アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

家の庭に高さ2mぐらいのヒメシャラを植える予定です。
庭は家の南側にあり朝から夕方までよく日が当たります。
この庭には当初アスファルトをひくつもりだったので、厚さ30cmぐらい砂利が入っています。ヒメシャラを植えるところに直径1m深さ50cmほどの穴を掘り(砂利をどけて)、土を入れようと考えています。
知人が言うには木の根に砂利がふれていると、夏場は砂利が熱を持つため枯れてしまうかもしれないということでした。
そこで質問ですが、木の根が砂利にふれていると熱で木が枯れるようなことがあるのでしょうか?
また、直径1mほど土にすれば、根が砂利にふれることはないのでしょうか?
ちなみに、砂利の下は粘土質の土です。
また、居住地は北海道の南部(函館)です。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

木の根が地表をはうタイプで有ればともかく、自ら水を求めて地下深くに根を伸ばすのが普通の木の特徴でしょう。


ご心配の様な事が問題であるとすれば、街路樹はほとんど育たないと思います。
道路は砂利などを敷き詰めて圧縮し、その上にアスファルトで舗装されています。
その様な状態の中に植えられても、根はアスファルトやその下の砂利にも影響受けることなく頑張って育っています。
万一、その下の粘土質に根を伸ばす事が出来なくても、直径1メートルで深さ50センチの鉢植えと考えても十分に育つ条件は整っています。
しっかり根が張るまで定期的な灌水と、適度な肥料を与えれば、たとえ根が砂利部分を嫌ってのびなくても大丈夫です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確かにおっしゃるとおりですね。
念のため大きめ(深め)に穴を掘って土を入れたいと思います。

お礼日時:2008/04/18 16:12

 芳しくありませんね。

 理由は三つです。
1.ヒメシャラもツバキと同様根っこは大変荒く土壌が悪いと成長が衰え最悪枯死しますよ。 さらに根は差ほど深く伸長しません。 
 直根から何本か側根を伸ばしてさらに細根を出していきますがその数は少なく大変あらいのでしっかりと根巻をして水極での植え付けは絶対です。 
 さらに土壌は水はけ水持ちの良いことです。 今回のように粘土質では生育に影響がでます。 根っこには水も必要ですが新鮮な空気も必要なんですよ。 粘土質では空気が入り込みにくいです。
 回りに砂利層(30センチ)が敷き詰めてある以前にしっかりとした土壌改良が必要です。 半径1mx深さ50センチですね。

2.ヒメシャラはシャラの木に比べて耐寒性がありません。 御地では露地植えでの越冬は?ではありませんか。 シャラの木で再検討したほうがよろしいのでは?。

3.ヒメシャラを含めツバキ科の植物にはあまり日当たり直射はよくありません。 出来るだけ自生地の環境に近い状態で育てるのが栽培の基本です。(高木類の下、若干薄暗いところに自生しています。木漏れ日があれば最高。) 半日陰がベストです。植えつける場所を再考してください。
 こちらは宮城ですがわたしの場合は冬積雪したあとの雪解けの進み具合から普段の日照量を判断して日陰、半日陰、日当たりを最初から線引きしてそれぞれに植える植物を決定しています。 どこに植えるかというポイント選びが一番悩みどころです。
  

 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
我が家の周りでもヒメシャラを路地植えしているので大丈夫かなとは思いますが、シャラの木も候補に挙がっていますので検討してみます。
ネットでの購入を考えていましたが、周辺の植木屋さんを回って耐寒性や水はけなど相談してみます。
いろいろ教えていただきありがとうございました。

お礼日時:2008/04/18 16:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q玄関前にヒメシャラを植えて大丈夫でしょうか?

今日から庭のフェンス、砂利敷き、植込みなどの工事が始まりました。
庭の土の15cmほどの除去と、前面のコンクリートのはつりまで終わりました。
玄関前のポーチは2m×1m、さらに引き戸の幅分だけ50cmほど建物内に入り込んでいます。
両脇に階段があります。ポーチと車道の側溝との間が80cmほどあり、ポーチは
側溝より60cmほど高くなっています。ポーチと側溝との間はコンクリートでしたが
(今日はつりました)ポーチで足を取られて転んだりしたとき、道路に投げ出される危険を
避けたいので、そこに低木を植えて欲しいと頼みました。
(本当は手すりか何か付けて危険を回避したいと思っていたのですが・・・)
今日、見積もりに「ヒメシャラ2本」とあるけど、どこに植えるのか聞いたところ、
上記の私が頼んだ場所(2m×80cm)に植えて根元にはさつきを植えるとの回答でした。
枝が広がってしまうのではないかと尋ねたら、剪定が必要だと言われました。
それ以上質問したら、又その時に考えようとうやむやになってしまいました。
そこで質問ですが、玄関前の2m×80cmにヒメシャラ2本を植えても問題ないでしょうか?
ポーチや道路の方にはみだして、後々面倒なことにならないでしょうか?
それほど広がる心配はないものでしょうか?
ヒメシャラは見積りを見てネットで確認したくらいで現物を見たことがありません。
もし、このヒメシャラを植える場所を庭に変更した場合、庭は日当りが良いので、
ネットで調べたところ「ヒメシャラは日当りの良い場所には向かない」とあったので
それも心配です。
よろしくお願いします。

今日から庭のフェンス、砂利敷き、植込みなどの工事が始まりました。
庭の土の15cmほどの除去と、前面のコンクリートのはつりまで終わりました。
玄関前のポーチは2m×1m、さらに引き戸の幅分だけ50cmほど建物内に入り込んでいます。
両脇に階段があります。ポーチと車道の側溝との間が80cmほどあり、ポーチは
側溝より60cmほど高くなっています。ポーチと側溝との間はコンクリートでしたが
(今日はつりました)ポーチで足を取られて転んだりしたとき、道路に投げ出される危険を
避けたいので、そこに低...続きを読む

Aベストアンサー

我が家の入口の道路に面した境目に、ちょうどシャラノキ(娑羅の木)が植えてあります。もう10年以上植えてあり苗木の時は2mくらいだったと思いますが、現在3.5mくらいで成長は遅いですね。毎年綺麗な花が沢山咲いてくれます。風通しも良いのでチャドクガの幼虫も付いたこともありません。

ヒメシャラとシャラノキは同じ仲間で樹形も同様です。「1本の株立ち」か「複数の株立ち」かでも印象が変わりますね。幹はとても堅いですが成長は遅いです。
植えるのが2本ですと実際の成長はかなり遅いと思います。従って剪定や横に広がることはほとんど心配いらないと思いますので問題ありません。東向きの玄関のシンボルツリーとしても多く使われます。

ヒメシャラを日当たりの良すぎる(特に西日)場所に植えた場合は枯れる心配はありますが、2~3年して完全に根付けば大丈夫だと思います。来年の夏一杯までを無事過ごせればといった感じでしょうね。
http://log.engeisoudan.com/lng/200909/09090075.html
日当たりが良すぎる弊害は水遣り不足と、真夏の強い日差しによる枯れの心配、西日が当たることで葉が茂らない・成長不良・花付きが悪くなりやすくなることです。
★対策は遮光(特に真夏の時期)や、根元に他の植物を植えたり、他の樹木を南西側に植えるなどして午後の日差しを強く当てないようにした方が元気よく育つと思います。あとは通常1年間の枯れ保証などが付いています。

>道路に投げ出される危険を 避けたい・・・
 →これはあまり役に立ちそうもない感じですが。やっぱり手すりには敵いません。

ヒメシャラ(姫沙羅) ツバキ科ナツツバキ属
http://blog-imgs-18.fc2.com/d/a/i/daiwahouse/20060508garden.jpg
http://atelier-n.tea-nifty.com/blog/2008/06/post_986d.html
(※リンクしない場合はそっくりコピーして貼り付け)

◆ヒメシャラ(姫沙羅)の管理
http://ruri.1remon.com/entry1.html
http://gbiz.saloon.jp/kaidan/life622.html
参考:シャラノキ(娑羅の木) 別名:ナツツバキ
http://www.takamiya.com/garden/plant/shara2004.html

ヒメシャラはgentamoriさんがご自分で選んだのでしょうか?、シャラノキの方はもっと強いですけどね。庭なら他にサルスベリも幹がツルッとして綺麗です。

●庭植えツリーなら少し前に私が回答したものがあります。質問内容が異なりますからお勧め度も多少変わってきますが、調べて分かりにくければお勧めには変わりありませんから以下参考にしてみて下さい。
http://okwave.jp/qa/q6608439.html

我が家の入口の道路に面した境目に、ちょうどシャラノキ(娑羅の木)が植えてあります。もう10年以上植えてあり苗木の時は2mくらいだったと思いますが、現在3.5mくらいで成長は遅いですね。毎年綺麗な花が沢山咲いてくれます。風通しも良いのでチャドクガの幼虫も付いたこともありません。

ヒメシャラとシャラノキは同じ仲間で樹形も同様です。「1本の株立ち」か「複数の株立ち」かでも印象が変わりますね。幹はとても堅いですが成長は遅いです。
植えるのが2本ですと実際の成長はかなり遅いと思います...続きを読む

Q樹木の下草には何がオススメですか?

はじめて庭に花壇をつくり,2メートルの高さのヒメシャラ(株立ち)を植えます。これまでガーデニングは全くの無知のため,下草にどんなものがよいのか迷ってしまいました。建物は洋風で,植える場所は日当たりは抜群とは言い難く,明るい半日陰という感じです。ヒメシャラをさらに素敵にみせる下草のおすすめはありますか?お願いします。

Aベストアンサー

ヒメシャラを枯らさずに育てる秘訣は、根元に西日が当たらないことと、水遣りをこまめにするということにつきます。
明るい半日陰は植えるにはいい場所かも知れません。
ただ、西日が当たる場合は、根元に何か植えて日をさえぎるようにしないといけません。
地面を這うような草花だと、日をさえぎることはできず、2,3年のうちに枯らしてしまうことになります。
植木の本なんかには、サツキのような常緑低木を植えた方がいいと書いてあります。
サツキだときれいな花も咲くし、おすすめですが、昨今、低木として人気が高いのは、オタフクナンテンです。
これは花は楽しめませんが、葉は赤くてきれいです。
こういった低木を植えられたほうが、ヒメシャラにはいいと思います。
何しろヒメシャラは、プロの庭師でも扱いが難しいしろものですから・・・。

Qヒメシャラが上半分枯れました

高さ3メーター位のヒメシャラですが、昨年の夏に水やり不足か何かでが上半分の葉が枯れたようでした。今若葉が生え始めましたがメインの幹の上半分からは葉が生えていません。処置はどうすればいいでしょうか?枯れた部分を切り取るなどして、元の姿に近い姿に戻るようにできませんか。

Aベストアンサー

ヒメシャラということですが、株立ちでしょうか。
枯れた部分は切るしかありません。
樹形は元のようにはならないと思いますが、
仕方ありません。

ヒメシャラの株立ちは、枝先が枯れやすいです。
幹が細いので、水を吸い上げる力が弱いのです。
夏場はそれを考慮した水遣りが必要です。

Q玄関前アプローチにお勧めの木は?

近々、外構工事をすることになりました。
玄関前のアプローチに植える木で迷っています。
植える予定の場所は大変日当たりが良く周りに障害物も無くほぼ一日中日が当たります。
業者の方の提案ではヒメシャラなのですが、ヒメシャラは半日陰が良いのですよね?
そこでお勧めの木を教えて下さい。

希望としては
○手入れが簡単(初心者です)
○アプローチ沿いに3本植えるので通路が邪魔にならないよう横に広がらず縦に伸びる木が良い。
○日差し・暑さに強い(こちらは南九州です)
○目隠しとしての用途は必要なし(あくまで雰囲気を出すためです)
○家はシンプルな箱型の家(外構もシンプル)

ヒメシャラが日差しの良すぎる所でも大丈夫ならそのまま植えたいのですがどうでしょうか?

