マンションでビオラなど育ててみたいのですが、以前パンジーを植えたとき
何処から湧いてきたのか茎にアブラムシがびっしり。
市販のアブラムシ除去剤をスプレーしましたが、効き目がありませんでした。
アブラムシがついてしまったときの撃退法や、また最初から寄せ付けない業があれば教えて欲しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

それならオルトランという薬がお手軽ですよ。


株の根元にまいておけば、一ヶ月くらいの間、
アブラムシは寄り付きません。
花にはいいけど、野菜には使わない方がいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

オルトラン、ですか。ありがとうございます。試してみますね。
これは、「寄せ付けない」ためにとっても効果がありそうですね。
アブラムシのことを考えると、花を咲かせる意欲も萎えていましたが、
元気が出てきました!

お礼日時:2001/02/12 03:51

わたくしも、園芸に詳しい方から、オルトランをすすめられました。


液体と固形があるようです。固形の方が長持ちします。でも、わたくしは、
スプレータイプを使用しておりました。虫があっというまに消えました。しかし、臭い。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

オルトランは、くさいのですね・・・・。
でも、効果はかなりの様子。
あの、びっしりと茎にへばりついたアブラムシを発見したときの背筋の寒さを
思えば、なんのその。めげずに使ってみようと思います。

お礼日時:2001/02/12 04:01

アブラムシはどこからでも飛んでくるので、薬剤で忌避するのが通常の方法ですが‥


生物農薬ではありませんが、テントウムシは如何ですか?
ニジュウヤボシテントウは葉を食い荒らすのでダメですが、ナナホシテントウは幼虫も成虫もアブラムシを大量に食べてくれます。
この時期ならば落ち葉の下で集団冬眠しているので、捕獲は簡単です。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。虫が苦手な私でも、
てんとうチャンならかわいいので捕まえられます。
そういえば、てんとう虫はアブラムシの天敵と聞いたことがありました。
でも、幼虫も食べてくれるなんて全く初耳でした。
参考になりました!

お礼日時:2001/02/12 03:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアブラムシの駆除・死骸について

趣味でガーデニングを始めたのですが、
ミニチンゲンサイにアブラムシが大量に沸きました。
そこで野菜用除虫剤を噴霧したところ、弱ったのか死んだのか、
葉や茎についていたもののほとんどが植木の土の表面に落ちました。

この落ちたアブラムシは放っておいて良いのでしょうか?
土を取り替えるべきでしょうか?
また落ちたアブラムシも、全部が全部死んでいるとは思えず、
弱っているものの生きているアブラムシも居そうです。
また葉の表面もすべて駆除できたわけではなさそうです。

こういった虫の駆除はある程度でいいのでしょうか?
それとも全滅させるまで根気強く行うべきでしょうか?
お教えください

Aベストアンサー

チンゲンサイは食べるために作っているんでしょうか?
そうだとしたら、農薬を使うのはどうなのかな~?
薬剤でも人間には無害なものを選んでくださいね。

アブラムシの死骸は放置します。
農薬がついていなければ蟻が始末してくれますが、農薬がついているので蟻も食べないですね。
アブラムシは強い光に弱いので、シルバーマルチをするた、アルミホイールを下に敷くと良いですよ。下からの光の反射を嫌がりますから。

Qパンジーにアブラムシとカビが・・・!!

大切に育てていたパンジーにアブラムシがついてしまいました。いつもなら市販のスミチオン・オルトラン・サプロール混合殺虫・殺菌剤をスプレーしているのですが、これはカビには効かないようで・・・。
くもの巣のようなカビが根元に生えたり、枯れた葉とその下の土にも白いカビが。
そこでカビに効く殺菌剤も撒こうと思っていますが、混合殺虫・殺菌剤と一緒に散布しても大丈夫なのでしょうか?
それとカビの予防法なのですが、枯れたものはすぐ摘み取る、風通しを良くする等気をつけてはいるのですが、どうしても発生してしまいます。
最近のコンテナガーデンのように密植して植えると根元は蒸れやすいですよね?皆さんはどのようにして防除してますか?

Aベストアンサー

スミチオン・オルトラン・サプロールの混合殺虫・殺菌剤ですが、
スミチオンは殺虫剤で主にアブラムシの農薬
オルトランは殺虫剤で主にアブラムシ・アオムシの農薬
サプロールは殺菌剤で主にウドンコ病・シラサビ病の農薬ですね。

殺菌剤を一緒に散布する場合は、その殺菌剤の種類によって混合できるかどうかは変わってきます。代表的な殺菌剤、ダコニール・ジマンダイセン・ベンレートなどは混用はできます。
しかしながら、農薬の混用(一緒に混ぜる事)でよく言われることは
「農薬の種類を多く混ぜるほど、農薬の効きは劣ってくる」
ということです。
すでに、お使いの殺虫・殺菌剤で3種類の農薬をお使いなので、その上に、殺菌剤を加えるのは、あまりおすすめできません。できたら、2,3日おいて殺菌剤を散布されたらどうでしょうか。

また白いカビですが、パンジーの葉にできたものと、土の上にできた物は、種類が違うと思います。パンジーの葉にできたものは病気の可能性がありますが、土のうえにできたカビは、肥料が分解している途中のものか、有機物の分解途中だと思いますので、影響無いと思われます。
 
カビにも多くの種類があります。
湿ったところが好きなカビ・・灰色かび病など
乾燥したところが好きなカビ・・うどんこ病など
カビの予防は、農薬ではなくて天然の殺菌成分を含む、木酢液とかキトサンとかヒノキチオール入りの液などを散布したらどうでしょうか。(たぶん市販されています)
そうすれば、人間に害が無く、病気・虫を予防して、パンジーも元気になると思います。わたしは、ヒノキチオールという成分がはいった栄養剤を使用しています。
まあまあ調子良いようです。時々ダニが発生しますので、これは農薬散布して退治しています。

スミチオン・オルトラン・サプロールの混合殺虫・殺菌剤ですが、
スミチオンは殺虫剤で主にアブラムシの農薬
オルトランは殺虫剤で主にアブラムシ・アオムシの農薬
サプロールは殺菌剤で主にウドンコ病・シラサビ病の農薬ですね。

殺菌剤を一緒に散布する場合は、その殺菌剤の種類によって混合できるかどうかは変わってきます。代表的な殺菌剤、ダコニール・ジマンダイセン・ベンレートなどは混用はできます。
しかしながら、農薬の混用(一緒に混ぜる事)でよく言われることは
「農薬の種類を多く混ぜる...続きを読む

Qアブラムシの即効駆除

プランタ栽培している食用の植物に、アブラムシが大量発生します。
今朝、発生に驚き駆除剤を使用しましたが、夕方に見てみるとアブラムシの数が倍増しているようです。
使用した駆除剤は、害虫に直接散布するものとのことですが、苦しんでいる様子も見られず、本当に効いているのかわかりません。

このアブラムシを一掃するにはどうしたらよいでしょう?
駆除剤の効果がゆっくりあらわれて、それを待つしなかいのでしょうか?
即効性のある駆除剤や駆除方法があれば教えて下さい。

ガムテープは花が落ちてしまうので考えていません。

Aベストアンサー

あぶら虫には、オルトランでいいと思います。
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00023.html
http://www.greenjapan.co.jp/orutoran_s.htm

Q植物の茎につく害虫『アブラムシ』

マンションの8階ベランダのプランタンにユリが咲き始めました。
ところうが、蕾をよく見たら「アブラムシ」が付いています、
モウ~頭に来て退治しました。そこでお尋ねしますが、約30メートル
以上の高さの植木鉢に何処からきて寄生するのでしょうか、ご存知の方
お教え下さい、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

アブラムシには羽が生えたのもいますから、飛んで来ますよ。
それとユリが罹りやすく難病なものは「ウイルス病」です。
葉や花が斑になったり、変形したりもします。おまけに伝染し、今のところそれらしき薬剤はあっても、コレという特効薬もありません。
罹患すれば処分した方が無難ということですね。
罹患株の汁液から感染します。アブラムシは吸汁性害虫ですから、ウイルス病を媒介します。
少量ならともかく、大量にたかられたらまず罹患するものと心得ましょう。
ゆえに予防が大事です。芽が出始める3月4月あたりから被害がなくとも、オルトラン粒剤を株元へ1ヶ月おきにばら撒いておきます。
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00529.html
定期的(月1回)にスミチオンやマラソン等を散布するのも良いでしょう。これで拙宅ではユリ等、アブラムシなどにたかられた事はありません。

また花茎を切った際、ハサミに付いた汁液からも感染しますから、他株へのハサミの使い回しも避けるようにします。
ハサミは株数分の数を用意するか、そのつど殺菌消毒します。
消毒方法は、ハサミを洗って刃をライターであぶる。リン酸3ナトリウム溶液にハサミを浸けておくなどの方法があります。
http://item.rakuten.co.jp/auc-garden-bank/rpn-500/

補足。
多くのユリは程度の差はあれ、実はウイルス病に罹患しています。生育環境や手入れが良ければ健全に育ちますから、ウイルス病は姿を現しません。これを「マスキング」と言います。
もちろん重症のものはだめですから、引っこ抜いて処分するようにします。

アブラムシには羽が生えたのもいますから、飛んで来ますよ。
それとユリが罹りやすく難病なものは「ウイルス病」です。
葉や花が斑になったり、変形したりもします。おまけに伝染し、今のところそれらしき薬剤はあっても、コレという特効薬もありません。
罹患すれば処分した方が無難ということですね。
罹患株の汁液から感染します。アブラムシは吸汁性害虫ですから、ウイルス病を媒介します。
少量ならともかく、大量にたかられたらまず罹患するものと心得ましょう。
ゆえに予防が大事です。芽が出始める3...続きを読む

Qアブラムシ駆除に有効なもの?

我が家のベランダ菜園の、ししとうとピーマンにアブラムシが大量発生してしまいました(T-T)
特にししとうはものすごくついています。

ここで色々検索して、牛乳を吹きかけると、皮膚の弱いアブラムシは死んでしまう、と知り、試しにやってみました。
なるほど・・・確かに死にますね。
しかし量が半端じゃないので、死んだアブラムシを
爪楊枝ではじき落としたりして結構大変でした。
(水で流しても取れなかったので)

・・・牛乳で死ぬ、と言うことは、他の物でも効果はあるんでしょうか?
例えば、クエン酸水とか、酢を薄めた物をかけるとか、
ジュースとか・・・
それとも、牛乳自体にアブラムシに効く成分??でも
あるんでしょうか?
観葉植物も枯らしてしまう超初心者な私なので、まさか
アブラムシがわくとは思ってもいませんでした・・。
アブラムシ駆除について色々教えていただければありがたいです。

Aベストアンサー

絶対に農薬を使いたくないなら
クラフトテープがお勧めです。
ガムテープじゃなくて紙で出来ているテープです。
あれでぺたぺたやってください。
アブラムシやヨトウミシや尺取虫などなんでも取れます。
おまけに植物に与える影響はまったくありません。
テープもあまり強く押しつけない限り葉っぱなどにもくっつきません。
アブラムシだけ取れます。爪楊枝で落とす必要もないのでらくちんです。
私もこの方法で薔薇をアブラムシから守ってますよ。
うちの薔薇は完全無農薬です。
今は100円均一で安く手に入るのし毒性はまったくないので(あたりまえ)
近所に迷惑も掛かりません。
取ったアブラムシはそのままテープをはっつけてしまえば手も汚れません
一度お験しあれ!

