岡本綺堂の「半七捕物帖」で、
「旗本に限らず、御家人に限らず、江戸の侍の次三男などというものは概して無役の閑人であった。彼らの多くは兄の屋敷に厄介になって、大小を横たえた一人前の男がなんの仕事もなしに日を暮らしているという、一面から見ればすこぶる呑気らしい、また一面から見れば、頗る悲惨な境遇に置かれていた」
とあります。

いまのニートそっくりですが、彼らは、
1.就職できなかったのですか?
2.バイトはどうでしょうか?
3.結婚したら兄の屋敷を出て行かなければなりませんか?
4.結婚したら生活費はどうなりますか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

武家というのは、家の論理で動きますから、家という概念で考えないと誤解します。



1.就職できなかったのですか?
役というのは、代々、家に付くものですから家の当主でなければ、役に就くことはできません。分家というのは、新しく一家を立てて、その家の当主となることです。分家を立てれば(別の家ですから)役に就くことはあります。そうでない限り、家としての役に就くことはできません。もちろん、まれに次男が別に召し出されることはありましたが、その場合は将来、一家を立てることが前提です。

2.バイトはどうでしょうか?
バイトはできたようです。具体的には、大名火消しのガエン、歌舞伎・能の囃子方などは旗本・御家人の次男坊、三男坊のアルバイト先だったようです。小説などにある、町人やヤクザの用心棒はあり得ません。ただし、剣術道場の師範などはあったようです。

3.結婚したら兄の屋敷を出て行かなければなりませんか?
一家を立てなければ結婚はできません。従って、結婚するから家を出るのは、養子縁組、婿入りだけです。まず家を立てる(分家)のが先、結婚は家を立てたからできるのです。

4.結婚したら生活費はどうなりますか?
従って、この質問自体が成り立ちません。一家を立てるということは、収入があるということです。

補足をすると、二男・三男は養子、婿入りなどをして、一家の当主とならない限り、生涯独身です。その場合、当主から小遣いをもらい、女中をあてがわれ、身の回りの世話と性処理はその女中の仕事になります。当主(長男)が死亡すると、当主の息子(甥)が跡を継ぎ、いわゆる「厄介叔父」という立場になります。

大名家や大身の旗本で次男などに、分知をして(例えば前田家)一家を立てさせることはありました。この時は、分知ですから当然収入があるわけです。
    • good
    • 1

1.当時は夭折が多く長男が成人になるまで次、三男は跡取り候補ですが、無事成人すると厄介者です。


家名存続が大事なの旗本家は、次、三男の養子縁組先として男子の無い他の旗本を探しました。   兄が急死してその跡取りがいない時に、養子先で生まれた男子(血のつながりがある)を貰って跡取りにする為です。   
表向き一代限りの御家人では次、三男の養子縁組はそれほど熱心でなかったでしょう。
ただ優秀で評判な次、三男には旗本からも養子の希望がありました。
貧乏御家人では男の子が続くと水子にしたかも知れません。
    • good
    • 0

勝海舟の父、勝小吉が『夢酔独言』という自伝を書いています。


それによれば、

1.就職できなかったのですか?
就職活動はしていますが、職には就けませんでした。
求人倍率は相当高かったようです。

2.バイトはどうでしょうか?
地域の顔役、古物商などをしていました。

3.結婚したら兄の屋敷を出て行かなければなりませんか?
出て行ってます。

4.結婚したら生活費はどうなりますか?
勝海舟が、子供頃は貧乏で苦労したと語っています。

勝海舟の父ですので、江戸末期の話です。一口に江戸時代と言っても、初期と末期では相当勝手が違っていたと思われます。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%9D%E5%B0%8F% …
    • good
    • 1

有名人としては幕末の大老井伊直弼


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%95%E4%BC%8A% …

恵まれた部屋住みですが、茶三昧です
    • good
    • 0

>1.就職できなかったのですか?


家督を継いだ長男が役職につくのが原則ですから
どこかの藩にでも仕官しなければ「無職」です
腕に覚えがあっても、道場を開くにも資金が無いでしょう
養子しかないでしょうね
>2.バイトはどうでしょうか?
 物書きや絵師のバイトをやっていたのはごく少数でしょうね
>3.結婚したら兄の屋敷を出て行かなければなりませんか?
出て行かねばならないでしょう
その場合、たいてい養子です
>4.結婚したら生活費はどうなりますか?
養子先の資産(豪農や商家など)や他の武家の養子になった場合、
義父の役職を継ぐことになると思います
    • good
    • 0

その三男坊が、他の兄弟に劣らず有能なら


養子にとられて、行った先の跡取りになるんですがね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q長男・長男の嫁、次男・次男の嫁の関係です。

長男・長男の嫁、次男・次男の嫁の関係です。

長男の嫁は旦那の実家から好かれていて、次男の嫁が実家関係から嫌われています。

次男夫婦はちょっとした事で公に喧嘩をします。

次男はお嫁さんのたった1人の味方であるはずが、
どちらかと言うとお嫁さんに反発しっぱなしで味方どころではありません。

こういった状況の時
長男が次男のお嫁さんの味方をするのは妥当でしょうか?

長男と次男のお嫁さんが2人きりで語り合って
団結?していました。

長男は実家を離れて
長男嫁の実家付近で住んでいて(養子に近い)

次男は実家の隣に家を建て、お嫁さんは車で5時間ほどの場所から嫁いだ形です。(同居や二世帯ではない)

長男は実家から離れた場所に住んでいるため
次男のお嫁さんの気持ちが分かるし
せっかく夫婦になったんだから頑張ってもらいたい

という理由で2人きりで語り合うそうです。

長文で分かりにくかったかもしれませんが…

客観的に見て
この家族像どう思いますか?

Aベストアンサー

長男と次男嫁には共通点があります。共に配偶者の実家近くに住んでおり、何か意見の相違や対立があった場合、1対3の戦いを強いられる点。常にアウェー状態なわけですね。
「次男はお嫁さんのたった1人の味方であるはずが、どちらかと言うとお嫁さんに反発しっぱなしで味方どころではありません。」から、姑と嫁の対立に際し、姑の肩を持つという次男像が推測できます。次男嫁にとっては非常に辛い状況であり、このままだと離婚してしまうのではないかという危惧から、長男は次男嫁の味方をするのでしょう。共感する点が多いのでしょうね。長男自身の経験に基づいているのかもしれません。

私の感想は、長男の対応は正しく、次男がだらしない というものです。
本来次男がすべきところを、長男が肩代わりしているのだと思います。

Q農家の次男三男にとって軍隊は魅力的な職場?

明治から第一次世界大戦の頃まで、江戸時代だと、商家や武家に奉公にでていくような農家の次男三男にとって、軍隊はかなり魅力的な働き口だったような気がします。
1.あっていますか?
2.この頃の次男三男の就職口としての軍隊感とか、軍隊の人気度が判る資料やサイトをご存知の方は教えてください。

Aベストアンサー

もう少し補足します。

軍隊に入れば「腹いっぱい飯が食べられる」が魅力だったのは、東北地方などでは有名な話です。東北地方は度々冷害に悩まされ飢饉が続いていましたから、雑穀中心の食事、それすら女の子を女郎に売らなければいけなかったり。
兵を養うのもお金がかかります。全員入隊できるわけではない。戦争をしていないときは、甲種合格しか赤紙は来ません。戦争していたら乙種にもきます。丙種は基本的にはまず徴兵されませんでしたが、第2次世界大戦の末には丙種にも来ました。

ビタミンの話は、脚気の問題です。白米だとビタミンB不足で脚気が続出しました。豚肉など充分取ればいいのですが、そういうわけにも行きません。麦を混ぜればいいのですが、軍隊の魅力は白米が食べられること。。。。結局陸軍は麦を入れました。脚気では戦争できませんから。海軍はエリート意識が強いので最後まで白米です。

Q農家の長男の嫁と次男の嫁について。 農家の長男は跡を継ぎ、次男は外へ出る事が多いと思います。 なの

農家の長男の嫁と次男の嫁について。
農家の長男は跡を継ぎ、次男は外へ出る事が多いと思います。

なので、長男のお嫁さんが当然大変だと思います。
旦那さんのご実家で、同居。又は敷地内に家を建てる。離れをリフォームする等して住み、農作業も手伝い、ご両親の面倒を見る。

次男のお嫁さんは、たまに手伝う程度又は殆ど手伝わない。年末年始やお盆に来る位。
手伝わなくてもお米や野菜を貰って帰る。

そんな感じですが、その差が嫌なお嫁さんは当然いらっしゃいますよね?
たまに、私は長男の嫁だから当たり前。と、割り切って頑張っていらっしゃるお嫁さんって本当に立派だと思います。

長男のお嫁さんが全く手伝わない次男のお嫁さんの事はやはり良い気はしないですよね?

