祝Queenの日!フレディ・マーキュリーの年代別ファッション&ヒットソングまとめ

初めての事故で心底まいっています。


赤信号の交差点を右折予定で、右折レーンを徐行直進していた私に、
左にあるコンビニから、赤信号で停車中の車の間を突然右折進入してきた相手方の車がぶつかってきました。
(この文章で状況が伝わるでしょうか?)


相手方は2:8(相手:私)の過失割合をゆずれないと言っているそうです。
保険屋さんも判例で決まっているから仕方ないと言うのですが、
私に過失が2もある理由がわかりません。
ぶつかってこられ、その上保険の等級まであがるなんてショックです。

どなたか教えてくださいませ。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

No.3です。


補足、確認しました。

路外から道路に進入するため右折する場合
http://kashitsu.e-advice.net/car-car/100.html
(1)まず事故現場が「幹線道路」であったか?です。

※「幹線道路とは」
「道路法7条」
歩車道の区別があって、車道幅員が概ね14M以上(片側2車線以上)で、車が高速で走行し通行量の多い国道や一部の県道の類の道路の事。

「幹線道路」であれば質問者さんの過失に-5、過失修正されます。

(2)相手の「徐行の有無」についてです。

相手の車がが右折をする為には
「歩道を横切る時(路外から進入)」と
「停車中の車の間から右折の時」に徐行する必要があります。

質問者さんが右折レーンを直進の際に、
相手の車が頭(車の前部)を出して待機していれば直進車にも認識出来ますが、それもなく飛び出すように右折してきたという事は相手は、
「手前の停車中の車は赤信号で止まっている。
反対車線(左側)の車を確認して、車が来ていなければ右折出来る」
と判断したのかもしれません。

つまり手前の車線の車が停車→赤信号→右からの車は来ない(赤信号で止まっているから)と判断したのかもしれません。
※(片側1車線づつで交差点手前だけ右折レーンがあって部分的に2車線)

「徐行なし」を認めさせれば-10の過失修正です。
(1)と(2)を併せれば、80:20→95:5になります。

(1)はともかく、(2)を認めさせるのは大変です。
事故の損害状況(度合い)等から主張する事になりますが、なかなか困難です。

もう一点は「質問者さんの過失」について相手の主張を聞く事です。
具体的でなかったり、
「安全義務違反」と言われた場合は
「どの辺に落ち度があるのか?」と質問します。

交通の「安全義務」とは
「通常、車を運行する上で起こりうる危険を、常識の範囲で予見・回避する義務」
です。

質問者さんが予見・回避不可能であったのであれば「安全義務違反」には問われない事になります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

貴重なお時間をさいて詳しく具体的に教えてくださり、ありがとうございました。
事故以来どんよりした毎日でしたが、あなた様の助言のおかげで前向きに向き合えるような気がします。
これを参考に話し合って行きたいと思っております。
本当に本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/04/16 14:17

・事故のお見舞い申し上げます。


私が2年程前に被害にあった交通事故に酷似しています。

基本の過失割合は80:20(相手:質問者さん)です。

過失修正要素として「幹線道路」や「徐行義務違反」(徐行なし)などを証明出来れば過失割合に10%~20%の過失修正が加えられます。

質問者さんが過失に問われるとすれば「安全義務違反」です。
相手の車が飛び出してくる事を予見し、回避出来たのではないか?というものです。

(1)どの時点で相手の車を認識出来たか?
(2)質問者さんの車にどのタイミングで追突したのか?
上記2点が判れば、反論出来るかと思います。

※「双方動いていれば100:0は無い」は保険会社のウソです。
一般的にもそう認識されていますが知識を得れば「違う」という事が判ります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>(1)どの時点で相手の車を認識出来たか?

相手の車がつっこんで来る時点です。
私が進んでいる右折レーンの隣の直進レーンで、
停車中の車の間から突然出てきたという感じです。


(2)質問者さんの車にどのタイミングで追突したのか?

その直後に私の車の真横に正面からつっこんできたんです。
回避はとても無理でした。
このような状況だったのですが反論できるんでしょうか?

すぐにお答えできずすみませんでした。
またお時間があるときに御指南いただければと思っております。

お礼日時:2009/04/15 18:08

もし貴方が車両保険に加入していれば、あなたの過失が


1割でも、2割でも等級への影響は0:100にならない
限り同じです。

修理代の1割を持つか、2割を持つかの問題であり
いずれにしても修理代は保険で出ます。

車両保険に加入していないと、あなたの負担は
それだけ大きくなりますが・・・

判例はあくまで参考で、全く同じ事故の判例がある
のではなく、類似の判例を参考にして保険会社は
過失割合を決めています。

交渉によっては若干修正もあるかもしれませんが
余り期待しない方が良いでしょう。

保険会社は停車中の事故でない限り、双方に責任が
あると云う原則論できますから。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>修理代の1割を持つか、2割を持つかの問題であり
いずれにしても修理代は保険で出ます

どちらにしろ等級はマイナスになってしまうんですよね。
それを受け入れるのがどうにもつらいです。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/04/15 17:51

状況に依っては1対9や3対7への変動はあるでしょうが基本的には2対8が通常でしょう。



前方不注意とか云う事だと思います。
裁判なども殆ど過去判例に基づいて決まる様に交通事故もそれに準じています。
一般的な考え方とはかけ離れた事が多いですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すばやい回答ありがとうございます。
やっぱり判例で決まってしまうのですね。
残念でしょうがないですが、人身でなくてよかったとあきらめるしかないのかも、トホホです。

お礼日時:2009/04/14 16:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q駐車場から出てきた車との事故での頭出し待機って?

車で直進中に、駐車場から出てきた車に横から追突されました。

駐車場の入り口付近を通ったときに、相手の車はそこから20mくらい先の場所で左折しようと停止していました。
その車は道路に対してかなり斜めの状態だったので、飛び出してくる可能性もあると思い減速しました。
私が見た限り、その車は道路にはみ出しているわけではありませんでした。
その車の後ろ側近くに私の車が進むまでその車は動かず停止していることを確認し、対向車がくる可能性もあったので、減速したまま少し中央よりに進みましたが、相手の車の横に並んだと思った瞬間に横から追突されました。
相手はこちらの車が全然見えていなかったそうです。

翌日、相手の保険会社から電話があり、「過失を認めてください」と言われましたが、相手が見ていなかったことと自分が減速していることから過失ゼロを主張しました。
事故の状況がうまく伝わっていないと思ったので、相手の保険会社に説明を聞きに行ったところ、相手は頭出し待機をしていたので、クラクションを鳴らすか、一時停止をするか、大きく右側にふくらんで通過するべきだったと言われました。

相手の車が道路にはみ出しているようには見えなかったので「頭出し待機」というのが納得できません。

いろいろ調べてみたところ、頭出し待機とは「路外からそろそろ 出てきて、道路に少し頭を出して待機した後、発進した場合」という定義になっていました。

車が道路に対してある程度垂直に止まっていたのであれば前の部分全体が道路に出ている状態なのかな?とは思うのですが・・・
相手の車がかなり斜めだったので、どういう状態が「頭出し待機」になるのかよくわかりません。

駐車場は広くどこからも出入りでき、事故にあった道路は道幅がせまい道路で、歩道がなく両端に側溝があります。

「頭出し待機」というのはどの部分がどのくらい車が道路に出ている状態のことを言うのでしょうか?

また、側溝までしか出ていなかった場合も、道路に出ているという判断になるのでしょうか?

質問するのがはじめてなので説明がわかりにくいかもしれませんが、教えてもらえたら嬉しいです。

よろしくお願いします。

車で直進中に、駐車場から出てきた車に横から追突されました。

駐車場の入り口付近を通ったときに、相手の車はそこから20mくらい先の場所で左折しようと停止していました。
その車は道路に対してかなり斜めの状態だったので、飛び出してくる可能性もあると思い減速しました。
私が見た限り、その車は道路にはみ出しているわけではありませんでした。
その車の後ろ側近くに私の車が進むまでその車は動かず停止していることを確認し、対向車がくる可能性もあったので、減速したまま少し中央よりに進みましたが、...続きを読む

Aベストアンサー

『頭出し待機』の定義までは存じませんが,側道から本道に出る車が安全を確認出来,他車からも認められる位置で待機する状態,普通誰しもがしている行為だと思います。
事故の状況についてですが,明らかに相手側の安全確認不全と解されます。
ただ,双方共に走行中と解釈すれば,責任の度合いに差はあっても,一方が0%となる事は無いと言われています。
危険回避は運転者全てに課せられている義務ですから,保険会社の言い分は其処の所にあるかと思います。警察の現場検証でも,100対0の判定はしないと思われます。
貴方から見て斜めに停車待機していた相手側は,右側方向指示器を点けて合図すべきだったのですが,その辺は如何ですか? 
それが無ければ,貴方が相手車を駐車中と誤認するのはやむを得ない事です。
少なくとも,95対5程度の主張は可能かも知れません。

Q直進者と路外右折者の車の接触事故について。

初めまして。私は任意保険に加入してない車での事故だった為直接相手の保険やとの話し合いをしています。分からない事が多く沢山調べましたがそれでも不明な点があるので4つ質問します。

直進者(相手)路外右折者(私)の物損事故です。
ゼブラゾーンでの事故だったので現在相手3割、私7割の状態です。

事故を起こした道路は追い越しの為のはみ出し禁止標識のある片側一車線センターライン黄色の道路です。
事故を起こした場所は交差点前ではありませんがもうすぐ交差点に差し掛かる場所で車1台は入らないくらいのゼブラゾーンです。

21時頃の暗い時間でした。私が右折しようとウインカーをあげて止まれの標識で止まっていたところ、右から来た車が止まってくれました。その後確認のため左を見ると信号が赤で私が入りたい方の斜線の直進車は来ていませんでした。もう一度右を見ると止まっていた車の後ろに少なくとも2台車が並んでいました。

徐行で道路内に入り右にハンドルを切って曲がろうとした時に勢いよく車が飛び出してきて相手のドアにぶつかりました。
相手は交差点を右折したく、信号待ちの渋滞が並んでいると思って追い越したそうです。

そこで、今保険やと話し合っているのがセンターラインを越えて追い越したのか、事故を起こした場所がセンターラインを越えていたかどうかです。
道路の長さを測りますと言われましたがその測り方がまず納得いきません。
止まってくれていた車は右側の線ギリギリに止まっていたと仮定し、追い越す際の止まっている車との横の車間距離は関係なしに車が2台入れるかどうかで判断すると言われました。
①この測り方は正しいのでしょうか?
お互いに、右側の線ギリギリに止まっていたかどうかなんて証明出来ないはずですが、もしギリギリでも車は入れるから追い越しの際にセンターラインを越えていませんと言われた場合
②私が目撃者を探して証明しなきゃいけないのでしょうか?

もうひとつ今保険やの方に確認していますが、私は少なくとも右側に3台の車が止まってくれていたのを左右確認時に見ています。相手も数台追い越してきた、と保険やに証言したそうです。
そこで、3台以上後ろから追い越すとゼブラゾーンもまだ始まり頃でセンターラインをはみ出さなければ追い越せません。
③そんなに後ろから標識を無視して追い越してきてもその過失はないのでしょうか?

直進者と路外者の事故でセンターラインは関係ないという回答を見ましたが、相手の保険やがかなりこだわってギリギリで車をセンターラインより中に入れようとしているところを見ると関係ないとは思えないですが
④何か向こうの過失になりそうな可能性があるからセンターラインにかなりこだわっているのでしょうか?

下手な文章で分かりづらいとは思いますが、回答宜しくお願いします。

初めまして。私は任意保険に加入してない車での事故だった為直接相手の保険やとの話し合いをしています。分からない事が多く沢山調べましたがそれでも不明な点があるので4つ質問します。

直進者(相手)路外右折者(私)の物損事故です。
ゼブラゾーンでの事故だったので現在相手3割、私7割の状態です。

事故を起こした道路は追い越しの為のはみ出し禁止標識のある片側一車線センターライン黄色の道路です。
事故を起こした場所は交差点前ではありませんがもうすぐ交差点に差し掛かる場所で車1台は入らないく...続きを読む

Aベストアンサー

なんか異変な回答が多いので、まずは基礎知識を。

お察しの通り、交差点前10mは追い越し禁止です、
まして、車線でセンターラインを超えることも違反行為です、
右折者だからと要って、前の車両を追い越して右折はできません。
で、あなたの過失は10%です、(安全運転義務違反)
これはほぼ相手側車両に過失があった事故です。
単純に直進車との事故ではありません。

で、ここが重要。
物損事故なので、相手の刑事罰を問えません。
あなたの車の修理費から10%引いた金額を相手の保険屋に請求しましょう。

これだけです、
当然ですが、休業補償なども戴けます。

後は突っ撥ねてください。

それでも揉めたら、交通事故紛争解決センターにお願いしましょう、
専門館が調べてくれます。

今後は任意保険にキチンと加入しましょう。

Q路外進入と直進車

8月に事故がありました。
相手が直進、私が駐車場からの路外進入車です。
路外から道路に出る為に安全確認をしようと頭を出して停止中でした。
すると直進してきた相手と車のフロント部分が接触しました。
現場道路はカーブしていて、駐車場の周りには塀があり見通しが悪く、
ミラーがついていたのでミラーで道路確認し、
さらに安全確認をしようと頭を出して停止したのです。
1mも出ていなかったと思います。

私は自分には過失がないと思っていて、保険会社未報告です。
相手保険会社は80:20と言って、過去の判例を資料として送ってきましたがまったく納得いきません。
直進車が優先される、妨害してはいけないというのは分かります。
安全確認のための一時停止義務を遂行しようと停止していたのに、
なぜ私に過失があるのでしょうか?

相手保険は、相手は私に賠償請求しない。私の車も賠償しない。
それでも納得いかないなら訴えてくださいと言ってきました。
もう他に方法はないのでしょうか?

Aベストアンサー

>なぜ私に過失があるのでしょうか?
 過失も有無について第三者が色々と述べても単なる一般論にしか過ぎません。質問者さん自身が判例の資料を見ても納得できないのであれば、何を書いても意味は無いですね。
 それはそうと、仮に今回の事故で反対の立場だったとします。その場合相手の無過失主張を受け入れられますか?受け入れられるのであればその主張もいいですが、もし受け入れられないのであれば、ある程度のところで妥協は必要なのかもしれません。

>もう他に方法はないのでしょうか?
 相手側の提案を受け入れられないのであれば、無理に受け入れる必要はありません。合意できないのであれば、「質問者さんの損害額×相手側過失割合」を受け取れないことになります。支払い等に困ってないなど状況が許せば、そのまま放置しておいてもいいでしょう。おそらく「相手は私に賠償請求しない。私の車も賠償しない」といった提案だと相手は車両保険もありそうですね。だとしたら相手側も困らないですね。相手側保険会社は質問者さんの過失分が回収できないので困るかもしれませんが。しかしその場合相手側から裁判へ持ち込まれることもあるでしょう。その覚悟は必要ですね。
 まだ自分側の保険会社へは事故報告をしていないようですが、報告されたほうがいいでしょう。そして交渉の経過や相手側の提示についても伝え、見解を求めてみてください。保険金を払ってもらわなければ保険事故にはなりません。大いに保険会社を利用しましょう。

>なぜ私に過失があるのでしょうか?
 過失も有無について第三者が色々と述べても単なる一般論にしか過ぎません。質問者さん自身が判例の資料を見ても納得できないのであれば、何を書いても意味は無いですね。
 それはそうと、仮に今回の事故で反対の立場だったとします。その場合相手の無過失主張を受け入れられますか?受け入れられるのであればその主張もいいですが、もし受け入れられないのであれば、ある程度のところで妥協は必要なのかもしれません。

>もう他に方法はないのでしょうか?
 相手側...続きを読む

Q交通事故の過失割合について(路外出る右折車と直進車)

過失割合について(路外出る右折車と直進車)


先日、自動車同士での交通事故があり過失割合について教えていただければと思います。
双方2車線の道路でした。
A車は走行車線を走っており、追い越し車線は非常に混雑していました(先の交差点で右折する車を含め)。
走行車線は通常通り流れており、A車は法定速度で走っていました。
対向車線を走っていたB車は右側にある店舗の駐車場にはいるために、右折をしようとしていたら
反対車線の追い越し車線側の車がB車を右折させるためにパッシングしました。
それを見たB車は走行車線を確認せずに右折、A車からは追い越し車線の混雑で
右折してくるB車を確認することはできませんでしたので結果走行車線を直進していたA車と衝突。

この場合のA車とB車の過失割合はどのようになりますでしょうか。
調べたところでは通常、路外へ出る右折車と直進車の過失割合は90:10になるとのことでしたが
A車からB車は走っていることさえ確認できない状態でした。
B車は追い越し車線の車のパッシングのみで右折を行い走行車線に進入する前に走行車線の確認を行いませんでした。

よろしくご教示下さい。

過失割合について(路外出る右折車と直進車)


先日、自動車同士での交通事故があり過失割合について教えていただければと思います。
双方2車線の道路でした。
A車は走行車線を走っており、追い越し車線は非常に混雑していました(先の交差点で右折する車を含め)。
走行車線は通常通り流れており、A車は法定速度で走っていました。
対向車線を走っていたB車は右側にある店舗の駐車場にはいるために、右折をしようとしていたら
反対車線の追い越し車線側の車がB車を右折させるためにパッシングしまし...続きを読む

Aベストアンサー

通常、90:10での過失割合と本文中にありますが、
おっしゃられる状況では、だいたいそのくらいだと思われます。

Q過失割合9:1について

先日、交通事故をおこしてしまいました。私が細い道から出て来るところ、すぐ横に駐車車両があったため、見通しが悪く、相手車両に接触してしまいました。接触した際、あまり衝撃がなく、お互い怪我もしていないということで、物損事故扱いになりました。そして、過失割合が9:1(私が9割)と決まった途端、相手が1割払わないとゴネだしました。その後、物損事故だったのが、相手が打撲の診断書を提出したため、人身事故扱いになってしまいました。私が言うのもなんですが、ゴネた後にそんな行動に出るということで、どうしても報復的なやり方だと思ってしまいます。

そして、先日実況見分があり、相手は事故に遭う前に私の車を認識しており、出てきそうだと感じていたと警察に言っていました。

それでもやはり、9:1に納得してくれません。私が悪いのは重々承知しておりますが、私の車を認識していたというのであれば、少し過失はあると思うのですが…また、いろいろゴネているので、話がすすみません。相手は妊娠しているということなので、いろいろと不安です。

Aベストアンサー

追伸
示談のためには9:0示談もケースによってはあります。

早期に解決したいなら、あなた次第です。

Q交通事故の過失割合について【路外進入者と追越車線にて衝突】

皆さん、教えてください!
交通事故の過失割合で困っています。

 私が国道の追越車線を走行中に、突然大きな音がしたと思ったら、何と路外から左折進入した車が、追越車線を走っている私の車の左側面に衝突しました。
 損傷状況としては、私の車は左側側面の殆どを損傷、相手の車は右側ヘッドライトからドアミラー付近です。

 相手は道路に入る際、走行車線が渋滞していた為、その合間を縫って追越車線に入ったのですが、安全確認をしていないことを認めております。

 そして相手の保険会社から提示された過失割合は(相手)9:1(私)。
 私は、相手が路外から追越車線まで一気に進入してきたこと、また、真横からの衝突のため相手を確認する術が無く回避手段が取れなかったことにより(相手)10:0(私)を主張しています。

 こちらに何か過失があれば、9:1でも納得できますが、保険会社に確認しても注意義務の一点張りで、こちらの明確な過失や、事故を回避する術を答えることもできません。

 お互い走行中の事故で100:0の判定は有得ないということは重々承知ですが、どうしても避けられない事故もあるはずです。
 こういうケースで100:0になる判例をご存知でしたら、教えて頂けないでしょうか?

皆さん、教えてください!
交通事故の過失割合で困っています。

 私が国道の追越車線を走行中に、突然大きな音がしたと思ったら、何と路外から左折進入した車が、追越車線を走っている私の車の左側面に衝突しました。
 損傷状況としては、私の車は左側側面の殆どを損傷、相手の車は右側ヘッドライトからドアミラー付近です。

 相手は道路に入る際、走行車線が渋滞していた為、その合間を縫って追越車線に入ったのですが、安全確認をしていないことを認めております。

 そして相手の保険会社から提...続きを読む

Aベストアンサー

過去に、交通事故の損害賠償訴訟を経験しました。
私も100対0で相手に全額を請求したのですが、
90対10で妥協させられました。
いろいろ裁判の判例があるようです。

本件交通事故ですけど、追い越し車線を走行していることで、
路外への注意義務が免れるかと言うと、それは認められず、
道交法70条の安全運転義務を怠っていたとみなされるようです。
目撃者はいなかったのでしょうか?
もし、目撃者が加害者の一方的過失を目撃していれば、
大変有利な証言になります。

無過失を主張されるのでしたら、自身の無過失を証明し、
かつ、加害者の一方的な過失であることを証明し、
加害者に対し、調停や訴訟といった場で伝えるべきです。

Q駐車場から出てくる車と衝突

教えてください。
交通事故の過失割合で困っております。
昨年の夏頃にあった交通事故で、まだ解決に至っておりません。

状況は、幹線道路の対向車線で私の車が直進、相手方の車が駐車場から歩道を越えて幹線道路に出てくる状況で事故は起こりました。(相手方は右折しようとしていたようです)直進していると左側の駐車場から車が出てきそうなのが見えたので、私の車は徐行し、出てこようとした車は歩道に車先がかかるくらいで停止しました。徐行しても出てくる気配がなかったのでそのまま通り過ぎようとした瞬間、車の左側のドアに衝突されました。助手席には妻が乗っており軽い捻挫と鞭打ちになり人身事故の扱いとなっております。
相手保険会社は判例を元に8:2を基本とし、相手方の左右不確認を修正要素に入れて9:1を提案してきています。私としては十分注意し、徐行したにも関わらず横から追突された為、9:1でも納得がいきません。また納得がいかない理由として、どうしても避けきれないケースであったということもあげられます。
ちなみに私側は急発進で相手方が道路に出てきたということも修正要素に加味して10:0を主張してますが、相手保険会社は無理の一点張りです。(実際に突然飛び出してきて助手席側のドアに衝突した為、修理代は40万くらいかかってます。相手方は30万程)
妻に大きな外傷がなくて本当によかったのですが、このような場合は10:0の過失割合にはならないのでしょうか?

教えてください。
交通事故の過失割合で困っております。
昨年の夏頃にあった交通事故で、まだ解決に至っておりません。

状況は、幹線道路の対向車線で私の車が直進、相手方の車が駐車場から歩道を越えて幹線道路に出てくる状況で事故は起こりました。(相手方は右折しようとしていたようです)直進していると左側の駐車場から車が出てきそうなのが見えたので、私の車は徐行し、出てこようとした車は歩道に車先がかかるくらいで停止しました。徐行しても出てくる気配がなかったのでそのまま通り過ぎようとし...続きを読む

Aベストアンサー

(1)相手側に重過失による修正要素がないのであれば、0:100は難しいですね。※ 判例で重過失とされるもの・・・酒酔い運転・居眠り運転・無免許運転・おおむね30km以上の速度違反・過労・病気及び薬物の影響その他の理由により、正常な運転ができないおそれがある場合(法66条違反)等です。
10:90とした場合、相手側が相談者に対する請求を放棄すれば
0:90となります。つまり、相手の損害に対して相談者が10%の賠償をしなくなるので、金銭で考えれば、現金で支払う必要がなくなりますよね。または任意保険の対物を使用する場合は、使用する必要がなくなるので保険料アップがなくなるので、その点を考慮して、和解に向けて譲歩することで考えを整理することは出来ませんか?
過失相殺率は10%きざみと決まっているわけではないので、1:99でも0:99でも、当事者間で合意すればいいだけです。1%きざみは稀ですが、回答5の方が示しているように5%きざみで行う場合は多々あります。
今回のケースでは5:95または、相手が請求放棄すれば0:95で交渉するのも方法です。
(2)人身事故との旨ですので、対物の過失相殺率が、人身にも影響します。但し、自賠責保険の範囲で、受傷者に重過失が無い場合は影響はありません。、または相談者が加入している任意保険に人身傷害特約を付帯している場合はそちらでカバーされます。(人身傷害のみ請求の場合は、ノーカウント事故としている保険会社が多いはずです。契約内容によっては一時金等が支払されますので、一度加入先保険会社へ確認することをオススメいたします。人身傷害補償の詳しくはその際に加入保険会社へご確認ください)
3.納得が出来ない場合は、相談者の加入任意保険に弁護士費用特約が付帯されている場合は、その特約を(当該特約のみを使用してもノーカウント事故としている保険会社が多いので、事前に確認してから)使用する。または財団法人 交通事故紛争処理センター(無料)を活用する等をご検討されてはいかがでしょうか?

(1)相手側に重過失による修正要素がないのであれば、0:100は難しいですね。※ 判例で重過失とされるもの・・・酒酔い運転・居眠り運転・無免許運転・おおむね30km以上の速度違反・過労・病気及び薬物の影響その他の理由により、正常な運転ができないおそれがある場合(法66条違反)等です。
10:90とした場合、相手側が相談者に対する請求を放棄すれば
0:90となります。つまり、相手の損害に対して相談者が10%の賠償をしなくなるので、金銭で考えれば、現金で支払う必要がなくなりますよ...続きを読む

Q道路外出入車と直進車の過失割合と事故処理の進め方について

先日、車対車で事故になってしまいました。
初めての事故なのでわからず自分でもいろいろ調べていますが、ご教示いただきたく、書き込みします。
事故の状況は
私の車がガソリンスタンドに入ろうと追い越車線から走行車線に車線変更しましたら、その手前のコンビニ駐車場から左折で本線に入ってきた車に左側後部ドアをぶつけられました。
私は車線変更の際に方向指示器もしました。
もちろんガソリンスタンドに入る予定ですから減速もしておりました。
相手側の車両も見えていました。
事故後相手側の保険屋さんから連絡がありましたが、まるで私のほうが過失割合が大きいように一方的に言われました。
路外出入車と直進車の事故は検索した結果路外8:2直進が基本と書かれていました。
通常なら保険屋同士で話し合ってもらえば良い所ですが、私のほうが任意保険に加入していなかったため、自分で交渉することになりました。
保険に入っていないので過失割合の負担額は自費で補償するつもりです。相手側も任意保険には入っているものの、車両保険は入っておりません。
質問1・私のケースではあとどれくらいの修正要素があるでしょうか?
質問2・あまりお金は使いたくないので自分の車両については修理しないでもよいつもりですが、相手側の任意保険で支払われたお金を補償に充当できるのでしょうか?

長文になりましたが、よろしくお願いします。

先日、車対車で事故になってしまいました。
初めての事故なのでわからず自分でもいろいろ調べていますが、ご教示いただきたく、書き込みします。
事故の状況は
私の車がガソリンスタンドに入ろうと追い越車線から走行車線に車線変更しましたら、その手前のコンビニ駐車場から左折で本線に入ってきた車に左側後部ドアをぶつけられました。
私は車線変更の際に方向指示器もしました。
もちろんガソリンスタンドに入る予定ですから減速もしておりました。
相手側の車両も見えていました。
事故後相手側の保険...続きを読む

Aベストアンサー

>質問1
 問題となるのは「質問者さんの車は直進ではなく路外へ出ようとした際に接触した」という点です。質問に書かれている「路外対直進車」に該当するのかどうかは不明ですね。

>質問2
 例えば互いの損害額10万円、過失割合を2:8と仮定します。質問者さんは「8万円受け取り2万円を支払う」相手は「2万円を受け取り8万円支払う」となります。つまり全ての賠償を清算して「質問者さんが相手から6万円を受け取る」とすれば賠償問題は簡潔です。こういった方法を「相殺払い」などといいます。

>私のほうが任意保険に加入していなかったため、自分で交渉することになりました。保険に入っていないので過失割合の負担額は自費で補償するつもりです。
 保険に入っていないのは自業自得です。自己負担とするのは当然です。改めて書くことでもありません。

>相手側も任意保険には入っているものの、車両保険は入っておりません。
 そうですか。そうすると結構もめるのかもしれませんね。もちろん「車両保険が無い」ということで過失割合が変わることはありません。ただ、車両保険がないとなると「相手の過失割合=相手の負担」となります。可能な限り自己負担を減らしたいと考えるのが人間の常です。過失割合について厳しい折衝になるのかもしれません。

>質問1
 問題となるのは「質問者さんの車は直進ではなく路外へ出ようとした際に接触した」という点です。質問に書かれている「路外対直進車」に該当するのかどうかは不明ですね。

>質問2
 例えば互いの損害額10万円、過失割合を2:8と仮定します。質問者さんは「8万円受け取り2万円を支払う」相手は「2万円を受け取り8万円支払う」となります。つまり全ての賠償を清算して「質問者さんが相手から6万円を受け取る」とすれば賠償問題は簡潔です。こういった方法を「相殺払い」などといいます。
...続きを読む

Q私が直進、相手が右折で事故。私はどれくらい悪い?(長文です)

昨日の夜、片側2車線の左側の車線で事故を起こしてしまいました。私の前に左折した車がいて、そのおしりを避けるように軽く右にハンドルをきって直進したところに相手の車が右折してきて、前の車に気を取られた私は、左の前方を相手車の左後方と接触してしまいました。

警察の現場検証をしてもらった後に、あくまでも直進が優先で右折の方が過失が高いという前提で話し合いをしてくださいという説明がありました。なので、過失に関しては私が一等、相手が二等ということらしいです。

でも、事故を起こした直後、私は「ぶつけてしまった!」相手も「ぶつけられた!」という感覚で接していた為、私は謝りっぱなしであちらは憮然、警察の説明があった後もあちらは自分の方が過失が重いということに全然納得いかないということを口にしていました。

その後、お互いの連絡先を交換し、私の方から「保険屋から連絡させます」ということで別れ、自分の保険屋に連絡した所、そういう状況なら私よりも相手が悪い、本来なら相手が保険屋を使ってこちらに連絡するのが筋なんですよと言われました。でも当事者同士は私の方が過失が重いような雰囲気になっており、私も自分の方が悪い気がしてしまっています。後の処理はとりあえず保険屋さんが全部お願いし、相手から直接私に連絡がきても「過失などに関して私は素人なので全部保険屋に任せております」と毅然とした態度で接してくださいね。と言われました。

こういう状況の場合、私は謝罪などはしない方がいいのでしょうか?多少なりとも私も悪いので誠意を見せたいとは思っているのですが、それで、保険屋さんの交渉が不利になったりということはあるのでしょうか?私はどういう風に立ち回るのがいいのかテンパってしまっていて冷静に判断することができません。気の弱い私にどうぞアドバイスください!宜しくお願いいたします!

昨日の夜、片側2車線の左側の車線で事故を起こしてしまいました。私の前に左折した車がいて、そのおしりを避けるように軽く右にハンドルをきって直進したところに相手の車が右折してきて、前の車に気を取られた私は、左の前方を相手車の左後方と接触してしまいました。

警察の現場検証をしてもらった後に、あくまでも直進が優先で右折の方が過失が高いという前提で話し合いをしてくださいという説明がありました。なので、過失に関しては私が一等、相手が二等ということらしいです。

でも、事故を起こした直...続きを読む

Aベストアンサー

>謝罪などしないほうがいいでしょうか
まったく、する必要はありません。下手にでればでるほどつけ上がる輩もいます。人間性を見極める必要もありますね。謝罪は相手がするケースと思いますがね
>誠意をみせたい 保険屋の交渉が不利になることは・・
賠償については関わらないこと! 優柔不断で中途半端にあなたが関わると、保険屋と話しをしないであなたと話をするようになります。
それでは、保険屋も強い態度で交渉できなくなります。
>どういう風に立ち回るのがいいか
先に申し上げたように一切関わらない 相手からTELがあれば、すべて保険会社にまかせてるので直接保険担当者とお話下さい この1点張りで貫くこと

Q過失割合を教えてください(路外進入で障害有り)

私が直進していたら左側からバックで道路へ出ようとするトラックの荷物と接触しました。
トラックの車両自体は道路に出てませんでしたが、
荷台に数本木材が積んであり(30cmほど道路へ出ていました)接触しました。
※出ていた長さは車両の10/1以内ですが、赤い布などの目印は付けていませんでした。

相手は止まっていたところに、私が当たってきたと言っています。
私は相手も動いていたと言いましたが、「動いていた」「止まっていた」
は水掛け論で証明も出来ないから5分5分でどうかと言っています。

私は路外進入の進路妨害の事故として
9:1か8:2で相手の方が過失があると思っています。

私的には進路妨害をベースにプラス
・相手はバックでの路外進入
・誘導を出していない
・赤い布もつけていない
なども加味して9:1は譲れないのですが。。

このような場合の過失割合はどれ位でしょうか?
修理代金が少額なのでお互いに保険は使いません(なので保険会社も交渉しないと思います)

※相手は止まっていたことを強調していますが、荷物が道に出ていたことは進路妨害になると思います。
止まっていたのと動いていたのでは、過失割合は大きく変わりますか?

長くなりましたが困っています、ご教授下さい。

私が直進していたら左側からバックで道路へ出ようとするトラックの荷物と接触しました。
トラックの車両自体は道路に出てませんでしたが、
荷台に数本木材が積んであり(30cmほど道路へ出ていました)接触しました。
※出ていた長さは車両の10/1以内ですが、赤い布などの目印は付けていませんでした。

相手は止まっていたところに、私が当たってきたと言っています。
私は相手も動いていたと言いましたが、「動いていた」「止まっていた」
は水掛け論で証明も出来ないから5分5分でどうかと言っています...続きを読む

Aベストアンサー

質問者さん0%:相手100%もあり得る事故だと思います。

質問者さんの基本的な認識は正しいと思います。

路外進入車と直進車の事故の場合、
基本は路外進入車80~90%:直進車10~20%
が基本過失割合です。

「判例タイムズ」を会社においてきたので、正確な数字はわかりませんが・・・
http://www.hanta.co.jp/bessatsu16.htm

直進車の1~2割の過失は軽度の前方不注視があるためです。

ここから、個別に修正をしていくわけですが、

>相手はバックでの路外進入

これは相手への加算修正の要素です。

後退車は運転操作・後方安全確認が困難であるため、
通常以上の注意義務があるものとみなされます。
よって、後退車が事故を起こした場合は+10%前後の加算修正となります。

>赤い布もつけていない

これは?です。
赤い布をつけなければならないという道交法の定めはありましたでしょうか?
道交法55~57条、調べてみたのですが、そのような記載はありませんでした。
見つけられなかったかもしれないだけなので、
根拠が明確なら逆に教えてほしいです。

ただし、その材木が「軽度の前方不注視」を打ち消すほど見えにくい状態であったのならば、
質問者さんが事前に危険を認知することが困難となりますので、
相手側への加算修正要素となりえます。

たとえば、
・夜間や雨で見づらい状態であった
・材木の色が目立たない、周囲に溶け込んでいる
・材木の厚さが薄く、見えづらい
などです。

修正の幅は「著しい過失」相当の10%前後だと思います。

したがって、質問者さん0%はあり得るものだと思います。


しかし、ちょっと難しいのは、上記説明は「路外進入車と直進車の事故」の
場合の基準です。

相手は「自分は止まっていた」と言っており、その説明が妥当であれば、
「駐停車車両への追突」などの基準から考えていくことになります。

この場合基本は質問者さん100%;相手0%となり、
そこから相手に「駐停車禁止場所」「駐車位置不適切」「著しい過失or重過失」を加算していき、
おそらく50%:50%前後になるのでしょうか。
(※判例タイムズが手元に無くて・・)

保険会社としては「止まっているところにぶつかってこられた」と言われると、
弱いところがあります。

しかし、経験則から言って、相手は路外進入車で間違いないでしょうね、
と私は思います。

道路に荷物をはみ出させて止まっている必然性は全くないし、
安全確認のため止まったといってももせいぜい数秒程度であれば・・・

この「動いた」「止まった」の事故事実の特定が、この件の一番の問題だと思います。

質問者さんの車の損傷と衝突物の損傷の整合性から判明するかもしれません。

質問者さんの車の損傷が左側面であり、凹損が見られる場合、
あるいは、損傷に左方向から右方向へ向かう流れが見られる場合、
相手が「動いていた」と言えるものと思います。

また、材木の壊れ方からもわかることがあるかもしれません。

力のあるアジャスターならある程度見分けていると思います。
保険会社の見解を聞いてみてください。

以上、長文失礼いたしました。

質問者さん0%:相手100%もあり得る事故だと思います。

質問者さんの基本的な認識は正しいと思います。

路外進入車と直進車の事故の場合、
基本は路外進入車80~90%:直進車10~20%
が基本過失割合です。

「判例タイムズ」を会社においてきたので、正確な数字はわかりませんが・・・
http://www.hanta.co.jp/bessatsu16.htm

直進車の1~2割の過失は軽度の前方不注視があるためです。

ここから、個別に修正をしていくわけですが、

>相手はバックでの路外進入

これは相手...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング