グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

スーパーシェルパについて、最近ヘッドガスケットからoilが漏れますwebで見ると無償交換している方がいますが、カワサキのHPでは載っていませんこれは隠れクレームでしょうか?
その辺に詳しい方教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

最近、スーパーシェルパの購入を検討していた者です。


私も、この点が気になって、色々と調べていました。
結構な数の方(特に初期型を所有されている方)が、ヘッドカバー付近のオイル漏れを経験されているようですね。

今までに聞いたことがあるのは、
・対策部品(ガスケット)が出ている
・保証が1年だった時期の車両でも、ガスケットについては期間を過ぎても無償で交換してくれたケースがある
・現時点では、保安基準を満たさなくなるほどの症状の報告は無いので、リコールにはならない
・ガスケットがゴム製なのと、ヘッドカバーを3つのボルトで締めていることで、このような症状が起こりやすい傾向にある
・全く症状が出ない車両もある
といったことです。
あくまでも噂レベルの話ですので、信憑性は?です。
嘘か本当か、私には判断できません。

どのバイクでも、弱点はあると思います。
以前私が所有していたH社のバイク(逆輸入車)も、新車で買ってそれほど経たないうちに、ヘッドカバーからエンジンオイルが僅かに滲んできました。
オイルも「滲み」程度だと、許容範囲と考える方もいるのでしょうね。
もちろん、すぐに減ってしまって、頻繁に継ぎ足ししなくてはならないようだと問題ですが。

以前、某輸入車のディーラーでお話を伺った際に、「うちの車はエンジンオイルが滲みますが至って正常なことです」と、はっきりと宣言されました(笑)。
なるほど、ものの考え方というのは、人それぞれなんだなぁと、改めて思いました。
スーパーシェルパも、そんな考え方で設計されているのかもしれません。

参考URL:http://www.sherpa-net.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました、クレームの定義は解りませんがOILの滲みと漏れの違いは解ります。私のシェルパは2時間も走るとシリンダーフインがOILだらけになります。カワサキはKXで育ちましたから公道用は初めてです、少し残念なのとレーサーとは対応が違うのかな?と思います。
では、失礼します。

お礼日時:2007/11/01 22:36

No.1さんも書いていますが、たぶん相談者はリコールとクレームがごっちゃになっていますね。


そもそもリコールとは、「事故を未然に防止し、自動車が道路運送車両の保安基準に適合しなくなる恐れがある状態、又は適応していない状態で、原因が設計又は製作の過程にある場合に、その旨を国土交通省に届け出て自動車を回収し無料で修理する」って制度です。
相談者の言うシェルパのその症状は、オイル「漏れ」ではなくオイル「滲み」なので、リコール対象になるかどうかは微妙ですね。著しく走行に危険を及ぼすとは思えませんからね。
無償交換したバイク屋は便宜的にやってるだけなので、むしろ無償交換を受けたユーザーはラッキーなのではないでしょうか。

オイル滲みとは無縁のシェルパ乗りでした。

この回答への補足

そもそも、定義を求めている訳では有りません。
便宜的に交換しているとも思いません、おそらく代替パーツくらいは
支給されているのでは?バイク屋さんもそんなに親切な店が多く
有るとは思われないですしパーツ供給が有れば止む無く交換すると思います。相手も商売です相手の立場も考えないとパーツ代まで出して
修理しますか。車だとリコール期間が過ぎて町工場で修理すると
有償修理になりますよ(事実)、さすがにデーラーでは無いですけれど。
自分のシェルパもなったとき真剣に考えてください。

補足日時:2007/11/13 20:12
    • good
    • 0

クレームとは、苦情のことです。


ヤクザのいちゃもんもクレームです。

リコールとは、設計ミスなどにより道路運送車両法に適合しなくなる場合にメーカーが無償修理するものです。

サービスキャンペーンとは、リコールには該当しないが、不具合をメーカーが無償修理するものです。

それら以外に、保障修理があります。
全てを一緒に考えないでください。

この回答への補足

回答有難う御座います。
メーカーにでもお勤めですか、もう少し柔らかにお考え下さい。
車だと、無償修理で直してくれてますのでバイクにも該当するかな?
とは思ったのですが。
あなたも御自分の事と思ってみましょう、多分何か有るとかなり
要求するタイプですか?
では、失礼します。

