色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

こんばんは。ふと素朴な疑問が浮かんでしまいました。関係代名詞のthatは、「前置詞+that」という形では使えないというルールがありますが、これはどうしてなのでしょうか?

学校の先生に尋ねたところ、

"The pamphlet about that moden office equipment is mine."という文を黒板に書き、「前置詞+関係代名詞thatという形が存在すると、この例文のように、about+thatを見た瞬間、「このthatは関係代名詞なのかそれとも冠詞的代名詞のどっちだ?」という思考が生まれ、一瞬、流れを止めてしまいかねない。前者の可能性がなければ、素直にthatを冠詞的代名詞のthatだと解釈し、そのあとのmodernは当然thatによって修飾されている、と読み手は瞬時に判断できるわけだ。”

とおっしゃいました。先生のこの説明は正しいのでしょうか?ただどうしてかよくわからないのですが、まだ頭がモヤモヤしてスッキリ疑問が解決したような気がしないのです・・。おかしな質問でごめんなさい。よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

先生が言われたことは大体こんな事じゃないかなと思います。


Tell me more about that girl .
( あの女の子についてもっと教えてくれよ。)
この例文のように「 前置詞(about)+指示形容詞(that)+名詞 」という大変見慣れた前置詞句があるので
Tell me the topic about that the girls were talking .
のようにもし仮に「 前置詞(about)+関係代名詞(that)」構造があればどうしても上記の前置詞句を予想して読むので混乱が起きて思考が止まるということだと思います。
( Tell me the topic and the girls were talking about it .を関係代名詞 that で表現した場合です。)
of which/whom , about which/whom などはいかにも「前置詞+係代名詞 」という感じである一方で about thatは「 前置詞(about)+指示形容詞(that)」なのか「 前置詞(about)+関係代名詞(that)」なのかでは本当に混乱します。そのために「 前置詞(about)+関係代名詞(that)」は一般的には起こらないということだと思います。
> The pamphlet about that modern office equipment is mine."
( その現代的なオフィス設備についてのパンフレットは私の物だ。)
thatが関係代名詞とすると「現代的なオフィス施設が私の物であるとパンフレット?」先行詞が不明確で意味不明になりそうです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

なるほど、たしかにthatの指示代名詞としての用法はすごくありふれたものですものね。これにもし「前置詞+関係代名詞that」という形があったら読み手は必ず「う!どっちだ?」となってしまいますね。

ところで、「「前置詞+that」は一般的には起こらないと」とのことですが、そういう形が使われることはあるのですか?もしよろしければ教えてください。

お礼日時:2005/04/16 20:10

No.2 ohboy です。

前置詞 + 関係代名詞( that ) 用法は
興味があったのでいろいろ調べてみましたが・・
「 about/in/on/with/through + that 」などで Yahoo USで検索してみると、出てくるのは前置詞とthatがバラバラになった物しか出てきません。また、出てきてもそれは明らかに「 前置詞+指示形容詞(that)+名詞 」、「 前置詞)+代名詞(that) 」ばかりでした。
また、Shakespeareの「から騒ぎ」の一つのセリフで僕は
I can tell you strange news of that you yet dreamt not . ( お前が聞いたこともないような不思議な話もできるんだがな。)とばかり思っていたものが正確には
I can tell you strange news that you yet dreamt not of.文法通りになっていて「あれ、何で勘違いしていたんだろう。」ということでした。多分、芝居のセリフなので of that を強調で?
ということで僕が調べた限りでは全くありませんでした。
お力になれなくて済みません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろお調べになってくださったのですね。お手数をかけました。本当にありがとうございます。
僕もohboy729さんのようにGoogleなどで検索をかけましたが、やはり前置詞+代名詞や冠詞的代名詞などの例しか見つけることができませんでした(たとえあるにせよ、前置詞+thatはヒット数がすごいのですべてをチェックすることは不可能ですよね・・・)。

お礼日時:2005/04/17 11:15

基本的に関係代名詞のthatは、「前置詞+that」では使えないと思います。


関係代名詞のthatはその前にある先行詞(名詞)がどのようなものであるかを示すために使われます。
例:I'll give you the desk that I bought yesterday.
(昨日買った机君にあげますよ)
この場合は関係詞のthatはdeskが昨日買ったのもであるということを示していますね?
このように使うのです。
では、thatの前に前置詞が来るとどうなるか、というと・・・・・
前置詞=先行詞となります。
しかし、前置詞は名詞とはなり得ないのでthatの関係代名詞は成り立ちません。
つまり、thatの前に前置詞があった場合、冠詞的代名詞のthatと解釈するのです。
わかっていただけましたか?
もし、理解できなければまた言ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、前置詞を先行詞と考える、わけですね。これは僕にとってとても斬新なものです。どうもありがとうございます。お礼が遅れてどうもすいませんでした。

お礼日時:2005/04/16 20:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング