正確には「地球温暖化等の環境問題に役立つような科学の研究がしたい」というのが志望です。
できれば企業ではなく大学院に残る形で研究がしたいです。(企業だと利潤追求が強そうなので…)
研究者について色々と調べていると…

・研究者が100人いたとして10人は自殺か行方不明
・博士号とっても就職はきついし世間的評価も低い
・給与も低くて生活できない
・日本は年功序列なため正当に能力が評価されない
・大学院に残る場合教授の言いなりにならないといけない

こんな感じであまり良くない情報ばかり耳にします…
これら情報は果たして事実なのでしょうか?
また本当に自分の能力を伸ばし、その能力を正当に評価されるにはやはり外国(欧米)に行くしかないのでしょうか?
正直普通に大学院を出れば研究者になり、能力があればそれなりに評価され、お金にもある程度困らないと甘く考えていただけにかなりショックです。
お暇な方よろしかったら回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

暇だから書くわけではないのですが、今は移動中ですし、私も以前同じような噂を聞いて悩んだので・・・(長文になりました。

ごめんなさい。)

>研究者が100人いたとして10人は自殺か行方不明
少なくとも、私の周りに自殺者はいません。
就職が決まらなくて、何しているのか不明な友人はいますけど。

>博士号とっても就職はきついし世間的評価も低い
世間の評価が低いのは確かです。
就職は、何でもよいならできると思います。
大学で研究者人生を送りたいならば、就職はきついです。
私が知っている中での最高倍率は90倍を超えてました。

>給与も低くて生活できない
理系ならば、学生の時に有名な雑誌に論文が何本か載っているようなヒトならば、きちんと就職ができ、社会人一年目の年収は400以上だと思います。
400あれば、生活できますよね。
私の優秀な友人たちは、初年度からもっと貰っていましたよ。

>日本は年功序列なため正当に能力が評価されない
質問者さんの分野が、閉鎖的な雰囲気の世界ならば、未だ不当な評価を受けるのかもしれません。
でも、大抵は優秀ならば正当な評価はされるはずですので、心配はいりませんよ(たぶん)。

>大学院に残る場合教授の言いなりにならないといけない
多少、先生のお願いを聞いて、雑用はあるかもしれませんが、言いなりになる必要はありませんよ。

>正直普通に大学院を出れば研究者になり、能力があればそれなりに評価され、お金にもある程度困らないと甘く考えていた
優秀ならば、研究者になれて世間一般でも評価され、生活には困らないと思います。
質問者さんの言う“普通”のレベルがわかりませんが、ギリギリ学位が取れたヒトは、その後、苦労してますね(もちろん例外の方もいます)。

参考までに書きますが、“優秀な研究者”になるためのハードルは高いですよ(私は理系しかわかりませんが)。
優秀な研究は、日々の努力と失敗からの発展の積み重ねで出来るものです。それを他の研究者の同意と興味を持っていただける論文にするのです。
高度な研究スキル,クリエイティブな発想,たくさん既往の研究例との比較,文才,学会で発表するためのオーラルコミュニケーション能力などが必要です。
また、大学に残りたいなら、国内のその分野の先生方に顔が知れていないと難しいのが現状だと思います。
そのまま在籍していた研究室に残るのならば、ボスに気に入られていないといけません。

ちなみに、海外に行っても、優秀なヒトはいずれ凱旋帰国ができるだけの実績を積み上げれますが、国内でもだめそうなヒトはストレスと多少の語学力を得て1,2年で日本に帰ってくるだけです。

嫌な噂はこれからも聞くと思いますが、いろいろな情報に惑わされないでください。
頑張れば、研究者になれる可能性が十分にありますよ。
    • good
    • 0

20代後半社会人です。


例えば私の在籍していた大学ならば、理系は通常4年で卒業後大学院に6割近く進学します。
卒業して就職しても、企業での研究職の分野での採用はほぼないと思ってよいでしょう。営業や事務方に回される可能性大です。大学で学んだ専門知識は完全に無駄になります。それ以外では、教員免許を取得していれば教員という進路をとる人が結構います。大卒レベルで就ける職のうち、学んだことが無駄にならないと言える職業の1つだと思います。
大学院に進学する理由として、大学院修士レベルの自立的な実験・研究技術を身に付けていなければ、研究者として無能と言えるからです。学部段階での卒業研究程度では十分に自立的な研究はできません。学んだことを無駄にしたくなければ大学院修士課程(博士前期課程)まで進学するのが順当な進路です。もちろん研究者志望でなければ全く関係ありません。
ただし、大学院博士課程(博士後期課程)への進学は注意が必要と聞いたことがあります。企業側が、知識ばかり多く実践的な力がないにも関わらず多額の初任給を支払わなければならない。それならば手ごろな額で、それなりの知識・技術のある修士を採用するほうが得だ、という考えだそうです。「博士後期課程=フリーター養成課程」というのを聞いたことがあります。もちろん最先端の研究分野で活躍したいなら博士の学位は必須です。
要は自分の将来設計によります。
    • good
    • 0

だいぶ、歪曲した情報を得てしまいましたね。

ちなみに「研究者」と行っても、様々ですので、一概には語れません。

大学に残ると言っても、博士号を取得後、学振PDとして残るのか、教授のポケットマネーで特任助教として残るのか、はたまた、大学に正規の助教として雇用されるのかで違いますし。大学・企業以外にも、国の研究所でポスドクをやるってルートも一般的です。


・研究者が100人いたとして10人は自殺か行方不明

Webで見かける『博士が100人いる村』をご覧になっての情報だと思いますが、その部分は誇張です。行方不明といっても、その調査をしている団体(たしか政府のデータだったとおもいますが)が把握できなかった人という意味です。


・博士号とっても就職はきついし世間的評価も低い

博士号を生かした就職は現在、就職難まっただなかです。あと、日本はあまり学歴が重視される国ではないので、『博士』自体に世間的評価は無いと思います。何となく凄く聞こえるけど、身近では無いし、どうやったら博士号がとれるのか知らない人が大多数ですから、医者や弁護士というタイトルの方が遥かに、評価は高いと思います。日本人的には単なる『博士』という学位ではなく、『大学教員』とか、分かりやすいタイトルの方がありがたがられるみたいです。という意味では、大学に残って正規の教員になれたら、社会的な地位は保証されるのでは?


・給与も低くて生活できない

確かに「研究者」という職業はよく「給料が低い」と言われますが、これには二つの意味があります。一つは、複数の大学の非常勤講師をかけもちしている人の場合、これは本当に低いです。もう一つは、常勤の大学教員とか独法研研究者が言う場合、これは「東大の同期で超大手民間企業行ったヤツに比べたら、俺の給与は低いなぁ」というよーな場合です。後者の場合は普通に生活できます。


・日本は年功序列なため正当に能力が評価されない

気のせいです。大抵、周りの人が何歳か把握していません。年齢より、「○●先生の弟子」という事の方が正当な評価を邪魔する可能性があるかも・・・。


・大学院に残る場合教授の言いなりにならないといけない

教授が指示しなきゃいけないような院生・ポスドク・助教は、むしろお払い箱でしょう。教授もそんなに暇じゃないし。ただ、教授が獲得した研究費で一緒に研究するというのでしたら、教授の意向に左右される事はあると思います。ただ、「言いなり」とは違うと思います。


> 正直普通に大学院を出れば研究者になり、能力があればそれなりに評
> 価され、お金にもある程度困らないと甘く考えていただけにかなり
> ショックです。

私の周りに関して言えば、博士課程時代に学会とかで目立っていた人は、皆さん研究者として何らかの職に就いています。もちろん、ポスドクや特任助教も多いですが、職にあぶれてしまったという人は聞きません。ポスドクだって、雇用形態はアルバイトみたいな職ですが、一応、年齢×1万円程度の給与はもらえますから、困るほどの低賃金ではないと思います。ただ、その裏で学会でも目立たず、いつのまにか消えて行った人は多いと思いますが・・・。
    • good
    • 0

あたらずとも遠からじ、といったところかと思います。

ただ、偏った情報をみて不安になっても仕方がないので、近くにいる大学院生や大学教員に相談して、話を聞かせてもらった方が確実ですよ。

まず、大学院に進学したとして、そのまま学年があがれば学位ももらえる、と思っていたら大間違いです。結局のところ業績をいかにつくるかが重要になります。

「教授の言いなりにならないと…」とありますが、能力が備わっていない人の意見は参考になりませんので、言いなりにならざるを得ないと思います。逆に言えば、言いなりにならずとも議論できる能力を養うこと、そしてその議論を正当に受け止めてくれる指導教員を選べるかが鍵です。これは相性も多少影響しますので、大学名だけで選択するような安易な発想だと陥りやすいものと思います。

「日本では正当に能力を評価されない」についても、能力を発揮できるかどうかは、国内外関係ありません。能力がなければ有名大でもダメ、無名大でも能力があれば評価されます。海外の大学院だと、研究者になろうとする人(ごく一部)と学位だけもらって現場実践に活かす人(多数)とに分かれます。日本ではそこまではっきりしていないので、パイが多い分批判されがちですが、海外の大学院で研究者を志向しても、指導教員との相性が悪ければ、同じことです。

就職がしにくいのは確かです。博士号とってフリーターというのは、プライドの問題も絡んで難しいのでは?全く分野を変えて就職というわけにもいきませんし(自分ではなく企業側が抱くイメージ)、そういう意味では「就職はきつい」ですね。

また、研究者といっても、どこでもいいわけではないでしょう?底辺大学・短大などでは、研究などほとんどできませんから、研究のできる大学となると、ある程度選択されます。その分就職は遅くなりますね。それまでの間は、「給与も低くて生活できない」こともあります。その結果、「自殺」など精神的に壊れてしまうこともあるかもしれません。
もちろん、能力と運があれば、就職もできるでしょうし、常勤職が得られれば、社会的評価も得られますけど、それまで耐えられるか、というのはありますね。

でも、研究者を目指す人は、それをも耐えられるくらいの心理はほしいですね。研究の道のりは長く、厳しいです。思うように研究が進まないことなどよくあります。それでもその分野に取り組みたいという熱意がないと、続けられないんです。
ちなみに途中でリタイアしてしまう場合、熱意があっても、経済的に耐えられなくなってしまうことが多いです。

欧米に行けばいいのでは、と考えているようですが、行ったとしても、研究者生活は難しいでしょう。研究者養成については、海外の方が圧倒的に厳しいです。学位授与はされたとしても、研究者として向こうに残るのは難しいでしょうね。かといって日本での就職も、表に出てきにくい情報が入りにくいので、貧乏くじを引くことにもなりかねませんね。

少しでも楽をしよう、評価されようと思って研究者を選ぶなら、全くおすすめはしませんね。でも好きなことが続けたいという熱意があるなら、その意味では、いい職業とも言えます。
程度の差はあれ、企業での出世レースにも似たようなものがあるでしょうけれどね。
    • good
    • 0

分野によりますが、私の分野では



・研究者が100人いたとして10人は自殺か行方不明
こんなことはありません。

・博士号とっても就職はきついし世間的評価も低い
海外の博士に比べて日本では博士に対する待遇も評価も低いことは確かです。就職は今も昔も楽だったことはないです。大学教員になるための公募では数十倍の倍率が通常です。大学の教員になってしまえば(特に任期なし)社会的評価は低くはありません。特に地方では高い傾向にあります。

・給与も低くて生活できない
これは博士研究員とかポスドクにつけず、非常勤講師で生活している人々に当てはまります。非常勤講師をたくさんやってなんとか食いつないでいる人が多いのは事実です。

・日本は年功序列なため正当に能力が評価されない
逆に能力がないために昇任できず、首にもできず、組織としては困っているという例はたくさん見ています。能力のある人は正当に評価されています。

・大学院に残る場合教授の言いなりにならないといけない
すくなくとも私が学生の頃に教授の言いなりになったことはありません。
教員になって学生を見ると、昔のように自分でテーマを考えたりアイデアを思いついたりできる学生がいないのでさみしく思っています。

能力があれば正当に評価されることは事実です。でも世界には自分よりももっと能力がある人がいっぱいいることも事実です。そういう人々と対等に戦うことができれば将来は明るいでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q研究者という「職業」

私は機械工学関係の研究者に興味があります。ですが研究者っていうのは将来くっていける「職業」なのでしょうか?私のイメージでは大学院などで研究などに専念している人なのですが、いつまでも院にいるわけではないですし、かといって研究者がみんな大学の教授になるわけでもありませんよね?機械工学に限りませんが研究者っていうのはどこかの会社に勤めるのですか?研究者について漠然としたイメージしかないので、研究者という像について教えてください!

Aベストアンサー

はい。研究者です。

仕事は恐ろしく忙しいですよ。ただ時間は自由ですから自分のペースで進めていく様にしています。根を詰めると体が持ちませんし好きでないと続かないかも・・・。

公的な研究機関(最近は独立行政法人などに移行しつつあります)の他に民間のシンクタンクもありますし、私の様な企業内の研究所勤めのものなど色々あると思います。ただ、開発や設計など製品の物作りとは少し仕事内容が異なりますね。よく混同されます。

食いっぱぐれは逆に非常に少ないのではないでしょうか?
特殊技能の持ち主ばかりですから万一の時なども移籍には不自由しないと思いますよ。

Q子供が東北大学 理学部 地球科学系 と 筑波大学 生命環境学群 地球学

子供が東北大学 理学部 地球科学系 と 筑波大学 生命環境学群 地球学類 のどちらを第一志望にするか迷ってます。この2校について

1.入試の難易度•特色

2.就職の有利さ

など、ご回答いただけると有り難いです。

Aベストアンサー

理系は、どれだけ勉強時間を確保できるかが全てです。両大学に大きなさはないので、自宅に近い方が圧倒的に有利です。
たとえ下宿しても、洗濯や下着などの買い物で、週イチでも帰れれば楽ですし、支払い関係などを親に任せられるのも。

なお、勘違いはしない方がいいので、知っておいてほしいことがあります。
自身の経験もなく、理学系は就職がないと勘違いしている人の意見は聞く必要はありません。
理系、とくに理学系で自分が選んだ道の研究者になれるのは選ばれた人に限られます。大半は途中で脱落します。修士までなら、その脱落者を欲しがる企業はいくらでもあります。
簡単な話で、数式が読めたり、科学的な思考ができたり、それらをもとに分析をする手法は、大企業がビジネスをするのに、必須の人材なんですが、日本の私立大には経営を希望するようなエリート以外にはこの手にまともな人材がいないんです。
スペシャリストのレベルがあまりに低い。
でも、理学にうちこんだ人にとっては、日常会話よりもはるかに楽にこれらのことは理解できてしまいます。得意分野なんですね。
なので、働きたくなったら、簡単に就職できるんで、気にすることはないです。
問題は、その機会を夢を追いかけることで逸してしまうことです。

理系は、どれだけ勉強時間を確保できるかが全てです。両大学に大きなさはないので、自宅に近い方が圧倒的に有利です。
たとえ下宿しても、洗濯や下着などの買い物で、週イチでも帰れれば楽ですし、支払い関係などを親に任せられるのも。

なお、勘違いはしない方がいいので、知っておいてほしいことがあります。
自身の経験もなく、理学系は就職がないと勘違いしている人の意見は聞く必要はありません。
理系、とくに理学系で自分が選んだ道の研究者になれるのは選ばれた人に限られます。大半は途中で脱落します。...続きを読む

Q大学教員にならず企業研究者になった理由

企業で研究者をされている方に質問です。

研究者というと、大学教員か企業研究者(独立行政法人の研究機関の研究者含む)に大別できると思いますが、なぜ、大学教員にならずに企業研究者になられようと思ったのですか?

