あなたの人生に効く作品がみつかる手書きのカード♪>>

いつもofを使うべきかforを使うべきか迷います。
次のような場合はどちらが適切でしょうか。あるいはそのほかに、より適切な前置詞があれば、その理由も含めて教えてください。
a theme song for/of "Armageddon" 「映画アルマゲドンのテーマソング」
negative reaction for/of before and after picture  「使用前後の写真に対する否定的な反応」

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

はじめまして。



1.a theme song for/of "Armageddon" :

(1)文法的にはfor・ofどちらも可能です。

(2)文脈によってどちらも使えます。

(3)ここでのforは「~のための」「~のために」という、「捧げられる対象」を表す前置詞として使われています。

つまり、このテーマソングは、「映画アルマゲドンのために」作られる・作られた歌、という文脈で使いたい場合は、forが適切となります。

(4)ここでのofは「~の」「~の所有する」という、「所有する対象」を表す前置詞として使われています。

つまり、このテーマソングは、「映画アルマゲドンが所有する」「映画アルマゲドンに所属する」歌、という文脈で使いたい場合は、ofが適切となります。

(5)ただ、通常に「映画アルマゲドンのテーマソング」ということであれば、ofでいいでしょう。


2.negative reaction for/of before and after picture:

(1)この英文は文法的に間違いです。

For/ofは前置詞、before/afterも前置詞で、前置詞がこのように連続して使われることはありません。

また、before and after pictureで「使用前後」にはなりません。「使用」にあたるuse、usingなどの語が必要です。

(2)「~への反応」の「~への」にあたる前置詞は、通常toが使われます。これは、反応がポジティブ・ネガティブどちらか未定の時に、一般に使われます。

反応が「否定的」と予めわかった上で使用する場合は、againstがいいでしょう。

(3)以上を踏まえて訂正例は
a negative reaction against the picture before and after use
「使用前後の写真に対する否定的な反応」
となります。このuseは名詞なので発音は「ユース」となり、濁音ではありません。

以上ご参考までに。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

完璧な御回答をありがとうございました。
所有を表すがof, 捧げられる対象がfor,納得がいきます。

ただ、reactionに使うto は、動詞に対して決まっているのでしょうか。動詞ごとに覚えるしかないのでしょうか。
また質問になってしまいましたが、お願いいたします。

お礼日時:2008/02/27 17:19

 前置詞の使い分けは、日本語の訳にこだわらないでください。

前置詞の用法を確実に理解するためには、英語の時間間隔を知る必要があります。ここでは、とりあえず、「of」と「for」との違いをかいてみます。

●ofの用法

 まとまった対象だけ考えるときのみ使います。つまり、「Armageddon」だけ、他の映画などは考えず、その映画全体を考えるときに、使われると考えるのです。いわば、総合的対象です。わかりにくいでしょうか? しかし、次の文を考えて欲しいのです。

>What day of the week is today?

 「week」といえば、一個の名詞と考えがちですが、そうでなく、7個の日がまとまった概念と考えるのです。つまり、形は単数形でも、意味上には複数的と言うことです。ですから、「Armageddon」を単なる一個の概念でなく、「さまざまな内容を含んだもの」と考えるのです。日本語の訳だけみては、どうしてもこの違いが気づきにくいのです。

●forの用法

 これは、個別化というか、差別化を示すための前置詞の用法です。「of」が他の映画を考えなかったのに対して、「for」は、いくつかある映画の内の一つの映画「Armageddon」のために、わざわざつくられた詩であるという言い方です。けっきょく、話し手の判断によって違ってくるのです。これは、日本語の訳だけ見てはわからないのです。たとえば、

●I do apologize for not replying sooner to your letter. (お手紙の返事が遅くなりまして申し訳ございません。)

 遅れた理由の内の一つの理由を述べるために、「for」を選んでいるわけです。ですから、前置詞の用法を理解するためには、多くの英文を読んで理解するしかありません。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました。
forには ~のために というほかとの差別化の意味が含まれるのですね。
ofについての説明は、説明を受ければわかりますが、自分で判断
するのは難しそうです。

お礼日時:2008/02/27 21:05

No.2です。

早速のお返事を有難うございます。補足質問にお答えします。

ご質問:
<reactionに使うto は、動詞に対して決まっているのでしょうか。動詞ごとに覚えるしかないのでしょうか。>

1.動詞に対してではなく、動作(ここではreact)の対象となる「名詞」によって決まります。

2.例えば、対象が「物」「事柄」であれば前置詞はto、「人」であればon・upon、否定的なことであればagainstなどと使い分けます。
例:
Our eye reacts to light.
「我々の目は光に反応する」

Her smile would react on him.
(直訳)「彼女の笑顔は彼に反応を起こさせるだろう」
→(意訳)「彼女が笑えば、彼は反応を示すだろう」

The people reacted against the tyrannical government.
「国民は圧政に反発した」

3.それぞれ、何故前置詞が異なるか、という理由については、前置詞の本来の意味に由来します。

(1)Our eye reacts 【to】 light.
このtoは「方向」を表すので、反応が向かう対象に使われています。

(2)Her smile would react 【on】 him.
このonは「接触」を表すので、ある事柄が人に「触れる/接する」=「反応を起こす」というニュアンスを表しています。

(3)The people reacted 【against】 the tyrannical government.
このagainstは「~に反対して」「逆らって」を表すので、「反対の反応を起こす」という意味で使われます。

以上ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 react については大変よく理解できました。
前置詞の選択には、前置詞をはさむ前後の語の関係が重要のようです。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/02/27 21:10

>a theme song for/of "Armageddon"


a theme song of "Armageddon" が正しいです。
理由はthemeは"Armageddon"の持っている属性だから。

>negative reaction for/of before and after picture
negative reaction for before and after picture
が正しいです。まとまりを明示的にするなら、
negative reaction for before & after picture
でも可。
    • good
    • 1

自分が普段使っている感覚で説明させていただきます。


A of B は,基本的にA=Bか,A belongs to Bの感覚です。上の例で,ofを使うと,「映画アルマゲドンに属しているテーマソング」となりますね。共通しているのは「くっついている」感じがofにはします。
一方,forはofほどはくっついていない感じがします。少し距離があります。ですから使い分けは文脈によって異なってくる場合があると思います。より密接だと感じればof,少し距離があるなと思ったらforという感じで。だから,上のアルマゲドンの例でどちらが適切かは言えないと思います。どちらも可能だと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧な回答をありがとうございました。
どこからくっついていて、どこから距離感があるのか・・・
英文の多読でこのへんの感覚は得られるものなのでしょうか。

お礼日時:2008/02/27 17:16

reaction は


reaction to, reaction against
が普通と思います。react という動詞から出来ている単語なので、でしょうか。

song はどちらでもよい気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがごうございました。

お礼日時:2008/02/27 17:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q前置詞to,for,of使い分け 秘策はありますか

今までも幾度となく質問されてきたこととは思いますが・・・。
気合で暗記するしかないのでしょうか。
ロイヤル英文法には以下のような説明がありますが、理解不能です。
to:関係・付着「~に対して、~にとっては、~には」 到達点から、あるものの結合関係を表す。
for:傾向「~に対して」 方向の意味を含む
of:関連・主題「~の、~に関する、~の点において」ある種の動詞、形容詞と共に用いる。

1、to とfor
○This product is attractive to older people.
×This product is attractive for older people.
○It's irrelevant to me.
?It's irrelevant for me.  

2、ofとto,for
convince A of B AをBに納得させる
demand A of B AをBに要求する
expect A of B AをBに期待する
persuade A of B AをBに確信させる
remind A of B AをBに気づかせる
require A of B AをBに要求する
全然分かりません。toでもforでもいいだろうと思います。

これらの表現は「理解」することができるのでしょうか?
無理なようであればとにかく暗記したいと思います。

なお、過去の質問として、
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/375471.html
を参照させていただきました。

今までも幾度となく質問されてきたこととは思いますが・・・。
気合で暗記するしかないのでしょうか。
ロイヤル英文法には以下のような説明がありますが、理解不能です。
to:関係・付着「~に対して、~にとっては、~には」 到達点から、あるものの結合関係を表す。
for:傾向「~に対して」 方向の意味を含む
of:関連・主題「~の、~に関する、~の点において」ある種の動詞、形容詞と共に用いる。

1、to とfor
○This product is attractive to older people.
×This product is attractive for older peop...続きを読む

Aベストアンサー

1は確かに難しいですね。
「~にとって」は to の場合もあれば for の場合もあります。
一般的に言われるように,「直接,到達する」のが to,
「間接的に,利益をもたらす,ために」が for というのが原則となります。

give O1O2 を give O2 to O1
buy/get/make O1O2 を buy O2 for O1
と書き換えるパターンでおなじみです。

渡す相手が目の前に存在する,直接的な to
相手がいなくてもいい,利益,間接的な for

important/necessary あたりは特に悩みますが,
人なら to,ものごと・状況なら for のことが多いと思います。

不定詞が続き,その意味上の主語の場合は文法上,for となる。

attractive などは魅力的というのは直接その人に及ぶ。(人が基本)
「関連」は to
be related to
be relevant to
with regard to
(as for というのもありますが)

