在宅ワークのリアルをベテランとビギナーにインタビュー>>

一千石の旗本は、だいたい何坪程度の拝領屋敷に暮らしていたのでしょうか?

武家奉公人(侍・中間・女中)は軍役ではなく実際にはそれぞれ何人くらいいたでしょうか?

五千石くらいの大旗本の家老だと、百石前後はあった様ですが、千石の家の用人はどれくらいの家禄を貰っていたのでしょうか?

千石の屋敷の門は長屋門だったのでしょうか?

質問が多くてすみませんが、お考えを伺えると幸いです。

gooドクター

A 回答 (1件)

千石以上の旗本は、全部で800家ほどしかありませんでした。


千石の旗本であれば長屋門でした。
屋敷の規模は人や場所によっても違いますので一概には言えませんが、二百坪くらいはありました。
家臣の数もその家の考え方や裕福さにもより、また役についているか無役か、どういう役職かなどによっても異なりますが、役についていれば千石クラスだと登城時にも4~5人の供は必要でしたから、男が用人、若党、中間、小者をあわせて6~7人くらい、女が2~4人くらいではないでしょうか。
このクラスだと用人でもせいぜい10石くらい、他は何両何人扶持といった程度で、譜代の家臣はいても用人くらい、あとは口入屋からの年季奉公人といったところでしょうか。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。
だいたい二百坪しかなかったのですか。うちの実家の方が広いです(笑)五~八百坪くらいはあるのかと思っていました。

用人も十石とはかなり少ないのですね。
家中筆頭の用人だと、同心(三十俵二人扶持)くらいはあるのかと思っていました。

お礼日時:2005/10/06 16:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター