はじめて自作に挑戦しています。

で、SOYOのベアボーンが安かったので、買ったんですが、その他のパーツを揃えて組み立てても、起動しません。

ビープ音が鳴っていて、マニュアル見ると、メモリが認識されていないらしいです。

対処法として、
【1】メモリがしっかり刺さっているか確認する
【2】DIMMでは使用するバンクを確認してください。
がホームページの方のFAQにありました。

【1】は何度も確認しましたが、ダメでした。3つあるスロットの全てで試してみましたがこれもダメ。

メモリの方は購入したお店に行って、確認してもらいましたが、不具合はありませんでした。

残るは【2】なんですが、これの意味がわかんないので、教えて下さい。何方か判る方よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

マザーボードで設定したFSBと、購入したDIMM(SD-RAM)の仕様は


あっているでしょうか?
FSB100MHzでPC66(66MHzです)を使おうとしても、ほぼ確実に動きません。
また、非常にまれにFSB66MHzのマザーボードでPC100(100MHz)を刺して
認識しない物があります。(経験あり)

もしBIOSの設定画面を呼び出せる所まできているのでしたら、
設定によって強制的に認識させる事ができるかもしれません。
SPD(とか言いましたか?DIMMが自分の仕様をマザーボードに教える機能です)を
無視する設定にしておいて、アクセスタイミングを自分で設定します。

まずはこのあたりかと。。。
すいませんが「非緩衝」は聞いたことがありません。
(「ECCでは無い」の誤訳のような気もしますが。。。)

DIMMの場合、バンクは一本のDIMMが一バンクになります。
マニュアルでチェック項目としてあがっていると言うことは、
一本だけ刺す時は、どこに刺すか指定してあるはずです。
(今回は、すべて試したという事ですので、問題解決にはなりませんが)

asucaさんの言われているのは、たぶんx86プロセッサーの
バンク切り替えの話で、ご質問とは関係ないかと思います。

shigatsuさんの言われているのも、3年ほど前までのDOS/V機が
SIMM全盛だった頃の話で、cpuが一度に64bitのデータを読み込むのに対して
SIMMが32bitだったので、2枚一組にしなければならなかった頃の話です。
DIMMでは(今売っているDOS/V機では)関係ありません。

ところで、本当にメモリーの問題なのでしょうか?
ここまでやってだめですと、何か違う可能性もあるような気がします。
(ディップスイッチの設定とか、電源とか。。。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

tatimiさん、ご回答ありがとうございます。

マザーボードのFSBはCPUにあわせて自動で設定されるようになっていました。手動で強制的に変更することもできるので、FSBを66にしたり、100にしたりしましたが、効果ありませんでした。

あ、ちなみに、メモリはPC133 CL3で、CPUはセレロン667です。

本当にメモリの問題なのかは、私も判断が付きかねていますが、SOYOのマザーはメモリを認識しない場合、特別なビープ音が出るようになっていて、私の場合、まさに、それが鳴ってます(泣)。

マザーのメモリスロットの不調ということも考えられますよね。

電源の不良でもこういうことが起こることがあるんでしょうか。でも、CPUfanもケースのfanもハードディスクも元気よく回ってるんですが・・・。

ともかく、どうもありがとうございました。
せっかく買ったマザーですが、買い換えも検討することにします。

お礼日時:2001/02/14 09:24

バンクとは、限られたアドレス空間で大量のメモリを扱うための技法の1つです。


物理的なメモリをいくつかのバンクに分割して管理し,アドレス空間に設けた一領域に必要なバンクを1つだけ割り当てて利用します。
別のバンクにアクセスするときは,その度にバンクを切り替える必要があり、バンクの切り替えはI/O命令などでハードウェアに指示します.

紺の関係でメモリを差す位置や順番が必要な場合があります。
SOYOのホームページのQ&Aを参考にしてみて下さい。

参考URL:http://www.soyo.co.jp/q-a/faqsj.htm#memory

この回答への補足

うーん、解ったような解らないような。難しいです。

そもそも、「アドレス空間」というのが解らないので・・・。もう少し勉強してみます。

で、それはそれとして、問題は、マザーボードで、メモリを認識してくれないと言うことなのですが、参考URLもここに質問する前に一通り目を通していたのですが、書いてあることがちんぷんかんぷんです。

特に、私に関係があるところは
>なぜ私の DIMMモジュールは問題が発生するのでしょうか
>?
>あなたの DIMMモジュールは 3,3ボルト 非緩衝DIMM-モジ
>ュールをお使いになっていますか。
の点ですが、3.3ボルトはともかくとしても、非緩衝DIMMっていうのははじめて聞いた言葉です。

ご面倒ですが、この点についてもう一度ご教授していただけないでしょうか。

補足日時:2001/02/13 21:04
    • good
    • 0

バンクってスロットのことでしょう。


例えば4本あれば2本つづ1バンクとなっていると思います、どの2本が1バンクなのかはわかりません。隣どうしか、1本おきか。

同じバンクに同じスペックのメモリを挿すとインターリーブというアクセス方法が可能になって、多少速くアクセスできるようになるんですが、Macでは聞きますがWindowsでは聞いたことないですね。有るんでしょうか?

まさか無いと思いますが、そのマザーで対応していないメモリってことはないですか?

参考URL:http://www.ascii.co.jp/ghelp/58/005839.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

私も、Windowsでは、スロットの1番から順に刺していった方がいいということくらいが注意する点だと思っていたので、まさか、バンクが問題になるなんて思ってもみませんでした。

「バンクを確認して下さい」って、確認してどうしろというのでしょうか。皆目見当がつきません。

SOYOに問い合わせてみようかと思ったんですが、サポートのアドレスも発見できませんでした。安かったので、買ったのですが、失敗だったようです。

マザーで対応しているメモリかという点ですが、SOYOのホームページのFAQでは、

「DIMMモジュールは 3,3ボルト 非緩衝 DIMM-モジュールをお使いになっていますか。」

となっています。3.3Vはクリアしてますが、非緩衝かと言われるとよく解りません。というか、非緩衝って何なんでしょう。はじめて聞きました。

メモリの相性って、結構あるもんなんでしょうか?

とにかく、どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/02/13 21:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマイコンのバンク切り替え

最近、マイコンのプログラミングをはじめたのですが、相手方の技術者が主張するバンク切り替え方法が腑に落ちないので、この投稿で質問します。
問題はバンク切替えの方法で、CPUは日立64180です。
メモリーの構成は次のようになっています。
  ┌──┐
  │  │主プログラム
  │  │のメモリー
  │  │
  └──┘
┌──┐┌──┐
│BANK││BANK│切替プログラム
│ 0 ││ 1 │のメモリー
│  ││  │
└──┘└──┘

この構成にを前にして、相手側技術者の主張は、次のようなものでした。
  BANK-0   BANK-1
┌────┐┌────┐
│ │  ││    │
│ │  ││    │切替プログラム
│切替命令││    │ のメモリー
│ └──┼┼─┐  │
│    ││ ↓  │
│    ││    │
└────┘└────┘
BANK-0のプログラムでBANK-1に切り替える命令を発行すると、直ちにBANK-1に切替わり、BANK-1の同じアドレスの次アドレスからプログラムが続行するというのです。
これだと、BANK-0,BANK-1の先頭番地からプログラムを実行させる方法が思いつきません。
私の考えは、主プログラム側で予め必要なバンクに切替えておき、切替えたバンクの先頭番地に制御を移せば済むと思うのですが、どうなのでしょう?
日立64180アーキテクチャに詳しくないので、反証すらできません。経験された方に確実な回答をお願いする次第です。

最近、マイコンのプログラミングをはじめたのですが、相手方の技術者が主張するバンク切り替え方法が腑に落ちないので、この投稿で質問します。
問題はバンク切替えの方法で、CPUは日立64180です。
メモリーの構成は次のようになっています。
  ┌──┐
  │  │主プログラム
  │  │のメモリー
  │  │
  └──┘
┌──┐┌──┐
│BANK││BANK│切替プログラム
│ 0 ││ 1 │のメモリー
│  ││  │
└──┘└──┘

この構成にを前にして、相手側技術者の主張は、次のようなものでした。
  BANK-0   ...続きを読む

Aベストアンサー

バンク切り替えの方法としてHD64180のMMUを使用しているものと仮定すると、HD64180R/Zのデータシートを読んだところでは、仕様上の問題はないようです。

データシートにはこうあります。

"7.8 MMU Register Access Timing"

"When data is written into CBAR, CBR, or BBR, the value will be effective from the cycle immediately following the I/O write cycle which updates these registers."

"Observe that the next cycle following MMU register programming will normally be an opcode fetch from the newly translated address."

ですので、「私が調べたデータシート」に記載の仕様の上では、相手側技術者の主張は正しいようです。

#注意:たまたま私が調べたデータシートでは上記のとおりでしたが、HD64180にはバリエーションチップがたくさんあり、そのすべてがMMUに関して同一仕様とは限りません。

仕様の上で制限されていないからといって、それを行うべきかどうかはまた別問題です。たまたまそのCPUが「私がデータシートを調べたのと同じCPU」であれば大丈夫ですが、プリフェッチを行うCPUだった場合にはそのようなプログラムの構造ですとちゃんと動きません。

そのような、仕様の細かいところまで確認しなければ動作に確証がもてないようなプログラムを作ることは、好まくないプログラミング手法と呼ばざるを得ません。どうしてもそれ以外の方法がないのであれば仕方がないですが(そういう場合も稀にあります)、他の「安全な方法」があるのにわざわざ危険を冒すのは〇〇(ここに書くと発言を削除されてしまうような不穏当な文言だと思ってください)のすることだと、個人的には思います。

バンク切り替えの方法としてHD64180のMMUを使用しているものと仮定すると、HD64180R/Zのデータシートを読んだところでは、仕様上の問題はないようです。

データシートにはこうあります。

"7.8 MMU Register Access Timing"

"When data is written into CBAR, CBR, or BBR, the value will be effective from the cycle immediately following the I/O write cycle which updates these registers."

"Observe that the next cycle following MMU register programming will normally be an opcode fetc...続きを読む

Qメモリチップの片面と両面

全く同じタイプで全く同じ容量、全く同じチップで出来てるメモリでも片面タイプと両面タイプがありますよね?
あれって何か他に違いがあるんでしょうか?店の人には「ただ片面にチップが乗ってるか両面に乗ってるかだけの違いですよ」って言われたんですけどそれなら別にどっちかの種類だけでも良いのでは?どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

片面、両面かなり違いがありますよ

例えば片面の256MBのメモリだとチップの数が
256ビット(32MB)×8となりますが
両面256MBのメモリの場合は128ビット(16MB)×16
となります。つまり同じ容量で片面と両面ではメモリに
搭載されているチップの数と容量が違うのです。
マザーボードによっては256ビット(32MB)のメモリは
認識されないとかありますので購入する際は
自分を使っているマザーボードの種類を確認してから
購入するとよいと思いますよ
(ちなみに440BX系のマザーボードでは
256ビットメモリは使えませんので
もし256MBのメモリを増設する際は両面の1チップ
128ビット(16MB)のメモリを選んで購入すると
よいかと)

参考URL:http://plaza13.mbn.or.jp/~uzuneko/bangai20010410.html

Qリファレンス電圧

「リファレンス電圧」とは、なんですか?

分かる方がいましたら、ご教授お願いします。

AD変換と関係があるのでしょうか?

初心者ゆえ、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ANo.1さんとANo.2さんとほとんど同じなのですが、AD変換器とは何かという観点で説明します。

実は、AD変換器というのは電圧を直接測定しているのではありません(!?)。
じゃあ、なぜ電圧が分かるのかというと、電圧のわかっている信号と、測定信号のどちらが大きいか比較しているからです。この「電圧のわかっている信号」というのがリファンス(基準)電圧です。

ただ、単純に比較するだけだと、基準電圧より大きいか小さいかしか分からないので、実際のAD変換器は、この基準電圧のm/n倍の電圧を内部で作って、これと入力信号と比較することで、入力電圧を求めるということをやっています。たとえば、基準電圧がVという電圧のとき、これをm/n倍したのと、入力電圧が等しくなったとすると、入力電圧はV×m/nだったということが分かります。このmやnの値を計算しているのがAD変換器なのです。ただし、mやnの値をどの範囲まで計算できるかはAD変換器によって違っていて、nが大きいほど細かい電圧まで読める(分解能が高い)AD変換器ということになります。例えば16bit分解能のAD変換器はnの値が2^16=65536あって、V×mの数値をV×m/65536刻みの精度で読めるということになります。

このように、リファンス(基準)電圧は、電圧を計算する重要な「ものさし」なので、これををいじってしまうと、AD変換器は間違った答を出してしまいます。このため、この基準電圧は、電圧の値が絶対に正確であることはもちろん、温度が変わったり時間がたっても常に同じ電圧である必要があります。

実際のAD変換器では、回路の内部でこの基準電圧を作っています(温度変化が少なくなるように工夫されています)が、使い方によっては、もっと正確で安定な電圧を基準にしたい場合があります。そのようなときは、外部の準電圧を入れることができるAD変換器もあります。

世の中のAD変換器には、m/nを計算するやりかたの違ういろいろな方法がありますが、しかし基本原理は「基準電圧と入力電圧を比較している」ことです。そのものさしとなる基準電圧がリファレンス電圧ということです。

ANo.1さんとANo.2さんとほとんど同じなのですが、AD変換器とは何かという観点で説明します。

実は、AD変換器というのは電圧を直接測定しているのではありません(!?)。
じゃあ、なぜ電圧が分かるのかというと、電圧のわかっている信号と、測定信号のどちらが大きいか比較しているからです。この「電圧のわかっている信号」というのがリファンス(基準)電圧です。

ただ、単純に比較するだけだと、基準電圧より大きいか小さいかしか分からないので、実際のAD変換器は、この基準電圧のm/n倍の電圧を内部で...続きを読む

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q加重平均と平均の違い

加重平均と平均の違いってなんですか?
値が同じになることが多いような気がするんですけど・・・
わかりやす~い例で教えてください。

Aベストアンサー

例えば,テストをやって,A組の平均点80点,B組70点,C組60点だったとします.
全体の平均は70点!・・・これが単純な平均ですね.
クラスごとの人数が全く同じなら問題ないし,
わずかに違う程度なら誤差も少ないです.

ところが,A組100人,B組50人,C組10人だったら?
これで「平均70点」と言われたら,A組の生徒は文句を言いますよね.
そこで,クラスごとに重みをつけ,
(80×100+70×50+60×10)÷(100+50+10)=75.6
とやって求めるのが「加重平均」です.

Q「づつ」?「ずつ」?

今、ワードを使っていて壁にぶつかりました。
恥ずかしながら「~を一つずつ(づつ)あたえる」と入力したいのですが「づつ」と「ずつ」どちらが正解なのでしょうか?
あと「わかる」と言う漢字も、「分かる」「解る」「判る」と色々あってどちらを使って良い物か分からない場合が多いです・・・・社会人としてお恥ずかしい

Aベストアンサー

(1) 「ず」と「づ」は歴史的には発音が違っていましたが、現代では発音上の区別がありません。したがって、『現代仮名遣い』(昭和61年7月1日 内閣告示第1号)では、いくつかの例外を除いて、「づ」を用いないように定めています。ご質問のお答えは、「ずつ」が正解です。

(2) 「分かる」「解る」「判る」は、それぞれ意味が少し違います。
【解る】理解する。ことの筋道がはっきりする。
【判る】判明する。明らかになる。
【分かる】上二つの意味を併せたいい方。
『常用漢字音訓表』(昭和56年10月1日内閣告示)に、「分かる」はあるのですが、「解る」と「判る」は載っていません。「解」も「判」も常用漢字表には含まれていますが、「わかる」という読み方が載っていないのです。新聞やテレビなどのマスコミが「分かる」を優先的に使う理由はそこにあります。
質問者さんが公務員で、公文書を作成されるなら、「分かる」に統一する必要があります。民間の文書や私信なら、「分かる」「解る」「判る」を使い分けて、日本語の奥ゆかしさを味わいたいものです。

QTx Rx の『x』の意味は何ですか?

通信系の仕様書によく出てくる
Tx Rx なる略語があります。

Tx:送信機(Transmitter)を表す略語。
Rx:受信機(Reciver)を表す略語。

だと思うのですが、この『x』って何の意味があるの?

ご存知の方いらっしゃいましたらご教授下さい。

Aベストアンサー

No.1です。

No.2さん、No.3さんが言われているのはRS-232CのTXD、RXDの事ですね。
これはTXとかRXとは別物です。

Tx:TX:Transmitter(送信機)
Rx:RX:Reciever(受信機)

TXD:Transmit eXchange Data (データ送信ピン) 
RXD:Recieved eXchange Data (データ受信ピン) 

QSSLを使用した場合ユーザ認証はBASIC認証でいい?

