緩斜面では滑れるのに・・・急斜面になると腰が引けてスムーズに滑れません。前足に体重をかけてと頭ではわかっているのですが。よい練習方法があれば教えてください!

A 回答 (5件)

腰が引ける、所謂、後傾姿勢は、意識してもなかなか直りませんよね。


私も苦労しました。質問者さんのフォーム見れないので実際どうか判りませんが、多くの場合、前に体重を掛けようとすると前屈みの姿勢になりがちです。こうなると、腰が折れて、太腿が寝て、脛が立つので、所謂、へっぴり腰の姿勢になり、益々、意図とは反し益々後傾になってしまいます。
下記は、スクールで指導されて、私の後傾が矯正された姿勢の取り方です。
1、脛を深く折る。
2、折った脛の角度と太腿の角度が同じになるように股関節を折る。
3、背筋は曲げず真っ直ぐに伸ばし、お尻を上に吊り上げるようにる。

上記の姿勢を滑走中も保てば腰が引けること無くなりますが、以外と3の姿勢を保つのが難しく、ポイントとなります。私の場合、滑走中に3の姿勢を保つには、アゴを引かず、常にアゴを上げて滑るのが効果的でした。
家でも練習できるので試して見てください。スキーブーツを履いて。

また、姿勢ではないのですが、急斜面を滑るときのもう一つのポイントは、ターンのキッカケで上に立ち上がらないことも肝心です。上方向に立ち上がると体が遅れてしまうので、斜面下、ターンの出口方向(次の進行方向)に体を移動させるようにします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やはり姿勢の取り方が大事なのですね!
1の脛を深く折る。とはブーツに押し付ける?という意味でしょうか?
前屈みを意識しすぎて背筋は曲がっていたと思います。ターンのキッカケで上に立ち上がらないも、なるほど!です。がんばります。ありがとうございました。

お礼日時:2008/01/18 23:16

スキーもスノボも基本動作は同じですよ。


腰から下というのは股関節のことを指します。
ここから下の運動で体重の加重抜重で綺麗なカービングターンが出来るのです。
カービングの練習は緩斜面ではやり辛いので、中斜面で股関節に手でも取れないように差し込んで、左右交互にぐっとやって見て下さい。
急斜面で上手く滑れないのは、普通当たり前の事で始めから上手く出来る人は居ませんよ。
急斜面の恐怖は第一に慣れしかないのです。慣れて慣れて慣れてやっと体が覚えます。
スキー場地元のポールをやっている少年達は凄く上手ですよね、でも小さい時から、曲がる事は教えて貰わずひたすら直滑降です。
曲がるのは教えなくても出来るからなのです。
あれこれと急斜面を滑る方法をスクールに入っても聞き、ここでも聞き
でも同じ答えで、それでも出来ないのですよね。
まずは、急斜面で一気に降りてくるのをやめてください。基本姿勢に戻りせいぜい2ターンづつ、しっかりと股関節下に力を入れ踏ん張りゆっくりと降りてこれる練習を何度も繰り返して下さい。
大回りは返って速度が増すので、中周り程度で。何度も何度も繰り返している間に必ず上達しますよ。
シーズン10日ぐらいは行けると良いですね。
    • good
    • 2

急斜面になればスピードがでますから、まず速いスピードに慣れることから始めてみてはどうですか?スピード感の恐怖心を取り除くために。


何のスポーツもそうですが、恐怖心は上達の妨げになります。

最初は緩斜面で直滑降、慣れてきたらもう少し斜度のある斜面で直滑降、と段々慣れさせましょう。

聞くところによると、地元のチビッコスキー少年団みたいな子供達は、まず、直滑降みたいなことをして、スピードに慣れさせるようですから。

慣れれば恐怖心もなくなり、基礎が出来ていれば自然と滑れるようになります。

あと、気をつけることは、足首を曲げて(ちゃんとスキーブーツを履けてなければ曲がりません)、足のすねをスキーブーツに押し付けてください。そうすると自然と膝も曲がりますし。スキーを滑り終えたあと、足のすねが痛いくらいになっているのが良い状態だと思いますので。

そして、ストックの使い方。ストックを持つときは、薬指と小指で持つ感覚で、曲がるときはスキーの先端の曲がっている付近で軽く突くように(強く突いてはいけません)してください。
そうすると自然と上半身が前に行きます。

なお、後傾で滑っている人のほとんどは、足首が曲がっていません。それと、ストックを突くとき、ブーツ付近で突いています。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

アドバイス有難うございました。説明が足りなくてすいません。当方スノボーです。足のすねをブーツに押し付けて・・スノボーでも同じですよね。試してみます。

お礼日時:2008/01/18 22:34

どのレベルなのか分かりませんが、まず、腰の前面(下っ腹あたり)を常に滑っていく方向(横ではなく谷側)に向けるようにしてみてください。

顔ではなく腰の前面ですよ。
それから、ターンをするときには常に早めに足を切り替えることです。たとえば右にターンをするときは左足に体重が掛かっているわけですが、ターンの三分の一を回り終わったら右足に切り替え始めるつもりで、滑ってください。
そして、腰はあくまでも谷側へ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

説明が足りなくてすいません。当方スノボーです。腰の前面がどの位置なのかわからないのですが・・・。下っ腹あたりと書いてあるので腰の横の部分??じゃないですよね?すごく気になる回答ですので、お時間があればまたアドバイスお願いします!

お礼日時:2008/01/18 22:52

>前足に体重をかけてと


そうなんですよね わかっていても・・・・・
実際、どのように急斜面滑っているかわかりませんが、おそらく急斜面では、腰が引きながらターンして体重を前にかける前にまたターンする状態なのかな
体重を前にかけるのは基本ですが、
まず、急斜面になるところで最横で止まり、少し姿勢を前にかがみ込むように、前加重かけながらをゆっくりと斜めで急斜面に入ってください。
そして、スピードがでて、ターンにはりますよね
そこで、ターンしながら、かがんでる状態から上体を伸ばしてください
このとき、スキー板の方向が横にならないように なるべく 下つまり谷の方向へむくようにこころがけてください
まあ、例えば、右にターンのときは左足のほうに加重をかけていくのですが、加重かけながら体の重心を上に移動していくんです。そしてなるべくスキーの板は谷のほうへと向けるのです。
そうすれば スムーズにすべれるようになると思いますが
文章ではちょっと わかりづらいかな
これらを意識しながらやっていくと 自然と体が覚えていきますよ
何本かやっていくにスムーズにターンできるかと思いますのでがんばってください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス有難うございました。説明が足りなくてすいません。当方スノボーです。参考にさせていただきます。

お礼日時:2008/01/18 22:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスノボ緩斜面での逆エッジ

(ほぼ)平地なところを滑っているときに,よく逆エッジにやられます。
ターンするときのエッジ切り替えではなく,雪の凹凸に
引っかかるのですが,これにやられるのは乗り方が悪いからでしょうか?何かコツがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

当方アルペンボーダーですが参考までに...

ターンするときに逆エッジがなく、直進状態の時に逆エッジを拾うならば体軸がねじれているかもしれません。体軸がねじれていると凹凸通過時に板が曲がるため結果逆エッジになることがあります。”横乗り”を強く意識してはいかがでしょうか?なお”ねじれ”は直進時に軽くジャンプしたとき板や体がズレるので分かります。逆にズレずに直進が続けられるならば、体軸はねじれていないことになります。なお雪の凹凸の上でターンする場合は凸を回り込むようにターンしないと逆エッジになります。

滑り方は前の回答の方が詳しく説明されていますが、ボード自体に改造を加える方法もあります。これはエッジの角度を調整し、逆エッジまでの角度の許容範囲を広げます。調整はショップなどで行ってくれると聞いたことがありますが、私の場合市販のエッジを研ぐ器具でちょうど良いものがあり結果約1°調整してあります。見た目は分かりませんが効果は大きいように感じます(なお調整に失敗すると復旧は困難です)。

Qうーーんと緩斜面のあるスキー場は?

