天文学初心者のものです。オリオン座の真ん中の三つの星は地平線に出てくるときは地平線と垂直、地平線に消えるときは水平線と(約)水平に消えるというところなんですけど、オリオン座は太陽の秋分の日と同じような動きをして約180度(12時間で)空を回転するのが観察できるんですよね。地平線から出てくるとき多少斜めになっていて正確には垂直ではないということを差し置いても180度の回転であれば垂直から平行にというのは変な気がするんです。180度回転なら垂直から垂直となるところではないでしょうか。いろいろオリオン座の回転している図に定規や分度器を当てても分かりません。オリオン座の回転軸がどこなのかも良く分からず(地平線の下?)、そのせいかとも思います。よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

#2,5,7です。



>1)と2)はおなじことですよね。

はい。

>誤解はしてませんよね。

されていないと思います。(三つ星を結ぶ線分の方向は実際には赤道が伸びる方向からけっこう傾いていますが、東と西での方向の差は両者で同じです。)

なお、#8さんが紹介されたアニメでは、オリオン座が真南の地平線のわずかに下の点を中心にして同心円上を動くように描かれていますが、それはよくないですね。そんなことをすると、星は地平線に対してほぼ垂直に昇降することになってしまいます。また、真南と真東(真西)の間の角距離は90度ですが、真南とその真上に来たオリオンの三つ星(の右端の星=ほぼ天の赤道上にある)の間の角距離は 90度-緯度(東京)≒54度 で、両者は異なります。当然、三つ星を結ぶ線分の方向が変化する様子も不正確になります。星の動きを平面に投影するのは難しいことなのでしょうが、例えばパノラマ写真のように表現すればもっと見た目に近い図が得られるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。お力をお借りして何とか理解しました。またこれからもよろしくおねがいします。

お礼日時:2008/09/29 13:35

いい物見つけてきたよ。



http://kids.gakken.co.jp/campus/academy/jisaku/c …

スタートさせてみよう!^^

そろそろ頼むからオリオン座
固定して地表回してや。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。ご紹介のもの私も見ていました。そろそろ理解したようです。

お礼日時:2008/09/29 13:28

#2,5です。


今度の二つの例では、三つ星を結ぶ線分は昇るときは水平線に対してほぼ垂直であり、沈む時は右下へ20度ほど傾いていますね。角度の差は110度ほどで、#2の予想に合っているように思います。

>天球が半球状でそれを紙に書くと楕円になる?のとは、私の質問は関係ないんですよね。

そう思います。それは南の空での軌道の問題ですから。

>リゲルだけを見ていても180度回転してるように見えるんですけどね。

星ひとつだけでは方向を定義できませんね。リゲルと三つ星のどれかを結ぶ線分の方向の変化を見られたらどうでしょう。

>まだ緯度のところを考えてます。

天の赤道上に、赤道に沿う小さな矢印を考えて、それが日周運動でどう動くかを見られるとよいかもしれません。その矢印は、東では右斜め上を向いて上り、西では右斜め下を向いて沈みます。いずれも、水平線となす角度は 90度 - 緯度 です。そして次に、その矢印と少し方向の違う矢印(三つ星の方向を表すもの)がどう動くかをみられたらどうでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

1)北緯 a 度の地点で天の赤道 E を見ると、E は東の地平線と角 (90 - a) 度をなして交わります。西の地平線と交わる角度も同じですが、上下が逆になるので、E の線の方向は 2(90 - a) = 180 - 2a 度異なっているように見えます。東京では a ≒ 36 で、約 108 度になります。

北極星の高度=観測地点の緯度。天球の星の回転円盤は、観測点と北極星を結ぶ軸と垂直に交わるためE は東の地平線と角 (90 - a) 度をなすのですね。そして2(90 - a)というのが難しかったですがやっと分かりました。

2)その矢印は、東では右斜め上を向いて上り、西では右斜め下を向いて沈みます。いずれも、水平線となす角度は 90度 - 緯度 です。

1)と2)はおなじことですよね。
NO6さんと同じことを思いついたと書きましたが正確にはNO7さんと同じことをかんがえていたようです。つまり、>天の赤道上に、赤道に沿う小さな矢印を考えて、それが日周運動でどう動くかを見る>というやつで赤道に沿った三つの星というのを想定してみました。
東京だと90-36=54度で、54×2で108どですね。
大体分かりましたし誤解はしてませんよね。

付け加えると春分の日とおなじ動きなので地球の傾きは考えないでいいのだと思います。夏至と同じ動きをする星だと90-緯度+23.4度みたいになってややこしくなり、せっかくすっきりしたところなのでこの辺でやめとこうと思いますけど。

お礼日時:2008/09/28 23:09

No4です。


改めて考えてみると先ほどの回答は完全に間違っていました。すいませんが忘れてください。
新しい説明を考えました。

球を考えてください。天球です。
その球に串を突き刺します。自転軸です。
串を水平に持ちます。
日本の緯度に合わせるために串を35°ほど傾けます。
これで、天球の真ん中に地球を置くと日本が真上に来る状態です。
その状態で、天球の手前側に、地平線に相当する水平の線分を引きます。
この線は赤経線から35°傾いています。
そうしたら軸を持って天球を半周だけ回します。
35°傾いた線は今度は逆方向に35°傾き、地平線とのなす角は70°になっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね!今日コーヒーを飲みながら考えていて同じことをひらめきまして、今新しいご回答を見ています。

>そうしたら軸を持って天球を半周だけ回します。
35°傾いた線は今度は逆方向に35°傾き、地平線とのなす角は70°になっています。

こちらと、ご回答の

>オリオン座の三つの星を結ぶ線分 L と天の赤道 E がなす角度は、地球の自転に伴って三つの星の方向が変化しても変わらない。東と西での L の方向の差は E のそれと同じで 180 - 2a 度です。東京では a ≒ 36 で、約 108 度。この角度は直角に近いので、東の地平線ではほぼ鉛直に見える三つの星が、西の地平線ではほぼ水平に見える。

は同じことでしょうか。
実験もいいと思うんですが頭の中で星をぐるぐる回すのも面白いですね。今回は図を書いています。

お礼日時:2008/09/28 21:41

#2です。



>このビデオ

見ましたが、三つ星の並ぶ方向が東と西の地平線でほぼ180度変化しているではありませんか(質問文に書かれた予想のとおり)!また、星は地平線に垂直に出入りしているように見えます。後者が前者の原因ではないかと思いますが、いずれも私には理解できないことがらです。

>これが分からないと自分の質問も理解できないでしょうか。

あの質問は星の軌道に関するものですから、回転軸(回転中心)に関する部分だけ参考にされたらよいのではないでしょうか。

ついでですが、#1さんの

>北極星は日本では真北方向、地平線から55°程度の高さにありますが

の 55°は 35°ですね。

この回答への補足

ご紹介したビデオは大げさなのかもしれませんね。こちらは実物みたいですが、実際にも水平線に消えるときはある程度傾いて消えるので水平とはいかないんですねhttp://contents.kids.yahoo.co.jp/studystreaming/ …

天球が半球状でそれを紙に書くと楕円になる?のとは、私の質問は関係ないんですよね。こちらでは天球を世界地図のように線を入れて書いてあるんですけど。これでも私には例えばリゲルだけを見ていても180度回転してるように見えるんですけどね。
http://www.dainippon-tosho.co.jp/star/special/vi …

頭固くてすいません。まだ緯度のところを考えてます。

補足日時:2008/09/28 14:54
    • good
    • 0

天の北極にある北極星は天球が360°一回転する間常に見えます。


少し南に下がって北斗七星やカシオペア座も360°見えます。
仮にあれば南極星は常に見えません。
少し北上して南十字星も見えません。
その間に180°の間見える星や270°の間見える星もあって、オリオン座は90°の間見える星なわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

その間に180°の間見える星や270°の間見える星もあって、オリオン座は90°の間見える星なわけです。

まさにおっしゃるとおりですが、その理論で行くとオリオン座は太陽の春分の人同じ、真西から真東までの間の動きなので180度になるのではないでしょうか。
ほかの回答者様のおっしゃる緯度のせいか、あるいは天球を平面にしたせいだと思うのですが。緯度の影響を今考えております。

お礼日時:2008/09/28 14:40

北極星にひもぶら下げて回してみるといいよ。



実験あるのみ。
おやすみ。 O(^_^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、実験は大事です。この問題は天球は半球状なのに、紙に書くと平面になることに関係があるようにも思います。

お礼日時:2008/09/28 14:15

オリオン座の三つの星は天の赤道(赤道の真上の方向)の近くにあります。

北緯 a 度の地点で天の赤道 E を見ると、E は東の地平線と角 (90 - a) 度をなして交わります。西の地平線と交わる角度も同じですが、上下が逆になるので、E の線の方向は 2(90 - a) = 180 - 2a 度異なっているように見えます。

オリオン座の三つの星を結ぶ線分 L と天の赤道 E がなす角度は、地球の自転に伴って三つの星の方向が変化しても変わりません。ですから、東と西での L の方向の差は E のそれと同じで 180 - 2a 度です。東京では a ≒ 36 で、約 108 度になります。この角度は直角に近いので、東の地平線ではほぼ鉛直に見える三つの星が、西の地平線ではほぼ水平に見えるのだと思います。違っていたらごめんなさい。

この回答への補足

詳しい解説ありがとうございます。かかれたことを図にして考えてみたいです。
http://www.cabinet-cbc.ed.jp/db/e_content/2004/1 …
こちらをごらんください。このビデオはコマ送りできるようになっているので水平線ぎりぎりに上がってくるところ、消えるところの三つの星の作る直線と地平線が作る角度が分かります。地平線から上るとき左斜め80度ぐらいで上がって、左斜め45度ぐらいで地平線から消えてます。垂直に上がって平行に消えるというのとはずいぶん違ってると思われませんか。
http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa1334479.html
いまこれを見ていますが難しいです。これが分からないと自分の質問も理解できないでしょうか。南の空の星の動きを図示するときは、回転の中心となる点の位置は地平線より下にすべきということになると、南極星というものを仮に設定して考えるべきのような気がします。オリオン座を見るときは南を向いてみるんですよね。

補足日時:2008/09/27 22:51
    • good
    • 0

オリオン座に限らず、空の星(太陽・月を含めて)、の回転軸は地球の地軸ですから、空では北極星を中心として回転しているのです。


北極星は日本では真北方向、地平線から55°程度の高さにありますが、これを中心として考えると真東(オリオン座の出る方向)と真西(オリオン座の沈む方向)は、ほぼ90°の開きがあることがわかります。そのため、オリオン座は出るときと沈む時とでは90°角度が異なるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>真東(オリオン座の出る方向)と真西(オリオン座の沈む方向)は、ほぼ90°の開きがあることがわかります。そのため、オリオン座は出るときと沈む時とでは90°角度が異なるのです。

難しいですね。オリオン座の動きの図を見ると約180度動いているようですが、それとは違う話なんですね。ご回答の内容を図を描いて考えてみようと思うのですが、できるのやらできないのやら。天文学は図を描けば分かりやすいのでしょうが、このサイトではそれができなくて、それにもかかわらずご回答頂きありがとうございます。

お礼日時:2008/09/27 21:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオリオン座について

オリオン座についての質問です。
メル友さんに、北海道に住んでいる方がいまして、北海道では今、オリオン座が見れるそうです。
北と南とでは、オリオン座が見れる月はちがうのですか?
ちがうとしたら、南の島では、九州、沖縄ではいつ見れるのですか?
空を見て星がきれいと思う事はあります、でもどれがオリオン座なのか、はっきりわからないんですけど、これを期会に探してみようと思っています。
教えて下さい。
よろしくお願いします。m(_)m

Aベストアンサー

日本全国、オリオン座の見える時期は同じですよ(^^)。
その北海道のメル友さんは、きっと夜遅くまで起きている(または朝早く起きる)方なんでしょう。

今の時期なら、夜中の0時ごろ、東の空の低いところを見てみてください。
キレイに縦に並んだ3つの星が東から昇って来てます。それがオリオンのベルトです。全体像を見るなら、朝早起きして5時ごろ南の空を見ると、ちょうど真南辺りに特徴的なオリオン座の形を見ることができます。一度見たら忘れませんよ(^^)。

以下に参考URLをつけておきます。トップページの「冬」をクリックすると、オリオン座とその近くの星座の説明に行けます。形を予習してからみれば、きっと見つかりますよ。ぜひトライしてみてください。

参考URL:http://village.infoweb.ne.jp/%7Enoriyuki/index.htm

Qオリオン座の左にあるピンク色の星

-- これは何という星でしょうか?

ご存知の方教えてください。
(私は星座の知識がほとんどなく、オリオン座しか知らなくてお恥ずかしい限りですが・・・)

Aベストアンサー

いつ来るのかなー。こう思っていました。^^

ようやくこの質問が来ましたね。^_^

見づらいですが、オリオンの左(北)にある明るい星は火星です。
上が北(オリオンの左)
http://contents.kids.yahoo.co.jp/hoshizora/monthly/200712.html

2007年12月1日は、近い方なのですが残念ながら大接近ではないです(上の部分)
http://www.astro.sendai-c.ed.jp/photo/planet/mars/07mars/07index_mar.html

天体望遠鏡では、10センチ以上でないと縞模様は見えません。
6センチや8センチの屈折では難しい対象です。
(最低でも20センチは欲しいです)

Qオリオン座でしょうか?

現在、窓から西南ぐらいの方向にオリオン座かな!?
と思える星座を発見しました。

ちなみに住まいは栃木です。

オリオン座の可能性はあるでしょうか。

Aベストアンサー

可能性大です。
オリオン座は冬の代表的な星座で、
1.日本において真南の空の一番高い位置に上るのは2月8日ごろでほぼ20時です。
2.星座は1時間に15度動きます(360度÷24時間=15度/時間)
3.同一時間に観測するとして、星座は1か月に30度移動します(360度÷12か月=30度/月)
この3つを頭に置いてください。

質問者様がオリオン座らしい星座を見たのが1月27日0時半。これは1月26日の夜と考えてください。

1月26日20時のオリオン座の位置は、2月8日の14日前なのでほぼ半月前として、
南より約15度東に寄ります。(前出1と3)

質問者様が観測したのはそれから4時間半後なので、
20時の時点より約67度西に移動します(前出2、4.5時間×15度)

以上のことから、
質問者様が観測した時間にはオリオン座は南から約52度西に進む訳で(67度-15度=52度)
質問者様がおっしゃるとおり、ほぼ西南の位置にオリオン座があることになります。

Qオリオン座の三つ星

オリオン座の三つ星は地球から見るとすごく近い同士に見えますが 実際は何光年ぐらいはなれてますか?

Aベストアンサー

横レスですが
地球から見て3つ近くに並んでいるということは、地球との距離の差がそれぞれの星同士の距離ということになります。

アルニラム1,300~1,500光年
アルニタク800光年
ベラトリックス240光年

せっかくNo.1の方が教えてくれたので、それぞれ差っ引けば出てきます。

Q太陽とオリオン座の南中高度について

1.太陽の南中高度は緯度と季節によって影響を受ける。
⇒冬至なら90度-緯度-23.4度。夏至なら90度-緯度+23.4度。

2.オリオン座の南中高度は緯度のみに依存し、季節の影響はほとんどない。
Stella Theater Liteという天体観測ソフトでみると
⇒冬至の深夜24:00のオリオン座の位置≒夏至の正午00:00のオリオン座の位置

「両者とも非常に遠いところにあって平行光線が地球上に投影されているとみなしてよい。」と、こどもの教科書にはかいてあるのに、その挙動に違いがあるのはなぜ?

「オリオン座のほうが、太陽よりもはるかに遠いからだよ」みたいに子供には説明したんだけど自信はさっぱりありません。


この方面に詳しいかた、よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

地球から見る天体の位置は赤緯・赤経で表わします。 (地球の赤道と子午線を延長して描いた天の赤道と天の子午線を基準にして天体の位置を緯度・経度で表したもの。) 

恒星は距離があるために位置は一年を通してほとんど変化しませんが、太陽・月・惑星は近いので地球からの見かけの位置(赤経、赤緯)の変化が大きいわけです。

天体の南中高度は 90-(l ± d)で計算できます。 (天体南中時の子午線面図を見れば明白)
lは観測緯度、 dは赤緯、 ±は観測位置と太陽の位置によります。 観測位置、天体の位置共北緯(又は南緯)にあれば-、異なれば+となります。

したがって北緯45度の地点における
冬至は太陽が南回帰線上にあり、赤緯が南緯23.5度となりますので、
太陽高度は 90-(45+23.5)となり21.5度となり、夏至の太陽高度は 90-(45-23.5)となり68.5度
となります。

星はこのlの値が変化しないために南中高度はほとんど変わりません。

太陽の南中時間は地球の公転軌道が真円でないためにずれます。星も公転によって毎日星との相対位置が変わってしまうので南中時間は毎日僅かずれて行きます。 そのため季節によって見える星が変わって行くことになります。

したがって子供さんへの説明はそれでいいのではないでしょうか。 

地球から見る天体の位置は赤緯・赤経で表わします。 (地球の赤道と子午線を延長して描いた天の赤道と天の子午線を基準にして天体の位置を緯度・経度で表したもの。) 

恒星は距離があるために位置は一年を通してほとんど変化しませんが、太陽・月・惑星は近いので地球からの見かけの位置(赤経、赤緯)の変化が大きいわけです。

天体の南中高度は 90-(l ± d)で計算できます。 (天体南中時の子午線面図を見れば明白)
lは観測緯度、 dは赤緯、 ±は観測位置と太陽の位置によります。 観測位置、天...続きを読む

Qオリオン座の左上の明るい星の名前

この頃星がきれいですが、冬の星座の代表オリオンの左上方向にすごく明るい星があります。あれはなんという星でしょうか(質問の1)。最初は、オオイヌ座のシリウスが全天で一番明るいというのでそれだろうと思っていたのですが、星の本などで見ると、シリウスはオリオンから見て左下で、違うように思えます。左上にあるのは同じ本によれば、小犬座のプロキオンですが、これはそんなに明るいわけはないとも思います。
 また左下に位置するシリウスらしき星も、そんなに明るくは見えないのですが、どういうことなのでしょう(質問の2)。
 星の本はたくさんあるようですが、必ずしも見た目と比べてわかりやすいものだけではありません。その点でいい本、図鑑の類をご存知ならそれも教えてください(質問の3)。

Aベストアンサー

(質問1) それは木星です。全天で一番明るく見えるシリウス(-1.5等級)をはるかに圧倒する輝きをはなっています。木星はいまは-3等級近くあると思います。今年は冬の星座の中に入り込んでいるので,ある程度,冬の星座について知っている人を混乱させてしまいます。木星は12年で太陽の周りを一周するので,毎年違った誕生日の星座で輝きます。いまはふたご座。来年は,左手にあるかに座で輝くはずです。昨年はおうし座で輝いていました。
(質問2)それは何時ごろの話でしょか。もし夜の8時,9時あたりだと,まだ,地平線にちかく,人間の目に輝きが到達するまでたくさんの大気を通るため,あまり輝かないのです。しかし,夜中0時くらいになると,通過する大気も少なく,燦然と輝いているはずです。さすがのシリウスも,時間がはやい地平線そばにあるときは,その輝きも半減しているのです。
(質問3)やはり藤井さんの本が一番わかりやすいと思います。本はたくさんありすぎて,もう少し読む人の情報がないとアドバイスはできないと思います。でもなによりも星のことを知ってる人と,一緒に本物の星を見に行くことが一番です。いろいろと教えてくれて,夜の時間などあっという間に過ぎてしまうと思います。

(質問1) それは木星です。全天で一番明るく見えるシリウス(-1.5等級)をはるかに圧倒する輝きをはなっています。木星はいまは-3等級近くあると思います。今年は冬の星座の中に入り込んでいるので,ある程度,冬の星座について知っている人を混乱させてしまいます。木星は12年で太陽の周りを一周するので,毎年違った誕生日の星座で輝きます。いまはふたご座。来年は,左手にあるかに座で輝くはずです。昨年はおうし座で輝いていました。
(質問2)それは何時ごろの話でしょか。もし夜の8時,9時...続きを読む

Qオリオン座について

天文学初心者のものです。オリオン座の真ん中の三つの星は地平線に出てくるときは地平線と垂直、地平線に消えるときは水平線と(約)水平に消えるというところなんですけど、オリオン座は太陽の秋分の日と同じような動きをして約180度(12時間で)空を回転するのが観察できるんですよね。地平線から出てくるとき多少斜めになっていて正確には垂直ではないということを差し置いても180度の回転であれば垂直から平行にというのは変な気がするんです。180度回転なら垂直から垂直となるところではないでしょうか。いろいろオリオン座の回転している図に定規や分度器を当てても分かりません。オリオン座の回転軸がどこなのかも良く分からず(地平線の下?)、そのせいかとも思います。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

#2,5,7です。

>1)と2)はおなじことですよね。

はい。

>誤解はしてませんよね。

されていないと思います。(三つ星を結ぶ線分の方向は実際には赤道が伸びる方向からけっこう傾いていますが、東と西での方向の差は両者で同じです。)

なお、#8さんが紹介されたアニメでは、オリオン座が真南の地平線のわずかに下の点を中心にして同心円上を動くように描かれていますが、それはよくないですね。そんなことをすると、星は地平線に対してほぼ垂直に昇降することになってしまいます。また、真南と真東(真西)の間の角距離は90度ですが、真南とその真上に来たオリオンの三つ星(の右端の星=ほぼ天の赤道上にある)の間の角距離は 90度-緯度(東京)≒54度 で、両者は異なります。当然、三つ星を結ぶ線分の方向が変化する様子も不正確になります。星の動きを平面に投影するのは難しいことなのでしょうが、例えばパノラマ写真のように表現すればもっと見た目に近い図が得られるのではないでしょうか。

Q天文学にお詳しい方にお伺いしたいのですが、イエスキリストが生まれた場所を星で示したというのがあります

天文学にお詳しい方にお伺いしたいのですが、イエスキリストが生まれた場所を星で示したというのがありますが、実際そのような事は可能なものなのでしょうか?普通ならば、高い場所で星は輝きますので、特定の家を示すのは無理なような気がするのですが。

どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

Aベストアンサー

二十年程前にナザレのイエズス(みんなはキリストと呼ぶ)が産まれた頃、新星が生じたことが確認されました。他の銀河の星でしたが、そこに確かに新星があったと思われる白色矮星か中性子星があり周囲を莫大な破片が取り巻いていました。だから星が産まれたのは確かです。だが、家の前にまで来て示してはくれなかったでしょう、東方からの三博士は「この辺で男の子は産まれなかったか?」と聞いて回ったと思われます。

Q【妙見信仰】天皇家はオリオン座。徳川家は北斗七星。 徳川家は東京の江戸に北斗七星の鬼門を作った。 そ

【妙見信仰】天皇家はオリオン座。徳川家は北斗七星。

徳川家は東京の江戸に北斗七星の鬼門を作った。

それが現在の四ツ谷駅周辺に北斗七星の鬼門となるお寺?神社を作った?

で、天皇家は徳川家の北斗七星を呪いと恐れて、徳川家没落後に徳川家の北斗七星を分断させるために北斗七星の鬼門をオリオン座に上掛けした。

とされる都市伝説の話。

もっと詳細に教えてください。

なぜ天皇家はオリオン座で、徳川家は北斗七星だったのか。

陰陽道の安倍晴明は北斗七星ですよね。

安倍晴明と陰陽道と徳川家の繋がりも気になります。どう繋がっていくのでしょう。

それとも繋がりなしでたまたま北斗七星被りだけだった?

けど天皇家は北極星。天皇家は北極星の服を年始に着るという儀式も残っている。

天皇家=オリオン座。
徳川家=北斗七星。

はどこから出てきた話でしょう?

Aベストアンサー

下のページあたりの内容でしょうか?

徳川家の信じる北斗七星と天皇家の信じるオリオン座。「天皇派」と「教皇派」の戦いは古代から既に始まっていました。
http://rapt-neo.com/?p=19895

こんなのはデマですよ。天皇家も徳川家も鬼門というのは重視していましたが、オリオン座だの北斗七星だのというのは全くのでっち上げです。1999年に地球が滅ぶといっていたノストラダムスの大予言のようなものです。ネットに掲載されているからと言って真実ではありません。

QこのNASAの飛行機は「遠赤外線天文学成層圏天文台(SOFIA)」ですが、何をしているのでしょうか?

たまたま、「フライトレーダー24」というサイトでアメリカ西海岸付近を見ていたら、ボーイング747の機体(登録記号N747NA)の飛行機を発見しました。
NASAの飛行機(ジャンボ)です。

パームデール・リージョナル空港を飛び立ち、カリフォルニア沖の太平洋で不思議な動きをしていました。
私が見えている間は高度は3万8千フィートを維持していました。

機体を調べてみると、遠赤外線天文学成層圏天文台(SOFIA)だと思われます。

しかしながら、つい先ほど、とつぜん飛行の姿が消えてしまいました。

消えた理由は分かりませんが、これは天体観測をしていたと考えてよいでしょうか?
どういう天体観測をしているのでしょうか?

Aベストアンサー

憶測ですが、多分エックス線の天体望遠鏡を積んで飛んでるやつじゃないかなと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報