疑問点1: なぜプリンターインクはやたらに高いのか?

 プリンター本体は、今1万円台でも買えるのに、インク代がやたらに高いと思いませんか?どうもプリンターメーカーはこれで元を取ってるんだと思われてなりません。関係ないかもしれませんが、携帯が今までタダか1円などでも、月々の経費が割高だったのと似ているような気がします。

疑問点2: なぜ交換式のインク充填システムを許容しないのか?

 メーカー純正のカートリッジ式のインクの他に、外部の業者が交換式のインクを売っているケースがあり、私も以前大型量販店で買い求め、注入してみましたが、うまくいかず、無駄になった経験があります。メーカー側はインク・カートリッジに関する特許権侵害だ、などと主張して係争になるケースも起こっているようですが(下記サイト参照)、どうして自分たちでも交換式のインク充填システムを開発しないのでしょうか? 地球環境保護の見地からもカートリッジのような不燃ごみ縮減を図り、料金の割安化を実現するのが、正しいと思いますが・・・。
(関連ニュース)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0601/31/n …
http://www17.plala.or.jp/tokamori/printer0.htm
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/200704 …

疑問点3: なぜ使用しないカラーのインクも減っていくのか?

 例えばほとんど白黒の文書ばっかり印刷していても、カラーのインクが減っていくようです。プリンターを起動させる時にインクが少しずつ消費されると聞いたこともあります。
 使用しないカラーは、はじめからセットしなくても起動可能というわけにはいかないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

あくまで私見です。


1.おそらくご明察の通りです。ただし、携帯のようにインクを下げたらプリンター代が今1万円~2万円の物が10万円以上と言うことになりかねません。そうなると、さすがに普及しないと思います。
あまり使わない人(年賀状や多少の写真印刷のみという人)はそれだけのために10万円以上のプリンターは買わなくなるでしょうから。
おそらく、その値段ならインクが今の半額以下になったとしても、私も個人でプリンターを買うかどうか迷いますね。
今のハードとインクの値段なら(多少インクが高いと感じても)買って使うと思いますが。

2.この辺はよくわからないので、パスします。

3.それは機動する度にインクを使ってヘッドをクリーニングするからです。液体のインクですから、ほっておけば固まって印字しなくなりますから。

>使用しないカラーは、はじめからセットしなくても起動可能というわけにはいかないのでしょうか?

はじめから一度も使っていないなら、技術的には可能でしょう。ただしそういう機能は考えていないかもしれませんが。
ただし、あまり使わないと言ってもカラーを一度でも使えば、インクタンクからヘッドまでの経路にインクが流れますからそこに残ったインクが固まることがあるので、クリーニングが必要なことになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
1.あまり使わない人のために本体の価格を抑えるというのは、ある程度わかります。
3.機動する度にインクを使ってヘッドをクリーニングするからなのですね。なるほど。

お礼日時:2007/11/23 14:42


多分そうだろうね。
あと専用紙でもそれなりに取ってると思うよ。


充填?詰め替えって事かな?
これは実はかなり非現実的。
簡単に言うと混ぜるな危険、みたいな状況だから無理、って話だったと思うよ。(危険というか空気に晒すと使い物にならなくなるような原料なので素人が詰め替えると無駄がもっと増える)


No1の通り。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
空気に晒すと使い物にならなくなるような原料なので、カセット方式なのですね。なるほど、少しずつわかりかけてきました。

お礼日時:2007/11/23 14:44

特許です。

先日も訴訟があったばかりです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
特許だから、他社が安易に詰め替え式のを発売すると怒るというのはわかります。しかしメーカーの専売特許になって、市場原理が働かず、価格が割高というのは疑問があります。

お礼日時:2007/11/23 14:48

プリンタの修理屋です。



多くの誤解がございます。
回答1
まず、プリンタの本体価格ですが、10年も前では10万円以上していました。
多くの商品は年数を経るとコストが下がってくるように錯覚していますが、10年で1/10などと言う例はプリンタ位の話でしょう。
ただ、インクの価格は10年前からほとんど変わっていません。

「どうもプリンターメーカーはこれで元を取ってるんだと思われてなりません。」・・・完全に思い違いです。
メーカーはインクで利益を出すためにプリンタを作っています。

某メーカーは黎明期に世界でも通用するカメラを作ろうと頑張って、世界的にも評価の高いカメラが出来たのですが、儲かったのは縁もゆかりも無いフィルムメーカーだったということがあり、「儲けは消耗品で出す」と言う考えが徹底しています。
だから、本体の価格を下げてきたわけです(それも限界のようですが)

回答2
回答1の通り、インクで儲けを出すのですから、何の投資も無く参入してくる業者に対しての対策が必要になります。
自社で規格を煮詰め、苦労して商品化してきたところに、何の挨拶も無く入ってくるのですから。
また、10年以上前のプリンタに比べると、現在のプリンタはコストダウンが進み、メカやシステムを簡素化したため、補充すると不具合が起こる可能性が非常に高くなります。
ごく初期のBJC-820Jなどの機種では補充してもトラブルを起こす可能性は低い作りです。(全体的な性能で現在のものには追いつけませんが)

「地球環境保護の見地からもカートリッジのような不燃ごみ縮減を図り、・・・」
・・・・こういうのをもっともらしいウソといいます。
カートリッジをゴミにしてしまうのはユーザーです。各メーカーともカートリッジのリサイクル(回収)活動は行っています。販売店に回収ポストを置いてあるのを見たことは無いでしょうか?
また、ベルマーク運動も展開していて、PTAで集めているところも多くあります。

さらに付け加えれば、インクが安くなれば必要の無いものを印刷して、インクだけではなく、紙も無駄になります。
カートリッジを不燃ごみとして捨てる人たちが紙のリサイクルが出来るとも思えません。
高騰しているガソリンと一緒で、高い価格は環境保護につながりうることもあります。


回答3
カートリッジを交換してモノクロ印刷できる機種は何度も出ていました。(20世紀の話ですが)
ただ、市場では見向きもされず、コストダウンのために不要な機能は削られました。
「モノクロオンリーの印刷ならレーザープリンタがある」と言うことです。



メーカーじゃぁ絶対に書かないような内容ですが、このカテでもインクコストの高さの指摘は良くあります。
ただ、何を基準として高いと言っているのかは多くの場合不明です。
仕事で使うのであれば、経費がかかるという判断は前年との比較などで容易です。
また、まともな経営者ならコストダウンで一番効くのは、不要なものの削除で、単価ダウンでは無いことを知っているでしょう。
インク代を押さえたければ余計なものを印刷しないのが一番です。

写真を印刷して配るということをしない。(CD-Rにでも焼いて渡せば済む話)
HPの印刷などしない。(画面をハードコピーして画像として保存する)
これだけでもかなり変わるのでは?
    • good
    • 4
この回答へのお礼

目からうろこの解説を頂き、有難うございました。
確かに「儲けは消耗品で出す」という基本姿勢は、メーカー側の企業スタンスとしては当然という気がします。でもやはりもう少し安くならないものでしょうか?
とはいえ、地球環境保全の見地からも、必要の無いものを印刷して、インクだけではなく、紙も無駄になるよりはいいのかもしれませんね。パソコンが利用されるようになって、紙の消費量も上がったといいますからね。出来るだけ画面で保存するように徹底したいと思います。

>各メーカーともカートリッジのリサイクル(回収)活動は行っています。
>コストダウンのために不要な機能は削られました。
「モノクロオンリーの印刷ならレーザープリンタがある」と言うことです。
このようなものを活用するようにしたいと思います。

お礼日時:2007/11/23 15:41

疑問点1:


> インク代がやたらに高いと思いませんか?どうもプリンターメーカーはこれで元を取ってるんだと思われてなりません。
そのとおりです。メーカーは、高いインクを売って、プリンターの開発費を回収しています。

疑問点2:
> どうして自分たちでも交換式のインク充填システムを開発しないのでしょうか?
カートリッジの構造が微妙で、インク補充には、かなりの技術が必要です。ユーザーの技術不足の責任をメーカーがかぶるのはイヤだからです。また「補充回数カウンター」でも付けないと、メーカーの責任のとりようがない、という事情もあります。

疑問点3:
> 使用しないカラーは、はじめからセットしなくても起動可能というわけにはいかないのでしょうか
構造上は可能です。しかし、そのようにすると、そのつど付けたり外したりするユーザーが出てきます。すると、ヘッドの乾燥によってトラブルが起きます。全色セットが必要なのは、液体式プリンターの宿命でしょう。

特許について
「特許権者が長期に利益を独占するのはけしからん」という意見があります。他方で「開発費用がかかるので当然」という反論もあります。私はどちらにも100%の同意はしません。特許制度は、資本主義の下に組み込まれた「必要悪」であって、これだけを単独に取り上げることはできないものです。ただし、時代のテンポを考えれば「保護期間がもっと短くてもいい」とは思います。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

メーカーの経営スタンス上、トラブルを出来るだけ回避するためにも、取扱い方法を出来るだけ簡単にし、どんなお客にも簡単に操作できるようにしておく必要があるということなのですね。
特許が必要悪だというのもよくわかりました。
わかりやすい説明有難うございました。

お礼日時:2007/11/23 15:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHPインク、アマゾンの再生品とは?

HPのインクをアマゾンで買おうとしたら、新品、再生品、詰め替えインク、と3種類の表示がありました。
再生品と詰め替えインクは何が違うのでしょうか?またHPプリンタに再生品もしくは詰め替えインクを使っているかたで不都合があった方がいればどんな不都合だったか教えていただきたいです。

Aベストアンサー

>詰め替えインク

純正品を作っているのとは別のメーカーが作った、使い切ったインクカートリッジに補填して使うインク。
それを買ってきてユーザー自身が補填を行う、だから費用の点では一番安い。

>再生品

しかしインクの補填には結構器用さが必要で、失敗するユーザーもいるしまたその作業を面倒だと思うユーザもいるので、純正品のインクカートリッジをそのメーカーが回収してメーカー側で補填までやって販売するのが再生品。
もちろんその手間の分だけ詰め替えインクより割高だが、純正品よりは安い。

どちらにせよ純正品のメーカーとは異なるので、インクの色などは純正品とは若干異なるかもしれないが、普通に使うなら気にはならないはず。

>またHPプリンタに再生品もしくは詰め替えインクを使っているかたで不都合があった方がいればどんな不都合だったか教えていただきたいです。

個人的にはそのようなことはなかった。

QCanon プリンター MP610を使ってます。インク交換は、純正は価格が高いので互換インクを使って

Canon プリンター MP610を使ってます。インク交換は、純正は価格が高いので互換インクを使ってます。最近、突然、インクカートリッジを認識しなくなって困ってます。ここ数年間、全く問題なく使えてました。Canonに問い合わせたら、純正でないとお答えできませんとのこと。どなたかご経験者の方で対応方法をご教授頂けませんか?よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

まず互換インクと言うのは存在しません。
プリンターメーカーが認めて居ない以上互換インクと言うのは存在してはいけないのです。
ですのでキヤノンが純正ではないとお答えできないと言う事になります。
皆が勝手に互換インクと言っているのは量販店などに使用済みインクタンクの回収ボックスを置いて、それで回収されたタンクを
再使用しているだけであって言わば海賊版みたいな物です。
メーカー毎にインクの成分などを替える訳には行きませんから、同じインクを各社用のタンクへ入れていると言う事です。
再生インクの場合はトラブルが付きものです。
インクカートリッジを認識しないと言うのであれば、インクタンクに付いているROMを認識して居ないと言う可能性も有りますね。
それがインクタンクその物だけの問題なのか、インクタンク側が壊れていたりしてプリンター本体にも影響して本体の回路にも
不具合が生じたのかは判りません。
これはプリンターが保証期間内であっても使用者責任ですので保証外にもなりますから、プリンターを買い換えて今後は
純正インクだけを使う事ですね。
純正外インクは安かろう悪かろうです。
価格は今の半分以下にまで下げられるはずですが、そこまでやればプリンターメーカー各社が訴訟を起こすでしょう。

まず互換インクと言うのは存在しません。
プリンターメーカーが認めて居ない以上互換インクと言うのは存在してはいけないのです。
ですのでキヤノンが純正ではないとお答えできないと言う事になります。
皆が勝手に互換インクと言っているのは量販店などに使用済みインクタンクの回収ボックスを置いて、それで回収されたタンクを
再使用しているだけであって言わば海賊版みたいな物です。
メーカー毎にインクの成分などを替える訳には行きませんから、同じインクを各社用のタンクへ入れていると言う事です。
再生...続きを読む

Qアマゾンでインク購入の時に中古とは?

アマゾンでプリンターンのインクを買おうとしているのですが、中古品とはいうことですか。
再生品というカテゴリーもありますが再生品と中古品とはどう違うのですか?

まさか中古品は使いかけのインクを売ったりしていませんよね?

Aベストアンサー

こんばんは、Amazon自体は中古品販売はしていません。販売しているのはAmazonに間借りしているマーケットプレイスの各販売店でインクは互換品か純正品の箱開封品です。
 購入される場合は、説明内容を見てから買うのと送料が無料の所と有料の所がありますので確認して購入してください。

Qプリンターのインクってなぜ高い?

最近では、8000円程度(以下)で複合機が買えますよね。
インクはと言うと、セットで4000円くらいします。
物にもよりますが、2回インクをセット購入するとプリンターとほぼ同価格です。
いや、それは違いました。
購入時、インクが同梱されているので、単純計算では、プリンターは4000円程度です。
なんと、あんなテクノロジー機器が、ただの?インク液と金額的に同等?
信じられません。
実際は、本体コスト(原価)の方が高いけど、消耗品のインク代で稼ごうと言う戦略なんじゃないんですか?
その方が、購入はしやすいですが。
インクとプリンターって、事実、同等の制作・販売・開発等々コストがかかるのでしょうか?
純正のインクってそんなにコストのかかる代物なのですか?

Aベストアンサー

>実際は、本体コスト(原価)の方が高いけど、消耗品のインク代で稼ごうと言う戦略なんじゃないんですか?
そうです。
元々、カミソリの替え刃から始まったジレットモデルと言うビジネスモデルだそうです。

インクジェットプリンターは、なぜ「ジレットモデル」から抜け出せないのか
http://norihara.livedoor.biz/archives/51644727.html

>その方が、購入はしやすいですが。
広くコストを分散すると思って納得した方がいいかとインクゼットノーズ部だけでも
数万円以上するそうです。

>開発等々コストがかかるのでしょうか?
プリンターを分解すると安価な模造品が流通しても不思議でないほどに内部構造は
非常に単純な事がわかると思いますが、精密なインクゼットノーズ製造・量産性や
耐久性などの技術や特許使用料等で相当な開発コストが掛かるはずです。
今のプリンターは大企業以外は作らない事でもわかるかと思います。

Qプリンタのインクは純正? 純正高いですよね。アマゾンだと安いやつありますが実際の使用感どうでしょう。

プリンタのインクは純正?
純正高いですよね。アマゾンだと安いやつありますが実際の使用感どうでしょう。ダイソーにもありますよね。キャノンやエプソンでも使えますと書いていて。
安いインクを使ったことがある方、使用感を教えてください。

Aベストアンサー

#6です。

>結局、色々自分で使って試すしかないのでしょうか
そうですね。
そういうことになります。
他の回答にもありますが、Amazonのような大手のサイトだとレビューがたくさんあるでしょう。
ああいうのを参考にして考えるしかないです。

自分も目詰まりのこととか書きましたけど、最もつらいのは認識しないものが結構な確率で混ざる商品が流通していることかもしれないです。
認識しないのでは、そもそも印刷ができませんから、良い・悪い以前の話になってしまいます。
そういうのだけでも最大限回避するために、先輩カスタマーの情報はじっくり読まれたほうがいいと思います。

Qプリンターのインクが高いのはなぜですか?

プリンターのインクが高いのはなぜですか?

Aベストアンサー

本体を安く売り、インクで利益を出しているとしか思えない。しかし、純正を買って貰わないと本体だけ安く買われても儲からない訳で、不条理な付属品の代表。

定期的に何か刷らないといけない方は別ですが、家は既にプリンタなしで数年。今やパソコンからUBS等でデータを持ち出せれば、セブンイレブンでプリントも可能。カラーでも確り。写真も家電量販店で刷れる。割高ではあるが、その時にしか使わないなら割安。

Qアマゾン・楽天でインクタンクを購入することについて

お世話になります。
Canon Pixus ip45000を使用しています。インクタンクはBcI-7eシリース゛
です。これまでインクタンクは、店頭販売でしか購入したことしかありませんでした。
理由は取り付け期限を自分で確認してから買えるからです。
プリンターの使用頻度は極端に少ないです。ストックしておいても、取り付け
期限がいつも気になります。

アマゾン・楽天で購入した場合、取り付け期限はどのようになっているので
しょうか。安売りで、取り付け期限ぎりぎりの商品がとどいたらと心配です。

もし、みなさんインクタンクを購入されるとしたら、店舗販売ですか。ネット通販
ですか。楽天にコジマ楽天ショプとかもありましたが、店舗販売と同様に安心
して買えますか。

もちろん商品は純正です。よろしくお願いします。

アマゾン
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_2?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dcomputers&field-keywords=canon+%83C%83%93%83N%83%5E%83%93%83N+bci-7e+

楽天
http://search.rakuten.co.jp/search/mall/canon+%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%82%AF+bci%EF%BC%8D7e/-/

お世話になります。
Canon Pixus ip45000を使用しています。インクタンクはBcI-7eシリース゛
です。これまでインクタンクは、店頭販売でしか購入したことしかありませんでした。
理由は取り付け期限を自分で確認してから買えるからです。
プリンターの使用頻度は極端に少ないです。ストックしておいても、取り付け
期限がいつも気になります。

アマゾン・楽天で購入した場合、取り付け期限はどのようになっているので
しょうか。安売りで、取り付け期限ぎりぎりの商品がとどいたらと心配です。

もし、みなさんイ...続きを読む

Aベストアンサー

#1です

>>〉AmazonはAmazon自身が販売するのなら問題はなし
>についてもう少し詳しく教えてください。

1-2回Amazonで購入しましたが期限ぎりぎりのようなものはありませんでした。
Amazonはずーっと商売していますから、そんなに悪評が継続して立つようなことはしないでしょうということです。
Amazonで探しても、Amazonが楽天のようにオンラインショップの場所だけ提供している場合も多々あり、しょっちゅう名前を変えるようなショップは怪しいです。

Q昇華インクは顔料インク用のプリンターと染料インク用とどちらで使えますか?

(布などに昇華転写プリントするために)インクジェットプリンターで、昇華転写用の”転写紙”に写真を印刷しようと思います。
EPSONの場合、PXの型番なら顔料インクで、PMの型番なら染料インクとのことでした。
(次の質問ページ(一番目の回答者)より)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1244282.html
”昇華転写用のインク”がありますが、これを詰め替え用カートリッジに入れて使うとすると、プリンターの機種は顔料用の機種、染料用の機種、どちらの機種を選べばよいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も「昇華型インクって何?」と思いましたら、あるんですね~これが。
http://www.daiko2001.co.jp/ink/product/epson/pro-sublimation.shtml

このインクを使って紙に印刷することで「昇華型の熱転写シート」を作るコトが出来ると考えて良いのかな?
熱プレスすることで転写するので、加熱してインクを噴射するキヤノンのバブルジェット方式には使用できないため、電気的に噴射制御するピエゾ式のプリンタ専用と言うことなんですね。

ホームページを見る限りでは、ピエゾ式ヘッドを持っていることが条件で、染料インク・顔料インクやプリンタの型は問わないようです。
http://www.daiko2001.co.jp/ink/epson/ep-sublimation.shtml

しかし全く違う組成(と思われる)インクを使用するわけですから、発色がどうなるか?タンク内やヘッドで純正インクと混ざったときに故障の原因にならないか?(少なくとも「今日は純正インクで普通紙印刷、明日は昇華型インクで転写シート印刷」なんて使い方は出来ないでしょう)などなど、不安要素が多いので自己責任で判断しましょうね。

私も「昇華型インクって何?」と思いましたら、あるんですね~これが。
http://www.daiko2001.co.jp/ink/product/epson/pro-sublimation.shtml

このインクを使って紙に印刷することで「昇華型の熱転写シート」を作るコトが出来ると考えて良いのかな?
熱プレスすることで転写するので、加熱してインクを噴射するキヤノンのバブルジェット方式には使用できないため、電気的に噴射制御するピエゾ式のプリンタ専用と言うことなんですね。

ホームページを見る限りでは、ピエゾ式ヘッドを持っていることが条件...続きを読む

QPLXUS MG6930のインクカートリッジですが・・やっぱりアマゾンが一番安いですかね・・・

なんとインクヘリが早いこと・・・昔はもっと持っていた気がしますが・・気のせいですかね
 これだったら!プリンタはただでいいはずですよね・
ところで、やっぱりアマゾンが一番安いですかね、よろしくお願いします。

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AD%E3%83%A4%E3%83%8E%E3%83%B3-%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%B8-BCI-371-370-6MP/dp/B014GRU0GG/ref=sr_1_6?ie=UTF8&qid=1472229803&sr=8-6&keywords=mg6930+%E4%BA%92%E6%8F%9B%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AF

Aベストアンサー

決算時期は特売やキャッシュバックやっていますけど、
皆が純正品を購入する条件なら、無料でも良いでしょうねw

1万円そこそこ以下のインクジェットプリンターは、
互換インクとか補充インクで良いと思いますよ。
特に大量印刷なら尚更で、3回以上の交換でプリンター本体が買えますから。

自分は3台のインクジェットプリンターを使い分けていますが、1台(大量印刷用)は補充インクを利用して、本体は1年程度毎で故障&使い捨てますw
その他のメイン機と複合機は、純正品をアマゾンで購入。(こちらはあまり使わないのでインクは半年~年1回程度の購入で、本体は4年程度の利用かな)

Qインクジェットプリンターについての基本的な疑問

基本的なことが分かるサイトを教えてください。
最近、しばしばプリンターのトラブルに見舞われていますが、基本的な知識がないので、うまく解決できません。ここでお答えいただくには以下の質問数が多いので、初心者のためになるサイト(または書籍)があれば、教えてください。純正品があまりに高価であることを考えると、情報に対する投資は、惜しくないと思います。

(1) インク詰め替えで、最も起こりやすいトラブルは何ですか。
(2) 最近は、化学分析技術が非常に進歩したので、純正品との混用で想定外の化学反応を起こすような詰め替えインクはない、と思いますが、そのように信用してもよろしいでしょうか。
(3) 詰め替えは3~4回が限度といわれますが、どこが傷んでくるのですか。回数を伸ばすコツがあるのですか。
(4) 残量検知のICは、物理的に何を調べているのですか。ICがなくても分かる製品もあるのに、なぜわざわざ複雑にしてまでICを使うのですか。
(5) 単純な検知と思われますが、なぜあんなにICのピン数が多いのですか。
(6) 残量が十分あるうちにICリセッターをかけると、どんな不都合を生じるのですか。
(7) カートリッジが悪いのかヘッドが悪いのか、簡単に見分けられますか。
(8) しつこいヘッドの目詰まりは、メーカーに修理に出す以外に手がないのですか。市販の目詰まり解消キットは有効ですか。
(9) このサイトでよく推奨される詰め替えインクがありますが、何が優れているのですか。インクの化学的性質ですか、それとも器具類の設計の良さですか。
(10) 昔は、プリンターのマニュアルに「非純正品は目つまりの原因になります」と書いてありましたが、最近は「正しい色が出ないことがあります」に変わりました。このことは、プリンターメーカーが「詰め替えインクには、目詰まりなどのトラブルを起こすような技術的欠陥がない」と認めたことになるのでしょうか(「ない」のに「ある」と書けば営業妨害になりますからね)。

基本的なことが分かるサイトを教えてください。
最近、しばしばプリンターのトラブルに見舞われていますが、基本的な知識がないので、うまく解決できません。ここでお答えいただくには以下の質問数が多いので、初心者のためになるサイト(または書籍)があれば、教えてください。純正品があまりに高価であることを考えると、情報に対する投資は、惜しくないと思います。

(1) インク詰め替えで、最も起こりやすいトラブルは何ですか。
(2) 最近は、化学分析技術が非常に進歩したので、純正品との混用で想定外...続きを読む

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

プリンタの修理でのコストで結構なウェイトを閉めるのがインク代です。
何とかクリーニングで直るかもと思いクリーニングを続けて、気が付くと1セット空と言うことは何度もあります。
商売柄、表向きは純正派なのですが、経営者として考えると安いものをとなります。全く問題の無いものがあれば(許容できる範囲内のリスクであれば)、飛びつくかも知れません。

ただ、その方向に走らない理由はいくつかあります。
まず、使用量の変化で影響を受けやすいものがあるということ。
ガンガン使う人は問題ないけど、たまにしか使わないと目詰まりが多いとか、その逆のパターンです。
不思議なくらいトラブルを起こす人と起こさない人がいます。

基本的にインクタンクの寿命は避けられず、定期的に新しいものにする必要があること。

キヤノン雄場合はインクを過熱して発砲させ、その泡のはじける勢いでインクを飛ばしています。
過熱したときの物性の保障があるなんて聞いたことがありません。


それと、これがトドメなのですが、以前(7~8年くらい前)にホームセンターで見た詰め替えインクのパッケージで「他のインクと混ぜると固まる恐れがありますので、混ぜないように」と言うコメントを見ました。
当時はインクがヘッドの中で固まってしまい、吸引しようがエアで吹こうがインクが通らないものが続発していました。

以上のような理由で純正品を使い続けてます。

ただ、不思議なのは(詳細の講習は受けていませんが)インクを飛ばすメカニズムを考えると、エプソンよりもキヤノンの方が弱いように思いますが、世の中の評価ではエプソンの方が不評のようです。

プリンタの修理屋です。

プリンタの修理でのコストで結構なウェイトを閉めるのがインク代です。
何とかクリーニングで直るかもと思いクリーニングを続けて、気が付くと1セット空と言うことは何度もあります。
商売柄、表向きは純正派なのですが、経営者として考えると安いものをとなります。全く問題の無いものがあれば(許容できる範囲内のリスクであれば)、飛びつくかも知れません。

ただ、その方向に走らない理由はいくつかあります。
まず、使用量の変化で影響を受けやすいものがあるということ。
...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報