最新閲覧日:

狛犬の「こま」が「高句麗」を意味する古語だという話を聞きました。
百済(くだら)は朝鮮古語で「大村」
新羅(しらぎ)は本来の発音「しら」に城を意味する「き」
を付したものだと聞いたことがあります。
では高句麗を「こま」というのはどういった意味から来ているのでしょうか?
ご存じの方ご回答お願いします。

A 回答 (3件)

 ある説によると、コマはクマから来ているようです。


 古朝鮮の始祖神話に「解慕漱(カミソ)」という男神、「シ歳貊(コマ)女」(熊の字を書くこともある)という女神が登場します。(シ歳は、これで一文字です。変換できない字です。偏:さんずい、旁:歳)
 金思燁は、「トンカラリン語義考」で、「カミソ→クマソ→熊襲」の説を出しています。
 そこで、熊本のことを肥の国といいますが、これは、やはり、クマとコマの音が類似しているからではないでしょうか。
 半島から渡って来た人たちは、自分たちのつくった国、自分達自身を他と区別するため、始祖神話にちなむ「クマ」あるいは「コマ」を名乗ったのではないでしょうか。
 なお、朴炳植によると、新羅は、正しくは「シンラ」、現代韓国語で読むと「シルラ」です。「シラギ」というと「新羅の奴ら」という悪い意味になるのだそうです。長らく「シラギ」と読んできた背景には、当時の反新羅派・親百済派の影響があるのでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ekuboさんをはじめ、みなさん、回答ありがとうございました。
「カミソ→クマソ→熊襲」説は以前TVで見たことがあったのですが、
「コマ」につながるとは思いもしませんでした。
秦(はた)氏のように大和王朝の職能と関連があるのかも、
とも思っていたのですが、古朝鮮の始祖神話からというのも
興味深い説ですね。

お礼日時:2001/02/15 21:59

 ご質問の、何故高句麗を「こま」と言うかといいますと、高句麗から日本に渡来した氏族が名乗ったのが高麗氏(こま)、巨万とも狛とも書いたそうですが、8世紀には関東近辺の高麗人、1799人を武蔵国に移して高麗郡をおいた(以上、日本史広辞典による)と言う事などから、私見ですが高句麗から来た高麗人で高句麗=高麗となったのではないでしょうか?辞典では「高句麗(こうくり)」の項に高麗、狛とも書き、「こま」ともよぶ。

とはありますが、何故とは書いてありません。
    • good
    • 1

世界大百科事典(平凡社)の記述によると、こまいぬは犬ではないようです。

ただ、それを見た日本人が「こんな犬は日本にはいない。外国の犬だ。」と考えたよで、異国の犬=高麗の犬(どうして異国が高麗なのかはちょっと分かりませんが)ということで「こまいぬ」と呼んだようです。詳しくは世界大百科事典の「狛犬」の項目をご覧ください。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