大学教員だと、研究だけでなく教育(および雑務など)もやらなければいけないことは確かですが、自分で研究室を運営して(研究テーマの制約が無いという点で)自分のやりたいように自由に研究ができる最適な環境だと思うのですが、それでも企業研究者になられたのは何故でしょうか?

Aベストアンサー

元企業研究者です。

> なぜ、大学教員にならずに企業研究者になられようと思ったのですか?

理由は簡単。上が年寄りで詰まってて、ポストがなかったから。
一種の老害です。ま、自分がそうゆう環境にしがみついたのも悪いんだけどね。

それと、大学教員になるまでの不安定な期間の極貧に耐えられないから。
そのとき、学振の研究員にうかっていたのに、バカ政治家のために
何度か国会が空転して、学振の研究員のお金が数ヶ月遅くなりました。
その間は極貧の生活。

> 大学教員だと、研究だけでなく教育(および雑務など)もやらなければいけない
> ことは確かですが、自分で研究室を運営して(研究テーマの制約が無いという点で)
> 自分のやりたいように自由に研究ができる最適な環境だと思うのですが、

それは理想論。その職を得るまでの生活が大変。
大学教員になった人と、なっていない人の間には、生活状況に雲泥の差があります。

Q東京大学大学院 新領域創成科学研究科 先端生命科学専攻のTOEFL

東京大学大学院 新領域創成科学研究科 先端生命科学専攻に
進学したいのですがTOEFLを併用、代用できるのか
詳しい事が書いてないようです。
いつ受験したTOEFLなら使えるのかそもそも英語の試験の
代わりになるのか書いてないような気がします。

募集要項を取り寄せるか電話で聞いてみるかしようと思いますが
TOEFLやTOEICの場合の合格最低点のようなものや
代用になるのかどうかという事など教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

英語ですか?アメリカの大学でなければ厳しいのではないでしょうか?
最低点の前に使えるか個人的に訊かれたらどうかと思います。あまりにも優秀だったら特例で免除されたりもすると思うのですが・・・。

Q優れた研究者とは?

大学の研究者に限定して考えてみます。
講義が上手な教員が必ずしも優れた研究者ではないと言うことは知られていると思います。では優れた研究者というのはどういう条件があるのでしょうか?30代で教授になれた人が必ずしも優れた研究者ではないと思いますし、東大や京大の教授だけが優れた研究者ではないと思います。教えてください

Aベストアンサー

 kommtさん こんばんは

 大学とは、研究機関で有りながら教育機関でもあるわけです。したがって大学の研究者は、ご自身の研究以外に学生に対しての授業や面倒も見なければなりませんも。どちらにウエイトを置くかは、その方次第です。私の修士時代の恩師の教授は、研究もしますがそれ以上に学生の面倒を良く見る先生でした。したがって学生の教育面を認められて、教授まで上り詰められた方です。

 大学に拘らず単に「研究者」と言う事での優れた研究者とは??と言う事なら、#4さんが冒頭で記載した「優れた研究成果を常に出す方」と言う事になると思います。しかし大学の教授方はご自身の研究以外に学生の教育もしなければならないと言う事情があるわけです。ですから、「優れた研究成果を常に出す方」が大学での優れた研究者では無いと私は思います。学生の面倒もしっかり見、その上で研究成果を出される方が「大学での優れた研究者」だと私は思います。

 以上より学生の教育とご自身の研究との割合を半々位にウエイトを置いた方が大学での優れた研究者と言う事になると思います。ここで言う所の学生の教育とは、単に学部学生に解り易い授業をする事ではなくて留年学生をどう更正させて学校に通わせるかとか院生に研究の仕方をどう教えるかとか諸々の事を含んでいます。つまり、単にご自身の研究だけをしていれば良い大学以外の研究者と違って色々な仕事をしている事が多いです。ですから大学以外の研究者より優れた成果が少なくても、大学では優れた研究者と認められる場合が多いと思いますよ。

 kommtさん こんばんは

 大学とは、研究機関で有りながら教育機関でもあるわけです。したがって大学の研究者は、ご自身の研究以外に学生に対しての授業や面倒も見なければなりませんも。どちらにウエイトを置くかは、その方次第です。私の修士時代の恩師の教授は、研究もしますがそれ以上に学生の面倒を良く見る先生でした。したがって学生の教育面を認められて、教授まで上り詰められた方です。

 大学に拘らず単に「研究者」と言う事での優れた研究者とは??と言う事なら、#4さんが冒頭で記載した「...続きを読む

Q東京学芸大学のF類の環境教育と自然環境科学の違い

がわかりません。
パンフレットも見てみたんですが、よくわかりません。
自分は、地球温暖化や生態系などの環境問題などを学びたいとおもっています。
そういうのを学ぶためにはどの専攻がいいんでしょうか?
詳しい人、東京学芸大学の関係者がいましたら教えてください!

Aベストアンサー

環境教育
・文系、理系両方
・研究室…環境教育

自然環境科学
・理系のみ
・研究室…物理・化学・生物・地学・理科教育


環境について学びたいのなら環境教育が良いと思います。

所属する研究室(卒論を書くところ)も両者で異なりますし、
自然環境科学の授業は「教職系の授業を除いたA・B類理科」に近いです。
(もちろん「F類共通」の授業もありますし、
 興味があれば自由単位として他専攻のものをとることも可能ですが)

Q理系の研究者の老後について書いた本を紹介してください。

理系の研究者の老後について書いた本を紹介してください。
 理系の50代半ばの研究者です。そろそろ定年を考えなくちゃ行けない歳になりました。理系の研究者が仕事(研究所)を離れると、やることがありません。文系の研究者は自宅に書斎、本があれば研究を続けられますが、理系の研究者は実験装置を自宅に持つ訳にもいかず、退職したら、完全に研究から離れることになります。理系から文系に乗り換えて、歴史研究を老後のテーマにするのもいいかなと思います。文系の研究者の定年後の生き方について書いた本は沢山ありますが、理系の研究者、技術者の老後の生き方を書いた本があったら紹介してください。

Aベストアンサー

こんにちは。
林 周二 『研究者という職業』 2004 東京図書 1800円
が非常に含蓄にとんでいました。
父は物理学者、自身は経済学者である著者が書いた本ですが、主張がありきたりでなく相当に斜に構えており、真理を突いた面があるという感想をもちました。

Q建築学科か地球科学科か・・・

 こんばんは。私は高2のnora12という者です。建築学科か地球科学系の学科のどちらにしようか決めかねています。
 私は地震学や火山学などに興味があり、大学でもっとそれらの分野について深く学びたい気持ちがあります。ですが、地球科学系の学科は大学院修了も含めて、卒業後の就職が他学部学科と比べて不利であると聞きます。
 また、建築学科についてですが、私は所謂意匠といわれる分野にはあまり興味が無く、耐震工学や構造工学といった構造の分野に進みたいと思っています。ただ、建築学科は工学部の中でも芸術的な側面があるので芸術センスがない私がついていけるのかなと不安です。また、自分でも地球科学科を諦めて、妥協して建築学科を考えているような気がしてなりません。中途半端な動機で進学してもやっていけない気がします。
 回答者様は大学の学部学科を選ぶとき、どのようにして決められましたか?
 自分の進路は自分で決めなければならないのですが・・・
 ご意見お聞かせ下さい。

Aベストアンサー

建築はまあざっくりいえば設備系と構造系、それに
計画系の三つに分かれます。『用・強・美』ですね。

「構造がメイン」というわけでもないけれど、カテゴリで言えば計画系の
一部に過ぎない意匠デザインで食っていくひとは1割にも満たない
でしょう。意匠を志して建築に入ってくるひとはもう少し多いけれど、
皆が皆そうではありません。

だから構造を選ぶのは亜流でもなんでもありません。
そういう点ではご心配なく。

ただし、『建築学科』では少なくとも専攻が分かれるまでは、
スケッチとかデッサンとか模型作りとか全員普通にやるので、
そういうのが苦手だったり興味がないと辛いかもしれません。
卒業設計が必修だったりすると地獄かも。

そして必ず芸術家気取りのヤツもいるし、女性も多かったりする。
学校によってはチャラい雰囲気になるかもしれない。そういうのが
許せない漢(オトコ)もいるでしょう。

しかし、構造をやるのは、建築だけではないのです。

昔はどこの大学にも「土木工学科」があったのでイメージしやすかった
のだけど、ビルもの以外(道路、橋、トンネル、河川整備や造成、
埋立地、ダム…)は基本的に全部『土木(Civil Engineering)』です。

土木という名前がダサいと言われて人気が落ちたころに、社会とか基盤とか
環境とか地球とかシビルとか建設とか、いろいろ名前を変えてわかりにくくなって
しまいました。でも脈々と『土木』です。そこには必ず、構造の大家がいます。
あらゆる構造体の抗うor共存する相手=「地球」をよく知るひとがいます。

土木が建築と大きく違うのは、「化粧が要らない」ことです。
用強美の「美」がないわけではないけれど、そこにあるのは機能美のみ。
一種のプロダクトデザインです。だから必要なのは「芸術的センス」でなく
「工学的センス」です。安心して、土木の道を行きましょう。

建築の構造系は何といっても「人命優先」なので、あなたの好むもっと
ダイナミックな観点からも、土木からのアプローチのほうがいいと思います。
建築よりも大仕掛けが必要なので、私立よりも国公立のほうが研究環境も
恵まれているはずです。というより私立では土木はあまり存在しません。

「地球科学」というと理学部系になるのでしょうか。
確かにそれよりは実践的なので、就職先もあるでしょう。
役所にも土木系の技師は必要です。

あ、市場は日本国内では冷えきっていることには注意。
でもあなたの相手は地球なのだから、世界中どこでも一緒です。
地震のない地域では、さすがに地震のプロの仕事はないですが。

建築はまあざっくりいえば設備系と構造系、それに
計画系の三つに分かれます。『用・強・美』ですね。

「構造がメイン」というわけでもないけれど、カテゴリで言えば計画系の
一部に過ぎない意匠デザインで食っていくひとは1割にも満たない
でしょう。意匠を志して建築に入ってくるひとはもう少し多いけれど、
皆が皆そうではありません。

だから構造を選ぶのは亜流でもなんでもありません。
そういう点ではご心配なく。

ただし、『建築学科』では少なくとも専攻が分かれるまでは、
スケッチとか...続きを読む

Q研究者から見た研究者の評価

理工系の大学教員をしています。
研究者が他の研究者を評価するときの観点はいくつかあると思うのですが、回答者さまの重視するポイントはどこ(何)でしょうか? また、自分が研究者になろうと思った動機は何でしょうか?

私は、研究業績、すなわち、査読のある論文誌に掲載された論文の数(Impact Factorも考慮)、研究テーマ、獲得している外部研究費、参加していている研究プロジェクト、所属学会、学会活動(どれくらい活発に発表したり、委員などをやっているか)などを見て、どういう研究者なのか判断していますが、一番重視しているのは、査読付き論文数と研究テーマです。論文数だけだと数が稼ぎやすいテーマがあるので、研究テーマこみで考えています。理工系なので、研究テーマや研究手法の流行り廃りはありますが、その研究テーマが流行っているかどうかはあまり重視していません。
ですので、結構有名な先生でも研究者としては特に評価はできないなぁと思うこともあれば、この人は若いけどバリバリ研究してるすごい人だ、と思うこともあります。

私自身が研究者になろうと思った動機は、単に、研究が面白かったので、ずっと研究がしていたかったからです。(大学教員としては、教育にも力を尽くすことを要求されているので、今、思ったとおりの研究ができているかどうかは別ですが。)

先日、他大学の博士課程の学生と話をしていて、その学生が、研究者を、論文数や研究テーマよりも、その研究者がどの大学や研究所に所属しているか、どれくらいマスコミに出演したり、一般向けの本(例えば、若者向けの新書など)を書いているか、有名人や有名な大学の先生と個人的に仲良くしているかどうか(研究者としてつきあいがあるかどうかではなく、個人的にお酒を飲んだり、遊びに行ったりしているか)などで評価しているらしい、ということがわかって、かなりびっくりし、学部生ではなく院生もそういう価値基準で研究者を見ていることがあるのかと思いました。そのときは、「それは研究者としてではなく、一般的な有名人としての評価なのでは?」と言いかけて、それは自分の考えの押し付けだろうかと考え、言うのをやめました。そういう動機(社会的な有名人になりたい)で研究者を目指す人も最近は多いのかもしれない、と思ったからです。

それで、他の研究者の方は、どういう観点で周りの研究者を評価しているのだろうか、また、なぜ研究者になったのだろうか、という疑問を持ちました。研究者あるいは研究者予備軍(大学院生以上)の方にご回答いただければ幸いです。どうぞ、よろしくお願いいたします。

理工系の大学教員をしています。
研究者が他の研究者を評価するときの観点はいくつかあると思うのですが、回答者さまの重視するポイントはどこ(何)でしょうか? また、自分が研究者になろうと思った動機は何でしょうか?

私は、研究業績、すなわち、査読のある論文誌に掲載された論文の数(Impact Factorも考慮)、研究テーマ、獲得している外部研究費、参加していている研究プロジェクト、所属学会、学会活動(どれくらい活発に発表したり、委員などをやっているか)などを見て、どういう研究者なのか判断...続きを読む

Aベストアンサー

定年退職しちゃたので研究者とは言えませんが、まだ専門家の内かなという者です。
一般的にはご質問者の判断基準が「ごく当たり前」の基準だと思います。
ただ、最近グラントを取ってくるのに「役者」稼業をすると有利になる傾向があるようです。それでも結果が付いてくれば構わないでしょう。
私が一番重視するのは数量ではなく「コペルニクス的転換」です。
論文数が極めて少なく弟子も大して育てなくても、学問に「後戻りできない」楔を打ち込む方が最も評価されるべきだと思います。
そんな方は少ないですけど。

Q生物学科・地球科学科・農学部について教えてください

大学に入ったら環境に関することを学びたいと思っています。ただ環境といってもまだ漠然としたものなので、具体的にどういうことを学びたい、というのはまだ決まっていません。
興味のある学科(学部)をいくつか絞ったのですが、まだ詳しいことはわかっていません。
そこで生物学科・地球科学科・農学部についてどういった視点で環境について教育・研究を行っているのか教えてください。
進路決定の参考にしたいです。

Aベストアンサー

>環境に関することを学びたい

う~む。漠然としすぎていてなんとも言えませんね。
「環境」に関わることを広く取るといろんなことが範囲に入ってきます。
プラスチックとかの素材でも自然界で分解され易いものを研究すればそれはある意味環境に携わっていると言えます(理学部化学科や農学部農芸化学科かな?)。
砂漠を緑地化するために乾燥に強い植物を作ることも環境です(農学部、生物生産や農芸化学かな?)。
毒性は低いけど使用目的に合致する農薬を作ることも農薬です(理学部や農学部農芸化学かな?)。
また、就職活動しているときに環境で検索すると汚水処理や害虫駆除も入ってきます。
いずれにしても♯1さんが書かれているように学科だけではなんともいえません。
大学のHPには研究室の紹介がされているところもかなりあります。
まずはそこを見てみたらどうでしょう?


人気Q&Aランキング