日本の古代都市、たとえば藤原京や平城京、平安京ってヨーロッパ・中国の都市と違って城壁ってものがないですよね。調べたら、外敵がいなかったからだとか、経済力がなかったからだとかいう説明がされていたけど、日本にだって戦乱があり政権は交代してるし、経済力の問題でもまさか一つの都市を作ろうとしてるときに経済力がないなんてことはないと思います。この問題、皆さんはどう思われますか?意見を聞かせてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

 都市の形成過程の違いによるものです。

古代ギリシャや夏殷周の都市は都市国家として成立しました。日本においては古代集落が都市国家といえるかどうかは疑問です。ですから国家が拡大する場合も、ギリシャ的国家は都市同士の同盟などから発展しますし、中国においては都市の支配被支配関係から領土を拡大しています。古代国家の成立をどの時代におくかは別にして、我が国ではある一定程度の支配地域が確立された後に都市機能をもつ「みやこ」を定めています。
 城と都市は本来別のものなのです。先進地域においては都市がそのまま国家として発展することによって城塞都市となったのが、他の地域では安定した地域に「みやこ」をおきますから、戦乱の予測がないところには城をつくりません。藤原京、平城京はまさにそれです。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。都市の形成過程の違いには気づきませんでした。

お礼日時:2001/02/07 17:29

前の「土居」について。


よく考えれば、都ぜんぶが土居に囲まれているならば「土居の内」町なんていう地名があるはずないですね。一部のかぎられた地域が囲まれていたからこそ「土居の内」です。
きっと、水害や防火などの為に、作ったものだったのでしょうね。井戸ではないと思いますが。
    • good
    • 0

全く違った観点から回答します。


中国の都市は城壁で囲まれています。
日本はほぼ無いのですが、各重要な通りには
「門」がありました。大内裏では、建物の密集により
(各家:建物は塀や生け垣で仕切られている)ので、
道(門)が通行路となりました。
また、自然の要因としては「川」平安京では鴨川
「山」比叡山などに囲まれています。さらに、建物の
無いところは、樹木の林や、竹林で、あまり城壁が
必要でなかったようです。中国では、どちらかといえば
乾燥地帯が多く、樹林の発達が少ないので。
「のぞみ500」さんの土井説はつい最近の学説です。
ただ、土の囲み=土囲→土居なのか、土で囲った井戸
で土井か?水には関係があるようですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

森林が多いという日本の特性が関係していたんですね。参考になります。ありがとうございます。

お礼日時:2001/02/05 14:35

 京都に「土居(土井)の内」という地名がいくつかあります。

「おどい」というのは、土手なのですが、川の堤防ではなく、土塁でできた壁というものだそうです。
 ただ、「どい」が現存していないので、平安京は壁で囲まれていなかった、と思われています。古い地図には、絵図が残っているそうですが、私は実物をみたことはありません。たまに歴史サークルのネタになることがあるということです。

 中国やヨーロッパほど、大きな石やレンガが使えず、土だけで作ったために破壊するのが容易で、街を広げるために壊していったのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

壁があった可能性があるんですか。参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/02/03 23:09

西洋と日本古代の一番の差は、外敵の種類ではないでしょうか。

即ち、飛鳥時代以降の日本の館は(今日いうところのお城は古代には存在せず、14世紀以降です。)異民族を想定した防御ではなく、同族の反乱に備えたものと思われます。西洋でも
時代が下れば同族の争いも盛んになりますが、ローマ、ギリシャ、中国などの古代城砦都市は異民族の襲撃に備えて作られていたようです。もう一点考慮すべきは
攻める側の武器の発達と馬の関係もあるかも知れません。騎乗の異民族が、いつどこから攻め込んでくるか分からない時代にあっては、普段から城壁に囲まれた居住地が必要とされたのでしょう。その点日本では周囲の海が城壁の役を果たしたと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。島国の日本では突然騎馬民族が襲ってくるなんてことはないですよね。大変参考になりました。

お礼日時:2001/02/03 22:46

日本の古代都市は朝廷(大王)が覇権を握った証ではありますが、それでも実質は豪族の連合政権によって作られたものですよね。

当時の日本では、島国ですから異民族などに襲われる心配はほとんどなく、朝廷にとって最大の敵は他の豪族でした。しかし豪族たちは、都市の中に住んでいます。したがって、都市の外壁を作っても防御の意味はなかったわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

敵はすでに都市の中にいたんですか。だから外壁なんかを造る必要はなかったってことですよね。ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/03 22:50

日本は都市の守り方の考え方が違うのではないのでしょうか。


聴いた事があることとして、日本は城を守るために町があるそうです。そのため、城下町の道はまっすぐにはしないで、なかなか城にたどり着けない迷路のように作ってあるということです。
まあ、城を落とす、というような言い方があるのだから城さえ無事なら後はかまわないのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。確かに城下町って複雑にできてそうなかんじがします。

