はじまて質問をします。

僕はもの事のはじまりについて興味を持っています。

早速ですが

現在は西暦何年や平成何年といった表し方で両方使い分けていますが、昔は日本では和暦しか使ってないと思います。
明治の新聞記事の日付や昔の書物の日付を見ると西暦が書かれていません。

いつから入ってきたのかはやはり文明開化からだと思いますがどうでしょうか?

そして一般的に使われるようになったのは昭和に入ってからでしょうか?

西暦2000年の節目からそんなことに疑問を抱いています。

このような質問などしても良いのかわかりませんがもし知っている人がいましたら

わかる範囲で結構ですので教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

日本に西暦が入ってきたのはキリスト教伝来と同時ですが、実際に西暦が導入されたのは明治時代中と聞いています。


ただ西暦が世界標準的な暦となったその背景にはやはり宗教的なことは無視できません。この視点で見なければ何故日本は西暦を導入したのか絶対に理解できません。
欧米をはじめ東南アジア諸国等々に至るまで、世界的にみて、イエス・キリスト信仰が絶大だからです。宗派は様々ですがイエス・キリスト信仰者いわゆるクリスチャン人口は世界で数十億人います。ちなみに日本人クリスチャンは約100万人程度です。
その様な背景の中で日本をはじめ、クリスチャン人口の少ない国々も国際外交や交易等で西暦を導入せざるを得なかったのでしょう。
ご存知とは思いますが紀元前はB.C(Before Christ:イエス・キリスト降誕前)、紀元はA.D(Anno Domini:主の年)といいます。この主とはイエス・キリストのことです。ですから、西暦をキリスト紀元ともいいます。
ただ、考え方によっては、西暦が日本に導入されてよかった点があると思います。
それは日曜日は"休み"になったからです。それまでの日本には無かった習慣なのです。
ここで勘違いしてもらいたくないのは、クリスチャンにとっては日曜日は休みではありません。
毎週日曜日は主の復活の曜日であるので、生活を支える目的での仕事はしてはいけない、その代わり、神(主イエス)のことを一日思う日(主日)に定めたのです。ですからクリスチャンは毎週日曜日に眠い目を擦りながらでも朝から教会に行き、ミサを受け、教会のために仕事をしたり、ボランティア活動をおこなったりするのです。
日本が西暦を導入した時"仕事はしてはいけない"というシステムだけを都合よく取りいれて日曜日は"休日"にしたのです。よかったですね。
ちなみに欧米諸国では昔から土曜日も休みでした。これは紀元前から続くユダヤ教の"主日"が土曜日だったことを引き継いでいます。
日本も土曜日を一般的な休みにするまでかなり時間を要しました。
このようにキリスト教以外の宗教上の背景もあり、なかなか土曜日休みを導入しなぁったのでしょう。
今冷静になってカレンダーを見てください。土曜日は赤い文字になっていません。
日本の国としては土曜日は平日なのです。未だに正式に休日と定めてないのです。
どうですか、このように宗教上の視点で考えると世界的な信者の数の多数決で西暦が世界標準的な立場の暦になっことが理解できます。
余談ですが、クリスマスはこのようにカタカナで書いてしまうと意味が分りませんが、英語でChristmas(Christ:キリストのmas:祭儀)という意味であり極めて神聖な日なのです。こう見るとクリスマスはクリスチャン以外の人には本当に関係ないことなのです。
でも"クリスマスの日だけクリスチャン成り"の日本人も大勢います。
よろしいんじゃないでしょうか、西暦(キリスト紀元)を導入したことだし。
    • good
    • 2

 日本には、キリスト教の伝来とほとんど同じ頃、西暦が入ってきました。

現在見ることができる最古のものは、「真仮名本の奥書」にある「御出世以来千五百九十四年」というように「西暦」の代わりに「御出世以来」を使っていました。芥川龍之介の「奉教人の死」にも記載があります。キリスト教が禁止になり、これは使われなくなり、江戸時代後期から明治にかけて、留学生がヨーロッパに出かけ、日本の年号より便利なため、津田真道が明治2年、年号をやめて、日本が建国したと考えていた神武天皇が即位した西暦紀元前660年を紀元元年とした日本紀元を採用する(当時キリスト教は西洋の圧力でしぶしぶ解禁したので国民の意識は江戸時代とあまり違いませんでした。だから、西暦など無理なことです)ように「年号廃止の建白」が出されました。しかし、このときは採用されませんでしたが、太陽暦が採用された後、年号とならんで日本での正規の紀年法となりました。西暦は、一部のキリスト教徒は明治の初めから使っていましたが、日本での正規なものは、日本紀元(皇紀)となりましたので、細々と使用していました。大正になり、西洋の自由な空気にあこがれる雰囲気が出てきて、知識人は西暦を好んで使用していましたが、戦局の激化に伴ない、使われなくなりました。戦争に負けてからは、GHQにより廃止が指令され、西暦のみが使われる様になりました。
 参考URLは世界のいろいろな紀年法です。
 

参考URL:http://village.infoweb.ne.jp/~fwhp7108/iroiro.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい返事をいただき大変勉強になります。

西暦という暦について知ることができました。

私が思っている以上に暦とは奥が深いのですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/12 22:26

日本に西暦(グレゴリオ暦)が正式に導入されて使われるようになったのは1873年のことです。

つまり、明治6年ですネ。
また、この西暦というのはキリスト教の暦ですから、現在でもイスラム諸国やユダヤ教では別の暦を使っています。
但し、国際的にはもっとも広く用いられているものですので、ほとんどの国で独自歴と西暦が併記されているのが現状ですネ。
なお、日本でグレゴリオ暦が導入されたとき、変な現象が起こりました。
それは、明治5年12月2日の翌日が、明治6年1月1日となってしまったということです。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

「国立天文台・天文ニュース」(参考URL)に、


“日本で西暦を日常的に使用するようになったのは第二次大戦以後のことで、
明治から昭和20年までは、神武天皇即位紀元(皇紀)がよく使用されました。”
という記事がありますので、y-yazawaさんのおっしゃる通り、一般に使われる
ようになったのは、「昭和」それも「戦後」ということのようです。
当然それ以前にも、一部では「西暦」を使用していたのでしょうが…

また、暦全般については、こちらにも詳しい説明が…
その中の「暦の歴史」は参考になるかもしれません。
http://homepage1.nifty.com/gyouseinet/koyomi.htm

参考URL:http://www.wnn.or.jp/wnn-n/tenmon/tenmon246/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事をいただきありがとうございました。
私も戦後の教育改革から教育で西暦が使われるようになったと思います。

お礼日時:2001/02/12 22:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAccessで和暦でも西暦でも入力・表示可能にするには?

Accessのフォームで生年月日を入力するテキストボックスを配置しています。

基本は和暦入力なのですが、外国人の方もいるため、西暦入力のこともあるのです。
和暦で入力した場合は和暦で、西暦で入力した場合は西暦で表示されるようにしたいのですが、何かよい方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

最初に日付型について、理解してみましょう!

1900/01/01 = 1として、1日を+1づづしてます
2009/03/02 = 39,509として、実際、保管されてます

ですので、保管している状況では、和暦/西暦が、実際は、無関係です
これを書式、定型入力で入力し、上記のように、数値に変換、保管、表示するときに、再度、変換表示してるものです

これを和暦/西暦を保管して、更に、表示で再現するとなると・・・
変換せずテキストにするか?
(ただし、入力チェックは、モジュール化する必要があり)
別のフィールドに、和暦/西暦の表示フラグ的なものを作り、クエリにて、入力用と、表示用のフィールドを2つ設定する必要が、あります

どっちにしても、簡単には、出来そうに無いね^^;

