出産前後の痔にはご注意!

本日、接触事故に巻き込まれました。
追い越し禁止(オレンジライン)の片側一車線の対面通行の道路で、信号待ちをしていました。
結構混んでいた事もあり、私の車の止まった位置は、交差点の右折レーンが広がる手前の位置です。
右折レーンの手前のゼブラゾーンが私の車の位置から始まる場所でした。
ちょうど右側にレストランがあったので、信号待ちの列から右折してレストランに入ろうとしました。、
その時、後方より対向車線を逆走し、信号待ちの渋滞を追い越し、右折レーンに入ろうとしてきた車に接触しました。
私は対向車の来ない安全を確認した上で、右折を開始したのですが、過失が発生するのでしょうか?

既に右折レーンが右にある交差点間際の場所で、このような接触事故を起こした場合は、
右折レーンを走行してくる車の後方確認を怠った私に過失があると思います。
しかし、右折レーンの広がる手前で、対向車線を逆走した車との接触です。

正直、過失は私(0):相手(10)だと思うのですが、どうなのでしょうか?
安全確認は完璧に行っても、まさか後方より逆走して追い越してくる違反車まで確認しなければ、
過失が発生してしまうのでしょうか?
警察は相手方に逆走の件を注意していましたが、過失の件については明言がありませんでした。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

とてもムカつくのは事実ですが、交通事故の場合双方が納得できる事故責任割合というのはありえないと思ったほうがいいのではないかと思います。



私自身、以前、危険を感じて停止していたところに対向車線から来た原付が突っ込んできて、接触はしませんでしたが勝手に転倒されました。
相手が騒ぐので面倒だと思い、接触もしていないし、完全に停止していたのだからと警察を呼んだところ、ここにあなたの車両がなければ事故はなかった、というまことに理不尽としか思えない理由で「責任はある」といわれたことがあります。
人身事故ではなかったのですが事故履歴になりました。

完全停止状態でなくても100:0はありうる、という見解が見られますが、よほど稀なケースだと思ったほうがいいと思います。

質問者さんは、右折レーン手前から右側のレストランに入ろうとした、とのことですが、ウィンカーはどのタイミングで出されましたか?
ウィンカーをつけてすぐにハンドルを切ってブレーキから足を離してはいませんでしたか?
このときの安全確認はどの段階でされたのでしょうか?
振り向いての後方目視確認ですか?ドアミラーでの後方確認ですか?

完璧な安全確認はありえない、というのが警察の立場ですし、過失割合についてはもちろん言及しません。
過失割合というのは保険の範疇の話であって、警察の職分ではありません。
民事不介入というのはそういうことです。

絶対にこちらの責任はない、と主張したい場合は、自分の保険会社の担当者を出さず、自分自身で先方の保険担当者と交渉することです。
この場合、先にお伺いした、ウィンカーのタイミングは重要になります。
後方から来た車が、質問者さんの車の進行方向を見定める余裕があったかどうかを問われます。
通常、後方から来て追突した車の責任が大きく問われますから、質問者さんの過失責任割合のほうが大きくなることはないと推定できますが、それでもいいところ60:40とかその辺を提示されると思います。

保険担当者を出す、というのは自分の保険を使って対応します、ということなので、自分に責任はない=保険は使わない=相手の100%負担で車を直してもらう、ということにこだわるなら自分で対応するしかありません。
むかーし、一度やったことがありますが、結構大変です。
でも、60:40と提示された割合を90:10まで持ってゆくことに成功しました。

あとは、少々汚い手ですが、人身に切り替えるというのもあります。
心証の問題ですが、先方の保険会社の態度が軟化する可能性があります。
ただし、運転者の態度はかたくなになると思ったほうがいいでしょう。
逆の立場に置き換えて考えてみれば、諸刃の刃であることは簡単にお分かりいただけると思います。

過失責任については、どこかで割り切ってあきらめるしかないと思います。
悔しいと思いますが、それが現実です。
せめて金銭的なダメージを回避しようというのであれば、自己負担になった修理費用を相手の運転者個人に出してもらう方法もあります。
まぁこれは先方との直接交渉ですから、割合うんぬんというより難しい話になるとは思いますが。

週末や連休になると、普段運転しなれていない人たちが道路にあふれます。
アブなくて仕方ないです。
この事故で、もし大怪我をしていたら、それこそ連休が台無しです。
そう考えて、気分を切り替えたほうがいやな思いは少なくてすむと思います。

100:0っていう事故がほとんどないからこそ、保険会社はあんなに儲かって立派なビルが建てられるんです。

質問者さんの苛立ちはわかります。
私は車に乗るのが仕事ですから、理不尽でマナーの悪いドライバーは毎日いやというほど見ています。
そういうヤツはいつか報いを受ける、とどこかで諦めをつけたほうが、精神衛生上よろしいのではないかと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変親切丁寧なご返答頂きありがとうございました。
これほど長文でご返答いただけたことに深く感謝申し上げます。
交通事故は本当に一瞬の偶然で起きてしまいますね。
おっしゃられるとおり、起きた事と交通事故の理不尽さを受け入れながら、せっかくの連休を楽しむ方に気持ちを切り替えようと思いました。
休みが明けてから保険会社が動いてくれるようですから、それまで気持ちを軽く持とうと思います。
対応の仕方も大変参考になりました。
本当にありがとうございましたm(_ _)m

お礼日時:2008/05/04 22:29

10:0ではあり得ません。

過去の判例を調べてみてください。

警察は過失割合の判定は一切行いません。

安全確認が完璧であれば事故は起きません。

勝手に10:0で話を続ければ?

右折する上での確認事項に、右側後方の確認も必要です。
進路変更する30m手前からの合図が必要です。
進路変更(右折)する場合30m手前で進路変更(右折)する側に寄っていないといけません。
もちろん出来ていた上での完璧との能書きをたれているのであれば10:0で突っ張れば!

もし一つでも出来ていないのであれば、免許を返納して公道に出ないようにして下さい。周りの車が迷惑します。
完璧な行動が出来ていたのであれば聞き流して下さい。

この回答への補足

他の方が丁寧かつ的確なご回答をくださっていますので、他の方の回答を参考にさせていただきます。

補足日時:2008/05/04 23:12
    • good
    • 0

警察は民事不介入 物損事故なら調書をとることはありません。


事故が遭ったという証明のための記録を残すだけです。

右折にしても、左折にしても後方確認義務はあるわけで、対向車線を後方より追い越すような、直進車がいるわけないという思いこみが少々配慮にかけていたと感じますね。
バイクや原付などはそのような運転をしますのでね。(左折ではよくある巻き込み事故(バイク2:8車)

その点を考慮すれば、若干過失を問われても致し方ありませんね。
民事では例え違法・違反車であっても、それを回避する義務も一方には発生します。
回避、全く出来ない状況を立証する必要もあります。
後方確認を怠ったという過失はついてまわるようにように思いますが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
回避義務の点から考えると、当方の過失が発生しますね。
今回は大きな事故にはならなかったので、不幸中の幸いと捉えて、今後の良い勉強としたいと思います。
的確なご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/04 22:42

過失割合については、おおよそ判例で定形化されており、今回の事故はこのケースに該当すると思われます。


http://www.matsui-sr.com/gousei/c-kasitu5-1.htm

保険会社も判例をもとに話をしますので、ご質問者の過失を0にするには、ご質問者が過失がまったくないということを立証しなければいけません。

過失の考え方としては2点です。
1.結果回避義務
2.予見可能性

結果回避義務については、右折を開始した際に後方から接近する車両を発見し事故を回避することは不可能であったという立証。
こちらは比較的容易かと思います。

予見可能性については、右折をする際に右後方から車両がこないか?という予見がまったく不能であったという立証。
これが難しいところで、通常は予見すべきであるということになります。間もなく右折車線がはじまるのであれば。当然、車なりバイクなりが後方からくることは予見できることになります。
今回は車で相手は違反ですが、その違反は基本割合に盛り込まれていますので、違反を持って過失0主張は無理があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
過失の考え方の2番目は、確かに立証不可能だと思います。
判例の理不尽さを感じる点もありますが、違反車の予測不足だったのはおっしゃるとおりです。
過失0の主張は考え直そうかと思います。
的確なご返答、ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/04 22:37

http://www.jiko110.com/contents/busson/kasitu/in …

No.3です。
通常、当事者やその家族にはなかなか公開してもらえない調書ですが、弁護士を通じたり、保険会社の調査だったりする場合は比較的簡単に公開されます。
実況見分調書について詳しく書かれたHPがありますので、よろしければ一度目を通してみては如何でしょうか。

参考URL:http://www.jiko110.com/contents/busson/kasitu/in …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

夜分にも関わらず、ありがとうございました。
参考URLを参考にさせていただきます。

お礼日時:2008/05/04 02:41

 No.1です。


車線変更というのは右折の間違いでした。訂正します。

 相手の車の違反ばかり一方的に主張されていますが、
そこまで言うのならあなたは右折の30m以上手前からウインカーを点滅していましたか?
あなたが唐突に右折を始めたことが事故の原因ではありませんか?

 車、バイクなどが右折レーンのはるか手前から対向車線を逆走することなど日常茶飯事です。
 過失割合は保険会社が決めるでしょうが、今回のケースは自分には一切非がない、と思っておられるようでは、
いずれ大怪我をされますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問への回答の論点がズレてしまっているようですので、もう結構です。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/04 01:48

自動車対自動車の事故で10対0になるケースが幾つか有り、その中に逆走した自動車との事故というものが含まれます。


ですから、対向車線を走って追い越す車との事故は同じ向きに走行していたとしても10対0で相手側の過失になります。
現に私は過去にこのケースで10対0で全額負担をしていただいた事があります。
ただ、今回のケースで問題になるのは質問者様が通常の走行ではなく、右折をしようとしていた事です。
右折には他の方のおっしゃる通り後方確認が必要になるので、前方への走行とはケースが異なると思われます。
接触した所がゼブラなのか対向車線なのかという点についても、双方共に合意しているかどうか問題ですね。

ですから、保険会社としては警察の調書を基に判断を下すと言う事になります。
警察は民事不介入なので、過失について述べる事は滅多にありません。
頚椎捻挫などの人身事故でないのなら、尚更触れないでしょう。

本当に交通事故ってのは、理不尽なんです。
どんなに乱暴な運転の車とぶつかっても、こちらが避けなかったというだけである程度の過失を負わされるのですから。

事故は本当に不愉快な物ですが、ご質問者様に怪我が無くてよかったですね。

この回答への補足

ご丁寧なご返答ありがとうございます。
夜分にもかかわらず、大変的確なご返答に感謝いたします。
走行中でも10対0の事例があるのは認識していましたが、逆走も該当するんですね。
確かに右折の状況が違うので、同じ事例とは取れませんが、大変参考になりました。
保険会社と警察の介入のスタンスも良くわかりました。
接触はゼブラの手前でした。

もしご存知でしたら、教えてください。
『警察の調書は、事故当事者が請求しても見せてもらえるものなのでしょうか?』

当方にも相手方にも、幸い怪我はありませんでした。
お気遣い頂きありがとうございます。

補足日時:2008/05/04 01:28
    • good
    • 0

双方の言い分は食い違っていいから問題ない。

ウソでなければ何を請求しても国民の自由国民の権利です。言われた方にも言いなりに払う払わないの選択はあってそれも国民の自由で国民の権利です。
話しがまとまらなければ最終的には裁判で、裁判官の勧める和解するか、判決求めることになる。

過失ゼロと言い張るとあなたの保険の担当者には出番がありません。顧客(=契約者、運転者)の賠償責任分を代わりに払うだけです。
互いに任意保険かけていれば担当者に丸投げでよく、どちらの保険がどの程度ずつ負担するか担当者が話し合って決めるだけです。

あと(次回)の保険料のこと持ち出す人は多いが、事故のときのために保険かけるわけだから問題ありません(事故があったかなかったかです)

とまっている車に追突ならともかく、動いている車同士で10:0は裁判であらそっても無理でしょう。後方の安全確認せず右折したら危険でしょうがない。
今回は相手が車だが、歩行者や自転車だったら「見ずに右折してもいい」とは考えないでしょう(^^)

この回答への補足

ご返答ありがとうございます。
質問内容の状況認識に錯誤があるようです。
右折先の歩行者・自転車の安全確認は当然しておりますし、今回はそのような点を質問しているわけではありません。
質問文をもう一度熟読頂き、ご回答頂ければ幸いです。

補足日時:2008/05/04 01:03
    • good
    • 0

こちらが完全に停止している場合を除き、


100:0という過失割合はまずないと思った方が良いです。

>まさか後方より逆走して追い越してくる違反車まで確認しなければ、
過失が発生してしまうのでしょうか?

 まさかではなく、後方を確認してから車線を変更するのは当然の義務です。
あなたが後方確認をせずに右折を始めたなら、
あなたにも明確な過失があるということを肝に銘じてください。

この回答への補足

車線変更ではありません。
片側一車線の対面通行です。

車線変更での後方確認の義務ぐらい認識しております。
今回質問しているのは、後方より『反対車線』を逆走してくる車の事です。

>こちらが完全に停止している場合を除き、100:0という過失割合はまずないと思った方が良いです。

よく聞く話ですね。ただそのような杓子定規的な判断に疑問があるので、こちらへ質問させていただきました。
よろしくお願いします。

補足日時:2008/05/04 00:49
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこれって交通違反でしょうか?停車中の車の右側を走る

先日、バイクで走行中に青切符をきられました。

片側1車線で中央線は黄色の実戦でした。
10台以上の車が信号待ちで停車していました。

停車している車の右側の中央線を越えて走行し、
最前列までバイクで走った場合、これは「通行区分違反」になるのでしょうか?

その警察官の説明では、黄色の実線でも前の車が停車していれば中央線を越えて右側から追い越しても良い。ただそれは1台だけの追い越しで、5台以上追い越していたから違反になると言われました。

ネットで検索してみたところ、車が走行中に中央線を越えて追い越しをすると違反だが、
信号待ちで停車している車は障害物とみなされるので、
中央線が黄色の実線であっても越えてすり抜けをしてもよいと書いてあります。

実際のところどうなのでしょうか?
すでに反則金はおさめていますし、今から警察に異議申し立てても時間の無駄なので行動を起こすつもりはありませんが、
実際のところ違反なのかどうかが知りたいと思っております。

お詳しい方、どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

信号待ちをしている車であれば停車ではありません。
一時停止です。

交差点の手前や横断歩道の手前は駐停車禁止です。
一時停止は許されます。

ゆえに信号待ちの車を追い越すために黄色の実線を越えて対向車線にはみ出したら、
確実に違反。

同じ車線内を併走して追い抜きをするのであれば、違反ではない。
車の前に回り込んだ時点で追い越しとして成立します。

右折のために一時停止している車両の左側を通行して前に出る行為は許されています。
だだし、そこから右折した場合右左折方法違反で摘発されます。

Q対向車線は何メートルまで走っていいのですか。

渋滞時や直進車線が混んでる時など対向車が来ないのを確認してから対向車線を走り、右折車線や右側に有る店などに入るクルマを見ることがありますがそういう時は何メートルぐらいが限度で対向車線を走ってもいいのでしょうか。
対向車が来ないと安全確認さえ出来れば50メートルぐらい走ってもいいのでしょうか。

ちょっとぐらい交通違反しても円滑な交通の流れが得られればそれでいいのですか。

Aベストアンサー

いいわけないでしょう。

それは右折とは言わず、逆走です。
右折するのに対向車線を併走してはいけません。

この行為の何が円滑なんでしょうね。
危険行為そのものですよね。

交通ルールを守ることが円滑につながります。
決して車や二輪車は急ぐための乗り物ではないのです。

あと、交差点手前で一車線から直進と右折レーンに分かれる道路がありますね。
わざわざキャッツアイを踏みつけてまで対向車線にはみ出して右折レーンに入る車をよく見かけますよね。

そういうのを見るといつも思うんです。事故って死ねってね。

Q道路の白線・黄色線は「はみ出し禁止」?「追い越し禁止」?車線変更は?

道路の白線・黄色線について疑問に思っています。過去の質問を拝見しましたら、白・黄色の実線について
「はみ出し」を禁止している
「追い越しのためのはみ出し」を禁止している
「追い越し」を禁止している
との回答を眼にしました。

1)どの見解が正しいのでしょうか?


2)1)の回答にもよりますが、車線区分線としての白・黄色の実線の場合には、車線変更は禁止なのでしょうか?

「はみ出し」禁止であれば当然ダメでしょうが、「追い越し」禁止であれば車線変更は可能なような気がします。しかし、その場合は「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別がつかず、どこから違反とされるのかわかりません。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

少し噛み砕いて書いてみます。
(学科のテキストには明記されていないと思われるので)

◆白色実線の中央線

主に、片側に複数車線ある場合の中央線で、(原則として)絶対にはみ出し禁止。

(複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから)

中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。

◆黄色実線の中央線

主に、片側1車線の道路に引かれており、追い越しのための右側部分へのはみ出しは禁止。

(道幅が狭いため、駐車車両や道路工事、また軽車両を追い越すなどやむを得ない場合には、中央線の右側へはみ出すことが出来る)

「追い越し禁止」の標識がある場合は、右側へはみ出すことはもちろん、はみ出さずに済む状況であっても、追い越しそのものが禁止されます。


次に

◆実線の車線境界線(白色・黄色とも)

実線部分では、車線変更そのものが禁止されます。白・黄色ともに。

※交差点(内部)と、その手前30メートル以内はもともと「追い越し禁止」場所ですから、仮に点線(破線)の車線境界線であっても、追い越しのための進路変更(車線変更)をすることは出来ません。
(優先道路を走行していて信号機のない交差点の場合は除外。←あまり考えなくて結構です)

テキストには、「追い越しが禁止される場所」として7項目の記載があると思います。
それらの場所では、追い越しをしようとして進路変更(車線変更)しただけでも違反行為と考えられます。

●「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別 について。

クルマはその速度に応じた車間距離を必要としますが、最低限必要な距離としては、前車が急停車した場合に追突しない距離と考えられます。
次に、追い越す動機としては、速度差があるため前車に対して、最低限必要な距離程度までに近づいてしまったから、という理由が挙げられると思います。
(勿論、急いでいる場合もあるでしょう)

追い越す意識(目的)があるかどうかという心理は、遠目には分かりませんが、車間距離がギリギリまで近づいていた場合には、意図していたと判断されるのではないでしょうか?
追い越す必要がなければもう少し車間距離を取るでしょうから。
特に速度を上げて接近していった場合には、その速度差から、追い越す意識があったと判断されると思われます。

現実的には、追い越しのための車線変更自体が違反行為となるケースが多いと思いますが、単純に追い越す意図があるかないか、を判断する材料はギリギリの車間距離か十分な車間距離か、また、前車と同じ速度であったか、速い速度で接近中であったか、だと考えます。

前車と十分な車間距離があり、速度も同程度の場合には、単なる車線変更と見なされると思います。

どうぞご安全に。(元、指導員より)

少し噛み砕いて書いてみます。
(学科のテキストには明記されていないと思われるので)

◆白色実線の中央線

主に、片側に複数車線ある場合の中央線で、(原則として)絶対にはみ出し禁止。

(複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから)

中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。

◆黄色実線の中央線

主に、片側1車線の道路に引かれており、追い越しのための右側部分...続きを読む

Q直進者と路外右折者の車の接触事故について。

初めまして。私は任意保険に加入してない車での事故だった為直接相手の保険やとの話し合いをしています。分からない事が多く沢山調べましたがそれでも不明な点があるので4つ質問します。

直進者(相手)路外右折者(私)の物損事故です。
ゼブラゾーンでの事故だったので現在相手3割、私7割の状態です。

事故を起こした道路は追い越しの為のはみ出し禁止標識のある片側一車線センターライン黄色の道路です。
事故を起こした場所は交差点前ではありませんがもうすぐ交差点に差し掛かる場所で車1台は入らないくらいのゼブラゾーンです。

21時頃の暗い時間でした。私が右折しようとウインカーをあげて止まれの標識で止まっていたところ、右から来た車が止まってくれました。その後確認のため左を見ると信号が赤で私が入りたい方の斜線の直進車は来ていませんでした。もう一度右を見ると止まっていた車の後ろに少なくとも2台車が並んでいました。

徐行で道路内に入り右にハンドルを切って曲がろうとした時に勢いよく車が飛び出してきて相手のドアにぶつかりました。
相手は交差点を右折したく、信号待ちの渋滞が並んでいると思って追い越したそうです。

そこで、今保険やと話し合っているのがセンターラインを越えて追い越したのか、事故を起こした場所がセンターラインを越えていたかどうかです。
道路の長さを測りますと言われましたがその測り方がまず納得いきません。
止まってくれていた車は右側の線ギリギリに止まっていたと仮定し、追い越す際の止まっている車との横の車間距離は関係なしに車が2台入れるかどうかで判断すると言われました。
①この測り方は正しいのでしょうか?
お互いに、右側の線ギリギリに止まっていたかどうかなんて証明出来ないはずですが、もしギリギリでも車は入れるから追い越しの際にセンターラインを越えていませんと言われた場合
②私が目撃者を探して証明しなきゃいけないのでしょうか?

もうひとつ今保険やの方に確認していますが、私は少なくとも右側に3台の車が止まってくれていたのを左右確認時に見ています。相手も数台追い越してきた、と保険やに証言したそうです。
そこで、3台以上後ろから追い越すとゼブラゾーンもまだ始まり頃でセンターラインをはみ出さなければ追い越せません。
③そんなに後ろから標識を無視して追い越してきてもその過失はないのでしょうか?

直進者と路外者の事故でセンターラインは関係ないという回答を見ましたが、相手の保険やがかなりこだわってギリギリで車をセンターラインより中に入れようとしているところを見ると関係ないとは思えないですが
④何か向こうの過失になりそうな可能性があるからセンターラインにかなりこだわっているのでしょうか?

下手な文章で分かりづらいとは思いますが、回答宜しくお願いします。

初めまして。私は任意保険に加入してない車での事故だった為直接相手の保険やとの話し合いをしています。分からない事が多く沢山調べましたがそれでも不明な点があるので4つ質問します。

直進者(相手)路外右折者(私)の物損事故です。
ゼブラゾーンでの事故だったので現在相手3割、私7割の状態です。

事故を起こした道路は追い越しの為のはみ出し禁止標識のある片側一車線センターライン黄色の道路です。
事故を起こした場所は交差点前ではありませんがもうすぐ交差点に差し掛かる場所で車1台は入らないく...続きを読む

Aベストアンサー

なんか異変な回答が多いので、まずは基礎知識を。

お察しの通り、交差点前10mは追い越し禁止です、
まして、車線でセンターラインを超えることも違反行為です、
右折者だからと要って、前の車両を追い越して右折はできません。
で、あなたの過失は10%です、(安全運転義務違反)
これはほぼ相手側車両に過失があった事故です。
単純に直進車との事故ではありません。

で、ここが重要。
物損事故なので、相手の刑事罰を問えません。
あなたの車の修理費から10%引いた金額を相手の保険屋に請求しましょう。

これだけです、
当然ですが、休業補償なども戴けます。

後は突っ撥ねてください。

それでも揉めたら、交通事故紛争解決センターにお願いしましょう、
専門館が調べてくれます。

今後は任意保険にキチンと加入しましょう。

Q過失割合9:1について

先日、交通事故をおこしてしまいました。私が細い道から出て来るところ、すぐ横に駐車車両があったため、見通しが悪く、相手車両に接触してしまいました。接触した際、あまり衝撃がなく、お互い怪我もしていないということで、物損事故扱いになりました。そして、過失割合が9:1(私が9割)と決まった途端、相手が1割払わないとゴネだしました。その後、物損事故だったのが、相手が打撲の診断書を提出したため、人身事故扱いになってしまいました。私が言うのもなんですが、ゴネた後にそんな行動に出るということで、どうしても報復的なやり方だと思ってしまいます。

そして、先日実況見分があり、相手は事故に遭う前に私の車を認識しており、出てきそうだと感じていたと警察に言っていました。

それでもやはり、9:1に納得してくれません。私が悪いのは重々承知しておりますが、私の車を認識していたというのであれば、少し過失はあると思うのですが…また、いろいろゴネているので、話がすすみません。相手は妊娠しているということなので、いろいろと不安です。

Aベストアンサー

追伸
示談のためには9:0示談もケースによってはあります。

早期に解決したいなら、あなた次第です。

Q車をぶつけられ、100-0の事故なのに、保険金で全額修理代を出さないと

車をぶつけられ、100-0の事故なのに、保険金で全額修理代を出さないといわれました。
 一週間前くらいに事故られ、100ー0であちらが全てもつ状態になりました。
 首に痛みを感じ、めまい吐き気もあり病院にも通院している状態です。車の修理代は全て向こうの保険会社が負担すると言ったのに関らず、つい先日修理をお願いした車屋から、修理代全てを保険会社が出さない、一部しか出ないと言われました(総額で30万であるのに、15万しか出さないといわれた)残りの金額は自己負担になるといわれて、私はあまりの悔しさに涙がでそうになりました。なぜ、事故を起こされ体を具合悪くしてあげく金を払わされる羽目にならなければならないのですか!!
 私は一銭も払うつもりはありません。皆さんが同じ境遇であれば同じように思うとおもうのです。それで、保険屋と徹底抗戦を考えているのですが、なにかアドバイス、法律的なことやこういえば保険屋をギャフンといわせれるなどいった事を教えて欲しいのです><

Aベストアンサー

>総額で30万であるのに、15万しか出さないといわれた…

失礼ですが、何年ほど乗った車ですか。
相手方 100% 責任の事故でも、補償額は事故に遭う前の時価が限度です。
時価を上回る修理額までは出さないのが普通です。

>保険屋をギャフンといわせれるなどいった…

入るときはえびす顔、出るときはえんま顔。
これが保険屋というものですから、ギャフンと言うことはないでしょう。

>事故を起こされ体を具合悪くしてあげく金を払わされる羽目にならなければならないのですか…

ですから、保険会社が払わない分は加害者本人に請求すればよいのです。
もちろん修理費用だけでなく、治療費や休業補償も含めてね。
あくまでも事故を起こした責任は保険会社でなく加害者本人なのですから。

Q道路交通法(黄色い線について)

片道1車線の道路で真ん中に追い越し禁止の黄色い線があるとします。
進行方向右側のお店の駐車場に入りたい場合、その黄色い線を越えて
右折して入っていいのでしょうか?

あいまいな記憶なのですが、黄色い線の場合、それをまたいで右折しては
いけないと自動車学校で習った気がするのですが、現実にはみなさんしますよね?
決定的だったのは、この前パトカーが右折してたんです。サイレンなしで。
ってことはやっぱり合法?

モラル的にも、1車線なんで、結構長い時間右折待ちすることになってしまうので、
よくないとは思うのですが・・・

あと、こういう道路交通法について疑問に思った時って、交通課に電話すれば
答えてくれるでしょうか?(FAXでも可?)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

>その黄色い線を越えて
>右折して入っていいのでしょうか?

OKです。黄色い線をまたいで右折、ではなく、またいで
走行してはいけないと言われたのでは無いでしょうか?
(またいで走行なんて、道路事情やその他の要因でいくらでもまたいで走るのが現実ですが:笑)

道交法は住所地を管轄する都道府県警察などに問い合わせれば教えてくれます。
交通課へ電話して、教えてくれるでしょう。
(警察も色んなのが居るみたいですがね・・・)

あちらさんも忙しかったら何なので、もし小生があなたの立場なら電話します。
FAXは、「返事はいつでもいいですよ」みたいな程度のものならば出すかもしれません。

Q過失割合が10:0ってあり得るのかあり得ないのか

こんばんは!

車同士の事故で過失割合が10:0はあり得ないと聞きますが
あり得ると言う意見も多数聞きます。
1)実際のところどうなのでしょうか?どういう場合に過失割合が10:0になるんですか?

2)片側一車線の道で、普通に制限速度を守って走っていて、
後ろから暴走車が自分の車+50kmの速度で後ろにぶつかった場合の過失割合は?
こういうのは自分も速度を上げない限り逃げられないと思うんです
片側一車線だと車を止めて先に行かせる事もできませんしどうなんでしょう?

Aベストアンサー

皆さん勘違いしていますが、過失割合と言うのは当方の車が動いているかどうかと言うことは全く関係ないことなのです。
つまり双方の過失の割合を数字に表したものであってここでも多くの人が誤って解釈してしまっているのが改めて解りました。

つまり当該事故を起こされた被害者側が回避不能であることが証明されれば過失割合は100:0になります。勿論交通法規を遵守していた場合と言うのが絶対条件になります。

例えば相手が故意に体当たりしてきた場合などこちらに全く落ち度が無くしかも回避不能の状態であっても過失責任を取られることなどは法律の趣旨から鑑みてもあってはならないことなのです。

また立体的に交差する道路上方よりガードレールを突き破って落下してきた車を回避することなども到底不可能でありこれも100:0にしなければ社会通念上おかしなことになりますね。

少し極端な例でしたがこれらに近い状況で回避不可能であることが立証されれば過失責任を取られることはありません。
法律とは常識的な感覚に近いものであるべきであまりにも理不尽なことはそのまま通る筈もありません。

ご参考に

皆さん勘違いしていますが、過失割合と言うのは当方の車が動いているかどうかと言うことは全く関係ないことなのです。
つまり双方の過失の割合を数字に表したものであってここでも多くの人が誤って解釈してしまっているのが改めて解りました。

つまり当該事故を起こされた被害者側が回避不能であることが証明されれば過失割合は100:0になります。勿論交通法規を遵守していた場合と言うのが絶対条件になります。

例えば相手が故意に体当たりしてきた場合などこちらに全く落ち度が無くしかも回避不能の...続きを読む

Qドライブレコーダーで録画したものを警察に提出すると

ドライブレコーダーで録画したものを警察に提出すると対応してくれるものなんでしょうか?


例えば、まえの車。交差点が完全に赤信号にも関わらず信号無視し左折していきました。
その際、右折してくる車と接触しそうになって怒鳴られていたようですが、構わず曲がって行きました

この様子をドライブレコーダーで録画した場合、警察に提出すれば対応するのでしょうか?

Aベストアンサー

無理かと思います。
以前、朝の通学路の車両通行禁止のところを何度も通っている車(軽バン)がいたので、その写真を撮って警察に郵送したところ、しばらくして警察官がやってきて、“送っていただいた写真にはナンバーも撮れていましたので、きちんと対処しました”と言われました。

どうやらその後、その場所に警官が隠れて当該違反車両を現認した後に、その車の事業所まで行って厳重注意したそうです。
相手がシラを切ることがあったらこの写真を見せるつもりだったそうですが、相手は違反を認めて二度としないことを誓ったそうです。

要するに、ドラレコも写真も証拠のひとつですが、あくまでも違反行為を現認するための道具であって、それで警察官がその目で確認して初めて違反とすることだと思います。
こういう映像は意図的に作り変えることもできますから、それを何でもかんでも信じていたら、何もやっていない人を検挙する恐れも出てきます。
そういう危険性を防止する上でも、採用はされないということでしょうね。

ただ動画サイトに、得意げになって違反行為(ヘラーリでスピード違反)をしている様子を投稿した人がいましたが、これに対して、“警察は何をやっているんだ?こういう違反を見逃していいのか?”という批判が殺到したことがありましたね。
これを受けて、警察は動画を解析して速度を割り出し、投稿者を逮捕したことがありました。
なので、一方でもしかしたら社会の声(反響)次第で動く可能性もありそうですね。

無理かと思います。
以前、朝の通学路の車両通行禁止のところを何度も通っている車(軽バン)がいたので、その写真を撮って警察に郵送したところ、しばらくして警察官がやってきて、“送っていただいた写真にはナンバーも撮れていましたので、きちんと対処しました”と言われました。

どうやらその後、その場所に警官が隠れて当該違反車両を現認した後に、その車の事業所まで行って厳重注意したそうです。
相手がシラを切ることがあったらこの写真を見せるつもりだったそうですが、相手は違反を認めて二度としない...続きを読む

Q逆走してしまった、その時どうすれば!?

先日、車を運転中、住宅地で道に迷い、一通を逆走してしまいました。
途中で道路に書いてある文字が逆さまになっている事から
逆走に気が付きましたか、ほんの数メートル先に二車線の道路が見えたので、
バックで戻るより、あそこまで出ようと思い、
その通りまで行き、信号が変わるのを待っていました。
するとその二車線道路から、左折で私のいる道路に入ってくる車がいて、
窓を開けて謝り、信号が変わるまで待って頂く形になってしまいました。
このような場合、その方の左折を邪魔しないために
バックで下がり続けるのが最善策だったでしょうか。
脇に寄せても横を抜けられるようなスペースは無い狭い道路です。
私が交通違反を犯してしまった事は認識しており、反省しております。
知らずのうちに一通に入り込んだ事に気がついた場合、
皆さんならどのような行動を取られるか
参考迄にお聞かせ願えたら幸いです。

Aベストアンサー

基本は間違て侵入したあなたが横道に入って左折して侵入してくる車の進行を妨害しないようにする。ただ、左折で侵入して来ようとする車が、あなたの進行方向の道路に入ろうと2車線の道路上で待機しているのなら、あなたの車が二車線の道路に出てきて(本当は交通違反となるのでいけない行為ですが)二車線の道路で待機している車の進路を確保すべきだと思います。


人気Q&Aランキング