プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

タピオカ入りココナッツミルクを自分で作ってみたいと思い、スーパーで乾燥タピオカを探したら、中国産・漂白剤使用のものしかみつかりませんでした。
おそらく自分が今まで飲食店やコンビニで買って食べていた白タピオカには全てに使われていたんだなと思うと怖くなりました。
ただこのご時世ですし、中国産というのもあって神経質になっているだけかもしれません。
何でも摂りすぎは良くないのは承知ですが、お店で売られているタピオカに使われている漂白剤って、例えばスーパーで売られている食パンにも使われているような漂白剤と同じようなものなのでしょうか?
漂白方法についてもわかる方いらっしゃいましたら教えてください。

教えて!goo グレード

A 回答 (1件)

 調べると、タピオカの漂白剤は二酸化硫黄か亜硫酸塩(主に亜硫酸ナトリウム)が多いようです。

どちらも同じ亜硫酸の化合物であり性状は同じと考えてよいでしょう。れっきとした食品添加物ですが、これを安全と見るか危険と見るかは専門家でも意見が分かれると思いますので、以下の情報は参考までに、ご自身で判断頂くようお願いします。
 特に亜硫酸塩は天然醸造のワインにも最大で数mg/L程度含まれており、古くから人間が摂取してきた物質であるため、危険ではないとする説があります。ワインやタピオカ以外にもドライフルーツや佃煮、かんぴょうなどにも保存料または漂白剤として使われています。一方で、多量摂取で変異原性(奇形を生む恐れ)、肝臓への影響、アレルギー、などを起こす危険も指摘されています。
 日本では食品衛生法に基づき、タピオカでんぷんについては使用量を1kgあたり0.25mg以下とするように定めています。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ワインにも使われていると知り少し安心しました。
詳しく回答してくださりありがとうございました。

お礼日時:2008/08/04 12:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング