経理初心者ですが、有価証券と投資有価証券の違いがわかりません。わかりやすく教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「流動資産」の中にある科目で預貯金のうちの定期性預金を除けば、手元資金をリスクのある資産として保有しているものになります。


手元資金を有価証券に換えて保有しているわけですから、流動性の高い資産、つまり短期(会計上で1年以内)に処分し得る資産として流動資産に区分されます。

一方、投資有価証券は、長期的な投資目的で保有するものですから、短期で市場が値上がりしたからといって処分することはありません。
非上場の株式なんかは、その典型です。

流動資産に区分された有価証券だって投資の一種ではないか、という気がしますが、#1の方がおっしゃっているように、会計特有のワンイヤールールという長期か短期かを区分する基準があって、これにもそれが適用されるということです。

もちろん、「有価証券」を1年以内に処分しなかったからといって、「投資」に区分しなおすということではありません。あくまでも、短期で処分をし得るものとして保有しているのかどうかという分け方です。

そして、有価証券の処分損益は経常損益のうちの営業外損益に計上されますが、投資有価証券を処分した時は特別損益に計上されます。
    • good
    • 6

具体的には、有価証券は流動資産の部のうちの棚卸資産として分類されます。


#1の方と同じく、短期所有目的の市場性のある株券、国債、公社債、外貨建ての預金、外貨建ての小切手などがそれに当たります。
投資有価証券は固定資産の部のうちの投資等の内訳として分類されます。
これは長期所有目的のほかに、市場性のない株券(非公開株)等も含まれます。
    • good
    • 6

ごく簡単にいいますと、短期所有目的が有価証券、長期所有目的が投資有価証券です。

会計上、現金預金、売掛債権、棚卸資産等を中心とする流動資産と土地、建物等の有形固定資産や子会社の株式等の固定資産がありますが、金融商品等についてはワンイヤールールという考えにより流動・固定の区別をしており1年以内に売却・償還等により換金する目的があるかどうかで区別します。
ただ、実際に換金されるかどうかまで問われるものではありませんので、あいまいな部分があると思います。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q親の死後、十数年後の不動産及び有価証券の名義変更の方法

11年前に死亡した父の、土地、建物(実家)、株券の名義を変更していなかったのですが、今回変更しようと思っています。しかし下記の事柄がわからないので教えてください。私は一人っ子で母は健在(別居)です。
(1)司法書士に頼もうと思っていますが、今住んでいる近くの司法書士か、実家の近くの司法書士に頼むのか、どちらが良いのでしょうか。又、費用は幾ら位掛かるのでしょうか。
(2)母名義にするのが良いのか、私の名義にするのが良いのでしょうか。
(3)死亡時に名義変更をせず、今頃名義変更する事で何か不都合が生じるでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 お答えします。
 質問1:登記所への申請ですから、物件所在地の司法書士への依頼がよいと思います。貴方との連絡が遠い場合には、不便となりますが、申請には便利です。ただ、貴方の住所地の司法書士で、物件所在地に知り合いのいる司法書士の場合には、貴方との連絡も、申請も便利なので、そのほうがよいでしょう。貴方が一人っ子で、ほかに手続を要する相続人がいませんので、交渉もなく、費用はそれほどかかりません。
 ただ、登録免許税という国に支払う登記料(税金)がありますので、費用がかかるような気がしますが、司法書士に支払う手数料はそれほどでもありません(書類作成代や役所からの証明書交付申請手数料くらいです)。

 質問2:相続税の申告はもうお済みのことと思います。これを前提として、お話ししますが、貴方の単独で登記した方がよいと思います。将来、お母さんが亡くなったときの手続きがなくて済みます。

 質問3:相続を原因とする所有権移転ですから、特に不利益は被りません。

Q有価証券の内訳書の、有価証券売却時の記入すべき金額について

お世話になります。

小さな法人を営んでおります。
この度決算を迎え、勘定科目内訳明細書を鋭意制作中なのですが、有価証券の内訳書でつまづいています。

ある有価証券は、今期中に購入・売却があり、期末現在高は0なのですが、期中増減の明細欄の金額の書き方が分かりません。

購入時の金額は額面通りで良いと思うのですが、売却時の金額は

・有価証券売却益(損)
・為替差益(損)
・所得税の分離課税
・住民税の分離課税

どれを加味した金額を記入すれば良いのでしょう?
上記すべてを加味すると、最終的に銀行に振り込まれた金額ということになります。

また、期末現在高が0だからといって、期中増減の明細欄の購入と売却の金額が貸借して0になる必要はあるのですか?期末現在高と増減の明細はリンクしているのでしょうか?

すみません、期限が迫っているもので教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

> なるほど、では有価証券売却益はここでは無視、で宜しいですか?
> 期末現在高が0ならば購入、売却の金額が差し引き0でないとおかしい、ということですね?

その通りです、有価証券売却益については、同じく勘定科目内訳明細書の、「雑益、雑損失等の内訳書」に記載すべき事となります。

Q有価証券の相続

有価証券の相続

父、一徹が先日死亡し私:順子と弟:飛雄馬が相続する事になりました。
遺言書で「有価証券は、全て飛雄馬に相続させる。不公平にならないように、順子には俺(一徹)の死んだ日の翌月から10年間(120ヵ月)有価証券の配当金を与える。」とありました。

疑問点
・相続の遺産分割は一度にしなければいけないと思うのですが、長期にわたっての相続はいいのか?
・配当金のような未来に向かって、不安定な物を遺言、相続していいのか?
・遺言に従うのは簡単ですが、法的にどうなのか?

一徹の残した財産は有価証券のみで、家や土地は生前に名義変更済みです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>遺言書で「有価証券は、全て飛雄馬に相続させる。不公平にならないように、順子には俺(一徹)の死んだ日の翌月から10年間(120ヵ月)有価証券の配当金を与える。」とありました。

と言うことは、私の例のように、乳牛と牛乳は一体となっているので、株権の所有権は「飛雄馬に」、そこから発生する配当金は「順子に」と言うことはできないです。(民法88、89条参照)
配当金を「法定果実」と言い、基の権利(この場合「株券」ですが)が移転すれば法定果実も移転します。

Q満期保有有価証券→そのた有価証券

満期保有有価証券→そのた有価証券に変更することは可能だと思いますが、
それを2事業年度後には再度満期保有有価証券に変更することはできるのでしょうか?

もし可能出れば、その時の有価証券の評価はその時の時価で評価し、それと額面価額の差を償却減価法にもとづき満期まで償却するのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「債券の保有目的区分の変更に関する当面の取扱い」に基づく処理のことでしょうか。

そうであれば、前段については、同取扱いには2事業年度を経過しなければならないなどという定めが置かれていませんから、同取扱い13項を満たす限り、再度の変更は認められます。

後段については、そのとおりです(同取扱い15項)。

Q被相続人名義の土地の相続人への名義変更について。

被相続人名義の土地の相続人への名義変更について。

ある被相続人には2人の相続人がいます。AとBとします。

Bには相続放棄をさせて、Aの単独相続とします。

被相続人の名義の土地を相続人Aに所有権移転のための名義変更をしたいのですが、

特に相続放棄させるBに関しては、どのような法的書類(実印も含めて)を用意させる必要がありますか?

相続人Aへの名義変更も含めて教えて頂ければ非常に助かります。

また費用も知りたいです。

お願い申し上げます。

Aベストアンサー

「特に相続放棄させるBに関しては、どのような法的書類(実印も含めて)を用意させる必要がありますか?」
→おそらくここでいう「相続放棄」とは家庭裁判所に申し立てる正式な相続放棄ではなく、事実上の相続放棄であると想像します。
Bに関しては、(土地はAが取得する旨の)遺産分割協議書に実印を押してもらい、印鑑証明書を用意してもらえば足ります。

Q投資有価証券が目減りした時のB/Sの変化について

企業が投資用にと有価証券を保有している場合、B/Sの資産側に「投資有価証券」が書き込まれますよね?ではその有価証券が今のような情勢で価値が下がってしまった場合、B/Sにどのような変化が出るのでしょうか?

有価証券評価損を計上するのはP/Sにですよね??

Aベストアンサー

資産の部の投資有価証券が減ります。
それと投機の利益がPL上減るのでBSでは純資産の部の利益剰余金なんかが減ります。

Q法定相続通りの名義変更(家)について教えて下さい

ずっと以前に亡くなった義父名義の家を 息子である夫に名義変更します。

義父⇒昭和45年没
義母⇒平成17年没
義弟⇒昭和38年没

相続人が夫以外にいないので 義父から夫に名義変更できるとばかり思ったら、義父から義母へ法定相続分を相続して、義母の持分を夫に相続する・・・というように、2段がまえでの登記申請が必要だということで、宇都宮法務局から申請差し戻しされることになりました。

私の祖先の土地を叔父の所有名義にするために、3代以上さかのぼって40人位の委任状を集めて登記していたことを思い出すと、なんだか納得いきません。じゃ私の祖先の土地の名義変更は、生きている人40人位とすでに亡くなった人5~60人位の分の、100段かまえ位で登記したのでしょうか?

Aベストアンサー

>二段構えで登記をすると、登録免許税が2回分必要なのではないのでしょうか?

 そのとおりです。ただし、二件目の申請は、持分3分の1の移転ですので、1件目の登録免許税の3分の1額になります。

>また、配偶者の相続分は法定相続では2分の1と思っていましたが、記憶違いでしょうか?

 昭和56年1月1日以降に発生した相続についてはその通りです。しかし、Aが亡くなったのは昭和45年ですから、当時の民法の規定が適用されます。当時の民法では、配偶者と子が相続人の場合、配偶者の法定相続分は3分の1、子のそれは3分の2でした。

>登記が1回で済む方が、おトク(?)な気がするのですが、遺産分割協議書は1通だけ作るのでしょうか?

 その通りです。

>生きている人間は「X」だけだから、現実にはまったく ”協議”はしないで、協議書を一人で作成して・押印するのでしょうか?

 その通りです。この場合は、協議と言うより決定のほうがしっくりくるかも知れません。
 なお、Bの生前、X(成人になってから)とBとの間で、Bがその建物を単独で相続する、又はXが単独で相続する旨の遺産分割協議が成立したが、遺産分割協議書は作成していなかったというのでしたら、遺産分割協議書ではなく、遺産分割協議成立証明書を作成してください。
 なお、Bが単独で取得した旨の遺産分割協議証明書を作成した場合は、申請書は次のように作成してください。

登記の目的 所有権移転
原因 昭和45年月日B相続
   平成17年月日相続
相続人 (被相続人 A)
     X

>二段構えで登記をすると、登録免許税が2回分必要なのではないのでしょうか?

 そのとおりです。ただし、二件目の申請は、持分3分の1の移転ですので、1件目の登録免許税の3分の1額になります。

>また、配偶者の相続分は法定相続では2分の1と思っていましたが、記憶違いでしょうか?

 昭和56年1月1日以降に発生した相続についてはその通りです。しかし、Aが亡くなったのは昭和45年ですから、当時の民法の規定が適用されます。当時の民法では、配偶者と子が相続人の場合、配偶者の法定相続分は3分...続きを読む

Q投資有価証券の売却

過去に4,000,000円で購入した投資有価証券を1,000,000で売りました。この仕訳は

普通預金    1,000,000 投資有価証券 4,000,000
投資有価証券売却損3,047,619仮払消費税   200,000
仮払消費税   152,381

消費税が売却代金にかかるため、消費税差し引き47,619に
した。
この仕訳でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

#2の追加です。

電話加入権は、消費税の課税対象となります。

Q遺産相続不動産の名義変更の時期について

主人が亡くなり妻と子供2人で遺産相続となりました。その中で、居住用マンションと駐車場としている土地の不動産があります。多分相続税はかからないと、思っています。ただ土地やマンションの主人からの名義変更は、現在都会に住んでいる長男の動向が現時点では、はっきりしないため、当分行わずに、現状のままにしておきたいと思います。相続物の名義を前のままにしておいても、不都合はないのですか。後で名義変更した時に、税務署からお尋ねがくるはずです。その時に・・年に相続したものです。というような説明ですむのですか。都合のよい時まで、名義変更は保留しておいてもよいのですか。教えてください。

Aベストアンサー

 こんにちは。
 本来の質問が未解決のようですから、簡単ですが答えておきます。
 私は昨年相続での名義変更を自力でしました。事前に必要書類を調べたりして、ある程度は準備していました。ですが結局登記所に3回行くことになりました。3度目はちょっとした書類の不備で行かざるを得なくなったものですから、入念に準備をすると2回で終わる可能性は高いでしょう。

 ともかくその際に私も質問したのですが、この手続き自体は相続の開始後いつになっても構わないとのことです。ウェブで調べると「1年以内に」と書いてあるページがいくつか目に付きますが、そのようなことはありません。
 尚、登記所は初回はほぼ相談のみで終わります。ある程度準備していると、この書き方では駄目なのでこのように書き改めてくださいとか、あとはこの書類が必要です、とか言われます。必要な用紙や、説明書も貰えますから、時間さえあるなら、とにかく一度相談に行くことを薦めます。
 最後に、登記所では印鑑証明、及び現行ではない戸籍(これ以上改変される可能性が無いもの)に関しては有効期限を設けていません。古いものでもそのまま受け付けてもらえます。私はこれを知らなかったため、無駄に取り直しをしてしまいました。

 こんにちは。
 本来の質問が未解決のようですから、簡単ですが答えておきます。
 私は昨年相続での名義変更を自力でしました。事前に必要書類を調べたりして、ある程度は準備していました。ですが結局登記所に3回行くことになりました。3度目はちょっとした書類の不備で行かざるを得なくなったものですから、入念に準備をすると2回で終わる可能性は高いでしょう。

 ともかくその際に私も質問したのですが、この手続き自体は相続の開始後いつになっても構わないとのことです。ウェブで調べると「1年...続きを読む

Q投資有価証券評価損って何ですか?

企業の決算で投資有価証券評価損というのがあったのですが、これってなんなんでしょうか?

Aベストアンサー

投資有価証券の意味はAno,1のお答えのとおりです。
目前の売買益を目的としないで保有する株式等です。

従来日本では資産の評価損益は計上しないということできたのですが、その当時でも強制評価減という考え方がありました。

これは価額が著しく低下してその回復が見込めないときという条件で、具体的には半額以下になったときには評価損は計上していました。ただし税法上は殆ど認められませんでした。

今は、上場企業では時価会計が標準となり、50%を下回らなくても評価損を計上することになったため、この損失が普通に出てくるようになたのです。

でもこれは評価損ですから、売らない限りはその損は確定ではありません。市場や業績によっては長期的には回復するかもしれません。
その場合は今出した損失は、実際の売却時には利益になるのです。
従って積極的にこの損失を出す会社は、この分将来の含み益を持っているという見方もできます。
どちらかというとこの損失を出しても利益のある会社は健全な会社であるということもできるのです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報