以上、アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

木の美しさでは、ヒメシャラにかなうものはありません。
幹肌が赤っぽくつるつるしているので、とても目立ちます。
山に自生している姿を見ても、原生林の中でひときわ目を引きます。
ただ、この木は育てにくいことでも知られています。
洋風の新築住宅の玄関脇によく植えられますが、大抵2~3年のうちに枯らしてしまっています。
ヒメシャラがよく植えられるようになってきたのは、割と最近のことです。もともと庭木には不向きな木なのです。
ブナ林の、草木が生い茂った場所に自生していますので、夏の乾燥や強い日差しには特に弱いです。
シンボルツリーとして植える場合は、こまめに水遣りをしないと枯らしてしまいます。
また、西日が根元に当たる場所であれば、根元のぐるりをサツキやオタフクナンテンなどの低木の寄せ植えで囲んで、根元が常に陰になるよう工夫してください。

他の方が書かれている、シャラ(ナツツバキ)も乾燥には弱いです。
ヒメシャラと同じく、水を切らすと枯らしてしまいます。(シャラのほうが若干丈夫ですが・・・。)

もし、ヒメシャラを植えるのであれば、1.水をたっぷりとこまめに与える。2.根元に陰をつくる。 ことが必要不可欠です。
ヒメシャラに似た感じの木ということですと、エゴノキなんかいかがでしょう。
丈夫ですし、樹形もいいです。
樹皮も赤褐色で、似ているといえば似ています。

参考URL:http://homepage3.nifty.com/b-bridge/sub109-4.htm

木の美しさでは、ヒメシャラにかなうものはありません。
幹肌が赤っぽくつるつるしているので、とても目立ちます。
山に自生している姿を見ても、原生林の中でひときわ目を引きます。
ただ、この木は育てにくいことでも知られています。
洋風の新築住宅の玄関脇によく植えられますが、大抵2~3年のうちに枯らしてしまっています。
ヒメシャラがよく植えられるようになってきたのは、割と最近のことです。もともと庭木には不向きな木なのです。
ブナ林の、草木が生い茂った場所に自生していますので、夏の...続きを読む

Q大きくなりすぎたヒメシャラ

4本株立ちのヒメシャラがありますが、最も大きいものは6m程になっています。主木のクロガネモチ(7m)との間隔が2m程度しかないため、かなり混み合っています。他の3本は4m程度で剪定も可能なためそのままにしようと思いますが、6mのものはどうにもならないので残念ですが切ることにしました。4mの三脚があるので上部から数回に分けて切断していこうと思いますが、切り株や根は残しても問題ないでしょうか?(下木にアセビ・下草もあるので見栄えは大丈夫です)アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 大変勿体無いお話ですね。 管理上の問題で伐採止む無しということでしょうか?。
出来れば秋後半にクロガネモチとヒメシャラを強く剪定することで回避できそうな気がします。 中々お宅様程度に大きくなったヒメシャラはありませんので、再考願えればよろしいのですが・・・。

 さて本題ですが
伐採については次のようになります。 高所作業になりますので大変危険を伴います。転落が一番怖いですので服装に十分留意して作業にかかってください。(シラカシ10m。トウカエデ7m伐採経験あり。)
<伐採の手順>
1.まづ三脚が安定して設置出来るような地盤が確保されていること。
  そうでない場合は整地をする。
2.作業区域(下側)に作業上、不安定要素(例えば潅木や低木がある。)を撤去します。
  ------以上の事前作業は三脚を使っての作業を行う上で非常に大事です。
   三脚や脚立作業で重大災害を起こした事例を多く目撃しています。 
3.アルミ棒(物干し竿)にのこぎりを結んで、先に高いところの枝おろしを時間をかけてやる。(出来るだけ三脚を使わないようにします。)

4.No.3だけでも大変な作業で疲れますので、ある程度やったら伐採したものを
  片付けるなどの軽作業に切り替えましょう。 同じ作業を長くやると体に支障を
  きたします。
5.幹だけになりましたら三脚を乗せて、ロープで外れないようにしばり、上部より
  ノコギリで切断します。 切るときは自分の方向へ幹が倒れる危険性が大です。
   これが要注意事項です。 また風の吹いている日は伐採作業は厳禁です。

 ----以上が作業手順になります。

>切り株や根は残しても問題ないでしょうか?
  残すしか方法がありません。 樹高6mの根を全て処分するには樹幹を全て機械堀
りとなります。 人力では専門家以外不可能です。

 大変勿体無いお話ですね。 管理上の問題で伐採止む無しということでしょうか?。
出来れば秋後半にクロガネモチとヒメシャラを強く剪定することで回避できそうな気がします。 中々お宅様程度に大きくなったヒメシャラはありませんので、再考願えればよろしいのですが・・・。

 さて本題ですが
伐採については次のようになります。 高所作業になりますので大変危険を伴います。転落が一番怖いですので服装に十分留意して作業にかかってください。(シラカシ10m。トウカエデ7m伐採経験あり。)
<...続きを読む

Qヒメシャラの植え替え時期

はじめまして、ikuと申します。
ヒメシャラ(地植え)の植え替えを行いたいのですが、時期がわかりません。
初心者です。よろしくお願いします

Aベストアンサー

ここを見ると、3月頃が移植に良いみたいですよ。
今は、どの樹でも暑すぎるので、難しいようです。
http://homepage3.nifty.com/wako3/kaboku/himesyara/himesyara.htm

【ヒメシャラの管理】
http://botany.cool.ne.jp/wwwlng.cgi?print+200502/05020027.txt

Qヒメシャラを植えたいのですが

庭にシンボルツリーとして、ヒメシャラを植えようかと思っています。
そこで心配なのが、住まいが札幌のため寒さに耐えられるのだろうかと言う点です。
もし可能ならば、越冬の注意点は何か有るのでしょうか。

Aベストアンサー

同じ所に住んでいます。
越冬できました。他のお宅でも見かけます。大丈夫ですよ。

Q庭木を植える土について

庭に木を植えようと画策して、庭を掘ってみたのですが、
表面の10cm以下の深さのところは、粘土質の土で
石ころもガンガン出てきます。
このまま木を植えても、土の量が足りずに、盛り土に
できません。
このような場合は、赤玉土や鹿沼土などを補充すれば
良いのでしょうか?
ホームセンターに行っても、ただの土が売っていないので
迷ってしまいます。
詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

植栽する樹木によってまったく違いますよ。
つまり植物はその最大樹高と比例するように根っこの部分もその深さと広さが要求されます。
極端な言い方をすれば
「黒松」が地上部の占有体積が最大で直径15mの球体になると仮定すれば根っこの部分(地下部)その三分の一は必要です。(楕円状)
 一方「南天」は高さが2mx1m程度ですから地下は。0.7x0.3 。
 つまり根の深さは30センチ程度で済みます。 それ以下は砂利層であろうと粘性であろうとさほど通常の生育活動には問題ありません。
 このように植物は上の住み分け、地下の住み分けをして限られた土の
使用配分を行っています。
 この理屈分かりますよね。 ので最初に何を植えるのと聞いたわけです。
 単純に購入した庭木の根を包んでいる根鉢の三倍云々という単純な発想でやってしまうと何年後かにかれたんです。 ということになります。
 また購入する土ではなく現在の土をやわらかくするために相応の完熟した腐葉土や堆肥(バーク)を石ころを取り除いてから十分な深さ」・広さの穴に入れてから混ぜながら植床を作ってなおかつ堀りあげた土に同じように混ぜて埋め戻すというのが一連の植栽の過程です。
 さらに庭木によっては水鉢を作って水極が必要なものや逆に一切の水を必要としない土極もありますので注意が必要です。
 一般的には広葉樹は水極、針葉樹は土極と言われていますが絶対ではありません。 植栽する地域の特性やその時期、根鉢の状態、植物の現在の状態などいろいろと判断する材料があります。
 植えてから枯らす場合の大半はこの植え込みの段階での判断ミスが90%、以後の管理ミスが10%です。
 本職が枯らしてしまう場合も同じです。 ですから枯保障しますなどという戯言を彼らは言うのです。 最初から分かっているのです。
 
>ただの土が売っていないので迷ってしまいます。
  一般の土は普通地元の山を切り崩して発生させる山砂系(あるいはまさ土)は建材店にあります。
 大きいところは自社で土取場を持っています。 そういうところから
購入するか造園やさんからですね。

植栽する樹木によってまったく違いますよ。
つまり植物はその最大樹高と比例するように根っこの部分もその深さと広さが要求されます。
極端な言い方をすれば
「黒松」が地上部の占有体積が最大で直径15mの球体になると仮定すれば根っこの部分(地下部)その三分の一は必要です。(楕円状)
 一方「南天」は高さが2mx1m程度ですから地下は。0.7x0.3 。
 つまり根の深さは30センチ程度で済みます。 それ以下は砂利層であろうと粘性であろうとさほど通常の生育活動には問題ありません。
 このよ...続きを読む

Qシャラノキについて教えてください。

昨日、植木センターでシャラノキを買って昨日のうちに植えました。(写真)

ヒメシャラのつもりで買ったのですが、家でヒメシャラじゃなくてシャラノキだったと分かりました。名札が付いているのにちゃんと確認しなかった私がいけないのですが、その木が元気そうだったし安かったし(2800円)、なんとなく私に買ってもらいたがっているようなので衝動買いをしてしまった訳です。

ですので、返品するつもりはなく、ヒメシャラじゃなくてもシャラノキで良いのですが、樹木に説明のラベルが写真とともに付いていて、「日当たりが良く乾燥しない場所がよい」と書かれていました。

私は南側の庭に植えたのですが、ネットで調べてみると半日陰ぐらいの場所が良いような感じです。ヒメシャラは玄関先などに植えられているので何となく半日陰のイメージは分かるのですが、シャラノキは日当たりが良い方がいいのか半日陰の方がいいのか分かりません。

夏の水は芝生に水やりをするので大丈夫ですが、日当たりが良いので少し心配です。

すでに植えてしまったので少し悩んでおりますが、そんな感じで日当たりに関しては大丈夫なんでしょうか?大丈夫じゃないと植え替えをしようと思っています。

よろしくお願い致します。

昨日、植木センターでシャラノキを買って昨日のうちに植えました。(写真)

ヒメシャラのつもりで買ったのですが、家でヒメシャラじゃなくてシャラノキだったと分かりました。名札が付いているのにちゃんと確認しなかった私がいけないのですが、その木が元気そうだったし安かったし(2800円)、なんとなく私に買ってもらいたがっているようなので衝動買いをしてしまった訳です。

ですので、返品するつもりはなく、ヒメシャラじゃなくてもシャラノキで良いのですが、樹木に説明のラベルが写真とともに付いていて...続きを読む

Aベストアンサー

シャラノキもヒメシャラもツバキの落葉高木ですが、ナツツバキの事を
一般的にはシャラノキと呼んでいます。
ヒメシャラはシャラノキより花も枝葉も小さいのが違いで、一般的には
双方とも同じように管理をします。
名前が違っても同じ種類ですから、管理は同じように行います。

あなたは名前が違った事で悩まれていますが、あなたは大きな間違いを
されていますね。名前が間違っていた事は、大した事ではありません。
その大きな間違いの一つは、購入して直ぐに植付けられた事です。
どんな樹木にも植付け時期はあります。基本的には12~3月上旬頃が
植付け時期ですが、厳寒期に植付けると根が痛みやすいので、厳寒期を
除いた時期に植付けをするようにします。ここで言う厳寒期とは、12
月末から2月上旬頃までを言います。つまり現在は厳寒期の真っただ中
ですから、このような時期は極力避けるのが基本です。本職の植木屋も
厳寒期は出来るだけ避けるようにしています。知識や経験が豊富な本職
でも、厳寒期の移植は避けますから、素人の方が簡単に植付けられると
は思えません。

