今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

~ではないにしても、~とまではゆかなくても。の意の方のif notを使って

「彼女は言葉はわからなかったとしても、彼のいわんことを理解した。」

という文を書きたいのですが、if notの使い方がわかりません。
if notの後には形容詞・副詞が来るはずなのに、この文だと、動詞か名詞しかもってくることができません。
よろしくおねがいします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

アメリカに35年ほど住んでいる者です。



if not~ですが、これはあくまでも、もし~でなかったらという事が基本となっているんですね。 つまり、普通のifの変形と考えないといけない、ということなんですね。

みなさん、すばらしい例文をかかれておりますので、怠け者の私ですので、その例文を使わせてもらい説明してみますね。

例えば、His grandfather looks more than seventy,if not eighty, years oldとして、「八十歳でないにしても」と訳すのが日本語なんですね。

if not allでしたら、全部ではないが。と訳しますね。

if not impossibleでしたら、不可能ではないにしても、と訳していますね。

これらの辞書的、翻訳的な「訳」に惑わされてしまうんですね。

でも、これを、もともとの意味に戻して訳すと、分かると思います。 ですので、まず、元になる省略しない文章に変えてみますね。

おじいさんの場合は、if he does not look 80もし80に見えないなら、となりますね。 つまり、80にみえないなら少なくとも70に見える。といっているんですね。 それをより日本語的な言い回しにすると、80でないにしても、となるわけです。

if not allはif it is not all、はもし全部じゃなければ、となり、日本語では、全部ではないが、と意訳をするわけです。

if not impossibleはif it is not impossibleで、もし不可能でないと言うのであれば、となります。 それを、不可能ではないにしても、と言う言い回しをして訳しているんですね。

ですから、ここで、if notを使いたいと言うのであれば、「彼女は言葉はわからなかったとしても、彼のいわんことを理解した。」 と言う言い方を、まず、同じ意味の事を、もし~じゃなければ、という形に変えなくてはなりませんね。

つまり、つまり、d-yさんのすばらしい例文のように、もし言ったことを理解したと言うのじゃなければ、少なくともフィーリング(言わんこと)は伝わっていた、という文に変えるんですね そうすると、d-yさんの例文が生きてくるわけです。

ですから、ここの「言葉はわからなかったとしても」のところを、ほかの言い方にすると、「もし、ことば(言語)の全てじゃないならば、少なくともフィーリングは受け取れた」と変え、If she did not understand the (his)language fully, at least she understood his feeling correctly.として、同じ主語と動詞なので、これを省略出来ますので、If not the language fully, she understood his feeling correctly.と言えるわけですね。

つまり、if notはif~not, at least ~。とこの少なくとも、というフィーリングが入ってきてるんですね。

ただ、この文章でしたら、他の言い方を使って、より簡単に表す事が出来ると思います。

つまり、このようにです。

Even though she does not know his language, she was able to receive his feeling as he wanted.

Even if she can not understand his language, she could feel fully what he wanted to tell her.

もっと簡単に書くと、She does not understand his native language(母国語), but at least she understood what he wanted to say to her.

これでいいでしょうか。 分からない点がありましたら、補足質問してください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

>>If not the language fully, she understood his feeling correctly
この形をパーフェクトに活かせそうです!

if notが略の形であることはわかっていたのですが、そこ止まりで、ifSVの形でしか使えませんでした。
とても参考になりました!!!
あと、皆さんあまり使われていないのですが、「what he meant」という表現はよく使われるのですか?それとも使われませんか?

僕は無謀にも日本でバイリンガルレベルまで英語力をもってこようとするものです笑。
いつもネイティブレベルのGさんの表現は視点がガラっとちがって、すごく参考になります。どうもありがとうございました!

お礼日時:2003/01/05 19:06

>She got the idea of what he meant.



は、

She got the idea of what he wanted to say.

に変えてね☆ これは口語的な言い方になります♪
    • good
    • 3

英文にするのが難しかったのは、元の日本語の文章に問題があるからよ-☆



『彼女は彼が話す言語を知らなかったにも関わらず、彼のいわんとすることを理解したようである。』

こうしたら、英語にしやすくなると思うわよー♪

で、アタシの英作は、

Although she was not familiar with the language that he used/spoke, she seemed to have understood what he tried to communucate with her.

になるけど、ちょっと長いよねー。

Regardless of the communication problem (between the two), she seemed to have understood his words.

だと意訳になるわねー。

ついでだから、

She got the idea of what he meant.

She sensed what he meant.

も書いておこうかな☆ スペルはチェックしてね♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつも回答ありがとうございます!!
senseですか。なんかビビビときますね笑

あと先ほどGさんの部分に書かせていただきました「what he meant」の部分も↑のKさんのご回答で理解できました!

どうもありがとうございました!!!

お礼日時:2003/01/05 19:12

"if not"を使って言うのは難しいですね。



同じ言語を話さない2人が主人公の場合を想定して、幾つかの例文を書いてみます。

Though she doesn't speak the language, she seemed to have understood what he meant.

In spite of the fact that they don't speak the same language, he was able to come across.

She understood much of what he said, if not all, even though her language skill was very limited.

She's got the idea though she was not familier with the language he spoke.

参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>>"if not"を使って言うのは難しいですね。
ほんとうに(>_<,)

たしかに他の表現だと大丈夫ですね!それと言語がわからないとして考えるといいやすいですね!
参考になりました。
一応if notを切り離さずに表現しなければいけなかった理由が、1,2,3番の方の部分で書かせていただきました。

沢山の例文ありがとうございます。
僕はいつも1つの表現にしがみついてしまうので、本当にたすかります!!
ありがとうございますっ!!

お礼日時:2003/01/05 19:09

私の辞書によると


if not もしそうでないならば、かりに・・・ではないにしても(ではなくても)
例文です
Are you free this afternoon?If not,I will call on you tomorrow.
今日の午後お暇でしょうか。お暇でなければ明日お尋ねします。
となっています。もう1つの用法
His grandfather looks more than seventy,if not eighty, years old.
彼の祖父八十歳でないにしても七十歳以上には見える。
 一番目の例文は,なんとなくotherwise,の用法に似ていると思います。といっても私,プロではないので確信はありません。
 ニ番目の用法は,まあこのままの意味ではないですか。辞書にはもう少しあるのですが,if not・・・の・・・の部分には、S Vと,節はこないようです。
辞書が手がかりなので,もっとプロの通訳さんが回答したり,英語の教師が答えないとはっきりとしたことはわかりません。あまりお力にはれませんでした。
でも,あなたの文を私なりに英文にしてみますと,
If she could't undestand his language,she undestood what he said.
でも,この文だと,どうも動詞を同じ物を使っているのでしっくりきません,私にできるのはここまでです。がんばってください!

この回答への補足

これは学校で出された問題だったんですね、こういう内容

以下の表現について、主に「コリンズコウビルド英語辞典」より抜き出した定義を確認したうえで、日本語を英訳しなさい。
if not= You use if not in front of a word or phrase to indcate that your statement does not apply to that word or phrase, but to something closely related to it that you also mention.
「彼女は言葉はわからなかったとしても、彼の言わんとすることをりかいした。」

と、こういう出題なんですね。この定義をみても、if notをわけずに、という形での定義をだされているので、分けるのに少し抵抗を感じています。

補足日時:2003/01/05 18:55
    • good
    • 0
この回答へのお礼

二つ目の意味の例文なんですねー。
>if not・・・の・・・の部分には、S Vと,節はこないようです。
これがネックですね。このせいで苦しんでいます笑。

やはりifとnotを分けるのですねー。ううむ。。
分けずにそのまま使うのはやはり皆さんがおっしゃるように無理なのでしょうかー。。。

参考になりました!ありがとうございます!!

お礼日時:2003/01/05 18:54

文章を省略せずに全部書けば、


She understood what he meant, if she did not undestand the words he said.
ですよね。

あとは、省略しても意味が通じる部分を省いて、
She understood what he meant, if not the words he said.

「if notの後には形容詞・副詞が来るはず」というような決まりがあるとは知りませんでした。私は、そんな決まりは気にしません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ifとnotを分けて、ifを一般の接続詞としてつかうのですね!
確かに大丈夫ですねー。。むむむ。

これは学校で出された問題だったんですね、こういう内容

以下の表現について、主に「コリンズコウビルド英語辞典」より抜き出した定義を確認したうえで、日本語を英訳しなさい。
if not= You use if not in front of a word or phrase to indcate that your statement does not apply to that word or phrase, but to something closely related to it that you also mention.
「彼女は言葉はわからなかったとしても、彼の言わんとすることをりかいした。」

と、こういう出題なんですね。この定義をみても、if notをわけずに、という形での定義をだされているので、分けるのに少し抵抗を感じてしまったのです。
また解決しましたら、この場でおしらせいたします!

お礼日時:2003/01/05 18:51

「if not」は 「そうでなければ」という意味なので、上記文章には


使えないと思いますが。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/dict_search. …

この回答への補足

これは学校で出された問題だったんですね、こういう内容

以下の表現について、主に「コリンズコウビルド英語辞典」より抜き出した定義を確認したうえで、日本語を英訳しなさい。
if not= You use if not in front of a word or phrase to indcate that your statement does not apply to that word or phrase, but to something closely related to it that you also mention.
「彼女は言葉はわからなかったとしても、彼の言わんとすることをりかいした。」

と、こういう出題なんですね。この定義をみても、if notをわけずに、という形での定義をだされているので、分けるのに少し抵抗を感じています。

補足日時:2003/01/05 18:54
    • good
    • 0
この回答へのお礼

二つ意味があります。
そうでなければ、と訳す場合は、2番目の方の例文のように、わかっている事実の反意で、それを略した形という場合です。
そうではなくて、「~ではないにしても」という意があって、その場合をお尋ねしたのです。
説明不足で申し訳ありませんでした。。

お礼日時:2003/01/05 18:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qif any と if everの違いについて

She seldom, if ( ) , goes out by herself.
答えはeverなのですが、if any と if ever の違いがわかりません。

省略をカッコで表すと下のようになると思うのですが、この2文はどう違うのでしょうか。

There is little, (even) if (there is) any (hope), hope of your sccess.
There is little, (even) if (there is) ever (hope), hope of your sccess.

Aベストアンサー

まず any と ever の基本的な意味について確認すると、

 any「たとえ1つ(わずか)でもあるか、少しもないか」(数量の有無)
  Do you have any money?「お金を(少しでも)もっていますか」
  I don't have any money.「お金を(少しも)もっていません」
 ever「たとえ1度でもあるか、1度もないか」(回数の有無)
  Have you ever seen it?「それを(1度でも)見たことがありますか」
  No one has ever seen it.「だれもそれを(1度も)見たことがない」

これをふまえれば、原則として次の組み合わせになることがわかるでしょう。

  little, if any / few, if any (数量)
  seldom, if ever / rarely, if ever (回数・頻度)

なお、これらの意味について、参考書などで「たとえあるとしてもほとんど(めったに)ない」とか訳されていることが多いですが、これでは意味不明ですよね。要するに if any や if ever は、little や seldom の表す<少なさ>を強調する働きをしていて、「ほとんど全くない」「まずめったにない」といったニュアンスになります。

まず any と ever の基本的な意味について確認すると、

 any「たとえ1つ(わずか)でもあるか、少しもないか」(数量の有無)
  Do you have any money?「お金を(少しでも)もっていますか」
  I don't have any money.「お金を(少しも)もっていません」
 ever「たとえ1度でもあるか、1度もないか」(回数の有無)
  Have you ever seen it?「それを(1度でも)見たことがありますか」
  No one has ever seen it.「だれもそれを(1度も)見たことがない」

これをふまえれば、原則と...続きを読む

Qどうしても使い方がわからない・・・such as とlike

こちらのサイトでも調べてのですが、どうしてもわかりませんでした。 ~のような というときのsuch asと likeの使い分けです。例を用いてなるべく簡単にわかりやすく説明してくださる方いらっしゃいませんか?すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

such as ~ のほうは「例えば ~ などのようなもの」という例を挙げるもので、

like ~ のほうは「~ に似ているもの」という類似性を示すもの、

という印象の違いがあると思います。

日本語で「~のようなもの」という言葉には、例を挙げている場合と、形や様子が似ているものを挙げている場合があいまいに混じっているので、和英のときに一緒にまとめられてしまうのですね。

Qbe of + 名詞について?

NHKラジオ英会話講座より
Did you enjoy the DVD I sent you last week?
It's of the family trip we took to the Bahamas last week.
・・・・、先月、バハマ諸島に家族で旅行したときのものなの。

(質問)「be of (抽象)名詞」についてお尋ねします。「be of+名詞」は形容詞になる、ことは以前教わりましたが、今ひとつ分りません。It's of the family trip./It's the family trip.の違いをもう一度教えて下さい。私の感じとして、of の前に「含み」を感じます。例えば家族旅行の(楽しいいろいろなこと)など。家族旅行と断定するのでなく、柔らかな含みのある表現を感じるのですが・・。「be of+普通名詞」はofの前に「含み」があると考えてはいけませんか? 会話の中でごく自然に使えればいいんですが・・。何か参考になるお話でも聞かせていただければ、嬉しく思います。よろしくお願いいたします。以上

Aベストアンサー

こんにちは。2/21のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

ご質問1:
<「be of+名詞」は形容詞になる、ことは以前教わりましたが>

1.ここはその用法ではありません。

2.ちなみに形容詞になるのは正確には「be of+抽象名詞」となります。
例:
of use=useful
of importance=important

3.ここではof+the family tripで、the family tripは抽象名詞ではなく普通名詞なので、この用法は適応されません。


ご質問2:
<私の感じとして、of の前に「含み」を感じます。>

この部分は、すぐ前の英文と一緒に理解するとすぐ把握できると思います。

1.何かが隠れている、という発想は正しいです。ただ、「含み」というより、ここは単に代名詞thatが省略されているのです。

2.この文は正しくは
It's that of the family trip we took to the Bahamas last week.
となります。

3.Itは代名詞で、Itが指しているものは前出のthe DVD I sent you last week「先週私があなたに送ったDVD」になります。

4.thatも代名詞で、指しているのは前出の名詞the DVDになります。同じ名詞の反復を避けて使われる代名詞の用法です。
例:
The climate of Tokyo is milder than that of Moscow.
「東京の気候は、モスクワのそれ(気候)より暖かい」
このthatは前出の名詞climateの反復を避けて使われている用法です。

5.従って、このofは「関係」を表す前置詞の用法となります。意味は「~に関する」「~についての」という意味で使われます。
例:
That (=the DVD) of the family trip
(直訳)「家族旅行についてのDVD」
→(意訳)「家族旅行の時のDVD」

6.なお、tripとweの間に目的格の関係代名詞thatが省略されています。先行詞はthe family tripで、これを関係節内に戻すと
we took the family trip to the Bahamas last week.
「先週バハマに家族旅行に行った」
となります。

take a trip toで「~に旅行に行く」のイディオムです。ここではtakeの目的語the family tripが先行詞として前出しているのです。

7.以上、省略された代名詞を踏まえて2文の訳出は
(直訳)「私が先週送ったDVDを、楽しんでもらえましたか?
それは、先月バハマ諸島に行った、家族旅行のときのもの(DVD)なの。」

(意訳)「先週送ったDVDは、楽しんでもらえましたか?
それは、先月バハマ諸島に家族で旅行したときのものなの。」

となります。
以上ご参考までに。
以前類似ニックネームの方がいましたが、tommyさんの名前と番号は覚えていますから、他の類似ネームと間違うことはありませんから大丈夫です。でももし仏語ネームの案が必要なら、遠慮なくお問い合わせ下さい。

こんにちは。2/21のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

ご質問1:
<「be of+名詞」は形容詞になる、ことは以前教わりましたが>

1.ここはその用法ではありません。

2.ちなみに形容詞になるのは正確には「be of+抽象名詞」となります。
例:
of use=useful
of importance=important

3.ここではof+the family tripで、the family tripは抽象名詞ではなく普通名詞なので、この用法は適応されません。


ご質問2:
<私の感じとして、of の前に「含み」を感じます。>
...続きを読む

Q違いを教えて!keep on ~ing と keep ~ing

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

しかし、なぜ「on」を入れることでそういうニュアンスに変化するのかが、どうもしっくり理解できません。

また、「on」を使っても特に意味自体に変化はなさそうな例文も↑のサイトからいくつも見られました。(例えば、「keep on listening/聞き続ける」や「keep on going/行き続ける」などたくさん。)

どういう時に「on」を使うのか、教えていただけないでしょうか。

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

しかし、なぜ「on」を入れることでそういう...続きを読む

Aベストアンサー

沢山ご回答がありますね。

keep (on) ~ing は on があってもなくても同じ意味で 単純に「し続ける」という意味です。
on は 副詞で「(ある動作を)続けて」という意味をもち これを入れるとより継続的に繰り返している感じになります。
まあそれゆえ日本語で捕らえると「しつこい」という意味を含むことになるかもしれませんね。

御参考になれば幸いです。

Q名詞節をつくる際のHow+形容詞+S+VとHow+S+V+形容詞の違い

名詞節をつくる際のHow+形容詞+S+VとHow+S+V+形容詞の違いは何でしょうか?
自分は意味は大体同じで前者の方は強調のニュアンスがあると解釈しているのですが。

Aベストアンサー

how 形容詞 SV という名詞節は
How 形容詞 VS? という疑問文の間接疑問,
How 形容詞 SV! という感嘆文からきている
いずれの解釈も可能です。

上の場合,「どれくらい(形容詞)か」で,程度を聞くわけですが,
日本語で「どれほど(形容詞)か」で「なんと」というニュアンスが出るのと同じで,感嘆文との区別は文脈次第です。

いずれにしても,how +形容詞でひっついて「どれほど~」と一まとまりになります。

how SV 形容詞があるとすれば,how は「どのようにして」とか「どうして→なぜ」の意味で形容詞とは切り離されている場合です。
how he is so busy「どうして彼はそんなに忙しいのか」
how busy he is「彼はどれくらい忙しいのか」「彼はなんと忙しいのか」

Qnot so much asを本質的に理解したい。

これは、どうしても訳が英語を音読している間にも聞こえてしまい、本質的に話している感じになりません。

not so much A as B
BほどAの程度は大きくない、BほどAでない、AではなくてむしろB、AというよりむしろB◆【同】B rather than A

not so much as
~すら[さえ]ない[しない]
・He cannot so much as take the train by himself. : 彼は一人で電車に乗ることすらできない。
・He cannot so much as write his own name. : 彼は自分の名前を書くことすらできない。
・He did not so much as say goodbye to me. : 彼は私にさよならを言うことすらしなかった。
~ほどではない
http://eow.alc.co.jp/not+so+much+as/UTF-8/?ref=sa

このnot so much as をネイティブのように理解しながら前から後ろへ返り読みせずとも英文を捉えることは可能でしょうか?

いつも、1度最後まで読んでから熟語だと認識してます。
これを、スラッシュリーディングのように前から理解していきたいのです。

これは、どうしても訳が英語を音読している間にも聞こえてしまい、本質的に話している感じになりません。

not so much A as B
BほどAの程度は大きくない、BほどAでない、AではなくてむしろB、AというよりむしろB◆【同】B rather than A

not so much as
~すら[さえ]ない[しない]
・He cannot so much as take the train by himself. : 彼は一人で電車に乗ることすらできない。
・He cannot so much as write his own name. : 彼は自分の名前を書くことすらできない。
・He did not so much as say goodbye t...続きを読む

Aベストアンサー

not so : それほどではない
not so much : それほど(の量・程度)ではない
as ... : (どれほどかと言うと)・・・ほど

not so much A : それほどAではない(どれほど?)
as B : Bほど


He cannot so much : 彼はそれほどのこともできない(どれほど?)
as write his own name : 自分の名前を書くほどのこと

He did not so much : 彼はそれほどのこともしなかった(どれほど?)
as say goodbye to me : 私にさよならを言うほどのこと

so は原則的に何かを受けて「それほど・そのくらい」で、その何かは後に来ることが多い。so を見た(聞いた)ら具体的なことが来ることを期待します。口語表現で very とほぼ同意の so もあります。
much はノンネイティブである我々には「多い・多く」と中立的な「量・程度」の二つの意味があると覚えるしかありません(like so many に見られる many も同様で、この場合は中立的な「数」で「同数の~のように→さながら~のように」)。

not so : それほどではない
not so much : それほど(の量・程度)ではない
as ... : (どれほどかと言うと)・・・ほど

not so much A : それほどAではない(どれほど?)
as B : Bほど


He cannot so much : 彼はそれほどのこともできない(どれほど?)
as write his own name : 自分の名前を書くほどのこと

He did not so much : 彼はそれほどのこともしなかった(どれほど?)
as say goodbye to me : 私にさよならを言うほどのこと

so は原則的に何かを受けて「それほど・そのくらい」で、その何かは後...続きを読む

Q"ask for" と "ask to"の違い

初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、"ask for" と "ask to"の意味的な違いがよくわかりません。

例えば、以下のような例文があった場合、
 ・I want to ask you to do that.
 ・I want to ask you for doing that.
どちらも同じ意味として考えてよいのでしょうか?
また、そもそも"ask for"の場合は動名詞が続くことはなかったりしますか?

以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

for ~は「~を求めて」で後には求める「もの」か
help, permission のような動作を表す名詞が来て,
動名詞はあまり見かけません。

ask for ~で熟語にもなっていますが,
ask O for ~もよく用いられます。

以前,入試の整序問題で
ask her for help
ask for her help
どちらも可能なものがありましたが,
正解はどちらのつもりだったのでしょう。
(site:us では前者が優勢)

be surprised to 原形
be surprised at ~ing
なんかも悩みますが,
こういう場合は不定詞にするのが基本でいいと思います。

Qquite a fewは何故「相当数の」?

quite a fewを辞書で引くと、「かなりの数の」「相当数の」という訳が出てきます。
しかしquiteとa fewという組み合わせでこのような解釈になる理由というか、イメージがよくわかりません。
何も知らずに訳したら「かなり少ない」となってしまいますよね?

曖昧な質問かも知れませんが、「quite a few」のイメージを何となくでも良いのでお教えください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

このquiteと言う単語は「次に来る形容詞的フィーリングの最大限ともいえる数値をもたらす」と言うフィーリングがあります(を出せる単語です)。

a fewとはどういうことでしょうか。 数個と言う訳が付いていますね。 数個と言う数ははっきり言っていくつかは分かりませんね。 その分からないと言う部分を最大限に持っていっているわけです。 その最大限と言うのは「相当な数」と言うフィーリングになるわけです。

ですから、a few/bitと言ういかにも少ないと感じる量が最大限の数値になるわけです。

これは、すでに多いと言うフィーリングをもつ、many/a lotにしても同じことなのです。 これもいくら多いと言ってもはっきりした数値は分かりませんね。 これを最大限にもっていく、と言うことは、very manyと言うことにもなるわけです。

ではこれは数だけのことを言うかと言うとそうでもありません。 He is a guy.と言えば単に「男性だ」と言っているわけですね。 これを、He is quite a guy.と言う表現に変えて、男性は男性だけど男性としての最大限の価値を持つ男性、と言うことになり、なかなかの奴だよ、と言うフィーリングになるわけです。

また、not quite finishedと言うような表現としても使い、終わっていないといえる最大限の状況、つまり、日本語に直すと、まだ終了したとは言えない、もう少しで終わるところ、と言う言い方とマッチするわけです。

もう少し例を出しましょうね。 quite a while agoと言うと言う表現がありますね。 ただのa while agoと言うあいまいとも言えるフィーリングの最大限に伸ばした、「かなり」昔のことだけど、と言うフィーリングを出すことができるわけです。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

このquiteと言う単語は「次に来る形容詞的フィーリングの最大限ともいえる数値をもたらす」と言うフィーリングがあります(を出せる単語です)。

a fewとはどういうことでしょうか。 数個と言う訳が付いていますね。 数個と言う数ははっきり言っていくつかは分かりませんね。 その分からないと言う部分を最大限に持っていっているわけです。 その最大限と言うのは「相当な数」と言うフィーリングになるわけです。

ですから、a few/b...続きを読む

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html

Qsame with と same as の詳細な違いとは

タイトルのとおりです。
どのような場合にこれらの言葉を使い分ければいいのか、
確信のあるかた、または経験上こういえるのではないか、
といえる方、
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どちらも、「~と同じである、~も同然{どうぜん}である」といった訳になるかと思いますが、"same with"は、「行動・態度などについて」いう場合に使われ、"same as"は、それ以外の場合に使うという違いがあります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング