利用規約の変更について

後手番からの相振り飛車についてのオススメの棋書を教えていただけないでしょうか。
先手を持った時はゴキゲン中飛車一本なので問題はないのですが、後手だとそうはいかない時があります・・・。相手が振ってきたときに向かい飛車で対抗するようにしていますが、駒組み、攻め筋共にまったくわからず負けるのが大半です・・・。
まずは基本的なことを身につけたいので、初心者向け且つ後手番から書かれた棋書がありましたらどうかお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

■最初に読むべき本


『将棋・序盤完全ガイド 振り飛車編』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4839944652/re …
最近発売された名著ですで、大変わかりやすく書いてあります。最初にご一読されると良いと思います。

■”ゴキゲン中飛車”はとりあえずこの3冊でOK!!
『ゴキゲン中飛車の急所』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4861370337/re …

『遠山流中飛車持久戦ガイド』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4839933774/re …

『遠山流中飛車急戦ガイド 』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4839936412/re …

■”石田流”はこの2冊で十分!!
『石田流の基本―本組みと7七角型』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4861370345/re …

『石田流の基本―早石田と角交換型』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/486137037X/re …

■様々な”角交換振り飛車”を指したい!!
例:△3三角戦法、ダイレクト四間飛車、スピード角交換振り飛車、端歩突き越し戦法、立石流、向かい飛車etc.
『角交換振り飛車 基礎編』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/486137023X/re …

『角交換振り飛車 応用編』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4861370256/re …

■”相振り飛車”は三間飛車一本に絞って勝率飛躍的UP!!
『戸辺流相振りなんでも三間飛車』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4839931623/re …

※相振り飛車を全く知らない人は・・・
『相振り飛車 基本のキ』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4839925879/re …
    • good
    • 0

相振りは苦手な人と得意な人にはっきりと分かれます。

そして経験上、「苦手な人」の方が多いです。・・つまり、相振りの感覚を身に付けることが出来れば、それは大きな武器になります。
経験則ですが、相振りの感覚を身に付けるのには
本を読み込む→数多く実戦をこなす、というパターンが一番効果的だと思います。本を読んだだけでは絶対に身に付きません、断言出来ます。とにかく実戦を積みましょう。

後手番視点で書かれた本、ということですが、相振り(特に相金無双)は先後どちらにせよ共通のツボ、コツがあり、それが理解、そしてしっかり身に付けられるかどうかが大切です。
先手番視点、後手番視点というのはあまり気にする必要はないかと思います。

本題。
最近出版された藤井九段の「相振り飛車を指しこなす本」「相振り飛車を指しこなす本2」は非常にわかりやすく、初心者から高段者まで幅広い人にオススメ出来る良書です。基本的なところから珍しい筋まで取り扱っています。
先後はどうか分かりませんが、何度も読んで実戦を数こなせば、必ず相振りのコツが身に付くと思います。強くオススメ。
「相振り革命」「新相振り革命」「相振り革命3」の三部作もどれも名書ですがちょっと入手困難。とりあえず「相振り革命3」だけでもいいかもしれません。後手番の戦法である△3三角戦法も出ていますよ。

後は「最新戦法の話」。ちょっと高い(1575円)ですが、非常に分かり易く内容も詰まっています。「相振り革命」とこの本で最新の相振りは大体掴めるかと思います。ゴキ中についても出ていますよ。

ちなみにどの本も、先手・後手の視点ではなく、全体の視点(?)で公平に解説してくれています。

とりあえずまず「相振り飛車を指しこなす本」「相振り飛車を指しこなす本2」「相振り革命3」を読んでみてはいかがでしょうか。

後、これは個人的な意見なのですが・・
まず美濃を指す前に金無双+浮き飛車の形を沢山指すことをオススメします。金無双には相振りのエッセンスがいっぱい詰まっているからです。美濃は実戦的な反面、あまり感覚が身につきません。
無双で感覚を身につけてから美濃や矢倉を勉強していくことを私からはオススメしておきます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q居飛車党の人は多くの戦法に精通している必要がある?

私はかつて振り飛車党でしたが、居飛車党に変わろうかと思っています。
そこで質問ですが、振り飛車党の場合、相手の指し手いかんに関わらず自分の戦型に持っていくことは出来ますが、
居飛車の場合、相手方の初手数手によって、対振り飛車は勿論、相矢倉、一手損角換わり、横歩取り、相掛かり等、様々な戦型に発展していく可能性があると思うのですが、居飛車党の方はそれら全ての定跡を網羅されているのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

>>>居飛車党の方はそれら全ての定跡を網羅されているのでしょうか?

そういうことになります。
ただし、先手番で初手7六歩と突けば、先手番の相掛かりの始めのところは研究しなくてよくなりますけどね。

ちなみに、かつては、相手が振り飛車のときに、角の右に▲7八玉と玉を持っていって舟囲いにするのが基本で、▲7八金と金を上がるのはよくないとされていましたが、佐藤康光さんがタイトル戦で指したり、あるいは、ゴキゲン中飛車への先手の対策のバリエーションの中にあったりしますね。
それをやるとすると、▲7八玉型の研究も省けるのかもしれませんが。
(たしか、プロが書いた本でも、振り飛車に対して矢倉、というのがあったような・・・)

Q将棋 後手番の戦法

将棋で後手番が全く出来ません

何かいい戦法ありませんか?

僕は居飛車党でも特殊な戦法しかさせませんてか研究してません。

アヒル ひねり飛車 右四間飛車 糸谷流右玉 右玉 2枚銀 ((4枚穴熊))((向かい飛車))

ぐらいしかほとんど使いません。

一体どの戦法にしたらいいのか、また後手番で有力な戦法をご存知な方がいたら

その戦法を教えてください。

自分はこの戦法を使っているっていうのでも構いません。

回答よろしくお願いします

Aベストアンサー

後手番専用の戦法を思いつくまま挙げてみませうか。

1.矢倉中飛車戦法(▲7六歩△8四歩▲6八銀△3四歩▲7七銀・・・)
2.対矢倉右四間飛車戦法(▲7六歩△8四歩▲6八銀△3四歩▲6六歩・・・)
3.阿久津流急戦矢倉(▲7六歩△8四歩▲6八銀△3四歩▲6六歩・・・)
4.後手一手損角換わり戦法(▲7六歩△3四歩▲2六歩△3二金▲2五歩△8八角成・・・)
5.横歩取り△8五飛戦法(▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩・・・)
6.2手目△3二飛戦法(▲7六歩△3二飛▲2六歩△6二玉▲2五歩△3四歩・・・)
7.4手目△3三角戦法(▲7六歩△3四歩▲2六歩△3三角▲同角成△同桂・・・)
8.角交換四間飛車戦法(▲7六歩△3四歩▲2六歩△4二飛▲2五歩△6二玉・・・)
9.ゴキゲン中飛車戦法(▲7六歩△3四歩▲2六歩△5四歩▲2五歩△5二飛・・・)
10.2手目△7四歩戦法(▲7六歩△7四歩・・・)
11.4手目△7四歩戦法(▲7六歩△3四歩▲2六歩△7四歩・・・)
12.坂田流向かい飛車戦法(▲7六歩△3四歩▲2六歩△3二金▲2五歩△3三角▲同角成△同金・・・)

このようにほとんどの後手番専用の戦法は、初手が▲7六歩の場合に限られる。初手▲2六歩△3四歩▲7六歩なら、4.5.7.8.9.11.12は合流できるのだが、▲2六歩△3四歩▲2五歩と延ばされると合流できない。それは仕方が無い。そもそも作戦の主導権は先手にあるのであって、後手は先手の作戦を見てから、方針を決めるのが基本なのだ。

質問者さんのレパートリーでは、▲7六歩△3四歩▲2六歩の時に困る。
後手一手損角換わり戦法、横歩取り△8五飛戦法、4手目△3三角戦法、角交換四間飛車戦法、ゴキゲン中飛車戦法、4手目△7四歩戦法のどれかをレパートリーに組み入れないと対応しにくいように思う。
それぞれ4手目に△3二金、△8四歩、△3三角、△4二飛、△5四歩、△7四歩と分岐する。逆に言えば、4手目をどう変化されても自信を持っている先手だけが▲7六歩△3四歩▲2六歩、▲2六歩△3四歩▲7六歩のオープニングを選択するのだ。このオープニングは先手が居飛車党の場合には多いが、先手が振り飛車党の場合は▲7六歩△3四歩▲7五歩の石田流か▲7六歩△3四歩▲6六歩の伝統的四間飛車を選択する確率が高いと思う。伝統的四間飛車には右四間飛車、糸谷流右玉で対応できるから問題ない。

結局、後手番の課題として▲7六歩△3四歩▲2六歩の4手目と先手石田流の対策の最低でも2つを用意しなければならないといえる。これ以外にも初手▲5六歩の先手中飛車戦法、3手目角交換の筋違い角なども有力だ。

後手番で有力な戦法というより、一通りの先手が選択するオープニングの選択肢に後手番としてどう対応するのかというのが課題なのだ。
そういう観点から問題を定義しなおして欲しいのだ。

後手番専用の戦法を思いつくまま挙げてみませうか。

1.矢倉中飛車戦法(▲7六歩△8四歩▲6八銀△3四歩▲7七銀・・・)
2.対矢倉右四間飛車戦法(▲7六歩△8四歩▲6八銀△3四歩▲6六歩・・・)
3.阿久津流急戦矢倉(▲7六歩△8四歩▲6八銀△3四歩▲6六歩・・・)
4.後手一手損角換わり戦法(▲7六歩△3四歩▲2六歩△3二金▲2五歩△8八角成・・・)
5.横歩取り△8五飛戦法(▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩・・・)
6.2手目△3二飛戦法(▲7六歩△3二飛▲2六歩△6二玉▲2五歩△3四歩・・・)
7.4手目△...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報