深海の生物の水溶性化合物中に含まれるアミノ酸を
マーフィー法を用いて絶対立体配置の決定を行ったところ
D-アミノ酸の存在も確認できました。それで、D-アミノ酸
なんですが、L-アミノ酸と比べて塩濃度や水圧が高い所では、
D体の方が浸透圧調整をするのには都合がいいらしいのですが、
僕は具体的にはわかっていません。どなたか知っている方は
いらっしゃいませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「低周波通電」
=============================
D体含有動物を摂取することでオピオイド分解酵素が活性阻害されESAの鎮痛効果が増大することも可能と予想される。
==============================

補足お願いします。

参考URL:http://www.lifence.ac.jp/kuma/qblkf/4blkf/4qcoob …
    • good
    • 0

 私もよく知りませんが,長岡技術科学大学・環境系の環境システム工学環境生物化学研究室(参考 URL)でD-アミノ酸に関連する酵素の研究がされているようです。



 このペ-ジの「研究室紹介」や「D-アミノ酸について解説(非公式 by shibata)」を覗いてみて下さい。D-アミノ酸に関する色んな事がのっています。他大学の研究室へのリンクもあります。

 で,浸透圧調整に関してですが,「淡水に住むザリガニを海水に移すと環境の変化に適応するために体内にD-アミノ酸(特にD-アラニン)が顕著にが増加する」それもわざわざ「L-アミノ酸から異性化酵素を使って作っている」と言う事実から考えられているようです。

参考URL:http://envbio.nagaokaut.ac.jp/shibata/daa32.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 どうも有難う御座います。ザリガニの実験は
とても興味深い内容でした。それにしても、
アミノ酸をL-からD-体に変える酵素も面白い事実ですね。
僕が扱った貝からは、メチオニンがL-、D-の両方が確認されました。
ただメチオニンは性質が等価だからそのせいもあるのでしょうかね?
おもしろい研究室を紹介して頂き有難う御座いました。

お礼日時:2001/02/15 22:27

追加情報です。


以下の成書は参考になりますでしょうか(内容未確認!)?
--------------------------------------
第21回鎮痛薬・オピオイドペプチドシンポジウム/第…/〔鎮痛薬・オピオイド…/〔2000〕 
オピオイドの基礎と臨床/鎮痛薬・オピオイドペ…/ミクス/2000.8 
物質使用障害/米国精神医学会[他]/医学書院/2000.5 
オピオイドのすべて/鎮痛薬・オピオイドペ…/ミクス/1999.9 
オピオイド/鎮痛薬・オピオイドペ…/ミクス/1997.8 
オピオイドペプチド/井村裕夫/中外医学社/1985.5 
-------------------------------------
これらの中に「オピオイド分解酵素」に関する参照文献があれば良いのですが・・・?

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 どうも有難う御座いました。
D-体に鎮痛効果があったとは・・・。
深海の生物はあまり解析されていないので
分析も楽しみです。

お礼日時:2001/02/15 22:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q深海魚が地球温暖化の影響で浮上してくることってあり

深海魚が地球温暖化の影響で浮上してくることってあり得る話なのでしょうか?

さいきん,漁で深海魚が釣れるようになっていて,それは地球温暖化の性で海温が上昇して,地底の温度も上がっていて深海魚が浮上して来ているという話を聞くのですがこれって本当なのでしょうか?

上昇したら気圧が高くなるわけで深海魚は海底が地球温暖化の性で温まってもそんな浮上してこないと思うんですけどどうなんでしょう?

深海魚が上昇する理由がないですよね。

海面も温くなっているわけですし・・・

私が思うに深海魚が釣れやすくなった理由は地球温暖化ではなく,漁の機械が性能が上がって今までより深いところまでトローリング出来るようになったからだと思うんです。

違うんでしょうか?

なんで海底温度が上昇したら深海魚が浮上してくる必要があるのか教えてください。おかしくないですか?

Aベストアンサー

日本海では,リュウグウノツカイやダイオウイカ等の深海生物が,冬季に浜に打ち上げられたり,定置網に良く入ります。これは,厳冬期に日本海の表層の水温が低下し,深海の水温と同じぐらいになりますと,表層水と深層水が循環します。その循環に乗って深海生物が表層近くにまで浮上し,季節風で海岸に流されるためと考えられています。

元々富山湾には,新海生物が生息しています。深海生物が表層まで上がってくる時期は,上記で説明しました厳冬期と立山の雪解け水が流れ込みます4月です。深海性のホタルイカは,立山連峰の冷たい雪解け水が流れ込む季節に産卵のため浮上します。

Qαアミノ酸は、、βアミノ酸はある?

よろしくお願いします。

αグルコースとβグルコースは一位の位置のOHの違いで
すがアミノ酸の場合はαばかりで全然βアミノ酸と出会いません。
βアミノ酸は存在するのでしょうか?するとすればどんな構造で
何故こんなに影が薄いのでしょうか?
ご教授ください

Aベストアンサー

ちと Wikipedia で調べたけど, 「βアラニン」は必須だそうです. 「パントテン酸」として, あるいは「補酵素A」という形で体内に存在します.
ちなみにその先の γアミノ酸では GABA (gammaaminobutyric acid) がメジャーでしょうか.
グリシン→βアラニン→GABA と, アミノ基とカルボキシ基が 1つずつ離れているのがおもしろいかも.

Q深海魚

提灯アンコウなどの深海魚は家の水槽や公園の池などで飼うことはできますか?
深海魚は深海に住んでいるので、水槽内では圧力を加える装置がないと死んでしまうのでしょうか。それと眼は地上の光に耐えうるのでしょうか。
春になると、深海から上がってくるものもあるようですが、圧力を調節できるということですか。
水族館で深海魚を飼っているところがあったら、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

水深200メートル程度の浅さまでしか、水槽で飼育&展示は出来ません。

アンコウの仲間は、上の範囲に移動しますので稀に展示されます(が、チョウチンアンコウの仲間は展示例ありません)
アンコウの飼育&展示例を紹介:
http://www19.cds.ne.jp/~c-kujira/aquamarine.html
「アクアマリンふくしま」ここは「サンマの飼育成功」の方が話題になり、有名かもしれません。

上記以外では、「クサウオ」の仲間の繁殖記録がある水族館を紹介:
http://www3.nsknet.or.jp/~aquarium/keeper/bikunin.html
「クサウオ」というより「ザクラビニン」の方が有名だそうです、近所の中学生が知っていたので。
どこで知ったか聞いたら(互いに熱帯魚マニアだが):
http://www.dydo.co.jp/figure/top.html
飲料水メーカー「ダイドー」のHP。一時オマケのフィギュアに上記のフィギュアがついてたとの事。

ちなみにダイドーの紹介には理由があります。左上に水深と代表魚(フィギュア製品化の魚)の図があるでしょう?

のとじま水族館の「ビクニン」が約400メートル付近に分布してますが、実際に(他種も含め、季節移動で浅い海に一時的に生息は観測済み。また、個体の特性差も多いと思います。)

一番浅い200メートルの「オウムガイ」は昼夜で水深を自ら移動する性癖&古代生物の部類という事から『一般水槽でも飼育可能です』
熱帯魚店の「パウパウアクアガーデン」に行けば、泳いで?ます。

問題の水深400メートルオーヴァーの深海部の魚に関しては、『残念ながら成功例は現在までありません』(たまに、「オッ、これは!」と思う魚も、訊ねると「浅海捕獲」の個体例です。)

常識的に「400メートルより深い水深の魚飼育」に関しては:
http://www.jamstec.go.jp/jamstec-j/shisetsu/siken.html
海洋技術センターの紹介。高水圧水槽等の紹介がありますが:

「仮に深海水槽を再現(水圧以外面含め)可能・実現化」しても「深海魚を捕獲してから地上の水槽に移動する」という問題が残り、こちらの方が「解決困難」では?

以上、熱帯魚ファンですが、「深海魚」が魚に目覚めたきっかけの自分ですから「飼育成功すれば海外でも絶対行きます」今の所は夢というよりヴァ-チャル水槽:
http://www.nagoyaaqua.or.jp/guide/first/deep_sea/
名古屋港水族館の深海部です。3次元のバーチャル展示ですが、リアルです。
ここらが現在の深海魚飼育&展示の限界のようです。

あと、眼が地上の光に耐えられるか?
「眼が退化してるから問題無い」と答えそうですが、それは机上の論理。
深海魚飼育が実現して、飼育してみなければ「大丈夫とは言えない、実験しなくては眼以外や光のスペクトルの影響など予想外の問題発生も有りえるのでは?」

P.S.保育園で「魚の名前を言いいなさい」という時間に「リュウグウノツカイ」と答えましたが「今でも赤面する記憶」として残ってます(トラウマ?)

では~♪♪♪

水深200メートル程度の浅さまでしか、水槽で飼育&展示は出来ません。

アンコウの仲間は、上の範囲に移動しますので稀に展示されます(が、チョウチンアンコウの仲間は展示例ありません)
アンコウの飼育&展示例を紹介:
http://www19.cds.ne.jp/~c-kujira/aquamarine.html
「アクアマリンふくしま」ここは「サンマの飼育成功」の方が話題になり、有名かもしれません。

上記以外では、「クサウオ」の仲間の繁殖記録がある水族館を紹介:
http://www3.nsknet.or.jp/~aquarium/keeper/bikunin.html
...続きを読む

Qαヘリックスのアミノ酸配列が「Lys-His-Cys-Gly-Met-

αヘリックスのアミノ酸配列が「Lys-His-Cys-Gly-Met-Pro-Phe」の様になる確率を求めたいのですが、どのように計算したらよいのでしょうか?教えてください。お願いします。

それぞれのアミノ酸がαヘリックスの中に存在する相対頻度は、
Lys: 1.23
His: 1.22
Cys: 1.11
Gly: 0.56
Met: 1.47
Pro: 0.52
Phe: 1.07 です。

Aベストアンサー

その設問では解答が出ません。
αへリックスの長さを無視しているのが問題で,
求めたい確率が,αへリックスが7アミノ酸の長さで,かつその配列が上述になる確率なのか,
7アミノ酸のαへリックスがあったときに,その配列が上述の配列になる確率なのか,
などです。
長さを絞り込まないなら,答えは実際の生物から測定しない限り出ません。
(10アミノ酸のαヘリックス中に見つかる可能性と,
1000アミノ酸のヘリックス中に見つかる可能性では全然意味が違いますよね?)

Q深海の生物は何故、動きがスローモーなのですか?

質問1 テレビで見ると深海の生物は動きが大変スローモーです。
深海なので、水圧が高いのは理解出来ますが、海水の単位体積あたりの質量は海面と同じなので、深海の方が海水の抵抗が大きいということは無いと思いますが?

質問2 深海の海底は栄養分が少ないのでは陸上の砂漠に例えられますが納得できません。
全ての海洋生物の死骸は海底に落ちてきます。死骸を食べる蟹などの生物の排泄物や死骸なども海底に溜まります。従って深海の海底は有機物が何百メートルも堆積するはずだと思いますが、そうならないのは何故ですか?

Aベストアンサー

回答の順序が逆になりますがご容赦を

まず、有機物の生成は表層部の植物性プランクトンや浅い海底に定着する海草類によって行われています
そこから、お馴染みの食物連鎖が始まるわけですが、これは表層部~中層程度でほぼ完結してしまいます

まず、魚やその他の海生生物の屍骸は深海域に達する前に、他の生物の餌として消費されてしまいます
すぐに食い尽くされない位の大きな生物であれば、沈んでいく途中で腐敗性のガスが内部に発生して浮力を生じ、再度浮き上がります
そうなれば、やはり魚の餌です
また、魚やその他の排泄物もかなりのい率でプランクトンや微生物の餌となります
カニや貝類、ヒトデなどの底生生物については、そもそも生活域が比較的浅い海底ですので、その死骸が深海域まで落ちていくことは希で、通常は浅い海底に埋没してしまいます

こうした有機物の循環の中で、栄養価としてはほぼ利用し尽くされた残渣が、細かい粒子となって、ゆっくりと深海域まで落ちてゆきます
これが俗に「マリン・スノー」と呼ばれるものです
もちろん有機物も多く含まれていますが、栄養価的には極小レベルです
深海域では、これがかなりの量堆積している場所もあるようです
(これが、石油や天然ガス、メタンハイトレードの主原料となっているのではないか、とする研究者もあるようですね)

高い運動機能を持つ生物(大きな栄養を必要とする生物)にとっては、ほとんど利用する価値がないマリンスノーですが、もちろん有機物を含んでおり、少ない栄養でも生存可能な生物にとっては餌となりえます
しかし栄養価が少ないということは、生息できる生物数も少ないという事になりがちです
生物数が少ない、捕食者にとっては餌が少ないということです
深海域の生物は、まず光が届かないため、視力による餌や外敵の察知は不可能(その為、目が退化している種が多い)、さらに高い運動性を発揮するに足る高栄養価の餌が少ないため、省エネ運転に特化した生態となっているだと考えられています

回答の順序が逆になりますがご容赦を

まず、有機物の生成は表層部の植物性プランクトンや浅い海底に定着する海草類によって行われています
そこから、お馴染みの食物連鎖が始まるわけですが、これは表層部~中層程度でほぼ完結してしまいます

まず、魚やその他の海生生物の屍骸は深海域に達する前に、他の生物の餌として消費されてしまいます
すぐに食い尽くされない位の大きな生物であれば、沈んでいく途中で腐敗性のガスが内部に発生して浮力を生じ、再度浮き上がります
そうなれば、やはり魚の餌です
また、...続きを読む

Qアミノ酸のL型、D型の区別そ仕方

****CH3
****|
 H2N─ C─COOH
****|
****H 

上の構造式はアラニンですが、これがL型かD型かを判断するのに困っています。
定義では不斉炭素を中心にカルボキシル基を上に書いた場合に、アミノ基が左側にくるのがL型です。しかしこの定義のまま動かしてみると、

   COOH
****|
 CH3─ C─H
****|
****NH2
このようにアミノ基が下になってしまうため、判断に困っています。
アドバイスをお願いいたします。

(注意!:記号*は構造式を書くときに軸をそろえるために付けたものです。)

Aベストアンサー

D型とかL型というのは光学異性体を区別するための記号です。グリシン以外のアミノ酸の場合は、中心の炭素原子に4つの異なる基が結合しているために光学異性が生じます。

炭素原子の4つの単結合は、正四面体の中心に炭素原子があるとすると、正四面体の4つの頂点の方向に向かっています。つまり、実際の形は構造式に描かれるような十字型ではないのです。
(参考)
http://www.geocities.com/yoshihitoshigihara/isei.htm

さて、ご質問のようにアミノ酸の構造式を十字型に描いてある場合は、なんとなく描いてあるのではなく、意味があります。これはフィッシャー投影式といいます。

フィッシャー投影式では、「左右の結合は紙面より手前に出ている」「上下の結合は紙面の向こう側に出ている」というのがルールです。このルールにより、正四面体型の構造を、紙面で表示できます。

アミノ酸をフィッシャー投影式で描いた場合、上にカルボキシル基、下に側鎖を書いたときに、左にアミノ基が来るのがL型、右にアミノ基が来るのがD型です。

では、「上にカルボキシル基、下に側鎖」となっていないときに、どうするかです。フィッシャー投影式のルールから考えると、ご質問のように90度回転させてはいけません。90度回転させると、「紙面の手前」と「紙面の向こう」が逆になりますから、D型がL型に、L型がD型に変わってしまいます。
(180度の回転はOKです)

どうすればよいのかといえば、できることは次の2つです。
(1)3つの基を循環的に入れ替える(いわゆる三角トレード)。
(2)二組の2つの基を、両方同時に入れ替える。

ご質問の上のフィッシャー投影式ですと、上の(1)を適用して、「COOHを上に移動、CH3を下に移動、Hを右に移動」という形で循環的に入れ替えると、左にアミノ基が来てL型であることがわかります。

よくわからなかったら、分子模型を作ってみるとよいと思います。

D型とかL型というのは光学異性体を区別するための記号です。グリシン以外のアミノ酸の場合は、中心の炭素原子に4つの異なる基が結合しているために光学異性が生じます。

炭素原子の4つの単結合は、正四面体の中心に炭素原子があるとすると、正四面体の4つの頂点の方向に向かっています。つまり、実際の形は構造式に描かれるような十字型ではないのです。
(参考)
http://www.geocities.com/yoshihitoshigihara/isei.htm

さて、ご質問のようにアミノ酸の構造式を十字型に描いてある場合は、なんとなく...続きを読む

Q深海魚と水圧の関係

深海魚は水圧にどのように対応して
いるのでしょうか
くじらは、1000m以上もぐることができるそうですが
水圧はどうやって、クリアしているのでしょうか
また、深海のクラゲなどは、一見水圧で押しつぶされ
そうですが、どうやって生息しているのでしょうか
たまに深海魚が釣り上げられて、深海と同様な姿を
保っているのも、不思議な現象です

Aベストアンサー

こんにちは。
これはそう難しいお話じゃありません。
簡単に言えば、水で満タンの風船やドラム缶ならいくら深く沈めても潰れない・・・って事です。

人間には肺、普通の魚には「浮き袋」という空気の入った袋があります。
これが水圧で潰れてしまう為に深海には潜れないのです。
もしも、この中を水で満たす事が出来れば潰れません。
それでも大丈夫な呼吸方法や、浮き袋(例えば深海のサメは肝臓の油が浮き袋の代わりになって浮いたり沈んだりします)を持っていればいいわけです。

また、深海潜水艇などでは、浮いたり沈んだりを調整するバラストタンクの中に空気ではなくガソリンを入れて浮き沈みを加減してるものもあります。

QWestern blotting->発色させた後の膜でアミノ酸配列読める?

Western blottingし、(POD法等で)発色させた後のPVDF膜で、アミノ酸配列は読めるでしょうか?
もしもこれが出来たら、検出されたバンドのタンパクのN末配列が判って便利なのに...。
ブロッキングに使ったタンパクや抗体タンパクの方の量が多いだろうから、絶対に不可能なんでしょうか。
(抗体の方は剥がせるにしても、ブロッキング試薬の方は...。)
トライした事のある人、いませんか?

Aベストアンサー

どのような状況を想像されているかわかりませんので何ともいえませんが、
二つの場合で、

1.クルードなもののロードでは一見ウエスタンの結果バンドがあるところには
一つのタンパクしかないように思えますが、当然何種類ものタンパクがそこには存在します。シーケンスの際に2次元でわけないとコンタミすることがあるのにそんな状態ではきれいに読めません。読めても信頼できない。まあウエスタンしてるぐらいだから既知のものを読むのですけどね。

2.ある程度精製後、これならそのまま読んだらよい。ただし、量がすくなすぎてメンブレン上ではCBBなどの染色でくん出できない時には使用価値があるかも。しかし、やっぱりコンタミして読めないと思います。そんな状態では当然ブロッキングしたタンパクの方が圧倒的に多いでしょうから。

確かにできたら便利なことがあるかも。

Q深海魚が地上に上がったら、どうなるの?

深海ではすごい水圧がかかっているといいます。
でも、リュウグウノツカイとか深海に住んでるというわりに、地上にあがってきた写真をみても別に潰れている様子はありません。
深海魚は地上にあがってきても、潰れないんでしょうか?または、爆発しないんでしょうか?

Aベストアンサー

深海のほうが水圧が大きいので海面に上がって潰れることはないです。

ぎゃくに急に海面に上げられると浮き袋の中の空気が膨張して口から飛び出したりします。

竜宮の使いなど深海魚が海面に上がってきたときは人によって急に釣り上げられたわけでない限りゆっくりと海面に上昇してきています。浮き袋の空気が膨張するのはもちろん同じですが膨張がゆっくりなので浮き袋の空気が抜けて口から飛び出すことはありません。

QGABA(ガンマアミノ酸)を大量に摂取すると、脳内で『ニューロン同士のグルタミン酸による結合』が弱くなったりするの??

発芽玄米やチョコレートなどに多く含まれているという、『抑制性神経伝達物質』のGABA(ガンマ・アミノ酸)。

最近は、GABAが一袋に数百ミリグラムも入っているサプリメントなどが健康食品売り場の店頭などで売られていたりするのを、よく見かけます。
 
このGABAは『グルタミン酸へのブレーキ』のような役割もこなすと、ちまたで聞いたのですが。

ということは、つまり、このGABAをサプリメントなどで過剰に大量に摂取すると、脳内での『グルタミン酸によるニューロン同士の神経接続』が弱くなったり、接続が切れていったりするものなのでしょうか・・・??

向学のために、GABAを体内に大量に摂取しすぎるとどうなるのか、知っておきたいのですよね。

Aベストアンサー

グルタミン酸へのブレーキというのはグルタミン酸が興奮性神経伝達物質なのに対して、GABAが抑制性神経伝達物質であり、逆の作用をするということなのではないでしょうか??

また、GABAはBBB(血液脳関門)を通過できないので、体外から摂取しても脳内に入ることはできません。しかしGABAは末梢(腸管・ランゲルハンス島B細胞・卵管・副交感神経支配臓器・内分泌臓器)でも作用するので、食品から得られるリラックス効果は末梢に働くために起こると考えられます。


人気Q&Aランキング