最近良くインフラという言葉を聞きますが、何の英語をやくしたものなんでしょう。ちなみに意味も教えて下さい。なんとなくは分かるのですが、正しい解釈の仕方が分かりません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

infrastructure(英)ですね。


最近の大型インフラとしては、アメリカが推進しているスーパーハイウェイ?でしたっけ、光ファイバーで全ての家庭をつないでインターネットなどの超高速情報通信網を作ろうとかっていう計画。
日本もアメリカに負けじとやるとかやらないとか言ってたと思います。
下の欧米との比較の話しですが、まず欧米は日本と比べ土地が安いため、社会整備にかかるお金が安く済むのでしょうね。
次に市民の意識として、欧米の場合日本と比べ自分の住む街を綺麗に、快適に住み易くしようという意識が強いと思います。
欧米の街並みは全体的に調和がとれていてとても美しいのですが、日本の街並みはどこもバラバラですよね。
例えば道路に歩道が必要と思われる場合、欧米では自ら自分の土地を提供し、自分も含め街の人皆が歩きやすくしようとするけれども、日本では自分の土地にコンクリートの頑丈な塀を作り自分の家だけ綺麗で安全ならいいというような風潮がありますね。
おそらくこのような市民一人一人の思考や行動が全体的な力となり、欧米の地方都市の人々でさえ日本の大都市よりもずっと豊かな暮らしをしているなと感じさせるのでしょうね。
以上インフラについて私の思うところでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

日本人一人一人の意識改革が必要なんですね。
長い間に固定化してしまったこの国民性から見て、そう簡単にはいかなそーですね。

お礼日時:2001/02/10 11:37

telette18さんがおっしゃった設備以外に、最近ではインターネットが高速で低料金で常時接続ができるような設備が入るようですね。


光ファイバーを各家庭までもっていく(FTTH:ファイバーツーザホーム)ことや、ADSLが使える地域の拡大などですね。
昔でいう道路の整備が今は通信網の整備に置き換わっているんですね。
この通信網の整備も欧米に比べて遅れをとっているようです。
    • good
    • 0

最近ではtelette18さんの言う社会資本の他に、会社内でのパソコン設置やネットワーク敷設等もインフラと言っています。

    • good
    • 0

インフラストラクチャー?


社会資本のことですね。
道路やガス、上下水道、電気、電話、公園、鉄道などといった公共の設備のことです。
日本は経済的に豊かといわれているのに、欧米に比べ人々の生活が貧困なのは
この社会資本が未整備だからと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
欧米のほうが、生活しやすいって事ですよね。
一概にはいえないんでしょうが・・・
消費税とかが高いだけあって、整備が整っているんですかねー

お礼日時:2001/02/08 22:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大手電機メーカーのSE

現在就職活動中の学生です
大手電機メーカーで社会インフラシステム開発のSEで就職を考えています。
大手電機メーカーでは主力製品はPCや産業機器だったりするので、やはりそういった開発に関わるエンジニアに比べて、SEは給料が低くなるのでしょうか?
大手メーカーに就職してもSEは給料が安いというイメージがあるのですがこの考えは正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

私は大手電機メーカーでシステム開発のSEをしています。
給料については変わりませんよ。

むしろ、入社時は変わりませんが、将来的にはシステム開発のSE
の方が高いと思います。

大手電機メーカーの稼ぎ頭は、ハードではなくITですので、

是非がんばってください。

Q情報と社会基盤(インフラ)について

学校の課題で、「情報について様々な定義例、見方、表れ方を示し、現在情報が社会基盤(インフラ)として位置づけられている理由を述べよ」というテーマで出題されました。
授業でちゃんと受けているつもりなんですが・・・やっぱり分かりません(;;)
特に「情報がインフラとして位置づけられている理由」がどうしても分からないし、ネットで調べても載っていないのです(調べ方がいけなかったのでしょうか・・・)。

もし、誰かこの分野において詳しい方がいらっしゃったら、ぜひ教えて下さい!
そしてこのテーマに関連するURLがあれば、教えて下さい。
よろしくお願いします!!!

Aベストアンサー

目に見えない「情報」というものが、道路や電信電話と同じように社会に欠かせない立派なインフラストラクチャーになっている例:(あまりに多いので極一部!)

1)銀行のオンラインシステムの「預金情報」:

ATMそのものは、中に札束の入った箱に過ぎない。しかし、銀行カードに磁気情報として記録されている口座番号を、使用者が手で打ち込む暗証番号と金額を専用回線で送り、銀行の汎用大型コンピュータの磁気ディスクに格納されている個人毎の「預金情報」を参照して、引き出せるかどうか確認した後、電子的に口座から引き落とす。そしてその結果をATM側に返す。引き出し可能であれば、ATMマシンから札束を指定額だけ出すという仕組みな訳です。

2)クレジットカードシステムの「与信情報」:

銀行のATMと似ていますが、これも、各店舗毎の端末でカードの磁気情報を読み取り、与信限度以内なら、手持ち現金がなくても買い物ができる。買った金額相当は、指定口座から自動的(=電子的)に引き落とされる。この場合、1)と異なり、リアルタイムでは銀行口座に金があるかいなかチェックしない。あくまでクレジット会社の与えた「与信情報」が使われる。

3)鉄道や飛行機、観劇の切符販売システムの「空席情報」:

座席を一元管理するのは、ホストコンピュータ(銀行オンラインと同様)。端末からは、客の希望に従って空席を探し、あれば、その空席を埋めていく。客に対してはリアルタイムで、席の有無が返される。ですから情報としては、言わば、「空席情報」な訳です。

4)気象観測システムの「気象観測情報」:

各観測点での気圧、気温、風速、湿度等から、気象予報システムは数時間後、数日後の気象を計算する。その計算結果は、「気象情報」として、気象予報士などの人を通じて、「天気予報」が流される。

5)宅配業などにおける「個人住所情報」:

電話帳に電話番号を載せていなくても、宅配を頼むと電話番号を聞かれるケースが多い。実は電話番号をキーにして個人情報や住所が検索できる仕組みになっている。初めの一回目は人の手で登録するかもしれないが2回目以降はオペレータが電話番号を入力するだけでいい。

目に見えない「情報」というものが、道路や電信電話と同じように社会に欠かせない立派なインフラストラクチャーになっている例:(あまりに多いので極一部!)

1)銀行のオンラインシステムの「預金情報」:

ATMそのものは、中に札束の入った箱に過ぎない。しかし、銀行カードに磁気情報として記録されている口座番号を、使用者が手で打ち込む暗証番号と金額を専用回線で送り、銀行の汎用大型コンピュータの磁気ディスクに格納されている個人毎の「預金情報」を参照して、引き出せるかどうか確認した後、電...続きを読む

Q【年金積立金運用のGPIFの運用資金の7兆円がアメリカのインフラに使われるってどういうことですか?】

【年金積立金運用のGPIFの運用資金の7兆円がアメリカのインフラに使われるってどういうことですか?】

安倍首相がアメリカに雇用を創出するって言って日本中の日本人がズッコケたのは記憶に新しいですが、

アメリカのインフラ整備に7兆円投資ってインフラに投資してリターンは何なの?

なんでインフラがインフラ投資って言うの?

インフラでどうやってリターンを得る裁断なの?

Aベストアンサー

>なんでインフラがインフラ投資って言うの?
>インフラでどうやってリターンを得る裁断なの?

文章が読解できないので回答不能。
(「インフラがインフラ投資」とか「リターンを得る裁断」とか日本人の日本語とは思えない件)



>安倍首相がアメリカに雇用を創出するって言って日本中の日本人がズッコケたのは記憶に新しいですが、

「安倍総理が言った」というソースを希望。


【安倍首相「年金運用法人(GPIF)活用した米インフラ投資、政府として検討してない。そもそも私に指図する権限はない」一部報道を否定】(朝日新聞デジタル)
http://hosyusokuhou.jp/archives/48783800.html
《2月3日、安倍晋三首相は、10日の日米首脳会談で協議する経済協力に関し、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の資金を米国のインフラ事業に投資するとの一部報道について「政府として検討しているわけではない」と否定した。

首相はGPIFの資金運用について、法律に基づいて被保険者の利益のためにGPIFで判断するものとし、「そもそも私に指図する権限はないので、(経済協力の)パッケージとしてあり得ない」と語った。》


調べてみたらやっぱり朝日新聞だったでござる。

【政府、公的年金資産など約17兆円を米インフラに投資、米国で65万人の雇用創出へ】
http://www.2nn.jp/newsplus/1486099413/
《日米首脳会談に向け、政府が検討する経済協力の原案が2日、明らかになった。トランプ米大統領が重視するインフラへの投資などで4500億ドル(約51兆円)の市場を創出し、70万人の雇用を生み出すとしている。日米間の貿易不均衡を批判するトランプ氏に10日の会談で示して理解を得たい考えだが、日本の公的年金資産の活用をあて込むなど異例の手法だ。》

https://www.youtube.com/watch?v=aCV5Jvt0VP4

>なんでインフラがインフラ投資って言うの?
>インフラでどうやってリターンを得る裁断なの?

文章が読解できないので回答不能。
(「インフラがインフラ投資」とか「リターンを得る裁断」とか日本人の日本語とは思えない件)



>安倍首相がアメリカに雇用を創出するって言って日本中の日本人がズッコケたのは記憶に新しいですが、

「安倍総理が言った」というソースを希望。


【安倍首相「年金運用法人(GPIF)活用した米インフラ投資、政府として検討してない。そもそも私に指図する権限は...続きを読む

Qインフラ老朽化なら国債追加発行でしょ!?

道路や橋、上下水道、学校など公共施設の維持・更新費用が数100億円にものぼるとして、さいたま市や京都市、横浜市の各当局が悩んでいる例が記事に載っていましたが、 これは市債を起こして資金を募ることは出来ないんですか?

市の集金力が弱かったら、それこそ国が国債を追加発行して、交付金で各自治体に配るしかないんじゃないですか?

全国一斉インフラ補強・再建事業を始めれば、景気浮揚の絶好のチャンスではないですか?

むしろ「日本全国グレードアップキャンペーン」とかなんとか銘打って、面白おかしいノリでもなんでもいいんで、国全体にインフラ整備のムードを作ってもいいんじゃないですか?

日本は超低金利が続いていますし、一応消費税法案も通したわけだから、財源の信頼性も多少は確保された訳で、国債の追加発行は問題無いと思います。また欧州不況で元々日本にお金が逃げてきてる状況なんですから、公共事業に尻込みしてる場合じゃないと思いますよ。

自民党が打ち出した国道強靭化法案もその流れで進めたらいいんじゃないですか?

財源に悩む…などと暗いトーンで記事書いてる場合じゃないと思いますよ。

そう思いませんか?

道路や橋、上下水道、学校など公共施設の維持・更新費用が数100億円にものぼるとして、さいたま市や京都市、横浜市の各当局が悩んでいる例が記事に載っていましたが、 これは市債を起こして資金を募ることは出来ないんですか?

市の集金力が弱かったら、それこそ国が国債を追加発行して、交付金で各自治体に配るしかないんじゃないですか?

全国一斉インフラ補強・再建事業を始めれば、景気浮揚の絶好のチャンスではないですか?

むしろ「日本全国グレードアップキャンペーン」とかなんとか銘打って、面白おか...続きを読む

Aベストアンサー

誤解があります。

輸出に回る品物は、インフレ圧力を受けにくいのです。
なぜならデフレ状況では、余剰生産能力があるのに加えて、
給料(つまり人件費)は、遅れて上がってくるからです
国内で、100円の費用をかけて製造する商品の話で、
1ドルが100円から120円になったとしましょう

100円で買ってきたものに国内で加工して人件費などを上乗せし
200円で輸出していました。

円安になって、100円だったものを買うのに120円要るようになったとしても
国内の上乗せ分はまだ上がっていませんから、100円のままです。
そうすると輸出の値段は220円ですから、1.83ドルです。
つまり、2ドルが1.83ドルに下がるので輸出が伸びるのです。

この話は、人件費が為替に連動しないことがポイントです。
しかも、人件費は下方硬直性がありますので、円高になると
途端に製造業は困るのです。

長期間の円安はあり得ませんが、日銀引き受け程度の円安圧力は
何の心配もいらないと思えますよ。

Q総合電気メーカーは何故白物家電分野を分社する??

総合電機メーカーや家電メーカーに興味があり、いろいろ調べています。
すると、日立製作所や東芝など社会インフラを手がける総合電機メーカーは、黒物家電(AVC)分野を本体に残し、白物家電(ホームアプライアンス)分野を分社していることがわかりました。

これは何故なんでしょうか?
また、総合電機メーカーの三菱電機もやがてアプライアンス分野を分社する可能性は高いのでしょうか?

少し気になったのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

赤字だからでしょう。
もはや、白物家電の生産はほとんどが中国に移ってしまって日本では高級品を作っているに過ぎません。赤字部門の切り離しが目的でしょう。
今後、清算や他社との合併、売却があるんじゃないですか?

リンク先の表には、各製品の生産量1位の国が書いてあります。
ほとんど中国が1位です。

参考URL:https://www.fuji-keizai.co.jp/market/07060.html

Q全国インフラ補強事業で経済復興できますよね!?

道路や橋、上下水道、学校など公共施設の維持・更新費用が数100億円にものぼるとして、さいたま市や京都市、横浜市の各当局が悩んでいる例が記事に載っていましたが、

これは市債を起こして資金を募ることは出来ないんですか?

市の集金力が弱かったら、それこそ国が国債を追加発行して、交付金で各自治体に配るしかないんじゃないですか?

全国一斉インフラ補強・再建事業を始めれば、景気浮揚の絶好のチャンスではないですか?

むしろ「日本全国グレードアップキャンペーン」とかなんとか銘打って、面白おかしいノリでもなんでもいいんで、国全体にインフラ整備のムードを作ってもいいんじゃないですか?

日本は超低金利が続いていますし、一応消費税法案も通したわけだから、財源の信頼性も多少は確保された訳で、国債の追加発行は問題無いと思います。また欧州不況で元々日本にお金が逃げてきてる状況なんですから、公共事業に尻込みしてる場合じゃないと思いますよ。

自民党が打ち出した国道強靭化法案もその流れで進めたらいいんじゃないですか?

財源に悩む…などと暗いトーンで記事書いてる場合じゃないと思いますよ。

そう思いませんか?

道路や橋、上下水道、学校など公共施設の維持・更新費用が数100億円にものぼるとして、さいたま市や京都市、横浜市の各当局が悩んでいる例が記事に載っていましたが、

これは市債を起こして資金を募ることは出来ないんですか?

市の集金力が弱かったら、それこそ国が国債を追加発行して、交付金で各自治体に配るしかないんじゃないですか?

全国一斉インフラ補強・再建事業を始めれば、景気浮揚の絶好のチャンスではないですか?

むしろ「日本全国グレードアップキャンペーン」とかなんとか銘打って、面白お...続きを読む

Aベストアンサー

回答が分かり難いとの指摘がありましたのでお詫び申し上げます。
確かに圧縮という言葉には低く抑えるというイメージがありますよね。

この言葉については私もポール・クルーグマン氏の受け売りなんですが、要するに格差是正と考えて良いと思います。(下記はその解説)

アメリカの経済学者ポール・クルーグマンは「格差はつくられた(原題"The Conscience of a Liberal")」のなかで、1950年代のアメリカは、中流階層社会であり、「大圧縮の時代(The Great Compression)」と呼ばれる時代があった。つまり富裕層と労働者階層の格差、そして労働者間の賃金格差が大きく縮小したことを「大圧縮」と呼び、アメリカのもっとも繁栄した時代だと述べている。 しかし今や中流階層は消滅しアメリカ経済がぼろぼろなのは誰が見ても明らかだろう。この本の中で格差を是正するためには1980年以降、「保守派ムーブメント」が通してきた富裕層に対する多くの減税を廃止することが必要であると述べている。

私はポール・クルーグマン氏やロバート・ライシュ氏の主張が、いまの日本にまったく当てはまるものだと思っております。

回答が分かり難いとの指摘がありましたのでお詫び申し上げます。
確かに圧縮という言葉には低く抑えるというイメージがありますよね。

この言葉については私もポール・クルーグマン氏の受け売りなんですが、要するに格差是正と考えて良いと思います。(下記はその解説)

アメリカの経済学者ポール・クルーグマンは「格差はつくられた(原題"The Conscience of a Liberal")」のなかで、1950年代のアメリカは、中流階層社会であり、「大圧縮の時代(The Great Compression)」と呼ばれる時代があった。つまり富裕層と...続きを読む

Q光ファイバのインフラ

光ファイバは5000円程度と、ADSLに比べ、割高になりますね。

ADSLは電話線を使っていまして、電話線は半世紀以上前から、日本全国にインフラが整備されました。

光ファイバーは、光ファイバという新しいケーブルを、ゼロの状態から日本全国にインフラを整備せねばなりません。

インフラ整備するには、その仕事をする人に給料を支払うのでコストがかかります。

インフラを整備してしまえば、そのコストがなくなります。

なので、光ファイバが高い理由は、インフラ整備にお金がかかっているのですか?

Aベストアンサー

そうですよ。
メートル・・千円の光ファイバーと素材自体たかいですし、
電柱まで光ファイバー線でも
家の中、銅線抜いて入れ替えるという職人芸必要ですから\(^^;)...


zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz

Qタダでインフラ建設させるインドネシアの売りとは一体なに

高速鉄道建設についてインドネシア政府は元より1円も払うつもりはなかったらしい。
1円も払わずタダで他国に国内のインフラ建設を実現させようとするインドネシアの売りとは一体なんですか。

Aベストアンサー

大中華経済圏に組み込まれてやる、ということです。

中国は一帯一路構想を打ち出しています。

一帯一路」とは、
(1)中国西部から中央アジアを経由してヨーロッパにつながる「シルクロード経済ベルト」(一帯)と、
(2)中国沿岸部から東南アジア、インド、アラビア半島の沿岸部、
アフリカ東岸を結ぶ「21世紀海上シルクロード」(一路)
の二つの地域で、交通インフラ整備、貿易促進、
資金の往来を促進していく構想のことです。

これにより、大経済圏を造ろうとしているのです。

インドネシアの高速鉄道は、その端緒ともいうべき
もので、中国は何が何でも欲しかったのです。

Qインフラとは?

良く「社会的インフラ」などと言われていますが、そもそも、インフラとは何を意味しているのでしょうか。

Aベストアンサー

インフラはインフラストラクチャー の略です。「infrastructure」
>インフラとは何を意味しているのでしょうか
生産や生活の基盤を形成する構造物をいいます。
ダム・道路・港湾・発電所・通信施設などの産業基盤、および学校・病院・公園などの社会福祉・環境施設がこれに該当します。

Q中国はAIIB(アジアインフラ投資銀行)の外需で経済成長率を伸ばしていくつもりだそうです。普通は

中国はAIIB(アジアインフラ投資銀行)の外需で経済成長率を伸ばしていくつもりだそうです。

普通は内需を拡大させて国の経済成長率を上げていくのが一般的だが中国は外需で経済成長率を上げていく道を選んだ。

これってどうなんでしょう?

中国にとって正しい選択でしょうか?

Aベストアンサー

中国の問題は鄧小平同志が「稼げる奴は先に行け」と、隠れていた国内の所得格差を表に曝しました。キチガイ消費国のアメリカが何でも買って呉れるし、必要な技術は日本から買う、あるいは韓・日の産業を誘致すれば良かった。だがたった一国の狂った消費国が本当に狂い、低所得層が増えてしまった、住宅産業バブルの時は家自体を「担保」(お金を返せなかったら、代わりに差し出すもの)に低所得者層、アメリカの場合「プアホワイト、ブラック、チカノ(ラテン系でもっぱらメキシコから流れ込んだ)」はほぼ日本の小学生並みの頭しかない、誰だって同じだがお金を使うのは大好き、借金を返すのは嫌い、低所得者層はやってはいけない事を始めました、信用金庫みたいな小さな金融機関(savings and loans)に焚き付けられて、もう住宅会社が担保として抑えていた自分の家を二重、三重の担保として金融機関からクレジットカードを取得、時にはブラック(人種と関係無い)な「金融機関???」から担保無しでクレジットカードを取得し、カード会社が拒否するまで買いあさりました、彼らが買った物は「日本の小学生なら欲しい物(ゲームじゃ無いよ)」で、売ってもお金にならないものばかり、一方住宅会社は彼らの家を担保に家を売ったから購入価格に相当する債権を持ち毎月お金を口座から引き落とす、住宅会社は担保である彼らの家の最も強い債権者なので、第二、第三担保など書類上でしか無い、もちろん「今、ちょっと手元不如意で……」の人も居るから「あと二回は待ちますがそれ以上待てません」と言う。だけど収入なんか雀の涙なのに、中間層並みの家を買っちゃったから、三回目で家から追い出される。一方家が担保なのは第二、第三優先権の金融機関もお金を貸している、隠れたクレジットカードだ、可哀相に住むところも無いのに莫大な負債だけはある。低所得者層は自業自得だが、第二、第三担保権でクレジット会社に支払う事になっていた金融機関は、もちろんこいつらも自業自得なのだが、簡単に破綻してしまう、アメリカは犯罪社会だから第三債権者が第一債権者を脅して家を抑えてしまう事も多い。中古はどの国でも安い、第一債権者は中間層下部にその家を叩き値で売る、今度は少しはマシだ、だがこんな事していたらクレジットカード会社がたまらない、赤字を計上しなければならない。経済学は置いといて、最下層が買ったのは中国の最下層が買うのと同じ様なものだ、クレジットカード会社が払えなくなると、商品を売った中国企業まで破綻してしまう。アメリカの経済は好調とは言い難い、途上国は輸出依存からはじめる、日本は幸運だった。中国はまだ自国内消費者を育成している最中で、輸出が無いと非常に苦しい、格差社会だからだ、金持ちはカナダなどが喜んで受け入れてくれる、莫大なお金が付いて来るのだ。中国の下層はようやく電気が来た、レベル。再度になるが、鄧小平同志の施策は劇薬だったのだ。

中国の問題は鄧小平同志が「稼げる奴は先に行け」と、隠れていた国内の所得格差を表に曝しました。キチガイ消費国のアメリカが何でも買って呉れるし、必要な技術は日本から買う、あるいは韓・日の産業を誘致すれば良かった。だがたった一国の狂った消費国が本当に狂い、低所得層が増えてしまった、住宅産業バブルの時は家自体を「担保」(お金を返せなかったら、代わりに差し出すもの)に低所得者層、アメリカの場合「プアホワイト、ブラック、チカノ(ラテン系でもっぱらメキシコから流れ込んだ)」はほぼ日本の小学...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報