人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

現在の会社では経理課と財務課が組織上分かれているのですが仕事が経理の仕事と
財務の仕事がごちゃまぜになっている状態です。
私もいまいち分からないのですが、一般的な会社の経理と財務の仕事の区分を具体的に教えてください。
例えば売掛金・買掛金の管理、細かいところで小口現金の金庫を会社の大きな金庫に入れる仕事は経理?財務?
どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

経理の仕事は会社の経理全般を行うことです。

それに対して、財務は資金調達及び入出金の管理を一般的には行います。

基本的に現金・預金など現物(小切手、手形など)を扱う部署と伝票を起票する部署を分けるのが普通です。

売掛金の管理も経理が財務より入金データを入手し、売掛金の消し込みを行う。あるいは、経理部が買掛金の支払データを作成し、実際に支払を実行するのが財務部となります。
    • good
    • 1

>一般的な会社の経理と財務の仕事の区分・・



株式公開会社では通常、次のように役割分担しています。

(1)資金会計・・経理課
売上代金回収、資金管理、仕入代金支払、資金調達・・

(2)簿記会計・・財務課
予算、決算、業績予測・・

つまり、お金の管理と帳簿の管理を組織的に分離して不正を防止するのが基本的なアイデアです。
    • good
    • 1

多分会社によって違ってくると思いますが、私の場合は会計業務全般は経理課、資金繰りや銀行との折衝・外部への財務諸表の提出などの資金の運用・調達は財務課となってます。



ただ、財務課も会計知識は必須で、少ない人数で切り盛りする都合もあって業務もそれぞれで手分けしてやってる状態です。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人事課の仕事ってどんなもの?

大企業ならいくらでも仕事があるのかもしれませんが、
通常、中小企業における人事課の仕事というのは、
どんなものなのかを教えてください。

基本的にはそんなに仕事量があるようには思えないんですよね。
新規採用がそれほど多々あるとは思いませんので、
採用、面接以外の仕事を教えてもらえると嬉しく思います。

また、詳しく載っているページなどもあれば、
併せて教えてください。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

○採用計画関係:高校大学への求人連絡・ハローワークへの求人依頼
○給与計算関係:社会保険等手続(社会保険事務所・ハローワーク・労働基準監督署、採用・退職時の手続、給与改定に伴う手続等)源泉所得税手続年末調整手続、給与台帳の調整
○労務管理関係:職場の労使協議(よりよい職場環境を目指して)、人事考課・評価、従業員面談・社内研修・社外研修、社内レク活動、自己啓発(通信教育等の紹介斡旋)、社員貸付審査・給付
○就業規則等社内規則の見直し(各種法改正対応)、各種人事辞令・採用証明書・給与証明等の発行・交付
○人事施策:適正人員配置、人事ローテーション計画、退職勧告交渉

結果的に社内の人間に関する一切を取り仕切ることになります。時には経営側の立場で従業員と接し、時には従業員の立場で経営トップと接し、経営費用に占める人件費を有効活用するかについて苦慮する部署です。

最大の役目は、会社運営に必要な人員を効率的に確保し、従業員一人一人が達成感を持って業務に従事できるように配慮するという点です。コミュニケーションを欠くと労使トラブルが生じ泥沼化は必至です。

規模が小さいと、事務部門でお金に関する部署(経理担当)と人間その他に関する部署(人事総務担当)といった分け方のケースも多いようです。

以上、中小企業の人事総務担当時の経験談です。

○採用計画関係:高校大学への求人連絡・ハローワークへの求人依頼
○給与計算関係:社会保険等手続(社会保険事務所・ハローワーク・労働基準監督署、採用・退職時の手続、給与改定に伴う手続等)源泉所得税手続年末調整手続、給与台帳の調整
○労務管理関係:職場の労使協議(よりよい職場環境を目指して)、人事考課・評価、従業員面談・社内研修・社外研修、社内レク活動、自己啓発(通信教育等の紹介斡旋)、社員貸付審査・給付
○就業規則等社内規則の見直し(各種法改正対応)、各種人事辞令・採用証明書・...続きを読む

Q総務部の仕事は一般的にいって、どんなものがありますか?

恥ずかしながら、生まれてこの方、総務部がある企業で働いた事がありません。分掌でいうと、どんな領域になるのでしょうか?

Aベストアンサー

私の勤めている会社【総務部】の場合
 1.法務 (契約書、株主総会、各種法律・訴訟関連 等)
 2.総務 (組織管理、不動産、車輌、防災・防火、関連会社管理、環境 等)
 3.庶務 (冠婚葬祭、備品文具等用度品、郵便室、OB会 等) 
 4.秘書 (役員スケジュール管理、受付、役員スピーチ原稿管理 等)
 5.広報 (マスコミ等記者対応、広告、社史、社内報、創立記念式典、社会貢献 等)

因みに【人事部】は
 1.人事 (異動、人事評価、人員計画 等)
 2.採用 (採用媒体、会社説明、面接、等)
 3.給与 (賃金体系管理、給与計算、昇給賞与 等)
 4.福祉 (定期健康診断、借上社宅、安全衛生、従業員慶弔 等)
 5.労政 (労働組合対応)
  *人事部の深い関連で他に【健康保険組合】が別にあります
  *【教育部】は別部門です

Qライセンス取得の経理処理について

市販ソフトと高額なCADソフトのライセンス取得について、経理処理が同じというのに疑問を感じたのでご相談します。

現在、市販のソフト及びCADソフトのライセンス料を支払手数料で処理されています。その根拠は、どちらもソフト代(物品)と見ているのではなくて、使用できる権利を買ったと考えておられるそうです。

しかし、CADソフトのライセンスは確かにものはなくインターネットで登録するだけのものなので、これから使用するのに掛かった登録手数料として、支払手数料でもいいと思います。
その反面、市販ソフトはパッケージの箱(CAD-ROM)が存在し、キット自体は数百円のものぐらいだと思いますが、それに数万のライセンス料(使用できる権利)が含まれていて、十数万の物品と見るべきかライセンスという権利手数料と見るべきか判断に悩んでいます。私は、事務消耗品費か雑費か少額資産あたりに該当するのではないかと思います。

みなさんは、どう経理処理されていますか?
また、基本的な考え方が記されているHPや税法が存在すれば、教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり、かつ、かたちがないものであるので、当然、無形固定資産として処理されます。

したがって、税務上は1つのライセンスあたりの単価が10万円までなら支払手数料でも消耗品費でも雑費でもかまいません。勘定科目はその会社の判断で行うのが基本です。支払手数料で処理されているのならそのやり方を変えてはいけません。

10万円を超えるものは無形固定資産のソフトウェアとして処理することになります。中小企業であれば、30万円未満であれば少額減価償却資産の特例を使うことができます。

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり...続きを読む

Q未払金と未払費用の違いについて。

未払金・・・{例}固定資産の未払額、有価証券の未払い額。

物、またはサービスを買い入れてまだ代金を払っていないものをいいます。また、商品・材料などの営業用の物品購入勘定である買掛金とは区別します。
会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。

未払費用・・・{例} 家賃、給与、賃借料、経費一般の未払い額。

まだ支払いの済んでいない営業用外の購入費用。
会計原則では、「継続的な役務提供を受ける場合、期末までに提供済みの部分について未払いのもの」となっていますが、実務では、費用の未払い分と理解してして簡易処理する場合があります。

各々の定義は以上の様になっていますが、未払金の説明にある
>会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。
という文がある為に混乱しています。

「費用になるもの」も未払金になるのであれば、未払費用とはどうやって区別すればいいのでしょうか。
未払金と未払費用の正しい分別の仕方を教えて下さい。
宜しくお願い致します。

未払金・・・{例}固定資産の未払額、有価証券の未払い額。

物、またはサービスを買い入れてまだ代金を払っていないものをいいます。また、商品・材料などの営業用の物品購入勘定である買掛金とは区別します。
会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。

未払費用・・・{例} 家賃、給与、賃借料、経費一般の未払い額。

まだ支払いの済んでいない営業用外の...続きを読む

Aベストアンサー

質問の内容どおり、会計原則上、「費用」の未払い分は「未払金」、「未払費用」のどちらにもなりえます。
契約上の役務の提供が完了していれば「未払金」、
未完了であれば「未払費用」という区分けです。

そうはいっても、この違いを意識するのは結構面倒なので、費用の分はすべて「未払費用」と仕訳する実務を取り入れてるところもあるんだよ。ってことをいってます。会計原則にはもちろん反していますね。

会計原則上の違いについて、こんな例が紹介されているサイトがあったので参考にしてみてください。

>例えば、給料を考えてみましょう。
>毎月20日締めの翌月10日払いとします。
>当月21日~末日までの給料は未払費用となり、
>前月21日~当月20日までの給料は未払金となります。
>なぜなら、この例でいえば、契約上、毎月21日~翌20日までの役務の提供をもって完了すると考えられるので、
>月末における翌月10日に支払う給料は未払金として処理され、
>当月21日~末日までの給料は、月末時点では、当該契約から判断して、
>役務の提供がすべて完了していないので未払費用として処理されることになります。

質問の内容どおり、会計原則上、「費用」の未払い分は「未払金」、「未払費用」のどちらにもなりえます。
契約上の役務の提供が完了していれば「未払金」、
未完了であれば「未払費用」という区分けです。

そうはいっても、この違いを意識するのは結構面倒なので、費用の分はすべて「未払費用」と仕訳する実務を取り入れてるところもあるんだよ。ってことをいってます。会計原則にはもちろん反していますね。

会計原則上の違いについて、こんな例が紹介されているサイトがあったので参考にしてみてくださ...続きを読む

Q財務部で役立つ資格ってありますか?

一般的に、経理とは別に、財産管理や資金調達、
財務分析などを行う財務部というものがありますよね?

その財務部で役立つ資格って
税理士や会計士、簿記の資格以外に何かあるでしょうか?

Aベストアンサー

No.3/4のものです、コメントどうも有難うございました。


財務の仕事のセンスについては、例えば経験者の著書ですと

・入門 強い会社の経理・財務―経営意思決定を支えるプロの実務
金児 昭 (著) 単行本 (2001/07) 日本経済新聞社

・リスクに挑む―市場経済で生き残る攻撃的財務論
福間 年勝 (著)
出版社: バジリコ ; ISBN: 4901784021 ; (2002/06)

といった書籍等々ありますので、もし興味あればぜひご参照ください。

-----

また、「センス」について、個人的に記せることがあるならば、以下の3点ぐらいでしょうか。

・数値をベースとしてロジックを構築できること
(数値の根拠を伴いながら、ロジックを展開できることです。数値といっても金額の場合もあれば、利率の場合もあり、また変動幅のこともあります。。。)

・数値に関して「木」を見る場合と、「森」を見る場合とを峻別できること
(1銭の違いが大切なときもあれば、1千万円単位のズレまでは許容しても構わないときもあります。要は「目的次第」ということです)

・数値の情報源/背景を吟味し、(比較検討して)ベストのものをチョイスできること
(例えば、同じ「円-ドル」の為替レートでも、どのソースからとってくるか、それぞれのソースにどういう意味があるかを理解して、最善のものをとる必要があります。
数値の背景を知って、その有用性を判断できることが必要です)


”数字に着目しながら、数字にだまされず、数字を使いこなす”ということでしょうか。。。

-----

特にメーカーなどですと、現場を知らずして数字いじりだけをしていると、「数字にだまされる」可能性が高まります。
数字の裏にある現場(=工場のときもあれば、為替相場のときもあり、etc.etc.)を想定しながら、数字を理解し使いこなす、ということが大切かと。。。

また現場にとっては大事な金額規模でも、会社全体から見れば無視できる規模、ということも往々にしてあります。
この感覚の違いもうまく養うことが、今後の助けになるかもしれません・・・。


以上徒然ですが、ご参考になれば幸いです。

No.3/4のものです、コメントどうも有難うございました。


財務の仕事のセンスについては、例えば経験者の著書ですと

・入門 強い会社の経理・財務―経営意思決定を支えるプロの実務
金児 昭 (著) 単行本 (2001/07) 日本経済新聞社

・リスクに挑む―市場経済で生き残る攻撃的財務論
福間 年勝 (著)
出版社: バジリコ ; ISBN: 4901784021 ; (2002/06)

といった書籍等々ありますので、もし興味あればぜひご参照ください。

-----

また、「センス」について、個人的に記せることがあるならば、以...続きを読む

Q加重平均と平均の違い

加重平均と平均の違いってなんですか?
値が同じになることが多いような気がするんですけど・・・
わかりやす~い例で教えてください。

Aベストアンサー

例えば,テストをやって,A組の平均点80点,B組70点,C組60点だったとします.
全体の平均は70点!・・・これが単純な平均ですね.
クラスごとの人数が全く同じなら問題ないし,
わずかに違う程度なら誤差も少ないです.

ところが,A組100人,B組50人,C組10人だったら?
これで「平均70点」と言われたら,A組の生徒は文句を言いますよね.
そこで,クラスごとに重みをつけ,
(80×100+70×50+60×10)÷(100+50+10)=75.6
とやって求めるのが「加重平均」です.

Q経理に異動に。初心者です。経理とは?!

まだ少し先の話なのですが、来年の初めから経理職に異動する事になりました。現在は営業職なのですが、
数字と向き合うのが好きな僕の性格を知ってか
「経理担当としてこれからやってみないか?君は真面目だし向いていると思う」
と言われました。
僕としても別に経理がイヤだとか異動したくないとは全く思っていません。ただ、経理という仕事がどんな世界でどんな事をしているのかが分かりません。また、特に経理の資格を持っているわけでもないので、やっていけるか不安なところもあります。
現在の営業でも数字と電卓の戦いなので数字に対しての恐怖はないのですが・・。
もちろん慣れることが一番重要なのだとは思いますが、経理に異動するに際して、何を勉強すればいいのでしょうか??
経理とは・・。みたいなわかりやすい説明をしている本や、アドバイスなど、ありましたら教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

経理の仕事
 ○債権管理
 ○債務管理
 ○営業債権(売掛金)管理
 ○営業債務(買掛金)管理
 ○固定資産管理
    (総務部で行う会社もあります)
 ○資金繰り・銀行からの借入・資産運用
    (財務部がある会社は財務部が行います)
 ○月次決算および決算
 ○税務申告
 ○勘定科目管理
    (費目によっては営業等にて管理する場合もあります)
 ○小口現金(現金出納)
    (支店経理等では現金の出納を行う場合があります)
 ○会計伝票の記帳(実際には会計ソフトへの入力)

会社によって経理部の仕事は様々です。
今の段階では、どのような業務担当になるのか分かりませんので、事前に勉強
しておくならば簿記3級がお奨めです。
簿記は経理の基礎です。簿記は経理部の”共通言語”ですから覚えておいて損
はありません。半年ほど時間がありますから勉強するには丁度よい期間だと思
います(簿記の試験に合格しなくても、勉強した内容に意味があります)
頑張ってください。

Q有無、要否、賛否、是非、可否、当否…これらの言葉について

<A>
有無=あるかないか
要否=必要か否か
賛否=賛成と反対
是非=よいことと悪いこと
可否=よいことと悪いこと
当否=正しいか正しくないか。適切かどうか。


1.上記Aのような種類の言葉について、もっと知りたいので
他に何かあれば教えて下さい。

2.Aのような種類の言葉の事を何と呼ぶんでしょうか??

3.Aのような言葉を、どういう風に使えばいいのですか?
例文を示して頂けないでしょうか。

4.「是非」「可否」「当否」の意味は、全部同じですか?
違うとすれば、どのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

使用例

要否=要否を問う

賛否=賛否両論、賛否を問う
是非=是非(良し悪し)を論ずる。 副詞としての用法、是非参加ください。
可否= 可否(良し悪し)を論ずる。可否(賛否)を問う。
当否=ことの当否(よしあし、あたりはずれ)は別として、

是非と可否は同じ意味です。
当否も上の二つと同じ意味があるものの、それが当てはまっているかどうかという意味もあるので全く同じようには使えないでしょう。
二文字で相反する意味を表す漢語独特の表現法ですが、特に名前があるかどうかわかりません。類語として、否応(いやおう)があります。意味は断ることと承知すること。使用例、否応なしに買わされた(無理やりに買わされた)

Q財務と経理の違いは?

 経理事務の仕事をさがしており、財務部での仕事を見つけました。経理の仕事は初めてで、未経験可となっていたので応募しようと思うのですが、財務部と経理部の仕事の違いは何でしょうか? 未経験であってもいきなり財務部の仕事はできるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

 志望企業の規模によると思います。財務で未経験者可・・・上司が存在して教育して貰えるか、よく確認すべきです。
 もろにカネを扱う仕事ですのでいい加減な会社に入ったら大変な事態に陥る危険があります。
 「銀行から融資して貰えないと会社潰れるぞ!どうなってるんだ!」という罵声を経営者から浴びた経験が私にはあります。経理・財務兼務をしていた小さな会社での体験です。個人的には経理のお仕事を探されるのが良いのではないかと思います。

Q総務ってどんなことをする仕事なんですか?

現在転職を考えている21歳の男です。総務の求人があってすごく興味をもっているのですが、どんなことをする仕事なのかわからないので教えてください。
仕事内容、総務という仕事のいいところ、イヤなところ、一般的な残業時間などが知りたいです。これ以外にも総務ってこんなことがあるよとかがあれば教えてほしいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

会社の規模によりますが、僕が前の前にいた会社は中小で総務部が総務課、人事課、経理課とわかれていて、
10人ほどの部署でした。
新人の教育(中途)のことを毎日やってるひともいましたし、ハローワークに毎日通ってられる方もいました。社員からの保険の相談も受けたりします。

総務のひとと楽しいか?と話をしたときは
「忙しくて楽しいか楽しくないか考えている暇がない」
と言っていました。

どの部署も蛍光灯が切れたり、ドアのオートロックが壊れていたりするとすぐに総務に苦情をいうので、しょっちゅうあちこちで修理屋みたいなことをやっていました。
トイレの洗面所の水漏れをスーツで直しているところを見たときは正直、きついなぁ、と思いした。

あと、うちは代表電話が総務に繋がっていたので、しょっちゅう電話を取り次ぎしないといけないので、電話が鳴りまくっていました。(総務がまわしてくる電話はいつも不機嫌なので、こちらもいい気分ではなかったですが、毎度取り次いでいると嫌気がさすのかもしれません)
当然、片付けないといけない事務処理は後回しになってしまうので、残業もけっこうなもんじゃないでしょうか。

こういう総務総合部みたいなところがあるので、こんなとこもあるというのを頭に入れておいてください。

会社の規模によりますが、僕が前の前にいた会社は中小で総務部が総務課、人事課、経理課とわかれていて、
10人ほどの部署でした。
新人の教育(中途)のことを毎日やってるひともいましたし、ハローワークに毎日通ってられる方もいました。社員からの保険の相談も受けたりします。

総務のひとと楽しいか?と話をしたときは
「忙しくて楽しいか楽しくないか考えている暇がない」
と言っていました。

どの部署も蛍光灯が切れたり、ドアのオートロックが壊れていたりするとすぐに総務に苦情をいうので、...続きを読む


人気Q&Aランキング