画像を拝見しましたが、植付けた場所は年間を通して日当たりが良く、
風通しも非常に優れている場所のようですね。どうしてココを選ばれた
のでしょうか。ナツツバキ(シャラノキもヒメシャラも同じ)は水はけ
が良い場所を好みますが、多少は湿気がある場所の方を好みます。
表面に黒い物が見えますが、これはマルチングとしてバーク堆肥などを
置かれたのだと思います。水はけが良く水持ちが良くするには、掘土に
バーク堆肥を混ぜて土壌改良をする必要があります。穴を掘って移植を
する前に、掘り上げた土にバーク堆肥を混ぜられたでしょうか。

画像を見ると苗の地際が地面と同じ高さに植えてありますが、基本的に
は高植えにするようにします。高植えとは地面に盛土をして植付ける事
を言います。高植えにする事で、通常よりは水はけが良くなります。

この樹木にはナツと言う言葉が使われていますが、名前の由来は夏場に
開花すると言うのが有力です。夏に開花するから夏に強いだろうと思う
でしょうが、夏と言う言葉が付けられているにも関わらず、夏場の直射
日光は好きではありません。夏場でも多少は日陰になるような場所を好
みます。夏場は根元に直射日光が当たらないように敷き藁等を敷いて、
直射日光と乾燥から守る工夫が必要です。

植付け時に元肥えは施されたでしょうか。元肥えは掘り穴の一番下に入
れて、被せ土をしてから苗を植付けます。もし被せ土をしないで植付け
ると根が痛んで枯れてしまいます。

植付けてしまったのは仕方がありません。再び植替えをするのは根を痛
める事になりますので、水切れをさせないようにして春まで様子を見る
しかありません。
それと萌力は強くありませんので、剪定は強くしないようにします。
時期としては1~2月の間です。切り口には融合剤を塗ります。
施肥は2月の寒肥えと、8月下旬の追肥の年2回だけです。

シャラノキもヒメシャラもツバキの落葉高木ですが、ナツツバキの事を
一般的にはシャラノキと呼んでいます。
ヒメシャラはシャラノキより花も枝葉も小さいのが違いで、一般的には
双方とも同じように管理をします。
名前が違っても同じ種類ですから、管理は同じように行います。

あなたは名前が違った事で悩まれていますが、あなたは大きな間違いを
されていますね。名前が間違っていた事は、大した事ではありません。
その大きな間違いの一つは、購入して直ぐに植付けられた事です。
どんな樹木にも植付け時期は...続きを読む

Qシャラの木が元気ありません。

庭のシャラの木が夏頃から元気ありません。

建売住宅購入と同時に付いて来た物で、今年の春に業者が植えたものです。庭木ということで最初は何も水遣りしていませんでしたが、南側の葉っぱのふちが茶色になり始めたことと、ネットで、庭木でもしっかり根付くまでは水遣り必要と書いてあったことから、7月終わり頃より週に1回、30秒位シャワー出しっ放しで水をあげています。

しかし状況は悪くなる一方で、最初は南側だけだった葉の茶色化も、今は木全体になってしまっています。根本には低木が生い茂っているため、根本の乾燥はないのですが、今後どのように対処したら良いでしょうか? 写真は右側が南側となります。

Aベストアンサー

水不足の症状と思われます。
ナツツバキは根の張りが浅く、植えつけ初年は降雨にまかせず水やりをしないとちゃんと成長しません。そして写真にあるように葉っぱの周りから焼けたような枯れ込みが始まります。
枝葉の展開は6月ごろには終わり、今は落葉の準備の時期になりますので、いまから手を打つことはありません。残念ながらこのまま早めの落葉を迎えることになります。

実は私ごとですが、自分の家を建てたときナツツバキをシンボルツリーに植えました。やはり同じ春でしたが、全く同じ症状になりました。私も水やりをせず自然に任せていたのでした。しかし、翌年春からは見事に復活し、初夏に清楚な花を咲かせました。根が張って安定すれば元気に育つのです。
質問者様も今年は仕方ないですが、来年にはきっと元気になってくれるものと信じて春を待ちましょう。ちなみにナツツバキは「幹物」といって、冬の落葉時期には美しい幹肌を観賞するのも楽しみの一つですよ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報