人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

こんにちは。
高2のflankです。

いま、世界史でオスマン帝国のあたりを勉強しています。
そこの、スレイマン1世のところでイェニチェリがでてきたのですが、
なぜ、イェニチェリにはキリスト教徒を使ったのでしょうか?

イスラム教のオスマン帝国ならイスラム教の人を使えばよかったと
思うのですが・・・。

返信よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

意味 財産」に関するQ&A: スル財産の意味は

A 回答 (5件)

イエニチェリは、皇帝に使える奴隷戦士です。


奴隷と言いますとアメリカにおける黒人奴隷を想像してしまいますが、イスラム圏での奴隷は、全く異なり、イスラム圏で出世するためには、奴隷になる事が、最も確実な出世方法でした。
イスラム圏での奴隷は、主人の代理としての権限を持ちます。
場合によっては、大臣や総督、貴族になる事も可能でした。
その代わり、主人への徹底した忠誠を求められました。
主人に見捨てられたり裏切った奴隷は、惨めな最後となります。
そのため、奴隷は、主人に対し徹底した忠誠が求められ、その代わり栄誉や利益が主人から与えられます。
一方一族の者は、相続順位が確立していない事もあり(実力のある者が支配者となる原則があった)、信頼できる家臣ではなく、スキを見せればすぐに裏切りかねない人達でした。
そのため、主人が心を許せるのは、奴隷達だけといった状況でした。

そのためイエニチェリは奴隷ですが、皇帝の近衛隊として戦争に投入されました。
近衛隊ですから、最前線に配属される事はほとんど無く、他部隊に比べ損害も少なく、追撃などに使われたため、手柄や栄誉を手に入れ安い部隊でした。

イエニチェリとして、キリスト教徒を利用したのは、イスラム教徒に比べ利権にかかわっていない事があげられます。
皇帝の近衛隊として近くにいる者が、皇帝の敵対人物の近親者であったり、敵性人物と関係の深い人物であると、寝首を掻かれる可能性があるため、それを避ける意味がありました。
また、キリスト教徒から改宗させ育てる事により、キリスト教世界からも切り離す効果もありました。

また、初期のオスマン=トルコでは、キリスト教社会、特にビザンツ帝国に憧れる面が有ったように見えます。
そのため、首都もブルサから東欧のアドリアノプール、コンスタンティノープル(イスタンブール)へと移しています。
その中で、皇帝の身の回りには、キリスト教圏の奴隷が多く存在するようになります。(文官や女官も)

また、トルコでは、キリスト教徒のイスラムへの改宗は、極力行わせない方針で臨みました。
そのため、トルコの進出により勝手にイスラム教徒となったボスニア人に限っては、キリスト教徒とみなされて統治されました。
    • good
    • 0

皇帝直属の軍隊は、皇帝個人にのみ忠誠を誓うという意味で、すべて奴隷でした。


あるいは、軍隊は兵隊になる人間を「購買して」一生涯生活を保障するという意味でも皇帝の私的財産という意味で、奴隷と言うしかありません。
皇帝の直属軍を奴隷をもって構成するのは、オスマン帝国独特の制度ではなく、当時のイスラム圏においては通常の行為です。そもそもトルコ人自体が、奴隷として軍人にするために中東地域に移民(?)してきた経緯があります。
一般的な奴隷という意味と違うことに関しては、そのものずばりインドの奴隷王朝に関する下記の説明をご覧ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%B4%E9%9A%B7% …
上記にもありますが、エジプトのマムルーク朝も、軍人として奴隷になったになりマムルークと呼ばれた人々が王様になったのでマムルーク朝と言われています。

オスマン帝国の場合、現在の東欧圏が主要な支配範囲であり、初期の奴隷供給が戦争に敗れた人々(=キリスト教徒)であったことから、すんなりとキリスト教徒が皇帝の私的軍隊の中核になっていきました。
    • good
    • 0

オスマン帝国がイスタンブール周辺に誕生し、その後帝国を広げて


いく訳ですが、当時周辺にはビザンツ帝国の領民であったキリスト
教徒が多くいました。
イスラムを国教とするオスマン帝国にとって、彼らキリスト教徒の
処遇は「皆殺し」「追放」「改宗」の3つしか方策はありません。

「皆殺し」の場合、強い抵抗にあうし、他のキリスト教国家の反感も
ありえます。それに、キリスト教徒たちは教育を受けて高い知識を
有する者が多く農業・建築技術に長けている人材が多かったので、
「皆殺し」は得策ではありません。
「追放」だと、国外で反オスマン勢力を組織する可能性が高い。
結局、「改宗」させて帝国内に取り込む方策をとりました。

その手順として、キリスト教徒の親もとから子供だけを連れ出し
イスラムの家庭や農場で働かせて、時間をかけ丁寧にイスラムに
改宗させていく方法を実行しました。

その結果、イスラムや帝国や皇帝に強い従順な意思を持った人間が
出来上がったのです。
彼らは、純粋培養で育ったので向学心に富み連帯感も相当なもでした。
彼らを兵士にしない手はありません。
こうして、イェニチェリが誕生します。

「イェニチェリをキリスト教徒から作り上げる」という思考ではなく
「キリスト教徒出身の子供をイスラムに教育したら、イェニチェリに
なれた」というのが正確な表現です。
つまり、「思いもがけない産物」だったわけですね。

その後イェニチェリの有効性を知り、積極的にキリスト教徒からの
イェニチェリ編成が行われるようになったわけです。

帝国が東欧に進出するに従って、「材料」のキリスト教徒はいっぱい
いましたしたから、無理にイスラム教徒から引っ張ってこなくても
よかったのです。
それに、イェニチェリ同志の連帯感は相当なものですので
既存のイスラム教徒は入りづらかったようです。
    • good
    • 0

イエニチェリは全てイスラム教徒です。


キリスト教徒の少年から選抜しイスラム教に改宗させて、スルタンのみに仕える有給の近衛軍団を形成していました。

彼らは家族を持つことは許されませんでした。 これは戦意が減少する事を防ぐためです。
このようなシステムでしたから彼らは戦場で勇猛に戦い、重要な局面に集中投入され、勝利に貢献する事がおおかったのです。

少年時代から戦闘訓練だけを集中して施された為それ以外の事に無知でした。

オスマントルコの軍隊は多くの種族からなる混成軍で必ずしもイスラム教徒だけで編成されていた訳ではありませんでしたからスルタンは近衛兵だけは純粋なイスラム教徒からなるイエニチェリを身辺においたのです。
    • good
    • 0

イエニチェリはキリスト教徒の子供をまだなにもわからない小さい頃につれてきてムスリムとして徹底的に教育し、スルタンの忠実な近衛兵としたものです。


同じムスリムの子供をそのように扱うのはイスラム教の教義上からも問題りますので、異教徒のキリスト教徒の子供をつれてきたのでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q母乳を与えているとき、感じるのですか?

こんにちは。ヘンな質問をして申し訳ありません。
28歳既婚子供なし女性です。
30歳までには子供を・・・と考えています。

数年前から、なんとなく気になっていることがあります。
それは、タイトルどおり、
母乳を与えているときに、感じる(性的に)ものなのか?
ということです。
こんな質問、ほかの人には聞きにくいし、
でも気になるし・・・と考えあぐねた挙句、
こちらに質問させていただきました。

くだらない質問かも知れませんが、
教えていただけると、うれしく思います。

Aベストアンサー

私もパンパンに張ったおっぱいはとても痛くて、それを吸ってもらえると少しずつ楽になるので「はあ・・」っていう快感はありました!
ずっとおしっこをガマンしてて、トイレにいけたときのような快感です(^^)

でも子供も1歳半を過ぎ、夜中などほとんど飲んでるというより口寂しくてチロチロと吸うというよりくわえたり離したり微妙に舌だけあたってたり(寝ているときなど子供はチュウチュウと数回口を動かしては止まったり繰り返すのですが)したときは、ムズムズ変な感じがしました・・(*--*)

私は寝ているので子供は勝手におっぱいを出してくわえてるのですが、何度か主人と間違えて「もう!眠たいからやめてっ」と顔を突き放したら子供だった・・ということが多々あります~(笑)

それまで子育てが大変で主人とそういう気にもなれず、子供も夜中に授乳が必要でなくなりただ口寂しさに吸うようになってから↑のように変な気分にさせられることが多くなり、やっと思い出した!?わけじゃないけど主人を受け入れるようになれて二人目ができました(^^)

くだらないお話で済みません・・

私もパンパンに張ったおっぱいはとても痛くて、それを吸ってもらえると少しずつ楽になるので「はあ・・」っていう快感はありました!
ずっとおしっこをガマンしてて、トイレにいけたときのような快感です(^^)

でも子供も1歳半を過ぎ、夜中などほとんど飲んでるというより口寂しくてチロチロと吸うというよりくわえたり離したり微妙に舌だけあたってたり(寝ているときなど子供はチュウチュウと数回口を動かしては止まったり繰り返すのですが)したときは、ムズムズ変な感じがしました・・(*--*)

...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q世界史B 武装中立同盟について

武装中立同盟について簡単にわかりやすく教えてください。

イギリスを孤立化させようとして、ロシアのエカチェリーナ2世が提唱したのは分かるのですが、
同盟の内容がいまいちわかりません…

よろしくお願いします<m(__)m>

Aベストアンサー

武装中立同盟は、二回(1780~1783、1800~1802)ありましたが、
この同盟の意義は、イギリスによって行われていた中立国の船舶に対する、
乱暴な海上臨検や船体と積荷の差し押さえ、通商の妨害に対抗するものです。

本質的には、イギリスを孤立させる目的ではないです。
逆に、イギリスが一回目のアメリカや二回目のフランスを、
孤立させる海上封鎖政策をしていたのです。
これらの国とも貿易していたヨーロッパの中立国にしてみれば、横暴きわまったわけで、
そういった経済的損失を被らないように、中立国が団結して、
外交的圧力をイギリスにかけて思いとどまらせるのが目的です。
それが結果的に、イギリスの外交上の孤立化ということになっただけ。

だから武装中立。動機は、同盟諸国の国益の保護で、イギリスと直接対決するわけでもない、間接的なものです。
(ただし1800年の場合はイギリスはデンマークのコペンハーゲンを強襲し、
ハンブルクとデンマークに武装中立同盟からの離脱を強要した)

当時、国際紛争を解決するような機構が存在せず、
国家間紛争が二国間協議に依存していたため、
中小国は不利益を被っていました。

武装中立同盟は、二回(1780~1783、1800~1802)ありましたが、
この同盟の意義は、イギリスによって行われていた中立国の船舶に対する、
乱暴な海上臨検や船体と積荷の差し押さえ、通商の妨害に対抗するものです。

本質的には、イギリスを孤立させる目的ではないです。
逆に、イギリスが一回目のアメリカや二回目のフランスを、
孤立させる海上封鎖政策をしていたのです。
これらの国とも貿易していたヨーロッパの中立国にしてみれば、横暴きわまったわけで、
そういった経済的損失を被らないように、中立国が...続きを読む

Qイェニチェリについてです。

オスマン帝国のイェニチェリはどうしてキリスト教の子弟を改宗させて徴兵する必要があったのでしょうか。
わざわざトルコ内のムスリム達を避けてまで彼らを選んだ理由を教えていただきたいです。

Aベストアンサー

二つ理由があるかと思います

1 宗教は社会集団
2 ムスリム領主は潜在的には皇帝のライバル
3 兵種の変容

2番から。
理解の補助線として江戸時代を考えてみる。
外様大名とか親藩、譜代とか御三家とかありましたが、外様大名は潜在的には敵です。また御三家や親藩も将軍個人の立場で考えると、敵です。
※ 歴史小説で、徳川忠長(家光の弟)の陰謀とか、徳川頼宣の陰謀(由井正雪の黒幕と疑われた事実もあります)とかあるように、近しい親族ほど危険な存在です。実際にオスマン帝国の皇帝継承では、兄弟での殺し合いがよくありました。
家光にとってもっとも信頼が置ける部下は、子供の頃から育て上げられた小姓出身者である松平信綱などです。
このへんの江戸時代の体制づくりのオスマン帝国版がイェニチェリと言えます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%A7%E3%83%8B%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AA
「トルコ系軽騎兵の軍事力に頼らない君主の直属兵力として創設された。」以上引用
なので、皇帝は直属の兵力を必要としていました。
では、なぜその直属兵が、騎兵ではなく歩兵でありそしてムスリムでなくキリスト教徒だったのか?

3 兵器の変容
14世紀後半からイェニチェリが始まります
http://en.wikipedia.org/wiki/Military_Revolution
ちょうど世界史的に軍事革命が進み、歩兵の重要性が拡がりました。
first an “infantry revolution” in the 14th century, < 以上引用
日本で言えば、南北朝時代くらいから「足軽」が兵種として拡がり、集団戦に移行していきます。


オスマン皇帝の取ってみれば、新しい兵種である歩兵を潜在的に敵である独立心の強い軽騎兵の集団から採用するより、皇帝の言うことをよく聞く集団から採用したほうが、「安心・安全」となります。
そして、キリスト教からムスリムに改宗するということは、それまでの社会集団から切り離すことになります。
現代人は宗教を個人的なことを考えますが、当時においては、宗教を変えるというのは、その元々の社会集団から分離することを意味しました。
それまでの社会集団から皇帝のみを信頼する集団に移すというのが、キリスト教からムスリムに改修するという行為になります。

わざわざトルコ内のムスリム達を避けてまで彼らを選んだ理由

皇帝のみを信頼する集団を作る必要性と機会があったから

二つ理由があるかと思います

1 宗教は社会集団
2 ムスリム領主は潜在的には皇帝のライバル
3 兵種の変容

2番から。
理解の補助線として江戸時代を考えてみる。
外様大名とか親藩、譜代とか御三家とかありましたが、外様大名は潜在的には敵です。また御三家や親藩も将軍個人の立場で考えると、敵です。
※ 歴史小説で、徳川忠長(家光の弟)の陰謀とか、徳川頼宣の陰謀(由井正雪の黒幕と疑われた事実もあります)とかあるように、近しい親族ほど危険な存在です。実際にオスマン帝国の皇帝継承では、兄弟...続きを読む


人気Q&Aランキング