炉心管などの直径を表す単位φはどのように使えばよいのでしょう?
文献などをみると、数字の後(10φ)や数字の前(φ10)についていることがあるのですがどちらが正しいのですか?
ちなみに、10φとは直径10mmと言うことですよね。
卒論で困っています。
素早い返答おねがいすます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 noapatoさんの指摘通り、φは「直径」という意味で、長さを表す単位ではないので、前につけるのが、本来だったはずです。



 ちなみに、単位は、常識的決まりということで、製図を書いたりする上で、省略しているはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早い返答ありがとうございました。
やはり、現段階では数値の後ろにつけるのが正しいみたいですね。

お礼日時:2001/02/16 05:39

数字の前に付けるのが正解だよ。

でも後ろにつけてる業界もあるよ。

>10φとは直径10mmと言うことですよね。

径も、内径・外径・呼び径があるから、気を付けましょう。
    • good
    • 0

#1氏の回答に対して、「現段階では数値の後ろ・・・が正しい」と書いておられますが、断言できるでしょうか?



#2氏の意見も普通だと思いますが、前に書いてある方が多いので、卒論ならば私は前に書く事をお薦めします。

建築の図面では(φ45mm)の管径などと書きますし、鉄筋の書き込みでも(φ12mm)と書きます。
スケッチの走り書きでは、(10φ)と書いた事もありますが???
    • good
    • 0

私は土木設計のほうですが、管路の設計の場合など当然のように数値の前につけています。


数値の前につけるのが当り前でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

設計などの場合と論文などの場合では取り扱い方が違うのですかね。

お礼日時:2001/02/16 06:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヘリウムの2電子波動関数の基底状態を1/√2・φ_1s(1)φ_1s(

ヘリウムの2電子波動関数の基底状態を1/√2・φ_1s(1)φ_1s(2)[α(1)β(2)ーα(2)β(1)]と表す。ここで、φ_1s(1)は1s軌道を電子1が占めていることを示し、α(1)、β(1)は、電子1のスピンが上向き、または下向きであることを示す。同様にして、第一励起状態と第二励起状態の規格化された波動関数を表せ。(複数ある場合にはそれも示すこと)また、その波動関数を使って第二励起状態と第一励起状態についてハミルトニアンの期待値を書き表し、エネルギー差を示せ。また、エネルギー差が生じる理由を述べよ。
という問題で、前半は、第一励起状態1/√2[φ_1s(1)φ_2s(2)-φ_1s(2)φ_2s(1)]α(1)α(2),1/√2[φ_1s(1)φ_2s(2)-φ_1s(2)φ_2s(1)]β(1)β(2)],1/2[φ_1s(1)φ_2s(2)-φ_1s(2)φ_2s(1)][α(1)β(2)+α(2)β(1)],第二励起状態1/2[φ_1s(1)φ_2s(2)+φ_1s(2)φ_2s(1)][α(1)β(2)ーα(2)β(1)]だと思うのですかあってますか?後半で、αやβを含めた波動関数の∫ΦHΦをどうやって求めればいいのかがわかりません。どなたかご教授お願いします。

ヘリウムの2電子波動関数の基底状態を1/√2・φ_1s(1)φ_1s(2)[α(1)β(2)ーα(2)β(1)]と表す。ここで、φ_1s(1)は1s軌道を電子1が占めていることを示し、α(1)、β(1)は、電子1のスピンが上向き、または下向きであることを示す。同様にして、第一励起状態と第二励起状態の規格化された波動関数を表せ。(複数ある場合にはそれも示すこと)また、その波動関数を使って第二励起状態と第一励起状態についてハミルトニアンの期待値を書き表し、エネルギー差を示せ。また、エネルギー差が生じる理...続きを読む

Aベストアンサー

前半は、あってます。

後半は、スピン軌道に関する積分を軌道に関する積分とスピンに関する積分に分けて、軌道に関する積分をする前にスピンに関する積分をすればいいです(ハミルトニアンがスピンに依存しないのでスピン部分をくくり出すことができる)。

 ∫dτ_1 dτ_2 = ∫dr_1 dr_2∫dσ_1 dσ_2

平たく言えば、積分の中に現れるα(i)β(i)等を

 α(1)α(1)=β(1)β(1)=α(2)α(2)=β(2)β(2)=1
 α(1)β(1)=β(1)α(1)=α(2)β(2)=β(2)α(2)=0

に置き換えればいいです(スピン関数の規格直交性)。

あとは丁寧に計算していけば、ハミルトニアン H=h(1)+h(2)+g(1,2)の期待値が

基底状態:2×H_1s + J_1s1s
第一励起状態:H_1s + H_2s + J_1s2s - K_1s2s
第二励起状態:H_1s + H_2s + J_1s2s + K_1s2s

になることが分かります。ただし

一電子積分を

 ∫φ_1s*(1) h(1) φ_1s(1) dr_1 = H_1s
 ∫φ_2s*(1) h(1) φ_2s(1) dr_1 = H_2s

二電子積分を

 ∫φ_1s*(1)φ_1s*(2) g(1,2) φ_1s(1)φ_1s(2) dr_1 dr_2 = J_1s1s
 ∫φ_1s*(1)φ_2s*(2) g(1,2) φ_1s(1)φ_2s(2) dr_1 dr_2 = J_1s2s
 ∫φ_1s*(1)φ_2s*(2) g(1,2) φ_2s(1)φ_1s(2) dr_1 dr_2 = K_1s2s

と書きました。

エネルギー差が生じる理由は、「交換積分」について調べてみると分かると思います。

前半は、あってます。

後半は、スピン軌道に関する積分を軌道に関する積分とスピンに関する積分に分けて、軌道に関する積分をする前にスピンに関する積分をすればいいです(ハミルトニアンがスピンに依存しないのでスピン部分をくくり出すことができる)。

 ∫dτ_1 dτ_2 = ∫dr_1 dr_2∫dσ_1 dσ_2

平たく言えば、積分の中に現れるα(i)β(i)等を

 α(1)α(1)=β(1)β(1)=α(2)α(2)=β(2)β(2)=1
 α(1)β(1)=β(1)α(1)=α(2)β(2)=β(2)α(2)=0

に置き換えればいいです(スピン関数の規格直交性)。

あとは丁寧に計算していけば...続きを読む

Q文献の参考文献に掲載できるネット情報について

文献に載せる参考文献で、本の名前や掲載ページの情報のところに、特許やネット上のPDFファイルのアドレスなどを含めてもいいのでしょうか?

ある教授が参考文献にはネット上での情報は一般的には
掲載しないと言いました。

研究テーマに関しては工学的な面から、本に掲載されていない情報をしいれるためにネット情報も活用しなくてはいけないと思います。

みなさんのご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

私が修士論文を書いた時は、URL掲載しましたよ。
学術論文は引用を明確にしなければいけないからです。

個人のHPは根拠に乏しいため、参考になりませんが、
公式なHPのものは、有効な情報だと思います。
ちなみに私の専攻は国際関係論でしたので、
国連HPに掲載されている国連憲章や、UNDPのHPからHDIの数字はどは、ネットから最新情報を収集していました。

指導教官に指示を仰ぐのが一番だと思います。

Q化学の有効数字指定なしの時の数字の扱い方について

化学のmol計算の際、「有効数字3ケタで答えよ」などの指定がなされていないときは有効数字の少ない数の有効数字の桁数で答えるのが基本だと教わりました。しかし、水素1molの体積を問われた場合の回答は「22.4L」であるのに、水素3.0molの体積は「67L」とあります。1molの体積を問われた場合に、なぜ有効数字3ケタ(?)で答えているのでしょうか。

また、有効数字2ケタで答える際、2ケタの数を答える場合は「68」「59」などでよいのに、3ケタとなると「110」ではなく「1.1×10^2」と答えなければならないのはなぜでしょうか。高校1年生がわかる説明で教えていただければ嬉しいです。

Aベストアンサー

>有効数字2ケタで答える際
(略)
>3ケタとなると「110」ではなく「1.1×10^2」と答えなければならないのはなぜ
 
具体的に考えてみましょう。
計算結果が、112.6 だったとしましょう。Aさんは、有効数値2桁とするために、3桁目の2を四捨五入して
 110
としたとします。 
一方、計算結果が、110.4 だったとしましょう。Bさんは、有効数値3桁とするために、4桁目の4を四捨五入して
 110
としたとします。
 
ご覧の通り、二人は、計算結果も、有効数値を何桁にするかも違っていたのに、"丸めた後"は、見かけ上では同じになってしました。
110 のままでは、A,B二人の意図の違いを明示的に示せません。
そこで、どこまでを有効数値と見ているのかを示すために、指数形式を採用するのです。
Aさんの場合、意図を汲み取れば、1の位の0は信用できない数値ですからこれを書かないで
 1.1・10^2
とするのが適切でしょう。しかし、Bさんの場合なら、1の位の0を棄ててしまってはいけませんよね。
 1.10・10^2
とするのが適切でしょう。
 
このように、指数形式※で表現すると、どの桁までが有効数値なのかが明確になる利点があります。
 
もちろん、以上のような紛れが無い場合には、指数形式で示さなくても構わないです。
たとえば、四捨五入の後、有効数値2桁の数として
 64, 3.6, 0.0029, 0.00000000000016
などと書くのは問題になりません。もっとも、最後の例などのように、極端に小さな数を表すときに視認性も良くなる効果も考慮して、指数形式で 1.6・10^(-13) のように表す方が好ましいですけどね。

※ 指数形式で表現するとき、
「仮数部」と「指数部」とに分けて表記しますが、仮数部は、"1以上10未満の、適切な有効桁数の数値" とするのが共通認識になっています。

>有効数字2ケタで答える際
(略)
>3ケタとなると「110」ではなく「1.1×10^2」と答えなければならないのはなぜ
 
具体的に考えてみましょう。
計算結果が、112.6 だったとしましょう。Aさんは、有効数値2桁とするために、3桁目の2を四捨五入して
 110
としたとします。 
一方、計算結果が、110.4 だったとしましょう。Bさんは、有効数値3桁とするために、4桁目の4を四捨五入して
 110
としたとします。
 
ご覧の通り、二人は、計算結果も、有効数値を何桁にするかも違っ...続きを読む

Q有効数字についてなんですが、テストで「有効数字を使えと指示する問題と指

有効数字についてなんですが、テストで「有効数字を使えと指示する問題と指示しない問題に分ける」と先生が言っていたのですが
指示しない問題に関して、たとえば
2CO + O2 → 2CO2で2COは2.0molとする。
とあった場合、この時点で有効数字に合わせてO2は1.0molとするのですか?

また、計算過程(問題を解く方法)によって誤差が出ると思うのですが、どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
有効数字を学習して間もないころのテストですかね?

>指示しない問題に関して、たとえば2CO + O2 → 2CO2で2COは2.0molとする。
有効数字を使えと指示しない問題なら,2.0molは2molと書かれる筈です。

>この時点で有効数字に合わせてO2は1.0molとするのですか?
同様に,1.0molは1molと答えるべきでしょう。

>また、計算過程(問題を解く方法)によって誤差が出ると思うのですが、どうなのでしょうか?
有効数字を考慮しない問題というのは,多分途中計算が単純で割り切れるものであると思います。よって計算過程で誤差は出ないと考えられます。
途中誤差が出たら,先生にまじめに文句を言ってください。(^-^)

Q現在高校1年生です。化学の勉強をしているのですが、有効数字がよくわかりません。 3.14→有効数字

現在高校1年生です。化学の勉強をしているのですが、有効数字がよくわかりません。

3.14→有効数字3桁ですよね?
では、0.00453→有効数字3桁ですか?

誰でもいいので回答お願いします。

Aベストアンサー

0.00453は有効数字3桁ですね。
4.53×10^-3と書くほうが推奨されると思います。
有効数字は化学だけではなく物理でも(科学全般ですね)使われるので覚えておく必要があります。

高校ではそうでもないのですが、
与えられた数字からある値を求めるときに、丸め方等が単純な四捨五入ではなく、JIS Z 8401 等でやるように決められていることもあるので、
有効数字は、結構、難しい問題です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報