Apacheを使用して個人用途(他人にはいっさい公開しない)サイトを作成しようとしています。
(しばらくはLAN内で使用するが、後にインターネットからもアクセス可能にする予定)
セキュリティはできるかぎり確保したいので暗号化通信、ユーザ認証を考えています。

SSLは導入できそうなところまできましたが、ユーザ認証はどうしたらいいか悩んでいます。
いまのところBASIC認証とダイジェスト認証があがっていますが、SSLにて暗号化するならBASIC認証でいいのでは?と考えています。
ほかの選択肢はあるのでしょうか?

サーバOS:VineLinux3.2
Apache:1.3

Aベストアンサー

BASIC 認証やダイジェスト認証以外にも、OTP (ワンタイムパスワード) や SSL クライアント認証がありますが、通常のサイト運営ですと、手間暇などを考慮すると、BASIC 認証を選択するのが一般的だと思います。

もちろん、SSL を利用されるのであれば、BASIC 認証で送信されるパスワードも暗号化されるので、セッションキーを破られない限りは、通信経路上でパスワードが盗まれるようなことはありません。

QHDDを内部増設すると消費電力はどのくらいですか?

HDDの増設を考えています。目的は大切なデータ保存です。現在、外付けのHDDを一台所有しておりますがバックアップがとれておりません。そこで、DVD-Rへの保存を検討しましたが、手間とコストが意外にかかるということで、増設を検討しています。
外付けHDDはまだ高価な上に邪魔にもなります。
しかし、内蔵ということになると、電源が入りっぱなしになり電気代等は如何なものでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは

一例をあげてみると・・
HDD=SeagateST3250823A(250GB)/+5V:0.48A/+12V:0.58A
で、"W"換算では+5V=2.4W,+12V=6.96Wとなります。
ちなみに、電力の目安はご使用の電源を調べてください。
例えば、私の場合、電源容量(Max500W)=+5V/50A,+12V/30Aです。

HDD増設でも、たいして電気は消費しません。
(料金的にはちょっと"??"で、ごめんね。)
注意して欲しいのは、電源容量ですね。
上記のようにPCの場合、"A"の容量で計算します。容量定格ギリギリ??での使用ですと、いろいろと"わけ"のわからないトラブルが、発生する"場合"が・・あっ、これ経験してますが・・可能性としてあります。
私の場合ですと、HDD=03台に増設後に発生、電源容量UP目的で交換したことが、あります。
以上、参考になれればよいのですが。

Q線形・非線形って何ですか?

既に同じようなテーマで質問が出ておりますが、
再度お聞きしたく質問します。

※既に出ている質問
『質問:線形、非線型ってどういう意味ですか?』
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=285400
結局これを読んでもいまいちピンと来なかった...(--;


1.線形と非線形について教えてください。
2.何の為にそのような考え方(分け方)をするのか教えてください。


勝手なお願いですが、以下の点に留意いただけると大変うれしいです。
何せ数学はそんなに得意ではない人間+歳なので...(~~;

・わかりやすく教えてください。(小学生に説明するつもりぐらいだとありがたいです)
・例をあげてください。(こちらも小学生でもわかるような例をいただけると助かります)
・数式はなるべく少なくしてください。

『そんな条件じゃ説明できないよー』という方もいると思いますが、どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

Aベストアンサー

昨日「線形の方がなんとなくてわかりやすくないですか」と書いたんですが、やっぱり理系の人間らしく、もうちょっときちんと説明してみます。昨日は数式をなるべく出さないように説明しようとがんばったんですが、今日は少しだけ出しますが、勘弁してください。m(__)m(あと、長文も勘弁してください)


数学的にはちょっとここまで言えるかわかりませんが、自然界の法則としては、「線形」が重要な意味を持つのは、xの値が変化するにつれて変化するyがあったときに、

(yの増加量)/(xの増加量)=A(一定)

という規則が成り立つからです。

xやyの例としては昨日の例で言う例1だとxがガムの個数、yが全体の金額、例2だとxが時間、yが走った距離です。

この規則が何で役に立つかというと、式をちょっと変形すると、

(yの増加量)=A×(xの増加量)・・(1)

ということがわかります。つまり、Aの値さえわかれば、xが増えたときのyの値が容易に推測できるようになるわけです。


ここで「Aの値さえわかれば」と書いていますが、この意味を今から説明します。

自然界の法則を調べるためには何らかの実験を行います。例えば、りんごが木から落ちる運動の測定を行います。
ここから質問者様がイメージできるかわかりませんが、りんごは時間が経つにつれて(下に落ちるにつれて)落下するスピードが速くなるんです。今、実験として、1秒ごとにりんごのスピードを測定したとします。そしてその結果をグラフにプロットしていくと、直線になることがわかります。(ここがわかりにくいかもしれませんが、実際に実験を行うとそのようになるのです)

数学の問題のように初めから「時速100kmで走る」とか「1個100円のガム」とかいうことが与えられていれば直線になることはすぐにわかります。
しかし、自然界の法則はそうもうまくいきません。つまり、実験を行ってその結果をプロットした結果が直線状になっていたときに初めて「何らかの法則があるのではないか」ということがわかり、上で書いた「Aの値さえわかれば」の「A」の値がプロットが直線状になった結果、初めてわかるのです。

そして、プロットが直線状になっているということは、永遠にそうなることが予想されます。つまり、今現在はりんごが木から落ちたときしか実験できませんが、その結果を用いて、もしりんごが雲の上から落としたときに地面ではどのくらいのスピードになるかが推測できるようになるわけです。ここで、このことがなぜ推測できるようになるかというと、(1)で書いた関係式があるからです。このように「なんらかの法則があることが推測でき、それを用いて別の事象が予言できるようになる」ことが「線形」が重要だと考えられる理由です。

しかし、実際に飛行機に乗って雲の上からりんごを落としたらここで推測した値にはならないのです。スカイダイビングを想像するとわかると思いますが、最初はどんどんスピードが上がっていきますが、ある程度でスピードは変わらなくなります。(ずっとスピードが増え続けたら、たぶんあんなに空中で動く余裕はないでしょうか??)つまり、「線形から外れる」のです。

では、なぜスピードが変わらなくなるかというと、お分かりになると思いますが、空気抵抗があるからなんですね。(これが昨日「世の中そううまくはいかない」と書いた理由です)つまり、初めは「線形」かと思われたりんごを落とすという実験は実際には「非線形」なんです。非線形のときは(1)の関係式が成り立たないので、線形のときほど容易には現象の予測ができないことがわかると思います。


では、非線形だと、全てのことにおいて現象の予測が難しいのでしょうか?実はそうでもありません。例えば、logは非線形だということをNo.5さんが書かれていますが、「片対数グラフ」というちょっと特殊な形のグラフを用いるとlogや指数関数のグラフも直線になるんです。つまり、普通のグラフでプロットしたときに「非線形」になるため一見何の法則もないように見えがちな実験結果が「片対数グラフ」を用いると、プロット結果が「線形」になってlogや指数関数の性質を持つことが容易にわかり、それを用いて現象の予測を行うことが(もちろん単なる線形よりは難しいですが)できるようになるわけです。


これが私の「線形」「非線形」の理解です。つまり、

1) 線形の結果の場合は同様の他の事象の推測が容易
2) 非線形の場合は同様の他の事象の推測が困難
3) しかし、一見非線形に見えるものも特殊な見方をすると線形になることがあり、その場合は事象の推測が容易である

このことからいろいろな実験結果は「なるべく線形にならないか」ということを目標に頑張ります。しかし、実際には先ほどの空気抵抗の例のように、どうしても線形にはならない事象の方が世の中多いんです。(つまり、非線形のものが多いんです)

わかりやすいかどうかよくわかりませんが、これが「線形」「非線形」を分ける理由だと思っています。

やっぱり、「線形の方がなんとなくわかりやすい」くらいの理解の方がよかったですかね(^^;;

昨日「線形の方がなんとなくてわかりやすくないですか」と書いたんですが、やっぱり理系の人間らしく、もうちょっときちんと説明してみます。昨日は数式をなるべく出さないように説明しようとがんばったんですが、今日は少しだけ出しますが、勘弁してください。m(__)m(あと、長文も勘弁してください)


数学的にはちょっとここまで言えるかわかりませんが、自然界の法則としては、「線形」が重要な意味を持つのは、xの値が変化するにつれて変化するyがあったときに、

(yの増加量)/(xの増加量)=...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報