補足日時:2007/11/13 20:02
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスーパーシェルパ シリンダーヘッドからのオイル漏れ

よろしくお願いします。
07年9月に全国チェーンで有名な某ショップにて新車で購入しました。
6000キロほど走った段階でこのバイクの持病?ヘッドからのオイル滲みがひどくなりメーカークレームということでヘッド、ボルト、ガスケットを新品に交換。で、現在1万キロを少し超えたところですが、また滲んできました。
ヘッドボルトの緩みかと思いボルトを回そうとしたのですが、(締め付けに失敗したのでギリギリのトルクで何とかごまかして締めてたみたいです。これがプロの仕事かと情けなく思いました。ある意味プロの業?)規定のトルクで締めようと力を加えた瞬間に完全にねじ切れてしまいました。(次に回した人はこうなりますよね?一度ねじ切ってしまうと)
他のバイクでも同じような整備をやられたので「もうあなたのお店には二度と行きませんし購入もしません」と捨て台詞を吐いてしまいました。故にこのお店にはもう行けません(絶対行きたくない)

今現在しっかりトルクのかかっているボルトは2本です。
このまま放置するとやはり不具合は出ますか?
メーカークレームは2年ありますがこの場合どうなるのでしょう?
自分で修理することは可能でしょうか?シリンダーブロック側のねじ山の修正が必要だと思いますが他に方法は?
このお店に行かずして修正、修理する方法があれば教えて下さい。

よろしくお願いします。
07年9月に全国チェーンで有名な某ショップにて新車で購入しました。
6000キロほど走った段階でこのバイクの持病?ヘッドからのオイル滲みがひどくなりメーカークレームということでヘッド、ボルト、ガスケットを新品に交換。で、現在1万キロを少し超えたところですが、また滲んできました。
ヘッドボルトの緩みかと思いボルトを回そうとしたのですが、(締め付けに失敗したのでギリギリのトルクで何とかごまかして締めてたみたいです。これがプロの仕事かと情けなく思いました...続きを読む

Aベストアンサー

エンジンのカバーのボルトの締め付けトルクはとても弱いです。
ヘッドカバーまたはクランクカバーなどのネジは大体10Nmくらいで締まっています、ヘッドのボルトは30Nmくらいですが、、、。
とても弱く締まってますがこれが緩む事は稀です、増し締めなど滅多にしませんそんなことしたら折れます、ちなみに20Nm位で折れます(折ったことがあります)。
また熱が加わるので月日が経つにつれて劣化しやすいです。
増し締めはトルクレンチを使ったんですよね?感覚で手締めしたのではないですよね。
トルクレンチで10Nmで締めたとしても2,3回締めると10Nmは超えますので何回も締めないで下さい。

カワサキはオイル滲みやすいですね、これはあきらめるしかありませんがオイル漏れの修理はメーカークレームが効きます(2年だけでなく相談次第では4年くらいいけます)。
ただしボルト折れはメーカークレームは無理ですね。
メーカークレームはメーカーの代理店が修理を行った時のみ効きます。
今回のは実際にはどこのミスか解りません、あなたがねじ切ったかお店がねじ切ったかが解らないです。

修理方法はヘッドの交換が一番です。
修正だと弱くなってしまうところもありますし、締め付けが出来るのか、そのせいでオイルがまた漏れるのではないかとも考えられます。
シェルパだとオイル量は大体1,2リッター位ですよねそんなに沢山入ってる訳では無いので漏れる量によっては焼きつきになりかねません。

ただ、今回の事は販売店に切れる前に自分の整備に至らない事が無かったかを考え販売店に怒鳴り込むのではなく、どうにかならないか(メーカークレームにならないか等)相談すればよかったのではないでしょうか?
私がそこの販売店だとしてあなたが下手に出て相談されたらこの事例ならメーカークレームを通せる自信はあります。

エンジンのカバーのボルトの締め付けトルクはとても弱いです。
ヘッドカバーまたはクランクカバーなどのネジは大体10Nmくらいで締まっています、ヘッドのボルトは30Nmくらいですが、、、。
とても弱く締まってますがこれが緩む事は稀です、増し締めなど滅多にしませんそんなことしたら折れます、ちなみに20Nm位で折れます(折ったことがあります)。
また熱が加わるので月日が経つにつれて劣化しやすいです。
増し締めはトルクレンチを使ったんですよね?感覚で手締めしたのではないですよね。
...続きを読む

Qセローかスーパーシェルパ乗りの人教えて下さい!

僕はセローもしくはスーパーシェルパの2台でどっちが良いのか迷っています。
中古でほしいのですが、金銭面ではセローですよね~。
セロー、スーパーシェルパの良い所、悪い所をぜひ、教えてくださいm(__)m

Aベストアンサー

かなり昔にセローに乗っていました。
(角の本数が減って、レッドカラーがリリースされた次期です)

セローは熟成されてますし、中古の玉数も多いので壊れても磨耗しても部品の入手が比較的簡単です
それにも増して、YAMAHAのトレールは共通部品が異様に多いので、部品交換、改造も簡単です。
プラグがXL系と違い、斜めにセットされているのでメンテが簡単。

最高速度が遅いイメージがありますが、初期型で直線で引っ張れば140km弱まで伸びました

タイトな峠道でも「インベタ」で「ハングオフ」すれば、結構ハイペースで走れるので、ツーリングでもなんとか尻に食いつけます

知人に、ストップランプを一瞬しか見せてくれないセロー乗りがいます。
コーナーでは一瞬光るだけ、自分がそのコーナーへたどり着く頃にはもはや姿かたちが見えません

悪いところ
下半身が窮屈
ガソリンタンクが小さい(初期型よりはマシ)
サスストロークが短い
現行セローのカラーリングとセルは嫌い。
ブレーキタッチの悪さはYAMAHA共通
電装に気を使わないと漏電する

オーストラリア仕様のTT225の部品がほぼボルトオンで装備できるので、そちらの方がお勧め

シェルパはまたがったことしかないので解りません
少なくともカラーリングは好きじゃない

かなり昔にセローに乗っていました。
(角の本数が減って、レッドカラーがリリースされた次期です)

セローは熟成されてますし、中古の玉数も多いので壊れても磨耗しても部品の入手が比較的簡単です
それにも増して、YAMAHAのトレールは共通部品が異様に多いので、部品交換、改造も簡単です。
プラグがXL系と違い、斜めにセットされているのでメンテが簡単。

最高速度が遅いイメージがありますが、初期型で直線で引っ張れば140km弱まで伸びました

タイトな峠道でも「インベタ」で「ハングオフ」すれば...続きを読む

Qスーパーシェルパに乗っています!エンジンオイルの選び方??

先日初めてのバイク(スーパーシェルパ)を購入しましたが、エンジンオイルを交換して無いようですので交換しようと思っているのですが、種類が多すぎてどれが良いのかさっぱり分かりません。やはり値段によって違いが有るのでしょうか?
オススメのオイルを教えていただけると助かります。
(オイルの添加剤(?)は効果有るものなのでしょうか?)

よろしくお願い致します

Aベストアンサー

はじめまして
エンジンオイルは純正指定が一番です
メーカーがエンジン耐久テストを行うときには
純正を使うのですから信頼性抜群です。

私は古い油冷エンジン車に乗っていてオイルの種類により、
油温の上がり方が変わる(壊れてるのか?(^^ゞ)ので拘った
オイルを入れたりしますがそう言うことが無い限り純正で十分です。

「安いオイルをマメに交換するか、高いオイルは
長目のサイクルで交換OK・・・云々」
と言われる場合がありますがこれは間違いです
どんなオイルでも適正なサイクルで交換するべきです
ので注意しましょう。

オイル添加剤は人により、感じたり感じなかったりするようです
ちなみに私は感じる派ですが、特に必要性は感じません

ちなみに100%化学合成オイルを使うと
(「浸透性が良すぎる」と聞いています)
問題なかったヘッド周りからオイル滲みが
発生したりする事があるようです。

Q04’スーパーシェルパのエンジンがかかりにくいのですが

2004年モデルのスーパーシェルパに乗っているのですが、10日(一週間ちょっと)も乗らないでいるとセルがかかりにくくなってしまいます。
毎回10秒~20秒キュルキュル言わせないとかかりません・・・
2.3日ぐらいだと一発でかかるのですが、やはり10日あいてしまうと時間がかかるみたいです。これはあきらめるしかないのでしょうか。
何卒ご教授願います

Aベストアンサー

2.3日後には問題なので、基本的なメンテナンスは
問題ないことを前提とします。

基本的な考え方はNo1さんと同じですが、
シェルパは不圧式コックなのでOFFの位置はありません。
「取扱整備書」の操作をしていますか。
そこには、
基本はタップレバー(ガソリンコック)をONの位置ですが、
数日格納した後に始動の場合、レバーをPRIの位置で
10秒間おき それからONの位置に戻して始動。
となっています。

キャブフロートにエンジンが始動前は常にガソリンが供給される
構造でないので、キャブ内のガソリンが揮発した状態では始動に
無理が掛かるのです。

10日間程度でしたらこれで問題ないと思いますが、
さらに格納するのでしたら、ONの位置のままキャブ下部の
フロート室下にある小さな六角ボルトを緩めてガソリンを抜き
上記方法で始動させるとけっこう簡単に始動すると思います。
「取扱整備書」どうりで苦労されるなら、フロートから
ガソリンを抜いた状態にしておくことをお勧めします。

なお メンテナンスが問題ない状態であることが前提です。

2.3日後には問題なので、基本的なメンテナンスは
問題ないことを前提とします。

基本的な考え方はNo1さんと同じですが、
シェルパは不圧式コックなのでOFFの位置はありません。
「取扱整備書」の操作をしていますか。
そこには、
基本はタップレバー(ガソリンコック)をONの位置ですが、
数日格納した後に始動の場合、レバーをPRIの位置で
10秒間おき それからONの位置に戻して始動。
となっています。

キャブフロートにエンジンが始動前は常にガソリンが供給される
構造でないので、キャブ内の...続きを読む

QKLX250に乗りたい148cm;;

私はKLX250に乗りたいなぁ、やっぱ無理かなぁ、、、と考え中の、超初心者ドシロウト、身長148cmの女です。
どうにかしたら乗れるものなのでしょうか。何とかして、ちっこくてなめられがちな女でも、かるーく、何でもなさ気に乗りこなせないものでしょうか。
だめなら、次にDトラッカー、その次にスーパーシェルパで、我慢しようかなぁっと思ってます。理由はKLXの血を引いてて、KLXより車高が低いから、なのですが、それぞれの「良さ」が実は今ひとつわかりません。
スパシェルはDトラッカーよりお安いですがなぜ?
アホナノデ、わかりやすい言葉で、KLX、Dトラッカー、スーパーシェルパのいいところ悪いところ、どなたかお教えください。
他にこんなのがお勧め、とかあればなんでもよろしくです。
何しか、おもくそ乗り回したいので、丈夫で長持ちだとうれしいです。
ツーリングもちろんしたいです。
普段は通勤で使います。

Aベストアンサー

どんなにシート高が高かろうが、停止時にシートからお尻を落として、ヒザの裏でシートを支え、もう片方の足で地面にベッタリ足がつけばマッタク問題なし。
車両を傾ければ、なおよし。

知人の女性はDT200R(3ET)ですが、気にしてません。

シート高が高いからといってON車に乗るとシート幅とエンジン幅が邪魔をして足がつきにくい。

どうしてもシート高が気になるならYAMAHA「トリッカー(セローより低い、その上排気量は250cc)」

「YAMAHAのXTZ125が手に入ります
「プレスト」
http://www.presto-corp.jp/

「XTZ125」
http://www.presto-corp.jp/lineup/04_xtz125/index.html

SUZUKIの「DJEBEL125」
http://gshs.jp/jjrider/ishi/ishi.html

おなじく「DF125R」
http://www005.upp.so-net.ne.jp/srx/DF125.html

おなじく「DF200」
http://www1.suzuki.co.jp/motor/df200e/

D-トラ、シェルパ、KLX
街乗りしかしないならシェルパでよろしい
街乗りで他人より速く走りたいならD-トラ
林道行くならKLX

林道で正しい使い方をすれば、数年しか持たないので覚悟する事。

どんなにシート高が高かろうが、停止時にシートからお尻を落として、ヒザの裏でシートを支え、もう片方の足で地面にベッタリ足がつけばマッタク問題なし。
車両を傾ければ、なおよし。

知人の女性はDT200R(3ET)ですが、気にしてません。

シート高が高いからといってON車に乗るとシート幅とエンジン幅が邪魔をして足がつきにくい。

どうしてもシート高が気になるならYAMAHA「トリッカー(セローより低い、その上排気量は250cc)」

「YAMAHAのXTZ125が手に入ります
「プレスト」
http://www.presto...続きを読む

Qカワサキの故障について

よく「カワサキは故障が多い」と聞きますが、それは普段の乗り方やメンテナンスでなんとかできないのでしょうか?
ゼファー750が欲しいのでショップに見に行って、店員と雑談してたのですが
店員が「う~ん、カワサキはよく壊れるからねぇ、初心者には荷が重いかもね。カワサキは味のあるバイク作るのがうまいと同時に壊れやすい、錆びやすいのが伝統みたいになっちゃってるからさ、排気量や車種を問わず雑に造ってあるから俺もアドバイスできないんだよね。」
とおっしゃってました。

自分の愛車はZZR250なのですが、購入以来まったくのノートラブルで錆や傷もないのですが、これはたまたま運がよかったのでしょうか?ちなみに自分はオイル交換、チェーンの注油、空気圧の管理くらいしかやったことのないド素人です。
それと店員が「カワサキの故障の大半がクランクケースからのオイル漏れ」と言ってたのはこういう症状は車体にとって致命的なのでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして、当方もバイク(カワサキ)乗りです。
まったくの誤解、誇張、あるいはイメージだけの話だと思いますよ。
今の日本で、故障が日常茶飯事の製品を作るほうが難しいです。
アドバイスを受けている店員さんの話もおかしいです。
錆びやすいのは鉄部品ですが、最近のバイクはアルミパーツが主流なので、錆びるのではなく腐ります。
また、雑になど作っていません。10数年前のエンジンが現役です。
>ちなみに自分はオイル交換、チェーンの注油、空気圧の管理くらいしかやったことのないド素人です。
いやいや、質問者様は、やれる分のメンテナンスはされていると思います。
なんにもしないで、不具合を騒ぐ人が多いのに、立派です。
確かにオイル滲みはありますが、定期的にメンテナンスをしていれば、まったく問題ないです。むしろ、お客様に対して無責任な発言をしているショップの店員の技量と見識を疑います。
ご自分の欲しいマシンを手に入れて、きっちりメンテナンスをすれば、ますます愛着も湧き良い事だと思います。

Q対決!トリッカーVSスーパーシェルパ

トリッカーを頻繁に勧められますが、ふとトリッカーとスーパーシェルパ、似てる、と思ったのですが。同じ様なものじゃないんですか?
どうしてトリッカーなのでしょう。
スペック的には似たようなもので、最高出力、最大トルクが多少??シェルパのほうが上回るようですが…。どうなのでしょう?数字は大きい方がいいんですよねぇ???
エンジン形式が違うんですよねぇ?
使い道とか、変わってくるんですか?
どっちが遊べるんでしょうか?
どっちが高速走りやすいでしょうか?
それぞれの長所短所、他気のついたところなどありましたらどうぞ教えてください。
よろしくお願い致しますm(_ _)m

Aベストアンサー

こん**わ

 トリッカーを頻繁に勧めるのは友人ですか?バイク屋?
 おそらくご友人じゃないかなと思うんですが
 みんなきっと乗ってみたいんですよ<私も乗ってみたいんで(笑)
 で、質問者さんに買わそうとしてるんじゃないでしょうか?

 トリッカーはYAMAHA
 シェルパはKAWASAKIですので
 排気量は同じですがエンジン形式は全く違う物です

 シェルパは林道リーリングなどをターゲットに作られています
 トリッカーは林道ツーリングも行けますがどちらかといえばトライアル的な使い方が良いでしょうね
 あと、ファッション性重視なら間違いなくトリッカーですね
 高速道路はどちらも乗れますがタンク容量がトリッカーが6L、シェルパが9Lですのでシェルパの方がゆとりがありますね
 燃費もそれほど変わらないんじゃないかなと思うのでシェルパの方がツーリング向けといえるかもしれないですね

 カタログスペックの数値は高いほど良いように思いますが
 数値が高い=乗りやすいとは限りません。
 逆に乗りにくさを感じるものも出てくる時があります
 1度試乗してみることをお勧めします。

 どちらも甲乙つけがたい車体です。
 質問者さんの生活スタイルに合わせて購入することが良いと思います。

 がんばってください

こん**わ

 トリッカーを頻繁に勧めるのは友人ですか?バイク屋?
 おそらくご友人じゃないかなと思うんですが
 みんなきっと乗ってみたいんですよ<私も乗ってみたいんで(笑)
 で、質問者さんに買わそうとしてるんじゃないでしょうか?

 トリッカーはYAMAHA
 シェルパはKAWASAKIですので
 排気量は同じですがエンジン形式は全く違う物です

 シェルパは林道リーリングなどをターゲットに作られています
 トリッカーは林道ツーリングも行けますがどちらかといえばトライア...続きを読む

Qオフロードは何故チューブタイヤ?

オフロードバイクのタイヤはなぜチューブレスじゃないんですか?
仮に山奥走っていてパンクする事を考えると、その場で修理できるチューブレスタイヤの方が良いと思うんですが。何かメリットとかあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 セロ-225WEに乗ってます。
また、トライアル車も持ってます。←古くてチューブタイプ。

 セローはリアホイールがスポークでチューブレスになっています。

 現在、オフロード車とはいえ、特にトライアルの世界では、
リアホイールのチューブレスは当たり前になっていますよ。

 チューブレスの最大のメリットは、空気圧を下げられるということ
ですね。トライアル競技車は、一般に0.3kg/cm~3ぐらいまで
空気圧を下げて、タイヤをまるでキャタピラのように動作させて、
吸いつくようなグリップを実現しています。
だから垂直に近い壁を登ったり、岩場をぴょんぴょん飛び跳ねたりと
いうバイクにあるまじき曲芸のような動きができるのです。
空気圧が低いのでタイヤはもちろんペチャンコですね。それでも、
日本製のDIDチューブレスリムならば通常の使用でビード落ちした
とか聞いたことがないです。

 チューブレスのセローで林道アタックするときは、セローほど重量
のあるバイクでも私(体重70kg)は0.5kg/cm~3 に設定して
います。でも、トラブルはひとつもありません。

 これがもしチューブタイプで0.5kg/cm~3 近くまで空気圧を
下げようとするならば、リアのリムにビードストッパーx2個は必要です。
バランスは悪くなって時速80キロ以上で走行したら振れるのが分か
るし(まあフロントはチューブタイプなのでビードストッパー1個入っ
てるから同じといえば同じなんですが)バネした重量も増えますし、
何より、もし万が一パンクしたときの修理が地獄です。
その辺のオフロードバイクいじったことのないバイク屋じゃパンク修理
すらできない可能性もあります。
 そこんとこ、やっぱりチューブレスは山でも比較的簡単にパンク
修理ができる点で優れてると思います。ちなみに私の経験では、パンク
するのってなぜか8割がたリアです。
あと滅多にありませんが、スポークが折れても、スイングアームから
外すことなく、すぐにスポーク交換できるのも、泥水や砂などが
タイヤ内部に入らないのもチューブレスの強みです。

 チューブタイプのメリットは、ズバリ、タイヤを選べることと、
リム自体が安価ということでしょうか。
特にタイヤを選べる種類というのは、もう圧倒的にチューブタイプが
多いですね。セローでエンデューロ向けのタイヤを入れたい人は、
古い225W(リアディスク・チューブタイプ)のホイールを中古で
買って、チューブとビードストッパー入れてます。
なお、チューブレスリムにもチューブを入れればチューブタイヤが使え
ますけれど、さすがにリムを派手に加工しないとビードストッパーは
入りません。ただしチューブレスリムは高価なのでもったいないです。

