているのに気付いたのですが、何週間後にカーテンの裏についているのを発見しました。どうやってそんなところに移動したのか分からなかったのですが、死んでいるかも・・と思いながらもレモンの木に戻しました。

ある日主人からフカして蝶になったと電話で会社に連絡がありました。...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
蝶はキリスト教では「復活」の象徴とされています。
また、ギリシャでは「不死」や「魂」の象徴です。

私も一度流産しまして、その後妊娠できず悩んだ時期がありますので、
質問者様のお気持ちがわかります。
馬鹿げていると思いつつも、何かに囚われるとその考えから抜けだけなくなりますよね。

まず、羽化したアゲハ蝶は、本当に流産してしまったお子様だったかもしれません。
綺麗な姿で、お母さんにお別れしに来たのかも。
着床時期に蝶が近づいてくるのも、質問者様のお腹に宿ろうとする魂なのかも。
でも今はまだその時期じゃないので、近くに来るだけしかできないのかもしれませんね。
だから、逆にご自分から蝶に近づいて、声をかけてあげてみるのはいかがでしょうか。
どうしても気になるのであれば、たとえ妄想でしかなくても、
そのように自分の都合のいいように考えてみるのが一番です。

私は結構な現実主義者で、以前は生まれ変わりなんて信じてませんでした。
ですが、流産してその考えはちょっと変わりました。
流産の手術をした一年後の同じ日に排卵して、妊娠したんです。
それがわかった時は「あの子が戻ってきてくれた」と思いました。
その子は無事生まれまして、私は二人分愛しく感じます。
その私が申し上げます。
いなくなったお子さんは、きっと遠くないうちに質問者様のお腹に戻ってきてくれますよ。
しかもアゲハ蝶をよく見かけるなんて、何だか縁起が良さそうじゃないですか!
まずはご自分の体を大切になさって、その日に備えていて下さい。
ちょっと逸れたアドバイスですが、妊娠の大敵は冷えです。
時期柄特にお気をつけ下さいね。
あとは「頑張らないで」日々の生活を楽しんでください。
ご幸運を心からお祈りしています。

こんにちは。
蝶はキリスト教では「復活」の象徴とされています。
また、ギリシャでは「不死」や「魂」の象徴です。

私も一度流産しまして、その後妊娠できず悩んだ時期がありますので、
質問者様のお気持ちがわかります。
馬鹿げていると思いつつも、何かに囚われるとその考えから抜けだけなくなりますよね。

まず、羽化したアゲハ蝶は、本当に流産してしまったお子様だったかもしれません。
綺麗な姿で、お母さんにお別れしに来たのかも。
着床時期に蝶が近づいてくるのも、質問者様のお腹に宿ろう...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報