2は比較的わかりやすいと思います。
of にある,「~について,のこと」,「~から」の意味で理解できるからです。

of に「から」という分離の意味がある。
demand/require/expect A of B
などはこれです。
日本語では「~に要求・期待」となりますが,
英語の発想は「B からもたらされるのを要求・期待」となります。

ask A of B もそうですし,
order A from B「B に A を注文する」の from も同じ発想です。

remind/inform A of B の場合は「B について,のことを」という of です。
about に置き換えることが可能です。
(ただし,remind は「人」が主語の場合に限る)

convince/persuade A of B もほぼ「~について」でいいと思いますが,
be sure of とまとめて理解するか,目的格関係の of と考えてもいいです。

つまり,単に「に」と考えないことです。

1は確かに難しいですね。
「~にとって」は to の場合もあれば for の場合もあります。
一般的に言われるように,「直接,到達する」のが to,
「間接的に,利益をもたらす,ために」が for というのが原則となります。

give O1O2 を give O2 to O1
buy/get/make O1O2 を buy O2 for O1
と書き換えるパターンでおなじみです。

渡す相手が目の前に存在する,直接的な to
相手がいなくてもいい,利益,間接的な for

important/necessary あたりは特に悩みますが,
人なら to,ものごと・状況なら for のことが...続きを読む

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Q"Please kindly~"という表現は適切ですか?

海外との連絡で社内では海外へ向けてメールで何かを依頼する際"Please kindly~"という表現をよく使っています。
しかしながらどうも意味が重複していて不自然に感じます。
ビジネス上不自然な表現ではないでしょうか?

Aベストアンサー

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

この表現、非常に「外国人」を感じさせます。 なぜ相手に「親切さ」を要求するのか、と言うフィーリングがしてしまいます。

どうせkindlyを使うなら、親切さを自然に求めているWould you kindly, Will you kindlyと言う風にもって行きたいところですが、やはりkindlyを求めるのには気分が良くないし、そういわれたからといって、丁寧さを出そうとしているのは分かるけど(日本語の表現方法文化を知っているからでしょう)、そこまで使う必要なまったくないと感じます。

つまり、文化的な表現だなと感じると言うことなのですね。

>ビジネス上不自然な表現ではないでしょうか?

改めて考えると不自然と感じない事もないですが、普通の場合この表現を使ったメールなどを日本から英語をメールを受け取ると、そのまま受け取っています。 しかし自分でアメリカでは使おうとは思いません。

I would appreciate it if you would kindly
などの表現を私な必要に応じて使います。 

ビジネスで使う英語はビジネスで使う表現が元になっているわけですね。 日本でも同じですね。 ビジネスで頑張っている・頑張ってきた人のビジネスを思わせる表現をうまく使っていますね。 一・二年で習得できるようなものではないですし、英語にはまったく問題がないアメリカ人ですらセミナーを受けるくらいですし、表現方法と言うか,適切な英語表現力を高めるための努力を毎日しているのです。 英語の先生がビジネス経験なしで、ビジネス感覚なしで、表現できるものではないのですね。 ビジネスで使われている英語表現は実際に使われている表現をどれだけ見てきて、どれだけ使うかと言うことになるわけですが、日本でのビジネス英語の表現に慣れてくると「日本での英語のビジネス表現」をこちらでも普通に使われていると言う錯覚が作られていると言うことなのではないでしょうか。

Podcastでもこの点ではいろいろ見つけることが出来ると思います。 そして、英語圏からのメールなどでどのような表現を使っているのかを良く見てください。 日本の英語ビジネス表現に慣れている人からであれば結構「日本ではこの英語表現がうけている」と思って使っている人も出てくるとは思いますが、そうでないビジネスマンがどのような表現をして「頼む」のかを身につけてくださいね。

参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたらどんどん突っ込んでまた書いてください。

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

この表現、非常に「外国人」を感じさせます。 なぜ相手に「親切さ」を要求するのか、と言うフィーリングがしてしまいます。

どうせkindlyを使うなら、親切さを自然に求めているWould you kindly, Will you kindlyと言う風にもって行きたいところですが、やはりkindlyを求めるのには気分が良くないし、そういわれたからといって、丁寧さを出そうとしているのは分かるけど(日本語の表現方法文化を知っているからでしょう)、そこまで使う...続きを読む

Q"ask for" と "ask to"の違い

初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、"ask for" と "ask to"の意味的な違いがよくわかりません。

例えば、以下のような例文があった場合、
 ・I want to ask you to do that.
 ・I want to ask you for doing that.
どちらも同じ意味として考えてよいのでしょうか?
また、そもそも"ask for"の場合は動名詞が続くことはなかったりしますか?