今年から、家族全員でスキーを始めたばかりの家族です。
まったくの初心者が3人(私以外全員)
妻、長女(中2)、次女(小4)そのうち妻と次女が
異様に傾斜を怖がり何もできません。羽鳥湖のファミリーゲレンデの
右側にあるゲレンデ(ちびっこゲレンデ?)では何とかなりましたが
猪苗代湖のゲレンデではどうにもならず、帰ってしまいました。
どなたかスキー場の入り口からうーーんと緩斜面のゲレンデがある
スキー場ご存じないでしょうか?

Aベストアンサー

  
  再びこんにちは! ryudonさん!  (*^▽^*)

   回答へお礼の文を読ませて頂きました!
   ありがとうございます! \(^o^)/

   いきなりなんで申し訳ないのですが、 (^^;
   前回の回答 ( 回答No7 ) の訂正と補足を書かせてもらいます!

   ryudonさんは
   「 スキー場の入り口からうーーんと緩斜面のゲレンデ 」 と書かれて
   いましたのに、それに該当しないスキー場を書いてしまいました! m(..)m


   ★ アライスキー場 ( 新潟県 新井市 両善寺 )

     ◆ お薦めコース :  妙高ロングラン上部 ~ 林道

       http://www.araimt.com/
.
   
   【 妙高ロングラン上部 ~ 林道 】 はスキー場の上部にあるんです!
   ですが、斜面はとても緩やかで、幅も広く、距離も長いので、初心者の方
   にはピッタリだと思うんです!
   麓のブロードウェイコースは最大斜度が17度ありますが、平均斜度は
   5度ですから、【 妙高ロングラン上部 ~ 林道 】 で練習した後でしたら
   大丈夫だと思うんです! ( たぶんですが ・・・・・・・ *^_^* 。)

   それに、もし滑って降りられない時は、リフトの係の人に事情を話せば、
   分かってもらえますので、リフトで降りられるはずです!
   チョット恥ずかしいですが (●^_^●) ・・・・・・・・・・・ 。

   参考にならない回答を書いてしまいすいません。 m(-.-)m
   その代わりと言っては何ですが、兄弟や友人や職場の方に初心者の方でも
   楽しめるスキー場を聞きましたところ、下記のスキー場が良いのでは ?
   と思いまして、もう1度書かせてもらいます!
   欠点 ? としましては、ボーダーの人もいるんです。 すいません。


   ★ 黒姫高原スノーパーク ( 長野県上水内郡信濃町黒姫高原 )

     ◆ お薦めコース : 前山ファミリーゲレンデ

       HPには平均斜度10度とあります!
       広々として快適なコースだそうです! \(*^◇^*)/

       http://www.kurohime-kogen.co.jp/ski/
.

   ★ キッツメドウズ 大泉・清里スキー場

     ( 山梨県北巨摩郡大泉村西井出 )

     ◆ お薦めコース : G コース

       HPには平均斜度8度とあります!
       このコースも広々として、快適なコースだそうです! \(^◇^)/

       http://meadows.kitz.co.jp/index_d.html
.

   ryudonさん! 

   あまり参考にはならないかも知りませんが、一応書かせて貰いました!

   今、スキー場の多くは、スキーのお客さんだけでは経営が苦しいので、
   ボーダーの人達を受け入れなければ利益を確保しにくいのが現状です!

   昔、スキーを楽しんでいた人も現在はボードに乗り換えたり、若い人達は
   最初からボードに乗るのがのが一般的ですからね!
   それに、趣味や娯楽の多様化が進み、冬にウインタースポーツをする人が
   減ってきているのも、スキー場経営に影響しているのでしょうね!
   
   初心者の方には斜度も大事ですが、コース幅や距離も大事なので、多少
   斜度がキツクても、コースにゆとりのある所の方が精神的にも実技習得の
   上でも良いのではないかと思いまして、紹介させて貰いました! (^▽^)

   確かにいきなり斜度のキツイコースを滑るのは良くないと思います!
   でも、いつまでも初心者コースばかりで難コースを避けていては、甘えが
   生じていつまでも進歩しないのではないかと思います!
   1歩1歩、余裕を持って焦らずにレベルアップしていって下さいね!
   レベルアップする時、新しく技術を習得する時には、多少の危険と勇気を
   伴うのが当り前なので、 「 よっしゃー! 」 と気合を入れて、あっ!
   子供さんは女の子ですから、 「 いくわよ~! 」 ですかね?
   気合を入れて、がんばってくださいね! OH~! \(*^o^*)

   長女の娘さんは来年?さ来年?は受験で大変だと思いますので、今冬は
   何も気にせずに頑張れる冬だと思いますので、娘さんは勿論、ご家族の
   皆さんで思いっきりスキーを始め、いろんん事を楽しんで下さいね!

   では! (*^.^*)/~~~ (*^.^*)/~~~ (*^.^*)/~~~

   がんばれ~! (*^▽^*)♪(*^▽^*)♪(*^▽^*)♪(*^▽^*)♪(*^▽^*)♪
  

参考URL:http://www.kurohime-kogen.co.jp/ski/,http://meadows.kitz.co.jp/index_d.html

  
  再びこんにちは! ryudonさん!  (*^▽^*)

   回答へお礼の文を読ませて頂きました!
   ありがとうございます! \(^o^)/

   いきなりなんで申し訳ないのですが、 (^^;
   前回の回答 ( 回答No7 ) の訂正と補足を書かせてもらいます!

   ryudonさんは
   「 スキー場の入り口からうーーんと緩斜面のゲレンデ 」 と書かれて
   いましたのに、それに該当しないスキー場を書いてしまいました! m(..)m


   ★ アライスキー場 ( 新潟県 新井市...続きを読む

Qスキーのジャンプは体重別で優勝者を決めるべきではないでしょうか?

トリノの冬のオリンピックで、ジャンプの原田選手がスキー板が長過ぎて失格になりました。ジャンプは確かにスキー板が長い方が有利なので、制限があるのは仕方ないですが、選手の身長と体重の方程式で長さを決めるのは複雑過ぎではないでしょうか?方程式で優勝者が決まりかねません。実際、日本人の体格に不利な方程式が使われているようです。

身長の有る選手が有利になるスポーツは幾らも有ります。例えばバスケットなど、身長は先天的なもので、努力して変えられないものですから、身長でルールを変えるのは間違いだと思います。変えるなら、体重でしょう。全員同じ長さのスキーを履かせて、3階級位の体重別で優勝者を決めれば良いのではないでしょうか?

Aベストアンサー

ルールは毎年変更されます。
それに準じて競技できないのは規定でありしかたの無いこと

またルール変更にともなう影響は日本人だけではなく
各国同じです、外人=背が高い というのは当てはないことがあります。

バスケットが出ていますが、背が低いとポイントが2倍なんてルールありました?

>>変えるなら、体重でしょう。
>>同じ長さのスキーを履かせて、3階級位の体重別で優勝者を決めれば良いのではないでしょうか?
良い案だとは思います。これを国際スキー競技連盟に投書してみましょう。

私は体重ではなく筋力別にしてもいいかもと乱暴に思っています
実際 筋力があると背が高くなくても 飛んでいます

Q斜面に対する恐怖心

こんにちは。昨年からスノーボードを始めました。スクールに入ってみっちり基礎を叩き込んでもらって、連続ターンまでできるようになったんですが、どうしても斜面に対する恐怖心が拭い去れません!
インストラクターさんに聞いても「気合!」の一言・・・気合はあるんですが斜面が急になると、ものすごくビビッてしまってこれまでのようにターンが切れません。どうしたらいいんでしょうか?筋肉を鍛えるように恐怖心を拭い去るトレーニングなどはないものでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは^^
斜面は慣れるまで私も怖かったです・・
kurosibakaiさんはレギュラーですか?フロントターンが怖いのですよね?レギュラーでしたら、怖いかもしれませんが、左足に体重をかけましょう。コツは上半身をやや前に出し(前かがみにならないように)そのまま膝を曲げて、体重を左の膝に乗せる感覚です(膝がポイント)
そうすると、自然とターンしやすくなります
斜面になると、前に転ぶのを恐れて、後ろに体重をかけていませんか?後ろに体重がかかるとターンは厳しいです
あと目線が下に向いてませんか?下に向いていると足元がふらつきがちになり、安定しません
斜面で怖いかもしれませんが、目線を少し遠くに向けるとだいぶ違いますよ(遠くを見すぎても逆に危険なので見極めが難しいのですが・・)
あと、イメトレも大事だと、勝手に私は思っていますw

早くターンが思うようにできるようになるといいですね^^がんばってください

Q急な斜面(スノボ)

先日、初めてスノボを経験してきました。

二日間、同じくスノボ初体験の彼女と四苦八苦しながら、彼女は木の葉(かかと側のみ)と止まる時だけつま先側で止まれるようになり、僕は初心者コースならターンが難なくできて滑りながらオーリーも一応できるようになりました。自分たち的にはかなりできた方なんじゃないかと、喜んでいました。

そんな感じで、二日目の最後にちょっと難しめのコースを滑ってみようということになり、ゴンドラに乗って中級者コースに行きました。

しかし思いの外、すごく急でビックリしました。ちょっとくらい無様でもターンで降りれる自信があったのですが、それどころか木の葉でも斜面が急で止まってられずズズズ~とかなり無様でした。

ターンのつま先側になるとこけてしまうんです。これは何故なんでしょうか?一応前足に体重をかけるというのはちゃんと意識してやっていました。あと、スピードがかなりでて他の人にぶつかってしまいそうで怖かったです。どうやれば周りの人のようにスピードを調節しながら滑れるのでしょうか?

具体的には、栂池高原のハンの木コースです。栂池の初心者コースとされているところは全て滑ってから最後にチャレンジしました。

長文の質問最後まで読んで頂いて、ありがとうございます。経験者の方、スノボうまい方等回答お願いします!

先日、初めてスノボを経験してきました。

二日間、同じくスノボ初体験の彼女と四苦八苦しながら、彼女は木の葉(かかと側のみ)と止まる時だけつま先側で止まれるようになり、僕は初心者コースならターンが難なくできて滑りながらオーリーも一応できるようになりました。自分たち的にはかなりできた方なんじゃないかと、喜んでいました。

そんな感じで、二日目の最後にちょっと難しめのコースを滑ってみようということになり、ゴンドラに乗って中級者コースに行きました。

しかし思いの外、すごく急でビッ...続きを読む

Aベストアンサー

急斜面ということで、少々ビビって 体の軸が遅れているのだと思います。 
次のターンに入るときに体が遅れないように前へ前への意識を持ってください。最初は怖いですが。


>ターンのつま先側になるとこけてしまうんです。

顔が山側(山頂側)に向いてしまっていませんか?
スピードを上げずにターンをするには#1の方が仰る ドリフトターン(ずらしてスピードをころす)が有効です。
それには顔を谷側(斜面下)を向けてください。

他の方も仰っている ひざを曲げること。
関節は全て ”柔らかく”曲げてください。
足首・ひざ・股関節 左右6つの関節です。
ひざを曲げる際、腰も曲がらないように(腰が折れて上体がかぶらないよう)
滑る前に、平らな場所でブーツ・ボードを履いてどれだけ曲げれるか確認してみてください。 実際滑り出すと、自分が思っている以上に関節って曲がっていないものです。


>どうやれば周りの人のようにスピードを調節しながら滑れるのでしょうか?

冒頭にも申し上げましたが ドリフトターンをマスターすることと、体の軸が斜面に対して垂直になるよう、遅れないように意識することです。
板が体より先に走ってしまっているのだと思うので、板に遅れないように。

まだ初体験なのにいきなり中級コース行けたのですから 今から上手くなりますよ! あせらず頑張ってください。
まずは緩い斜面でじっくりとターンの練習を重ねて下さいね!

急斜面ということで、少々ビビって 体の軸が遅れているのだと思います。 
次のターンに入るときに体が遅れないように前へ前への意識を持ってください。最初は怖いですが。


>ターンのつま先側になるとこけてしまうんです。

顔が山側(山頂側)に向いてしまっていませんか?
スピードを上げずにターンをするには#1の方が仰る ドリフトターン(ずらしてスピードをころす)が有効です。
それには顔を谷側(斜面下)を向けてください。

他の方も仰っている ひざを曲げること。
関節は全て ”柔ら...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

おすすめ情報