Q文明開化をうまく中2に伝えるには…

僕は中2です。
僕の学校では、4月~10月位までの範囲に勉強するいろいろな人物・出来事などのレポートをそれぞれ1人1人違うテーマ(例:抽選でA君は徳川家、B君がアヘン戦争についてレポートを書くほか…)でレポートを書かなければいけません。
抽選の結果、僕は『文明開化』になりました。さっそく書き進めていくと、「工部省」という言葉が出てきました。この「工部省」を、殖産興業という言葉を使わずに、中2にわかるような言葉で簡単に説明するにはどうすれば良いでしょうか。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

何で殖産興業という言葉を使ってはだめなのでしょうか、その言葉が難しいから?
難しい言葉ならその言葉も解説すればいいだけです。
避ける必要はないですし、避けては勉強になりません。
中学生だから難しいことは分からないと考えるのは誤りで、内容を薄くしたり、ぼんやりさせたのではレポートの意味がありません。

簡単に説明するのは逆に難しいのです。しっかり説明するように心がけましょう。

「工部省」とは、1870年(明治三)鉄道・鉱山・工作・灯台・電信・造船などの分野で、”生産物をふやすし、産業を盛んにして企業家が新たに事業をおこすことを促す”(=殖産興業)のための官営事業をつかさどるために創設された中央官庁のこと。その後、鉄道と電信を除く、官営工場、官営企業は民間に払い下げられ、1885年に廃止された。

QAccess2007で、西暦と和暦を両方使うが、変換が分からない。

Windows7でAccess2007を使っています。テーブル内に日付が西暦と和暦
の二つが有り、通常は西暦で入力をします。然し、表示には西暦と和暦
を出したいのですが。変換が分かりません。

テーブル内には入力の西暦しか無く、表示の前に更新クエリーで西暦の
フィールドを読んで和暦のフィールドを更新したいのですが。簡単に出
来る方法は無いのでしょうか。

宜しく、お願いします。

Aベストアンサー

和暦と西暦の二つのフィールドを設定する必要があるのかな?
クエリのデザイングリッドに新たなフィールドを追加
和暦だよーん:[西暦]
とし、Alt + Enter を押して[和暦だよーん]フィールドのプロパティを表示させます。
その書式のところに、ggge\年mm\月dd\日
とすれば今日だと西暦2016/3/5|和暦だよーん平成28年03月05日
になります。
相互に変更可能ですから二つのフィールドを設定するよりも・・・。
gやmの数はお好みで変更を。

Q年号の日付を西暦の日付に

江戸末期の年号の日付を西暦に読み替えるにはどうすれば良いでしょうか?
例えば、天保5年8月1日は西暦何年の何月何日か?
読み替えるやり方、計算方法または、アプリケーションがあれば・・・。
エクセルの関数であれば、良いのですが、無さそうですので・・・
どなたか解る方がいたら、お願いします。

Aベストアンサー

こんばんは

和暦と西暦の変換は容易ではありません。和暦も理論的な計算で求めたものではあるのですが、計算ミスや強制的に日付を変更したところがあるので計算だけ変換することはできません。

netにも変換してくれるサイトがいくつかあります。
例えば、 http://keisan.casio.jp/
この「こよみの計算」「和暦・西暦」に入り、続いて「和暦から西暦変換(年月日)」に入ります。
入力枠に和暦の日付を入れると西暦変換された日付が返ってきます。
お尋ねの天保5年8月1日を入れると1834年9月3日と返ってきます。
なお、この画面で「西暦」とある日付はグレゴリオ暦です。すなわち現在我々が西暦として使用している暦です。
西洋の暦は古くは「ユリウス暦」でしたが誤差が多くなってきたため1582年10月4日(木曜日)の翌日を10月15日(金曜日)としました。ここからがグレゴリオ暦になります。したがってこれ以前の日付を変換する場合はユリウス暦に変換します。
日本で西暦(グレゴリオ暦)を使用するようになったのは明治6年からです。すなわち明治5年12月2日の翌日を明治6年1月1日としました。この日からが西暦(グレゴリオ暦)です。

こんばんは

和暦と西暦の変換は容易ではありません。和暦も理論的な計算で求めたものではあるのですが、計算ミスや強制的に日付を変更したところがあるので計算だけ変換することはできません。

netにも変換してくれるサイトがいくつかあります。
例えば、 http://keisan.casio.jp/
この「こよみの計算」「和暦・西暦」に入り、続いて「和暦から西暦変換(年月日)」に入ります。
入力枠に和暦の日付を入れると西暦変換された日付が返ってきます。
お尋ねの天保5年8月1日を入れると1834年9月3日と返...続きを読む

Q保育士試験対策・・年号は和暦・西暦のどちらで覚えるべき?

今年の保育士試験を受験しようと考えています。勉強で、人物や出来事等を年号と共に覚えなければいけない事項もありますが、和暦で覚えた方がいいのでしょうか。それとも西暦で覚えた方がいいのでしょうか。実際、過去の試験問題では西暦と和暦のどちらで出題されたのでしょうか。できれば和暦か西暦かのどちらかだけを覚えた方が負担が少ないので教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

保育士試験の勉強に年号の知識は不要だと思いますが・・・

過去問をざっと見る限り、法令や制度の施行年は和暦。
年代を表すときは「1990年代」「1970年代」など西暦。
で統一されているみたいです。

参考までに。

Q西暦何年、っていつから言われるようになったのでしょうか

現在2009年ですが、この西暦で年号の数字を言うのは世界的に、いつからなのでしょうか。まさかキリストが生きているとき「(西暦)30年」なんて言っていなかったと思うのですが。

Aベストアンサー

こんばんは。

「世界的」とは言っても、主に欧州ということになるのですが、
西暦(ユリウス暦)が一般的になったのは意外と遅くて、15世紀。
その後、16世紀にユリウス暦はグレゴリオ暦に取って代わられることとなります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%82%B9%E6%9A%A6

ご参考に。

Q日付データの西暦・和暦について

よろしくお願いします。
Vb2005とAccess2003でWinアプリを開発しています。
データベースに日付データを西暦で蓄積して、期間合計を出したりその他の処理を行っていました。
フォーム上にDateTimePikerやMonthCalendarといったユーザーコントロールを配置していますが、これも西暦です。
印刷等もすべて西暦表示で行っています。
これを、すべて和暦にして欲しいと言われたのですが、Accessのデータベースも和暦で日付データを蓄積するのが良いのでしょうか?
それとも、フォーム上で和暦で入力されたデータを西暦に変換して蓄積するほうが普通なのでしょうか?
元号が変更になった場合等を考えれば、帳票類も西暦のほうがプログラムの変更(更新)の手間がなく良いような気がするのですが、和暦って結構ニーズがあったりしますでしょうか?(私は経験が浅いのでよくわからず、素朴な疑問です)
DateTimePikerの和暦表示については、紹介サイトがあったのですが、MonthCalendarについては和暦表示できるのかわかりませんでした。方法がありましたら教えてください。
日付の西暦・和暦について、アプリケーションを作るうえでのアドバイス等もありましたらあわせてお願い致します。

よろしくお願いします。
Vb2005とAccess2003でWinアプリを開発しています。
データベースに日付データを西暦で蓄積して、期間合計を出したりその他の処理を行っていました。
フォーム上にDateTimePikerやMonthCalendarといったユーザーコントロールを配置していますが、これも西暦です。
印刷等もすべて西暦表示で行っています。
これを、すべて和暦にして欲しいと言われたのですが、Accessのデータベースも和暦で日付データを蓄積するのが良いのでしょうか?
それとも、フォーム上で和暦で入力されたデータ...続きを読む

Aベストアンサー

accessにデータを入れているのであれば、日付型のデータを使うのがよいと思います。場合によっては テキスト型(YYYYMMDD)の方が便利なときがあります。
表示(印刷)させるときに表示形式をformat関数などで調整するのが一番手がかからないと思います。 コンピュータの日付の表示を変えればコントロールの表示は変わる野ではないかと思います。(vb6のmonthviewではそうでした。)コントロールパネル→地域と言語のオプションで地域オプションの日付の表示方式を和暦にすれば表示されると思います。 ただしこれはコンピュータ自体の設定ですので、可能かどうかはユーザーさんに聞いてみないといけませんね。
もしも設定の変更が不可能ならカレンダーコントロールの上にテキストボックスを貼り付けてしまうとか、何とでもなると思います。
和暦のニーズとしては、お役所に提出する書類は和暦を使うものがほとんどだと思いますので、それなりにニーズはあると思います。 あと、桁数が少ないので、入力のキーストロークが少なくなるというのもあります。

Q原始時代を知識だけで文明社会にするには何年かかる?

いま現在でググればわかる程度の知識を全て持っている人間が、1万年前に偶然タイムスリップしたとします。
タイムスリップの影響で、絶対死なない体になりました。

彼はiPhone6をめちゃくちゃ楽しみにしていたので、この原始時代を一刻も早く2014年程度の文明社会に進化させようと決意しました。

知識以外は並の並程度の彼が悲願を成就させるには、何年かかると思いますか?

いろんなシミュレーションが見たいので、前提条件は勝手につけて結構です。

Aベストアンサー

めんどくさいので、1万年前でも持っていったパソコンはインターネットに接続できることにしましょう。つまり知識はそれなりに手に入るし写真や動画も見れるけど、現物は一切手に入らない、ということです。

1万年前の人類ということですから、日本で言えば縄文時代、世界的には新石器時代に入った頃であるとされています。ここから文明が生まれて文字が生まれるまでに大体5千年あるわけです。

となると、彼は文字を教えて記録できるようにし、言葉を整え、記録媒体(紙など)を作る状態まで持っていかないと、まず「文明」の基礎を作ることが出来ません。

また、彼は不死身でも教えられる側の人々の寿命は短いですし、食料だって安定的に確保できませんから、一世代に教えられる分量も、ものすごく少なく、また記録媒体がなければ、世代交代時にそれを記録して次の段階からスタートすることも難しくなります。

いやー、やることが膨大にありますね。

まずは「教育を受けられる状態」が必要になります。1万年前であれば、人々は毎日食事のためだけに労働する状態であったでしょう。ちょっとでも休めば、すぐに飢餓がまっています。
まず食料を安定的に供給し、労働をせず勉学に励める階級を作る必要があります。いわゆる貴族または宗教僧階級です。

で、これらの階級を作り出すためには、稲作など農業が必要になりますので、とにかく最初は「どうやって食料を大量に作り出すか」ということをしなければならないでしょう。

で、その食料ですが、1万年前当時では困ったことに「計画的な農業に適した作物品種」というのがありません。米は湿地に生えている雑草ですし、小麦はぺんぺん草程度のものです
縄文時代の三内丸山遺跡では、計画的に食料として栽培をしていたのはどんぐりであったと言われています。

彼がアジア人なら、東南アジアの2毛作、3毛作が出来るところで米の栽培を始めるのが手っ取り早いでしょう。

で、手取り足取りしながら田んぼを作り、3毛作が出来るようになるには何年かかるでしょうか?ちょっと分かりませんが、まあ100年かければなんとかなるでしょう。

これで、最低限勉強だけをする人が食べていける食料をつくることが出来るようになりました。

次は文字と言葉を教えていくのですが、多分農業を作っていく100年の間に、人々も言葉はしゃべれるようになると思います。私・あなた・彼・彼女などの主語から疑問形や命令形など、日常語が1000語ぐらい、農業用語などが1000語ぐらい後はその人の役割によって1000語ぐらいで2千から3千語ぐらい話せるようになるのではないでしょうか。
そして、米が取れると藁も取れるようになりますので、藁をよじりわらじや縄を作ることが出来るようになります。しかしまだ鉄器が作れませんので、以外に物は作れず、土器と藁縄と石器が中心でしょう。ただし、記録媒体としては、羊皮紙や粘土板を利用することで、すこしずつ「記録」という概念が出てくると思います。
記録することができるようになったら、天文学を始めましょう、これが後々の数学の基礎になっていきます。

また、別のグループで鉄を作ることにしましょう。
日本であれば、砂鉄を原料にできますが、東南アジアの砂鉄の原料として向かないようです。現インドネシアのボルネオあたりでは鉄が取れるので、そもそもそのあたりで農作をすべきだったのかもしれません。

いずれにしても、最初の製鉄は原料と木炭などを混ぜふいごで風を送る方法でしょう。しかし、縄があればふいごは動物の皮などを利用して作れるでしょうし、土器が作れれば炉はなんとか作れるでしょう。

こうして次の100年の間に段々製鉄の精度と鉄の高度が増してきて、彼暦200年ぐらいには、包丁やのこぎり、クワのような鉄器が出来上がるのではないでしょうか。

そして鉄器ができることでようやく、実用的な記録媒体である紙が作れるようになります。なぜなら紙を作るには紙漉きが必要だからです。紙漉きをするには板(木板)が必要です。木板がないと源流を入れる桶も漉き用の型枠も作ることができないからです。板を作るためには絶対的に鉄器が必要なのです。

さて、鉄器を手に入れると木板が作れるようになり、木板が作れると言うことは木材加工が容易になります。
これにより、たとえば蚕を使って糸車で糸を作るとか、機織機とか、大八車などが作れるようになりますが、鉄器ができて木材加工の精度や技術が成熟するのには100年とか200年ぐらいはかかるのではないでしょうか。


多めに見積もって彼暦400年には、古代エジプト初期の建築技術ぐらいはもっていて、木材を組み合わせたクレーンぐらいは使い、木材と素焼きレンガで階数のある建物を作ることができるようになっているでしょう。

ただ、原初から400年もたつと、相当に社会体制もかわり、制度をきちんとしないといけなくなるでしょう。農業技術や建築技術は一生かけてノウハウを蓄積し、次の世代に渡すものですから、専門の職人階級なども必要になります。彼がどのように社会をコントロールしていくか、段々むずかしくなっていくと思います。

さて、鉄器があって木材があれば、実際には相当なことができます。水車や風車を動力とする歯車を組み合わせた自動機械を作れるようになってくるでしょうから、そうなるとようやく「システム」の概念に行き着くようになります。

これで、大体1世紀ぐらいの古代ぐらいのレベルになったと思います。高々4百年か500年で、古代(古代ギリシャや古代エジプト)レベルになれるのであれば、相当に早いと思います。

ここから現代社会に至るまでは、いろんな技術のノウハウが集合していかないといけませんが、次に重要なのは「エネルギー」になります。

古代というのは実は結構文明的に発達しており、エジプト人やギリシャ人などは天文学を使って地球が丸いことも知っていたわけです。しかし、古代に森林伐採して使いすぎたため、特にヨーロッパは暗黒の中世を迎えることになり、一旦技術的な進歩が遅くなります。人類の進歩が急速に早まったのは、産業革命と前後して石炭が採掘され始めエネルギー問題が解決したからです。これが蒸気機関と相性がよかったため、20世紀初頭まで使われました。20世紀から21世紀にかけては石油の時代ですが、これは石炭を使った掘削機械などがなければ(それに使う鉄の配管なども含めて)石油の時代は来なかったといえます。

ですので、次にめざすのは森林エネルギーの脱却と石炭の開発です。
石炭が開発できれば、ボイラーを作り蒸気機関を利用できるようになります。ここまで100年ぐらいでしょうか、蒸気機関が出来れば工業化することができますので、鉄道の敷設や工業プラントの操業なども可能になるでしょう。

しかし、ここでまた社会的な変化が必要になります。最初、知識を普及させるために貴族層や宗教学習層を作り、次に専門家集団を作って、知を蓄積してきたのですが、工業化すると工場の操業のために太大量の人が必要になってくる、ということです。

これらの人は、最低限の知識と学力がないと、説明も読めないし危険なことをしないように学習することもできません。

そのため、今まで独占階級がしめていた知識を広くすべての人に公開する必要がでてきます。いわゆる学校制度の開始、ですが500年も続いた社会制度を変えるには、彼ひとりでは出来ないぐらい抵抗が大きいでしょう。この制度転換と国民の誕生に100年(4世代)ぐらいはかかるとおもいます。

さて、これでようやく広い知識と見識を共有でき、無数の頭脳のうちから天才的な頭脳を拾い出して、工業化を推進することができるようになります。

ここから戦争が無いかわりに彼の指導があって、200年ぐらいでiPhoneぐらいまでいけるのではないでしょうか。いやもうちょっとかかるかな?なぜなら、iPhoneを作るには世界各地にある希少金属類やそれを運ぶ船や飛行機それに無線通信などのインフラが必要だからです。

彼が一人で開発を始めたとして、500年後の社会規模はそれでも数千万人の人口規模でしょう。これを1億から3億ぐらいまで広げないと、船の操船技術者とか希土類を発掘する専門家などまでは生まれません。しかし、そういう人が必要になってくるからです。

たった700年で人口を3億まで広げるのはかなり難しい(遺伝的な要素もありますし、食料やエネルギーの問題もあります)ので後300年ぐらいはかかるぐらいなるかもしれません。

ということで、彼暦1000年ぐらいにはiPhoneが誕生しているかもしれませんし、2000年あればほぼいけるのではないか、と考えます。2000年かかるなら、先ほどの予定をすべて倍にして考えていただければいいと思います。

しかし、考えてみるに技術的な問題はそれほどたいしたことがなさそうです。実際に50年前まで未開の土人だった、各地の人々が今ではスマホを使いこなしていますから、単に最新技術に追いつくだけなら3世代あれば大丈夫なのでしょう。

しかし、iphoneほどの技術はそれを下支えする大きな「文明」があってこそです。文明を維持するには人口が必要ですし、そうなると彼暦300年ぐらいから先の彼の仕事は「社会的成熟をどのようにリードしていくか」のほうに重点を置く必要があるのかもしれません。

一人の人間が指導して解決できる人口規模はせいぜい5000万人ぐらいでしょう。逆に通信が発達してくると矛盾も大きくなって、独裁的な方式は無理になっていくと思います。
長くなりましたが、ざっくりとこんな感じだと思います。

めんどくさいので、1万年前でも持っていったパソコンはインターネットに接続できることにしましょう。つまり知識はそれなりに手に入るし写真や動画も見れるけど、現物は一切手に入らない、ということです。

1万年前の人類ということですから、日本で言えば縄文時代、世界的には新石器時代に入った頃であるとされています。ここから文明が生まれて文字が生まれるまでに大体5千年あるわけです。

となると、彼は文字を教えて記録できるようにし、言葉を整え、記録媒体(紙など)を作る状態まで持っていかないと、ま...続きを読む

QAccess 西暦を和暦へ一括変換できますか?

西暦と和暦が混在しています。
これを和暦へ統一することはできるのでしょうか(逆の西暦への統一も)
1年づつ更新するのは面倒で・・・。

Aベストアンサー

西暦への変換の更新クエリです。

UPDATE テーブル名 SET フィールド1 = Format(CDate([フィールド1] & "1月1日"),"yyyy\年");

和暦の場合は、"yyyy\年" を "ggge\年" に。

Q柳生家が徳川家康に仕えるようになったのは西暦何年くらいで何がきっかけだったのでしょうか。

時代劇などでよく柳生家は徳川家康の剣術指南役として出てきますが、柳生家が徳川家康に仕えるようになったのは西暦何年くらいで何がきっかけだったのでしょうか。

Aベストアンサー

文禄3年、西暦で言うと、1594年5月3日。
黒田長政の仲介により、徳川家康と出会った柳生宗厳が、家康の前で「無刀取り」を披露したことによって、兵法指南役に迎えたいと家康より申し出を受けました。
しかし、宗厳はその当時で、すでに66歳。
代わりに、五男の柳生宗矩を指南役として押しました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報