人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

乗車券の計算方法で
「並行在来線と接しない新幹線駅を含む区間(例:品川 - 新横浜 - 小田原)については別の路線として扱う。 」
という特例があるのですが
これを使って切符を一枚にして安くできることがあるのですか?
新横浜は横浜と扱われるんじゃないですか.

行き 品川~小田原 新幹線
帰り 小田原~品川 在来線という風にして
品川~品川という切符を発券できるんでしょうか.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

#3=#5です。


>ところで新幹線と在来線を別線と扱う場合、
>新幹線の距離は実際の距離なんですか?

いいえ,新幹線単独駅の「営業キロ」は在来線の対応する駅と同じ数字に
設定されていますので,新幹線単独駅がらみであっても
新幹線の距離は在来線の距離と同じとなります。
(そうじゃないと,その区間を通過するときに整合性がとれなくなります)

>別線である 徳山~岩国 と 徳山~新岩国 の運賃は同じですか?

同額です。
    • good
    • 0

#3です。


>新岩国から新尾道の往復でなく
>新岩国から三原、新尾道辺りまで行って
>岩国まで戻ってくる切符ができるかどうかを知りたかったのです.
>つまりは新岩国~岩国(経由:新幹線 山陽線)はできないわけですね.

読取不足失礼。
新岩国~岩国は,ここまでの論でおそらくおわかりのとおり,
新岩国~広島~岩国 または新岩国~徳山~岩国 は可能ですが,
広島以東・徳山以西にルートを伸ばすことは不可能です。

>特例に関してですが平たくいうと
>新幹線単独駅を乗車券の始発駅・終着駅にする場合
>別線と扱うので乗車券を一枚にできるということでしょうか?

新幹線単独駅「または在来線単独駅」ですね。

>両端は在来線と新幹線が同じ駅ということですか.

そうとらえていただいて結構です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
つまり一筆書きにしないといけないわけですね。
徳山~広島は新幹線、在来線は同じ線と扱うので
徳山~広島~徳山(行き:新幹線 帰り:在来線)はできないわけですね。
この場合、往復券がいるわけですかね。
この辺りは山陽線しかないので一枚切符は山陰方面に行かない限り
できそうにないですね。

ところで新幹線と在来線を別線と扱う場合、
新幹線の距離は実際の距離なんですか?
実際の距離なら新幹線がかなり短くなりそうなので
新幹線単独駅からの乗車券を買ったほうがいいと思うんですが。
別線である 徳山~岩国 と 徳山~新岩国 の運賃は同じですか?

お礼日時:2008/08/24 11:39

ANo.2のPAPです。

お礼欄にいただいた点について回答します。

「選択乗車」についてですが、まずは専門的な用語を使用してしまったことをお詫びいたします。
選択乗車とは、乗車券に指定された経路意外で乗車できる経路が指定されており、そのどちらの経路に乗車するかは利用者の選択にまかされるといった制度です。
例えば、東京近郊区間内(http://www.jreast.co.jp/kippu/1103.html)だけの乗車券の場合、乗車券記載の経路によらず、いわゆる大回り乗車が可能だということも「選択乗車」になります。

ご質問にある品川~小田原で、
・品川~新横浜を新幹線か品川~横浜を在来線のいずれか
・新横浜~小田原を新幹線か横浜~小田原を在来線のいずれか
を組み合わせて利用できます。当然ながら新幹線・新幹線を選択して全区間新幹線や、同様に全区間在来線でもかまいません。
品川~小田原については、ご質問にある新幹線と在来線を別の線と見なす特例との関係で新横浜~横浜を利用した新在の乗り換えを可能とするために設定されています。このような形は、新幹線の駅がJR在来線と離れて設置されている場所には全て設定されていますが、JRから第3セクターに移管された区間は含まれません。
そのほか、外房・内房など、新幹線と関係のない区間にも設定されています。
(参考)
http://www.jreast.co.jp/ryokaku/02_hen/04_syo/02 …

「新横浜が出発の場合、小田原以西は一枚にできないですか?」という点については、理解力不足でご質問の真意がわかりませんが、乗車券の着駅または発駅あるいは乗換駅が新幹線単独駅の場合を除き、小田原以西は新在どちらの経由の乗車券であっても、好きな方を選んで乗車できます。新幹線単独駅に関しては、新横浜の例と同様となります。

新岩国~新尾道の乗車券で利用できる経路は
・新岩国~広島か岩国~広島
・広島~東広島か広島~西条
・東広島~三原か西条~三原
・三原~新尾道か三原~尾道
の4つの二者択一の選択結果を組み合わせた経路となります。
この場合、広島駅と三原駅で新幹線と在来線が同じ駅ですから、経路途中で同じ駅を通らない一周となりませんから、一枚の乗車券とはなりません。

なお、前の回答で「新横浜駅と横浜駅は同一の駅と見なしますが」というのは、厳密な意味で同一駅と見なす訳ではなく、取扱上で同一駅と見なしてあつかった方が理解しやすいといった意味で使用しました。
新横浜~横浜間の運賃は別途負担など、「同一の駅」という表現は正確性を欠く内容ですので、上記のような背景で使用したとご理解いただくとともに、誤解を生じた場合にはお詫びいたします。

(備考)
先の回答に記した横浜駅と新横浜駅、あるいは花巻駅と新花巻駅が同一の場所にあるかのような距離設定となっています。この新幹線と在来線の駅間には在来線の路線があるため、実際の乗車券の距離計算などにおいて規則ではきちんと定められていますが、私も利用したときなど、何となく腑に落ちない感情が生じることがあります。
    • good
    • 0

横から失礼。


まず,いわゆる新在(新幹線・在来線)別線あつかいの特例は,以下の条件で発動するものです。
(1) 平行在来線と接しない新幹線駅を含む区間で
(2) その区間内の駅(両端を除く)を乗車券の始発駅・終着駅または他の線からの接続駅とする
ときにこの特例が生きます。
従って,質問者氏の最初のなげかけ,「品川→品川 経由:新幹線・小田原・東海道本線」というのは,
両端の駅を除く,という(2)の条件より,新在同一となり発行できません。
始発駅=終着駅を両端以外の駅として,「新横浜→新横浜 経由:新幹線・品川・東海道線・小田原・新幹線」や
「蒲田→蒲田 経由:東海道線・小田原・新幹線・品川・東海道線」という
切符は発売可能です。

次に,選択乗車というのは「A→Bの乗車券でA→Cの区間に乗れる」というもので,
「BとCを同一の駅とみなす」というものではありません。
例えば「小田原→新横浜 経由:新幹線」の乗車券で乗れるのは「小田原~(新幹線)~新横浜」か
「小田原~(東海道線)~横浜」のどちらか,というだけであって,
新横浜駅=横浜駅とみなすわけではありません。
運賃計算にしても,品川~新横浜,新横浜~小田原の営業キロを品川~横浜,横浜~小田原と同じ距離に
設定してあるがゆえに,たまたま新横浜~小田原と横浜~小田原の運賃が同額になる,
というだけのことです。(品川方については電車特定区間の関係で運賃が違ってきます)

次に,#2氏への御礼で提起されている新岩国・新尾道間往復ですが,
徳山~広島間はその区間内の両端でない駅(新岩国)を始発駅とするため新在別線となっても,
広島~三原~福山はこの乗車券の始発駅でも終着駅でも接続駅でもありませんので,
広島以東は全部新在同一扱いとなります。
また,そもそも乗車券は同じ路線「または同じ駅」を
2度通った時点で打ち切りですので,たとえ新在が常に別線扱いだったとしても
新岩国~広島~東広島~三原~新尾道~福山~(在来線)尾道~三原と
2度目の三原に到達した時点で打ち切り計算です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。
新岩国から新尾道の往復でなく
新岩国から三原、新尾道辺りまで行って
岩国まで戻ってくる切符ができるかどうかを知りたかったのです.
つまりは新岩国~岩国(経由:新幹線 山陽線)はできないわけですね.

特例に関してですが平たくいうと
新幹線単独駅を乗車券の始発駅・終着駅にする場合
別線と扱うので乗車券を一枚にできるということでしょうか?
両端は在来線と新幹線が同じ駅ということですか.

お礼日時:2008/08/15 00:43

発券できません。



この特例は、例えば品川~新横浜~小田原の場合
◆新横浜駅が乗車券の発駅または着駅である
◆新横浜駅で新幹線と横浜線の乗換となる経路の乗車券
のどちらかに該当しなければなりません。

従って、品川~小田原の乗車券は、この区間を新幹線と在来線のどちらでも利用できますから、往路新幹線・復路在来線のような場合でも、単なる往復乗車券となります。
例えば、新横浜(新幹線)小田原(東海道線)品川(新幹線)新横浜や小回りですが品川(新幹線)新横浜(横浜線・京浜東北線)品川の乗車券でしたら可能です。

また、選択乗車の場合、新横浜駅と横浜駅は同一の駅と見なしますが、新横浜駅と横浜駅の間は自費となります。このため、選択乗車として新横浜駅と横浜駅を利用して新幹線~在来線の乗り換えをする場合、新横浜~横浜の運賃は別途必要となります。
このような例は、新横浜駅・横浜駅以外に花巻駅・新花巻駅があります。
岐阜羽島駅・岐阜駅のようなほとんどの場合、両駅間の移動においてはJR線がなく、費用は別途利用者負担となりますので、横浜線あるいは釜石線を利用しての新在乗り換えについても、ほかと同様に、この区間を別途利用者負担としています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。
選択乗車っていうのは何ですか?
横浜と新横浜を同一視して乗り降りできるが
両駅の移動は自腹ということですかね.

新横浜が出発の場合、小田原以西は一枚にできないですか?
小田原~熱海はできないような気がするのですが.
熱海は在来線もあるはずです.

例えば、山陽新幹線の新岩国~新尾道の間などは
どうなるんでしょうか.
行き:新幹線
帰り:在来線
は可能なんでしょうか?

お礼日時:2008/08/14 10:01

「並行在来線と接しない新幹線駅を含む区間(例:品川 - 新横浜 - 小田原)については別の路線として扱う。

」のは、その両端以外の区間内の駅を発駅または着駅とする乗車券についてです。
「品川―品川:経由:品川・新幹線・小田原・東海道」は、品川→小田原、小田原→品川が新在同一視のために区間重複で発券できません。
「新横浜―新横浜:経由:新幹線・品川・東海道・小田原・新幹線」は発券可能と思います。

なお、新幹線・在来線の関係で新横浜を横浜駅として扱うことはありません。(新幹線経由の品川―新横浜、新横浜―小田原の営業キロは東海道線経由の品川―横浜・横浜―小田原と同じ値に設定されていますが、駅が同一と見なされるわけではありません。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。
>その両端以外の区間内の駅を発駅または着駅とする乗車券についてです。
これは新幹線単独の駅が乗車駅、降車駅になっていないといけないと
いうことですね?

例えば、小田原を超えて乗車する場合は一枚の切符には
できないんですか?
途中在来線と新幹線が同じ駅の所が出てくると思います.

横浜と新横浜は同一駅として扱うことはないんでしょうけど
確か新幹線を使った場合、新横浜までの
運賃は横浜で計算されるわけですか.

お礼日時:2008/08/14 09:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QJRの新横浜駅と横浜駅は同一駅扱い?

東京都区内→大阪市内の乗車券で、東海道線を利用し横浜駅で途中下車して、別の手段(タクシー・地下鉄等)で新横浜駅まで移動し、新幹線で新横浜駅からその乗車券を続けて使用することができますか?
新富士駅で途中下車して富士駅から続けて使用できるように、新横浜駅と横浜駅でも同じ取り扱いが適用できるのかを教えてください。できる場合は、その根拠(規則等)も教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、質問にあるような東京→横浜(別手段で移動)新横浜→大阪
という乗り方は問題なくできます。こちらは(27)ですね。そして、
東京→東神奈川→(横浜線)→新横浜→大阪という乗り方も出来ます。
こちらは(28)です。

さて、前の方の回答のお礼にある文ですが、
>28の(東海道線経由、新幹線及び横浜線経由)とする部分は、(東神奈川・横浜間、東神奈川・新横浜間)(小田原・新横浜間、小田原・横浜間)と同じと考えるべきなのでしょうか。

現場レベルで対処できるかは別として、
規則の文の上では意味が違います。
>(東神奈川・横浜間、東神奈川・新横浜間)(小田原・新横浜間、小田原・横浜間)
これだと、新子安→東神奈川→新横浜と乗車後に、
新横浜→小田原の代わりに横浜から小田原まで東海道線に乗れることになってしまいますが、
>(東海道線経由、新幹線及び横浜線経由)
こちらではそのような乗り方は認められないと読めます。

(27)は品川~新横浜・横浜と新横浜・横浜~小田原の二つをまとめて書いたもの、
(28)は東神奈川~小田原の一つを書いたもので、横浜駅とは無関係と解釈するのが妥当だと思います。

まず、質問にあるような東京→横浜(別手段で移動)新横浜→大阪
という乗り方は問題なくできます。こちらは(27)ですね。そして、
東京→東神奈川→(横浜線)→新横浜→大阪という乗り方も出来ます。
こちらは(28)です。

さて、前の方の回答のお礼にある文ですが、
>28の(東海道線経由、新幹線及び横浜線経由)とする部分は、(東神奈川・横浜間、東神奈川・新横浜間)(小田原・新横浜間、小田原・横浜間)と同じと考えるべきなのでしょうか。

現場レベルで対処できるかは別として、
規則の文...続きを読む

Q新幹線乗車区間内の定期券を持っている場合、乗車券代はどうなりますか?

通勤のために小田原~新橋間の定期券を購入しました。
品川から名古屋へ旅行に行こうと思うのですが、新幹線の乗車券の中に定期の区間が入っています。うまく説明すれば値段が安くなるかなーと目論んでいますがこれは可能でしょうか?
また、可能であれば駅員さんに説明する効果的なフレーズを教えてください。

Aベストアンサー

在来専用定期券で新幹線に乗車することは、別途、新幹線自由席特急券を求めれば可能です。(指定席には乗車できません)

ただし制限事項がいくつかあり、その一つとして、新幹線の停車駅を2駅以上含む必要があります。

今回の場合、小田原~新橋間の定期には、新幹線停車駅の「小田原」と「品川」が含まれていますので、品川~小田原間においては乗車券は必要ありません。ですので、名古屋まで行かれるのであれば、乗車券は小田原~名古屋、新幹線自由席特急券は品川~名古屋を買えば乗車可能です。

新幹線定期券は新幹線特急券を込みにした定期券です。在来線定期券でも新幹線や特急に乗車することは(別途、特急券等を用意すれば)可能です。
品川・小田原間の別線規程は、品川~小田原間の駅を発駅・着駅とする場合であって、両端駅である品川・小田原は別線の対象外です。No2さんが引用されているURLにもそう書かれています。
>(品川、小田原、三島、(中略)、長岡及び新潟の各駅を除く。)


ちなみに、新幹線停車駅を2駅以上含む、という例ですが、A~Cの定期を持っていて、すべてA、B、Dには新幹線が停車する、cには停車しない、と言う場合を考えたとき、
A === B === c --- D
(===定期券の範囲)

乗車可能な新幹線の範囲は、
 A~B
の1区間だけで、B~Dの区間は足りないC~Dの乗車券を買い足してもダメです。この場合、B~Dの区間を乗車するにはB~D全区間の乗車券が必要です。

参考URL:http://jr-central.co.jp/co.nsf/kip_rule/kip_rule_07_03

在来専用定期券で新幹線に乗車することは、別途、新幹線自由席特急券を求めれば可能です。(指定席には乗車できません)

ただし制限事項がいくつかあり、その一つとして、新幹線の停車駅を2駅以上含む必要があります。

今回の場合、小田原~新橋間の定期には、新幹線停車駅の「小田原」と「品川」が含まれていますので、品川~小田原間においては乗車券は必要ありません。ですので、名古屋まで行かれるのであれば、乗車券は小田原~名古屋、新幹線自由席特急券は品川~名古屋を買えば乗車可能です。

新幹...続きを読む

Q東海道線と東海道新幹線は並行していますが・・・

東海道新幹線は東海道本線とほぼ並行して走っていますよね。
そこで大阪-東京間の移動に関して疑問に思ったことがあるのですが、
例えば「大阪-(新大阪-新幹線区間-東京)」という経路の
往復乗車券と往復特急券を購入したとします。この場合、
(1)行き:「大阪-(新大阪-新幹線区間-東京)」 ※券面記載通り
(2)帰り:「東京-品川-川崎-東神奈川-(新横浜-新幹線区間-新大阪)」
のように、ある区間だけ新幹線を使わず(この場合は東京・新横浜間)移動することはできるのでしょうか。極端な話、全行程(大阪-東京間)を在来線で…。
もし上記のことが出来る場合、在来線の駅(例えば川崎)では、途中下車もできるのでしょうか。

Aベストアンサー

No3です。
>往復乗車券(大阪-東京間)だけ購入し、後で特急券(行きは新大阪-東京・帰りは新横浜-新大阪)を別途購入すればいいということでしょうか。これで帰りは川崎駅で途中下車できると・・・。

購入しようとする往復乗車券が「東海道線経由」(すなわち在来線経由)ならお考えの通りです。
一応先に示した(28)は規則を素直に読むと、新幹線経由だと横浜線は利用できないと判断できます。

Q自由席から指定席への変更

JRの特急で、
車内で車掌さんに申しつけて、
自由席券で指定席との差額を払って、
指定席にのることほできますか?

きっぷは、1回しか変更はできないですが、
1度変更したきっぷでそのようなことは、
できないですか?

Aベストアンサー

出来ます、しかし空いている指定席を指定されると思いますので、後の駅からそこの指定券を持った客がきたら席をゆずらなければならないですけど、その場合はまた空いている指定席に移動してもかまいません

基本切符の変更は一回ですが、一度指定券の差額を払ってしまえば、同じ列車に乗っているかぎりどこの席に移ろうがかまいません。

QJR往復切符の往片のみ払戻しは可能か

https://www.jreast.co.jp/kippu/22.html
上記URLに、「乗車後の乗車券は、有効期間内でお乗りにならない区間の営業キロが1券片100キロを超える場合のみ払いもどしいたします。」と記載されています。同ページの「関連する規則」のリンクをクリックすると、営業規則第274条が表示され、確かに「100キロを超える場合」と書かれていますが、「1券片100キロ」とは書かれていません。そこが私はまったくもって不満なんですが、まぁ、それはそれとして、ところで、往復乗車券の場合、往片の残キロが100キロ超ある場合、往片だけの払戻しを受けることはできるのでしょうか。

Aベストアンサー

>往路券は払い戻すが、復路券は払い戻さないという選択はできないことになります

恐らくそうだろうとは思いますが、何処にはっきりと書いてあるのかな、という疑問です。常識だと思う人には常識でしょうけれども・・・。

法令の文書に関する専門家ではないので、以下の回答は私なりの回答です。JRや法令の専門家がどういうかはわかりません。

まず、使用開始前と使用開始後に大きな違いがあることは仕方ありません。
使用開始前は、契約の実行開始前なので、契約を自由に解除できる権利を与えるのは至って普通の考えです。
ですので、有効期限内であれば不要になった任意の切符のみの払い戻しを271条で認めているわけです。払い戻しにあたって購入したすべてを一括して払い戻す必要がないのは当然ですが、乗継割引など購入にあたって条件が設定されたものの払い戻しには条件を付けています。
往復乗車券の場合も、往片のみまたは復片のみの払い戻しも未使用の切符に準じて認めていますが、往復割引適用時に片道のみで割引が適用されてしまうことを避けるために、往復総額から片道の「正規運賃」を差し引いた金額としています。

一方使用開始後の払い戻しは、契約実行中の契約解除なので、契約開始前に比べて条件が厳しいのは仕方ありません。
JRの規則(約款)で「旅行中止」の明確な定義はありませんが、旅行開始が以下のように定めていることを考えると、旅行の中止は「旅行開始した乗車券の前途の区間すべてを完了しないで旅行をやめること」をいうと解釈するしかありません。
旅行中止を告げて払い戻しを求める以上、往片の途中なら復片も含めた払い戻し要請が「旅行中止」に該当すると思います。
そして払い戻しの計算は使用中の往片については274条を、未使用の復片については271条を適用するということです。
使用中の券片払い戻しで、距離制限があるのは、おそらく101km以上の切符なら途中下車が原則できることと関係があると思います。
つまり、途中下車できる切符なら、その駅で途中下車と申告して出て、その切符の回収を免れることができます。
ところが、途中下車できない切符なら、その先の区間に乗る意思があるないにかかわらず、その駅で改札を出る時点で切符を回収されてしまいます。
そこで残り100kmない状態の場合、途中下車できない切符で途中駅で下車しても返金できないという状態にする必要があるのです。

http://www.jreast.co.jp/ryokaku/01_hen/index.html
(用語の意義)
第3条 この規則におけるおもな用語の意義は、次のとおりとする。

(10) 「旅行開始」とは、旅客が旅行を開始する駅において、乗車券の改札を受けて入場することをいう。ただし、駅員無配置駅から旅客が乗車する場合は、その乗車することをいう。

>往路券は払い戻すが、復路券は払い戻さないという選択はできないことになります

恐らくそうだろうとは思いますが、何処にはっきりと書いてあるのかな、という疑問です。常識だと思う人には常識でしょうけれども・・・。

法令の文書に関する専門家ではないので、以下の回答は私なりの回答です。JRや法令の専門家がどういうかはわかりません。

まず、使用開始前と使用開始後に大きな違いがあることは仕方ありません。
使用開始前は、契約の実行開始前なので、契約を自由に解除できる権利を与えるのは至って普通...続きを読む

QJRの乗車券、新幹線経由と在来線経由

こんにちは。購入した乗車券について質問させていただきます。

本日、みどりの窓口にて乗車券と特急券を購入しました。

乗車券は東京都区内⇔大野城を往復のつもりで、特急券(+寝台券)については、行きはサンライズ出雲(東京-岡山)+新幹線(岡山-博多)、帰りは新幹線(博多-品川)利用です。

問題はこれと一緒に発券してもらった乗車券なのですが、

1.東京都区内→大野城
(経由:東海道・山陽・岡山・新幹線・博多・鹿児島線)
2.大野城→東京都区内
(経由:鹿児島線・博多・新幹線)

という発券をされ、係の人に「経由が違うので片道ずつの扱いになっています」と言われました。

しかし、私の勘違いでなければ、サンライズ出雲は東京-岡山において東海道本線・山陽本線を経由するので、乗車券を往路・復路ともに(この区間も含め)新幹線経由ということにして、(601km以上なので)往復割引を効かせて発券できるのでは、という事を係の人に伝えたのですが、「サンライズは在来線で、新幹線とは別の路線なのだから、そんなことはできない。お前は何を言っているんだ」という感じで、取り合ってもらえませんでした。
私のほうも、旅客営業規則の何条が根拠だったかというような提示もできず、やりとりのうちに自信がなくなってきたので、結局その場では飲み込みました。


ここでご質問したいことは、

(1) 乗車券を「新幹線・博多・鹿児島線」の往復とし、サンライズ(東京-岡山)+新幹線(岡山-博多)を乗ることは可能か、それとも私が規則のどこかを見落としていて不可能なのか
(2) もし(1)が可能な場合、乗車券の往復への変更を無手数料で申し立てることは可能か

以上の2点です。

帰宅後、今一度旅客営業規則をざっとチェックしたのですが、第16条の2を見る限り、別線扱いになるような駅の発着・接続ではないと認識しています。
また、東京→大野城は「1200kmまで」なので、往復の場合の有効期間は7×2=14日間になるかと思いますが、この点もクリアしています。

長文になってしまい申し訳ありませんが、2点についてご回答よろしくお願いします。

こんにちは。購入した乗車券について質問させていただきます。

本日、みどりの窓口にて乗車券と特急券を購入しました。

乗車券は東京都区内⇔大野城を往復のつもりで、特急券(+寝台券)については、行きはサンライズ出雲(東京-岡山)+新幹線(岡山-博多)、帰りは新幹線(博多-品川)利用です。

問題はこれと一緒に発券してもらった乗車券なのですが、

1.東京都区内→大野城
(経由:東海道・山陽・岡山・新幹線・博多・鹿児島線)
2.大野城→東京都区内
(経由:鹿児島線・博多・新幹線)
...続きを読む

Aベストアンサー

(1)可能です。
JRの旅客営業規則では、第16条の2第1項において東海道・山陽新幹線は並行する東海道線・山陽線・鹿児島線と同一線路として扱います。
なお、同条第2項に示された区間は上記新幹線と上記在来線は別線として扱いますが、今回ご質問の区間には第2項に該当しません。

根拠としては以上で全てです。駅員さんの説明は誤りです。

ただし、往復の経路をご質問のように新幹線と在来線をわけて発券すると往復になりません。
すなわち、往復の条件として、発着駅と経由がそろっていなくてはならないからです。
従って、往復乗車券とする場合、経由をそろえる必要があります。
このとき、上に回答したように、乗車券の効力として在来線と新幹線のどちらでも乗車できますので、購入の場合の経由をそろえておく必要があります。

なお、新下関~博多間を含む場合、在来線利用と新幹線利用では運賃が異なりますが、この場合でも同区間(片道在来線で片道新幹線)を含む往復乗車券を特例で発売します。今回のご質問には直接関係ありませんが、ご利用の場合の一助になればよろしいかと思います。

このようなことから、ご質問(1)にあるように経由をそろえる必要がありますが、乗車券記載の駅間を新幹線と在来線のどちらかを自由に選択でき、新幹線経由であっても新幹線の駅のない在来線の駅で途中下車してもかまいません。
すなわち、サンライズを新幹線経由の乗車券で乗車してもかまいませんし、逆に新幹線を在来線経由の乗車券で乗車してもかまいません。

(2)可能と思われます。
まず、ご質問をいただいた内容の説明が正しいとします。
この場合、往復割引の適用をしなかったのは発券側の手違いであるため、単純に誤発行として無手数料での交換となります。「変更」というと旅客都合での変更にもとられますので、「交換してください」や「正しい割引のある物としてください」というとよろしいでしょう。
この回答で「思われます」としたのは、質問者さんが経由にこだわったり、オークションなどを利用して片道乗車券を往復分そろえたなどの場合も考えざるを得ないからなのです。お気を悪くなさらないでください。このような場合は、通常の変更となります。
なお、通常は乗車券の番号や発行駅などから、後段のような誤解はすぐに解消すると思われます。

-----------
結果として、どこで購入されたかはわかりませんが、ご質問にある経由にこだわった場合、往復の経由が違いますので、変な話と思われるかもしれませんが、往復割引にはなりません。
ただ、通常は「この経由だと往復となりませんがよろしいですか?」などと注意喚起をして旅客の同意を得るのが普通ではないかと思います。
ご質問を読む限り、質問者さんは乗車券の経由にこだわりがなかったようですので、単純に発券側の勘違いと思われます。

備考:
ご存じだったらよけいなお世話となりますが、営業規則は最新のものをお使いいただくのがよろしいでしょう。
たとえばJR東日本の
http://www.jreast.co.jp/ryokaku/index.html
などで確認いただくとよろしいかと思います。

(1)可能です。
JRの旅客営業規則では、第16条の2第1項において東海道・山陽新幹線は並行する東海道線・山陽線・鹿児島線と同一線路として扱います。
なお、同条第2項に示された区間は上記新幹線と上記在来線は別線として扱いますが、今回ご質問の区間には第2項に該当しません。

根拠としては以上で全てです。駅員さんの説明は誤りです。

ただし、往復の経路をご質問のように新幹線と在来線をわけて発券すると往復になりません。
すなわち、往復の条件として、発着駅と経由がそろっていなくてはならないからです...続きを読む


人気Q&Aランキング