2日前に、新宿のデパートで子供服を買おうと商談中に1才5ヶ月の子供がころんで、陳列棚の門に頭をぶつけ血が噴き出し3cmの額に大きな傷が出来ました。
縫うか、テーピングで処置するか迷ったのですが、テーピングで治療し傷はそのうちわかりにくくなるでしょう。と医者には言われました。
 人が多かったので、ずっとだっこしていたのですが、洋服を体に合わせるため
立たせ、じゃあこれを下さいと言った一瞬油断したときに転びました。
デパート側は、すぐに医務室で応急処置をし、救急車を呼んでくれました。
この場合子供は小さいので責任はないと思います。親の責任もありますが、
デパート側には責任はないのでしょうか?女の子の顔に傷ができてしまい将来が
心配です。気になったことは、ぶつかった陳列棚の門が非常に角張った鋭角な柱
でした。小さい子供服売り場には適切ではない様に思いました。
 デパート側も丸い柱にするようにしているがあそこだけは角張った柱でして・・お見舞いに行きたいと電話がありましたが、どのように対応し
どのような請求ができるか教えていただきたいのです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

私も2児(女児)の父親なので大事なお子さんがケガをされた親心はたいへんよく分かります。


ご質問の「どのような請求ができるか」ですが、
具体的には治療費、損害賠償(顔に傷が残った場合)、慰謝料というところではないでしょうか。
しかし、落ち着きがなかったり、すぐに転んだりするのは子供として当然のことであり、だから、親が子供の面倒を見ると思います。
この点を考慮すると親の過失(注意義務を怠った)によって請求額全額はとても無理だと思います。
お子さんのようなケガを無くすには、子供が出入りするところは角張ったものを設置してはいけないという法律でもできない限り街中から角張ったものを無くすのは難しいので、そのようなところに立ち入らないとか、子供の手を握って絶対に離さないなどで自己防衛をするほかはないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/21 11:14

 あなたに厳しい意見ばかりで、同情するわけではありませんが、日本は建物・家具類に対して無神経な国民が多いのも事実です。



私は責任の比率は分りませんが貴女の責任も、デパート売り場の責任も両方有ると思います。

最近、流行り言葉のように「ヴァリアフリー」などという言葉が流行りだしましたが、あれだって元々躓くような床面を作る建築や道路の設計が悪い訳ですね。

今回の例も、角柱が子供用品売り場にあるというのは奇妙な事でかなり危険な事です。

・・・私の推測では、ディスプレイの仮設ではないかと思いますが、だとすれば危険なディスプレイをしているアパレル関係の会社、施工した会社の責任もあると思います。

 ただし親御さんの責任は皆さんかかれている通りです。
幼児はまだ、動物と人間の間を行き来しながら成長している過程なのですから!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。今後、同じような事がおこらないように
意見だけは、デパート側に伝えるつもりです。もちろん、最大の責任は
親にあることは承知しております。

お礼日時:2001/02/21 11:35

あれ? 


私が書いている間に同じような内容の回答が寄せられたんですね~
#送信してから気付きました。
#内容がダブってしまい申し訳ありません。

やはり同じような考え方の方が他にもいらっしゃるとわかり大変うれしいです。
    • good
    • 0

法律には詳しくないのですが・・・


同じく幼児を持つ母の1人としては、今回の件は「親の責任」だと思います。

デパート側の処置は適切だと思いますし、お見舞いにも来てくださるとのこと。
私が202020さんの立場だとしたら
「自分の責任なのに・・・」とかえって恐縮してしまいそうです。
もしも治療費などデパート側からお詫びという形で何か提示されたら・・・
一応お断りはしますが、でも「それでも!」と言われた場合はラッキーと思って受け取ってしまうような気がします。(*^_^*)

今回の事故がデパートで起きたからラッキーだっただけなんじゃないでしょうか?
路上で起きた事故だったら応急処置も全て親がしなくちゃいけなかったんですよね。

児童公園でそんな事故に遭ったとして公園を管理している市役所などに「子供が遊ぶ公園にどうしてこんな角張ったものがあるの!」と苦情を言えるのでしょうか?
ちょっと不思議。

こんな考え方もある・・・とご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。ただ、ラッキーとは思うことは何があっても
ないです。

お礼日時:2001/02/21 11:31

ちょっと厳しい言い方になりますが、許して下さい。


「親の責任もあるかも」って何を考えていらっしゃるのでしょうか?こんなの親の責任以外の何者でもないですよ。それをデパートのせいにするなんておかしいと思います。子供に責任もあるわけがなく、全て親の不注意です。それをデパートに何か請求できないかなんて、見当違いですよ。

場所がデパートでなく公園だったとして、転んだところに鉄棒があったので怪我をした。子供が遊ぶことが容易に推測できるこんなところに金属性の鉄棒があるなんて、といって公園管理者に損害を請求しますか?笑い話ではありませんが、それと同じようなものだと思います。

小さな子供はあちこち動き回るものです。親がきちんと面倒みないといけません。

202020さんだけに言うつもりはありませんが、最近そのような親が私の周りで見かけることが多いものでつい荒い文章になってしまいまいた。ごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。親の責任が1番大きいと思っております。

お礼日時:2001/02/21 11:28

女の子の顔に傷が残ってしまうのは、とても大変な事と思います、が、この場合は、やはり親の過失になるのではないでしょうか? すぐに医務室に連れていってくれたり、救急車を呼んでくれたりと、デパート側としてはキチンと対応しているように思いますたとえば、全ての子供がそこにぶつかる訳ではありませんから。

デパートに責任をとってもらおうと言うような考えはどうかと思います。デパート側も、そこに角ばった柱があった事に対する非は認めている訳ですし、たとえ買物するにしても「親である自分がたとえ一時でも目を離した」事に対する非も認めた上で、デパート側が提示するお詫びを素直に受け入れるべきだと思います。デパート側だけに責任があるからお詫びを請求しようと言うのは、あまりにも自分の非を認めない発言であるように感じました。我が家の娘もそうですが、子供はちょっと手を離すとすぐに走り出したりします。急に走って他人にぶつかってケガをしても相手に慰謝料は請求出来ないでしょう?相手がデパートと言う事で、お考えなのだと思いますが、少なくとも請求なんて形は子供をダシにするようなものだと思います。そういう柱があるデパートも悪いけど、目を離さなければこんな事にはならなかったんだと言うことを忘れないで下さい。だからって、一日中子供から目を離さないなんて無理な話ですけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/21 11:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスピリチュアルについて

スピリチュアルブームの影響でしょうか、自称?「スピリチュアルカウンセラー」の方増えましたよね。
一昔前は占い師とか祈祷師とかもっとサブカルなイメージが強かったと思うのですが、「スピリチュアルカウンセラー」とはそういう方々とどう違うのでしょうか。
また、スピリチュアルカウンセラーはそうでない人と比べて何が優れているのでしょうか。

TVで有名になった占い師や風水師や祈祷師やスピリチュアルカウンセラーについて人間性の面でマスコミに叩かれたりしていますが、そういう噂などを耳にするとその人が提唱していることも信じられなくなってしまいます。
不平・不満・人の悪口をいつも言っていて、ネガティブなオーラだしまくりでもスピリチュアルカウンセラーになれるのでしょうか。

占いや風水は好きなのですが、「スピリチュアル」って何なのかよくわかりません。

Aベストアンサー

風水が、およそ風水とは無縁の占(せん)に至るまで勝手に「風水」を冠につければ売れるのと同じように、スピリチュアルもやたらと冠に付けられてしまって、定義とか特徴、優劣などを論ずることが出来なくなってしまっています。
元々は、医学的な仮説や物理的なアプローチと異なり、霊的な、より精神的な部分から、相談者の精神的悩みを解決したり、抑圧から開放する事を目的とされていたようです。
しかし、その過程で出てくる「オーラ」「守護霊」「先祖」「前世」などの言葉が重視され過ぎてしまい、例えば江原さんなどは次第に個人相談を減らし、全体的な、社会が持っている精神的問題の解決へと、活動の方向を変えて行きつつあります。

スピリチュアルという言葉自体「霊的な」と言う意味から、広い意味での「精神的な」と言う意味まで含まれているので、「スピリチュアルカウンセリング」と言う言葉も、今では「カウンセリング」の一手法程度の意味しか持ちません。
多くのカウンセラーは「オーラ」「守護霊」「先祖」「前世」などを以ってカウンセリングしているようですが、科学的要素を含ませようとしているのか、様々な心理学的分析や色彩などを取り入れている人も居るようです。

江原さんについて言えば、本来カウンセリングと霊媒的な、或いは除霊的な処置は分けて考えており、問題解決の一手法としてのみ除霊的なものがありましたが、相談者や取材がそちらにばかり注目する事に躊躇しているようです。その点で除霊などを主にし、カウンセリングを副にしている祈祷師や除霊師などとは一線を画しています。
つまり、どちらに重きを置くかによって区別されると考えて良いと思います。

世に名を馳せた人が過去の行為や不満を持つ人、誹謗中傷する人たちのターゲットになるのは、どの分野でもあることです。
政治家でも若い頃には違法行為をしていた人はいますし、偉人でも過去に悪名を馳せた人も居ます。政治犯、思想犯として投獄された人は数知れません。
私は過去に多くの世界を見聞きし、時に法に触れる事があっても、それを糧に立ち直った人の方が、人の裏まで良く見ることが出来る人だと思っています。逆に品行方正も度を過ぎれば世間知らずではないでしょうか。それに、特に霊的な部分で活躍する人の多くは我儘、ジコチュウであることが多いです。
ですから、あまり報道などに惑わされてしまうと見誤ってしまいます。

元々、定義もあいまいで、資格審査もない「スピリチュアル」ですから、誰であろうと、何であろうと付けようと思えば付けられます。

私は家族の事で、スピリチュアルという言葉が出る前に先祖の影響を指摘された事があります。それを調べて確認するまでに1年かかりました。でも、前世とかオーラなどは確認しようもありません。ですから「自らの考え方や生き方を変えていくためのとっかかり」程度に考えた方が良いと思います。

風水が、およそ風水とは無縁の占(せん)に至るまで勝手に「風水」を冠につければ売れるのと同じように、スピリチュアルもやたらと冠に付けられてしまって、定義とか特徴、優劣などを論ずることが出来なくなってしまっています。
元々は、医学的な仮説や物理的なアプローチと異なり、霊的な、より精神的な部分から、相談者の精神的悩みを解決したり、抑圧から開放する事を目的とされていたようです。
しかし、その過程で出てくる「オーラ」「守護霊」「先祖」「前世」などの言葉が重視され過ぎてしまい、例えば...続きを読む

Q図書館内の陳列棚をデジカメで撮ることは法律違反ですか?

図書館の陳列棚をデジカメで撮って貸し出し状況を記録したのですが、
職員からデジカメでの撮影は著作権法に違反するとして
画像の削除を求められました。
不快ではありましたが、規則とのことで渋々応じました。

写っているのは、本の背表紙ですが
図書の内容や記事を撮ったのではなく、
陳列棚状況を撮っただけで違反するものでしょうか?
背表紙にも著作権があるとか、規則ならば利用者は従うべき
と言われればそれまでですが
その図書館に関してはあまりに神経質であると感じました。
もちろん陳列を撮っても何ら構わない図書館もあります。

図書館によってそれぞれ異なり独自の規則があると思いますが、
美術館のような厳格に館内撮影を規制する例があるかどうか、
陳列棚の撮影が著作権法違反の範疇にあるかどうかについて教えてください。

Aベストアンサー

著作権情報センターのHPにて調べました。
著作権Q&Aシリーズの中の項目別の図書館に関しての項目の中に
「図書館内におけるデジカメでの撮影」
に関するものがあります。
著作権法においては、私的使用であれば、違反に該当しない旨が記載されています。
質問者さんの場合、「貸出記録を作る」ということですが、個人情報に触れるということではなく、この本棚の本がどれくらい貸出あるのか、という私的調査のように思われるので、違反には該当しないと思います。

また、このQ&Aの見解のとおり、利用された図書館の規則などで撮影禁止にしているのだと思われます。
図書館員の方の「著作権違反」という注意の仕方は問題があると思います。
また、背表紙の部分だけに著作権が働いているのではなく、表紙・裏表紙・背表紙も合わせて、イラストなどの著者がいると思いますが、全部の撮影ではないので、違反ではないでしょう。背表紙の字体に著名な方が手書きしていて「書名」に著作権がある場合は別でしょうけど。

Q小指の怪我の意味

本日すべって転倒し、お皿を割った際に、
小指の第2関節付近をガッツリざくざくに切る怪我をしてしまいました。
骨が見えて出血がひどく、意識を失ったので救急車のお世話になりました。

病院から帰ってから、小指の怪我について、スピリチュアル的な
意味やメッセージがあるのだろうかと思って調べましたら、
色々出てきました。

特に気になったのが小指は「子供・子孫」などの意味があるという事で、
いまのところ私は未婚で結婚予定もなく子供もいませんが、
そのような意味のある小指を怪我したのは、どういう意味なのでしょうか。
今後子供に恵まれないとか・・・?

創傷は左ですが、右の小指も腫れ上がっています。
(転倒時、重くて大きなお皿を数枚持っていた為?)

他にはキャリアの問題とか、「手を出すな」という意味だとか、先祖の警告とか
色々ありましたが、どのようなメッセージかお分かりになる方いらっしゃいますか?

Aベストアンサー

津波、大地震で図らずも亡くなった現実をみて、どう考えますか? 太古の昔から同じかと思います。人間は肉体と霊だとすれば、自分で察知することが自分を守るのでは?

Qホテル駐車場の柱で車に傷がつきました

出張先のホテル地下駐車場で後部バンパーを柱にこすりつけて傷がついてしまいました。

駐車場の状況は、白い枠線が左右に引いてありその真ん中に車を止めるような普通の形です。
ただ今回問題にしたいのは、その枠の中心にバックで駐車した場合、車の前方が飛び出さないよう後ろまで下がると、必ず大きく張り出した柱にぶつかってしまう位置取りになっており、現にそうなったと言う点です。

また駐車場に輪止め等は無く、柱に注意を促すような配色が施されているわけでもなく、クッションゴムが巻いてあるわけでもありません。

光が薄暗く、柱も壁もモルタル打ちっぱなし一色のためこするまで気づかなかった次第なんですが、そもそも枠の通り駐車するとぶつかってしまうような構造事態に問題があるような気がしてなりません。

ホテル側の言い分としては、駐車場内のトラブルに関しては関与できませんということですが、前提となる駐車場の構造事態に問題があるとすればその言い分は通らないような気がします。

そこで皆さんに質問なんですが、このようなケースでホテルに法的な責任を問うことは可能でしょうか?実際に訴訟などするほどのことも無いと思いますし、そのつもりも無いんですが、もしホテル側に法的な責任が生じる可能性があるのなら修理代の補償などの交渉もしてみようと思います。

現在、責任者を名乗る係員さんがホテルとしてではなく「個人的に」と前置きし、詫び代の入った封筒を差し出されましたが、それは丁重に辞退させていただいたような状況です。

出張先のホテル地下駐車場で後部バンパーを柱にこすりつけて傷がついてしまいました。

駐車場の状況は、白い枠線が左右に引いてありその真ん中に車を止めるような普通の形です。
ただ今回問題にしたいのは、その枠の中心にバックで駐車した場合、車の前方が飛び出さないよう後ろまで下がると、必ず大きく張り出した柱にぶつかってしまう位置取りになっており、現にそうなったと言う点です。

また駐車場に輪止め等は無く、柱に注意を促すような配色が施されているわけでもなく、クッションゴムが巻いてある...続きを読む

Aベストアンサー

ホテルの回答は、多分ですが修理費は出さないとなっていると思います。
私は、コンビニチェーンのネゴシエーターをしていますが、同じ様なケースを体験しています。
しかし、柱があると言うのは、安全確認を運転手がしていれば、容易に発見できると思います。
車内で、目視確認をするのは当然ですが、屋内型駐車場には、構造上で柱がある場合が多々あります。
慣れない駐車場の場合、柱を回避する為の注意を運転手がしていたか?と言うのが結論になります。
柱が倒れた等なら、ホテル側には保障する義務はありますが、今回のケースの場合は、相談者の安全確認が不完全な為となるでしょう。
他にも、相談者の様にぶつけて破損している人が多々居て、ホテルを連名で裁判所に提訴しても、難しい面もあります。

確かに、相談者の納得出来ない気持ちも、凄く理解できます。
しかし、暗闇でバックして電柱にぶつけて、電力会社に損害賠償を請求しますか?
それと同じで、運転手の責任になってしまいます。
又、後部座席の窓やリアにフィルムを貼っていた場合には、当然後部は見えない状態になっています。
相談者の車には、フィルムを貼っていませんか?

本気で、ホテルを裁判所に訴えるなら、弁護士費用等で赤字になる覚悟で、腹をくくって下さい。

ホテルの回答は、多分ですが修理費は出さないとなっていると思います。
私は、コンビニチェーンのネゴシエーターをしていますが、同じ様なケースを体験しています。
しかし、柱があると言うのは、安全確認を運転手がしていれば、容易に発見できると思います。
車内で、目視確認をするのは当然ですが、屋内型駐車場には、構造上で柱がある場合が多々あります。
慣れない駐車場の場合、柱を回避する為の注意を運転手がしていたか?と言うのが結論になります。
柱が倒れた等なら、ホテル側には保障する義務はあ...続きを読む

Qスピリチュアル

スピリチュアル
最近、スピリチュアルに興味があり、それ関連の質問やサイトを見ています。が、否定的な意見も多く、しかももっともらしい事も書いてあるので、スピリチュアルが本当なのかどうかわからなくなります。私はそういうものはあると思っているのですが、その存在を確信できるようなスピリチュアル的な何かや不思議な力を体験する方法はないでしょうか?スピリチュアルではないですが、気功を「手のひらで感じる」というのはいまいち分かりませんでした。

Aベストアンサー

私はスピリチュアルを信じています。
ですが、否定論者が言っていることもわかります。その理由は、本当のスピリチュアルは極一部で、言われている殆どのことに疑問を感じているからです。その疑問を言っている当人に聞くと答えられず、逆ギレする人もいます。そういう人と出会うと「スピリチュアルって何だったかな?」と思います。

 また、上から目線の人もありえないと思います。
スピリチュアルは精神の学びも含みますから、そういう目線でいること自体がありえないんです。
 そういうことに対して、否定的な意見を言う方が多いんだと思いますよ。中にはスピリチュアルには非常識も含まれて当たり前と思っているかのような発言をする人もいますので。

 不思議な体験をする方法は、特にはありません。
「これをすると良い」と言ってしまうと、体験したいという強い思いがある人には「思い込み」になってしまうために断言は難しいです。

Q町の電信柱や消火栓表示の柱などに広告や表示をするために・・・

タイトルのとおりです。

広告や何かの表示を掲示するにあたって、
許可が必要なんでしょうか?

道路でしたら、警察に道路使用許可を得るのは
知っていますが、これらもやはり警察でしょうか?

または、持ち主?
電力会社や消防署などに許可を得るのでしょうか?

ご存知の方、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

消火栓については門外漢ですが、電柱についての情報です。
一般的に電柱は電力線だけなら電力会社、電話線だけなら電話会社(NTT)ですが、電話線と電力線が一緒に乗っている電柱には、電力会社のものと電話会社のものがあります。見分け方は地域によって違うと思いますので、とりあえず電力会社に問い合わせてみてください。違っていれば「電話会社の柱です」と教えてくれます。

肝心の広告ですが、電力会社も電話会社もそれぞれ電柱広告を扱う傍系会社があり、「屋外広告物」に関する官庁への届けは代行してくれます。その手続きに要する費用は、広告料と併せてお客様に請求されます。料金は地域によって違いますが、少なくとも年間数千円は必要と思います。
この電柱広告の会社はタウンページなどでも探せますが、電力会社や電話会社の窓口でも紹介してくれます。

Q今話題の「スピリチュアルの世界」についてどう捉えてますか?

私はここ数年精神的な世界、スピリチュアルな世界にはまりこんでました。あらゆる本やテレビなど見てきました。

・・・しかし、苦しい。縛られすぎて苦しいのです。

「感謝の気持ちで」「愚痴や不満はいけません」「人のために生きなさい」「やさしい気持ちでいないと自分に返ってくる」などなど。

正直、そこまで精神的なみえないなにかを気にすることに疲れてきました。で、なかなか実践できませんし、良い方向に人生も好転しないですし、ここらでもうスピリチュアルとは距離を置いてみようかなと考えております。こういうことを思うと、精神的な世界のなにかが「スピリチュアルを無視するとは許さん!」ってことで、なにかひどいめに合わされるような気もしますが、そこまでスピリチュアルに縛られてます。

私自身の結論としては、
神頼み・スピリチュアル知識に依存するのではなく、
みえないなにかに期待するのではなく、
自分の努力こそ人生が救われる気がするのですが・・・。

いまやあそこまでスピリチュアルブーム。
みえないなにかが作用して、自分を束縛してる気がして正直重いですわ。人間なんでときには愚痴もいいたくなりますし、人をにくんだりもします。それすらいけないこと=人には常にいい気持ちでいなさい、みたいな義務感がすでに苦痛。なぜならそれができてない自分を「だめなやつだ、人にやさしくできてないなんて。あの人を悪く思ってしまった」って思うからです。

質問ですが、スピリチュアルなことについてどう思いますか?
私はそういう世界があるとはまあ思いますが、縛られすぎる必要はないと思います。3パーセントくらい心にとめておくのが程よいかと思いました。今までは生活上の80パーセントはスピリチュアルを気にしてましたからです。皆様のご意見お聞かせください。お願いします。

私はここ数年精神的な世界、スピリチュアルな世界にはまりこんでました。あらゆる本やテレビなど見てきました。

・・・しかし、苦しい。縛られすぎて苦しいのです。

「感謝の気持ちで」「愚痴や不満はいけません」「人のために生きなさい」「やさしい気持ちでいないと自分に返ってくる」などなど。

正直、そこまで精神的なみえないなにかを気にすることに疲れてきました。で、なかなか実践できませんし、良い方向に人生も好転しないですし、ここらでもうスピリチュアルとは距離を置いてみようかなと考え...続きを読む

Aベストアンサー

いわゆるスピリチュアルなことを説明している人は多いですが、なかには宗教的に戒律のように縛ろうとする人も居ます。まずはそれらを捨てましょう。
鉄の戒律の如く主張するような人は参考にする価値もありません。

スピリチュアルといっても、基本的には「信頼を裏切れば、ヒトから信頼されなくなる」とか「人に迷惑をかけるな」といった至極当然の事しか言っていません。
だから、普通に生きていればそれで良いのです。たまに愚痴ったとしても、それで気が晴れて、新しい自分の元気が取り戻せればそれで良いことです。貴方も周囲に愚痴ばかり言ってる人が居れば「いい加減にしてくれ」と言いたくなる筈で、単に「愚痴る為の愚痴」が良くないと言ってるだけです。
スピリチュアルを、そんな鉄の戒律に感じるなら、さっさと捨てた方が良いですし、そんな鉄の戒律を基準にする人が周囲に居たら、貴方ならずとも嫌がられるはずですから、さっさと遠ざけましょう。

人はあくまで善悪二つの心を持っているからこそ人間なのですから。
赦す心と謝る勇気さえ「持とうとする気持ち」があれば十分です。

Q交通事故による傷の立証責任

お世話になります。

一時停止線があるT字路で事故を起こしました。
私は、直進側の道路、相手は、一時停止線がある道路です。
保険会社との交渉は、9.5(相手)対0.5(私)の割合になりそうなのですが、そこで質問させてください。

事故をした、私の車に傷ができたのですが、相手の保険会社から「一部今回の事故でできた傷でないものがある。これは、この事故の修理対象にならない」といわれました。
質問1
この傷の立証責任はどちらにあるのでしょうか?
私が、今回の傷がこの事故でできたことを証明しないといけないのでしょうか?
それとも、相手が、今回の事故で、できていないことを証明しないといけないのでしょうか?
質問2
質問1でもし私が証明しないといけない場合、半月ほど前に車屋の点検に行っており、そのときに傷がないことはわかっているのですが、それは証明になるのでしょうか?

以上よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 質問1
前提条件を確認しますが、警察を呼んで現場検証をしてもらいましたよね?
その時の警察記録が証左になります。
もし警察の立ち会いがなかったとしたら、立証責任は貴方にあります。

> 質問2
> 質問1でもし私が証明しないといけない場合
相手側から、半月前から事故直前までに自損で付けた傷だといわれれば、反論できません。

Qスピリチュアルという妄言

スピリチュアルという妄言

スピリチュアル・スピリチュアリズムという妄言・虚言を信じている人たちはどうしてそう思うのですか?

根拠を示してお答えください。

Aベストアンサー

>>つまり根拠なしの妄想という認識でいいということですね

別にどう思われようが構いませんよ。
所詮、使い捨てハンドルで、書き捨てのサイバースペースですからね(笑)

私はこれを広めて、利益を得る者でもないし、むしろ秘匿するほうが都合がいいわけで
つまらない功名心も自己顕示欲もありませんから。
知識欲と現世利益には関心があるかもね

こういう研究を本気でやってる人たちは、在野にも、日本のアカデミズムの世界にもいて、さまざまな情報やツールがもたらされることがあります
無理の無い範囲で、試してみて有用と思えるならば、しばらく続けてみるのも良しです
どんな利益がもたらされるか、想像力を働かせて応用してみるのも一つの方法です

日本では現象の有無の確認と解明に力が注がれる傾向ですが、欧米では少しでも得られた情報を生かして、ビジネスに、軍事に、医療に利用できないかと試行されています
著名なビジネスマン、投資家、研究者の公演のポイントには、ある共通点があります
それは、最後の一線は、インスピレーションだということ。
この辺りの話になってくると、やや科学的常識思考から少々逸脱することもあります

これを得る機会を増やすにはどうしたらいいか?この点に集約されます
強いストレス状態から搾り出す(捻り出す)というのが昔の日本の考えですが、リラクゼーションからもたらされるものかもしれません。
勘のよい方は、もう言わんとすることが見えてくるでしょうが、この辺りから少々スピリチュアル臭くなってきます
合理的な欧米人は、薬や道具、トレーニングでその域に近づこうという方も出てきます
脳科学はこの点にも強い関心があり、ほぼ脳のどの部位が関係しているか見当をつけてます

チラッと匂わせるならここまでで十分でしょう

個人の利益の得方にはいろいろ手があるものですよ。
中国人は日本人と違い、大胆な思考をします。彼らと共同開発された製品群をみても驚くばかり
日本ではとても考えつかなかった方法で時速500km以上の高速鉄道を造ろうという案も出てましたね
彼らの最近の言動(尖閣関連も含めて)やビジネスでの手強さは、日常的に感じます
ビジネスの現場で彼らと直面するからです
日本的に小さく縮こまった発想からは、妙手が生まれませんよ
柔軟思考が重要です。
特に私の場合先端ビジネスなもので、過去の常識が通用しない現場ですから

>>つまり根拠なしの妄想という認識でいいということですね

別にどう思われようが構いませんよ。
所詮、使い捨てハンドルで、書き捨てのサイバースペースですからね(笑)

私はこれを広めて、利益を得る者でもないし、むしろ秘匿するほうが都合がいいわけで
つまらない功名心も自己顕示欲もありませんから。
知識欲と現世利益には関心があるかもね

こういう研究を本気でやってる人たちは、在野にも、日本のアカデミズムの世界にもいて、さまざまな情報やツールがもたらされることがあります
無理の無い範囲で...続きを読む

Q店舗駐車場の店舗側の管理者責任について

店舗駐車場の店舗側の管理者責任について

はじめまして。私 田舎で小さな雑貨屋を経営している者です。
また自分の店の駐車場にて嫌な事件があったので法律に詳しい方教えてください。

店舗の駐車場として借りている土地でお客様の車のフロントガラスを割られました。
ちょうどその車の近くに夜間の無断駐車を防ぐためのチェーンと夜間チェーンが見えるように立てるコーンとそのコーンが動かないようにする鉄の重しがたまたま置いてあり、お客様は「その鉄の重しやチェーンを使って割られた。それを管理していない店舗に責任がある。弁償してくれ」と一点張りです。

ただそのチェーンや重しで割られた証拠もありません。(お客様が言うには車には鉄の重しのかけらがあるとのことでしたが・・・)

もちろん駐車場には「駐車場で起きた事故につきましては一切責任を負いません」と看板に書いてあります。

このような場合 店舗駐車場の店舗側の管理者責任は問われるのでしょうか?

Aベストアンサー

 結論は店舗側に責任はないでいいのですが。

 まず、駐車場に「駐車場で起きた事故につきましては一切責任を負いません」と書いたところで何の法的根拠はありません。それが認められるなら、過払い返還請求というのも、あの当時多くの貸金業者が利息制限法に違反した利率を看板や広告に書いていましたから、未だに利用者は高利で苦しんだままということになります。
 例えば、駐車場の塀が古くて崩壊して車に傷をつけてしまった場合には当然賠償責任が発生します。
 
 誰かが駐車場に無断で入ってきて置いてある器物で車を壊すなんてことは想定外だから責任はない。というのも実は無理な話しで、駐車場を運営しているなら、車上荒らしという犯罪がどれだけ多いかを知っているはずで、当然第三者が侵入し、車のガラスを割ることは予想できるとされるだけです。
 
 今回の正しい論理は、お客様と店舗間の契約は何かということです。商法594条1項の寄託であればこれは賠償責任が生じます。これは、ちゃんと管理しますよ、事故があった場合は責任負いますよ。といった契約です。具体的にはホテルのフロントが貴重品を預かるといった行為が該当します。この場合、看板に何を書こうとも、店舗側がそれが不可抗力によったことを証明しなければ損害賠償責任を免れることはできません。
 店舗が来客用に無料で駐車場を用意し、車をそこに無料で駐車することを許可するのは民法593条の使用貸借と考えられます。つまり、店舗側は車を駐車するスペースを提供するといっただけの契約ですので、その鉄の重しやチェーンを使って割られたのであっても、契約に重大な過失があったとは言い切れず、従って弁償する義務もありません。

 結論は店舗側に責任はないでいいのですが。

 まず、駐車場に「駐車場で起きた事故につきましては一切責任を負いません」と書いたところで何の法的根拠はありません。それが認められるなら、過払い返還請求というのも、あの当時多くの貸金業者が利息制限法に違反した利率を看板や広告に書いていましたから、未だに利用者は高利で苦しんだままということになります。
 例えば、駐車場の塀が古くて崩壊して車に傷をつけてしまった場合には当然賠償責任が発生します。
 
 誰かが駐車場に無断で入ってきて...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報