 セローのように、あまりタイヤを選択する必要のないバイクなら、
チューブレスのほうがメリットある気がしますが、
もう少し走るタイプのオフ車ならチューブタイプの方がいいかもしれ
ませんね。前21インチ 後18インチに限りますが。

 最近のモタード車でオフロード走行しない前提ならば、
チューブレスのキャストホイールのほうがいいと思うんですけどね。

 セロ-225WEに乗ってます。
また、トライアル車も持ってます。←古くてチューブタイプ。

 セローはリアホイールがスポークでチューブレスになっています。

 現在、オフロード車とはいえ、特にトライアルの世界では、
リアホイールのチューブレスは当たり前になっていますよ。

 チューブレスの最大のメリットは、空気圧を下げられるということ
ですね。トライアル競技車は、一般に0.3kg/cm~3ぐらいまで
空気圧を下げて、タイヤをまるでキャタピラのように動作させて、
吸いつくような...続きを読む

Qオフ車 ビードストッパー 付けたほうがいいですか?

オフ車 ビードストッパー 付けたほうがいいですか?

250のオフロードです。
今日、フロントタイヤの交換を終えて、ふと思い出したんですが、ビードストッパーを付けてないなと。
フロントはもうこのままでいいんですが、明日のリアの交換の時は、必要なら付けないと、と思っています。

ビードストッパーは付けたほうがいいでしょうか。
無くても気にするようなこともないでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ビートストッパーの装着の可否については、質問者さんの乗り方に左右されると思いますよ。

まずはオンロードのみ走行の場合です。この様な使用状況ですとビートストッパーなど不要です。

更に言うとビートストッパーなど付けない方が遥かに操安が良くなるでしょう。ビートストッパーって結構重いですから、ホイールバランスが完全に狂いますので。スポークホイールなのでロード用のキャストホイールに比べると、許容範囲が違いますが、それでもビートストッパーの重量増は、大きな影響があります。

次にオンもオフも走る場合です。コレについては判断材料は一つだけ。オフロード走行時に空気圧を落として乗ることが多いか、そうでないかです。

ガレ場やシングルトラックを走る時に、空気圧をかなり落として乗る機会が多いなら、ビートストッパーは必需品になります。低圧ではタイヤとチューブのズレが発生し易いので、チューブの口金が千切れてしまうトラブルの元になりますので。

フラットな林道でほとんど空気圧を落とさないで乗る機会が多いなら、ビートストッパーは不要かと思います。

リエゾン区間もありますから、やはりホイールバランスを考えると、ビートストッパーは無い方がスムーズに走れると思います。

要約すると、シングルトラックなどで空気圧をかなり落として乗る機会が多い方以外は、ビートストッパーの必要性はあまりないと思いますよ。

オフロードの口金対策として、ビートストッパーを使うまでしなくとも、バルブのホイール固定ナットを外して、チューブをフリーにしておくだけで、許容範囲がかなり広がります。
そのままだと、オフでの走行時に泥や砂ガミを起こす可能性があるので、市販のゴムパッキンを付けておくと重宝します。
こういった商品です。
http://www.webike.net/sd/1501463/

上記の固定ゴムを使用する場合、チューブのロックナットはツールボックス等に、1個でいいですから入れておいたほうが良いと思います。理由はパンク時に修理後、空気が完全に入っていない状態で、空気入れの口金をチューブの口金に差し込む事が難しいからです。

この様な場合、一旦固定ゴムをはずして、ロックナットでチューブの口金をホイールに固定してあげれば、空気入れの口金の差し込みシロが確保し易いので、非常に固定し易くなります。ホント入れにくいんですよ(笑)。

一意見ですが、参考にでもなれば。

ビートストッパーの装着の可否については、質問者さんの乗り方に左右されると思いますよ。

まずはオンロードのみ走行の場合です。この様な使用状況ですとビートストッパーなど不要です。

更に言うとビートストッパーなど付けない方が遥かに操安が良くなるでしょう。ビートストッパーって結構重いですから、ホイールバランスが完全に狂いますので。スポークホイールなのでロード用のキャストホイールに比べると、許容範囲が違いますが、それでもビートストッパーの重量増は、大きな影響があります。

次にオンも...続きを読む

Qセローとトリッカーの位置付け

現在セローとトリッカーが気になります。

個人的な趣味でいえば形だけでいえばトリッカーなのですが、雑誌の林道ツーリングなどはセローを結構ほめています。(ツーリングセローのキャリアの積載能力は捨てがたいです)
でもこの2台は兄弟車ですよね?

基本の用途は街乗りで、極たまに林道(といっても砂利道でそれほど険しくない)を走ろうかな?程度です。

でも、近所を聞き歩いても試乗できるバイクショップはありませんでした。
またレンタルバイクも聞いたら、オンロードバイクがメインでこの2台が見つけられませんでした。

それでお聞きしたいのですが、この2台はどの辺が売り(特徴?)なのでしょうか?
見た感じ、セローもトリッカーも私には性能的な区別が付きません。
せいぜいタイヤが微妙に違うのかな?程度(それでもブロックタイヤなんで違いはない????)

何かの雑誌でXT250Xとセローの比較記事をやっていたのですが、そのときは興味がわかずにほとんど流し読み程度でしたが、確かスプロケがセローの方が下(加速?)重視とか書かれていたような気もしますが・・・今となっては・・・

このセローとトリッカーの長所、短所などをぜひ教えてください。
セローはタイヤの選択肢が少ないくらいはわかっているのですが・・・・

現在セローとトリッカーが気になります。

個人的な趣味でいえば形だけでいえばトリッカーなのですが、雑誌の林道ツーリングなどはセローを結構ほめています。(ツーリングセローのキャリアの積載能力は捨てがたいです)
でもこの2台は兄弟車ですよね?

基本の用途は街乗りで、極たまに林道(といっても砂利道でそれほど険しくない)を走ろうかな?程度です。

でも、近所を聞き歩いても試乗できるバイクショップはありませんでした。
またレンタルバイクも聞いたら、オンロードバイクがメインでこの2台が見つ...続きを読む

Aベストアンサー

 どちらも山で乗ったことがありますので特徴を。

 トリッカーの短所は、ホイールサイズのせいでタイヤを選べないことと、燃料タンク容量
あと、キャリアつけても実質的に荷物はほとんど積めません。キャリアはテールランプなどを保護するのと、ゲロ坂で押してもらったりするのに便利なぐらいです。

 セローの短所は、重い←。

 

 オフロードを走ろうとすると、ホイールサイズの問題で、トリッカーは除外されます。
タイヤの選択肢がないのですよ。
セローとトリッカーの良いトコ取りをする、トリッカーフルサイズ化改造が流行っています
「フルサイズトリッカー」で検索してみてください。トリッカーにセローの前後ホイール
を付けて、タイヤの選択肢(とはいえ、トライアルタイヤを履くためですが)を増やして
います。

 これは重くなってしまったセローの代わりに軽量でキャスター角もトライアル車に近いトリッカーをフルサイズ化してトレッキングに使ってしまおうというものです。


 でもまあ、セロー250が1台あれば、街乗りから林道ツーリング、トレッキング、ロングツーリング、何でもこなせてしまいます。
これほどオールマイティなバイクは他にありませんよ。

 どちらも山で乗ったことがありますので特徴を。

 トリッカーの短所は、ホイールサイズのせいでタイヤを選べないことと、燃料タンク容量
あと、キャリアつけても実質的に荷物はほとんど積めません。キャリアはテールランプなどを保護するのと、ゲロ坂で押してもらったりするのに便利なぐらいです。

 セローの短所は、重い←。

 

 オフロードを走ろうとすると、ホイールサイズの問題で、トリッカーは除外されます。
タイヤの選択肢がないのですよ。
セローとトリッカーの良いトコ取りをする、トリッカーフ...続きを読む


人気Q&Aランキング