【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

今日電車で韓国人の女の子同士の会話を耳にしました。
まったく意味がわかりませんでしたが、あらためて、母音が豊富で、話すのに難しそうだなぁと感じました。それに引き換え、日本語の母音の少なさはどうしてなんだろうかと疑問になりました。韓国語のような言語と比較すると、言葉の音的要素を楽しむということは、現代日本語では難しいように思います。もちろん、英語でもフランス語でもドイツ語でも(スペインイタリアは少ないのであまりに明瞭な感じがしますが)豊かな音声を持っているのに、そういう音声面では日本語は弱いなぁと改めて感じ入ります。

これは、どういう理由によるのでしょうか。
古代日本語は、それなりに豊かな音声を持っていたが、それが消滅していったのでしょうか。それとも、古代から他に比して、やはり音声面では貧弱さを持った言葉なのでしょうか。民族性(演説とか議論を好まない)からくる簡便さなのか、それとも、明瞭なのが好まれるのか、はたまた発音器官が他民族に比べて制限があるのか。いろいろ想像しますがどうもわかりません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

日本語の母音が、「あ」、「い」、「う」、「え」、「お」の5つに集約しており、子音もこの5つの母音と結びついて「か」行以下の文字を構成していることは、大変合理的で、発音もし易く、わかりやすい言語だと思います。

外国語のように、「あ」にも色んな「あ」があったり、ドイツ語のウムラウトのように「い」と「う」の間の音などがあったりするのをみると、なぜ外国語はこうもへそ曲がりなのかと思います。それは率直な感想です。そう思われませんか?
母音の数が少ないことを以って、「音声面では日本語は弱いなぁ」と感じられる気持は、私には理解できません。
もっとも、英語や欧州各国語を聞いて、そのサウンドが流麗で美しいな、と感じることはあります。

しかし、中国語や韓国語を聞いて、正直言って美しいとは思いません。理由は、どうも「チャ・チ・チュ・チェ・チョ」の音が耳に付くことです。フランス語も同様で、昔は美しく感じましたが、「シャ・シ・シュ・シェ・ショ」の音が非常に気になります。その点日本語は、特定の音に偏らず非常にバランスのとれた言語に聞こえます。
しかし、日韓両国以外の外国人に言わせれば、日本語は韓国語と非常に似ていて、「カチャカチャ」というふうに聞こえるそうです。私にはどうしてなのかよくわかりません。

まあ、これは個々人の趣味や感覚の問題なので、議論してみても仕方のないことだと思います。

私は、日本語は非常に温和な、たおやかな言語だと思います。母音を基調とした抑揚のない発音を持つ日本語は、英語や他の外国語に見られる、子音を基調とした、強弱を際立たせた発音を持つ言語と違い、気持ちがせかせかせず、穏やかな気持ちにさせられる気がします。日本人が農耕民族で、島国で、陸上で他国と国境を接することなく、他国との戦争もなく、同じ民族の中で、「和の精神」でやって来られたことが、このような温和な民族と抑揚のない母音を基調とした言語を育ててきたような感じがします。

言語と風土(気候・地勢など)の関係を研究された学者さんはおられないのでしょうか?
和辻哲郎の名著に「風土」というのがあり、風土と人間の行動様式の関係に関する研究をされていますが、私は、言語と風土の間に何らかの関連性があるのではないかと思います。
又、風土は、体格やあごや口の形にも影響を与え、言語にも影響を与えたのではないかと推察します。日本国内をとってみても、東北のズーズー弁は、寒くて口が開かないのが原因ということをいう人もおりますし・・・。(すみません、東北の方をけなしているわけではないです。私も先祖が東北の出身です。)
(ご参考)世界の言語の成り立ちについて・・・。http://oshiete1.goo.ne.jp/qa551648.html

日本語の美しさについては次の本をお読みください。
黒川伊保子「日本語はなぜ美しいのか」集英社http://books.livedoor.com/item4087203743.html
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。
たいへんよくわかりました。
「何々の言語が美しい」とか決まり文句的に言われていますが、本当に身近に接した経験がないと、そんな断定的に言えるものでもないし、大体「美しいって何?」という抽象論になってしまいます。その点ご回答者様の論理はたいへん実感がこもっていて、同感です。
やはり、地理的因果関係はあるのではと思いますね。日本の方言からしてもそうです。
あらためて、日本語は明快で落ち着くという意味では美しいといえる気がします。

お礼日時:2008/01/19 20:26

通訳です。


日本語は母音だけでなく子音も少ないです。
たとえば「コウセイ」とパソコンで打ってみましょう。いくつもいくつも選択肢があります。
でも日本語は短歌や俳句など表現力があり、美しい言語です。わたしに言わせれば発音は単純であるが、語彙に富み表現力に優れた言語だと思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

子音も少ないでしょうね。わざわざ「ヴ」とか言うくらいですから。やはり発音が簡単な言語だと思います。なので、外国語学習のの苦労が多い。しかし、美点もあり、しゃれが多い?逆手にとって同音異義を短歌俳句に活かせるとか。

お礼日時:2008/01/16 20:05

言語の世界では、残念ながら「○○語に○○があるのはなぜ?」「○○語が○○という性質をもつのはなぜ?」といった疑問は解決しないことが多いようです。

母音の数や子音の数は、ランダムとは言わないまでも、予測力のある説明をつけることはまずできないでしょう。
もちろん、民族性や人種とも一切関係はないと思います。「民族性」と「明瞭さ」の関係なんて、どうにでもこじつけられますしね。議論嫌いだから母音を少なくして話すのか、それとも逆に雄弁な人のほうが母音の少ない「明瞭」な言語を話すのか…。そもそも言語と民族は一致しないことのほうが多いですし、この手の言説はだいたいこじつけだと思っていいと思います。

また、日本語の母音は特に多くも少なくもありません。
5母音体系や7母音体系は世界の言語の中でも典型的な母音体系で、5母音の言語は掃いて捨てるほどあります。4母音や3母音の言語も珍しくありませんし、カフカースのアブハズ語という言語には母音が2つしかないという話もあります(真偽のほどはわかりません)。

「発音器官が他民族に比べて…」というのは、科学的には完全な間違いです。たとえばアラビア語には母音が3つしかない方言がありますが、そういう言語の話者を親にもつ子供でも、フランス語を母語として育てば10以上の母音をもつフランス語をちゃんと習得します。ようは環境の問題なのです。

要するに、母音の数が言語によって違う理由は言語学者にも分からないし、たいした必然性があるとも思っていない、ということでしょう。「なぜ私は一重まぶたなのに、あの人は二重まぶたなのか」と聞くようなものなのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変納得できます。じじつそのとおりなんだと思います。世の中には、まことしやかな説明って多いですから。ランダムに選択されそれが定着したんでしょうかね。しかし、こんかい前の回答者の方の指摘とあわせて、アラビア語というのがもっと母音に関して簡略であることがわかりました。日本語はそれほど貧弱な音声ではなかった。韓国語とか多い代表としてフランス語などが、これも理由はわからないがランダムにそうなったということにしたほうがいいようですね。別に雄弁な民族とも?言えないわけですし。

お礼日時:2008/01/16 20:03

日本語は母音が5個とはいうものの、どの母音も長短の区別ができます。

母音の長短の区別をしない言語、母音によっては長短の対応のない言語も結構ありますよ。また日本語では、言葉の意味を区別するアクセントを語のどの位置にでも、母音の長短と関係なく置くことができます。こういう言語はそう多くないのでは。

日本語は母音の数を多くしなかった(あるいは多く残さなかった)代わり、母音に関してはこういった性質が発達して音声の豊かさを得てきたという側面もあるのではないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

音声の少なさを、違うバリエーションで補っているというところもあるのですか。普段意識しない長短アクセントも、実は多様性の元だったのでしょうかね。

お礼日時:2008/01/16 20:00

奈良時代まで遡ると, そもそも「日本語の母音はいくつか」がはっきりとはわかっていないようですね. 一般には 8個とされてますが, その他いろいろな説があるようです.


ちなみに朝鮮語でも母音は減りました (1個だけですが).
アラビア語だと母音は本質的に 3個しかありません.
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アラビア語はそんなに明瞭な言語なのですか!聞いたところ、かなり複雑でとても発音できないなぁと思ったのですが、あれは子音のおおさなのでしょうかね。かならずしも日本語が音声的に貧弱なのではないかもしれません。でも多くの外国語学習では発音に苦労します。

お礼日時:2008/01/15 19:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q世界の言語の成り立ちについて・・・。

人類の起源は、NHKスペシャル等でアフリカ大陸である事はわかりました。そして大陸へ散らばって行った。で、一つの起源から分かれた人類の祖先が行き着いた先でまた、新たな地を目指す。疑問は言語です。
当初、言葉・文字に代わるコミュニケーションが存在したのだろうと思われますが、言葉の発生の仕組みです。何故、国が違うと言語が違う・・・様になったのか、住む環境?最初の一言の違い?。起源が一つならその後、どこに住もうが、言葉の進化も同じなのではと・・。知能の発達が違う?。温帯地方は先駆け?んん~始めの言葉。そんなに、世界で違っていたのか。簡単にズバット・・知識ある方、お願い致します。

Aベストアンサー

言語の起源について、簡単にズバッと。。。は、とても難しいと思いますが・・・

No1 さんのご説明にとても感動しました(^^)
仮に人類の起源がひとつだとしても、言語の発達は確かに、その人類が散らばった先でのことであったでしょうから。

世界の言語の中には、歴史的に(主に地理的原因のためか?)同系統で、構造が似ているものもあれば、そうでないものも。大きくは「語族」というものに分けられています。日本語は、この中の「ウラル・アルタイ語族」に入りますが、その中でもすごく似ているとされているのが朝鮮(韓国)語です。(いや、もうひとつ、中央アジアの方の言語でもっと似ているとされるのがあったかもしれませんが、忘れてしまいました(^^;))
つまり、言語にも親類関係みたいなのがあり、その中でも、すごく近い(似ている)関係にあったり、それほどでもなかったり、があるということです。(日本語の中の各地の方言さえ、別の言語として数えようという研究者もいるとか。アイヌ語、琉球方言については別の言語として考えている方も多いようです。)

民族がたどり着いた先の土地の風土に、言語が影響されて発達したというのは正しいのではないか。例えばロシア語など寒い地方の言語には、(寒さのために)あまり口を開けなくても発音できる音が多いとされていますし、逆に南方の言語には明るい音が多い、など。

人の移動によって言語が他の言語と混ざり合うだとか、影響を受けて変化して行く、などというのはよくあることです。

「国」というのは、言語や宗教によってひとつ、あるいは複数の民族が作った政治的なまとまりで、当然言語よりは後に来る人為的なものだと私は理解しているのですが。

これだけの時間と、人の移動を経てきて、今のように様々な言語が存在すること、私には至極自然に思われます。外国語学習には苦労しますけれどね(^^;)

あまりお答えになってないかもしれず恐縮ですが。

言語の起源について、簡単にズバッと。。。は、とても難しいと思いますが・・・

No1 さんのご説明にとても感動しました(^^)
仮に人類の起源がひとつだとしても、言語の発達は確かに、その人類が散らばった先でのことであったでしょうから。

世界の言語の中には、歴史的に(主に地理的原因のためか?)同系統で、構造が似ているものもあれば、そうでないものも。大きくは「語族」というものに分けられています。日本語は、この中の「ウラル・アルタイ語族」に入りますが、その中でもすごく似ているとされて...続きを読む

Q母音の数

外国語の中には母音が3つぐらいしかない国や10個以上ある国があると聞いたのですがそれはどこですか?

Aベストアンサー

以下、私の知っている範囲です。

私の資料で、母音が3つの言語は、アラビア語、アメリカ・インデアン語、
エスキモー語の方言で /a/, /i/, /u/ とあります。アラビア語は少しかじっ
たことがありますが、標準語以外の多くの口語方言では、これ以外の母音も
使われてます。アメリカ・インデアン語はどれをさしているかわかりません。
エスキモー語(最近はイヌイット語という)は、3母音・4母音があるようです。
このほか、オーストラリア原住民のワロコ語も3母音です。
この3母音がほとんどどの言語にもある基本母音のようです。
多くの母音を持つ言語は、ほぼ これらの中間音とみることができます。
/a/と/i/の中間音/e/、/a/と/u/の中間音/o/など。さらに細かく分けたり。

母音が10を越える言語ですが二重母音・長母音・鼻母音を除いた基本母音で
発音記号ベースで数えると、英語・フランス語・ドイツ語などが 12~14個
です。ただ、子音も含めた組み合わせでは多くても実質8か9の区別で問題
ないかもしれません。
また、中国語やタイ語などに見られる声調は別々に数えない場合です。
さらに、カンボジア語では基本9母音のほか、5つの弛喉母音があります。
ついでにいうと、フランス語・ポーランド語・ポルトガル語には3~4の鼻母音
があります。

文字ベースではロシア語やハングルがありますが、ヤ行(y)やワ行(w)の半母音
も含めた数え方で発音記号ベースでは多くて8か9です。
タイ文字は母音文字 32 ( 子音文字 44, 声調記号 4 ) ですが、基本母音は9で
す。また、アラビア語は母音文字は使われず、子音の上下に補助記号をつけて
示せますが、新聞等でも母音補助記号は省略されてます。

以下、私の知っている範囲です。

私の資料で、母音が3つの言語は、アラビア語、アメリカ・インデアン語、
エスキモー語の方言で /a/, /i/, /u/ とあります。アラビア語は少しかじっ
たことがありますが、標準語以外の多くの口語方言では、これ以外の母音も
使われてます。アメリカ・インデアン語はどれをさしているかわかりません。
エスキモー語(最近はイヌイット語という)は、3母音・4母音があるようです。
このほか、オーストラリア原住民のワロコ語も3母音です。
この3母音がほとんどどの言語に...続きを読む

Q日本語のような言語はほかにありますか?

日本語は母音を中心として話されているのだと聞きました。
逆に英語などは母音のバリエーション(組み合わせ?)も豊富でかつ、子音もたくさんあります。
世界的に見ると、普通は英語のような構成の言語が多いのでしょうか?日本語のような言語は稀なのですか?また、日本語のように母音を中心とする言語、子音が日本語と同等、もしくはそれ以下の数しかない言語は他にありますか?
文法ではなく、母音・子音など、基本的な要素の観点からお願いします。

Aベストアンサー

私が、知っている言語の中では、ハワイ語ですね。(↓Wiki と単語例)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AF%E3%82%A4%E8%AA%9E
http://ww5.tiki.ne.jp/~nk1731/Hawaii/Hawaiian-Language.html
ラテン文字からつくられた文字で12文字と記号で母音5で、子音7(+1)。
子音は必ず母音を伴って、「ん」や促音のある日本語より少ないでしょう。
Wiki には、11文字のニューギニアのロトカス語、10文字のブラジル奥地の
ピラハー語も名前だけ紹介されてます。 ポリネシア諸語というかオーストロ
ネシア語族あたりには、音素の少ない言語がいくつかあるようです。
日本語は、ローマ字だと、母音5、子音11ですから、これより少ないです。
(sh は s に含め、ch, ts は t に含めて数えてます。)
これ以外にあるかというと、すべての言語を知っているわけではないので、
というか五千以上もあるうちのほとんどを知らないのでわかりませんが。

母音が少ない言語なら、比較的メジャーなアラビア語が3母音です。
母音が3個より少ない言語はないと読んだ記憶があります。
乱暴にいうとアラビア語は、子音だけでほとんど意味が決まります。アラビア
文字は、子音だけで、母音は付加記号で、新聞などでは、母音記号も省略され
それでも、読めるそうです。
ただ、日本語を「母音を中心とする言語」というのには私は違和感があります。
また、「英語のような構成の言語」というのもあいまいな気がします。英語では、
strict のように「子音3個+母音+子音2個」の音節もありますが、前後の子音
が1個までの言語なら、中国語他多くあります。逆にロシア語の挨拶 zdrastviche
の zdr- やグルジア共和国の首都トビリシ Tbilisi の tb- 、スワヒリ語「子供」 mtoto
の mt- などの語頭の連続子音は、英語でも使わない組み合わせです。
スペイン語やイタリア語では、子音が続くことが少しありますが、母音の比率は
日本語に近く、アクセントの強弱も英語ほど極端ではありません。ナポリ Napoli を
英語で Naples [neiplz] というように、母音を1番目は a → ei 、2・3番目はなし と
いうように、ひれくれてます。日本語ナオミを英語ネイティヴは素直に発音しにくく、
[ネイオゥミィ] のようになります。

私個人の説ですが、ロシア語などのスラヴ系、英語などのゲルマン系言語は、
寒さの厳しい地域で発音体系のできた言語は、熱を逃がさないため、口を大きく
開ける母音の比率を少なくしていったのだろうと思います。
南太平洋とかヨーロッパでも南部では、母音が多いですから。
ただし、アラビア語は、暑く乾燥の激しい砂漠地域で、布越しで聞き分けにくい
母音が少ないのではないでしょうか。

私が、知っている言語の中では、ハワイ語ですね。(↓Wiki と単語例)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AF%E3%82%A4%E8%AA%9E
http://ww5.tiki.ne.jp/~nk1731/Hawaii/Hawaiian-Language.html
ラテン文字からつくられた文字で12文字と記号で母音5で、子音7(+1)。
子音は必ず母音を伴って、「ん」や促音のある日本語より少ないでしょう。
Wiki には、11文字のニューギニアのロトカス語、10文字のブラジル奥地の
ピラハー語も名前だけ紹介されてます。 ポリネシア諸語というかオーストロ
...続きを読む

Q日本人が習得しやすい外国語は??

日本語を母国語とする人が第二外国語として習得しやすい言語は何ですか??
例えば、文法的・発音的・文字的側面などから日本語に似ている言語はあるのでしょうか??
お礼は必ずします。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは^^

日本人が習得しやすい外国語でやはり一番なのは韓国語、次点で中国語になると思います。
韓国語においては、文法がまず日本語とほぼ同じであり、『は』や『が』、『を』等の助詞も同じくあります。例えば

・ナ ヌン イルボンサラム イムニダ
 私 は  日本人     です
・ナ ヌン ハッキョ エソ ハングゴ ルル ゴンブ ハムニダ
 私 は  学校   で  韓国語  を  勉強  します

日本語の文法がそのまんま当てはまりますよね?そして今でこそ韓国はもちろん北朝鮮でも漢字はあまり使用されてませんが、かつては日本と同じく漢字とハングルを混ぜた状態で使ってました。ですので上記の例をとりますと

・ナヌン 日本サラム イムニダ
・ナヌン 学校エソ 韓国語ルル 工夫ハムニダ

のようになります。(ここでハングル使うと文字化けするのでカタカナで許してください…)日本語の漢字語と韓国語の漢字語の大体70%は共通していますので、発音さえクリアすれば単語を覚えるのは簡単です。ただ、固有語に関しては違いがあまりにも大きいので覚えるのは大変ですが…。

そして中国語に関してですが、なんといっても漢字の存在が大きいので他の国の人が中国語を覚えるよりは大分楽です。日常単語も50%は共通しているとのことですし…。ですので、全く勉強したこと無い人でもなんとなく意味はわかります。例えば上記の例をとって

・我是日本人。
・我在学校学習韓語(朝語)。

日本語の訳を入れなくても何となく意味がわかりますよね?ただ、韓国語の時とは違い、中国語は文法が日本語とは全然違い、また同じ発音でも意味が全く違ったりするなど発音が比較的難しい言語であるため、そういう意味においては難しいと思います。

長文駄文失礼しました^^;

こんにちは^^

日本人が習得しやすい外国語でやはり一番なのは韓国語、次点で中国語になると思います。
韓国語においては、文法がまず日本語とほぼ同じであり、『は』や『が』、『を』等の助詞も同じくあります。例えば

・ナ ヌン イルボンサラム イムニダ
 私 は  日本人     です
・ナ ヌン ハッキョ エソ ハングゴ ルル ゴンブ ハムニダ
 私 は  学校   で  韓国語  を  勉強  します

日本語の文法がそのまんま当てはまりますよね?そして今でこそ韓国はもち...続きを読む

Qなぜ日本人に対して中国語は特に難しいのか

日本語と中国語どちら難しいのか
難しいの所がどこ?
なぜ日本人に対して中国語は特に難しいのか

Aベストアンサー

外国語大学で中国語を専攻し、その後中国に計7年駐在して、仕事で中国語を使っていたことがある者です。

もう30年ほど前の話ですが、外国語大学に入った新入生が苦しめられるのは、アラビア語科の右から左へ書くアラビア文字と、中国語科の中国語の発音(特に四声)が双璧であると、私が大学に入った当時は言われてました。

日本人が中国語を学ぶときに苦しむのは発音に尽きると思います。
発音さえみっちりトレーニングしておけば、文法は意外と簡単だと思います。

日本語みたいな活用もないし、欧語のような語尾変化もありません。
構文などを理解して覚えるのは、英語の勉強でやってきたことだし、修飾語のかかり方(~的など)などはむしろ日本語に近い感じで、自然な感覚で身につきます。

それに引き換え、発音には、清音・濁音の区別ではなく有気音・無気音の区別であること、巻舌音、四声など、日本人がつまづきやすいポイントがたくさんあります。

特に四声が問題になります。日本では大阪や京都といった関西辺りですと、言葉に高低アクセントがあるので、まだ四声に対する理解が可能ですが、東京方面の人などはまず四声の高低アクセントというものが感覚的に理解できないと思います。日本語でも東京人で関西語をちゃんとしゃべることができる人はまれです。

中国語を勉強し始めた日本人が、覚えたての中国語のフレーズをつかって中国人に話しかけても、発音が悪いため全然通じないことが多くて、それでショックを受けて挫折してしまうようです。私の周囲で、「仕事で中国との接点ができたから中国語を勉強する」といって学習し始めたのに挫折した人間は、たいていそうでした。

日本人にとって中国語は特に難しいものではなく、発音さえきっちり勉強すれば、むしろやさしい言語といえるのではないでしょうか。

一方、中国人からすれば、日本語は漢字の読みがひとつでないこと、漢字・カタカナ・ひらがなと文字の種類が多いこと、発音は簡単なようでいて実はローマ字表記に表現されてない発音をしないときれいな日本語にならないこと、「てにをは」や活用など文法が複雑であることなどがネックになるのではないでしょうか。

日本語も英語もぺらぺらの中国人が言っていた話ですが、中国人から見ると言語としての英語と日本語は全然別の方向にある言語で、どちらかの言葉をある程度までやっていて、もうひとつの言語を始めるのはかなりしんどいのだそうです。まず英語を勉強する人が多いでしょうから、日本語は中国人にとってはしんどい言語ということになるかも知れませんね。

外国語大学で中国語を専攻し、その後中国に計7年駐在して、仕事で中国語を使っていたことがある者です。

もう30年ほど前の話ですが、外国語大学に入った新入生が苦しめられるのは、アラビア語科の右から左へ書くアラビア文字と、中国語科の中国語の発音(特に四声)が双璧であると、私が大学に入った当時は言われてました。

日本人が中国語を学ぶときに苦しむのは発音に尽きると思います。
発音さえみっちりトレーニングしておけば、文法は意外と簡単だと思います。

日本語みたいな活用もないし、欧語の...続きを読む

Q日本語の音素の数

英語の音素は44あるそうです。日本語はいくつありますか? 「か」は k と a に分けて考えるとしてください。

Aベストアンサー

母音

/a/ /i/ /u/ /e/ /o/


子音

/k/ /s/ /t/ /c/ /n/ /h/ /m/ /r/ /g/ /z/ /d/ /b/ /p/


半母音

/j/ /w/


特殊モーラ

/n/ /q/ /h/


全部で23個です。単純に母音、子音だけ足すものではありません。

Q日本語の特徴

大雑把でいいので、日本語にはこういう特徴があるとか、こういうところが面白いんだ、という項目を教えてください。
今まで考えたのは(1)日本語は省略できる。(2)日本語は多彩な形を持つ(漢字、ひらがな、カタカナ)(3)日本語は断定を避ける傾向がある。

これ以外に何かありましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 日本語の特徴は数え切れないほどあげられると思います。

 まず世界の中で日本語を話す人口が非常に多いこと。1億2千万人余という日本人の人口以外にも海外でも学ばれる傾向が近年特に大きい言語です。日本語を使う人口は世界で6番目に多いそうです。ただし実際に海外で使われているかというと英語などの主要言語に比べてその日本国内での使用人口に対する海外での使用割合はきわめて少ないのも事実です。

 論理的な言語であること。外来の学術用語など比較的簡単に移植できます。もちろん先人のたいへんな努力があってのことですが、明治のはじめのころから自国語で大学の教育ができたのは世界の中でも希なことであったといいます。外国のある言語学者の分類によると日本語は論理的記述に適した言語のトップ集団に位置するそうです。

 バリエーションが豊富なこと。同じ日本語でも話し言葉のレベルでは地域によって大きな差があります。ヨーロッパでは他言語と分類されるような特徴の違いがあっても一つの言語としてくくられています。

 母音と子音のマトリクスによって比較的簡単に発音の種類が把握できること。もちろん完全なマトリクスではないにせよ、系統だった発音の把握が簡単です。つまりアカサタナとアイウエオの組み合わせで発音の体系ができあがっているということで、非常に合理的と言えます。このマトリクスの中にあれば歴史的に日本人が使ってこなかった発音すら表記できます。

 シラブル(音節)の数が他言語に比べて非常に少なく、そのため同音異義語がとても多いのです。また発音と文字表記が密接な関係があります。例えば英語ですと、"tough","through","thought","ought"などなど同じ表記でも発音が違うことが多いのに日本語に関してはそういうことがほとんどなく、基本的に文字で表記されたものですべての日本語の使用者が間違えることなく同じ発音ができます。

 例えばフランス語で言うリエゾンが現代日本語であまり見られないこと。つまり前の発音の影響で次の発音が影響をうけるようなことが現代日本ではあまり見られないということです。例外として「観音」などですが連濁の現象とあわせて現代語ではますますその傾向が大きくなっています。

 同じ母音の連続を気にしないこと。"Ymagata"とか"Asamayama","anatagata"とか同母音の連続を特に気にしない傾向があります。

 形容詞の数が少なく、感情表現において他言語からの移植や「的」「性」の使用で自由に形容詞的表現が増殖すること。

 人称表現が豊か。例えば「私」という人称表現ですが英語では"I"だけですが、立場や状況によってたくさんの表現があります。「俺」「私」「わたくし」「小生」など聞いただけで話主の立場やその状況が瞬時に想像できます。

 外来語の輸入が比較的簡単ですが、「彼女」といった単語だけではなく関係代名詞を直訳した「~ところのもの」といった構造を持ったイデオムですらいつのまにか日本語に入り込んでいるくらいです。

 擬態語や擬声語が多く、そこから転化した言葉も多いといえます。「ひょっとして」などが該当すると思いますが、擬態語、擬声語からの造語力が強力であることは言えます。

 肉体表現が貧弱で特に病気の名前などは大和言葉で表現されるものは圧倒的に少ないと言えます。これに対して心理表現は非常に豊かで他言語使用者が日本語を習得する上で大きな困難となっているようです。例えば「気」を使った言葉が非常に多く、「気がおけない」「気になる」「気がひける」など微妙な心理表現を一語に負わせていて、外国人にこの「気」という言葉を説明するのに一苦労します。

 数字と発音の組み合わせが柔軟で、一定の率を持った発音化が可能。かけ算九九や「富士山麓オーム鳴く」など日本語ならではの表現ができます。英語では例えば円周率を覚える際は"Yes,I have a number…"というように単語に含まれる文字の数で覚えると言ったことくらいしか思いつきません。

 語彙が豊富ですが、総じて他言語からの学習者に不利になっています。アメリカ国務省の分類によると、日本語はアメリカ人にとってアラビア語などと並んでもっとも習得がむずかしい言語のグループに分類されるそうです。

 以上昔読んだ金田一晴彦著「日本語」上下巻(岩波新書)が脳裏にあっての文章ですが、今手元にない(友人に貸して返ってこない)ので興味がおありでしたら一読をお勧めします。

 日本語の特徴は数え切れないほどあげられると思います。

 まず世界の中で日本語を話す人口が非常に多いこと。1億2千万人余という日本人の人口以外にも海外でも学ばれる傾向が近年特に大きい言語です。日本語を使う人口は世界で6番目に多いそうです。ただし実際に海外で使われているかというと英語などの主要言語に比べてその日本国内での使用人口に対する海外での使用割合はきわめて少ないのも事実です。

 論理的な言語であること。外来の学術用語など比較的簡単に移植できます。もちろん先人のたい...続きを読む

Q各言語の音の数

日本語の音の数は
a,i,u,e,o ka,ki,ku,ke,ko sa,shi,su,se,so
ta,ti,tu,te,to na,ni,nu,ne,no ha,hi,hu,he,ho
ya,yu,yo ra,ri,ru,re,ro wa,n
ga,gi,gu,ge,go za,zi,zu,ze,zo da,di,de,do
pa,pi,pu,pe,po
(これは入るのかな?)
va,vi,vu,ve,vo qa,qi,qe,qo
くらいですが、英語の音の数は1050個あると聞きました。
世界の言語の音の数みたいのが載っているサイトとかありませんか?
また、こういうことについて詳しい方。
色々な言語の音の数について教えてください。

Aベストアンサー

音節数で言えば、日本語は110くらいです。
(学者によって数え方が違いますがhttp://www.asahi-net.or.jp/~va4h-nsn/on50.htm)
実際の「音声」となると、個人差もあるから複雑です。「ざ、じ(ぢ)、ず(づ)、ぜ、ぞ」は実際には語頭と語中で音声が違いますし、「ん」に至っては7つくらい異音がありますが、日本人の意識では一つの音と認識されています。
日本語は音節構造が、「母音」か「子音+母音」しかなく、しかも組み合わせをすべて使いますので、数えるのが簡単ですが、他の言語ではそうはいきません。

比較的簡単なのは、中国語(普通話)です。「母音」「子音+母音」「母音+子音」「子音+母音+子音」の組み合わせで音節数は400くらいです。ですが、中国人はこの一音節内に音の高低をつけて、音の違いと見なします。これを声調またはトーンといい、中国語では4つの声調がありますので、理論上、400×4=1600通りの音を作り出せますが、実際には使われない音がたくさんあるので、正確に数えることはできません。

複雑なのは英語です。springは「子音+子音+子音+母音+子音」で、これで一音節です。「子音+子音+...+母音+子音+子音+...」と子音が一つだけでなくいくつも重ねられるので、無限の組み合わせができます。しかも母音も23個もあります。誰も数えた人はいないという話です。1050ではないはずです。

音節数で言えば、日本語は110くらいです。
(学者によって数え方が違いますがhttp://www.asahi-net.or.jp/~va4h-nsn/on50.htm)
実際の「音声」となると、個人差もあるから複雑です。「ざ、じ(ぢ)、ず(づ)、ぜ、ぞ」は実際には語頭と語中で音声が違いますし、「ん」に至っては7つくらい異音がありますが、日本人の意識では一つの音と認識されています。
日本語は音節構造が、「母音」か「子音+母音」しかなく、しかも組み合わせをすべて使いますので、数えるのが簡単ですが、他の言語ではそうはいきませ...続きを読む

Q日本以外で日本語を公用語として利用して"いる"国は存在する?

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1044262
↑の質問で#8の解答として

> 日本以外でも日本語を公用語にしている国はあります。特別ですが。

とありました。
ちょっと気になって調べてみたのですが、それらしき国がどこか分かりませんでした。

大日本帝國時代に統治していた関係でパラオなど南の島で日本語を話せる人がいること、日本として現地で日本語を教育していた地域があることに関する情報は出てくるのですが、果たして現在も、特別であっても、日本以外で日本語を公用語として利用している国はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、公用語とは何か考えてみましょう。
意外なことに、アメリカでは英語が公用語とは法律で規定されていないのです。ですから、何語で教育を受けようと これは個人の自由です。つまり、義務教育で
これだけの英語は最低限習わなくてはならないという規則もありません。その一方で、インドやパキスタンでは英語が公用語の1つになっていますが、母語として使用している人は殆どいません。

さて、本題に入りますが、昔の満州などを除くと 日本語を公用語としている国はありませんが、公用語と一つとしている州のある国があります。パラオ共和国のアンガウル州です。州とは言っても、パラオ共和国自体、非常に小さな国ですし、その中の州ですから、人口は数百人程度だと考えられます。カナダのケベック州とは雲泥の差です。
一つ言えるのは パラオ共和国のアンガウル州よりも、
ハワイやブラジルのサンパウロの方が はるかに大きな日本語のコミュニティーがあり、そこでは 僅かながら
日本語の刊行物も存在します。

Q日本人の韓国語発音は どんな特徴がありますか?

韓国人の話す日本語は軽い「東北弁」ぽいという印象です。
もちろん上手な方でも少し 東北っぽいイントネーションですね。
(「つ」が「ちゅ」、「ず」が「じゅ」になってしまうイメージがありますがこれはこまかい事なので)
では逆に日本人が韓国語を話したとき、日本人に共通する発音やイントネーションて 簡単にどんなイメージなんでしょうか?
細かいイメージでなくていいので 教えてください!
(バッチムとして発音できない等はなしとして おおまかに)

Aベストアンサー

rp_jspです。
北朝鮮の知人はいないので、実際の北朝鮮なまりはよく分かりません^^(TV等でおなじみの北朝鮮のアナウンサー(?)は訓練された特殊な語調のようなので、一般的な人々の話す言葉とはかなり違うようですね。

中国の朝鮮族の方たちの朝鮮語、日本語は知っていますが、抑揚が激しく独特で、会話しているとつい移ってしまいそうです。(関西弁の方と話していると関西弁が伝染してしまうような感じ)
北の方言ということで、朝鮮族の人の韓国語(朝鮮語)は北朝鮮なまりに近いと韓国人から聞いたことがあります。

ちなみに、朝鮮族の人は日本語に似ている韓国語文法がわかり、韓国人の苦手な漢字も分かるので、ほとんどの人が韓国人、中国人よりも日本語習得が早いですね。子供の頃から中国語、朝鮮語のバイリンガルで語学に耳がいいせいもあるかも知れませんが。

韓国では、日本語は抑揚がないと思っているようで、学校教育などで、留学経験のない韓国人教師が教える日本語の授業では、日本人にはとても不自然に感じるくらいの「棒読み」の日本語を教えているそうです。
(日本でも学校の英語は留学経験もなく文法は知ってても英会話が実は不得意な英語の先生が教えてたりしますものね。)

韓国人に多いクセのある日本語で、日本人にはちょっと失礼というか、まるでイチャモンをつけているかのように聞こえることが結構あって、誤解を招き易く、残念な気持ちになる事が多いです。失礼でも何でもなくどちらかというと丁寧な韓国語表現のイントネーションそのままに日本語にしてしまうとすごく生意気な感じになる事があります。
文字だけでは具体例が示しにくいのがもどかしいです。

日本人の韓国語が北朝鮮なまりみたい、というのは私は今まで聞いたことはないけど、私の周りだけの話なので、他の人の意見も聞いてみたいですね。 

rp_jspです。
北朝鮮の知人はいないので、実際の北朝鮮なまりはよく分かりません^^(TV等でおなじみの北朝鮮のアナウンサー(?)は訓練された特殊な語調のようなので、一般的な人々の話す言葉とはかなり違うようですね。

中国の朝鮮族の方たちの朝鮮語、日本語は知っていますが、抑揚が激しく独特で、会話しているとつい移ってしまいそうです。(関西弁の方と話していると関西弁が伝染してしまうような感じ)
北の方言ということで、朝鮮族の人の韓国語(朝鮮語)は北朝鮮なまりに近いと韓国人から聞いたこと...続きを読む


人気Q&Aランキング