忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

●私:信号のない交差点。
  優先道路を直進(センターラインまたは車両通行帯が交差点内にも  貫通している優先道路)
○相手:交差点左方で一時停止(ラインのみで標識はなし)→直進

  
●優先道路前方が渋滞中の為、私は交差点手前で停止。
●車が少しずつ流れ始めたため交差点内を走行。
(前方車と十分な距離をあけて徐行。一時停止中の車が飛び出してこないか注意しながら)
●前の車の停止と同時に私の車も停止。
(停止した場所は交差点内。一時停止している車の正面)
○一時停止中の車が直進。(前方見ずに)
●停止している私の車が横からぶつけられた。

現在保険会社希望の過失割合は、1(私):9(加害者)
私のみがケガをして人身事故扱いです。

私の過失1というのは、私が「交差点内に停止」したからだそうです。
私が交差点内に停止したもう一つの理由は、加害者が一時停止線から前方を見ずに私の車にぶつかって来るのを目撃し危険を察知したからです。
同時に衝突されましたので、回避しようがありませんでした。

優先道路の交差点では一旦停止する義務はないそうですが、交差点内で停止することは過失割合に係わってきますか?
交通法違反になるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

進路妨害になります。


過失割合に関わってきます。

納得できないお気持ちはよく解ります。
相手は前方不注視ですからね。

しかし、どうしても納得できないのであれば、
95:5で推してみてはどうでしょうか?

保険会社にも考える余地はあると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

この度は解決に良いヒントをくださりありがとうございます。
下記を主張しましたところ0:100になりました。
感謝します。
(1)進路妨害(安全確認、注意義務)がすでに過失割合にかかわる。
(2)相手の「前方不注視」に着目。
事故当初から相手のわき見運転を私が指摘しており(相手も認めている)、過失割合の修正に従い、わき見運転等の著しい前方不注視で
相手に+10を主張。
0:100になりました。

保険会社も最初から少し考えれば分かることなのに知識不足なんですかね・・
知識のある保険会社の方が増える事を祈ります。
ヒントをくださりありがとうございました。

お礼日時:2009/01/18 12:12

No.1です。


先ほどの回答に一部間違いがありましたので訂正です。

(例えば路側に駐車していた車に他車が衝突すれば、過失割合は100%ぶつかってきた方に行きます)→(例えば駐車禁止の路側帯に駐車していた車に・・・)

でした。お詫び+訂正させて頂きます^^;。
    • good
    • 0

こんにちは。



結論から申し上げれば、
>交通法違反になるのでしょうか?
はい、道路交通法違反ですね。交差点内およびその側端から5m以内は駐停車禁止です。運転免許試験でもお約束の問題です^^。

>優先道路の交差点では一旦停止する義務はないそうですが、交差点内で停止することは過失割合に係わってきますか?
道路交通法と過失割合は必ずしもリンクしません(例えば路側に駐車していた車に他車が衝突すれば、過失割合は100%ぶつかってきた方に行きます)が、今回の場合はあなたが相手の車の走路妨害をしているという要素が考慮されます。その分の過失割合が相殺されるのは致し方ないかと思われます。交差点の先に1台分入れるスペースが空かないうちには、交差点の中に進入してはダメですよ。

>(前方車と十分な距離をあけて徐行。一時停止中の車が飛び出してこないか注意しながら)
これはあなたの側の理由であって、事故過失割合には一切関係ないと思われます。

お役に立てば幸いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

当初の私の知識不足で変な質問をしてしまってすみませんでした。
こちらのご回答で理解できました。
私は停まった状態で、相手が衝突してきたのですが保険屋さんは、
「停まっていた=交差点内に停まっていたから注意義務違反」と主張。保険屋さんが「停まっていた車に衝突した」
という事実を避けて交渉してきた事に失笑してしまいました。
さすが保険屋さん。これはもう知恵比べですね。
今回は過失割合の修正の簡単な計算問題で(相手の90+修正10)0:100になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/01/18 12:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今朝、交通事故に遭いました。一時停止エリア内での車対車です。(長文です)

保険屋さんによると、事故を起こしたのは私の方で、
過失割合は8対2(8が私)になるだろうとのことでした。
しかし、事故の発生状況と相手の対応の仕方を考えると納得できません。
もちろん5対5というのは無理でも、せめて、6対4になればと思っています。
そこで、皆様の意見や体験談などを教えて頂きたいのですが
よろしくお願いします。

発生状況は、住宅街の中央線のない十字路で、
横の道を挟んで、縦の道が一時停止になっている道です。

私が縦の道を一時停止し、左右を確認した後、
右側の奥のほうに車がいたのですが、離れていた(遠くにいた)ので
そのまま直進したところ、その直後、
私の車の運転席のドアに車が衝突してきました。
それは、相手側から見ると、目の前を横切る車の側面に直進して衝突する
という感じでした。衝撃で私の車はエアバックが開きました。
相手の車はフロントのバンパーがへこんでいました。

実は、遠くにいた車が結構な速度で走っていたのです。
私は住宅街なので、まさかそんなに速度は出さないだろうと思っていた
のですが、相手は住宅街などおかまいなしの速度で走っていたのです。

私は、一時停止の停止線で停止し、発信したところに相手が衝突
してきたので、相手の方が過失は大きいだろうと思いました。
ですが、そんなことより、とりあえず、どちらが悪いにせよ、まずは
お互い大丈夫かどうかを確認し、その後事実をはっきり確認させようと
車から降りました。
相手は、電話をしていてなかなか車から降りてきませんでしたが、
降りてくるなり、私に「いきなり出てきたからぶつかったじゃないか!」と
どなりつけてきました。

私は思わず謝ってしまったのですが、相手の方から衝突してきて、いきなり
文句だけ言ってなんと身勝手で横柄な人間なんどと思いました。

今回、私は車だったのですが、もし、これが生身の人間だったら
確実に死んでいたと思います。
それを考えると、保険屋さんのいう過失割合はどうしても納得できないのです。

保険屋さんによると、基本的に一時停止のエリアに関しては、
停止線を超えた場合、その、停止線を越えた車両に交差する一時停止のない
道を走る車両が優先されるとの事です。

つまり、停止線のところに降り積もった雪が集められた雪山があって
左右の確認ができないという悪条件で、
やむ終えず停止線と雪山を越えて左右を確認しようと、ほんのわずかでも
車の先端が出ただけでも、そこへ交差する車が衝突すると、
停止線を越えた車の方が悪くなるというのです。

私は理不尽さを感じました。
正直なところ、このような過失割合は認めたくありません。
私の考え方は間違っているでしょうか?
皆様の意見や体験談を教えてください。

以上、文が長くなってしまったのですがよろしくお願いします。

保険屋さんによると、事故を起こしたのは私の方で、
過失割合は8対2(8が私)になるだろうとのことでした。
しかし、事故の発生状況と相手の対応の仕方を考えると納得できません。
もちろん5対5というのは無理でも、せめて、6対4になればと思っています。
そこで、皆様の意見や体験談などを教えて頂きたいのですが
よろしくお願いします。

発生状況は、住宅街の中央線のない十字路で、
横の道を挟んで、縦の道が一時停止になっている道です。

私が縦の道を一時停止し、左右を確認した後、
右側の奥の...続きを読む

Aベストアンサー

まず、確認したいのですが人身事故での届けですか、それとも物損だけの届けですか?

物損だけでしたら、どうせ怒っても保険で処理されるので怒り損です。まあ、相手が保険に入っていなかったら回収できるかが問題になるので割合は大事でしょうが。
人身もあるのでしたら割合は結構重要です。賠償金のやり取りで慰謝料が減っちゃいますものね。

とりあえず腹の立つのを抑えて、冷静に参考URLをご覧になり近い割合を探してみてはどうですか?私も過去に損保代理店や事故調査員をしていたのである程度はお力になれると思いますが、まずはご自分で努力してください。
それと警察には有りのままを述べてくださいね。他の回答者で保険会社に警察の判断を聞かせたりとか警察の判断がとか回答していますが、警察は判断しないものと思ってください。実況見分等での当事者間の言い分をそのまま聴取するのが仕事です。

私が調査員の時はお互い過失なんて認めないのが普通でどちらも嘘をついているものとして調査していました。その中から客観的な事実で警察に対しての質問をつくり、×××はこうですか?言う質問でイエスノーを確認するのが主です。(書かれた事実に対する質問には嘘を言わないので)
また、警察の調書はどちらかが罰金刑等にならないと見ることも出来ないものと思ってください。

すみません、話が大分はずれてしまいましたが、
(1)冷静になり、判例を調べ、類似判例があれば保険会社を交渉する
(2)事実を有りのまま確認し、無茶な請求はしない(警察・保険会社・相手に対して)
(3)たら、ればは言わない。今回の事故には関係ない
(4)保険会社同士で協定した過失割合に文句を言わない
(5)過失割合協定に文句があるのなら自分で弁護士を選任しなければならない(50から100万は出費を覚悟して弁護士費用の回収見込みなしと考える)

ちなみに、あなたの方に停止線があって相手に無いのなら基本は9:1になるでしょう。特にあなたは相手車を認識しています。後部に当たるならまだしもドアですと相手のスピード云々は困難でしょう。下手したら相手が人身申請して、最悪免停になりますよ。

よくよく冷静にお考えください。事故は決して自分に過失が無いものと考えがちです。

何かありましたらご質問ください。気分を害したら済みませんでした。

参考URL:http://amami.rindo21.com/

まず、確認したいのですが人身事故での届けですか、それとも物損だけの届けですか?

物損だけでしたら、どうせ怒っても保険で処理されるので怒り損です。まあ、相手が保険に入っていなかったら回収できるかが問題になるので割合は大事でしょうが。
人身もあるのでしたら割合は結構重要です。賠償金のやり取りで慰謝料が減っちゃいますものね。

とりあえず腹の立つのを抑えて、冷静に参考URLをご覧になり近い割合を探してみてはどうですか?私も過去に損保代理店や事故調査員をしていたのである程度はお力に...続きを読む

Q過失割合9:1について

先日、交通事故をおこしてしまいました。私が細い道から出て来るところ、すぐ横に駐車車両があったため、見通しが悪く、相手車両に接触してしまいました。接触した際、あまり衝撃がなく、お互い怪我もしていないということで、物損事故扱いになりました。そして、過失割合が9:1(私が9割)と決まった途端、相手が1割払わないとゴネだしました。その後、物損事故だったのが、相手が打撲の診断書を提出したため、人身事故扱いになってしまいました。私が言うのもなんですが、ゴネた後にそんな行動に出るということで、どうしても報復的なやり方だと思ってしまいます。

そして、先日実況見分があり、相手は事故に遭う前に私の車を認識しており、出てきそうだと感じていたと警察に言っていました。

それでもやはり、9:1に納得してくれません。私が悪いのは重々承知しておりますが、私の車を認識していたというのであれば、少し過失はあると思うのですが…また、いろいろゴネているので、話がすすみません。相手は妊娠しているということなので、いろいろと不安です。

Aベストアンサー

追伸
示談のためには9:0示談もケースによってはあります。

早期に解決したいなら、あなた次第です。

QT字路での過失割合。接触箇所で過失は変わる?

先日T字路で交通事故を起こしまい過失割合で困ってます。

信号も標識もなく道幅も同じような道路で周りが民家がたくさんある所です。

こちらのワゴン車が直進をしていたら左方に左折しようとして止まっている軽自動車がいたので
すぐに止まれるよう時速15キロ程まで落とし軽自動車が出てこないのを確認した上でそのままのスピードで通り過ぎようとしました。
自分の車が相手の車を半分程過ぎたあたりでぶつけられました。

接触箇所は左のスライドドアの後ろ半分からリアバンパーにかけてです。

相手の車は右前のバンパー、ヘッドライト、フェンダーです。

こういったケースでは過失割合はどうなるのでしょうか?

保険会社からは

相手7
こちら3

を提示してきました。こちらの保険会社もそれで納得しています。

ただ自分としては8対2ではなくては納得がいきません。

こちらの言い分は止まっていたので譲ってくれたと思い進んだら左後方からぶつけられた感じなので
とても避けることはできなかったという事です。明らかに相手が出るタイミングを間違えたか操作ミスかに思います。

そこのT字路は民家が車にぶつけられないように少し下がって建てられており、左折しようとする車は
直角に曲がるT字路よりは早く直進車を発見しやすいような道路です。

相手は70歳を超えていて仕事で配達をやってる最中に起きました。
あまり相手の方を悪く言うのも大人げないのですが警察の方も認めるほど少し反応が鈍い方だと
思います。事故後の対応もこちらで全部してその後の謝罪の連絡も一切なしです。

相手には怪我がなかったのですがこちらは首と腰が痛く只今通院してます。
なので人身事故にさせてもらいました。

自分の保険会社の担当は7-3で納得していてこちらが納得していない旨を伝えても事務的な処理しかしていない気がします。
納得いかないのであれば相手の保険会社と話してみたり、直接 相手の方と当事者同士で話してみればいいと言ってます。
操作ミスとかわき見であって、相手がそれも認めれば8-2位にはなる余地はあると。

相手の保険会社は操作ミスもわき見もない、車の破損もチェックして現場検証もしてから言ってるんだとの事です。
こちらの保険会社は私が相手の保険会社から聞いた所によると現場検証もしていなくお互いの車の破損状況もみていないで事故に対する意欲がみられないと思うとおっしゃってました。
こちらの保険会社にそれを伝えたら後日また人を向かわせると言ってました。ワゴン車に関しては決まりがあって現物を見ることはできないそうです。

真後ろからの追突以外では左前がぶつかっても左後ろがぶつかっても過失は同じだと言ってます。
左前がぶつかってて出合い頭にぶつかっているのであればまだわかるのですがどうも納得いきません。

相手の保険会社にも途中で2週間程連絡も無しに待たされ、整備工場からも「どうなってるんですか?
そろそろ代車を返してください」と催促がくる程で、総合的に非常に不安ですし一体何を信じていいのかわかりません。

加害者とも話しましたがやはり相手が操作ミスを認めない限り過失割合はかわる事はないのでしょうか?

後もしわかればこういったケースでは免許の付加点数と言うのはこちらはどのくらいつくのですか?
免許センターに問い合わせても具体的な事は言えないとのことです。

長文すみません。

画像は相手側の運転席側から見た事故現場です。
警察がチョークで付けた後を元に位置取りしてます。


ご意見聞かせてください

よろしくお願いします

先日T字路で交通事故を起こしまい過失割合で困ってます。

信号も標識もなく道幅も同じような道路で周りが民家がたくさんある所です。

こちらのワゴン車が直進をしていたら左方に左折しようとして止まっている軽自動車がいたので
すぐに止まれるよう時速15キロ程まで落とし軽自動車が出てこないのを確認した上でそのままのスピードで通り過ぎようとしました。
自分の車が相手の車を半分程過ぎたあたりでぶつけられました。

接触箇所は左のスライドドアの後ろ半分からリアバンパーにかけてです。

相手の車は...続きを読む

Aベストアンサー

保険会社の事故処理担当者にとって、東京地裁民事交通訴訟研究会編集の別冊判例タイムズ16号『民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準』全訂4版は、いわばバイブルです。
報告を受けた事故状況が、判タ16号のどの図に分類されるかを確認し、その過失割合を基本として交渉します。ご質問のケースは判タで30:70ですから、質問者様の保険会社はそれが妥当と判断しているのでしょう。

しかし、示談というのはそもそも交渉事です。お店でモノを買うとき、値引き交渉をするかどうか、するならどこまで粘るかと同じようなものです。交渉事が苦手な人もいますし、大好きな人もいます。
質問者様の保険会社あるいは担当者は交渉事が苦手なのでしょう。

質問者様が30:70で納得できないのであれば、質問者様の保険会社と相手側に「私は相手車の動向に注意し、15km/h程度に減速して直進したが、交差点中央部付近まで進行後、右折を開始した相手車にぶつけられており、本来は0:100と考えるが、交差点内の事故であるのでそれでは示談できないだろうから15:85までは譲歩する」と伝え、修理工場へは自費で修理代を支払っておきましょう。

それでも質問者様の保険会社が動かなかったら、次回更新時には保険会社を変えればよいのです。人身事故となっていますし、相手が職業運転手であることから、相手と直接交渉すれば、15:85や20:80は十分可能な話です。

>真後ろからの追突以外では左前がぶつかっても左後ろがぶつかっても過失は同じだと言ってます

現場を見ないからそんな放言がでるのです。40~60km/hで走行する広い道の交差点なら、衝突箇所が前方か後方かは過失割合にほとんど影響しませんが、住宅街の狭い交差点で、しかも15km/h程度の低速度あれば判例上、修正要素として考慮されています。

>免許の付加点数と言うのはこちらはどのくらいつくのですか?

相手にけががありませんから、質問者様には基本点・付加点とも加算されません。

保険会社の事故処理担当者にとって、東京地裁民事交通訴訟研究会編集の別冊判例タイムズ16号『民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準』全訂4版は、いわばバイブルです。
報告を受けた事故状況が、判タ16号のどの図に分類されるかを確認し、その過失割合を基本として交渉します。ご質問のケースは判タで30:70ですから、質問者様の保険会社はそれが妥当と判断しているのでしょう。

しかし、示談というのはそもそも交渉事です。お店でモノを買うとき、値引き交渉をするかどうか、するならどこまで粘るかと同じ...続きを読む

Q詳しい方、教えてください。優先道路での一時停止について。

微妙な問題(?)なので、出来れば専門家か、詳しい参考URL(信用の置けるサイト)を回答に載せていただければ幸いです。

明らかに道幅の違う交差点で道幅の広いほうが優先道路となっています。

狭いほうの道路(優先道路ではないほう)から、車を運転していて優先道路に出る(右左折、横断など)場合、

一時停止の標識がなければ『道交法上での一時停止義務』はないのでしょうか?

この場合は注意義務だけなのでしょうか?

何かのときに、「一時停止の標識がない道路では一時停止をしなくても、警察に捕まることはない」と聞きました。
免許を取って3年ですが、教習所では「優先道路に出るときは一時停止が義務」と習ったと思い、それを実行してきました。

上記の場合、一時停止義務がなかったからといって、スーと飛び出そうとは思いませんが、

一時停止が『道路交通法上の義務』なのかどうか詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

私も専門家ではありませんが、よく優先道路と優先する道路が混同することがよくあると思います。

意外に優先道路はそれほど多く無いと思います。

>明らかに道幅の違う交差点で道幅の広いほうが優先道路となっています。
これは間違いかと思います。
道路の広いほうが優先はしますが、必ずしも優先道路とは限らないと思います。

優先道路とはその旨の標識があるか(滅多にないですね)道路上の通行帯の表示がある(例えば交差点内も中央線が途切れないなど)場合になると思います。

ですので、これらの標識や表示が無い場合は、片方がいくら道路の幅が広くとも、優先道路とはならないと思います。

ですので自分の方がいくら広いといっても、中央に十字マークなどがある様なところだと優先道路にはなりませんので、安全確認の義務はあると思います。

>一時停止の標識がなければ『道交法上での一時停止義務』はないのでしょうか?
違反項目には該当しないかもしれませんが、安全確認の義務はありますので、そういった場所では停止せずに安全確認は難しいのではないでしょうか。

私も専門家ではありませんが、よく優先道路と優先する道路が混同することがよくあると思います。

意外に優先道路はそれほど多く無いと思います。

>明らかに道幅の違う交差点で道幅の広いほうが優先道路となっています。
これは間違いかと思います。
道路の広いほうが優先はしますが、必ずしも優先道路とは限らないと思います。

優先道路とはその旨の標識があるか(滅多にないですね)道路上の通行帯の表示がある(例えば交差点内も中央線が途切れないなど)場合になると思います。

ですので、これ...続きを読む

Q進路妨害? 進行妨害?

つい今しがたのことなのですが・・・。

路側帯を、自転車で、車から見て逆送する形で走っていました。
狭い路地(両側が民家のブロック塀)から左折する車が出てきて、車のフロント部分で路側帯を完全にふさがれました。
私はスピードを出して走っていたわけではないので車の鼻先が見えた時点で停車、車の左折を待ちました。
道路は車の進行方向から見て左カーブ(私から見れば右カーブ)で、前方から進行してくる車の視認はかなり困難です。
その上なかなか車の流れが途切れず、左折車は動きが取れません。
しかたがないので、自転車を降りて、自転車を押して左折車の前を横切りました。
*路側帯はふさがれているので、私の通行した部分は車道です。

間が悪くと言うか、そういう時に限って車の流れが切れるのですね。
やっと左折できると思った鼻先を横切られたからでしょう、左折車のドライバーがおもいっきりクラクションを鳴らしました。
私もカチンときまして口論になったのですが、先方の言うことには進行妨害だと。
私は、そもそも、路側帯をふさいだあんたが進路妨害ではないのかと主張し、その場を去りました。

片付いたことですし、世の中お互い様ということは多々あります。
いつまでも腹を立てているのは大人気ないのですが、なんとなくおさまりがつきません。

法律的に見て、悪いのは私でしょうか、左折車でしょうか?

注:口論の中で「進行妨害」「進路妨害」という言葉は双方共が使っていません。
  質問に際して、状況を説明するために用いました。

つい今しがたのことなのですが・・・。

路側帯を、自転車で、車から見て逆送する形で走っていました。
狭い路地(両側が民家のブロック塀)から左折する車が出てきて、車のフロント部分で路側帯を完全にふさがれました。
私はスピードを出して走っていたわけではないので車の鼻先が見えた時点で停車、車の左折を待ちました。
道路は車の進行方向から見て左カーブ(私から見れば右カーブ)で、前方から進行してくる車の視認はかなり困難です。
その上なかなか車の流れが途切れず、左折車は動きが取れません。
しか...続きを読む

Aベストアンサー

モラル・マナーという部分では微妙なところがありますが、法律論で言えば、車側の違反ということになります。

路側帯を区画する道路標示が、当該路地交差点を貫いている場合は、相手車が路側帯を塞いで停車していたのは50条違反ですし、路側帯が当該路地交差点を貫いていないとしても、質問者様が通行していた道路の方が明らかに広い道路であるか、道交法で定義する優先道路であったとすると、36条違反となります。

また、質問者様は自転車を押して当該路地交差点を横断していたのですから歩行者であり、路側帯を塞がれてやむなく車道を横断しているのですから、10条違反とまでは言えず、一方で車は信号機のない交差点付近での横断歩行者優先を規定した38条の2に違反していることになります。

なお、自転車の路側帯通行は17条の2で認められており、左側のみの路側帯とは規定されておらず、右側の路側帯を走行しても違反とはなりません。しかし、路側帯が切れたとたん17条第4項「車両は、道路の中央から左の部分を通行しなければならない」に違反することになりますから、適切な走り方とはいえません。

参考条文

道交法10条第2項「歩行者は、歩道等と車道の区別のある道路においては、次の各号に掲げる場合を除き、歩道等を通行しなければならない。
1号(略)。2号 道路工事等のため歩道等を通行することができないとき、その他やむを得ないとき」

道交法17条の2「軽車両は、前条第一項の規定にかかわらず、著しく歩行者の通行を妨げることとなる場合を除き、路側帯(軽車両の通行を禁止することを表示する道路標示によって区画されたものを除く。)を通行することができる」

道交法36条第2項「車両等は、交通整理の行なわれていない交差点においては、その通行している道路が優先道路である場合を除き、交差道路が優先道路であるとき、又はその通行している道路の幅員よりも交差道路の幅員が明らかに広いものであるときは、当該交差道路を通行する車両等の進行妨害をしてはならない」

道交法38条の2「車両等は、交差点又はその直近で横断歩道の設けられていない場所において歩行者が道路を横断しているときは、その歩行者の通行を妨げてはならない」

道交法50条第2項「車両等は、その進行しようとする進路の前方の車両等の状況により、横断歩道、自転車横断帯、踏切又は道路標示によって区画された部分に入つた場合においてはその部分で停止することとなるおそれがあるときは、これらの部分に入ってはならない」






相手車は、路側帯を塞いで停車していたわけですから、路側帯を通行していた質問者様の通行を妨げた

モラル・マナーという部分では微妙なところがありますが、法律論で言えば、車側の違反ということになります。

路側帯を区画する道路標示が、当該路地交差点を貫いている場合は、相手車が路側帯を塞いで停車していたのは50条違反ですし、路側帯が当該路地交差点を貫いていないとしても、質問者様が通行していた道路の方が明らかに広い道路であるか、道交法で定義する優先道路であったとすると、36条違反となります。

また、質問者様は自転車を押して当該路地交差点を横断していたのですから歩行者であり、路側帯...続きを読む

Q交差点で追突してしました 過失割合がよく分からなく困っています

交差点で追突してしまいました。いわゆるオカマをしてしまいました。当方、前車ともに黄信号で交差点に進入。前車が交差点内(停止線、横断歩道を越えたところ)で停止しました。そこに当方が追突してしまいました。スピードはあまり出ていませんでしたので、お互いにバンパーの損傷程度でした。即警察に届け、事故証明を取りました。後日当方の保険会社から100:0で、当方の過失100、仮に裁判をしても(黄色は止まれの合図、車間を取っていない当方が悪い)過去に事例がないため過失割合は変わらないといわれました。前車がそのまま通過さえすれば、追突することもなかったと思うのですが、このような過失割合となるのでしょうか?

Aベストアンサー

私も同じようなことがありました。
私の場合は車三台で、A車B車C車と続いて走っていて(私はC車)
A車が交差点中央で突然停車しました。
黄色信号でしたがB車の方もC車の私も当然そのまま通過すると思っていました。
急ブレーキをかけましたがA車とB車は接触せず、B車とC車だけがぶつかり、
警察や救急車を呼んでいるあいだにA車はどこかに行ってしまいました。最悪です。
ただ、B車の方が非常によい方で大きなトラブルにもならなかったことが幸いでした。
警察では同じような説明をうけました。前車が急停車しても大丈夫な車間距離を取っていない方の過失だそうです。

Q人身事故にしないと 自賠責保険の慰謝料の支払いは受けられないのでしょうか?

一昨日、駐車場で停車中(私)に 右後方から車(相手)に追突されました。

警察を呼んで その時はどこもケガ無く、痛くもなかったので物損事故になり
私の方は停車中だったので、過失は100%相手側にある。
 と言われました。

その後、相手の保険会社から車の修理について(100%受け持つと)の連絡が来ました。 

ところが 昨日の夜から首の辺りが痛み始め 
今日、相手の保険会社に その旨を話し「明日病院に行ってくる」と連絡を入れました。

相手の保険会社は、すでに行く予定の病院・薬局にも連絡を入れて下さり 
支払は一切しないで済むように手配してくれているそうです。

なので、車の修理代と通院費用については問題ないのですが 
警察の届け出が物損事故のままだと 慰謝料はもらえないのでしょうか?

私は、専業主婦で 仕事はしていないのですが
友人から
「人身事故だと自賠責保険から通院日数(回数?)に応じた慰謝料が支払われるはず。
でも、その場合は警察で人身事故にしてもらわないとダメだと思う」
と言われました。

大した事故でも無いし、相手の家族の方が事故の次の日にすぐに謝罪にも来ましたし、
人身事故にすると相手の処罰が重くなるようなので
出来ればこのまま物損事故にしてあげたいな。。。とは思ったのですが
 
そうなると 慰謝料はもらえないのでしょうか?
慰謝料も欲しいのであれば、やっぱり警察に人身事故として届け出るしかないのでしょうか???

ご存知の方がいらっしゃいましたら ぜひ教えてください。
よろしくお願いします。

一昨日、駐車場で停車中(私)に 右後方から車(相手)に追突されました。

警察を呼んで その時はどこもケガ無く、痛くもなかったので物損事故になり
私の方は停車中だったので、過失は100%相手側にある。
 と言われました。

その後、相手の保険会社から車の修理について(100%受け持つと)の連絡が来ました。 

ところが 昨日の夜から首の辺りが痛み始め 
今日、相手の保険会社に その旨を話し「明日病院に行ってくる」と連絡を入れました。

相手の保険会社は、すでに行く予定の病院・薬...続きを読む

Aベストアンサー

警察に人身事故として届け出ると、警察は加害者(けがをさせた人)を自動車運転過失傷害罪の被疑者として調書を作成し検察庁へ送致します。同時に被害者のけがの程度に応じた交通事故の付加点が加害運転者に加算されます。あなたのケースだと、医師の診断書は全治1~2週間程度と考えられますので、相手運転者の違反点数は前方注視義務違反2点+付加点3点なので、前科前歴がなければ免停は免れるでしょう。自動車運転過失傷害罪については、あなたの実際の治療期間、あなたが加害者に対して処罰感情を持っているかなども加味されるので、不起訴(おとがめなし)となる可能性も高くなります。
ですから、人身事故届をしておく方が、もしあなたの症状が芳しくなかったときに余計なトラブルにならず安心です。
それでも、症状が軽く無理に人身事故届をしたくない場合は、物件事故届のままでも治療費のほかに慰謝料・休業損害・通院費を支払ってもらえます。
相手の保険会社は、あなたの治療費等を病院に支払った後、相手車の自賠責保険会社に対して自賠責保険で支払ってもらえる分を請求します。この自賠責保険の請求には自動車安全運転センターが発行する人身事故証明書が必要ですが、同センター発行の物件事故証明書に人身事故取得不能理由書を添付することで代用できるのです。
よって、自賠責基準の慰謝料(治療期間か実通院日数の2倍のいずれか少ない日数×4200円)、主婦の休業損(実通院日数×5700円)、通院交通費(電車・バス等の実費等)は、警察への届出が人身事故・物件事故のいずれかにかかわらずもらえることになります。

警察に人身事故として届け出ると、警察は加害者(けがをさせた人)を自動車運転過失傷害罪の被疑者として調書を作成し検察庁へ送致します。同時に被害者のけがの程度に応じた交通事故の付加点が加害運転者に加算されます。あなたのケースだと、医師の診断書は全治1~2週間程度と考えられますので、相手運転者の違反点数は前方注視義務違反2点+付加点3点なので、前科前歴がなければ免停は免れるでしょう。自動車運転過失傷害罪については、あなたの実際の治療期間、あなたが加害者に対して処罰感情を持ってい...続きを読む

Q駐車場内(こちら停止中)での事故で揉めています

 先日、私が大規模ショッピングセンターの地下駐車場内でこのような物損事故にあいました。
 その駐車場は対面して通行できる通用路がある場所です。当日は休日で大変混雑していた状況で、やっとのことで私が進行方向から見て右側に駐車スペースを発見したため、バックで駐車しようと一度左車線から右車線側にはみ出したうえ、通用路をまたぐ様な状態で車を斜めに止め、ギアをバックに入れました。
 右後ろをまず確認し、左後ろを確認しようとしたところ、目の前(斜めに止まっていたため、目の前に車両があったが実際は私の車の左側をすり抜けていった)を相手方が勢いよくすり抜けていき、私の車の左フェンダーと相手方の右リアバンパーが接触したのです。
 警察を呼び、事故の届けを出し、後は保険会社にまかせますということとなり、相手方からの謝罪も受けたので円満に解決するかと思ったのですが、相手の保険会社からは「うちのお客様はあなたの後ろを走っていて、あなたが右によられて道を譲ってくれたと思いいったのです。事故はあなたがバックしていたので五分五分です。」と言われました。
 こちらは「バックしておらず10対0以外あり得ない。駐車場のスペースに入れようとして止まっていたのにぶつけられ、納得がいかない。傷もバックしてできた傷でないことは明白だ。」と交渉が暗礁に乗り上げました。私の過失は認めたくないため保険会社も使えず、自分で交渉しております。
 私の主張としては
   1 駐車場内で駐車する車を見た場合、後ろからきた車は一旦待って安全確認する義務がある
   2 余地がない場所を強引に通り抜けようとしておきた事故である
   3 停止中の事故でありこちらには過失がない
   4 損傷部位からバック事故はあり得ないこと
を伝えましたが相手の保険会社の回答はかわりません。
 それで裁判にもちこんででも争いたいのですが、その場合の過失割合はどのようになるのでしょうか。
 図面がないのでわかりにくく、申し訳ありませんが何かアドバイス等あればよろしくお願いします。

 先日、私が大規模ショッピングセンターの地下駐車場内でこのような物損事故にあいました。
 その駐車場は対面して通行できる通用路がある場所です。当日は休日で大変混雑していた状況で、やっとのことで私が進行方向から見て右側に駐車スペースを発見したため、バックで駐車しようと一度左車線から右車線側にはみ出したうえ、通用路をまたぐ様な状態で車を斜めに止め、ギアをバックに入れました。
 右後ろをまず確認し、左後ろを確認しようとしたところ、目の前(斜めに止まっていたため、目の前に車両があ...続きを読む

Aベストアンサー

>それで裁判にもちこんででも争いたいのですが、その場合の過失割合はどのようになるのでしょうか。

裁判になった場合、過失割合と言う概念は消失します。

過失割合とは「示談を行う際に、双方で、それぞれが何割づつ負担するかを取り決める際の、割合」の事です。

示談が決裂し民事裁判になると、自己が受けた損害に対し、被告側に賠償請求するだけです。

「私の車の修理に10万かかるから、10万円を払え。裁判費用も負担しろ」との訴状を出すのみです。

そうなれば、相手も黙ってませんから「こっちの車の修理に20万かかるから、20万払え。裁判費用も負担しろ」と、貴方を訴えて来るでしょう。

で、勝つか負けるかは「証拠と証人しだい」です。駐車場の監視カメラの映像とか、近くに居た人の証言とか、勝てそうな材料が集められれば、裁判に勝てるでしょう。

それと
>こちらは「バックしておらず10対0以外あり得ない。
ですが、世の中、そんなに甘くはありません。

交通事故の過失割合で10:0が認められるのは、以下のケースのみです。

・信号待ち中での、後方、真後ろからの追突
・事故の瞬間にエンジンを切っていた場合
・事故の瞬間にギアがパーキングになっていたか、ギアがニュートラルになっていてサイドブレーキをかけていた場合
・基本9:1の過失割合で、9側が酒気帯びの場合
・基本8:2の過失割合で、8側が飲酒運転の場合

質問者さんの場合、上記の4つに当てはまりませんので「絶対に10:0になる事は有り得ない」です。

停車していても、エンジンが動いていて、ギアが前進か後進に入っていて、何時でも車が動く状態であれば、絶対に10:0にはなりません。

質問者さんは「動いてないのに有り得ない」と思うでしょうが、それが「自動車事故での示談の常識」なので。

示談するか、民事裁判して無駄に時間と裁判費用を費やすか、どちらか決めて下さい。

なお、民事裁判の場合、こういうケースでは、判決が出ずに和解勧告を受け、示談と同じ結果にされ、時間と裁判費用だけを無駄にしてしまうか、判決が出たとしても結審までの2年余り、平日の昼間に不定期に裁判所へ何度も何度も呼び出され、仕事に支障が出ます。

このケースでは、普通は8:2で、運が良ければ9:1で示談になるでしょう。

>それで裁判にもちこんででも争いたいのですが、その場合の過失割合はどのようになるのでしょうか。

裁判になった場合、過失割合と言う概念は消失します。

過失割合とは「示談を行う際に、双方で、それぞれが何割づつ負担するかを取り決める際の、割合」の事です。

示談が決裂し民事裁判になると、自己が受けた損害に対し、被告側に賠償請求するだけです。

「私の車の修理に10万かかるから、10万円を払え。裁判費用も負担しろ」との訴状を出すのみです。

そうなれば、相手も黙ってませんから...続きを読む

Q過失割合が10:0ってあり得るのかあり得ないのか

こんばんは!

車同士の事故で過失割合が10:0はあり得ないと聞きますが
あり得ると言う意見も多数聞きます。
1)実際のところどうなのでしょうか?どういう場合に過失割合が10:0になるんですか?

2)片側一車線の道で、普通に制限速度を守って走っていて、
後ろから暴走車が自分の車+50kmの速度で後ろにぶつかった場合の過失割合は?
こういうのは自分も速度を上げない限り逃げられないと思うんです
片側一車線だと車を止めて先に行かせる事もできませんしどうなんでしょう?

Aベストアンサー

皆さん勘違いしていますが、過失割合と言うのは当方の車が動いているかどうかと言うことは全く関係ないことなのです。
つまり双方の過失の割合を数字に表したものであってここでも多くの人が誤って解釈してしまっているのが改めて解りました。

つまり当該事故を起こされた被害者側が回避不能であることが証明されれば過失割合は100:0になります。勿論交通法規を遵守していた場合と言うのが絶対条件になります。

例えば相手が故意に体当たりしてきた場合などこちらに全く落ち度が無くしかも回避不能の状態であっても過失責任を取られることなどは法律の趣旨から鑑みてもあってはならないことなのです。

また立体的に交差する道路上方よりガードレールを突き破って落下してきた車を回避することなども到底不可能でありこれも100:0にしなければ社会通念上おかしなことになりますね。

少し極端な例でしたがこれらに近い状況で回避不可能であることが立証されれば過失責任を取られることはありません。
法律とは常識的な感覚に近いものであるべきであまりにも理不尽なことはそのまま通る筈もありません。

ご参考に

皆さん勘違いしていますが、過失割合と言うのは当方の車が動いているかどうかと言うことは全く関係ないことなのです。
つまり双方の過失の割合を数字に表したものであってここでも多くの人が誤って解釈してしまっているのが改めて解りました。

つまり当該事故を起こされた被害者側が回避不能であることが証明されれば過失割合は100:0になります。勿論交通法規を遵守していた場合と言うのが絶対条件になります。

例えば相手が故意に体当たりしてきた場合などこちらに全く落ち度が無くしかも回避不能の...続きを読む

Q交差点中央で右折待ちの際に直進車に衝突された事故

交差点中央での右折待ちの際にトランク部分がはみ出ていた為に直進車に衝突された交通事故について
過失割合について教えてください。

一方通行路から片側2車線の道路へ右折しようとしましたが、一旦、中央分離帯付近で停止して左からの直進車の通過を待っているときに、当方のトランク部分が走行車線(第2車線)にはみ出ていた為、右から直進してきた車にトランク部分に衝突されました。
一方通行路から正面に信号はなく、片側2車線道路の信号は青でした。
この場合、当方は停止していたので過失は0と考えていいのでしょうか?
相手は当方が停止していた事は認めていますが、トランク部分が車線にはみ出ていたのが気にくわないようです。
それとも、直進車の進路を妨害したとみなされて、当方の過失が大きくなるのでしょうか?
もし、該当の判例のURLや判例タイムスの番号があればご教示頂けると幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

これだわ。
http://www.jiko2.com/kasituwariai/c012-.html
これに信号の負荷割合を加えると、ご質問者様が9割以上悪いことになる。
簡単に言えば
>一方通行路から正面に信号はなく、片側2車線道路の信号は青でした。
信号無視した上に「交差点中央で立ち往生した」でほぼ全面的にご質問者様の過失。

>当方は停止していたので過失は0と考えていいのでしょうか?
何でもかんでも「止まってれば勝ち」じゃ無いよ。


人気Q&Aランキング