ネットが遅くてイライラしてない!?

他の教科は平均を下回るのに、理科だけは点数が取れると言う人を
たまに見ます。
これはどうしてなのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私も理科とか算数、その延長の物理や数学はOKだけど、国語や社会などの暗記ものは苦手でしたね。


「そんな昔のことや地名を覚えて、何の役に立つの?」っていう実用主義的な考えや、基本的は法則・方程式さえしっかり覚えれば良いっていう、記憶力がいまいちの人間にとっては、やりやすい科目と思っていたからですね。

でも、今になって思うと、地理や歴史の暗記科目って、覚える内容に意味があるというより、記憶力の訓練として意味あったんじゃあないか?って思ったりします。
また、数学や物理で習ったことも、実用主義的な面からは、2次方程式の解法なんて、社会に出てからは、まず使うことないし、運動の法則も因数分解も微積分も使わない。
結局は、そういう難しい抽象的なことを学習することで、論理的に考えられる頭脳を鍛える訓練になっていたのでは?と感じています。

「え・・!?そんなこと約束したっけ?」「この前いったじゃない。これだから・・・」って会話があると、「もっと記憶力を鍛えておけばよかった」なんて思ってしまいますね。
    • good
    • 0

 No.3のお答えに同感。


 格言に曰く「好きこそ物の上手なれ」
    • good
    • 0

理数は基本を覚えておけば公式や定理は導き出せることが多い


積分の基本を覚えれば幾何の公式の多くは憶える必要が無い
たいした記憶を要求されない
とにかく基本を組み立てるだけである程度の高さまでは登れる
ニュートンも、巨人の肩に立てば遠くがよく見える、と言っています
    • good
    • 2

すみません。


私、それでした。
それも化学のみという範囲の狭さ!

数学や物理もだめ、英語・国語・社会系もだめでした。

なぜか?といわれれば、「好き」で「面白い」と思えたからです。
人間、好きなことには一生懸命になれます。
子供でも、学校の勉強はすぐに嫌になっても、ゲームの攻略本などであれば、時間も忘れてのめりこみます。
あれと同じ感覚でしょうか?
    • good
    • 0

視覚的な作用をもったものでないと興味が持てないからではないでしょうか?


国語や数学は抽象的に物事をとらえる必要があります。
英語や社会は暗記。
ここで理科だけは実際にモノが動いたり、そのものの特性を考えたりするのでイメージがつかみやすいのでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q理系科目が得意な生徒とそうでない生徒の違い

とても抽象的なタイトルで申し訳ありません。
現在大学生です。
私は中高を通じて,理科・数学が得意ないわゆる理系の生徒でした。別に記憶することが苦手というわけではなかったのですが,単に理科・数学が嫌いではないという理由です。
 振り返ってみると,小学校中学年の時にそろばんに通わされて(でも2×2桁の掛け算で挫折)その後小6の時に公文式に通っていました。中学校では,数学の先生が好きでそのころから数学が得意になっていました。
 ところで,現在,家庭教師を数件持っています,その中で,中学校数学や高校理科(特に化学)が本当に苦手な子も教えています。いわゆる数値変えただけでアウトな生徒です。今そういった生徒に「どうやったら数学が得意になるのだろう」と四苦八苦しています。一生懸命,その問題について説明しているのですが,なかなか問題に対する考え方がわかってもらえませんし、その生徒がなぜわからないのかが正直よくわかっていません。
 そうした中,疑問を感じたことを質問させてください。

1.理系科目が得意な生徒とそうでない生徒の違いが起きる要因は一体何だと思いますか?(例、学習環境、先生、その他)

2.どうすれば理系科目が苦手→得意にできると思いますか?

(理系科目がまわりの人より得意な人に)
3.私が理系科目が得意になったのは「このおかげだ」と思うものがありますか?

非常に抽象的な質問で申し訳ありません。わからないことがあればご質問ください。

とても抽象的なタイトルで申し訳ありません。
現在大学生です。
私は中高を通じて,理科・数学が得意ないわゆる理系の生徒でした。別に記憶することが苦手というわけではなかったのですが,単に理科・数学が嫌いではないという理由です。
 振り返ってみると,小学校中学年の時にそろばんに通わされて(でも2×2桁の掛け算で挫折)その後小6の時に公文式に通っていました。中学校では,数学の先生が好きでそのころから数学が得意になっていました。
 ところで,現在,家庭教師を数件持っています,その中で...続きを読む

Aベストアンサー

2度目で失礼します、No4の者です。

>となると、パンク→不快(疲れる?)→いやだ→興味が持てない、となってしまうのかな、

そうです、そういうことです。力尽きるんだと思います。

生徒の頭がパンクしかけてくると、反応が変わります。
理解している=楽しい時は、
うなづくのが速いし、「はいはい」「あ~」「で、こうなるんだ」とか
先回りしたリアクションがあるんですが、
だんだん無口になって
「うーん、うん」「はあ」と、元気のないあいづちになってきます。
このへんは、個人差があるとは思いますが・・・。

ずいぶん経ってから気付いたんですが、
理解できていない状態の子は、「今のところが分かりませんでした」とはなかなか言いません。
「どこが分からない?」とか「何で引っかかった?」とか聞いても首をかしげるんですよね。
分からないものについて説明しろったって無理に決まっているんですよね。

例えて言うと、知らない町の中をさまよっている状態(理解できてない状態)から、
あるときふと、頭に地図を描いて全体を把握できるようになる(理解する)。
こうなると、自信を持って自分で進むことが出来ます。

理解に導くためには、教える側が、解く時に頭に描くイメージを具体的に教えるといいです。
手振り身振り、たとえ話、絵を描く、実物を示す(実験や標本)・・・
なるべくイメージしやすい言葉を使う。
「接する」「結合する」よりも、「くっつく」「手をつなぐ」「合体」とか・・・。

偉そうに書きましたが、成功率は5割といった感じです。なので役立たないかもしれません。

2度目で失礼します、No4の者です。

>となると、パンク→不快(疲れる?)→いやだ→興味が持てない、となってしまうのかな、

そうです、そういうことです。力尽きるんだと思います。

生徒の頭がパンクしかけてくると、反応が変わります。
理解している=楽しい時は、
うなづくのが速いし、「はいはい」「あ~」「で、こうなるんだ」とか
先回りしたリアクションがあるんですが、
だんだん無口になって
「うーん、うん」「はあ」と、元気のないあいづちになってきます。
このへんは、個人差があるとは...続きを読む

Qクラス分けの際、担任が生徒を選んでいる?

「公立の小学校や中学校でのクラス分けで、教師がどの生徒を自分のクラスに入れるかを、担任の主観で決めることがある」と人から聞き、びっくりしています。
もちろん極端に騒ぐ友達同士などを別のクラスにしたり、双子の兄弟を分けたり、その他さまざまな教育的配慮から分けるのは理解できますが、気になるのは、例えば「教師がひいきの子を自分のクラスにいれる」ようなこと。これは、実際に行われているんでしょうか?

教師から「一方的にひいきされている子」でも、その教師を極端に嫌がっていた場合もあります。こんなときは悲惨です。また、そうした場合にあらかじめ親が学校に申し出て回避できたこともあるとか。

クラスの生徒って、現実にどのように振り分けるんでしょうか? 
上のようなことが事実なら、なんだか腑に落ちないんですが。
この辺の事情に詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

何度もクラス分けに立ち会ったものとして回答いたします。

ほとんど、No.2のahtanさんのおっしゃるとおりです。
学校や、その時の状況などによって、多少違いはありますが、その年度の終わりごろに、学年の先生が集まって相談をします。配慮の必要な子を始め、様々な条件を付き合わせ、もちろん偶然のめぐり合わせを中心として、いろんな意味で平等になるように学級のメンバー表の候補を作ります。

その子たちを、誰が担任することになるかわかりません。可能な限り平等になるよう、その学級編成には本当に膨大な時間を要します。

最終的には校長の判断ということで、4月の始めに正式決定します。そのとき同時に、学年の先生が決定します。このときの初めての担任顔合わせで、どの先生がどの学級を受け持つことになるのかが決定します。

その際、前年度にその学年を受け持っていた教師がたいてい1人は学校に残っているので、参考となる意見を聞くことがあります。(この子にはこんな配慮が必要、など)

…とまあ、ごく大雑把ではありますが、これが学級決めの概要です。ご家庭のほうから、「ぜひ来年度は、この子とは離して」とか、「ぜひ、女の先生に」とか、いろんな要望を受けることもあります。
 教師としては、その要望に正当性、緊急性があるかどうかを判断し、学級決めの際に進言することもあります。しかし、教師自身さえ、(少なくともヒラは)4月になってみないと何年生を受け持つのかがわからない世界。希望が通るとは限らない。ましてや子どもたちにおいては、です。

私は教師になって数年間は、「どんな取り合わせになっても、どんな仲間と一緒になってもうまくやっていく力をつけることこそ、学級社会の意味である。」と考えていて、学級決めについて、それほど重要には思っていませんでした。しかしやはり現実には、難しい面もいっぱいあるので、現在は配慮しているつもりです。

でも、今でも私の考えの根底には、「どういうめぐり合わせになっても、お互いの人間関係をよいものにしていく、それが学級。」というものがあります。

何度もクラス分けに立ち会ったものとして回答いたします。

ほとんど、No.2のahtanさんのおっしゃるとおりです。
学校や、その時の状況などによって、多少違いはありますが、その年度の終わりごろに、学年の先生が集まって相談をします。配慮の必要な子を始め、様々な条件を付き合わせ、もちろん偶然のめぐり合わせを中心として、いろんな意味で平等になるように学級のメンバー表の候補を作ります。

その子たちを、誰が担任することになるかわかりません。可能な限り平等になるよう、その学級編成には本当...続きを読む

Q数学の嫌い人へ。数学の嫌いな理由は何ですか?

題名の通りです。数学の嫌いな理由は何ですか?

Aベストアンサー

公式が覚えられない。
覚えても実際に使えない。
手を動かすのが嫌い。
今後の生活に意味が無い。
ですね!

Qこの成績で偏差値63の公立高校は無理?

通塾してない中2の娘は、偏差値63の公立進学校を志望しています。
中1、3学期の、成績表は5教科23。9教科39でした。
定期テストは学年230名の中学校で平均40番でした。
得意科目は、英、数。やや点を取れない科目は理、社で、
この2教科が、学年順位を下げています。

2年1学期の定期テストは、5教科計206点、学年順位43番。
2年夏休み明け実力は、5教科計194点、学年順位38番でした。

2年1学期に受けた塾の模試は偏差値59でした。

質問は、これから塾に行き頑張るとして
偏差値63の公立高校は、可能性があるかというものです。
言い訳のようですが、塾に行き効率の良い学習指導を受ければ
私は、少しは競争もあるし成績がわずかながら上向くのではと思うのです。
でも塾に行ったからといって上がるわけは無く
塾+本人の努力とやる気だと思いますが。

偏差値59ぐらいの子が偏差値を63まで上げるのは
奇跡に近いと言われました。
やはりそうなのでしょうか?
最初から、無理なのでしょうか?
やはり偏差値63の公立の進学校に行く人は、
最初から、偏差値65ぐらいある人ばかりなのですか?
アドバイス、よろしくお願いします。

通塾してない中2の娘は、偏差値63の公立進学校を志望しています。
中1、3学期の、成績表は5教科23。9教科39でした。
定期テストは学年230名の中学校で平均40番でした。
得意科目は、英、数。やや点を取れない科目は理、社で、
この2教科が、学年順位を下げています。

2年1学期の定期テストは、5教科計206点、学年順位43番。
2年夏休み明け実力は、5教科計194点、学年順位38番でした。

2年1学期に受けた塾の模試は偏差値59でした。

質問は、これから塾に行き頑...続きを読む

Aベストアンサー

ウチの子(現高三)と同じ状況ですね。
ウチの子は、中三の春60ぐらいから、63の公立に行きました。
校内の成績は、9教科36~39ぐらい
220人中良いときで30番台後半、悪いときで60番ぐらい。5教科平均点は、400~420点でした。

どのデーターを取ってもほぼ同じですね。

>偏差値59ぐらいの子が偏差値を63まで上げるのは奇跡に近いと言われました。

ウチも中三春の時点で同じ事言われました。
子供の高校の同級生の話を聞くと、得点率90%は当たり前、5教科満点という強者も結構います。
ここで、偏差値の話から
偏差値65以上の上位7%に成績表の5が付きます。
偏差値63は、上位9.7%(22/223)
偏差値59は、上位18.5%(42/223)
となります。結構当たってますね。
つまり、63まで上げるということは、
学内で、22番以内に入るということです。
中間期末は、範囲も少ないので、突如ランクインすることもありますが、常時20番前後が出れば、偏差値63ぐらいなったと言って良いでしょう。

もし、受験直前まで偏差値63までたどり着かなかった場合、志望校の志願倍率などみて受験を決めたら良いと思います。1.1倍ぐらいなら、60ぐらいでも充分合格できると思います。(ウチの子の時はコレだった)
1.3倍だったら60では先ず無理だと思います。

普通、志願倍率が教育委員会から、HPに発表になってからも志願先を変更できると思います。(地域によって違うかも)

成績上位(43/223)から、22番ぐらいに上げるのは、『相手も頑張っている』ゾーンなので、結構努力が必要です。(それでも絶対ではない)

いずれにせよやる前にあきらめるより、直前まで頑張る事を小生は薦めます。

ウチの子(現高三)と同じ状況ですね。
ウチの子は、中三の春60ぐらいから、63の公立に行きました。
校内の成績は、9教科36~39ぐらい
220人中良いときで30番台後半、悪いときで60番ぐらい。5教科平均点は、400~420点でした。

どのデーターを取ってもほぼ同じですね。

>偏差値59ぐらいの子が偏差値を63まで上げるのは奇跡に近いと言われました。

ウチも中三春の時点で同じ事言われました。
子供の高校の同級生の話を聞くと、得点率90%は当たり前、5教科満点という強者...続きを読む

Q中学の勉強の仕方、理科と社会に限って教えて下さい!

中学の勉強の仕方、理科と社会に限って教えて下さい!
今度中2になる娘の母親です。
5科目のうち、特に理科と社会が嫌い&苦手です。
もちろんテスト範囲は教えて頂けるのですが、ポイントを絞りきれないというか、暗記しきれず点数につながりません。
ノートまとめは得意な方ですが、何か結果、理解につながる良い勉強方法やお勧め参考書などありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

私は中学のとき社会がかなり苦手でした。中1のとき30~50くらい。中3には80越えをコンスタントに出せるようになりました。


以下私の勉強方法です。

社会は暗記だけで8割取れます。なのでわからないことや忘れてしまった内容を教科書で調べたり、じっくり考えてひねり出す行為は時間の無駄です。即答えを見て下さい。もちろんノートに1つ1つまとめるのなんて本当に時間の無駄です。最悪と言ってもいい勉強方法ですね。なぜならノートにまとめる行為をするとたった1回それを書いただけなのに覚えた気になってしまうことが何より危ない。教科書をただ模写しただけ。ノートまとめがうまい、これはきれいに様々な色ペンを駆使して作っているのでしょうか?効果ははっきり言って薄いです。


私は問題集などにまず答えを全て書きます。もしくは解答の冊子の方を初めから使います。これをテスト範囲などに合わせて初めから読みます。例えば問題集の1~10ページまでがテスト範囲になる場合、問題を読んですぐ答えを読む。というのを10ページまでやり、また1ページに戻り同じように繰り返します。ノートにまとめる時間があればこれを5周以上することが可能です。単調な作業に思えますが効果は絶大です。7周くらいしてくるとだいたい答えが即答できてきます。10周もすれば『3ページ目の5番目のやつはあの問題で、、答えはあれ』というよに問題を見なくても問題と答えをセットで覚えているはずです。


高速反復。飽きるほどの繰り返しこそ暗記の王道であり最短ルートです。自信持ってオススメします。必ず高得点につながります。10周してから答え見ずにやってみればどれだけ覚えられたかわかるはずです。そしてそれが本人の大きな自信につながると思います。

私は中学のとき社会がかなり苦手でした。中1のとき30~50くらい。中3には80越えをコンスタントに出せるようになりました。


以下私の勉強方法です。

社会は暗記だけで8割取れます。なのでわからないことや忘れてしまった内容を教科書で調べたり、じっくり考えてひねり出す行為は時間の無駄です。即答えを見て下さい。もちろんノートに1つ1つまとめるのなんて本当に時間の無駄です。最悪と言ってもいい勉強方法ですね。なぜならノートにまとめる行為をするとたった1回それを書いただけなのに覚えた気になっ...続きを読む

Q大好きな《生物》をいかせる職業は?

高校2年の息子は理科系・特に生物が得意。それが活かせる職業を探しています。パソコンで調べるも、なかなか見つけられません。その道に進むには、具体的な進学先(学科)もできれば教えてほしいのですが。

Aベストアンサー

生物が得意でしたらやはり生物学系をお勧めいたします。

現在、生物学は革新期を迎えており、急展開をみせております。アメリカでは、一流大学なら生物学が必修となっております。これは生物学がこれからの時代、核となる学問になるとの配慮からであり、これからは生物学に時代になるとも言われており、ありとあらゆる分野への応用が期待されて可能性は無限と言えます。研究施設が指数関数的に増えており、会社の関心も高いです。しかしその期待と人気の半面、今や生物系の学部は偏差値が飛びあがっています。名の通った大学に行こうと思ったらかなり勉強しなくてはいけないでしょう。(エリートは昔はみんな鉄鋼に流れ、次にITに流れ、現在バイオに流れていると言われています。)

しかし、やはりまだまだ現実社会から考えると発展途上であります。やはり日本は工業国であるので、(そして日本は他の国々に比べて進出が遅れたため)現在生物学は世の中の経済の本流からはずれてしまっており、まだなんともいえません。当の僕もバイオでビジネスをしようと思って大学に入りましたが、本当に生物学の時代が来るのか毎日非常に不安に暮らしています。人生を賭け事に例えるのなら、他の工学部に進むのは安全牌で、生物学は大穴といったところでしょうか。しかし、道さえ選ばず企業の歯車になってもいいというのなら、就職率は100%です。

 製薬会社(三共とか)、食品会社(グリコ等)また、MSという新薬専門のセールスマンもあり、年収1000万とかいう人もごろごろいます(ヤクルトの坑ガン剤など)研究の道では、分からないことだらけなので、最も困ることがない分野でしょう。僕自身は化学生命工を目指しており、とりあえずは一流工業の企業に入り、新しい生物を利用した工業を開拓したいなぁ、と思っております。(日立とか)野望です。

 進学先としては、国立大の理学部の生物学科がまず上げられます。あと僕が個人的におもしろいのは従来の生物学科にとらわれない、理工学部の学科、東京工業大学生命理工学部、横浜国立大学物質工学科、東京理科大学応用生物科学科、同生物工学科、立命館大学化学生命工学科、関西学院大学、慶応大学生命情報学部、特にカリキュラムが面白いのは(欧米並みなのは)早稲田大学電気情報生命、東京工科大学バイオニクス学科が斬新です。生物学は近年急に発展し変化した分野なので、一般に私大の方が動き出しが速くて資金が多く、研究施設がととのっていると思います。しかし極めるのならば、やはり日本に留まっていてはダメだと思います、やはり生物学の中心はアメリカなので。あくまで個人的な考えですが。

生物が得意でしたらやはり生物学系をお勧めいたします。

現在、生物学は革新期を迎えており、急展開をみせております。アメリカでは、一流大学なら生物学が必修となっております。これは生物学がこれからの時代、核となる学問になるとの配慮からであり、これからは生物学に時代になるとも言われており、ありとあらゆる分野への応用が期待されて可能性は無限と言えます。研究施設が指数関数的に増えており、会社の関心も高いです。しかしその期待と人気の半面、今や生物系の学部は偏差値が飛びあがっています。...続きを読む

Q甘やかされて育った子供と厳しく育てられた子供の性格は?

甘やかされて育った子供はわがままになると言われますが、本当のところどうなんでしょうかね?
逆に厳しく育てられた子供は、どうなるんでしょう。
単純にわがままの反対はがまんだとおもうので、がまんのできる子に育つと考えていいでしょうか?

みなさんの意見を聞かせてください。
よろしく御願いします。

Aベストアンサー

甘やかされて育つ。皆さんが書かれているように、叱られずに育つということですよね。
甘やかされた子はわがまま、厳しく育った子供は我慢が出来る、でも実際にはそれほど単純ではないんです。

まず、叱ると褒めるが表裏であると言う事をよく考えてみてください。
甘やかされて育つということは、実は叱られずに育つということになり、叱るがないから褒められるがない、つまり本当の意味で褒められた事がないと言えます。

よくあるパタンですが、甘やかされて育った人は、褒められていないので物事に対する達成感がなく(実際には分からない)、どこまでやっても『やり遂げた』という気持ちがあまり具体的にわいてこず、そのうちに『出来ていないんじゃないか』『不十分なんじゃないか』といった不安感に襲われ、やる前から諦めてしまう、さらに悪い状態なら欝になる。

厳しく育てられてきた場合は逆に、厳しい事を聞かなければならないというプレッシャーから、人の顔色を見て育つようになりがちです。求められている事をきちんとこなしているか、これで叱られないだろうか。
なので叱られる事がないようにするために褒められる事もなくなり、結果愛情を求めるようになってしまい傾向があります。

そう考えると、kiccaさんのおっしゃるとおり、やはり叱るべきところはきちんと叱り、その上で甘やかす部分も作ってあげ、そのメリハリをきちんとしてあげるというのが理想だといえますね。

叱る事によって社会のルールをきちんと理解させてあげ、褒める事によってその子のもつ才能を伸ばしてあげる。時には自分の行いを子供の前で反省する事もあってもいいですし、あえて子供を褒めるように料理のお手伝いを頼んでみたり(きれいに切れたね、上手に盛り付けられたね、など)。

それによって、自分自身の『気付き』も生まれてくるものですよ。

子供を育てるのではなく、子供の人生を育てる事が本当の意味での『育児』なんですよ。
自分の経験を見直して、『反面教師』として受け取った事に対しては『私は○○をされて嫌だったから子供にはしない』と考えて、楽しく人生を送る事が出来るように導いてあげてくださいね。

甘やかされて育つ。皆さんが書かれているように、叱られずに育つということですよね。
甘やかされた子はわがまま、厳しく育った子供は我慢が出来る、でも実際にはそれほど単純ではないんです。

まず、叱ると褒めるが表裏であると言う事をよく考えてみてください。
甘やかされて育つということは、実は叱られずに育つということになり、叱るがないから褒められるがない、つまり本当の意味で褒められた事がないと言えます。

よくあるパタンですが、甘やかされて育った人は、褒められていないので物事に対す...続きを読む

Q経済学部で主に必要な数学の分野

私は推薦入学で関関同立の中の一つの経済学部に入学することになったのですが、高校で数学II・Bを履修していないので、授業についていけるかかなり不安があります。
なので最低限授業内容はしっかりと理解できるようにしたいので、授業内で使う数学の分野を教えていただきたいです。
因みに国際経済を選択しようと思っています。
あとその分野で超基礎(全く知識のない人間でも)から始められる参考書を教えていただけると幸いです。
お手数ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

出てくるのは
1.簡単な微分
微分の基礎的な意味と(X^a)`=aX^(a-1)という公式を覚えていれば十分。
心配ならば一番薄っぺらい問題集を軽く解いておきましょう。

2.関数のグラフ
例 S=P-10 D=100-Pのとき、S=DとなるPとその時のS=Dの時のSDの値を求めよ。
例2 Y=C+100 である。C=0.6Yの時、Yを求めよ。
くらいで十分

3.行列
ちょっとやるかもしれません。やってなくてもその時の講義で理解できると思いますが、ブックオフに行って一番薄い数学Cの問題集を1時間くらいやっておけば予習としては十分だと思います。

これ以上難しい数学的知識を使うときもありますが、その時には教授が説明してくれるかと。
ただし、計算がミスなく速い方が、当然余裕を持って出来ますので有利だとは思います。
あとは経済学の教授が運悪くマル経学者じゃない事を祈るだけですね(w

Q理系はなぜ英語が苦手なのでしょうか?

僕は化学科の学生なのですが、理系の友達は英語が苦手の人が多いです。僕は英語が大好きで高校時代も結構いい点数を取っていました。
この前もTOEICで760点を取ったと話したら、かなり驚かれました。
文系の学生は800点越えとかは珍しくないけど理系では稀なんです。
理系が英語が苦手なのはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

沢山回答があるので、あまり読まなかったで、重複してしまうかもしれませんが…。

例えば大学入学時点では、受験勉強に費やた時間が理系・文系で同程度とすれば、文系のほうが英語の占める配点の割合が高いと思われること、また理系の人は数学や理科に沢山の時間を費やさなければならないことから、文系の人のほうが英語が得意ということはあると思います。

当然、英語が苦手な人は、その配点のウェイトが高い文系を敬遠し、また得意な人は、自分に有利な文系を選択する傾向もあるでしょう。

また、初等教育での英語には、ともかく記憶力が優れているほど良い点数が取れるようにできていてることも一因かもしれません。

一種の棲み分けで、思考力よりも記憶力が優れている人は暗記で対応できる文系科目を得意科目とする傾向があり、記憶力よりも思考力に優れている人は理科系科目を得意とする傾向があるのかもしれません。(最近は理科も暗記ばかりになってきたという話もありますが。)

このように大学入学時点~大学院では、理系ほど英語が苦手な人が多いということがあっても、それは全く不思議ではないと思います。もちろん一人一人取り出してみれば、ものすごく英語の得意な人が理系にもいることもあるでしょう。

ところが、人間必要に迫られて勉強しているうちに、だんだんと英語が得意になってくることもあるわけで、長期的に見ると、必ずしも文系のほうが英語が得意とも言えなくなってくると思います。


ちなみに、ひと言で「英語が得意」と言っても、TOEICの点数だけで判断できるほど、英語というものは簡単なものではないと思われます。TOEICで900点以上得点していても、実用的な英語になるとさっぱりということは、実際にあります。

つまり「英語」というものは、一次元的な座標上の点でその能力を測れるものでは全くないわけで、文科系の人が得意になるような英語と、理科系の人が得意になる英語が、そもそも違うということはあるでしょう。「教えてgoo」でも、英語のカテゴリーの回答を見ると、理科系っぽい人と、文科系っぽい人がいます。どちらが優れているとかではなくて、個性があるということです。

こんにちは。

沢山回答があるので、あまり読まなかったで、重複してしまうかもしれませんが…。

例えば大学入学時点では、受験勉強に費やた時間が理系・文系で同程度とすれば、文系のほうが英語の占める配点の割合が高いと思われること、また理系の人は数学や理科に沢山の時間を費やさなければならないことから、文系の人のほうが英語が得意ということはあると思います。

当然、英語が苦手な人は、その配点のウェイトが高い文系を敬遠し、また得意な人は、自分に有利な文系を選択する傾向もあるでしょう。...続きを読む

Q理系は国立志向が非常に強いですが、そんなに私立はダメですか?

僕は今年東大に落ち、慶應理工に行くことになっています。
(まだ入学金を払っていないので24日までなら一応変更は可能です。)
しかし、慶應理工にいくのはなんとなく気がすすみません。
学校の進路指導で理系は国立の方が良いと散々言われてきましたし、
このサイトにおいてもこういう類の質問では必ずそう言われます。
しょうもないですが、可能性の高かった東工大を
受けておけば良かったと今になって後悔しています。

僕は将来、大学の研究職に就きたいと思っているので、
国立へ行った方がいいのは明らかなのですが、
慶應理工から大学の研究職を目指すんだったら、
一浪して東大(もしくは東工大)へ行った方がいいですか?
設備面や教育面で私立は国立に劣るようなのですが、
同じように勉強を頑張るならば私立と国立の大学4年間で、
研究の実力などにかなり差が出るものなのでしょうか?

慶應理工に進学するなら頑張れば国立にひけをとらないという気持ちで行きたいし、
そういう気持ちになれないなら浪人も考えざるを得ないです。
現時点では進学にも気がすすまず、浪人にも気がすすまず、
人生の中でワースト5に入るくらいにピンチな状況です。

僕には学校の進路指導やインターネットで集めた断片的な知識
しかないので、回答とともにアドバイスお願いします。

僕は今年東大に落ち、慶應理工に行くことになっています。
(まだ入学金を払っていないので24日までなら一応変更は可能です。)
しかし、慶應理工にいくのはなんとなく気がすすみません。
学校の進路指導で理系は国立の方が良いと散々言われてきましたし、
このサイトにおいてもこういう類の質問では必ずそう言われます。
しょうもないですが、可能性の高かった東工大を
受けておけば良かったと今になって後悔しています。