Qパンジー・ビオラの夏越

初めてパンジー・ビオラを播種し、順調に成長していますが、この後の栽培管理をいろいろ調べると、1年草だから初夏まで花を楽しんだら夏を越せず枯れてしまうので、この株はこれでおしまい。と言う意見がほとんどでした。しかしパンジー・ビオラは本来、学術的には多年草だけど日本の夏の暑さに絶えられず枯れてしまうので日本では1年草扱いともありますした。
そこで質問というか情報を聞きたいのですが、高冷地などで夏越しさせた場合にその株は何年ぐらい生きつづけるのでしょうか?もしそんな株をお持ちでしたら何年目の株を持っていらっしゃるでしょうか?
パンジービオラを実際に夏越しをさせている方いらっしゃいましたらお返事いただければと思います。

Aベストアンサー

花が小さめのビオラに近い品種でしたが、夏越しをさせてみたことがあります。
生きてさえいれば、夏でもずっと花を咲かせているみたいでした。
高冷地ではありませんし、最高気温を更新した一昨年のことなので手間さえ掛ければ難しいことではないと思います。
2年目は飽きてしまい成り行きに任せていたら枯れてしまいましたので、何年生きるかは分かりませんが・・・

あまり大きくなると根元から病気になったようにダメージが出ます。
定期的に切り戻して余計な枝も根元からバッサリ切って風通しと根元の日当たりを良くします。
状態が良いと新しいきれいな枝がどんどん伸びてきますので、常にきれいな状態を維持します。
途中で勢いがなくなったら花と蕾を一旦全部取るとガンガンに伸びます。
あとは西日に当てないこと。
これで夏越しできると思いますが、小さく育てますので花数も減りますし、切り戻しも思いっきりしますので可哀想な感じもします。

Qペット(犬や猫)に安全なアブラムシ駆除剤は?

家には猫と犬がいます。
アブラムシが増えてきたので殺虫剤をまこうと思うのですが、まくときはペットを隔離しておこうと思うのですが、その後でペットが植木のそばを通ったり、もし葉っぱなどに顔を近づけたりすることを考えると、安全なものがよいかと思います。
ペットを飼ってらっしゃる方はどのようなアブラムシ駆除をしていますか?
駆除剤は何を使っていますか?

Aベストアンサー

大きなバラなどの時は、手の届かぬところや奥のほうはなかなか大変でしたので
全部はやれませんでしたが、

●筆などで払い落として、下に紙を受けてとる
●忌避剤として、薄めた竹酢液、木酢液や食酢を使う
●焼酎に唐辛子やニンニク、ヨモギをいれて付け込んだ液を吹き付ける

いろいろとしていたら、とりあえず減りました。
目の前のハーブや丈の低い草花などでしたら、
クラフトテープにくっつけながら筆で払う、などです。

Qパンジー・ビオラの種をジフィーセブンで育てる方法について

園芸初心者で、去年苗をたくさん買い庭中花だらけにしましたが、あまりに費用がかかったので種から育てようと思いついたのですが、定番で長く咲くパンジー・ビオラの種まきにはもう遅いようですね(*_*;。
種をまける時期が10月上旬(発芽適温15~20度)までとなっていたトーホクパンジーのアップルジャムと花まつり、トーホクビオラのビッツミックスの種を購入し、種まき初心者でも育てやすいと書いてあったジフィーセブンの小さいサイズのほう(30ミリ)と専用ジフィートレーをネットで注文しました。まだ届いてないのですが、届き次第、早速植えたいので、ジフィーセブンによるパンジー・ビオラの育て方に詳しい方、ぜひ失敗しにくい育て方を教えて下さい。
横浜で日当たりの良い家に住んでいるのですが、やはり最初は室内に置いたほうが良いのでしょうか?種は一つの穴に何個入れるのがベストですか?発芽するまでは日陰のほうが良いのですが?発芽するまでは新聞紙をかけたほうがいいとか、むれるからかける必要はないとか見たHPにもよるのですが?専用トレーには透明のカバーがついているようですが、それはまだそれほど寒くないから必要ないですか?下に敷く水はどのぐらいあげたら良いのでしょう?日光に当てるタイミングはどのぐらい芽が出てから?ジフィーセブンはそのまま植えられるそうですが、どのぐらい成長したら鉢に植えたら良いのでしょう?花が咲くのは年内は無理?何もわかってないのでどなたか詳しい方、よろしくお願いいたしますm(__)m。

園芸初心者で、去年苗をたくさん買い庭中花だらけにしましたが、あまりに費用がかかったので種から育てようと思いついたのですが、定番で長く咲くパンジー・ビオラの種まきにはもう遅いようですね(*_*;。
種をまける時期が10月上旬(発芽適温15~20度)までとなっていたトーホクパンジーのアップルジャムと花まつり、トーホクビオラのビッツミックスの種を購入し、種まき初心者でも育てやすいと書いてあったジフィーセブンの小さいサイズのほう(30ミリ)と専用ジフィートレーをネットで注文しました。ま...続きを読む

Aベストアンサー

追加の質問についてです。

まず、一般論として。
覆土については、ジフィーセブン本体の一部でもいいですし
よくあるのは、別途用意したピートモスをかける方法もあります。
また、暗いところで発芽を待つのは嫌光性種子の場合ですので
No.3さんも書いている通り、好光性種子のパンジーにあっては
暗くする必要はありません。
そのため覆土をしない方法もありますが、その場合は種が水分に触れる面が少なくなってしまうというデメリットもあります。
まあ、この手のものは何通りもやり方があります。
こういった質問サイトやブログなどで紹介されている方法は
おそらくそれぞれの方が成功してる方法なので、すべて正しいでしょう。
一概に、これが正解!とかこれが優秀!といったことは言えないので仕方ないです。
初心者とのことで、いろいろな方法があり混乱してしまうかもしれませんが
お試し的な気持ちで、何かしら良さそうな方法を試してください。

参考までに私のやり方を紹介します。
ジフィーセブンは、なんとなく上の部分がくぼんでいるので
そこに種を置いて、周りの部分を崩すように種の上にのせます。
といっても、繊維状になっているのでとてもやりにくいんですけどね。
で、上から軽く押さえるようにします。
土との接触をよくする(種に水分を含んだ土が密着するように)
ためです。
たまに、くぼみ方がとても深いのもあるので
そういうのについては、種を置く前に周りを崩して調整します。
そのあたりは、臨機応変に。

追加の質問についてです。

まず、一般論として。
覆土については、ジフィーセブン本体の一部でもいいですし
よくあるのは、別途用意したピートモスをかける方法もあります。
また、暗いところで発芽を待つのは嫌光性種子の場合ですので
No.3さんも書いている通り、好光性種子のパンジーにあっては
暗くする必要はありません。
そのため覆土をしない方法もありますが、その場合は種が水分に触れる面が少なくなってしまうというデメリットもあります。
まあ、この手のものは何通りもやり方があります。
...続きを読む

Q庭の桃の木、アブラムシ駆除の方法を教えてください

タイトルのとおりなのですが、まだ植えて5年ほどの桃の木です。
葉が茂るのですが、巻いてしまい棒状になってしまいます。いろいろ調べたところアブラムシが原因のようですね。アリもたくさん上っていますので、上のほうにはアブラムシがいるんだと思います。スミチオンを散布しましたが効果がゆっくりあらわれるもののせいか全く改善されません。
巻いてしまった葉は除去したほうがいいのでしょうか。
アブラムシによって葉が巻いてしまった際に、どういう手順でどのような薬剤を使って駆除すればよいか、また桃の木の手入れの仕方でもかまいませんので教えてください。実は毎年10数個つきますが、大きくならずに腐って落ちてしまいます。この点も教えていただければ喜びます。

Aベストアンサー

まずは、ここを読んで殺虫剤以外の駆除方法を知ってください
http://www.kingdom.or.jp/nanchie/html/02/01_08.html

我が家の庭にも桃があり、無農薬でがんばっています
我が家が使用するのは
(1) 唐辛子をベースにした薬(唐辛子も庭で栽培しました)
(2) 木作酢とHB101の混合液
HB101は万能無農薬です、詳しくは↓
http://www.earth-design.jp/~flora-hb101/default.php

我が家での実際の対策(その年のアブラムシ発生量で多少頻度は異なります)
春から夏にかけて(1)を月一くらい散布します
(2)は1週間から10日置きに散布しています。

アブラムシや病気で変色や丸まった葉っぱは、見つけるつど切り取って処分しています。

せっかく付いた実の腐れ対策は(我が家も最初のころこれで全滅を繰り返していました)
ホームセンター等で売っている、果実の袋をかけています
http://www.valley.ne.jp/~sat001/kajitu.html
実際には、袋をかけても、1割程度はカビにやられますが、
今までのように全滅はなくなりましたよ

袋のサイズは、12~15cm程度が良いと思います。
たいていの袋には、対象果実が記載されているので、
桃と書いてない場合は、りんごか梨ようのを購入してください

※ 我が家では、本格的な梅雨に入る前(今年は先週末)に袋をかけています。

※ 桃の木の下の土に藁などを引いて、雨で土壌の菌が四散しないようにするのも効果あります

※ 桃は古い枝には実(花)をつけないので、ある程度大きくなったら、
  秋に思い切った剪定をすると良いかも・・・我が家は枝の選び方が下手で、今年はあまり実をつけなかったです

私から、アドバイスできるのはこのくらいかな?
他の方のアドバイスも参考に、自分にあった方法を見つけてください、
では

まずは、ここを読んで殺虫剤以外の駆除方法を知ってください
http://www.kingdom.or.jp/nanchie/html/02/01_08.html

我が家の庭にも桃があり、無農薬でがんばっています
我が家が使用するのは
(1) 唐辛子をベースにした薬(唐辛子も庭で栽培しました)
(2) 木作酢とHB101の混合液
HB101は万能無農薬です、詳しくは↓
http://www.earth-design.jp/~flora-hb101/default.php

我が家での実際の対策(その年のアブラムシ発生量で多少頻度は異なります)
春から夏にかけて(1)を月一くらい散布します
...続きを読む

Qパンジー、ビオラの切り戻しについて

こんばんわ。毎年、パンジーとビオラを寄せ植えしているのですが、日が経つにつれて丈が伸びて、風が吹くと吹いた方向に倒れてしまいます。
あるガーデニングの本には今の時期に切り戻しをするといいと書いてあったのですが、試したことがなく勇気がありません。切り戻しは可能でしょうか?またどのくらい切り戻しをすればいいでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

切り戻しは、可能ですよ。本などには、思いきって、全体の三分の一ほどに切り戻す。とあります。私も先日、しました。が、感覚的には、いつ、というより、徒長してきた部分を気がつけば、カットする。と言う感じです。必ず下から、新芽が出てきているのを確認しながら、形を見て根元から切ってもいいし、節の小さな芽の出てきているところでカットします。その後、液肥を、たっぷり。まだまだ、新芽も出て、来ますから大丈夫ですが、早くしないとそろそろ、ヤバイかな?という気もします。気温が高くなってくると、生育が鈍りますし、病気も発生しやすくなります。(カットしたほうが病気には、なりにくいようです。)上手くすれば、夏越えも出きるようですよ。
http://www.mg-japan.com/flowerP.htm
 あまり、神経質にならず、ざっくり、カットして大丈夫です。やりすぎたかな?と思っても、次の日には、こんもりしてきて、良い感じになり、10日目ぐらいから2週間でまた、花がつき始めます。
 4月に入ったら、はながらつみのときに、気になる部分をカットするという感じの手入れをお勧めします。長い間、よい形で、楽しませてくれますよ。

切り戻しは、可能ですよ。本などには、思いきって、全体の三分の一ほどに切り戻す。とあります。私も先日、しました。が、感覚的には、いつ、というより、徒長してきた部分を気がつけば、カットする。と言う感じです。必ず下から、新芽が出てきているのを確認しながら、形を見て根元から切ってもいいし、節の小さな芽の出てきているところでカットします。その後、液肥を、たっぷり。まだまだ、新芽も出て、来ますから大丈夫ですが、早くしないとそろそろ、ヤバイかな?という気もします。気温が高くなってくると...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報