お礼日時:2001/02/03 23:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古地図を入手したい

茨城県日立市の古地図を探しています。

具体的には江戸・明治時代の日立駅近辺の古地図が欲しいのですが、そもそも古地図が存在するのかもわかりません。

地元の図書館を探してみたのですが、思うような物が見つかりませんでした。

日立市に限らず、古地図を入手したい場合、どこから入手するのが一般的でしょうか?(国土地理院とか?)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.lib.pref.ibaraki.jp/home/digital_lib/valuable_m/001051356960/Bibliography.html

県立図書館

http://www.lib.pref.ibaraki.jp/home/digital_lib/digital_lib_main.html
他にあるかも。

国土地理院は、基本的には明治以降の陸軍の組織からですので、江戸時代に関しては国会図書館
http://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-honbun-101029.php

Q平城京域での都市的な地区とは?

平城京域では、廃都後も都市的な要素を保っていた地区があったらしいのですが、それはどこなのでしょうか?  また、その地区が存続した理由を詳しく知りたいのですが。
 どなたか、ご存知の方、いらっしゃいませんか?
 よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは

現在奈良に住んでいます!
現在でもそうですが、いわゆる「外京」が、都市として発展していた
ようです。その要因は、寺院です。

鎌倉時代には、大寺院の保護のもとに北市(今の北市町付近)
や南市(今の紀寺町付近)、室町時代には中市(今の小川町付近)
が開かれ商業が発達しました。
さらに社寺と結びついた手工業も発達し、郷に住む人たちの経済力、
政治力が向上しました。室町時代後半に下剋上の風潮がおこり支配層が
混乱したため、郷に住む人たちはしだいに社寺の支配を離れて自治意識が
高くなるとともに、町民として自立するようになりました。

このような動きは、江戸幕府の支配権が確立するまで続きました。
安土桃山時代には、郡山城に入った豊臣秀長の支配下におかれました。
秀長が郡山の繁栄をはかり、強大な興福寺の勢力を抑えるため、ならまちの
商業に統制を加えました。そのため、ならまちは沈滞してしまいます。
江戸時代に入って奈良奉行が置かれると、晒(さらし)や酒などで産業の町
として活気を呈します。江戸時代中期以降、墨以外の産業は衰え、東大寺や
春日大社の門前町としてようやく命脈を保ちます。
奈良奉行として、プチャーチンと日露和親条約を結んだ川路聖謨が有名です。

明治になって、ならまちにも文明開化の波がおしよせて、牛肉店、洋髪の散髪屋
カステラ屋などができました。

こんばんは

現在奈良に住んでいます!
現在でもそうですが、いわゆる「外京」が、都市として発展していた
ようです。その要因は、寺院です。

鎌倉時代には、大寺院の保護のもとに北市(今の北市町付近)
や南市(今の紀寺町付近)、室町時代には中市(今の小川町付近)
が開かれ商業が発達しました。
さらに社寺と結びついた手工業も発達し、郷に住む人たちの経済力、
政治力が向上しました。室町時代後半に下剋上の風潮がおこり支配層が
混乱したため、郷に住む人たちはしだいに社寺の支配を離れて...続きを読む

Q古地図の著作権

古地図の著作権について質問させていただきます。

4月に入学してくる学部生向けの冊子製作担当の教員に
古い世界地図を使いたいとの相談を受け、私がインターネットで検索することになりました。調べてみたところ、めぼしい地図は見つかりましたが、地図にも著作権があるということに遅ればせながら気づきました。
著作権は50年で消滅するとのことですが、この場合インターネット上で公開されている古地図の画像を使用することは可能なのでしょうか。


http://www3.niu.edu/acad/psych/Millis/History/2004/map%20of%20asia.jpg

因みに↑の地図の利用を考えています。

Aベストアンサー

地図そのものではなく、NIUの誰かが古地図を加工(画像化)した新たな著作物という解釈も出来ますが、かなりこじつけです。

著作権50年消滅は、この場合も適用されます。
欧州では70年延長も見られますが、どう考えても、70年以上前の地図でしょう。

基本的に問題はないと思います。

用心のためにというのであれば、画像元のNIUのウエブ担当者に、画像を使わせてほしいと連絡してもよいでしょうが、そちらのほうがハナシがこじれそうですね。

Q平城京跡。

昨日のニュースでチラッとしか見てないのですが
よく意味がわからなかったのですが
平城京跡の朝堂院のあった場所をコンクリートで固めるかどうかで
争議されてるようでした。

朝堂院跡をコンクリートで固めることに
どういう意味があるのですか?

史跡的価値が高まるのですか?

Aベストアンサー

肯定側→国営飛鳥歴史公園事務所平城分室(国交省)
セメントを4%混ぜた土で舗装する。
発掘の3/1が終わっていて、遺構の全体像は判明している。
国営公園化しよう。
今のままでは、利用者が広場を歩けない。
公園としての利便性を向上させたい。
メリットとして、観光客が第一次大極殿に近づきやすくなり、
当時の都の姿をさらに体感できるようになる。

反対側
そもそもここは、地下水位が高い湿地帯です。
このかげで、木簡が1300年間保たれた。
地下水に影響(埋蔵物に影響)し、土ぼこりがまう。

1:自然破壊
2:地下埋蔵遺跡が損傷
3:市民への十分な説明と検討が行われていない
4:地下水への影響を調べていない
5:そちらの独断で、十分な説明もない

ざっくりとこんな感じです。
一番の問題は、保存されてきたのは今のこの状態なのだから
舗装化すると、生態系が乱れ埋蔵文化財が破壊されるのか?

QGoogle Earthで古地図と現在の地図を見比べられる・・・と何か

Google Earthで古地図と現在の地図を見比べられる・・・と何かの資料で見た事があるのですが表示の仕方がわかりません。どうすれば良いのでしょうか?教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

サイドバーを表示して、レイヤの中のギャラリー→ラムゼイ歴史地図にチェックを入れる。
地図上にマークが現れるので、それをクリックすると"古地図"が表示されます。
古地図がある場所に限られます。

Qなぜ残る?平城京&難波宮

 夜分に失礼します。

 来週木曜日から教育実習に行く事になりました。対象は中学2年生、教える内容は歴史の奈良時代からです。
 平城京についての説明をしようと思ったのですが、イメージを生徒にわかそうと思い・・・学校が大阪府寝屋川市にある私立高校なので、平城京近辺に住んでいるもしくは遠足その他で見た事がある生徒は多いと思います。そのため、「近鉄奈良線で西大寺を出た後に広がる公園みたいなのが平城京の跡だよ~、大きい朱色の門が電車からも見えるでしょ」と説明しようと考えています。

 そこでふと自分自身疑問に思ったのですが、なぜ今もあのような広大な規模で残っているのでしょうか?難波宮も、あのような一等地に広い範囲であります。
 今は保護を受けていて、公園のような常態にするよう義務付けられているのでしょうが・・・それまではどのようにして利用されていたのでしょうか?長年農地や住宅地に利用されていたのを、現代に入って発掘調査をし、それから保護されたのですかね~。お詳しい方や地域住民の方、ご回答よろしくお願いします。

 ちなみに私は歴史学(正確には文化史学)を専攻としているので、専門的なご回答もある程度理解できるかと思います。

 夜分に失礼します。

 来週木曜日から教育実習に行く事になりました。対象は中学2年生、教える内容は歴史の奈良時代からです。
 平城京についての説明をしようと思ったのですが、イメージを生徒にわかそうと思い・・・学校が大阪府寝屋川市にある私立高校なので、平城京近辺に住んでいるもしくは遠足その他で見た事がある生徒は多いと思います。そのため、「近鉄奈良線で西大寺を出た後に広がる公園みたいなのが平城京の跡だよ~、大きい朱色の門が電車からも見えるでしょ」と説明しようと考えています。
...続きを読む

Aベストアンサー

ぜひ子どもたちに伝えていただきたいことがあります。
それは、「地名」の大切さです。
谷川健一著『地名の話』で読んだのですが、平城京が奈良のどの辺にあったのかを確定する手がかりが「大黒芝」という地名だったということです。
詳細は添付URL「奈良の昔話」をごらん下さい。

長岡京も地名が手がかりになりました。
http://kyoto-np.jp/kp/rensai/kyuto/ren07.html

参考URL:http://www.mynara.co.jp/1DPic/d1-50.html

Q「Google Earth」で地図収集家の古地図コレクションなどを見る方法について。

下記の記事を読んだのですが、Google Earthでこの古地図で
表示するにはどうしたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

「Google Earth」に地図収集家の古地図コレクションなど追加
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/11/14/13926.html

ニュースリリース(英文)
http://www.google.com/press/pressrel/earth_awareness.html
追加された特集コンテンツの概要(英文)
http://www.google.com/educators/gaw.html
David Rumsey氏がGoogle公式ブログに寄せたコメント(英文)
http://googleblog.blogspot.com/2006/11/old-world-meets-new-on-google-earth.html

Aベストアンサー

ツール→オプション→全般にて言語を英語に変更

英語版として再起動し、左バー下部の”Layers”から、"Featured Content"をクリック、”Rumsey Historical Maps”の一覧から各国の見たい古地図を選択します、東京を見る場合は「Tokyo 1680」をダブルクリックします。

ここに詳しく書いてあります。
http://google-news.seesaa.net/

参考URL:http://google-news.seesaa.net/

Q古代ローマに詳しい方・・・・・

古代ローマ人の識字率とはどのような水準にあったかが知りたいです。お願いします。

Aベストアンサー

明確な回答になってなくて申し訳ないのですが、ヒントとしては支配階級の人口を調べるとある程度推測できた筈です。
現在そのようなデータを調べる術が思いつかないのですが、インテリの比率が判ればある程度判ると思います。

*小説「クオ・ヴァディス」のどこかに凡その数字があった気がするのです、、、3万人とか、30万人とか?

http://www.jipdec.or.jp/chosa/hakusho2001/soron-fulltext.htm
 コミュニケーション感覚の変化
ローマ時代になると征服した国々の書物がローマに集まり,書物を読む層はやや広がりをみせるが,
基本的には聖職者や貴族に限られていた。すなわち,彼らが,ローマにおける知識の保有者だったのである。
また,ギリシア文明の影響で,教養に満ちた書物を読むことが支配階級に広まった。
エリート貴族達は,邸内に書庫を設け蔵書を増やした。さらにこの時代にはギリシア語に代わり[ラテン語]の書物が作られ始める。
そして何より大きな進展は,紀元1世紀頃にそれまでのパピルスを原材料とする巻子本から,羊皮紙などを用いた冊子本に
書物の形状が変化したことである。冊子本は巻子本に比べて製作時間が短縮でき,かつ表裏に文字を記すことができるため,
原材料も少なくて済み,安価に書物が製作できるようになったのである。
その結果,ローマ時代に書物を読む人は相当増えたと思われる。

しかし,ここで注意したいのは,「読む」という行為が現代のわれわれが認識している「読む」行為と同じではなく,
声を出して,そして書物の内容によっては身ぶり手ぶりを加えて文字を読んだということである。
読書は,健康に役立つ運動の一種であるとも記されているほどである。
ローマ時代には,書物に記される内容も歴史や哲学,宗教的な内容だけではなく,詩や劇作など広がりを見せている。
ただ,この後順調に読書の習慣は普及していくのかというとそうでもない。
3~5世紀頃,社会全体でみると識字率が低下したといわれている。
その明確な原因はいまだ解明されていないが,一説には識字率の増加を上回って人口が増加したためではないかともいわれている。

明確な回答になってなくて申し訳ないのですが、ヒントとしては支配階級の人口を調べるとある程度推測できた筈です。
現在そのようなデータを調べる術が思いつかないのですが、インテリの比率が判ればある程度判ると思います。

*小説「クオ・ヴァディス」のどこかに凡その数字があった気がするのです、、、3万人とか、30万人とか?

http://www.jipdec.or.jp/chosa/hakusho2001/soron-fulltext.htm
 コミュニケーション感覚の変化
ローマ時代になると征服した国々の書物がローマに集まり,書物を読む...続きを読む

Qヤフーの「古地図で東京めぐり」

「歴史」カテにて一度質問いたしました。
そちら締めてあらためてこちらで質問いたします。

ヤフーのトップページからのコンテンツで
「古地図で東京めぐり」というのをやっているのですが、
(1)ここに掲載されている古地図はパソコンのソフトとして販売されている物でしょうか?
(2)歴史カテにて「江戸明治東京重ね地図」を教えていただいたのですが、他にはこのような性質のソフトはないでしょうか?

私23区のはずれに住んでおりまして、ヤフーのコンテンツのものだと自分のところがのっていないんです(涙
市販のものがもう少し広い範囲までカバーしているのならば思い切って購入してみようと思います。
ご存じの方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も嵌りつつあるので怖い部類ですが、http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20070125AT1D2504M25012007.htmlによると3/15迄の期間限定の模様ですね。(嗚呼)


世界の地図リンク集等で、古地図も含まれているものがあるのは(2007年2/1)現時点で確かですが、質問者さんが住まわれている地域をカバーしているものがあるか?残念ながら限りなく絶無に近いと覚悟して置くべきかも知れません。
http://hp.vector.co.jp/authors/VA017536/world/map.htm
http://www.geocities.jp/kikuuj/

念の為に、リンクさせて置きましたが域外の場合はhttp://7andy.yahoo.co.jp/books/maps_and_guides/maps/231214辺りを
図書館から借読する方が得策か?と思います。

Q乾燥地帯の古代における手工業について

古代エジプトやメソポタミアなどの生活で、手工業で作っていたものにはどんなものがあるでしょうか。私が思いつくのは、土レンガとか、しっくい、食器、糸つむぎ、機織、衣服、油、刃物などなんですが、ちゃんとした知識がないので間違っているかもしれません。自給自足以外で職人さんがいたような手工業にどんなものがあるか知りたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

エジプトでは、ワインも造っていましたよ。古代貴族の墓の壁画に、ワインを造っている職人さんの様子が描かれています。
工業とは少し違いますが、死者をミイラにするのも専門の人がいました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報