僕は将来、大学の研究職に就きたいと思っているので、
国立へ行った方がいいの...続きを読む

Aベストアンサー

私立が良くないのは、
1.教員に対して学生数が多すぎる
2.どうも、教員の授業だ何だが国立より多いようだ
3.「研究設備」が貧弱なことが多い(必ずしもそうとは限らない)
4.3.に関連して、概ね大学院が弱い
5.よくは知りませんが、大学院定員がどうなっているか、東大東工大のように研究室の選択肢が豊富か
6.学費が高い
7.結果的に研究志向の学生は若干少ないかも
なんて辺りではないでしょうか。(ものすごく詳しいわけではありませんが)

1.は解りにくいと思いますが、
あなたの高校のクラスが30人から90人になったらどうでしょう。
ま、これは教室だけ広げてマイクでも付けておけば何とかなるでしょう。
ところが、研究室配属以降だとどうなるかというと、教員一人が4年生3人の面倒を見るところと、6人の面倒を見るところでは、目の行き届き方が違うでしょう。(極端ではありますが、ピアノのレッスンを想像すると良いかも知れません。)
勿論、3人だ6人だというのは4年生の数であって、修士博士と他にも学生は居るわけです。
研究面で弱いと、それだけ博士課程(後期?)の学生が少なくなるでしょう。
充実した研究室であれば、博士課程後期の学生も少なくないことが多いので、彼らに4年生修士1年生の面倒を見させれば、大体どうにかなります。
なお、4年生になっただけでは、通常研究なんて何にもできません。
つまり、授業だなんだで忙しいわ、抱える学生の数は多いわ、手伝ってくれる博士は少ないわ、という三重苦になりかねません。
理論系だと違うかも知れませんけどね。

また、東大東工大の場合、学内で行ける研究室が多くなります。
これは結構便利なことで。
情報が入って来易いですし。(もっとも十分な情報だとは限りませんが....)
自分のしたいことに近いことは選び易くなります。(ま、学内に限る必要もないんですが)
早稲田慶応でそこまで選択肢があるのかな、と。

入試の話に戻れば、文系がセンターで数学をやる場合は、得意不得意の差があり大変だと思いますが、理系の場合は差がそれほど出そうにない国社ですから、そういう意味でも理系なら国立を目指すべきだという指導は間違いではないと思います。

というわけで、早慶と東工大東大、両方受かっていれば後者、どっちを目指すかでも後者だとは思います。
しかし、国立優位というのは何れも研究室所属後のことでは無かろうかと思います。
私立で学部生をしたことはないのですが、おそらくは、研究室所属前であれば、そんなに変わらないのではないかと思います。

東工大よりは確実に良さそうなのが、
女の子が居る、キャンパスにたぶん華がある。
くだらないことかも知れませんが、長い人生まるっきり無駄なことだとは思いません。
男子校から男子校へ行くようなことになりかねない人は特に。

> 人生の中でワースト5に入るくらいにピンチな状況です。

全然甘いです。
だって慶応に受かってるんですから。(笑)
全落ちならワースト-10でしょうか。
このくらいのことで一々動揺してはいけません。
悩むのは大いに結構ですけどね。
そんなに悪い状況ではありませんよ。という客観的な視点は持っておいた方が良いでしょう。
本当にそれがワースト5なら、今まで何もしてこなかったって事ですから、そっちの方がかなり拙いですよ。

慶應に行っても浪人しても、どっちでも良いとは思いますが、浪人する場合、精神的には弱いのかな、というところが気になります。

私立が良くないのは、
1.教員に対して学生数が多すぎる
2.どうも、教員の授業だ何だが国立より多いようだ
3.「研究設備」が貧弱なことが多い(必ずしもそうとは限らない)
4.3.に関連して、概ね大学院が弱い
5.よくは知りませんが、大学院定員がどうなっているか、東大東工大のように研究室の選択肢が豊富か
6.学費が高い
7.結果的に研究志向の学生は若干少ないかも
なんて辺りではないでしょうか。(ものすごく詳しいわけではありませんが)

1.は解りにくいと思いますが、
あなたの高校のクラスが30人か...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング