「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

こんにちは。
雪国に住む人なら一度は体験するとおもいますが、雪が降った朝はなんだかすごく静かじゃないですか?
雪がなにか防音の効果をなしているからだと思うんですが、これについて、科学的に教えてください。

うーん…このせいで寝坊することもよくあります。

A 回答 (3件)

積雪による吸音効果は、雪質により吸音率が変わりますので、具体的なデーターはネットで検索して調べてください。



この吸音効果のほかに、動作をする物体の絶対量が減少することも影響します。
すなわち、普段音を発生している生物が動きを鈍らせるからです。(この中には人間の自動車に乗るなどの活動も含む)

また、音を発生する物体に雪が付着することにより、音の発生そのものを抑制する効果もあります。

以上三項目の相乗効果と考えてよいのではないでしょうか。

これとは別に雪が降ると空気中の塵を除去するので、空気が澄み渡り音の抜けが良くなります。
静かになったこととの相乗効果で遠くの音までも聞こえるように鳴るでしょう?

参考になれば幸いです。
    • good
    • 1

雪が吸音材の役目をしているので静かになります。


新雪でさらさらしていて量が多いほど効果が有るようです。
    • good
    • 0

積もった雪が音を吸収するのだと思います。

スポンジの壁で囲まれた部屋のようなもので、音を反射させないので静かになるのだと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q雪が降った方が暖かいのはなぜ?

「雪が降った方が(体感温度は)暖かい」という話を耳にしますが
なぜ暖かいと感じるのでしょうか?
もしくは、それは勘違いなのでしょうか?
ご存知の方いらっしゃいましたらご教授下さい。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

勘違いではありません。科学的には
・水蒸気(水)が雪(氷)になるには熱エネルギーを放出します。その分周辺の温度が高くなります。北国では昔から雪が降る夜は暖かいと言います。

・他方雪が溶けて水になるためには熱エネルギーを吸収しますからその分周辺の温度は低くなります。


人気Q&Aランキング