以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

for ~は「~を求めて」で後には求める「もの」か
help, permission のような動作を表す名詞が来て,
動名詞はあまり見かけません。

ask for ~で熟語にもなっていますが,
ask O for ~もよく用いられます。

以前,入試の整序問題で
ask her for help
ask for her help
どちらも可能なものがありましたが,
正解はどちらのつもりだったのでしょう。
(site:us では前者が優勢)

be surprised to 原形
be surprised at ~ing
なんかも悩みますが,
こういう場合は不定詞にするのが基本でいいと思います。

Qどうしても使い方がわからない・・・such as とlike

こちらのサイトでも調べてのですが、どうしてもわかりませんでした。 ~のような というときのsuch asと likeの使い分けです。例を用いてなるべく簡単にわかりやすく説明してくださる方いらっしゃいませんか?すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

such as ~ のほうは「例えば ~ などのようなもの」という例を挙げるもので、

like ~ のほうは「~ に似ているもの」という類似性を示すもの、

という印象の違いがあると思います。

日本語で「~のようなもの」という言葉には、例を挙げている場合と、形や様子が似ているものを挙げている場合があいまいに混じっているので、和英のときに一緒にまとめられてしまうのですね。

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html

Qnoted with thanks.の意味を教えてください

英語のメールで noted with thanks.という表現が良くあるのですが
日本語ではどのような意味でしょうか。

教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

特段深い意味はありませんです。

直訳では「感謝と共に了解!」ですが、毎回々、打ち慣れてくると、単なる「了解、感謝」→「了解!」→「分かった!」→「分かったぞ!」→「分かった、おまえの云うことは分かった!」→「もういい、分かったヨ」→「あっ、そう、!」(爆)

誠実に感謝の気持ちをお届けしたい場合は、

「appreciate it, many thanks!」 位を使うと「あっ、この人本当に感謝してるんだな」と思って貰えます。(爆)

Q過去分詞ってなんですか?(>д<;)

こんにちわ。

英語苦手です・・・。
配られたプリントに『過去分詞』と書いてありました。
私は中2でして、習った覚えもないし、誰かに聞いても『過去分詞は過去分詞でしょww』っていわれて中々、参考になりません。

題名のとおり、過去分詞ってなんですか?
私にも分かるように分かりやすく、例文などを用いて(難しいですね;;)教えてくれれば幸いです。

Aベストアンサー

★過去分詞とは?
→英語の動詞の変化の1つ

動詞には変化形があります。
たとえば、doという動詞の場合

     do (原形、または現在形で複数の主語を受ける)
     does (現在形で単数の主語を受ける)
     did (過去形)
     done (過去分詞)
     doing (いわゆるing形)ーー現在分詞と動名詞があります
の5つがあります。

この変化のうちdoneが過去分詞にあたります。
なお、doingは、名詞の働きをしていなければ現在分詞です。

★過去分詞の意味
過去分詞は、過去形とはまったく関係ありません。「過去」という語がまぎらわしく「受け身・完了形」という呼び名にすればいいのにと私は思っています。
受け身・完了形ーーなのです。つまり、受け身(受動態とも言います)と完了に使うからです。
分詞というのは、2つの役割に分かれるということを意味します。動詞としての役割と形容詞としての役割です。

★過去分詞の例
まず、動詞の5つの変化の例文を書きます。
1. Tom and I do the work every day.
2. Tom does the work every day.
3. Tom did the work yesterday.
4. The work is done by Tom.
5. Tom has done the work.
6. Tom is doing the work now.
このうち、4番目と5番目が過去分詞の例です。
4. The work is done by Tom. (その仕事はトムによってなされる)
5. Tom has done the work.  (トムはその仕事をやったところです)

4は受動態(受け身)の例です。be動詞+過去分詞で使います。他の例題と主語が違うところが注意です。他の例で動詞の後にくるthe workが主語になっていますね。その仕事はトムによってなされるーーという受け身の意味となるからです。

5は4の受動態とは全く関係がありません。別物です。have (主語が単数ならhas)+過去分詞で使う現在完了形です。

もう1度確認します。
     受動態ーーbe + 過去分詞
     現在完了形ーーhave (has) + 過去分詞

これが過去分詞の使い方です。

★普通の動詞は、過去形と過去分詞形が全く同じです。

work 原形
worked  過去形
worked  過去分詞

ところがdoのようないくつかの動詞は、不規則な変化をし、その中でも過去形と過去分詞が違うものがあります。

do 原形
did   過去形
done  過去分詞

go 原形
went   過去形
gone   過去分詞

take 原形
took   過去形
taken  過去分詞

以上、ご参考になればと思います。

★過去分詞とは?
→英語の動詞の変化の1つ

動詞には変化形があります。
たとえば、doという動詞の場合

     do (原形、または現在形で複数の主語を受ける)
     does (現在形で単数の主語を受ける)
     did (過去形)
     done (過去分詞)
     doing (いわゆるing形)ーー現在分詞と動名詞があります
の5つがあります。

この変化のうちdoneが過去分詞にあたります。
なお、doingは、名詞の働きをしていなければ現在分詞です。

★過去分詞の意味
過去分詞は、過去形...続きを読む

QDoとDoesの使い方

DoとDoesの使い方がよくわかりません。
それで、問題集をやっていたのですが、
( )Mark and judy study jyapanese?
の質問文の( )に入るのはDOとDOESどちらですか?
私はdoを入れたのですが、なんとなくでよくわかっていません。
どなたか、英語がものすごく苦手な自分にも分かるようにDOとDOESの使い方を教えて下さい!お願いします。

Aベストアンサー

簡単ですよ。難しく考えないことです。
 
主語が「I」と「YOU」以外の単数(一人、一つのもの)ならDoesを使います。これだけです。 

 ・主語が単数(一人、ひとつ)ならDoesで、複数(二つ以上)はDoです。
 ・「I」と「You」は例外です いつでもDoです。

この場合主語はMark and Judy(二人)で複数ですから、正解はDoです。

 中1で完全にわかることは難しいので、このくらいの覚え方でいいと思いますよ。あきらめずに続けていれば、だんだんとわかります。たくさんの例文を暗記していくと、はじめ質問者様のように、混乱することもありますが、あきらめずに暗記を続け、文法問題を少しずつこなしていくと整理がついてきます。気になったら学校の先生にすぐ教えてもらうことです。一番安くて身近ですから。
頑張ってください。

Q○○さんをCCに入れて…

英語での取引先のE-mailで、
先方に○○さんをCCに入れてくださいと
書きたいのですが、どう書けばいいのでしょうか。

こんなんでしょうか?
Please CC Taro-san next time.
Please add Taro-san as CC next time.

Aベストアンサー

アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

CCはcarbon copyの意味で使われそのイニシャルをとって「略されて」使われていたのですが、今では立派な「動詞」として使われています。 CC(シーシー)ですね。 過去形・過去分詞形はCCedとかCC'dと言うような表現も定着してきています。

I will CC you his e-mail.といったり、He CC'd me your e-mail of yesterday so I know what you are talking about.と言う漢字で使われているわけですね。

これを踏まえると、Please CC your e-mails to Taro-san next timeと言う表現が出来るわけです。 次回だけでなく次回からと言うフィーリングであればfrom next timeと言う表現に変えればいいですね。

これで、~さんにも送ってください、と言う表現になりますが、「今度(次回と言う意味ですが)メールを送るときに同時に~さんにも贈ってください」と言う意味合いと、更に、CCにTaro-sanのメルアドを「入れる」ことで(これをCCと言うわけです)、「同時にコピーをTaro-sanに送ったということを私が分かるようにしてください」と言う意味合いも含まれていることも知っておいてください。 受け取ったメールにCCとしてTaro-sanのメルアドが無ければコピーを送ったとわからないと困る、とか、送ったとわかれば仕事もしやすい、と言うような理由でCCしてください、と言うお願いをするわけですから。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

CCはcarbon copyの意味で使われそのイニシャルをとって「略されて」使われていたのですが、今では立派な「動詞」として使われています。 CC(シーシー)ですね。 過去形・過去分詞形はCCedとかCC'dと言うような表現も定着してきています。

I will CC you his e-mail.といったり、He CC'd me your e-mail of yesterday so I know what you are talking about.と言う漢字で使われているわけですね。

これを踏まえると、Please CC your...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング