【初月無料キャンペーン中】gooドクター

「交渉の価値」と「交渉の余地」では意味合いが変わりますか?

A 回答 (3件)

交渉の価値


「厳しい条件を出してきたが交渉してみる価値はあるかもしれない」
 時間と手間を掛ければ相手が折れてくる可能性があるかもしれない、という希望的観測。

交渉の余地
 「こちらとしてはこれ以上の交渉の余地はありません」
 相手に対して折れることはありえない、という表明。

No1の方の捕捉のような答えですがこんな感じでしょうか。
    • good
    • 0

交渉の価値・・・交渉する意味


交渉の余地・・・交渉を行なえる可能性


例えば、交渉の余地はあるが価値はない(交渉は可能だが、意味がない)という言葉も状況によってはあり得る
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすいですね。
ありがとうございます。
とても勉強になりました。

お礼日時:2008/05/30 12:38

交渉の価値---------自分から見た言い方


交渉の余地---------相手から見た言い方
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
理解できました。ありがとうございます。

お礼日時:2008/05/30 12:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す


人気Q&Aランキング