OCN光で最大124,800円おトク!

こんばんは。
すでに出ていたらすみません。
どうしてもお聞きしたくて書かせていただきました。

自分は今卒業研究を進めています。
しかし、少し行き詰っています。
それは、研究をするにあたってどれくらいのデータ数が必要なのかということです。
先日、先輩の卒業研究の発表があり、興味深い話をいただきました。
それは、『「自分の研究はどういう統計(検定など)にあてはまって、どの程度の母集団が必要なのか」ということがわかりやすく書いてある本があるから立ち読みして探してごらん』とのことでした。
そこで、今日近くの大きい書店で統計学の本を見に行ったのですが、そういうことが書いてある本がみつかりませんでした。
自分の目の付け所が悪かったのかもしれませんが・・・。


もし、そういうことが載っている本を知っている方がいましたら、本の名前を教えてください。また、本を探すときに、どういうことを見たらいいのか教えてください。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「サンプルサイズの決め方」という本くらいしか詳しいものはないかもしれません。

あとは[パワーアナリシス]とか[検出力(あるいは検定力)]というキーワードでgoogleしてみるとかですね。例えば、G*Powerというフリーソフトのwebサイトは分かりやすくていいページだと思いますよ。

また、大きなお世話ですが、卒業論文を書く場合についていえば、適切なサンプルサイズを求めてその通りのデータを得ることにそれほど力を入れる必要はないと思います。それよりは正しい方法で意味のあるデータをとれるように実験計画を立てることのほうが重要です。

> 本を探すときに、どういうことを見たらいいのか教えてください。

パッとみて自分の求めている内容があるかどうか、あとはレイアウト的に読みやすそうかどうか、自分の好む文章であるかどうか、とかですかね。。。ある程度、いろいろな本を買って読んでみないと「自分に合った本」というのは、なかなか分からないものかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答ありがとうございます。
backsさんに教えていただいたことを参考にしながら進めていきたいと思います。
ありがとうございます。

お礼日時:2008/05/06 11:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング