ラテン語系では金星はVENUSだと思いますが、金星のそれ以外の綴りの言葉をご存知の方は教えていただけませんか?
またISHTARというのは金星の意味なのでしょうか?バビロニア語と聞いたのですが・・・

A 回答 (4件)

日本:明けの明星、宵の明星 長庚(ゆうづつ)、彼は誰星(かたわれぼし)、啓明(あかぼし)


ギリシャ:フォスフェラス、ヘスペルス
西洋:ヴィーナス
中国:太白星
メキシコのナワ族:シトラルポル(大きな星)

バビロニアの神話では女神イシュタル(シュメールでは「イナンナ」)性愛、豊穣、闘いと美の女神です。星を意味するそうですが、古代メソポタミアでは金星(北半球西部にイシュタールと名付けられた大陸もある)の女神とされていて、ギリシャ神話で有名なアフロディーテ(ローマ神話のビーナス)の源流と考えられています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
良くご存知で助かりました。
ちなみにギリシャ語ではどう綴るのでしょうか?
どなたか教えていただけると助かります。

お礼日時:2002/10/30 22:08

日本書紀の「天津甕星」(あまつみかぼし)が金星といわれています。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

しばらく家をあけており、お礼が遅れて申し訳ありませんでした。ありがとうございました。

お礼日時:2002/11/10 19:07

分かる限り



ギリシア語 Aphrodite
バビロニア語 Ishtar
朝鮮語も調べたらありましたが文字化けするので無理でした。
Ishtarはバビロニアです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

しばらく家をあけており、お礼が遅れて申し訳ありませんでした。ありがとうございました。

お礼日時:2002/11/10 19:06

こんばんは。


ギリシャ神話でヴィーナスに相当するのはアフロディーテ(Aphrodite)
になります。イシュタル、アスタルテ(Astarte)、アフロディーテは
全て同じ語源の言葉で愛の女神の名前です。
フォスフォール(Phosphor)、ヘスペロス(Hesperus)はそれぞれ明けの
明星、宵の明星の名称で、当時のギリシャ人はこれを別の星と考えていた
ため、別々の名前をつけましたが、バビロニア人はこれが同一の星である
ことに気づいており、イシュタルと呼んでいました。

参考URL:http://www.izu.co.jp/~at-sushi/astro/venus.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

しばらく家をあけており、お礼が遅れて申し訳ありませんでした。ありがとうございました。

お礼日時:2002/11/10 19:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一番星って。。。?

素朴な疑問です。

一般的には一番星は金星、二番星は木星って言われていると思うのですが、
単純に一番最初に見つけた一番輝いてる星が一番星になる訳じゃないんですか?
それとも肉眼できる一番明るい星だから金星が一番星だ!って決まってしまってるのでしょうか。

今ごろの季節だとに夕焼け後に西の空にはシリウス、東の空には木星がとっても輝いてますけど、
それらの最初に見た方を一番星って呼んじゃダメなんですかね。。。?

『一番星』の定義みたいなものはあるのですか?
あったらどういったものなのでしょう。。。?

Aベストアンサー

みなさんが回答されているとおりですが,だめ押しの一票を。

「一番星」は学術用語ではないので,公式の定義(たとえば国際天文学連合とか日本天文学会あたりが定めたような)はたぶんないと思います。
(少なくとも,『学術用語集 天文学編』には載っていません。)
広辞苑にあるとおり,夕方最初に輝き出す(最初に見える)星,ということでよいと思います。
また,常識的に太陽や月は外して考えることにしましょう。

金星は夕方見えるとは限りませんから,「一番星イコール金星」のはずはありません。
ただ,金星より明るい星は(太陽・月をのぞくと)ありませんので,「夕方金星が空にのぼっていれば,一番星は金星になる」ということです。
(雲や建物の陰に隠れて…などのケースは考えないことにします。)
まあ,ごくごくまれに,超新星と呼ばれる星の大爆発が太陽系に近いところで起こると,金星より明るい恒星見えることもあるかも知れませんが…

まるで公式か法則のように「一番星といったら金星に決まっている」などと言っている人は,おそらく天文のことをよくご存じないのでしょう。一知半解というやつですね。

ただ,

>夕暮れ時まで室内にいたとして、
>外に出た時、たまたま西の空を見ていれば、金星が一番星になるのでしょうが、
>それが東の空だったとしたら、木星になりうる訳ですよね。

これは,どうでしょうか。
公式の定義がない以上,「顔を上げて最初に目に入った星が(自分にとっての)一番星だ」と言われれば,はいそうですかと引き下がるしかありません。
この定義だと,たまたま最初に東を向いて木星が見えたから,それが一番星,その後振り返ったら金星が見えたけれど,それは二番星,ということですよね。
そのような「マイ一番星」を定義するのも自由だと思います。
ただ,私の個人的な語感では,「自分が屋外に出て最初にどちらを向いたか」というような,超個人的な事情は排除して,また空の見え方についても,まわりに建物などの障害物がない(全天をまんべんなく見渡せる)場所で,最初に見える星,ということにしたいです。

なぜなら,「一番星」というのは学術用語ではないとはいえ,ある種の天文学的な現象だからと思っているからです。
いつも元旦に早起きをして初日の出を見ている人が,たまたま今年は寝坊したので,
「今年の初日の出はなんと午前10時だった」
(10時に起きて,はじめておてんとうさまを拝んだ)などと言うことは,冗談としてはあるかもしれませんが,「初日の出」の本来の意味には含めたくないです。

みなさんが回答されているとおりですが,だめ押しの一票を。

「一番星」は学術用語ではないので,公式の定義(たとえば国際天文学連合とか日本天文学会あたりが定めたような)はたぶんないと思います。
(少なくとも,『学術用語集 天文学編』には載っていません。)
広辞苑にあるとおり,夕方最初に輝き出す(最初に見える)星,ということでよいと思います。
また,常識的に太陽や月は外して考えることにしましょう。

金星は夕方見えるとは限りませんから,「一番星イコール金星」のはずはありません...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報