させて頂きましたって変な敬語なんですか?

出演させて頂きました
大変貴重な体験をさせていただきました
開催させて頂きました

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

はじめまして。



ご質問1:
<させて頂きましたって変な敬語なんですか?>

変などころか、大変丁重な敬語です。

1.文法上の分析は以下の通りです。

1.させて頂きました:
さ:サ行変格活用の動詞「する」の語幹
せ:使役の助動詞「せる」の連用形
て:接続助詞で、文を後に続けるのに使う用法
頂き:「もらう」の謙譲語「いただく」の連用形
まし:古語の「参らす」から転用した、丁寧な語感の助動詞「ます」の連用形
た:過去の助動詞「た」の終止形

となります。

2.ただ、サ変の場合、「させる」で一つの使役動詞として扱われます。

3.また、ここでの「させる」は使役というよりは、「動作の許可」「動作の容認」という意味で使われています。

4.つまり、「~させて頂きました」は、
=「~するという許可を頂きました」
=「~するという自由を許して頂きました」
というニュアンスで使われ、相手に対する謙譲の表現がより強くなるのです。

従って、敬意の強い丁重な敬語表現になります。


ご質問2:
<出演させて頂きました>

ご質問にある例文のうち、この一文をとって解説します。

1.この例文は、常体から以下の手順で敬体に変化します。

(常体)「出演させてもらった」
→(敬体1)「出演させてもらいました」(丁寧語「ます」の使用)
→(敬体2)「出演させて頂きました」(謙譲語「頂く」の追加)

2.以下のような謙譲表現もあります。
例:
(常体)「出演した」
→(敬体1)「出演しました」(丁寧語「ます」の使用)
→(敬体2)「出演致しました」(謙譲語「致す」の追加)

3.「させていただきました」の方が、相手の許可・容認に言及する分、より丁重な敬語になるのです。

これは、英語や仏語でも同じような表現が見られます。
例:
I let me introduce myself.(英)
「自己紹介させていただきます」
letに「させる」「許可する」の意味があります。

Je me permets de me presenter.
「自己紹介させていただきます」
permets<permettreに「させる」「許可する」の意味があります。


以上ご参考までに。
    • good
    • 3

私も過去に(どこでだったか失念しましたが)ご質問者様と同様、「させて頂く」というのはヘンだ、というのを読んだか聞いたかしたことがあります。

しかも、何度か。

そのときの説明では「させて」っていったって、いつそんなことしろと命じたんだ、人のせいにするなよ、といった理由からだったように記憶しております。

・・・個人的にはときに使ってしまいますし、特別におかしい気もしませんが、「させていただく」を連発している人に対してウソでしょ?そんな気もないくせに!と思うこともままあります。

・・・と思ってガサゴソと探しておりましたら、参考資料ありましたので、一応書いておきます。
『サタケさんの日本語教室』(佐竹秀雄/角川ソフィア文庫)
の中の「二 問題にされる敬語 12 させていただく」(P.49)に興味深いことが書いてありました。

それによれば(A:本日は都合により休ませていただきます。B:都合により本日休業 というA・Bの比較をして)

・「~させていただく」はかなり丁寧
・この丁寧なタイプは関東よりも関西に多いと指摘されてきた。

んだそうです。ま、例が商売ですから「関西に多い」のも分かりますが・・・。でも、「指摘されてきた」ということは佐竹氏の独善ではなさそうです。

・関東の人に言わせると「自分が勝手に休むくせに、客に休みをもらうかに言うのは筋違いだ」ということであった。
・ところが、一九五〇年代から、関東でも「休ませていただく」ふうの言い方が多くなっているらしい。

といった使用の経緯もありましたので抜粋しておきました。
商売から出た言葉であり、自分勝手なことであっても客中心の物言いをしたほうが無難だ、とのことから「させていただく」が多くなった、と。それが商業の世界から一般化してやたらと使う人が出てきた、と。
結びに佐竹氏は政治家が連発すると疑いたくなる、と結んでいます。
    • good
    • 3

「させてもらう」の謙譲語が「させて頂く」となり、変ではないと思います。

    • good
    • 1
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメールでの敬語の使い方

 企業の方へメールを送る際ですが、敬語の使い方に自信がありません。
こちらから企業へ、質問やセミナー申込みのメールを送る際ですが、
件名に"○○に関するご質問"、"会社説明会のお申込み"という敬語の使い方は、正しいのでしょうか。
 それとも、この場合は「ご」や「お」を使用しなくてよいのでしょうか。  
 また、「返信」を丁寧語にする場合は、ご返信とお返信のどちらが正しいのでしょうか。。
 お恥ずかしいのですが、このように、敬語の使い方に自信がありません。 どなたか、ご指導よろしくお願いします。

 

Aベストアンサー

自分がする行為には丁寧語にしないのはお分かりになったと思います.

ご参考までに,
件名の"○○に関する質問"、は,「○○について(質問)"とやります.最近はタイトルに,~の件とはしなく,~についてが通常となりました.そして後ろに括弧書きで内容が分かるように記載します.

返信の事ですが,質問すれば返事来ますので,ご返信をお願い致しますは要らないと思います.(督促がましいですね.)
(お願い致します より,お願い申し上げます の方が目上の方にはいいと思います.)

Q敬語 『~させて頂く』?

敬語 『~させて頂く』?

敬語の表現について質問させて頂きたいです、
という初文からなのですが、自分の行為を丁寧に表現しようとする際に使っていた
『~させていただく』という言葉についてです。
目上の方へ個人的に送る依頼の文面で

このような手紙を
送らさせて頂く
郵送させて頂く
送付させて頂く

など様々考えましたが、いまいち適している表現なのか解りかねています。

・上記の使い方は合っているでしょうか?(失礼は無いでしょうか?)
・使用してもよい、悪い場面など詳しくありますでしょうか?

どちらかでも構いませんので、ご意見いただきたいです。

Aベストアンサー

こんにちは。社会人になってから長い者です。

まずは、結論から。

正しさと適切さを○△×で表せば、こうなります。

×送らさせて頂く (文法的な誤り)
△送らせて頂く (現代では「頂く」をひらがなで書くのが普通)
△郵送させて頂く ( 〃 )
△送付させて頂く ( 〃 )
△送らせていただく (少し丁重さに欠ける = 相手の意思に関係なく一方的に送りつける感じ)
○お送りさせていただく  (丁重な言い方)
○お送りいたす  (スタンダードな謙譲語)
○郵送させていただく  (丁重な言い方)
○ご郵送いたす  (スタンダードな謙譲語)
○送付させていただく  (丁重な言い方)
○ご送付いたす  (スタンダードな謙譲語)

ちなみに、
「【お・・・いたす】は、自分がすることに【お】をつけているから間違いだ]
という主張をする人がよくいますが、それは誤解です。


>>>使用してもよい、悪い場面など詳しくありますでしょうか?

くどい表現にならなければ、○印のどれでもOKです。
たとえば、「~せていただく」は長い(字数が多い)ので、文章のあちこちにあるとくどいです。


下記もご参考に。

「くださる」と「いただく」
http://www.nhk.or.jp/a-room/kininaru/2006/12/1205.html

「さ」を挿入すべきか否かの簡単な考え方
http://www.nhk.or.jp/a-room/kininaru/2008/04/0415.html

こんにちは。社会人になってから長い者です。

まずは、結論から。

正しさと適切さを○△×で表せば、こうなります。

×送らさせて頂く (文法的な誤り)
△送らせて頂く (現代では「頂く」をひらがなで書くのが普通)
△郵送させて頂く ( 〃 )
△送付させて頂く ( 〃 )
△送らせていただく (少し丁重さに欠ける = 相手の意思に関係なく一方的に送りつける感じ)
○お送りさせていただく  (丁重な言い方)
○お送りいたす  (スタンダードな謙譲語)
○郵送させていただく  (丁重な言い方)
○ご...続きを読む

Q敬語の使い方に自信はありますか?

皆さんは自分の言葉使いに自信はありますか?

例えば敬語です。
世間では本当に間違った敬語の使い方をしてる人が多いですよね。
一流企業の受付ですらそうです。
そういう私も敬語はあまり分かりません。
皆さんはいかがでしょうか?

Aベストアンサー

無い。
極力丁寧に使おうとはしているが文法的にも変かもしれない。

Qイライラする敬語、「させて頂きます。」

この使い方をくどく使っている人を見ると非常にイライラします。


と高らかに言いたいところですが、自分自身が使い方があっているのかも疑問です。ただ、日本人のネイティブとしてかなりの違和感があります。


★(テレビなどに)出させて頂きます、出演させて頂きます
→出演致します。が適当?
★(何かのイベントに)応募させて頂きます。
→応募致します。が適当?
★(この料理を)食べさせて頂きます。
→なんでいちいちお前に食わせるんだ?ってなります。


こんな言い回しを聞いていると、はぁ、と疲れが出ます。若者のみならず、いい年したオジサンたちも使うようになったので、自分はなるべくこれを使わないような言い回しにしています。きっと気にしすぎだと思いますが、この言い回し、おかしくありませんか?

Aベストアンサー

他の方が書かれているとおり、浄土真宗の影響を受けた用法で空の概念を内包しています。

最も情報量が多い概念を完全情報と言うのに対し最も情報量が少ない概念を空と言います。

そして完全情報という物は偶発性があるので存在することがありません。

もっと簡単に説明すると

痛い=苦 だけではなく 痛い→生きている証 痛い→快楽

のような多重性を表現した用法だということです。

それなので

多重性のない使い方をすると情報量が多くなってしまうので過不足の過を生み出してしまいます。

例:「定休日に付き、休業させていただきます。」という張り紙

これは定休日と書けば過不足が無い訳です。 

質問者が気になる時はこの過不足の過を認識した時に違和感を覚えるのではないでしょうか?

因みに私はその時に違和感を感じます。

Q敬語の使い方についてお尋ねです。

敬語の使い方についてお尋ねです。
相手からなされる行為での「ご案内」「ご依頼」・・・には敬語として「ご」をつけますが、自分からの行為は「ご」をつけるのは間違いでしょうか?
相手に対して「ご案内いたします」と普通に使われます。では、相手に何か依頼する文書を発送する場合、「ご依頼です」という使い方は間違いでしょうか?
「お願いします」の「お」も自分からなす敬語だと思いますし。

ご教授願います。

Aベストアンサー

「ご」や「お」は一般的に「美化語」と言われるもので、
名詞をていねいに美しく飾るものです。
「ご」は元々中国から伝わってきた「漢語」につき(例外多数)、
「お」は日本で発生した「和語」につきます(例外少数)。
名詞の美しい飾りですので、自分側にも他人側にも使用できます。

例に挙げられた「ご案内いたします」ですが、
本来は「(私が)ご案内をいたします」が正しく、
「を」が省略されて定着したものです。
(厳密に言えば「を」を除いたことで二重敬語となり、
 不適切な敬語なのですが、現代では許容範囲とされています。)

もとの語は「案内」(名詞)“を”「する」(動詞)となります。
相手に対して敬意を示す意味での敬語(尊敬語もしくは謙譲語)としては
動詞を変化させます。
この文の主語は「私」ですので「する」は謙譲語として「いたす」もしくは「させていただく」と変化します。
一方、名詞は相手に敬意を示す為にそのものの形を変化させることはありません。
あくまでも丁寧さと美しさをあらわす意として「案内」を「ご案内」と美化しています。
つまり「案内をする」の正しい敬語表現は
「(私が)ご案内をいたします」「(私が)ご案内をさせていただきます」となります。

これをふまえて。
「(これはあなたへの)依頼です。」を敬語に変えるならば、
「依頼」は名詞ですので、美しく「ご依頼」に出来ます。
(しなくてもOKです。)
大切なのは動詞「です」を変化させ「でございます」にすることです。
すなわち「(ご)依頼でございます。」が正解です。
※主語が人ではなく物ですので、尊敬・謙譲はありません。
ただ、「これはあなたへの依頼です」というのは
ビジネス的にはあまり使わない言い回しではあります。
「(私はあなたに)ご依頼をさせていただきます。」
あたりが良いのではないでしょうか。

おまけですが、「お願いします」も先の例にならい
「(私はあなたに)お願い(名詞)“を”する(動詞)」の
「を」が省略された形です。
この文の主語は「私」ですので、謙譲語の表現としては
「お願いをいたします」「お願いをさせていただきます」が適切です。

「ご」や「お」は一般的に「美化語」と言われるもので、
名詞をていねいに美しく飾るものです。
「ご」は元々中国から伝わってきた「漢語」につき(例外多数)、
「お」は日本で発生した「和語」につきます(例外少数)。
名詞の美しい飾りですので、自分側にも他人側にも使用できます。

例に挙げられた「ご案内いたします」ですが、
本来は「(私が)ご案内をいたします」が正しく、
「を」が省略されて定着したものです。
(厳密に言えば「を」を除いたことで二重敬語となり、
 不適切な敬語なので...続きを読む

Qさせて下さい 対 させて頂きます

はじめまして、
日本語は母語でない為、件名に記載した「させて下さいとさせて頂きます」は具体的にどこが違っているかよく分かりません。
私の理解では、相手側から依頼された時やアクションが相手側からの場合は、させて下さい。例えば、仕事終わりましたか-確認させてください。
また、自ら何かをやりたい場合は、させて頂きます。
例えば、プレゼンで商品を「ご紹介させていただきます」
の違いでしょうか。
教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして、
私は日本語が母語ですが、「させて下さい」と「させて頂きます」には大した違いはないように感じます。
あえていえば、「させて下さい」とは、行いたいことに対して、相手の了解を求めている言い方で「させてほしいのですが、よいでしょうか」という感じです。
これに対して「させて頂きます」というと、すでにその行為を行うことは自分の中で決まっているので相手の了解は求めていないです。ただ、これから行います、と宣言しているだけのように思います。

Q敬語の語源や由来、間違った使い方などを教えてください。

社会人になって改めて敬語の難しさを思い知ったのですが、その反面敬語について色々と知りたくなりました。

「敬語」は言葉の通り、敬う時に使う言葉だと思うのですが、そもそもいつ頃から使われるように
なったのでしょうか。また、語源や由来などのエピソードをご存知の方教えてください。

そして、本当は間違っている使い方なのに、現代では正しい表現、使い方と定着してしまった敬語はありますか?

どんな情報でもいいのでよろしければ教えてください。

Aベストアンサー

歯医者さんの接客マナーのサイトに次の様な問いが載ってました。
 問 『どうぞ、お座りください。』は正しい表現方法でしょうか?

http://www.dentalsupport.co.jp/archives/08web/?s=top 接遇マナーセミナー008【敬語、間違いやすい敬語表現】

正解は『どうぞ、お掛けください。』だそうです。【お座り】は犬に命令する時につかう言葉の印象が強いため、人に対しては使えないそうです。
 その他には、【あちらで伺ってください。】【お申し出ください。】が載ってます。

 私個人としては、過去形で話されるのが気になります。喩えとして『○○さんのお母さんってお優しい方だったんですね』って『勝手に殺すするなって、まだ生きてるよ』って言いたくなります。

Q「告った」「さ入れ言葉」「~させて頂きます」が嫌い

タイトルのままですが、私は「告った」という言葉が
大嫌いです。なんだか大切なことを汚しているような気がします。
例えば、「出産した」を「出した」と言い換えるくらい汚い感じがします。

その他は、「やら『さ』せて頂きます」というのもくどすぎて嫌いです。
文法も間違えてますしなにより語感が気持ち悪いです。
それに付随しますがなんにでも「~させて頂きます」というのも嫌いです。
やはりくどくて鬱陶しいです。卑屈な感じがします。

皆さんもそう思われませんか?
以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 お気持ちはわかりますが、こういう問題を「好き嫌い」で考えても……という気もします。個人的に嫌いな言葉はかなりありますが……。

●告る
 個人的には若者言葉の一種だと思います。自分では使いません。
 ただ、「俗」とはいえ辞書が採用したら、これは「正用」になる可能性もあるかと。
https://kotobank.jp/word/%E5%91%8A%E3%82%8B-500026#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89
==============引用開始
デジタル大辞泉の解説
こく・る【告る】

[動ラ五]俗に、(愛を)告白する。「彼女に―・ってふられた」
[補説]「告白る」とも書く。
==============引用終了


●さ入れ言葉
 現状では単なる誤用です。自分では使いません。
 でも、使いそうになることがあります(泣)。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1286.html
 以下は一部の抜粋(重言)。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 6)がいわゆる「サ入れ言葉」になっている。
■Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E3%81%AE%E4%B9%B1%E3%82%8C
==============引用開始
使役の助動詞は、下記のように使う者が多いことから、五段活用動詞とサ行変格活用動詞の後では「せる」が使われ、上一段活用、下一段活用、カ行変格活用の動詞の後では「させる」が使われるという規則が見出されてきた。

  やる(五段) → やら+せる
  叩く(五段) → 叩か+せる
  降りる(上一段) → 降り+させる
  受ける(下一段) → 受け+させる

しかし、一部では、下記のように五段活用動詞とサ行変格活用の動詞の後でも「させる」を使うことがある。これがいわゆる「さ入れ言葉」である。

  やる(五段) → やら+させる
  叩く(五段) → 叩か+させる

敬語(特に謙譲語)に不慣れな人が、過剰に敬意表現を並べてしまうために使われるのではないか、ということから若い世代に多いと言われる[要出典]。

「ら抜き」は以前から乱れの代表格として指摘されているものの、こちらは2000年代に入ってから取り沙汰されるようになった。特にバラエティ番組「SMAP×SMAP」のコーナー「ビストロSMAP」で中居正広が「(ゲストが注文した料理を)作らさせていただきます」と言っているのはおかしいのではないかと新聞に投書が掲載されたことがある。
==============引用終了

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


●「~させて頂きます」
 ご指摘のとおり「なんにでも」つけるのは慇懃無礼で卑屈で気持ちが悪く感じます。
 ただ……どうすればいのかが微妙で、困っています。
 自分では極力使わないようにしています。

よくある誤用32──敬語編2「~させていただく」(「~させていただきます」も同様)
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n132890
 以下は一部の抜粋(重言)。
==============引用開始
●第2段階の説明(中級向け)
「敬語の指針」は一応の解説にはなっています。ただ元々の問題が微妙なんで、スッキリしない部分が残ります。
 結局どうすればいいのかがわかりません。
 よく見る解決策として、「~いたします」にすればいい、というのがあります。
 そのとおりだと思います。↑の「敬語の指針」の例で言うなら、下記のようになります。

1)取る→?
2)発表する→発表いたします
3)休業する→休業いたします
4)勉強した→勉強いたしました
5)卒業した→卒業いたしました

 2)~5)はこの形でOKでしょう。でも1)はどうしますか?
 悪い例としてあげられることが多い「歌わせていただきます」場合はどうしますか?
 場合によっては「お/ご~いたします」にできることもあります。
  答えさせていただきます
  →お答えいたします

 1)は「お取りいたします」にはできません。「お歌いいたします」も×でしょう。 結論としては、「~いたします」にできるものはそうすればいいことが多い、くらいでしょうか。「誤用」だとか「クドい」だとかメクジラを立てるのはどうかと思います。
 「~させていただく」がすべておかしいわけではないので、個々の例で判断するしかないということです。
 その際には以下の点に注意するとよいでしょう。

(1)「許可」「受益」の2つの要件を満たしているか
(2)「~いたします」で十分ではないか
(3)敬語ではない形にして考えてみる
==============引用終了

 お気持ちはわかりますが、こういう問題を「好き嫌い」で考えても……という気もします。個人的に嫌いな言葉はかなりありますが……。

●告る
 個人的には若者言葉の一種だと思います。自分では使いません。
 ただ、「俗」とはいえ辞書が採用したら、これは「正用」になる可能性もあるかと。
https://kotobank.jp/word/%E5%91%8A%E3%82%8B-500026#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89
==============引用開始
デジタル大辞泉の解説
こく・る【告る】

[動ラ五]俗に、...続きを読む

Q敬語の使い方

あまりにも初歩的な質問で恥ずかしいのですが、
動詞に「ご-」「お-」をつけて敬語とする場合は、
相手の動作に対して使うべきでしょうか、
自分の動作に対して使うべきでしょうか?

例えば、
(1)Aさん、私に有能な弁護士をご紹介下さい。
(2)Aさん、私が有能な弁護士をご紹介します。

どちらが正しい敬語の使い方でしょうか?
(敬語の使い方を分りやすく紹介しているサイトが
ありましたら教えていただければ助かります。)

Aベストアンサー

>初歩的な質問
ではないと思います。
間違って使われている例が多いと思います。

「御」をつけるときを下記の通り分けることが出来ます。

【一】他人の行為に対して、尊敬の意をあらわす。
【二】自分の行為が他人に及ぶ場合、その他人を敬い、自分の行為をへりくだっていう。

(1)の場合、【一】に相当します。
(2)の場合、【二】に相当します。

なので、(1)も(2)も合っていると思います。

Q【電話敬語】相手にお気遣いの言葉を頂いた時の敬語は?例(先日はありがとうございましたetc)

こんにちは、みなさん!!

【質問】お客様or取引先にお気遣いの言葉を言われた
時にはクッション言葉としては何と返せばよいですか?

 電話の際に、「先ほどはありがとうございました」
「先日はお世話になりました。」「お気遣いありが
とうございます」などお気遣いの言葉を頂く事があり
ます。

このような言葉の返答としては、まず第一声に何とこた
えるべきでしょうか?

ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

何の取引か状況が良く分かりませんが、私でしたら

「いえいえ、こちらこそ、お世話になります。(なりました。)」
「とんでもないです。今後ともどうぞよろしくお願い致します。」
「どうぞご遠慮無く、今後とも何なりとお申し付け下さい。」
「いつでも、お申し付け下さい。私共でできることは
何なりとさせて頂きますので。」

などでしょうか....

参考まで


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報