今日使われている「サプライズ」の意味は【surprise】の意味「驚かせること。また、驚き。」だと思います。しかし、最近ではそれ(本来の意味)は隠語となり「驚かせるための計画及び、その計画を実行すること。」となっていると思います。
 ここに私の考えですが最近ではサプライ【supply】の意味の「供給。」「奉仕。」も多少含まれた当初より幅の広いものになりつつある
と思うのてすが、この件・考察について意見をおねがいいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

音は似ているようですが、関係ないと思います。


Do you want a surprise?
とは言えても
Do you want a supply?
ではまったく違うかんじになりますし...
(Do you want a supply?なんて聞いたことないですが比較のため作ってみました)
違和感ありますね。
しかし、考えてみると...
サプライの中にサプライズが含まれてもおかしくないなと私は思います。

supplyして、supplyしたことによってsurprizeするというかんじでしょうか。

言葉は幅が広くておもしろいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。
 日本人は一定の語学力がある人を除いては「音」、すなはち「聴覚」や「リズム」によって本来の意味とは違う言葉が生まれやすい気がしています。略語がその代表だと思います。
 私もビジネス上では少し危険な考えかもしれませんが、幅が広がる面白さを感じています・・。

お礼日時:2008/01/01 19:15

おそらく「サプライ」には無関係でしょう。

そういう意識では使っていないはずです。というのは、言葉がある程度定着するためには、使う側と読む・聞く側がその言葉=概念を共有するということが必要ですから。万人がサプライを知っているとは思いません。

これは何も外来語だけではないでしょう。

せっかくですから「サプライズ」に似ている「どっきり」を考えてみますと、胸の動悸の「ドキドキ」から「どっきり」が副詞としてあるいは「どっきりする」動詞として使われ、今ではだまして驚かせる企画そのものに使われていますね。
これを「サプライズ/サプライ」のように考えますか?

母語でさえこれですから、まして、そんなに外来語としてみーんな知っているとも思えない「サプライ」を付け足して「サプライズ」を解釈する、ということはないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 的確で丁寧な回答、ありがとうございます。
 私は語学の知識に乏しい反面、時代時代の文化・言葉等に子供的な感覚上での興味や好奇心がありますので質問させて頂きました。
 また、機会がありましたら宜しくお願い致します。

お礼日時:2008/01/01 19:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q隠語というものの存在の意味

 日本語を勉強中の中国人です。隠語というものはなぜ存在するのでしょうか。たとえば、寿司店では、醤油を「むらさき」、お茶を「あがり」、ご飯を「しゃり」、玉子を「ぎょく」、お勘定を「おあいそ」とよく言うようで、職人さんをはじめお店の人どうしが使うようです。特定の社会や集団、仲間うちだけで通用する、いわば業界用語と言える隠語というものはなぜ存在するのでしょうか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、貴方の文章は全く違和感のない自然なものです。
敢えて訂正する余地はありません。

隠語の発生に関しましては、以下の様な理由が考えられます。

1,面倒なので、長い単語を略したため。
2,仲間内での一種の権威付けのため。
3,他に分からない用語を使うことで集団の結束を強めるため。
4、身内以外の者から内容を隠すため。(符丁)

恐らく中国語でも、同じような表現方法があると思いますが
如何でしょうか。

Q「本来の彼の力」の本来はどこにかかりますか?

私は、「彼」にかかるとおもったのですが、答えは「力」でした。ですがその理由がわかりません。なぜこうなるのか、なぜ「彼」にかかってはいけないのか、詳しく教えてください。

Aベストアンサー

 こんばんは、学生達のレポート提出を先程に締め切り少しばかり時間も空いていますので、お話しします。
「助詞『の』」はその使い方によって様々な理解の仕方を示します。それだけに使い方を誤りますと文のニュアンスを読み取る場合に困難を生じさせる原因ともなる厄介な存在でもあります。
 例えば「彼の本」という場合は「彼が持っている本」「彼について書かれた本」と少なくとも二通りの解釈も成り立ってしまいます。
 ではその違いを「どうすれば見極めることができるか」との疑問に応え、そのための方法を理解することが必要となります。
 具体的に追ってみましょう。でもその前に一つ。「文には主語(または主部)と述語(述語)」があります。これは日本語でも英語などの外国語でも同じです。けれども日本語では「時として、主語が省略される場合」がしばしばありますが、述語が省略されるケースは殆どありません。述語は「述べたいことを示す部分」ですから、それがなければ文として成り立つ可能性も極めて低いからです。「○○は~である」が「~である」であっても、前後の文脈からは主語を推測して補うことも可能ですが、述語は「である」の部分ですから、それがなければ意味不明となってしまいます。この例題では、その肝腎な部分が欠落しているため、あくまでも憶測でしか判断できませんので、これはあくまでも私個人の理解として受け止めていただければ幸甚です。

 ではこの文にある二つの言葉の位置を入れ替えてみましょう。すると「彼の本来の力」となりますね?。この文にある「の」を別の格助詞に置き換えると「彼が持っている本来の力」となります。すると「彼が持っている力」に対し、それは潜在的に持っているとの説明を示すことになります。
 「彼の本来」としても、それは「彼が本来的に持っている」として「力」を修飾する言葉になります。本来的には少しおかしな言葉の使い方になり、普通は「生まれつき」や「生来」などの表現が適切です。

 こんばんは、学生達のレポート提出を先程に締め切り少しばかり時間も空いていますので、お話しします。
「助詞『の』」はその使い方によって様々な理解の仕方を示します。それだけに使い方を誤りますと文のニュアンスを読み取る場合に困難を生じさせる原因ともなる厄介な存在でもあります。
 例えば「彼の本」という場合は「彼が持っている本」「彼について書かれた本」と少なくとも二通りの解釈も成り立ってしまいます。
 ではその違いを「どうすれば見極めることができるか」との疑問に応え、そのための方法...続きを読む

Q隠語で教えて欲しいです。

「やまもり」ってどういう意味ですか?
多分関西地方で使われると思うんですが、わかる方お願いしますm(__)m

Aベストアンサー

生まれも育ちも大阪で、50年近く生きていますが、「やまもり」で悪口に当たる隠語というのは、思い当たらないですねえ。

もう少し前後関係(どういう場面で、どういうふうに言われたか)があれば、想像できるかもしれませんが。

たとえば、「あいつ、《やまもり》やなあ」なんてふうに使われるのだとしたら、全く意味が分かりませんが、その前後に“あいつ”なる人物が“嘘ばっかりついていた”ということを話してる状況があれば、「あいつは、嘘が《やまもり》やな(=嘘ばっかり言う)」というふうに想像できます。
(とはいえ、これは《やまもり》=「たくさん」の意味でしかありませんが……)

ま、関西と一口に言っても広うござるので、大阪の言葉ではないのかもしれません。

Q食べる(隠語?)の使い方

よろしくお願いします。

女性(場合によっては男性)と性的交わりを持つことを、食べる・食べちゃったなどと表現するのを、よく聞きますよね。

辞書を見ても、食べるにはそのような意味はありません。最初聞いたとき、食人のようでギョッとしたものですが、今は普通になってきてます。・・・あまり好きな表現ではありませんが。

この言い方ですが、いつ頃から始まったのでしょうか? 最近とみによく聞く言い方ですが。みなさんはいつ頃から聞きましたでしょう? 記憶でも結構です。資料がある場合は、さらに嬉しいです(あるのかなぁ^^?)。 私が始めて聞いたのは12年くらい前ですが、それ以前は未成年でしたので、単に聞く機会がなかったのかもしれません。

また知らないだけで、実は類例などは結構昔からあるのですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

約50年前には既にありました。

Q隠語について

隠語とはどのようなものでしょう。例を挙げてください。

Aベストアンサー

専門職内、仲間内でしか通用しない言葉です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9A%A0%E8%AA%9E

いっぱい載ってます。↓
http://www.dik.co.jp/seken/ingo/index.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報