魚に限りませんが、淡水産の生物って寄生虫が多くてなかなか生では食べられませんよね。ライギョの”あらい”とか食べるとヘタすりゃ失明するそうですし。甘えびの代わりにアメリカザリガニ使っちゃダメだそうですし。(寄生虫云々以前の問題のよーな・・)
しかし、なぜ淡水産の生物には寄生虫が多いのですか?また翻って海産の生物にはなぜ寄生虫が少ないのでしょう?
私は浸透圧の関係で寄生虫は海水中より淡水中のほうが生きやすいからだとか思っちゃってるんですが、この予想は当たってますか?

A 回答 (4件)

確かによく言われることですが,海産魚類とて決して少なくはないと思います。

下記URLをごらんになればおわかりになると思います。

また,あなたの予想ですが,外部寄生虫はおっしゃるように浸透圧の問題を寄生虫自身で解決しなければなりませんが,内部寄生虫ならほとんど条件は同じと言えるでしょう。しかし,内部寄生虫も残念ながら自身で解決しています。

参考URL:http://www2.plala.or.jp/takeru/kiseityu.htm
    • good
    • 1

淡水魚の場合は、人間をはじめとした陸上生物に食される機会が多かったので、共通する寄生虫が発生したと考えられます。


進化的な問題だと思う。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

皆さんありがとうございました。失礼ながらまとめてお礼させていただきます。
海水魚にも寄生虫は多い・・そうですね、そういえば刺身といっても自分で釣った魚はさほど刺身にはしないことが多いような気がします。あと、#4の方の回答にも納得させられました。

お礼日時:2002/12/11 11:21

2番の方のリンク先を見てもらうとわかるかと思いますが、


海水の寄生虫は淡水の寄生虫のほうが大きいのです。

淡水魚なら必ず寄生虫に侵されているというのではなく、

「海水魚なら寄生虫にやられていればわかる、
淡水魚は寄生虫にやられていてもわからない
寄生虫の判別のつかない淡水魚は生で食べないほうが無難」

という理屈です。
    • good
    • 2

海の魚にも寄生虫はたくさん存在すると思います。

青身の魚なんて特に多いと思います。

ご質問の意図が違ってましたらごめんなさい。
    • good
    • 5

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q寄生虫に寄生された魚はどんな症状が見られますか?

寄生虫に寄生された魚はどんな症状が見られますか?
イカリムシやウオジラミやツリガネムシなどの寄生虫が寄生した魚はどんな症状が見られますか?(体の状態や行動など)
教えて下さい。

Aベストアンサー

体表に普段はない突起物が見られます。
イカリムシは糸型をしていて針金が刺さっているようであり、ウオジラミは丸型です。
ウオジラミは取り除きやすいですが体表を動き回る場合があります。
寄生された場所には傷が残ります。

ツリガネムシは繊毛虫なので単体を肉眼で確認することは出来ません。
白点病、腐れ病、穴あき病と似たような症状が段階を経て見られます。

金魚は体をふるって叩きつけたり、突然素早く泳ぐなどの仕草をします。

Q海水産魚類と淡水産魚類で動物体液の浸透圧が違なるのはなぜ?

浸透圧の勉強をしています。大学受験問題です。
題名の通りなのですが、
動物の体液の浸透圧についてよく理解できません。
よく教科書に載っているグラフについてなのですが、ネット上ではみつけられませんでした。

○海産無脊椎動物と海産軟骨魚類はほぼ海水と同じ浸透圧をもっていますよね?ですが、その浸透圧調整の方法は
海産無脊椎動物はすべて無機塩類で調整しているのに対し海産軟骨魚類はほぼ半分を尿素で補っています。また海産硬骨魚類の浸透圧は、海水のほぼ半分です。
そこで質問なのですが、三種類とも動物なのにどうしてこのように異なるのですか?そもそも無脊椎動物と軟骨魚類、硬骨魚類とはどう違うのでしょうか?無脊椎というのはわかりますが、軟骨魚類と硬骨魚類の違いがよくわかりません。

○これも同様の質問になるかもしれませんが、海産硬骨魚類と淡水産硬骨魚類の体液の浸透圧はほぼ同じです。これもどうしてなのかわかりません。上のように同じ海産動物でも異なるのに淡水産と海水産が同じだとは…。もちろん淡水産と海水産ということで外液の濃度が異なるのはわかりますが、体液の濃度が異なるのはわかりません。

勉強不足ですが、どなたかご存知の方にアドバイスをお願いしたいと思います。よろしくお願いいたします。

浸透圧の勉強をしています。大学受験問題です。
題名の通りなのですが、
動物の体液の浸透圧についてよく理解できません。
よく教科書に載っているグラフについてなのですが、ネット上ではみつけられませんでした。

○海産無脊椎動物と海産軟骨魚類はほぼ海水と同じ浸透圧をもっていますよね?ですが、その浸透圧調整の方法は
海産無脊椎動物はすべて無機塩類で調整しているのに対し海産軟骨魚類はほぼ半分を尿素で補っています。また海産硬骨魚類の浸透圧は、海水のほぼ半分です。
そこで質問なのですが、...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

無脊椎動物は体内に効果的に機能する浸透圧調整の機能を持ちません。
したがって、外界そのままの浸透圧を体内に持つ事になります。
しかし、高速で遊泳する運動機能(生理的な代謝や体内の様々な組織の分化とそれぞれの最適な機能環境など)や外界の変化に対応する順応力、の問題で、外界に直接影響を受けるままでは望ましくありません
進化の過程で、外界と異なる体液構造を持つことによって、身体の機能を高めてきたのです。
軟骨魚では、体内の尿素によって調整しており
硬骨魚では、腎機能によって体内の水分と塩分を適宜排出して能動的に調整しています。
海産魚と淡水魚との違いはあっても、同じ魚類としての体液構造や浸透圧の最適値はほぼ同じです(魚種によって多少の差異はありますが)

つまり魚としての体液の最適値を得るように調整機能が進化してきたと言うことでしょうか。

Qお腹に寄生虫がいるときの症状は?

今から2時間半ほど前に生食用でないスコットランド産の鮭を友人に勧められて、
(冷凍させたり、酢で締めることもせずに)そのまま食してしまいました。

後になって寄生虫等のことが心配になり、後悔の嵐。
子供達も一緒になって食べたのです。

サナダムシやアニサキスが体内にいるかどうかを調べる方法、
又は体内に入った寄生虫を殺す方法など
ご存知の方がおられましたら教えて頂けませんか?

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

数年間の「生もの絶ち」をし,年一度程度の間隔で検便検査を受けます。
最初の検便は半年~1年後,寄生虫の増殖と排卵の増加を待つ必要があります。
寄生虫には吸虫類や線虫類も含まれますから,生もの絶ちは必須です。鮭が媒体であることを確定するためです。
目に見えて自覚される症状は殆どありません。障害の進行は寄生種により異なりますが,大抵は極めて緩慢なため,殆ど自覚できません。
寄生種の特定を待たねば,有効な駆除法は決定できません。

それにしても随分神経質にお考えのようですね。
有機野菜などには,どんな寄生種が付着しているか,予測できません。
心配していたら,果物も食べられなくなります。
「病は気から」と言いますが,そんなに神経質では「気病み」してしまいませんか?
障害を感じてからの診察・治療でも,遅きに失することは少ないと思います。
健康のためなら,むしろ,ゲテモノでも何でもドンドン摂食しましょう。

Q淡水には寄生虫が棲んでいるが、海水には棲まない理由。

今の日本には生息していないと思いますが、昔の山梨県や福岡県の川や水田には日本住血吸虫という寄生虫が棲息していました。
今でも、東南アジアやアフリカなどには吸虫が棲息しているので、川や水田に素肌で入るのは危険な行為だと考えられます。
一方で、東南アジアやアフリカでも海であれば海水浴ができるので(こういう場所での海水浴は気持ちがいいことでしょう)、吸虫は棲息していないものと考えられます。川から流れてきた寄生虫は塩分等で死ぬためでしょうか。
海も川も生物の豊富さでいうとほとんど変わりないにもかかわらず、どうして川や淡水は人間にとって寄生虫に襲われる可能性があるという点で危険なのでしょうか?もちろん、海にも危険な生物は棲んでいるので一概に安全といいたいわけではありません。

Aベストアンサー

回答がずれており失礼しました。補足です。

海水域は淡水域に比べて広大で、宿主から宿主へと移動する機会が少ないのが海水に棲まない一番の理由になると考えられます。寄生虫が海水中で生存できる細胞を持ち合わせていたとしても宿主に遭遇できる確率は淡水域とは比較にならないほど低いと推測できます。

逆に淡水域や汽水域では宿主が水中以外の陸上動物にも中間的に依存しており、宿主から宿主への移動が身近に行われているので、生食以外の侵入が海水域より容易になると考えられます。また、宿主が多様で、食物連鎖だけでなく、寄生虫が成虫だけでなく卵の状態で移動して乗り移りやすい距離に存在するということも推測できます。

海洋では食物連鎖による内部寄生虫のみが環境適応しやすく、淡水、汽水では食物連鎖以外の方法を使って内部、外部両者の寄生虫が環境適応しているということになりそうです

Q寄生虫かも?と心配です

汚い話で申し訳ありませんが・・・
昨日(7/11金曜)のことですが、トイレ(大)をして1回流した後、ペーパーで拭いてそのペーパーを便器に捨て、ふと見たところ、鮮やかなオレンジ色で細い糸のような1.5cm程度の虫が1匹、水の中で動いて(暴れて?)いました。
トイレした後に見ずに一度流してしまったため、便に居たのかとかは分かりません。
その一匹は、拭いたペーパーに付いて、水の中に落ちたとしか考えられません。
これは寄生虫でしょうか?
前日夜に、カツオのタタキの刺身を食べました。
小さい頃から、焼き魚(特にサンマ)でよく見かけていた、ラジノリンクスという寄生虫に見た目はかなり似ています。
調べたところ、ラジノリンクスはサンマにはほぼ100%の確率でいるのが普通だそうで、カツオにもいるそうです。
ただ、元気に生きて出てきたというのが、不思議です。
ラジノリンクスは人体には寄生できないため、それに似た別の虫に寄生されているのでは・・ととても不安です。
昨日、市販のパモキサン錠(ギョウチュウ駆除)を飲みました。(ギョウチュウではないので効くかは分かりませんが・・)
今日、病院にも行きましたが、医者にもかなり笑われました。
その医者は寄生虫の知識はあまりなかったようで、一応調べたりはしてくれましたが、駆除薬も虫によって違うから出せないと言われました。
(調べてくれた結果、人体に寄生する虫で、鮮やかなオレンジ色の虫は見当たらなかったのだと思います。アニキサスとか白色の虫は数種類いますが・・。)
昨日、パモキサン錠を飲んだこともあり、緩い効果の下剤(酸化マグネシウム?)を貰いました。
しかし、効果が緩すぎてまだ出ていません。
というか、出すのか怖くて仕方ないです。
ちなみに、お腹が痛いなどの症状は全くありません。
このような寄生虫をご存知の方がいましたら教えてください!
宜しくお願いします。

汚い話で申し訳ありませんが・・・
昨日(7/11金曜)のことですが、トイレ(大)をして1回流した後、ペーパーで拭いてそのペーパーを便器に捨て、ふと見たところ、鮮やかなオレンジ色で細い糸のような1.5cm程度の虫が1匹、水の中で動いて(暴れて?)いました。
トイレした後に見ずに一度流してしまったため、便に居たのかとかは分かりません。
その一匹は、拭いたペーパーに付いて、水の中に落ちたとしか考えられません。
これは寄生虫でしょうか?
前日夜に、カツオのタタキの刺身を食べました。
小さい...続きを読む

Aベストアンサー

それ以降出ていますか?和式便器にして観察していたらそれを何かの容器に入れて内科に持って行ってください私も記憶が無いですが糸みみずに似ていないですか?後考えられるのが可能性は低いですが小さいムカデがペーパーに居たか便器の裏にいたかも知れませんね

Q【単体で増殖する生物を教えてください】オス、メスの性別がなく単体で子孫を産む生物を教えてください。

【単体で増殖する生物を教えてください】オス、メスの性別がなく単体で子孫を産む生物を教えてください。

Aベストアンサー

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E6%AE%96こちらは、WIKIのページですが、増殖の原理を書いているのでよく分かると思います。
細胞のように、分離して増えるのと、遺伝子を受け継ぐ、交配によって増えるのがありますね。

Q成人の寄生虫検査は、まず内科へ行けばよいのでしょうか。

成人の寄生虫検査は、まず内科へ行けばよいのでしょうか。

寄生虫が潜んでいる症状はありませんが、近日、断食をしたいと思っています。
断食の方法が書かれている本に「断食前には虫下しを飲むように」とありました。
しかし昨年の薬事法改正で虫下しの薬は調剤薬局にて医師の処方がないと購入できないそうです。
そのため病院で寄生虫の検査をしてもらい、必要であれば薬を処方していただきたいと思っています。

Aベストアンサー

調理師を持っています
まずなぜ断食が必要なのでしょうか?
普通の人は断食はしない事、間違えた事です
どうしてもしたいなら≪病気を含めて≫内科に行ってほんとに断食が必要なのか相談してください
そして必要と判断されたらその指示に従ってください
普通は断食は必要ありませんと言うはずです
まずはほんとに断食が必要な名おか判断してもらうために、内科に行ってください
又、ダイエットでしたら、断食は間違えたダイエット法です

Q淡水産のエビの見分け方

 数ヶ所の湖や沼で、ほぼ透明のエビを見つけたのですが、体長や模様などから2種類にわけられるような気がします。淡水産のエビの見分け方について、資料などがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

何種類か画像が公開されていたページがありましたので、
書いておきます。

参考URL:http://www2.fish-u.ac.jp/LAIZ/topics/tansui/tansui1.html

Q食べ物に寄生虫卵を混入させる行為は犯罪になるのでしょうか?

例えば大嫌いな人物がいるとして、その人の食器や盛り付けた料理に寄生虫卵を付着させて寄生虫に感染させる行為は犯罪になるのでしょうか。また犯罪になるとすれば何の法律に基づくのでしょうか。

たとえばエキノコックスは肝臓に深刻な影響を与えますが、潜伏期間が長く、感染した時点でそれが誰の責任によるものかの判別が困難です。寄生虫に感染したことを恥ずかしく思って他人に公表しない人も多いでしょうから、完全犯罪になりやすいと思います。

外国にはエキノコックス以上に危険な寄生虫もいるみたいですから、そういう卵を混入させることは毒を混入する行為に近いと思うのですが、取り締まる法律は思いつきません。人間以外を本来の宿主とする寄生虫が間違えて人間に寄生した場合に重篤な症状を引き起こすことが多いようです。

Aベストアンサー

傷害罪は怪我をさせる時にだけ成立
する訳ではありません。

人を病気にするのも傷害罪になります。
例えば性病を感染させるのは傷害罪になると
するのが判例です。

発覚するかどうかは、犯罪の成立とは
関係ありません。
それは訴訟法の問題になります。



完全犯罪になりやすいと思います。
   ↑
まあ、警察がしゃかりきになって調べれば
判るかもしれませんが、そこまでは普通は
やらないでしょうから、その可能性はあると
思われます。

病死で済まされるかもです。

Q淡水の生物

海にも回遊する魚とか、成虫が空を飛べる昆虫とかは別として、淡水にしか住めない生物の1種が、互いに交通のない川や湖に見られたら、人為的に移植されたか(動物が仲介する場合もあるかもしれませんが)、実は昔は交通があったということになりますよね?他の可能性もありますでしょうか?

Aベストアンサー

竜巻で巻き上げられ、運ばれて他所で落ちる、というような可能性があると思います。微細な生物や卵などは、竜巻がなくても、嵐や強風で、何かに付着して飛ばされていく可能性もあるのではないでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報