深海の生物の水溶性化合物中に含まれるアミノ酸を
マーフィー法を用いて絶対立体配置の決定を行ったところ
D-アミノ酸の存在も確認できました。それで、D-アミノ酸
なんですが、L-アミノ酸と比べて塩濃度や水圧が高い所では、
D体の方が浸透圧調整をするのには都合がいいらしいのですが、
僕は具体的にはわかっていません。どなたか知っている方は
いらっしゃいませんか?

A 回答 (3件)

 私もよく知りませんが,長岡技術科学大学・環境系の環境システム工学環境生物化学研究室(参考 URL)でD-アミノ酸に関連する酵素の研究がされているようです。



 このペ-ジの「研究室紹介」や「D-アミノ酸について解説(非公式 by shibata)」を覗いてみて下さい。D-アミノ酸に関する色んな事がのっています。他大学の研究室へのリンクもあります。

 で,浸透圧調整に関してですが,「淡水に住むザリガニを海水に移すと環境の変化に適応するために体内にD-アミノ酸(特にD-アラニン)が顕著にが増加する」それもわざわざ「L-アミノ酸から異性化酵素を使って作っている」と言う事実から考えられているようです。

参考URL:http://envbio.nagaokaut.ac.jp/shibata/daa32.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 どうも有難う御座います。ザリガニの実験は
とても興味深い内容でした。それにしても、
アミノ酸をL-からD-体に変える酵素も面白い事実ですね。
僕が扱った貝からは、メチオニンがL-、D-の両方が確認されました。
ただメチオニンは性質が等価だからそのせいもあるのでしょうかね?
おもしろい研究室を紹介して頂き有難う御座いました。

お礼日時:2001/02/15 22:27

追加情報です。


以下の成書は参考になりますでしょうか(内容未確認!)?
--------------------------------------
第21回鎮痛薬・オピオイドペプチドシンポジウム/第…/〔鎮痛薬・オピオイド…/〔2000〕 
オピオイドの基礎と臨床/鎮痛薬・オピオイドペ…/ミクス/2000.8 
物質使用障害/米国精神医学会[他]/医学書院/2000.5 
オピオイドのすべて/鎮痛薬・オピオイドペ…/ミクス/1999.9 
オピオイド/鎮痛薬・オピオイドペ…/ミクス/1997.8 
オピオイドペプチド/井村裕夫/中外医学社/1985.5 
-------------------------------------
これらの中に「オピオイド分解酵素」に関する参照文献があれば良いのですが・・・?

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 どうも有難う御座いました。
D-体に鎮痛効果があったとは・・・。
深海の生物はあまり解析されていないので
分析も楽しみです。

お礼日時:2001/02/15 22:20

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「低周波通電」
=============================
D体含有動物を摂取することでオピオイド分解酵素が活性阻害されESAの鎮痛効果が増大することも可能と予想される。
==============================

補足お願いします。

参考URL:http://www.lifence.ac.jp/kuma/qblkf/4blkf/4qcoob …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