皆さんやはり割り切っていらっしゃるのでしょうか?

まぁ、その家の決め事なので仕方ありませんが、長男の嫁は嫌じゃないですか?
旦那さんが守り、味方してくれたら、頑張れそうですが。

私は長男農家の方とお付き合いしていますが、そういった所が嫌な心の狭い人間なので、長男の嫁になりたく無いと思い、結婚はしないとほぼ決めています。

次男のお嫁さん、何も手伝わないないし、私の凄く嫌なタイプです。

でも次男嫁だから手伝わなくて良く、誰も何も言わないんですよね?

長男嫁ならやって当たり前なんですよね?
だから、文句を言ってはいけないのですよね?

彼は、そう言ったお嫁さんの気持ちを理解して居ません。
だから余計に結婚したら、味方も居ないので私が苦労するので、結婚したく有りません。

これはワガママですか?

長男のお嫁さんで、結婚されたのは、旦那さんがやはりしっかりされ、その旦那さんが好きだから結婚されたのでしょうか?

もし、その旦那さんが味方になってくれず理解が無かったら結婚しなかったのでしょうか?

長男のお嫁さんを頑張ってされていらっしゃる方、本当に立派です。

旦那さんも幸せですよね。
そんな長男のお嫁さんでもやらはり苦労され、離婚を考えた事有るのでしょうか?
長年やって行けば慣れるのでしょうか?

農家の長男の嫁と次男の嫁について。
農家の長男は跡を継ぎ、次男は外へ出る事が多いと思います。

なので、長男のお嫁さんが当然大変だと思います。
旦那さんのご実家で、同居。又は敷地内に家を建てる。離れをリフォームする等して住み、農作業も手伝い、ご両親の面倒を見る。

次男のお嫁さんは、たまに手伝う程度又は殆ど手伝わない。年末年始やお盆に来る位。
手伝わなくてもお米や野菜を貰って帰る。

そんな感じですが、その差が嫌なお嫁さんは当然いらっしゃいますよね?
たまに、私は長男の嫁だから当た...続きを読む

Aベストアンサー

農家じゃなくて、いまだに日本では「長男が実家で両親と同居して跡を取るべし」なんていうのは普通に言われる事ですよ。法律では家督制度なんてとっくになくなってますけどね。ここだけの話うちの旦那も長男ですので、同居だ、跡取りだって言われるんですよ。農家ではないです。旧家でもない 笑。もし「よく出来た長男のお嫁さん」が存在するなら、それは旦那さんがよっぽどしっかりしてて、何かあったら、お嫁さんの味方になって、お嫁さんを大事にしているからでしょうね。ちなみにうちの旦那はダメでした。残念。旦那の実家で同居って言うのは、まぁ行ってみれば一人で外国の戦地に赴くのと同じですよ。ちょっと大袈裟かもしれないですけどね。唯一の頼りは夫だけ・・・・・・・のはずの夫に味方になってもらえなかったら、ボロボロですよ。たとえ舅姑が優しい人であっても、一緒に住むとなるとそれは大変なことです。農家なら尚更です。私は質問者さんが、もし彼が自分を庇い守ってくれるなら、どんなことでも頑張るっていう気持ちわかります。女ってそうなんですよね。

Q旗本の次男以降の者が他藩に仕官したり召抱えられることはあったのでしょう

旗本の次男以降の者が他藩に仕官したり召抱えられることはあったのでしょうか?

Aベストアンサー

江戸時代も初期は兎も角、中期以降では各藩では藩士の新規採用は、ほとんどなくなりました。
財政が苦しくなったためです。
寛永期の毛利藩江戸留守居役の  「江戸お留守居役の日記」読売新聞社発行  にも書かれています。
老中からの斡旋でもきっぱり断っています。
No.1の答えのように、養子縁組よるしか、他藩の藩士にはなれませんでした。

旗本は旗本同志の養子縁組が次男以降の者の行き先で、これに成れた者は幸でした。
大身の旗本では生涯独身で部屋住みで終わった者も少なくなかったようです。
武士と町人の婚姻は表向き禁じられていましたが、商人(大店)の養子になった者も少なくなかったようです。
商家も箔を付けるためとか、武士との取引上有利とか歓迎したようです。

Q長男の嫁、次男の嫁、一人っ子の嫁

 長男さん、次男さん、一人っ子さんの嫁のメリット、デメリットは何だと思いますか?
 デメリットを挙げると、長男の嫁は、介護がどうしてもかかってくることが多い、親戚づきあいで何かと言われる。一人っ子の嫁は、介護が必至。ただ、遺産相続の時にモメなさそう、義姉等からのしがらみもなさそう。でも、私自身、従兄弟とお正月とかに会えて遊ぶのは楽しかったので、子供がもしできたら、楽しいかなとも思います。
 こう考えると次男の嫁さんが一番よさそうにみえます。ただの私見ですが。その環境にもよるとは思いますが。
 気分を害された方がいましたら申し訳ありません。

Aベストアンサー

>その環境にもよるとは思いますが。

そうですね、今の時代にもなると別に長男・次男の差は
ないかもしれません。
要は結婚した相手とその家族とどう向き合い、付き合っていくか。

特に女性の場合、旦那の家族との繋がりが良くも悪くも深くなります。
次男の嫁が一番・・ってのは、客観的・平均的な苦労の少ないケースを
想像しているだけで、実際結婚してみたら・・長男さんのお嫁さんの
ほうが幸せそうだった・・なんて事にもなりかねない(笑)

求められている回答とは異なってしまいますが・・
一番は家族、兄弟姉妹の仲がよく理解があり、またお嫁さんに対して
愛情を持って接してくれる家族のある方と結婚できたら・・
それが一番なんでしょうね。

Q幕末に江戸の旗本は何をしていたのでしょうか?

江戸無血開城の頃、江戸の旗本は何をしていたのでしょうか?また今も東京に残るいわゆる「武家屋敷」は、基本的にすべて外様大名のものなのでしょうか?新撰組と会津などの他の幕府の人は何をしていたか、判りません。歴史に詳しい方、教えて下さい。

Aベストアンサー

無血開城の頃の旗本は、弱腰だったので逃げ回った者も多かったようです。戦で亡くなったり、切腹して果てたりした旗本の家族などは、町民などと一緒に船で地方(徳川の地である静岡が多かった)に脱出する者もいたようですが、若い娘などは売春婦や夜鷹に身を落とす者も多かったみたいです。薩長軍が目前まで迫ってきていたので、かなり混乱していたようですね。徳川が無くなってしまうわけですから、旗本も浪士も町民もゴチャゴチャにパニックになっていたことが伺えます。資料もそれほど多くは無いのではないでしょうか。
 まともに薩長軍と戦おうと思っていた人たちは、彰義隊として上野の山に集結したり、榎本武揚率いる海軍と大鳥圭介率いる陸戦隊と合流して関東北部~会津~箱館と転戦していきます。旧新選組・見廻組などはバラバラになりながらもそれぞれが各地の戦争に参加しています。小栗上野介は官軍に捕まり斬刑に処されます。榎本武揚・大鳥圭介・勝海舟などは明治以降も太政官政府に出仕しています。

参考URL:http://www.jbook.co.jp/p/p.aspx/698964/s

Q長男嫁と次男嫁:姑さん・似た立場の方に質問

私は結婚6年目,長男の嫁です。

昨年,末っ子の次男が結婚しました。

以下、長文になりますが、状況を説明いたします。

私(長男嫁)と次男嫁の年の差は10歳。
お嫁さんになってからの年数の違いもあり,
義母はいつも次男嫁と私を比較しては,
次男嫁のことを「至らない」と主人に愚痴っています。
何度か,直接義母が私に愚痴ってきたこともあります。

そういう話を聞くのは,例え自分が誉められていても,嫌なもの。
違う場面では私が文句をいわれているのではないか,と不信感が残ります。

義母が言うことの中には,
私自身もそれば次男嫁が悪いな,と思っていたこともありますが,
賛同できるときもそうでないときも,
私は同調することはしないように心がけて,
「でもまだ若いから経験不足なだけで,これから先,次男嫁も成長すると思いますよ」
と流すようにしています。

義母は愚痴をいうだけでなく,義弟にいろいろ口出ししているようです。
次男嫁にも言っているか定かではないですが。
そのことで一度,次男と義母はけんかをしたそうです。
今回は次男が折れたみたいですが,今後もこのようなことは起こりそうです。

というのは,初夏,義弟夫婦に子供が産まれます。
私たち夫婦の間に子供ができず,待ち望んだ初孫が誕生するので,
義母が喜びのあまりいろいろするのは目に見えています。

次男嫁が苦労するだろうな,と心配する気持ち半分。

今後,義母と次男夫婦が険悪になり,将来的に色々もめたり,
自分たちだけに義両親の負担がかかるようになるのが嫌なのが半分。

というのが私の懸念です。

なので,今のうちに何かアドバイスできることがあれば,
主人から義母や義弟に言ってもらおうとおもうのですが,
どういう方向で話をすればいいのでしょうか。

私は結婚6年目,長男の嫁です。

昨年,末っ子の次男が結婚しました。

以下、長文になりますが、状況を説明いたします。

私(長男嫁)と次男嫁の年の差は10歳。
お嫁さんになってからの年数の違いもあり,
義母はいつも次男嫁と私を比較しては,
次男嫁のことを「至らない」と主人に愚痴っています。
何度か,直接義母が私に愚痴ってきたこともあります。

そういう話を聞くのは,例え自分が誉められていても,嫌なもの。
違う場面では私が文句をいわれているのではないか,と不信感が残ります...続きを読む

Aベストアンサー

義理母はきっと批判が好きな方なのでしょう。
今目先が次男嫁に行っていますが、
何かの拍子に目先がかわります。

孫が生まれてしまえばもしかしたら
「長男の所は子供が出来ないのよね。
あそこはお嫁さんが。。。だから
次男嫁ちゃんみたいな子がお嫁に来て
くれてうれしいわ」と次男たちに言い始めるかも
しれませんよ。

義両親の負担がかかるのを心配されるお気持ち
分りますが、先のことは分らないですし、
しばらくは成り行き任せではいかがでしょうか?

ちなみに私は実家、義理両親の家より
ずっと離れた場所に住もうと思っています。
面倒は避けたいです

Q明治・大正の商家の次男・三男が就ける職業

明治・大正時代について調べています。
商家を継ぐのは、基本的にはその家の長男・嫡子だと思いますが、次男・三男など長男以外の子供や庶子は、どういった職業に就くことができたのでしょうか?
参考になる資料(書名)や、WEBサイトなどをご存知の方は教えてください。
大店と小さな商店では立場も違うと思うので、それぞれの場合についてももしわかれば嬉しいです。

Aベストアンサー

老舗のそば屋に出入りさせていただいたことがあります。ごく狭い範囲の情報ですがご容赦を。

そば屋の場合次男三男は何の職業につくのも自由です。本人がそば屋をやりたい場合は、親から店の屋号(店名)と元手金をもらい、新たに店を出して店主になるケースが多かったようです。

今、老舗といわれているところの多くは、そうやって店舗数を増やしてきた店です。そういう老舗そば屋の一族のあいだでは、みんな同じ屋号なので、~町さんというふうに店がある場所の町名で呼び合うようです。

『蕎麦屋の系図』岩崎信也 著
http://www.amazon.co.jp/%E8%95%8E%E9%BA%A6%E5%B1%8B%E3%81%AE%E7%B3%BB%E5%9B%B3-%E5%85%89%E6%96%87%E7%A4%BE%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%B2%A9%E5%B4%8E-%E4%BF%A1%E4%B9%9F/dp/4334032117

Q義兄(長男)が結婚します。相手は私(次男の嫁)より年下です。心構えなど

はじめまして。宜しくお願いします。

私は30代前半、結婚5年目子供一人、夫は男ばかりの兄弟の次男です。
義実家は近所にあり、義両親との仲も良好です。
義実家は家業があり、夫の兄弟は全員そこで働いています。義兄は跡を継ぎ義両親が2世帯住宅を建てて1~2年後には同居の予定です。
夫は昔から長男との差別を感じており、仲が悪いわけではありませんが職場と義実家で顔をあわせる程度で付き合いはありません。

義姉となる人は、私よりも3~5歳年下です。私達夫婦は蚊帳の外なので実際の年齢もよくわかりません。2度程顔を合わせた程度で話をしたことはありません。
私は専業主婦になって5年経ち、人と接する機会が少なくなり、初対面の人とどう合わせていいかもわからなくなったように感じています。
ましてや同僚でも友達でもない彼女とどう付き合っていいのか見当もつきません。

友人にも相談したのですが、長男の嫁と次男の嫁の立場によってアドバイスが変わってきます。「先に嫁に来ていても年下でも長男の嫁として立てるべき」と長男の嫁の友人は言いますし、「私が長女(一番先に嫁に来た)って顔してればいい」という次男の嫁の友人もいます。
跡取りの嫁として、義父母と同居してもらうので立てて(おだてて)行くつもりですが、今まで良好な義父母との関係、特に義母とは仲良くしているので女が3人集まるとロクなことがないと言うか2:1に分かれたりするので、内心は複雑です。
私は所詮他人なので「準・敬語くらい」話し、「○○さん」と呼ぼうと思っているのですが、まずいでしょうか?
初めが肝心だと思い、心の準備がしたいので心構えを教えてください。
自分よりも後に嫁に来た兄嫁・長男の嫁をお持ちの方、逆の立場の方、それ以外でも、アドバイスや体験談をお願いします。

はじめまして。宜しくお願いします。

私は30代前半、結婚5年目子供一人、夫は男ばかりの兄弟の次男です。
義実家は近所にあり、義両親との仲も良好です。
義実家は家業があり、夫の兄弟は全員そこで働いています。義兄は跡を継ぎ義両親が2世帯住宅を建てて1~2年後には同居の予定です。
夫は昔から長男との差別を感じており、仲が悪いわけではありませんが職場と義実家で顔をあわせる程度で付き合いはありません。

義姉となる人は、私よりも3~5歳年下です。私達夫婦は蚊帳の外なので実際の年齢...続きを読む

Aベストアンサー

感覚は、友達の姉妹の人と会った時の対応と同じくらいで
良いのではないでしょうか?
所詮他人という感じではなく、知り合いから友達になれるかも知れない
間柄くらいで良いと思いますよ?一応親戚になるのですから。

年齢や、先にきた嫁・長男の嫁だから等は、
あまり深く考えない方が良いと思います。(あまり意味がない)

勝手な推測ですが、文章を読んでいると、
好き嫌いがハッキリしているけど、心配性で、
気持ちが顔に出やすいタイプ?のように感じられます。
おだてたりするのは、バレバレで逆効果になりかねませんw

2:1に分かれたとしても、同居する2人が仲良くなった方が
都合が良い?事ですし、義理母と仲良くなって、長男の嫁をイビルのも
楽しいものですし、長男の嫁と仲良くなるのも楽しいですし。
どう転んでもあまりマイナスの要素は少ないように思われます。
すっごく気が合うかもしれませんし、そう思うと
無理に構えて、空回りとかするよりも、まずは様子を見る感じで、
自然に任せてもいいのではないでしょうか?
毎日会うわけではないので、気楽にしてください。
年上の妹を持つ母を見ていると、
たぶん遠くに居るから互いが幸せなんだと思います。

感覚は、友達の姉妹の人と会った時の対応と同じくらいで
良いのではないでしょうか?
所詮他人という感じではなく、知り合いから友達になれるかも知れない
間柄くらいで良いと思いますよ?一応親戚になるのですから。

年齢や、先にきた嫁・長男の嫁だから等は、
あまり深く考えない方が良いと思います。(あまり意味がない)

勝手な推測ですが、文章を読んでいると、
好き嫌いがハッキリしているけど、心配性で、
気持ちが顔に出やすいタイプ?のように感じられます。
おだてたりするのは、バレバレで...続きを読む

Q旗本の暮らしぶりについて書いた本

江戸時代の旗本の暮らしぶりについて興味があるのですが、文庫本や新書で旗本について書かれた本をご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

講談社文庫から出ている「江戸の旗本事典」は分かりやすいです。
役職の序列(大概順)も掲載されていますし、広く浅くかもしれませんが旗本一般の事情について網羅性のある本だと思います。
役方についての記述は少し少ない様に思いますが、番方については結構詳しいです。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062736160/qid=1125995561/sr=1-2/ref=sr_1_10_2/250-0273955-7402607